2019年4月23日火曜日

19' Minor League Season Memo -4/22~4/28-

MataとDuranがHigh-Aで素晴らしいですね。焦って上げるのは良くないけど、Duranには、来オフに抜けるJackie Bradley, Jr.の後釜として期待してしまいますね。前週の結果はこちら


〇 4/22

[AAA] - Postponed (Wet Grounds)

[AA] - Box
Houckが5.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/9 K。期待外れ感が徐々に出て来たように思っていたら、今日は素晴らしい投球。Chathamが2 H/1 2B。Dalbecに第2号。会心の当たりではなかったようですが。

[A+] - Offday

[A] - Box
Wardが5.0 IP/7 H/3 ER/4 BB/4 K。安定のマルチ無し。

2019年4月21日日曜日

Prospect Profile: Marcus Wilson, CF

今回は、Blake Swihartの見返りでARIからやって来た、Marcus Wilsonくん。14年のドラフトではBOSも割と気に入って追っていた選手だそう。5年越しにBOSに来ることになりましたが、上手くツールを磨いて欲しいですね。

Photo from milb.com

[Player Data]

Name: Marcus Wilson (マーカス・ウィルソン)
Full Name: Marcus Wilson
Position: CF/LF/RF
Born: August 15, 1996
Birthplace: Los Angeles, California
Height: 6-3
Weight: 175
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 2nd round, 2014 by ARI
How Acquired: Acquired from Arizona for Blake Swihart and international bonus pool money (April 2019)
High School: Juniper Serra HS (CA)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, SP.com, Youtube


[Scouting Report]

優れたアスリートで運動能力、身体ツールに非常に恵まれている。コンタクトはさほど器用なタイプではなく、キャリアを通じてどちらかと言えばコンタクトに悩んでいるが、17年はスウィングを改造して好調だった。高卒選手ながら、ディシプリンに優れ、打率がイマイチでもある程度塁に出られる。パワーもゲームでそれなりに発揮しているし、平均以上になるポテンシャルがある。守備の勘等は平均的だが、プラスのスピードがあり、平均からそれ以上のCFとしてやっていけるだけの能力がある。


[Background]

14年ドラフトではBOSが興味を持っている選手の一人とも言われていたが、BOSのドラ2までに残らず、ARIがドラ2で指名。14~16年まではショートシーズンであまり目立った打撃を見せられなかったが、17年にLow-Aで開花。飛躍が期待されたが、18年はケガ等もありまたも不振のシーズンに。


[Profile]


[Comment]

BOSにもいた、Chris Youngのようなイメージかな?守備面で十分にCFが務まり、パワー、選球眼もこのタイプの選手にしてはしっかりしている。コンタクトさえできれば、MLBのCFとしてやっていけるだけの能力はあると思います。

19' Today's Topics - 4/20

[Today's Game (Game 21 @TB)]

最悪のチーム状態に追い打ちをかけるように、Eovaldiが1~2ヶ月の離脱となりましたが、そんな中、AL東の首位を快走するTB相手に今季初のシリーズ勝ち越し。明日は今季初の3連勝、スウィープを狙います。

先発の中で最も不安なPorcelloが今季初の好投も、Hembree、Poynerとバタつき差を詰められ、頼みのBarnesが良いボールを投げながらもまさかの同点弾を被弾で終わったかと思いましたが、9回表にTBのクローザー、Jose Alvaradoから、T. Linのバット失敗の後、MLBデビューのChavisが値千金の二塁打。

結局それが決勝点につながった。状態が悪いだけに、こういった新鮮な風がもたらす心機一転には期待したいですね。散々Prospectを出しまくってきたチームを救ったのが、残された数少ない有望株というのも、感慨深いものがありますね。

あとリリーフについては、Poynerを引き継いだ、Waldenが二者連続三振で切り抜けたのも大きかった。AAAAタイプの投手というイメージで見ていましたが、今季はここまで素晴らしい投球。速球も平均95 mphに迫っており、現状ではHembreeやThornburgよりも期待できそう。

Result : TB 5 - 6 BOS (W8-L13)


[Latest Transaction]

〇 4/21
Outrighted RHP Erasmo Ramirez to AAA Pawtucket.

