中軸打者として誰を補強すべき?(複数回答可)

2016年9月30日金曜日

16' Today's Topics - 9/29

[Today's Game (Game 159 @NYY)]

多少気が抜け気味だったか、NYYに三連敗逆スウィープを食らうも、BALがTORに二連勝で、昨日BOSのAL東地区制覇が、今日はNYYのPO不進出がしっかり決まり、全くの他力本願ですが、ノルマ達成(?)ですかね。

まぁ、特に今日は主軸がお休みで、負けること自体は構わないのですが、POでもロスターに入る可能性が高いブルペンのR. Ross, Jr.、Ro. Scottがしっかり仕事できなかったのが印象悪いですね。昨日は昨日で、せっかくリリーフとして信頼度を積み重ねてきたJ. Kelly, Jr.が、厳しい場面で2アウトまでこぎつけましたが、最後一番やってはいけないHR。

打線もそうですが、ブルペンに関しても、ちょっと良い流れのピークが過ぎてしまったかなと。何故か予兆なく突然四球で乱れ、修正できずに試合をぶち壊すことのあるKimbrelを筆頭に、9月はずっと良い内容だった上原もここのところ少しテンポが悪い。Farrell監督のリリーフ起用への疑問も相まって、POでのアキレス腱になりかねないと、少し不安を抱いています。

Result : NYY 5 - 1 BOS (W92-L67)

2016年9月28日水曜日

16' Today's Topics - 9/27

[Today's Game (Game 157 @NYY)]

まだMLB全体が深い悲しみに包まれていますが、POに向けて、既に第四コーナーを回った状態。昨日NYYがBALを下し、地区優勝マジックは1になりましたが、今日はBOSの連勝も11で止まり、TORが勝ったため、地区優勝は持ち越し。明日には決めてしまいたいところです。

しかし、それにしてもD. PriceはNYY戦相性悪いですね。今季の162試合目となる、TORとのシリーズ最終試合で投げて、POはPorcelloの次の第二戦に照準を合わせることになりそうですが、どうでしょうね。

TORがWC入りする可能性は高く、ALDSで当たる可能性もあることから、もしBOSがALトップ勝率になりそうなら、TOR戦は回避することになるかもしれませんね。今日の試合の悪い感触を無くすためにも、短めのイニングでレギュラーシーズン最後の調整をしておきたいのもやまやまですが。

Result : NYY 6 - 4 BOS (W92-L65)


[Other Topics]

☆ Pomerantzが左前腕の痛みで、予定されていたレギュラーシーズン最後の先発をスキップすることに。完全シャットダウンではなく、ブルペン待機になるようですが、最近の試合内容も含めて、POでのローテ入りはほぼ消滅でしょう。

BOSのフロントはSDのメディカル隠ぺい問題でかなり怒っているようですね。えぇ、勿論私も怒り心頭ですよ。ケガの不安ならまだしも、実際に痛みが出て、登板できないとなると、今までとは全く別次元の問題。司法に訴えてでも損害賠償を要求するべき。


☆ そういやどうでもいいんで忘れてましたが、肩のケガで今季絶望と言われていた某デブことSandovalですが、予定より早い回復を見せているようで、既にFort Myersで行われているFILに参加してプレーしているよう。

だいぶダイエットもしているようですがね。まぁ、後の祭りですわ。散々昨年のことがあって、ダイエットしてこいと言われたのに、オーバーウェイトでST入りして離脱。今季チームに何の貢献もしてこなかった選手が実戦での実績もなく、ロスター入りしたら弾かれた選手が納得いかないでしょう。

2016年9月26日月曜日

16' Today's Topics - 9/25

[Today's Game (Game 156 @TB)]

試合前にとんでもない訃報が。MIAの若きエースJose Fernandezがヨット事故で、24歳という若さで死去しました。婚約者が身ごもっているのがわかり、それを発表したのが5日前。今季はTJから復帰して、以前と変わらぬ支配的な投球。年齢を考えても、これからが黄金期。洋々たる未来があったのに。

TBとのゲーム前、敵地での最終戦ということで、Papiの引退セレモニーが予定されていましたが、本人の意向でキャンセル。Papiと言えば、今年のオールスターだったか、Fernandezに「BOSに来いよ!」と、誘っていたことが話題となっていました。

常に笑顔で、皆に好かれる好青年。今季は応援するVandyの若き右腕Dony Everettがやはり水難事故で亡くなりましたが、本当に悲しいことです。ご冥福を深くお祈りいたします。R. I. P. Jose.

