2024年2月23日金曜日

Prospect Profile: David Sandlin, RHP

今回は、先日John Schreiberのトレードでやって来た、David Sandlinくん。上層での実績はありませんが、下層では好投しているし、動画も好印象。生え抜き投手が少ないにもかかわらず、最近投資が少ない中では貴重なパイプラインです。

Photo from MLB.com

[Player Data]

Name: David Sandlin (デビッド・サンドリン)
Full Name: David Eleck Sandlin
Position: RHSP
Born: February 21, 2001
Birthplace: Owasso, Oklahoma
Height: 6-4
Weight: 215
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 11th round, 2022 by Kansas City
How Acquired: Acquired from Kansa City for John Schreiber (February 2024)
College: Oklahoma
High School: Owasso HS (OK)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, SP.com, Youtube


[Scouting Report]

優れた投手体格。もう少しだけ筋肉が付くかも。やや堅いモーションだが、速球は常時93~96 mph、最速98 mph。ブルペンでは100 mphを投げたことも。伸びる球筋。カレッジ自体は制球は平凡だったが、プロ入り後は悪くない。スライダーとスプリッターを投げる。スライダーは変化量が多いが、大きくブレイクするボール。


[Background]

カレッジの最初の2年はEastern Oklahoma大でプレーし、3年目にOklahoma大へトランスファー。Cade Hortonらと強力な投手陣を形成し、カレッジワールドシリーズへ進出。ドラフト時のランキングはMLB #206。KCが下位で指名も$400Kとオーバースロットで契約した。初年度はACLで1試合に投げたのみ。23年はLow-A/High-Aで先発を務め好投。


[Profile]



[Comment]

クラスは違いますが、Josh WinckowskiがBOSに来た時と同じような印象で、球威がありブルペン起用でも有用になりそうな印象。勿論先発で育ってくれるに越したことはないですし、今季注目の選手です。

Prospect Profile: Alex Hoppe, RHP

今回は、昨季中盤以降球威のある速球でメキメキ頭角を現した、Alex Hoppeくん。NRIにも選ばれており、ひょっとしたら今季のMLBもあるかも。

Photo from SoxProspect.com, Credited to Kelly O'Connor

[Player Data]

Name: Alex Hoppe (アレックス・ホッピィー)
Full Name: Alex Kevin Hoppe
Position: RHRP
Born: December 17, 1998
Birthplace: Davenport, Iowa
Height: 6-1
Weight: 200
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 6th round, 2022
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $32,250
College: North Carolina-Greensboro
High School: Unity Christian HS (IA)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, SP.com, Youtube


[Scouting Report]

上背はあまりなく、メカニクスもドロップアンドダイブという感じで力が入っているが、非常に球威があり、最速100 mph、常時96~98 mphを投げる。制球はやや粗い。スライダーがセカンドピッチ。元々先発でチェンジアップも良いものを持っているが、試合ではあまり投げていない。


[Profile]

23' : High-A Greenvilleでプロデビュー。序盤は何試合か炎上したが、それを除くと優秀な内容。AA Portlandに昇格後も好投し、最終盤でも90 mph後半を安定して計時していた。


[Comment]

勢いのある内にチャンスが回ってくると面白いかも。

Prospect Profile: Luis De La Rosa, RHP

今回は、Andrew Benintendiのトレードの見返りの一人、Luis De La Rosaくん。そろそろ大きなステップアップが見たいところです。

Photo from SoxProspect.com, Credited to Kelly O'Connor

[Player Data]

Name: Luis De La Rosa (ルイス・デ・ラ・ローサ)
Full Name: Luis Jose De La Rosa
Position: RHRP/RHSP
Born: July 6, 2002
Birthplace: Santo Domingo, Dominican Republic
Height: 6-1
Weight: 170
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: Acquired from Kansas City with Franchy Cordero and Grant Gambrell in a three-team deal along with Freddy Valdez and Josh Winckowski from the New York Mets, with Andrew Benintendi and cash to Kansas City, and Khalil Lee from Kansas City to New York Mets (June 2021)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, SP.com, Youtube


[Scouting Report]

投手としてはやや小柄。さほどバルクアップはしていないが、身体的な伸びしろは小さめ。速球は90 mph前半で最速94 mph。スライダー、チェンジアップを投げるがパワー不足もあり飛び抜けていない。


[Background]

KC傘下の初年度はDSLでプロデビューし、制球、奪三振率ともに好成績。20年はCOVID-19で全休。


[Profile]

21' : FCLで傘下デビュー。序盤は雨の多い日程もあり、大炎上した試合を含め良くなかった。しばらく投げない期間のあと、8月半ばにローテに戻ってからは見違えるように安定した内容。

22' : 開幕Low-A Salem行きに選ばれず。ただFCL開幕で4試合に投げそこを卒業。Low-Aでもまずまず投げている。

23' : 被打率が低く、成績的にはまずまずだが、Low-Aリピートかつほぼブルペンメインになったことを考えると、もう一歩物足りない成績。


[Comment]

