プレーオフのローテは誰が務めるべき?(複数回答可)

プレーオフのブルペンは誰が務めるべき?(複数回答可)

2017年1月30日月曜日

17' Today's Topics - 1/29

[Today's Topics]

☆ スイマセン、少し体調を崩し、更新が間延びしてました。しかし、完全に動きは終わった感じですね。南米のウィンターリーグも閉幕し、次のイベントはキャンプ開幕と、カレッジベースボールの開幕ですね。モックドラフトを現在作成中なのと、Vandyの今季の布陣のチェックを差し当たり投稿予定です。


☆ 17年ドラフトのスロット額が出ました。ロッタリーピックのトレード等が無ければ、ボーナスプールはこれで確定。地区優勝したので仕方がないですが、16年と比べても$1.7Mほど少ない額となっています。プレミアムなProspectをどんどんトレードするのは良いけど、全く供給が無くなる今後はどうなりますかね。

1. (#24) - $2,489,800
2. (#63) - $946,500
3. (#101) - $507,400
4. - $378,800
5. - $282,400
6. - $219,000
7. - $172,100
8. - $143,700
9. - $132,000
10. - $125,100

Total Bonus Pool - $5,396,800
Pool +5% overage - $5,666,640


[Poll Result]

☆ #4の投票結果はDalbecとなりました。Travisとはわずか一票差。直前まで並んでいたので、タイになるかな~、と思ってましたが。もしかしたら、直前に差が付くように投票くださった方がいらっしゃったのかもですね。何にせよ、大物Prospectはいなくなってきますが、#10までお付き合いいただければ幸いです。


○ 2017年度、BOSの#4 Prospectは誰?(回答37)

1. Bobby Dalbec - 12 (32%)
2. Sam Travis - 11 (29%)
3. Marco Hernandez - 7 (18%)
4. Brian Johnson - 4 (10%)
5. Trey Ball - 3 (8%)

2017年1月26日木曜日

17' Today's Topics - 1/25

[Today's Topics]

☆ 特に大きな話題もないですね。FA市場も粗方片付き、あとは売れ残りの選手がディスカウントでチラホラ。トレードも今オフはブロックバスターは少なかったですね。CWSはまだJose Quintanaあたりも残るので、更にマイナーを蓄える機会を狙ってはいるでしょうが。

16'-17' Fall-Winter League Season Memo -1/23~1/29-

ドミニカのリーグも、プエルトリコのリーグもPOのファイナルですね。今週で終わりそう。H. RamirezとM. Hernandezも出なくなり、あとはAbadとC. Vazquez、R. Castilloが出ているのみ。前週の結果はこちら


○ 1/23

[DBL (Aguilas)] - Offday

[DBL (Licey)] - Offday

[RCPBL (Caguas)] - Offday

[RCPBL (Santurce)] - Offday

2017年1月23日月曜日

17' Today's Topics - 1/22

[Today's Topics]

☆ 今日はMLBにとって悲しい事件が二つも。一つは、KCの若き右腕、Yordano Venturaが母国ドミニカで交通事故に遭い死去。25歳の若さでした。そしてもう一人、同じドミニカで、BOS傘下に一時所属したこともあるAndy Marteも事故死。

Marteは33歳。自分がちょうどBOSに興味を持ちだした06年(当時はマイナー選手はまだそれほど知りませんでしたが)に、Edgar Renteriaとのトレードで、ATLからやって来た、当時マイナーを代表する有望株でした。しかしそのオフ中、二ヶ月後に、Coco Crispの見返りとして、そのままCLE。

BOS傘下でプレーすることはありませんでしたが、08年頃からBOSのマイナーを見始めて、その近辺の有力選手はあらかたチェックしていたので彼のことも記憶にあります。どちらも人生はまだこれからの時期。ご冥福をお祈り申し上げます。R.I.P。

2017年1月22日日曜日

17' Today's Topics - 1/21

[Today's Topics]

☆ Mark Trumboが古巣BALと再契約。3年$37Mだそうで、DH中心とは言え、比較的若いということも考えれば、やはり1B/DHタイプの選手がFA市場に多かった割を食った印象。一応これでQO絡みのFAが全て決まり、ドラフトオーダーが決定しました(ロッタリーピックのトレード譲渡は可能)。BOSの最初のピックは全体#24となります。


[Poll Result]