試合の方は、下位に沈むTBを3シリーズ連続のスウィープで下し、地区優勝マジックは2。恐らく次シリーズの敵地NYで、ライバルの前で胴上げが決まるでしょう。また今後全試合負けても、BALの成績を上回ることが確定したため、ポストシーズンへの進出は決まったようです。

Result : TB 2 - 3 BOS (W92-L64)

2016年9月24日土曜日

16' Today's Topics - 9/23

[Today's Game (Game 154 @TB)]

Papiの一発で9連勝。下のチームが全部勝ったので地区優勝マジックは4、POマジックは3と一つ減ったにとどまりましたが、一応まだ、シリーズ中に決めてしまうチャンスは残されています。Papiはラストシーズンで40号、そしてMVPの可能性も出てきましたね。MVPで引退とか格好良すぎるけど、もったいな過ぎる。

Papiの後釜を獲ってくるとなると、ドラフト指名権やProspectの流出は避けられないし、気持ちを翻してくれないかなぁ...。リリーフは今日はKimbrelと上原を使わずに1点差を守り切り。余裕があるからこそできる芸当でしたが、ブルペン陣もこれは自信になるのでは?

唯一のネガティブ要素はPomerantz。5回1失点と言えば見栄えは良いけど、甘く浮いたボールを被HRは今日もあったし、TB相手じゃなきゃもっと点を取られてたでしょう。5回80球前で速球が80 mph中盤まで落ち、降板することに。PO先発の可能性はほぼ消滅でしょうね。

確かにトレード時点で先発陣は火の車でしたが、Pomerantz自身は、今日のよれよれを含めても3勝。彼のおかげで先発が立ち直った訳じゃないし、POのローテにも入れそうにない選手に高い見返りを払ったもんだ。来季以降次第ではありますが、失敗トレードの可能性は高いですね。

Result : TB 1 - 2 BOS (W90-L64)

16' By League Prospect Ranking by Baseball America

各誌のProspect Rankingの季節です。まずはBAからリーグのTop 20が出てきました。昨年はのべ16人と一昨年から一人だけですが、ランクインが減り、更にオフにKimbrelのトレードで数人を放出。この夏には超新星Anderson EspinozaをPomerantzの見返りに出すという暴挙で着実にマイナー層が削られています。ランキングのまとめはこちら


[Arizona League Top 20 Prospects]

#1はLeody Taveras (OF, TEX)。#2はキューバ人のYadier Alvarez (RHP, LAD)。#3のWill Benson (OF)以下、CLEの選手が多くランクインしていますね。やっぱり最近の強豪は生え抜きの若手がチームを引っ張ってるし、なんでもかんでもトレードで目先の補強という姿勢は好きではないかな。

16' Today's Topics - 9/22

[Today's Game (Game 153 @BAL)]

まさかの2カード連続スウィープで8連勝、地区優勝マジックは5となりました。WCも含めたPO進出マジックは4。まぁさすがにここまで来たら、ほぼ確定と考えていいでしょう。しかも次カードは下位に沈むTB。主力に少しずつ休養を与えつつ、調子の出ない選手を調整させつつ、TBシリーズ中にPOを確定させて欲しいですね。贅沢言い過ぎ?

さて、前回調子の悪かったD. Priceも、まだ今一つシャープとも言えないない投球でしたが、一応は立ち直り。E. Rodriguezも良かったし、先発はまぁとりあえずPOに臨める陣容が整ったと言えるでしょう。ブルペンはまだ予断を許しませんが、それよりも頭を悩まされるのは3B。

開幕からレギュラーを務めていたShawはずっと下り坂。Moncadaからレギュラーを奪い返した時、一瞬上向きましたが、またこのところチーム状況に反して低調。一方、起爆剤に、と期待されたMoncadaは未熟さを露呈してこのところベンチに塩漬け。代走でも使わないんならコールアップしなけりゃ良かったのに...。

また、対左を期待して獲得したA. Hillも、移籍後全く当たりが出ない。LFはBenintendiとC. Youngがメインになりそうなことから、Holtを回すことも考えられますが、Holt自身凄く当たっている訳でも無く。いずれも打撃に期待できないとなって時は、守備面では意外にもShawが一番良いようなので、POというステージを考えても、彼になるんじゃないかと言われていますが、どうなりますかね。

Result : BAL 3 - 5 BOS (W89-L64)


[Poll Result]

☆ PO進出チームの投票が終わりました。投票開始時には、まさかBOSがここまでの勢いでPO目前になるなんて思いもしませんでしたね。AL、NL共に地区優勝チームはほぼ絞られた状態。ALのWCは依然TOR、BAL、DETが有利ですが、HOU、SEA、NYYまではまだチャンスあり。NLはPITも一応可能性がありますが、基本はNYM、SF、STLの三チームに絞られた感じ。更に熾烈ですね。


○ 今季、ALのPOに出場するチームはどこ?(回答44)

1. Boston Red Sox - 39 (88%)
2. Cleveland Indians - 35 (79%)
2T. Texas Rangers - 35 (79%)
4. Toronto Blue Jays - 26 (59%)
5. Baltimore Orioles - 18 (40%)
6. Detroit Tigers - 17 (38%)
7. Seattle Mariners - 7 (15%)
8. New York Yankees - 3 (6%)
9. Houston Astros - 2 (4%)


○ 今季、NLのPOに出場するチームはどこ?(回答34)