まとまった選手なので、もう一歩スタッフが伸びてくれると面白いかもと思いながら早くも3年。

2024年2月18日日曜日

24' Today's Topics - 2/17

[Today's Topics]

下記していますが、ブルペンからJohn Schreiberを放出。噂にはなっていましたが、そこまで引く手あまたでもないと思うし話半分程度でしたが、良い見返りで上手く売り捌けた形となった。

チームとしては高額のJansenを出したいところでしょうが、胸部の痛みも出ているようだし、BOSは年俸負担をできるだけしたくない方針で、この条件で手を挙げるチームがあるとは思えない。

またC. Martinも話は受け付けているようですが、こちらは欲しがるチームは多そうですが、年俸引き受けに加えて、そこそこの見返りを要求しているんじゃないかと思うのでSchreiberを出し、Jansenが少し出遅れの現状では線は薄い。

Jansen、Martinがトレードされず、開幕に間に合う前提で、ブルペンは残り6枠。左腕のBernardinoが確定で、あとは先発の残り2枠を争う、Crawford、Houck、Whitlock (+ Winckowski?)から2枚もしくは可能性は下がってきましたが先発を別に得るなら3枚。

Winckowskiはソースは判然としないですが、SP.comでは今季先発再転向の路線となっていて、開幕先発に入らなければ、AAAのローテ行きと予想されていますが、昨年の成績からさらに年間通じて安定したセットアップとして投げて欲しいと個人的には思っていますが。

残りは最大で3枠。これを争うのはRule 5のSlaten、オプション持ちのCriswell、Murphy、I. Campbell、Weissert、DFA候補でもあるがJacquesとKelly、最後にオプション切れのMataといったあたり。

SlatenがRule 5ということもあり、STで酷くなければフロントランナーか。残りはSTのパフォーマンス次第でしょうが、左腕のMurphyは開幕ロスター入りから24年中にセットアップまで育ってくれるとありがたいが。あとは元Top ProspectのMataを上手く使えれば理想ですが、なかなか現実的には厳しいかな。


[ST Roster]

Pitchers (22 + 12 NRIs)

Melvin Adon (NRI)
Brayan Bello
Jorge Benitez (NRI)
Brennan Bernardino
Cam Booser (NRI)
Isaiah Campbell
Kutter Crawford
Cooper Criswell
Franklin German (NRI)
Lucas Giolito
Wikelman Gonzalez
Luis Guerrero (NRI)
Justin Hagenman (NRI)
Liam Hendriks (Signed on 2/20, Likely 60-day IL)
Alex Hoppe (NRI)
Tanner Houck
Joe Jacques
Kenley Jansen
Zack Kelly
Lucas Luetge (NRI)
Chris Martin
Bryan Mata
Chris Murphy
Helcris Olivarez (NRI)
Luis Perales
Nick Pivetta
Andrew Politi (NRI)
Joely Rodriguez (NRI, Resigned on 2/22)
John Schreiber (Traded to KC on 2/17)
Justin Slaten
Chase Shugart (NRI)
Brandon Walter
Greg Weissert
Garrett Whitlock
Josh Winckowski


Fielders (18 + 13 NRIs)

Wilyer Abreu
Eddy Alvarez (NRI)
Triston Casas
Mark Contreras (NRI)
Rafael Devers
Bobby Dalbec
Joe Dunand (NRI)
Jarren Duran
Vaughn Grissom
Romy Gonzalez
Dalton Guthrie (NRI)
David Hamilton
Tyler Heineman
Nathan Hickey (NRI)
Mark Kolozsvary (NRI)
Reese McGuire
Chase Meidroth (NRI)
Tyler O'Neill
Roberto Perez (NRI)
Ceddanne Rafaela
Rob Refsnyder
Pablo Reyes
Corey Rosier (NRI)
Stephen Scott (NRI)
Nick Sogard (NRI)
Trevor Story
Enmanuel Valdez
Jamie Westbrook (NRI)
Connor Wong
Nick Yorke (NRI)
Masataka Yoshida


[Recent Transactions]

〇 2/17
Acquired RHP David Sandlin from Kansas City for RHP John Schreiber.

John SchreiberをKCへ放出。見返りはHigh-A先発のSandlin。22年のドラ11と下位指名ではありますが、最速98 mphの伸びる速球とスライダーで三振が奪えて、制球も下層では良好。

MLB公式やBAではKC傘下で#20くらいの有望株で、恐らくBOSでも#15~#25くらいでしょうが、他誌ではKCのTop 5の評価をしているところもあり、伸びしろに期待される有望株と言えそう。

Schreiberは一昨年のブレイクの後、昨季はケガでややスタッフが落ちたこともありイマイチでしたが、$1M強と安価でまだ3年雇え、バウンスバックも期待できることから積極的に放出するべき選手ではなかった。

ただ一方で現時点で必須の戦力という状況でもなく、Winckowski、Whitlock、Houckなど先発から外れた選手のブルペン配置とI. Campbell、Weissertなどの獲得もあり、多少のペイロール削減も含めて放出の噂はあったし、比較的良好な見返りを得られたという点で高評価になりそう。


〇 2/20
Signed RHP Liam Hendriks to a two-year contract.