☆ #3 Prospectの投票が終わりました。やはりGroomeで安定。次の#4からが意見が割れそうですね。皆さまがどういう印象を持っておられるのか、個人的にも楽しみです。よろしくお願いいたします。


○ 2017年度、BOSの#3 Prospectは誰?(回答35)

1. Jason Groome - 33 (94%)
2. Sam Travis - 1 (2%)
2T. Bobby Dalbec - 1 (2%)

2017年1月20日金曜日

17' Today's Topics - 1/19

[Today's Topics]

☆ Jose BautistaがTOR出戻り決定。QO絡みで残るはMark Trumboだけになりました。Bautistaは1年$18Mに、最大で3年契約となるオプションが付く。どちら側から見てもチームの古株だった、という面を考慮した契約内容に見える。


☆ 今年度のHOFが発表。まぁ予想通りですが、Curt SchillingやManny Ramirezは今年は選ばれず。元BOSのJeff Bagwellが選ばれていますね。Boston出身のローカルボーイだったにも関わらず、トレードで出してしまって大損。まぁでもHOFに辿りついたし、本人にとっては良いキャリアでしたね。

17' By Position Prospect Ranking by MLB.com

MLB.comのポジション別Top 10です。ポジション毎に厚みが違うので、RHPやOFは相当激戦区でしょうね。BOS傘下のProspectが、他チームの同ポジションのProspectと比べてどう評価されてるのかが分かり、面白いです。


[MLB.com: 17' Top 10 RH Pitcher]

1. Alex Reyes, RHP, Cardinals
2. Tyler Grasnow, RHP, Pirates
3. Lucas Giolito, RHP, White Sox
4. Michael Kopech, RHP, White Sox
5. Francis Martes, RHP, Astros
6. Anderson Espinoza, RHP, Padres
7. Brent Honeywell, RHP, Rays
8. Jose De Leon, RHP, Dodgers
9. Jeff Hoffman, RHP, Rockies
10. Reynaldo Lopez, RHP, White Sox

17' Draft Watch - Draft Board 10 (Red Sox Linked Player)

今季のBOS関連の選手です。ニューイングランド出身者やニューイングランドのカレッジでプレーする選手。BOSの過去の指名選手、BOSでプレーした選手との血縁者のまとめ。Jeren Kendallは以前はTop 5候補でしたが、三振が多く、わずかに評価を落としている。


[17' Draft Board (Red Sox Linked Player)]

Jeren Kendall, OF, Vanderbilt (Jr.)

B/T: L-R
Height: 5-10
Weight: 180
Last Drafted: 30th round (14') by BOS
Ranking: BA #18/MLB #6
Projection: Early 1st round to Mid 1st round
Connection: Former 30th round Pick (14')

Comments: HS時もドラ1に少し漏れる程度の有望な選手だったが、Vandyコミットもありスリップ。BOSが下位で指名し、$1M程度をオファーしたとも言われているが、最終的には折り合わずに進学。カレッジの二年間で、既にカレッジ選手の中でもトップを争う選手に成長した。小柄でも元々スピードを売りにする選手だったが、特にソフモアのシーズンは開幕からHRを連発し、5ツールタイプの選手として見られるように。その小柄な身体からパワーを生み出すため、少しスウィングが大きく、空振り率がやや高い。また比較的アグレッシブなヒッターで早打ち気味。ジュニアーのシーズンは安定してパワーを見せているが、三振の多さとそれに伴うSO/BBの数字は、やや懸念するチームもありそう。

2017年1月17日火曜日

17' Draft Watch - Draft Board 9 (OF)

OF編です。Austin Beck、Jeren Kendall、Jordon Adell、Adam Haseleyはいずれも上限が高そうで魅力的ですが、Top 15前後までには消えそう。Bubba Thompsonはハイリスクハイリターンですが、BOSのドラ1あたりで獲るなら、魅力的な人材。その他にもドラ3くらいまでの候補としては比較的豊作なクラスかと思います。


[17' Draft Board (OF)]

Austin Beck, OF, North Davidson HS, NC (HS)

B/T: R-R
Height: 5-11
Weight: 175
Commitment: North Carolina
Ranking: BA #9/MLB #9
Projection: Top 15