1. Chcago Cubs - 33 (97%)
2. Washington Nationals - 32 (94%)
3. Los Angeles Dodgers - 27 (79%)
4. San Francisco Giants - 19 (55%)
5. New York Mets - 14 (41%)
6. St. Louis Cardinals - 13 (38%)
7. その他のチーム - 2 (5%)

2016年9月23日金曜日

16' Minor League Stats - Pawtucket Red Sox (AAA)

AAA Pawtucketのスタッツです。なんかここの野手って呪いでも掛かってるんですかね?勿論マイナーの最上層でレベルが高いのは分かりますが、とにかく打てない。AAから上がってきた若手だけじゃなく、MLBでそれなりに経験を積んだ選手もここに来ると沈黙。Travisが離脱したこともあって、見るべき選手が少なかったですね。投手もOwens、B. Johnsonがむしろ後退。W74-L68と一応勝ち越しましたが。


[Pitchers]

Brian Johnson, LHSP (12'-1st)

16' Stats (GCL) : W0-L1/3.86 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/7.0 IP/7 H/4 R/3 ER/0 HR/0 HB/2 BB/9 K/1.29 WHIP/0.57 GO/AO
16' Stats (SS-A) : W0-L0/0.00 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/11.0 IP/7 H/0 R/0 ER/0 HR/0 HB/2 BB/11 K/0.82 WHIP/0.33 GO/AO
16' Stats (AAA) : W5-L6/4.09 ERA/15 G/15 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/77.0 IP/74 H/38 R/35 ER/9 HR/1 HB/36 BB/54 K/1.43 WHIP/0.71 GO/AO

評価:F。薄い先発投手デプスにあって、Owensと共に期待を受けていたが、鬱病気味となって一時チームを離脱。中盤戦以降復帰してそれなりに投げているものの、MLBでの戦力の一部としてカウントされていながら、その役目を全く果たせなかった罪は重い。AAAでの成績も下がってはいるが、それでもある程度投げられているし、スタッフは落ちている訳ではない。来季はしっかり頼む。

2016年9月21日水曜日

16' Today's Topics - 9/20

[Today's Game (Game 151 @BAL)]

今日も勢いの差か、軽くBALを捻ってシリーズ二連勝。ノルマだったイーブンをあっさり達成しました。今日は前回崩れたE. Rodriguezが6.1 IP/2 ERの好投。球速的にはそんなに変わっている感じは無いのですが、全体的に躍動感があり、高めの速球も伸びがありました。

少しフィニッシュに勢いが出たのかな?そのおかげか、変化球もなかなか良かった。今日の投球なら、POでも十分投げさせられるし、来季以降も期待できる。ただ、球速はあのままなんですかね?フォーム的には以前に戻っている感じだけど、現状最速でも93 mph程度と、96~98 mphをポンポン出していた昨年の面影はない。

今でもコマンド、変化球次第ではそれなりの先発になるとは思いますが、やっぱり昨年の姿を見ていると球速的にはちょっと物足りない。膝はもうさすがに大丈夫と思うんですが、後遺症とかあるのかな?今オフはフォームのチェックや下半身づくりに専念して、来季は球速を取り戻して欲しい。

先発は、まぁPomerantzは今のままだと外れてもらうしかないけど、Porcello、D. Priceは確定として、Rodriguezが何とかなりそうなので、S. Wrightがレギュラーシーズン中に戻って、しっかり投げるようならWright、そうでなければBuchholzで何とか形にはなりそう。

ブルペンはKimbrel、上原、Ziegler、R. Ross, Jr.までは確定ですかね。最近Rossはあまり見てないので、ちょっと状態がわからないんだけど。田澤はこの前のNYY戦を見る限り、だいぶ状態は戻ってる。一方、Barnesは一時期に比べると、速球の球速も少し落ちてるし、やや高めに抜け気味ですね。来年以降を考えても、POの経験を積ませておきたいので難しいところですが。

取りあえず、最後のTORのシリーズまで休ませても良いんじゃないかな?左はもう一枚欲しくはあるけど、Abadは論外だし、Ro. Scottはガンバっていますが、実績が少ないので難しいところですね。ブルペンは7枚になるでしょうから、田澤、Barnesの両方を入れて、ロングリリーフにPomerantzかBuchholzか、J. Kelly, Jr.を入れると、それで埋まってしまいますが。

個人的には、Pomerantzにロングリリーフ枠としてカウントする前提で、それと同時に、対左ワンポイントでどこまで使えるか、シーズンの残り試合で試しても良いんじゃないかと。昨年まではリリーフで左打者をよく抑えていたし、少なくともAbad入れるよりはマシに思いますが。

Result : BAL 2 - 5 BOS (W87-L64)

2016年9月20日火曜日

16' Today's Topics - 9/19

[Today's Game (Game 150 @BAL)]

