2018年12月15日土曜日

18' Today's Topics - 12/14

[Today's Topics]

☆ Rule 5ドラフトを最後に、ウィンターミーティングが閉幕。BOSはOckimeyをプロテクトしなかったものの、誰も獲られることなく、一応計算通りに過ごしたか。また、その他の動きとしては、Joe Kelly, Jr.が3年$25MでLADへ。

John Lackeyの見返りでBen Cheringtonが獲って来た時は失敗だったと思ったし、まぁ実際通年で見れば今一つ貢献度は低かったものの、最後のWS制覇へ貢献したことで、一応良いお別れとなりました。

BOSを気に入っていたみたいだし、クローザー契約のオファーなどもあったんではないかと思うけど、結果的にはBOSのオファーは2年で平均額もLADに遠く及ばなかった様子でもあり、最終的には一番良いオファーを選んだよう。まぁ良かったんではないかと。

そんなBOSはPorcello、X. Bogaerts、J. Bradley, Jr.など、残り契約期間の短い選手をトレードに出すという噂もありましたし、実際18年はSFでプレーした、G. Hernandezと契約した後は、BradleyをARIへトレードするのか、なんて話もありましたが、結局は動かず。

まぁ残り契約の短さから言って、トレード対象は即戦力を集めているコンテンダーになるだろうけど、Bogaertsはともかく、PorcelloやBradleyだと、コストの割にはチームの主軸にはもう一歩、とコストパフォーマンスが今一つだったので、BOSが現有戦力を削るのに見合ったオファーが来るとは思えませんでしたが。

BOSはKellyを見送り、$100M級の契約を求めるKimbrelも恐らく出て行くでしょう。急ぐ必要はないと感じているようで、Kimbrelを中心にリリーフの値崩れを待っている状態。

多少勘ぐりになりますが、今季のWS制覇で、John Henryを中心としたオーナー陣がある程度満足して、コストパフォーマンスを気にし出したのではないかと。WS制覇したにも関わらず、DDの契約延長も無さそうですし、一定の評価はしているでしょうが、やはりお金を掛け過ぎてる、と感じていてもおかしくないんじゃないかな~。


[Latest Transaction]

〇 12/11
Signed OF Gorkys Hernandez to a minor league deal.

G. Hernandezとマイナー契約。SFがここ数年弱小気味だったということも影響しているが、一応レギュラー格としてここ2年ほどプレーしてきた。基本的にはパワーが無く、貧打の選手だが、18年はアベレージは低かったものの、キャリア初めて2桁15 HRを記録。

マイナー時代は比較的スピードに優れたCFタイプと見られていたが、盗塁数はキャリアを通じて多くはなく、4thもしくは5thタイプの控えOFという感じの選手。マイナーのデプスは薄く、経験豊富という点ではフィットしているが、出番が来たとして、最低限の代役程度だろう。


〇 12/12
Los Angeles Dodgers signed RHP Joe Kelly, Jr..

WSでねじ伏せられたLADがJoe Kelly, Jr.と契約。3年$25MでBOSのオファーよりは随分と良い額を受け取る。Kenley Jansenがいるので、基本的にはセットアップとしての加入になる。本人はBOSが気に入っていたようだし、先発復帰やクローザーという話もちらほらあったが、最終的には額が一番大きいところに決めたよう。


〇 12/13
Selected RHP Anyelo Gomez from New York Yankees and RHP Andrew Schwaab from Detroit in the minor league phase of the Rule 5 Draft.
Detroit selected OF Tyler Hill in the minor league phase of the Rule 5 Draft. 

Rule 5ドラフトの結果まとめはこちら。MLBフェーズでは、Ockimeyをプロテクトしなかったものの、計算通り誰も指名されず、またこちらも誰も指名しませんでしたが、マイナーフェーズでは、2人の右腕を指名。

いずれも元NYY傘下のリリーフ右腕で、A. Gomezの方は常時95~96 mphのパワーピッチャー。Schwaarbはサイドアームの軟投派。2年前は共にNYY-AAでマイナー3、4位のERAを記録したペアだった(1位は先頃獲得したBrewerだそう)。

また、逆にDETにはHigh-AのOFのTyler Hillを引き抜かれた。バットコントロールに優れ、才能はある選手だと思いますが、ちょっと伸び悩んでいたので、環境が変わるのは悪くないかも。


〇 12/14
San Diego signed 2B Ian Kinsler.