Comments: 靭帯の手術で昨年はほとんどプレーできなかったため、シーズン当初はランキング上位にいなかったが、今季開幕から素晴らしいプレーを披露し、Top 10クラスに駆け上がって来た。体格はさほど大きくないが、非常にバットスピードがあり、ゲームパワーを発揮している。スピードと肩のツールもプラスと言われる。CFよりはどちらかというとRF向きか。才能は文句無しだが、やや実績が少ないのと、特に木のバットでのそれに欠ける点をどう見るか。

17' Today's Topics - 1/16

[Today's Topics]

☆ Jose BautistaがTORに戻りそうですね。BALやCLE等、いくつかのオファーがあったようですが、それでも古巣に戻るということは、QOを受けたこともあり、単年$15Mレベルのオファーしかなかったんじゃないかと。TORからはQOの$17.2Mよりは上のオファーのようですが。


☆ ちょっと前に、傘下のコーチングスタッフ(ここ数年の投手育成の停滞にも関わらず、大幅な刷新は無かったようですが)が発表になりました。注目は、来季のDSLが1チームに戻りそうなこと。今季のペナルティーもあったし、近年のタレント不足からすると妥当なんですが、無意味な動きでしたね。


[Poll Result]

☆ #2 Prospectの投票ですが、直前までDeversと、Groomeが同票で、同率二位になるかな~と思っていましたが、最後でDeversが#2に。#3はまずGroomeになるでしょうから、やる必要もないかもしれませんが一応。


○ 2017年度、BOSの#2 Prospectは誰?(回答41)

1. Rafael Devers - 20 (48%)
2. Jason Groome - 18 (43%)
3. Sam Travis - 2 (4%)
4. Bobby Dalbec - 1 (2%)

16'-17' Fall-Winter League Season Memo -1/16~1/22-

ウィンターリーグも大詰めですね。H. RamirezやC. Vazquezはキャンプも近いのに最後まで出るんでしょうか。前週の結果はこちら


○ 1/16

[DBL (Aguilas)] - Box
BOS傘下の選手の出場は無し。

[DBL (Licey)] - Box
H. Ramirezが3番DHで先発し、0 H/2 BB。

[RCPBL (Caguas)] - Offday

[RCPBL (Santurce)] - Offday

2017年1月14日土曜日

17' Today's Topics - 1/13

[Today's Topics]

☆ 何やかんや早いもので、早い選手はそろそろキャンプに到着しているようですね。CWSにトレードされたYoan MoncadaもC. Saleの見返りとして新チームに行ったことを受け止めて、その価値を示そうと早出しているようです。技術やツールだけではなく、そういったハートのある若手選手を多く輩出したいもんです。


☆ BOSが狙っていたと言われるTrevor Plouffeが$5MでOAKへ。レギュラープレイングタイムをは証できなかったのも響いたそうですが、やはり最後は金額だったのでしょうね。Sandovalもあの状態だし、BOSでも十分に機会はあったはず。

必要な選手に、$5Mぽっちも出せないようなやり繰りには正直疑問が尽きませんが。Boston Globeに、Mark TrumboやJose Bautistaが売れ残っていることから考えて、Morelandの契約は急ぎ過ぎたのでは?なんて記事が出てました。Absolutely Yesですかね。

17' Draft Watch - Draft Board 8 (M-IF)

2B/SSです。Royce Lewisは高嶺の花でしょうが、Nick Allenと、Brady McConnell、Mark Vientos、Chris Seise、Jeter DownsのFlorida州HS-SS 4人組などが魅力的。指名順的にドラ1で指名できるならAllen以外は少しオーバードラフトかもだけど、もしドラ1が投手でドラ2に誰か残ってたら欲しいかも。


[17' Draft Board (M-IF)]

Royce Lewis, SS/OF, JSerra Catholic HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-1
Weight: 185
Commitment: UC-Irvine
Ranking: BA #5/MLB #5
Projection: Likely Top 5

Comments: 攻守にオールラウンドなスーパースターになれる可能性があり、昨年全体#1のMickey Moniak (PHI)より上と見るスカウトも。基本的にはスピードや運動能力に優れたアスリートタイプだが、スウィングが早く、既にある程度のパワーを発揮している。平均以上のパワーを発揮する可能性。塁上の脅威になれるスピードがある。現在はSSでプレーし、そこに留まれる可能性のある、レンジ・グラブ捌き・運動能力を備えるが、送球メカニクスがやや評判が悪く、SSよりも2Bか、寧ろスピードを生かせるCFがフィットしていると見るスカウトが多い。