NYYシリーズ四連勝もあって、四連敗さえしなければ、AL東首位をキープできる、と多少気が楽な条件ではありますが、アウェーで地区2位のBALとの直接対決ということで、重要な試合が続きます。そんな中、今日も安定感抜群のPorcelloがわずか89球で完投。

リリーフ陣がこのところ先発の乱れで多少酷使気味だったので、本当に大きいですね。前半のS. Wright、そして中盤以降のPorcelloのイニング消化力は決して盤石ではないブルペンの負担軽減にホントに大きかった。

しかしPorcelloの投球って不思議ちゃんですね。速球はむしろ遅い部類だし、変化球もめちゃくちゃキレがある訳でもないんですけどね。コマンドも割とポンポンストライクゾーンに投げ込むし、精密機械、という感じでもないんですが。

速球のムーブが非常に良いのは勿論あるんでしょうが、テンポの速さもあるんですかね?なんか今日のBAL打線を見てると、考えがまとまってない内に投げられて、つい振ってしまっているようにも見えたり。

Result : BAL 2 - 5 BOS (W86-L64)

16' Minor League Stats - Portland Sea Dogs (AA)

AA Portlandのスタッツです。今季もタレント不足でW55-L84と地区最下位。前半戦は正に何もみるべきものがありませんでした。Benintendi、Moncada、Dubonの昇格で一時調子が上がりましたが、前二人が途中からあっさりMLBへ行ってしまったこともあり、最後はまた低調。


[Pitchers]

Teddy Stankiewicz, RHSP (13'-2nd)

16' Stats (AA) : W5-L9/4.71 ERA/25 G/25 GS/2 CG/1 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/135.2 IP/142 H/74 R/71 ER/16 HR/7 HB/39 BB/97 K/1.33 WHIP/0.92 GO/AO

評価:D。出足好調だったが、終わって見れば、今年も支配力のかけらも感じられない内容。1年に1クラスずつ上がって、ほぼ内容に変化が無いのは成長と呼べるかな?リリーフに移して伸びるタイプにも見えないが、かと言って先発でMLBで投げるようなスタッフもなく。

2016年9月19日月曜日

16' Today's Topics - 9/18

[Today's Game (Game 149 vs NYY)]

...、前言撤回。Pomerantzは詐欺師A.J. Prellerに送り返していいんじゃないですかね。安西先生風に言えば、「何も成長していない...。」ですよ。平凡な速球をど真ん中ばっか投げやがって。Abadとかもこの四連戦見る機会があったけど、何を考えて獲って来たのか、理解しがたいですね。

POで先発できるレベルにはないし、レギュラーシーズン残り2~3試合程度なら、OwensやB. Johnson、もしくはJ. Kelly, Jr.でも大して変わらないんじゃないですかね。Kellyも、まぁ安定しているとは言い難いけど、幸いにもロスター枠拡大でブルペンは豊富にいるし、3~4 IPを全力で投げてくれれば十分だし。

まぁそれはそれとして、NYY相手に四タテは気分良いですね。今日も良い流れをキレイに止めてくれた、某先発のせいで4点ビハインドでしたが、ノリに乗るH. Ramirezの2発もあり、逆転勝ち。無駄な足掻きを見せるNYYにほぼ止めを刺せたかと思うと気持ち良い。

今日はTORが負けて、TORとは4ゲーム差。その下のDET、SEAも勝ってますが、残り15試合で6ゲーム差なので、PO進出はほぼ安全圏に近づいてきたと言えるでしょう。油断は禁物ですが、BAL四連戦をイーブンで乗り切れればあとはPOに照準を絞って行けそうですね。

Result : BOS 5 - 4 NYY (W85-L64)

16' Minor League Stats - Salem Red Sox (High-A)

High-A Salemのスタッツです。Kopechなどが出遅れた開幕時点でも、マイナーで最もタレント豊富なチームとの評価を受け、実際Moncada、Benintendi、Dubonらの爆発で開幕から好調。Deversも出足は鈍かったものの、尻上がりに調子を上げた。多くの有望株がAAに昇格したが、Kopechの合流等もあり、W87-L52と好成績でシーズンエンド。


[Pitchers]

Michael Kopech, RHSP (14'-1st)

16' Stats (SS-A) : W0-L0/0.00 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/4.1 IP/4 H/2 R/2 ER/0 HR/0 HB/1 BB/5 K/1.85 WHIP/0.33 GO/AO
16' Stats (High-A) : W4-L1/2.25 ERA/11 G/11 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/52.0 IP/25 H/15 R/13 ER/1 HR/5 HB/29 BB/82 K/1.04 WHIP/0.88 GO/AO

評価:B。昨年はPEDで後半戦出場停止。今季も開幕前のチームメイトとの乱闘で手を骨折し、出遅れと、メイクアップ的な面でかなり疑問視していたが、チーム合流後は、正に別格の投球。真のTop Prospectと呼ばれる選手のみが記録できるレベルのスタッツを残した。ただシーズン最後の試合とPOでは制球が定まらず炎上。精神面も含め、未熟さが残るため、A評価は難しい。