SDがIan Kinslerと契約。Prospectも揃って来たのに、昨年のEric Hosmerはともかく、Bryce HarperやManny Machadoを獲りに行くこともなく、中途半端な短期で契約できる選手ばかり今年も集めているのが、A.J. Prellerの器の限界を示していると思う。


☆ This Month's Transaction (December)


[Minor League Baseball]

Fall-Winter League Game Result -12/10~12/16-

2018年12月11日火曜日

18'-19' Fall-Winter League Season Memo -12/10~12/16-

LAAなどでプレーした、Luis Valbuenaらを含む4人が母国ベネズエラで自動車強盗の仕掛けたトラップに巻き込まれた事故で亡くなり、先週からベネズエラのリーグが中断しています。経済の状況が良くないと、こういった犯罪に手を染める人が出て来ますね。亡くなった選手のご冥福をお祈りします。前週の結果はこちら


〇 12/10

[DBL (Toros)] - Offday

[RCPBL (Mayaguez)] - Offday

[VPBL (Caribes)] - Offday

[VPBL (Lara)] - Box
D. Lopezが9番SSで先発し、0 H。

[VPBL (Magallanes)] - Offday

[ABL (Melbourne)] - Offday

2018年12月9日日曜日

18' Today's Topics - 12/8

[Today's Topics]

☆ 出張と忘年会シーズンでバタバタしている間にEovaldiと再契約。下に詳細は書きますが、かなり張り込んだ契約にはなりましたが、これで先発は確定。野手もPedroiaの不確定要素以外は、ほぼ昨年の陣容のまま、ST、そして開幕を迎えることになりそう。

あとはブルペンを一枚、というところが大きなところでしょう。それにしても来オフはもう出たとこ勝負なんですかね。C. SaleのFAも厳しいが、それ以上にX. BogaertsのFAがキツい。FA市場では、BogaertsとDidi Gregoriusが抜けていて、あとはSSに対応できる面子の上位にHoltやE. Nunezが挙がるレベルとか。

SFが他人事、と行使しよった、Pablo Sandovalの契約がようやく終わるなど、多少減る部部分もありますが、19年ある程度順調にプレーすれば、Saleは年平均$30M、Bogaertsもそれに近いレベルの契約になるでしょう。コンテンダーでいるつもりなら、多少なりともそのあたりを見据えてバジェットを作っておきたいですが、まぁDDのことだから、再契約が無理なら、来季育ったProspectをパッケージにして適当にトレードで獲れば良い、とか考えていそうですね。

18'-19' Offseason Boston Red Sox -Dec.-

12月です。もう年末ですね。12月とは思えない暖かさが続きましたが、そろそろ寒くなってきそうですね。BOSはと言えば、S. Pearce、Eovaldiと再契約し、先発、野手の布陣はほぼ完成。あとは、Creig Kimbrel、Joe Kelly, Jr.の抜けたブルペンを一枚補強するのが大きな動きとしては残された部分になりそうです(前記事はこちら)。


[Transaction]

〇 12/1
Purchased the contract of OF Keith Curcio from Kansas City of the American Association and signed him to a minor league deal.

独立リーグの26歳のOFと契約。14年のATLのドラ6で17年までATL傘下でプレーしていた。非常に小柄でスピードはあり、コンタクトもまずまずだが、HRパワーは限定的。AAあたりのロスターフィラーでしょうか。

2018年12月5日水曜日

18' Today's Topics - 12/4

[Today's Topics]

☆ WASが先発市場の大物の一人、Patrick Corbinと契約。PHIやNYYも強い興味を持っていましたが、6年は出し渋っていたところを、WASが6年$140Mで契約。オールスターに出場した13年の後、14年をTJで全休。15年の途中に復帰し、16、17年と平凡気味だったが、今季は素晴らしかった。

実績の点でやや物足りない面はあるし、もう1、2歳若いなら妥当だと思うが、多少長くて高い感は受ける。今季があまりにも出来過ぎという印象はなく、ケガが無ければソリッドには投げると思うが。WASはBryce Harperの引き留めはどうなるか不明だが、やはりコンテンダーを目指し続けるよう。