16'-17' Offseason Boston Red Sox -Jan.-

1月です。E. Rodriguezの故障で、先発の余剰も負の形ながら、一応決着。3BはSandovalに任せると言いつつ、やはり対左投手が気になるようで、右打ちの選手を探してはいるものの、空の少ないペイロールもあって、「これは」という人材を確保できずにいますが、一応STに臨む面子は大まかには確定したか(前記事はこちら)。


[Transaction]

○ 1/4
Signed RHP Shawn Haviland to a minor league deal.

Havilandと契約。Connecticut州出身のローカルボーイで、15年に途中加入でBOS傘下にいたことがある。

2017年1月12日木曜日

17' Draft Watch - Draft Board 7 (C-IF)

1B/3Bです。今季は珍しく1Bの方が厚い印象。Pavin Smithも評価が上がったが、No.1はカレッジ左腕でリストしているBrendan McKay (Jr.-LHP/1B)。1Bとして指名するチームもあるかも。Smith以下もお気に入りのNick Pratto (HS-1B)も良さそう。3BのNo.1はJake Burger (Jr.-3B)かな。


[17' Draft Board (C-IF)]

Pavin Smith, 1B/OF, Virginia (Jr.)

B/T: L-L
Height: 6-2
Weight: 210
Last Drafted: 32nd round (14') by COL
Ranking: BA #15/MLB #8
Projection: Early 1st round to Mid 1st round

Comments: HS時代は、J.J. Schwarz (Jr.-C/1B)とチームメイトで、投手としてもプレーしていた。ビッグプログラムの1Bらしく、安定したコンタクトが売りだが、プロで打てるかは疑問視するスカウトも。また生来のパワーはまずまずなはずだが、ゲームパワーを安定して発揮できていない。17年も安定した打撃で、Top 10級の評価を受けているが、HR数自体は平凡。1Bとしては優れた守備者で、まずまずの運動能力があり、たまにプレーするLFとしてやっていけるとも。

2017年1月11日水曜日

17' Draft Watch - Draft Board 6 (C)

捕手です。J.J. Schwarzは、フレッシュマンのシーズンが終わった15年の頃は、全体#1最有力と見られていた選手でしたが、不調のソフモアイヤーのあと、今季も最近少し調子を上げているものの、全体的にはイマイチな上に、今季は捕手をあまり守っていない。ドラ1で呼ばれる捕手はいないんじゃないかというくらい不作。


[17' Draft Board (C)]

J.J. Schwarz, C/1B, Florida (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 215
Last Drafted: 17th round (14') by MIL
Ranking: BA #375/MLB #172
Projection: 3rd round or Later

Comments: 元メジャーリーガーの投手、Jeff Schwarzの息子。素晴らしいフレッシュマンイヤーでの打撃成績で、攻撃型捕手として注目された。パワー面に非常に優れている。守備の方も、攻撃型捕手としてやっていけるだけのツールは持っている。しっかりしたムーブに平均からそれを上回る肩。最大の問題は、むしろチーム環境にある。同じFlorida大の同期に、Mike Riveraがいること。Riveraは守備型で、オフェンスでは比べるべくもないが、ソフモアイヤーまでは、同時起用の際は、Riveraの方が、2:1程度の割合で捕手を守り、SchwarzはDHに回ることが多かった。現BOS傘下のAustin MaddoxもFlorida大時代、元々捕手として有望視されながらも、Mike Zuninoの存在で、1Bやリリーフに回っていたし、全米でもトップを争うチームの宿命かも。今季は更に捕手としての出番が激減。打席でも冴えない試合が続いており、Top 100圏外に。

2017年1月10日火曜日

17' Today's Topics - 1/9

[Today's Topics]

☆ ちょっと前に四国の独立リーグにManny Ramirezが興味なんて噂がありましたが、どうやら実現に向かって動いているようですね。何かの縁があるのだろうか?どうやら阪神タイガースも興味を持っているらしく、四国でのパフォーマンス次第では阪神が獲得に動くかもですね。そうすると観戦行きやすいな~。