2016年9月18日日曜日

16' Today's Topics - 9/17

[Today's Game (Game 148 vs NYY)]

出張で更新できなかったのが残念でしたが、やっと昨日、対NYY初戦を見ました。そして、その勢いで今日の試合をライブで見始めましたが、午前3時半くらいに寝落ちして、ハッと目が覚めたら、ワイルドピッチで逆転したところでした(汗)。

いや~、ホントH. Ramirezのあの一発で全ての流れが変わった感じですね。Porcelloと昨日のBuchholzはともかく、先発陣も今一つ試合を作っていないですが、セプテンバーコールアップで厚みを増したブルペンと、なんと言っても野手陣の活躍。今日はBALとDETが負けており、現時点でTORとSEAもリードを許す展開のよう。

初戦あのまま負けてたら、今頃地区首位から陥落しててもおかしくなかったですね。RamirezのあのHRは、ツイッターの短い動画で見た瞬間、数年前のPOのLAA戦でManny RamirezがFrancisco Rodriguezから放った一発を思い出しましたが、同じことを思った人が多かったみたいですね。

RamirezもプロデビューはBOSとは言え、昨年の出戻りと不調から、どこか外様感があって、ファンの目も厳しい感じがしましたが、今回の一発でPapiが抜ける来季以降のチームのベテランの軸として認めてもらえるんじゃないかと。

それと上でちょっと触れましたが、ブルペンもここのところガンバってますね。田澤も一時期の不調は脱した感がありますし、Hembreeや、Ro. Scottも初戦では良い投球を見せました。Scottは、二種類のアームスロットを使い分けてますね。特に左打者相手にはより低いスロットで投げることが多い感じ。

速球は最速で90 mphくらい。平凡でコマンドもまだまだですが、二種類のアームスロットから投げるので、軌道が異なるのと、ブレイキングボールの比率が高いので、まだ打者は的を絞れない感じかな。制球、コマンドはもう少し欲しいところ。71 mphくらいのブレイキングボールはどちらのスロットでも、割と似た感じの軌道ですが、左打者は対応しにくいでしょうね。

取りあえずデータも少ないだろうし、しばらくは対左のカードとしては、特にAbadもずっと悪かったので、有用かと思います。Hemreeあたりも球速が少し落ちてるし、J. Kelly, Jr.はやっぱり球速がある割に空振りが取れない。POのような一点差が重くのしかかる展開で誰が使えるか、というと若干不安もありますが。

Result : BOS 6 - 5 NYY (W84-L64)


[Other Topics]

☆ Pomerantzのトレードに関して、メディカルの結果を適切に開示しなかったという問題で、SDのA.J. Preller SDが30日のサスペンションとその間の無給という裁定が下りました。その他MIAとのColin Reaのトレードなどでも同様の問題を起こしていて、意図的であったことは確実。

Pomerantzの肩、肘に関しては、現時点で何か問題となるようなものではないようですが、今後数年の保有期間という点でトレード価値が吊り上がったことも含めて、BOSが奪われた対価(Anderson Espinoza)が適切であったかは非常に疑問です。

商品価値を偽装した詐欺行為以外の何物でもなく、SD側が不当に得た利益に関して、GMのサスペンションというペナルティーを受けたのは当然として、BOS側が支払ったものが過剰だったことに関する補償が行われないのは甚だ遺憾であるとしか言えないですね。

7月のBOSの海外FAのパッケージ契約に対するペナルティーがあれだけ厳しかったのに。心情的にはリターンしたくとも、Pomerantzの働きぶりはともかく、ローテの頭数的に、Pomerantzを今返却することは不可能ですが、Top 100前後クラスのProspectを一枚保障されてしかるべきだと。


☆ 手前みそですが、本ブログの投稿数が2000を超えました。少しずつ身の回りの環境の変化もあって、特にマイナーの試合のレポートとか、数日休むと溜まってしまって更新が大変、と思うこともありますが、見にきてくださる方々がおられ、いただくコメントを見ると、改めてやる気が湧いてきます。

節目ということで改めて振り返ると、コメント欄の使いにくさとかもあって、他のブログフォームに移動することも頭にちらつきますが、一方でここまで積み上げてきたこの場所への愛着もあり、なかなか踏み切れない部分も。その辺もし思うところがあればアドバイスいただければと思います。

とにもかくにも皆さまのおかげでここまで続けて来られたのは間違いないですし、今後もできる限り多くの更新をしていきたいと思います。皆さま、もし宜しければ今後とも本ブログを盛り上げ、末永くご愛玩いただけば幸いです。今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

16' Minor League Stats - Greenville Drive (Low-A)

Low-A Greenvilleのスタッツです。W70-L69という平凡な成績でPOには出場できず。昨年は素晴らしい野手陣がいましたが、その多くは今季High-Aより上へ。ここに残ったChavisも早々に故障し、Rei、Mathenyあたりの昨年の上位指名もアンスペクタクル。前半戦は、Anderson Espinoza、Raudesの若手投手二人と、Ockimey、Washingtonのパワーが光ましたが、Espinozaはトレード、野手の二人は後半戦散々で寂しい閉幕に。