これで、NYY、PHIは矛先を変える必要が出て来た。Nathan Eovaldi、Dallas Keuchel、J.A. Happ、それに正式にポスティングした菊池雄星などを分配していくことになりそう。一方で、それ以外にもLADなどいくつか先発を欲しているチームもあるが、Charlie Morton、そしてトレード市場ではCorey Kluberなど、そこそこ選択肢はある。

NYYはEovaldiに4年契約を躊躇っている、という噂もあり、どの選手も適正額から多少の上積みや+1年を目指しての駆け引きになっている感じ。例えばEovaldiなら、4年を出せば決まりそうな気配だが、まだ他チームの出方を伺って我慢くらべの様相。

それはそうと、史上最大契約になると見られていた、HarperやManny Machadoはあまり目立った動きが無いですね。どこのチームも最近はやはり高額契約に慎重で、簡単にリビルドを経て若手を育てたい、という感じなので、競合は意外と少ないのかな?

Machadoの行先で有力候補だったPHIも、SEAからJean Seguraの獲得にあっさり方向転換。Harperも、6、7年くらいならWASが引き取りそうですしね。まぁ始まったばかりですが、今年もFAにはなかなかバブリーとは言い難いオフになりそうな予感。

18'-19' Fall-Winter League Season Memo -12/3~12/9-

ベネズエラのウィンターリーグの下部組織の試合でC. Acostaが投げているようですが、ここまで26 IP/1.73 ERA/4 BB/24 Kと素晴らしい投球を見せています。15年以来、三年も制限リストに入ってプレー出来ていませんが、来年こそ戻って来るかも、と少し期待しています。前週の結果はこちら


〇 12/3

[DBL (Gigantes)] - Offday

[DBL (Toros)] - Offday

[RCPBL (Mayaguez)] - Offday

[VPBL (Caribes)] - Offday

[VPBL (Lara)] - Offday

[VPBL (Magallanes)] - Offday

[ABL (Melbourne)] - Offday

2018年12月2日日曜日

18' Today's Topics - 12/1

[Today's Topics]

☆ 前回、Edwin Diazのトレードの噂について書きましたが、NYMが積極的になってほぼ合意のよう。Robinson Canoの引き取りと、Top Prospectの譲渡は両方要求だったのですね。今季のNYMのドラ1のJared Kelenicや、一昨年のドラ1のJustin DunnなどをNYMは手放すようです。

それにしても昨今のリリーフ市場は高騰していますね。POなどでもリリーフが物を言うことが多くなったので仕方ないのでしょうが。それにしても、NYMはJacob deGromやNoah Syndergaardなどの放出の噂もありましたが、コンテンダーを目指すつもりなのか?

NL東は、ATL、MIA、PHIとリビルドチームばかりでしたが、ATLとPHIは若手が育ち、それを終えようとしている。WASはBryce Harperも抜けるかもで、ちょっと苦しいけど、こちらもまだリビルドの雰囲気では無さそう。今季4位に沈んだNYMの立場は微妙にも思えますが。


☆ 昨日は、調停期間選手へのTender/Non-Tenderの期限。BOSはThornburgと既に調停回避したのを含め、全員に契約をテンダーしています。他チームを見ると、SFのHunter Stricklandとか、DETのAlex Wilsonと、元BOSのマイナー出身で、そこそこMLBで活躍してきた選手たちが切られています。

どちらも実力的なものより、リビルドよりのチーム事情もあってのことですから、個人的にはリリーフの層を厚くする意味でも狙っても良い気がしますが。選手的にはStricklandが好きだけど、今季は自分でケガしたりもあったし、直近の安定感ではWilsonが上か?カッターボーラーでBOSにはいないタイプだし、面白いと思いますがね。


☆ サッカーの話題ですが、元ValenciaのDavid Villaが、自分の地元ヴィッセル神戸に入団を決めたようです。ブログを始めた頃、ここではサッカーもよく記事にしていましたが、その頃のValenciaのエースだった選手。「これは見に行くしかない!」と、今日はメッチャ興奮していました(笑)。