☆ C. Sale、D. Price、Porcelloのビッグ3を除く、ローテの残り二枠ですが、Clay Buchholzをトレードし、Pomerantz、S. Wright、E. Rodriguezの3人で争う形。将来性を考えても、Rodriguezが一枠を勝ち取るのが理想でしたが、ウィンターリーグで、去年と同じ右膝を痛めてしまった。

現状ではPomerantz、Wrightで開幕する可能性が高いと、Dombrowskiが語っています。RodriguezはWBCにも参加する予定でしたが、それもどうなるか未定とのこと。リリーフの頭数も十分な現状で、Rodriguezは一応マイナーオプションもある。

デプス的な面からしてもRodriguezをマイナーに送るのかやりやすいのは間違いないですが、やはりこれも再来年以降を考えるとどうかな~、という気が。ちなみにその記事には誰が外れるのが良いと思う?という投票が設置されていましたが、それだとPomerantzが一番票を得ていました(苦笑)。


[Poll Result]

☆ 投票形式でのTop 10 Prospectの選手ですが、#1はほぼ順当にBenintendiとなりました。次の#2は注目ですね。GroomeとDeversの一騎打ちになると思いますが果たして。


○ 2017年度、BOSの#1 Prospectは誰?(回答44)

1. Andrew Benintendi - 33 (75%)
2. Jason Groome - 8 (18%)
3. Rafael Devers - 2 (4%)
4. それ以外の選手 - 1 (2%)

17' Draft Watch - Draft Board 5 (College-RP)

カレッジのRPです。今季はリリーフとしてはさほど目ぼしい選手がいないですね。最近は先発だけど、Corbin Martin (Jr.-RHP)や、チームを追放される前にリリーフで投げていたSeth Romero (Jr.-LHP)をカウントするなら別ですが。一方、MartinやColton Hock、Tyler Johnsonなど、体格にも優れ、プロでは即戦力リリーフというよりも、先発で一旦試されそうなタイプが多い印象。


[16' Draft Board (College-RP)]

Tyler Johnson, RHP, South Carolina (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 180
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: BA #156/MLB #97
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: Will Crowe (rJr.-RHP)を筆頭に、ドラフト候補の投手スタッフの陣容では全トップクラスのUSCのクローザー。ソフモアからその座に付いており、昨夏はTeam USAでもその役割を務めた。リリーフとしての実績ではトップクラス。さほどムーブは無いが、常時92~97 mph、最速99 mphと威力のある速球が持ち味。少し鋭さを欠くこともあるが、85 mphを記録するハードスライダーも武器。チェンジアップはリリーフではほとんど投げないが、一応練習している。プロではローテで試したいと思うチームもありそう。今季は腕のケガで出遅れたが、復帰後は93~97 mphを投げており、影響は無さそう。

16'-17' Fall-Winter League Season Memo -1/9~1/15-

ウィンターリーグも終盤ですね。今年も結局大して盛り上がらない秋冬リーグでした。R. Castilloも一時期の好調は収まってきましたね。前週の結果はこちら


○ 1/9

[DBL (Aguilas)] - Postponed (Rain)

[DBL (Licey)] - Box
H. Ramirezが4番DHで先発し、1 H/1 HR (1)。

[RCPBL (Caguas)] - Offday

[RCPBL (Santurce)] - Offday

2017年1月8日日曜日

17' Today's Topics - 1/7

[Today's Topics]

☆ まだお正月モードか、あまり動きはありませんね。Edwin Encarnacionの契約が正式に発表されたくらい。Jose BautistaやMark Trumboにも動きがありません。BOSは果たしてEncarnacionをスルーして良かったのか、なんて記事が出てますが、個人的には来年だけを見るならともかく、H. RamirezやSandovalの契約が動かせないのならスルーで良かったとは思います。

ただ、その分のペイロールやProspectをC. Saleの補強ではなくて、若手コアとの契約延長や、それこそPapiに代わる次代の主砲の獲得(もしくは育成)に充てて欲しかったなと。まぁ過ぎたことですが。それはそうと、投票いただいているProspect Rankingですが、傘下がガラガラになってしまったし、昨年でもTop 20は多過ぎた感があったので、Top 10を決めることにしたいと思います。


[Poll Result]

☆ 本年度を迎えるにあたり、本ブログの物足りない点などを明らかにしたいと思い、手前みそながら投票形式にいたしました。お付き合いいただき真にありがとうございます。気を使ってくださった方も多かったと思いますが、やはり本ブログの最大の売りである若手有望株やドラフト情報を、皆様が見たいのだ、ということを改めて感じました。