[Pitchers]

Roniel Raudes, RHSP (14'-Int. FA)

16' Stats (Low-A) : W11-L6/3.65 ERA/24 G/24 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/113.1 IP/112 H/60 R/46 ER/8 HR/1 HB/23 BB/104 K/1.19 WHIP/0.56 GO/AO

評価:A。Espinozaと同期で、さすがに彼ほどの期待度は無かったが、完成度の高さで同じく18歳にしてLow-A開幕を勝ち取った。時折崩れる試合もあり、やはり支配力という点では少し課題はあるが、内容的にはむしろEspinozaを上回る成績。来季は身体とスタッフの成長に期待したい。

2016年9月15日木曜日

16' Today's Topics - 9/14

[Today's Game (Game 145 vs BAL)]

せっかく初戦取ったのにねぇ...。今日は相手のKevin Gausmanにしてやられた感がありますが、昨日は、またもPomerantzが被弾でチームを敗戦に陥れた。Buchholzも前回打たれたし、まだ分かりませんが、昨年までの登板イニング数を踏まえても、POに出れたとして、ローテ落ちするのはPomerantzの可能性が上がってきた感じ。そんな選手にAnderson Espinozaを出したと思うと泣けてきますね。

Result : BOS 0 - 1 BAL (W81-L64)

2016年9月13日火曜日

16' Minor League Stats - Lowell Spinners (SS-A)

SS-A Lowellのスタッツです。Dalbec、T. Hill、終盤戦はChathamやDownsなど、打線が比較的好調で、W47-L29を記録してPOへ。しかしセミファイナルで敗退。投手では、最終盤に顔見せで上がってきたGroomeを除けば、TJ後球速を増しているPenningtonは来季のブレイク候補。そしてなんと言ってもDalbecが大当たり。ポテンシャルはドラ1クラスで大きな掘り出し物になるかも。


[Pitchers]

Jason Groome, LHSP (16'-1st)

16' Stats (GCL) : W0-L0/2.25 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/4.0 IP/3 H/1 R/1 ER/0 HR/0 HB/0 BB/8 K/0.75 WHIP/1.50 GO/AO
16' Stats (SS-A) : W0-L0/3.38 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/2.2 IP/0 H/1 R/1 ER/0 HR/0 HB/4 BB/2 K/1.50 WHIP/1.33 GO/AO

評価:-。10 IPに達していないので、評価は付けないが、まずまず期待通りのデビューかな。GCLでプロデビュー後、GCLのPOを投げずに、SS-Aへ昇格。能力に見合ったところで投げさせたのだろう。16年ドラフト全体でもNo.1のタレントと言われるほどの真のスター候補。速球はまだ全力で投げていない感じだけど、ルーズなフォームと大柄な身体、そしてカーブはJon Lester (現CHC)以上の可能性を感じさせてくれる。

2016年9月12日月曜日

16' Today's Topics - 9/11

[Today's Game (Game 142 @TOR)]

欲を言えば昨日もE. Rodriguezがしっかりと試合を作って、勝てなくはない試合だったけど、今日は逆に久しぶりに乱れたBuchholzのビハインドを打線がカバー。アウェーで、ノルマだった2勝1敗を達成できたのは良かった。NYYもやっと負けてくれたし。残り20試合、最後しっかりふんどしを締め直しましょう。

Result : TOR 8 - 11 BOS (W80-L62)

2016年9月10日土曜日

16' Today's Topics - 9/9

[Today's Game (Game 140 @TOR)]

ここから残り試合は全てAL東チームとの直接対決。その最初はアウェーで1ゲーム差のTORということで、正に正念場の試合でしたが、TORが序盤からポロポロやってくれたおかげもあって大勝。Porcelloも3回に一瞬捉えられかけましたが、DPで乗り切り、あとはスイスイと。

Porcelloは20勝。彼をBen Cherington前GMが連れて、契約延長の後、昨年パッとしない成績だった時は批判したけど、今季は開幕ちょっとしてからは、ホントにずっと安定している。 速球のムーブが良いし、なんと言ってもテンポが良い。

Theo Epsteinさんが、John Lackey (現CHC)を連れてきた時も最初の2年は不振とTJで散々だったのが、その後復活して、安定してイニングを稼ぐ二番手になったのが思い出されます。ともかく初戦取れたのは非常に大きいですね。最悪二連敗でもまだイーブン。かなり精神的に余裕を持って臨めるのではないかと。

Result : TOR 3 - 13 BOS (W79-L61)

16' Minor League Stats - GCL Red Sox (Rk)