Hendriksと契約。24年はTJで戻って来れるとしても8月くらいにはなりそう。そこは$2Mと低額で、25年が本格的な稼働で$6M。更に26年の$12M相互オプションが付き、25年は最大で$10Mのインセンティブ。

C. MartinとJansenの契約が切れる25年のクローザー候補ということなのだろう。目先の24年がペイロール制限で補強が十分でない中で、25年を見据えた動きというのも思うところがあるが、フレキシビリティーのある契約でそれ自体は悪くないだろう。

リンパの病気からカムバックでチームに精神的な影響も与えられるだろう。年齢的に元のフォームに戻るかはやや疑問もあるが、額と24年の最後の様子で24年オフの動きを変えることもできるし。


〇 2/22
Resigned Joely Rodriguez to a minor league contract with an invitation to spring training.

J. Rodriguezとマイナー契約で再契約。左だとBernardinoの次は40人枠がJacquesとMurphyしかいないし、Murphyはオプション持ちなので、Jacquesの枠を奪って開幕の左の二枚目入りの線はあるかも。


This Month's Transactions ~February~

24' Draft Watch - Draft Board 5 (C)

捕手編です。昨年はトップ捕手だったTeelをゲット。下層も有望な捕手が多いので上位指名は無さそうか。


[23' Draft Board (C)]

Malcolm Moore, C, Stanford (So.)

Photo from Yahoo.com

B/T: L-R
Height: 6-1
Weight: 215
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: MLB #12
Projection: Mid 1st round

Comments: 22年ドラフトでは契約しなかった最上位の選手の一人。フレッシュマンで15 HRを放ったパワーに加え、コンタクトに優れ、打力の評価は申し分ない。一方で守備では1Bコンバートが話題に上がる選手。肩は平均的だが、クィックネスに欠ける。

2024年2月17日土曜日

24' Today's Topics - 2/16

[Today's Topics]

そろそろST開幕ですが、Whit Merrifieldが動きましたね。ひょっとすると右打ちOF獲る代わりに彼と契約して、GrissomをLFでも使うなんてこともあるかと思ってましたが。まぁそれだと4番がいないのが解決しませんが。

Blake SnellやCody Bellingerもそろそろショートタームの契約を考えてもなんて話もありますが、Scott BorasだけにSTでケガ人が出るチームも含めて、もう少し粘るでしょうね。

Jordan Montgomeryも相思相愛気味だったTEXがペイロールもあってほぼ撤退が確定。可能性はほぼ無いでしょうけど、$20M AAVくらいなら欲しいところですが、右打ち選手も加えたいとなるとちょっと厳しいのか。

SFがJorge Solerと契約して、1B/3B/DHで若干選手が飽和気味(Soler、LaMonte Wade、J.D. Davis、Wilmer Flores)。3B/1B/OFでDavis獲れると良いんですけどね~。Floresよりも守備の良いDavisの方がSFもヒエラルキーはやや上でしょうが、どちらも右打ちなので両方置いておくメリットは薄め。

残り1年なのでそこそこの見返りで手放してくれるなら獲りに行っても良い気がしますが。

24' Vanderbilt Commodores Game Results -2/16~2/22-

カレッジベースボールのシーズンがスタート。昨季はLSUの独壇場でしたが、今季はWake Forest大が凄そうですね。ドラ1候補投手3人に野手2人とか。Vandyもリクルート悪くないですが、ここ数年はプロに行っている選手が多いのと、進学した選手の育成もやや落ちている。


[2/16 (vs Florida Atlantic)] - Box
エースと目されていたCarter Holton (Jr.-LHP)は先発ではなく三番手で、3.0 IP/4 H/5 ER/1 BB/5 K。オープナーとかバルクリリーフを組み合わせていく感じかな?

先発はGreysen Carter (Jr.-RHP)で3.0 IP/1 H/3 ER/7 BB/2 K。力はあるがイマイチ洗練されていないのは今季も変わらなそう。

野手のラインナップは、やはりOFの薄さがあってか、昨年捕手だったJack Bulger (Sr.-OF/C)がLFへ、正2BだったR.J. Austin (So.-UT)がCFへ。開幕捕手にはベテランのAlan Espinal (Sr.-C)。

IFは期待のCamden Kozeal (Fr.-IF)はDHで先発。1Bには昨年DHのChris Maldonado (So.-1B)が入り、3BのDavis Diaz (Jr.-3B)、SSのJonathan Vastine (JR.-SS)は予想通り。RFにはこちらもベテランのTroy LaNeve (Sr.-OF)が入った。

開幕はOFコンバートの2人が1、2番で活躍。9番のVastineもマルチで上手くつながり、12-11で辛勝スタート。