E. Ramirezがウェーバーを通過してAAAへ。


☆ This Month's Transaction (April)


[Minor League Baseball]

Minor League Game Results -4/22~4/28-


[College Baseball]

Vanderbilt University Commodores Game Results -4/19~4/25-

2019年4月20日土曜日

19' Today's Topics - 4/19

[Today's Game (Game 20 @TB)]

TB戦の前に、この前のNYYの2戦目ですが、これまた酷い試合でしたね。ようやく状態の上がってきたEovaldiが得意のNYYを1点に抑え、勝ちパターンの継投に入るまでは勝てると思ってましたが、これでも落とすのが今年のBOS。

今季のリリーフは確かに弱いですが、それでもWorkman、Brasier、Barnesが投げればそこそこ勝てると思っていましたが。Workmanは今年、カーブを極端に多く投げて好投して来ましたが、元々速くはない速球は平均で91~92 mphと、デッドアームの影響自体はそれほど感じないものの、ゾーンには怖がって投げれない状態では苦しい。

とは言え、ここまでの成績と下位打線ということで、Workmanの投入は間違えてはいなかったと思います。代わって被弾のBrasierも、ST出遅れの影響か、昨年に比べると球速が出ていなくて、厳しいですね。現状だと彼が6~7回というレベルですが、他に8~9回を投げる選択肢が無い状態。

またWorkmanがランナーを貯めて交代するなら、そこでBarnesだったかな、という気はしますが。Barnesだけは圧倒的に良いですね。今日のTB戦も、中軸を迎える8回に出て来て、3者凡退2奪三振。C. Saleよりも彼と契約延長すべきだったかもですね。まぁリリーフは浮き沈みが激しいですが、今の彼なら昨年のCraig Kimbrelより良いでしょう。

まぁでもともかくあの試合を落としたのは打線の方が責任は重いでしょうね。E. Nunez/Pedroiaの2BとJ. Bradley, Jr.、そしてDeversの所が打線を切ってしまう。加えて、M. Bettsもここまでは良くなく、J.D. MartinezやX. Bogaertsが打っても、返す人間がいない。MorelandのHRと、C. Vazquezが伏兵的に打てば勝ちにつながるのも、そういう状態の証かな。

Result : TB 4 - 6 BOS (W7-L13)

19' Vanderbilt Commodores Game Results -4/19~4/25-

今年はやはり勝っているだけに、起用法の波が少ないシーズンになっていますが、OFは比較的流動的。RFのJ.J. Bleday (Jr.-OF)は不動で、ベテランのStephen Scott (UT/C)もLFで多く出ていますが、CFはCooper Davis (So.-OF)に代わり、最近はIsaiah Thomas (Fr.-OF)が多く出ています。Pat DeMarco (So.-OF)は今年はダメかな。前週の結果はこちら


[4/19 (@Alabama)] - Box
Drake Fellows (Jr.-RHP)が7.0 IP/6 H/4 ER/2 BB/7 K。ここまで10 GS/W8-L0/3.39 ERA/63.2 IP/53 H/24 ER/26 BB/74 K。ドラ1ほどではないにしろ安定した投球だし、ドラ3くらいまでの候補にはなりそう。

2019年4月17日水曜日

19' Today's Topics - 4/16

[Today's Game (Game 18 @NYY)]

パニックムーブ。甘やかして、緩いSTを過ごし、ほぼほぼMLBの打者相手にぶっつけ本番のようなレベルでシーズンインした結果、ボロボロの先発陣の原因を何故か捕手に求めた結果のSwihartのDFA。

まぁそんな代わりに上がってきたLeonとC. Saleの息ピッタリのはずのコンビも結局全く抑えられず。 まぁこれだけ悪ければ、誰かがスケープゴートにならざるを得なかったのでしょうが、より打てない捕手になっただけでしたね。

昨季は正直実力だけでなく、色々な幸運にも恵まれたWS制覇だと個人的には感じましたが、その結果に胡坐をかき過ぎたのでしょう。フロントとCora監督を筆頭とするコーチ陣の見込みが甘すぎた。

Result : NYY 8 - 0 BOS (W6-L12)

19' Minor League Season Memo -4/15~4/21-

Houck、Brannen、Casas等々、最近の上位指名はことごとくダメですね。MLBの調子も悪いし、育成をおろそかにするトップではやはりいずれこうなって来るのは明らかでしたね。前週の結果はこちら


〇 4/15

[AAA] - Postponed (Rain)

[AA] - Box
Houckが5.0 IP/4 H/1 ER/3 BB/3 K。Tobiasが3 H/2 2B、Chatham、Dalbec、Netzerが2 H。

[A+] - Box
D. Gonzalezが5.0 IP/8 H/4 ER/1 BB/1 K。Duranが2 H。

[A] - Box
Scherffが3.0 IP/6 H/3 ER/3 BB/3 K。J. Wrenに第1号。