最近少しマーケティングの勉強したりしているのですが、やはりお客様が何を求めているか、そして自分が他とどう差別化して、それを満足させるか、という視点から見ても、納得の結果だと思いました。ともすればあれこれ手を広げたり、また、字ばっかりで見た目が~、とか自分なりに感じていた部分はありましたが、そんなことより何より、本ブログのオリジナリティーをもっと充実することが大切だと思いました。

17年度はもっと更新頻度を増やし、ドラフトや有望株のマニアックで濃い記事をできるだけ充実していきたいと思います。それ以外の要望等の方もいらっしゃったようですが、またとない改善の機会ですので、今回の投票に限らず、思うことがあれば、ドシドシコメントに書き込んでいただけると幸いです。


○ 2017年、本ブログへの要望は?(回答43)

1. ドラフトの記事を充実して欲しい。 - 23 (53%)
2. 若手有望株の記事を充実して欲しい。 - 20 (45%)
3. 今でも満足です(気を使って)。 - 16 (37%)
4. 更新頻度を上げて欲しい。 - 12 (27%)
5. MLBの記事を充実して欲しい。 - 10 (23%)
6. 写真を多く取り入れて欲しい。 - 5 (11%)
7. オフ会等を開催して欲しい。 - 3 (6%)
8. コメントを使いやすくして欲しい。 - 2 (4%)
8T. それ以外の要望あり。 - 2 (4%)
10. 文章を見やすくして欲しい。 - 1 (2%)
10T. コメントの返信を早くして欲しい。 - 1 (2%)

17' Draft Watch - Draft Board 4 (HS-LHP)

HSのLHPです。前回の更新から、MacKenzie Goreが大きくジャンプアップし、今季のHS投手全体でもHunter Greene (HS-RHP/SS)に次ぐ評価となっている。D.L. HallやTrevor Rogersも安定して評価を維持している。数は少ないが、上位層のレベルは高い。


[17' Draft Board (HS-LHP)]

MacKenzie Gore, LHP, Whiteville HS, NC (HS)

B/T: L-L
Height: 6-2
Weight: 180
Commitment: East Carolina
Ranking: BA #4/MLB #4
Projection: Top 5

Comments: 昨季89~92 mphだった速球は、今季は最速97 mphを大きくジャンプアップ。プレートの左右への投げ分けも十分にできており、深いイニングまで球速を維持できる。時折腕の振りが遅くなるが、基本的にはチェンジアップが優れたセカンドピッチ。ブレイキングボールは多少安定感を欠く。大きく足を上げ、またバックモーションの大きいフォームは、打者を欺くことはできるものの、少し安定感を欠く。運動能力は高く、プロでは修正できるだろう。

2017年1月6日金曜日

17' Draft Watch - Draft Board 3 (College-LHP)

カレッジのLHPです。Brendan McKayは今季打者としても素晴らしく、ドラフト全体のトップタレントの一人。一方その後は素行不良気味のSeth Romeroと上限がやや低めのDavid Petersonくらいで少し層が薄い。むしろJuCo組のBrendon LittleやDaniel Tilloの上限が魅力かも。Romeroはスリップするなら、上手く教育できれば良いのでしょうが。


[16' Draft Board (College-LHP)]

Brendan McKay, LHP/1B, Louisville (Jr.)

B/T: L-L
Height: 6-2
Weight: 210
Last Drafted: 34th round (14') by SD
Ranking: BA #3/MLB #2
Projection: Possibly #1, at Least Top 5

Comments: 二年前から、カレッジ全体でも指折りの2way選手で、野手としてでも現状今クラスでJeren Kendall (Jr.-OF)に次ぐ選手とも言われるが、投手として好んでいるチームの方が多いかも。どちらでドラフトされてもおかしくない選手。カレッジレフティーとしてはスタッフも十分。速球は90~94 mph。リリーフで投げればもう少し出る時もあり、投手に集中すれば、一回り上の球速を持てるかも。非常にコマンドが良く、80 mph台のボールでも打者を打ち取ることができる。カーブがセカンドピッチ。あまり先発歴が長くないため、チェンジアップは多く投げてこなかった。野手としてはスピードに欠け、1Bが適性だが、スムーズなスウィングで高いコンタクトと選球眼を誇る。パワーも平均レベルにはなりそう。17年は投手としても勿論、打者としても、1試合4 HRを記録するなど、トップクラスの活躍を見せたが、最近少しマウンドでのパフォーマンスが落ち、全体#1の最有力をKyle Wright (Jr.-RHP)に譲っている。