Rkクラスは閉幕。Rk-GCLのスタッツです。W31-L28とほとんどイーブンでしたが、滑り込みでPO進出。しかし、1ゲーム制のセミファイナルで敗れています。投手も終盤にデビューしたGroomeを除けば、海外FA組も含めて大物感に欠け、野手は野手でさっぱり打てない。Anderson EspinozaやGroomeといった選手に集中して投資した結果、他が薄いのは仕方のないことかもしれませんが。


[Pitchers]

Jhonathan Diaz, LHSP/RP (13'-Int. FA)

16' Stats (GCL) : W4-L4/2.85 ERA/13 G/12 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/0 GF/0 SV/60.0 IP/52 H/28 R/19 ER/2 HR/4 HB/18 BB/57 K/1.17 WHIP/2.10 GO/AO

評価:C。膝のケガで昨年は全休。今季復帰して、USデビューを飾った。偶に大きく乱れる試合もあったが、比較的整った内容。ゴロ率も高い。POはSS-Aへ昇格。運動能力は高いらしいので、身体が成長して、速球の球速が伸びればブレイクするかも。

2016年9月8日木曜日

16' Today's Topics - 9/7

[Today's Game (Game 139 @SD)]

MLBでの実績の無いMoncadaに一旦はほぼレギュラーを奪われた形になり、LF行きも示唆されていたShawですが、Moncadaがここのところ未熟さを露呈しており、急遽スタメンに戻った今日は、2 H/1 HR/3 RBI/1 BBの大活躍。

マイナーから見ている身としては、BuchholzやShawの復活は嬉しいですね。 さて、今日はNYYこそTORに勝ったものの、TOR、BAL、DET、HOU、SEAら、POの席を争っているチームがいずれも敗戦。地区単独首位に立ちましたし、TORとのカードは、絶対に勝ち越したい。

Result : SD 2 - 7 BOS (W78-L61)

2016年9月7日水曜日

16' Minor League Stats - DSL Red Sox 1 Blue (Rk)

続いてRk-DSL Red Sox 1。こちらもペナルティーでSimon Muzziottiをはじめ、Eduardo Torrealba、Cesar Gonzalezと引き抜かれた。しかし、全くタレントもいない中、ほぼ固定の先発ローテを含めて投手陣のほとんどが防御率2点台、とチームを引っ張り、50勝18敗と大きく勝ち越し。POでも現在優勝にリーチを掛けて、8回の時点でリード中。(追記)再開後リードを守り切り、今季のDSLを制しました。


[Pitchers]

Junior Figueroa, RHRP (15'-Int. FA)

16' Stats (DSL1) : W0-L0/3.10 ERA/11 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/5 GF/0 SV/20.1 IP/20 H/7 R/7 ER/0 HR/3 HB/15 BB/9 K/1.72 WHIP/0.92 GO/AO

評価:E。DSL 2のG. Santosと同様、昨年契約した中では、一応$300Kのボーナスを受け取った選手だし、市場の中でもかなり若く、それでいて、6' 4"の長身ということでチーム内ではちょっと注目していましたが、Santos同様、未熟さを露呈。

2016年9月6日火曜日

16' Today's Topics - 9/5

[Today's Game (Game 137 @SD)]

散々リビルドを手伝わされた上に、今季の試合でここに負けるとなると、イライラ感が凄いです...。Pomerantzのせいで負けた、と言っていいのかは微妙ですが、意地でもここからは勝星を稼げよ、と言いたくなる。

Pomerantzは、全般的には悪くないスタッツですが、BOSに来てから被HRが多いですね。しかもそれが決勝点になりがち。はぁ...。TORももたついてはいますが、DET、BAL、NYYの足音が。

Result : SD 2 - 1 BOS (W76-L61)

16' Minor League Stats - DSL Red Sox 2 Red (Rk)

そろそろMiLBのシーズンが終了に近づいてきました。各クラスのProspectの今季スタッツまとめです。まずはRk-DSL Red Sox 2から。シーズン途中で、海外FA契約でのペナルティーにより、Albert Guaimaro、Antonio Pineiroを失う、という悲劇もありましたが、タレントもいない中で48勝22敗と大きく勝ち越してPO進出。POではクォーターファイナルを突破しましたが、セミファイナルで敗れ、BOSのDSL 1チームとの決勝とはなりませんでした。


[Pitchers]

Bryan Mata, RHSP (16'-Int. FA)

16' Stats (DSL2) : W4-L4/2.80 ERA/14 G/14 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/61.0 IP/54 H/23 R/19 ER/2 HR/2 HB/19 BB/61 K/1.20 WHIP/1.31 GO/AO

評価:A。17歳ながら開幕からローテを守り、J. Gonzalezと共にチームで最も頼れる投手だった。完成度が高めな選手に見えるが、被打率や奪三振率も優秀。体格も悪くないし、伸びしろに期待したい。