2017年1月5日木曜日

17' Draft Watch - Draft Board 2 (HS-RHP)

HS-RHPです。Hunter Greeneはコンセンサスなドラフト#1 Prospectですが、SDへ行かせたい親の戦略もあり、現状全体#1はKyle Wright (Jr.-RHP)が最有力。#2のCINはGreeneを指名してSDに目にものを見せてやって欲しい。Shane Bazがお気に入りですが、こちらもちょっと縁が無さげ。Sam Carlson、Matt Sauer、Blayne Enlowあたりなら順位的には相応だけど、去年GroomeだったからHS-Pは可能性低そう。


[17' Draft Board (HS-RHP)]

Hunter Greene, RHP/SS, Notre Dame HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-3
Weight: 195
Commitment: UCLA
Ranking: BA #1/MLB #1
Projection: At Least #3

Comments: 過去にHS-RHPが全体#1で指名されたことは無く、ここ数年でもTyler Kolek (MIA)やRiley Pint (COL)が#1候補に挙げられながらも最終的には逃してきたが、今年こそその記録が終わるかも。SSとしても一級品なほどのアスリート。優れた体格からの速球は94~96 mphで、最速98 mph程度を記録。少し投げ急ぐ傾向があり、コマンドは不安定も、運動能力の高さから向上の余地はある。ブレイキングボールもシャープ。チェンジアップへの感覚も悪くはない。野手としてもパワーポテンシャルを秘め、守備も飛び抜けてはいないが、悪くない。ただやはり多くの球団は投手として見ているだろう。練習熱心で精神力も評価される。San Diegoに地理的に近いことから、両親が#3指名権を持つSDへ行かせたいらしく、肘の保護を兼ねてこの春はさっさと投手としてはシャットダウンして上位2チームが指名しづらくするという姑息な手段を取っている。

2017年1月4日水曜日

17' Today's Topics - 1/3

[Today's Topics]

☆ 今年の正月休みは短かったですね。ちょっとやっつけでしたが、一応、年始にTop 50 Prospectを投稿できました。しばらくは動きも少なそうですし(E. Rodriguezがまた膝をやってしまったようなので、先発デプスやらの動きがあるかもですが)、昨年末に投稿し始めたドラフト選手紹介の続きに力を入れようと思います。


☆ ちょっと開始が遅れましたが、皆さまの投票による、本ブログのTop 20 Prospectを選出したいと思います。ある程度妥当と個人的に判断したProspectの名前を数人候補にしますので、その中で最も優れていると思った選手に票を入れていただきたいと思います。票が最も集まった選手が一抜け、二抜けの形でランキング上位から並ぶことになりますので、よろしくお願いいたします。

17' BOS Prospect Ranking by John Sickels

Minor League BallのJohn Sickelsさんのランキングが出ました。BA、BPのランキングはC. Saleのトレード前だったので、それ以降のリストはここが初。昨年よりもC+あたりが増えてるのがちょっと?だけど、やっぱり寂しくなりましたね。


[JS: 17' BOS Top 20 Prospects]

1. Andrew Benintendi, OF, Grade A

2. Rafael Devers, 3B, Grade A-

3. Jason Groome, LHP, GradeB+

4. Bobby Dalbec, 3B, Grade B-

5. Sam Travis, 1B, Grade B-

6. Marco Hernandez, IF, Grade B-

7. Roniel Raudes, RHP, Grade B-

8. C.J. Chatham, SS, Grade C+/B-

9. Michael Chavis, 3B, Grade C+

10. Josh Ockimey, 1B, Grade C+

11. Brian Johnson, LHP, Grade C+

12. Kyle Martin, RHP, Grade C+

13. Chandler Shepherd, RHP, Grade C+

14. Jake Cosart, RHP, Grade C+

15. Luis Ysla, LHP, Grade C+

16. Shaun Anderson, RHP, Grade C+

17. Mike Shawaryn, RHP, Grade C+

18. Nick Longhi, 1B/OF, Grade C+

19. Gerson Bautista, RHP, Grade C+

20. Ben Taylor, RHP, Grade C+

16'-17' Fall-Winter League Season Memo -1/2~1/8-

E. Rodriguezですが、この前の試合で1アウトしか取れずに降板したと思っていたら、やはりケガをしていたよう。昨年と同じ右膝のようですね。昨年の脱臼ほど重くはなく、捻った程度のようですが。昨年はケガの影響でしょうが、球速が落ちていただけに厳しいですね。Clay Buchholzもトレードしてしまったのに。前週の結果はこちら