16' Minor League Season Memo -9/5~9/10-

マイナーシーズンも今日レギュラーシーズンが終了。High-AとSS-AはPOに出れるけど、フルシーズンクラスの4チームの内、POで出られたのはHigh-Aチームのみで、他の3クラスは冴えないシーズン。特に近年投手陣が酷過ぎる。ドラフト、海外FA、育成いずれも今オフは根本から見直して欲しい。前週の結果はこちら


○ 9/5 ~AAA, AA, Low-A Season Finale, High-A, SS-A Regular Season Finale, DSL PO Final Game3~

[AAA] : RHP Heath HembreeがMLBにコールアップ。
[AAA] : RHP Noe RamirezがMLBにコールアップ。
[AAA] : C Christian VazquezがMLBにコールアップ。
[A+] : RHP Anyelo LeClercをインアクティブリストに登録。
[A+] : RHP Trevor KelleyがGreenville (A)から移動。

[AAA] - Box
Owensが6.2 IP/4 H/1 ER/3 BB/5 K。Vinicioが2 H/1 2B。Brentzに第4号。

[AA] - Box
M. McCarthyが4.0 IP/2 H/0 ER/1 BB/0 K。Dubonが2 H。

[A+] - Box
J. Fernandezが2.0 IP/5 H/4 ER/2 BB/1 K。マルチ無し。

[A] - Box
E. De Jesusが4.0 IP/5 H/4 ER/1 BB/4 K。D. Miller、J. Riveraが2 H。

[A-] - Box
D. Hernandezが3.0 IP/2 H/1 ER/3 BB/3 K。V. Acostaが2 H/1 2B。Tovarに第2号。

[DSL1 (PO Final Game3)] - Box
J. Perezが5.0 IP/2 H/0 ER/1 BB/3 K。マルチ無しも、2-1で勝利、2勝1敗で優勝に王手。

2016年9月5日月曜日

16' Season Boston Red Sox -Sep.~Oct.-

9月です。ある程度勝ってはいますが、どこかに常に不安を抱え、なかなか大型連勝が続かず、なかなかTORを捉えられません。起爆剤になっていたBenintendiがまたもLFの受難で離脱したのも痛かった。一方でやはりちょっと早い感もありますが、Moncadaが昇格。野手の若手はホントに黄金世代になりそうですね(前記事はこちら)。


[Transaction]

○ 9/2
Activated C Ryan Hanigan from the DL.
Recalled RHP Joe Kelly, Jr. and IF Deven Marrero from AAA Pawtucket.
Selected the contract of LHP Robby Scott from AAA Pawtucket and 2B/3B Yoan Moncada from AA Portland.
Designated RHP William Cuevas for assignment.

セプテンバーコールアップの時期です。まだマイナーのシーズンが終わっていないので、全員ではありませんが、HaniganがDLから復帰し、またJ. Kelly, Jr.とD. Marreroはマイナーシーズンが終わる前に呼ばれています。AAAがPOが無いのもあるでしょう。

そして驚きはMoncadaとRo. Scottのコールアップ。前者はBenintendi同様、AAAを飛ばしてのコールアップ。まだ21歳。特に右打席での対応はマイナーですら未熟で、 ちょっと早い感が否めませんが、9月ということで代走要員をベンチに置きたいという意図と、少しMLBを体験させておきたい、ということでしょう。

基本的には3B。3Bは対左投手はA. Hillが基本担当し、対右でShawとMoncadaを起用する。Shawの調子が上がらなければ出番は増えるでしょう。Scottは独立リーグ上がりの苦労人。今季、対左を磨き、嬉しいMLBデビューを勝ち取りました。Abadがさっぱりだし、ガンバって欲しい。

2016年9月4日日曜日

16' Today's Topics - 9/3

[Today's Game (Game 135 @OAK)]

アウェーの西海岸遠征ですが、下位に沈むOAK、SDとのシリーズとあって、しっかり貯金を稼ぎたい。今のところ良い感じに勢いをつけさせてもらっています。今日も打つも打ったり17安打11得点。昨日MLBデビューを飾ったMoncadaもMLB初安打。打ち方とか含めて、やっぱりRobinson Cano (SEA)に似ている印象。調子下げてた選手たちもここで打撃練習してくれれば。

今日の勝利で地区同率首位返り咲き。全般的には良い流れですが、S. Wrightが次の登板をスキップするかもとも。復帰を急がせた結果、イマイチな登板の挙句、もう一度DLかDay-to-Dayってのが多過ぎる。Buchholzもこのところ先発でしっかり投げてたのだし、これは完全に判断ミスだと思う。

Result : OAK 2 - 11 BOS (W76-L59)

16'-17' Fall-Winter League Roster

MiLBシーズンはもうすぐ終了で、秋季・冬季リーグが開催されます。各リーグのロスターまとめです。


[Arizona Fall League]

RHP Jamie Callahan, Surprise
RHP Michael Kopech, Surprise
LHP Trey Ball, Surprise
LHP Jalen Beeks, Surprise

3B Yoan Moncada, Surprise
SS/CF/2B Mauricio Dubon, Surprise
RF/CF/LF Danny Mars, Surprise