○ 1/2

[DBL (Aguilas)] - Box
Eliasが先発し、5.0 IP/4 H/1 ER/4 BB/7 K。

[DBL (Licey)] - Box
M. Hernandezが1番2Bで先発し、0 H。H. Ramirezが4番DHで先発し、0 H。

[RCPBL (Caguas)] - Offday

[RCPBL (Santurce)] - Offday

2017年1月3日火曜日

17' Draft Watch - Draft Board 1 (College-RHP)

カレッジのRHPです。Kyle Wrightが開幕からしばらく不調でしたが、変化球を増やして復調。体格や上限・フロアーのバランスに優れ、現状ドラフト全体でもHunter Greene (HS-RHP/SS)、Brendan McKay (Jr.-LHP/1B)と比肩する評価。それをJ.B. Bukauskas、Alex Faedoが追う形。Tanner Houckは少し気になるけど、その後は飛び抜けた選手があまりいない。ワイルドカードはTristan Beckか。


[16' Draft Board (College-RHP)]

Kyle Wright, RHP, Vanderbilt (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 220
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: BA #2/MLB #3
Projection: Top 3, Possibly #1

Comments: Vandyを応援している当ブログでは2年前から何度も名前を挙げている選手。優れた投手体格で筋肉もカレッジ在学中にかなり付けている。それに伴い、速球もHS時代の80 mph後半から、フレッシュマン時は94 mph、最近は97 mphまで出ている。左打者相手のカーブが最大のセカンドピッチで、右打者にはカッター気味のスライダーも投げる。チェンジアップはサードピッチ。コマンドや制球も整った選手で、現時点でも高い完成度を持つが、一方で体格的や近年の成長度からの伸びしろも残す。Vandyでは、フレッシュマンの15年は最終的にクローザーも任せられるなど、Carson Fulmer (CWS)など豪華先発陣を支えるリリーフとして活躍。16年は、Fulmerらが去った先発陣の中で、最も安定したスターターとして投げた。17年は球威が増したながらも、開幕から今一つ安定せず、金曜日のスターターを途中で外れたが、その後変化球の割合を増やして復調。体格・スタッフ・上限・フロアーのバランスで今季のカレッジ右腕でNo.1と見られる。

2017年1月2日月曜日

17' BOS My Top 50 Prospect Ranking

恒例の個人的なBOSのProspect Ranking Top 50を作りました。ホントもうね。Top 10ですら名前を挙げるのが難しいレベル。下の方はリリーフになれば儲けもの。来季大きく伸びそうな選手もあまり思いつかないけど、伸びたら伸びたでトレードされるだろうし、まぁいいか...。

*26歳以下の選手が対象。( )内は昨季のランキング。NRは昨季はTop 50圏外だった選手、Newは今年度からの新加入選手。


[17' BOS My Top 50 Prospects]

1 (4). Andrew Benintendi, LF/CF : Rank A。ちょっと前まで、トレードされたYoan Moncada (CWS)が全体および傘下の#1と見られていたけど、MLBでの実績から、Moncadaを追い抜いた感じ。John Sickelsさんによると、今のところ全体#1最有力候補だそう。パワー・スピードに関しては、MLBでどれくらいの数字を残すか、まだ来年を見てみないとわからない部分はあるけど、少なくとも平均以上は確実。コンタクト・選球眼は言うに及ばず。慣れないLF守備もその内平均以上になるでしょう。ドラフト時、散々文句を言ったけど、大きな間違いでした。

2017年1月1日日曜日

16' Today's Topics - 12/31

[Today's Topics]

A Happy New Year !!

皆様、明けましておめでとうございますm(_ _)m。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。恒例のProspect Rankingですが、現在作成中ですので、夜には投稿したいと思います。それでは良いお正月を!