今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2016年9月13日火曜日

16' Minor League Stats - Lowell Spinners (SS-A)

SS-A Lowellのスタッツです。Dalbec、T. Hill、終盤戦はChathamやDownsなど、打線が比較的好調で、W47-L29を記録してPOへ。しかしセミファイナルで敗退。投手では、最終盤に顔見せで上がってきたGroomeを除けば、TJ後球速を増しているPenningtonは来季のブレイク候補。そしてなんと言ってもDalbecが大当たり。ポテンシャルはドラ1クラスで大きな掘り出し物になるかも。


[Pitchers]

Jason Groome, LHSP (16'-1st)

16' Stats (GCL) : W0-L0/2.25 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/4.0 IP/3 H/1 R/1 ER/0 HR/0 HB/0 BB/8 K/0.75 WHIP/1.50 GO/AO
16' Stats (SS-A) : W0-L0/3.38 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/2.2 IP/0 H/1 R/1 ER/0 HR/0 HB/4 BB/2 K/1.50 WHIP/1.33 GO/AO

評価:-。10 IPに達していないので、評価は付けないが、まずまず期待通りのデビューかな。GCLでプロデビュー後、GCLのPOを投げずに、SS-Aへ昇格。能力に見合ったところで投げさせたのだろう。16年ドラフト全体でもNo.1のタレントと言われるほどの真のスター候補。速球はまだ全力で投げていない感じだけど、ルーズなフォームと大柄な身体、そしてカーブはJon Lester (現CHC)以上の可能性を感じさせてくれる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Josh Pennington, RHSP (14'-29th)

16' Stats (SS-A) : W5-L3/2.86 ERA/13 G/13 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/56.2 IP/39 H/19 R/18 ER/2 HR/6 HB/27 BB/49 K/1.16 WHIP/1.04 GO/AO

評価:B。今季傘下で開花して数少ない投手の一人。昨年TJ明けで試運転。今季もまだ様子見か、Low-A行きはならなかったものの、SS-Aでは十分に投げた。TJで球速が上がる若い投手は割と最近多いが、その典型で、速球は最速98 mph、常時94~96 mphと大幅なパワーアップ。まだオフスピードピッチ以降や制球面で粗削りだが、来年が楽しみ。多少力の入ったフォームと小柄な体格が気になるが、先発でガンバって欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mike Shawaryn, RHSP (14'-9th)

16' Stats (SS-A) : W0-L1/2.87 ERA/6 G/6 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/15.2 IP/15 H/6 R/5 ER/0 HR/0 HB/7 BB/22 K/1.40 WHIP/1.09 GO/AO

評価:C。契約が遅く、デビューも遅れたが、全体的に見ればソリッドなデビューを飾った。ややアームスロットに悩んでいる選手で、実際現在はかなりサイドに近いスロットから投げているが、先発としてはもう少しスロットを上げた方がいいかも。一時ドラ1候補だったが、SS-Aでも時折乱れるし、先発上位は難しそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Shaun Anderson, RHSP (16'-3rd)

16' Stats (SS-A) : W0-L0/30.37 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/2.2 IP/12 H/9 R/9 ER/1 HR/0 HB/0 BB/4 K/4.50 WHIP/4.00 GO/AO

評価:-。下位指名ならいざ知らず、ドラ5以内のカレッジ出身選手で、ショートシーズンでここまでボコボコに打たれる選手は見たことがない。球速も出ていない訳ではないようだが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Kevin Steen, RHSP (14'-9th)

16' Stats (SS-A) : W3-L5/5.37 ERA/14 G/14 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/67.0 IP/70 H/44 R/40 ER/4 HR/5 HB/42 BB/41 K/1.67 WHIP/0.71 GO/AO

評価:D。運動能力が高く、割と気に入っていた選手だが、入団三年目だが、Low-Aに上がれず。SS-Aですら被打率、K/BBが悪く十分なパフォーマンスを見せられていない。伸びしろのある選手だと思っていたが、身体的にもスタッフ的にもあまり成長が見られない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Darwinzon Hernandez, LHSP (13'-Int. FA) : DSL 2年目の昨年、先発として結果を残し、今季はGCLをスキップ。19歳の左腕で最速95 mphということで、SP.comでも結構注目されているが、個人的にはあまり買っていない。確かに三振も取れるが、制球があまりにも悪く、SS-Aですら大きく乱れる試合も。ストライクを取りに行こうとすると、ボールの質が落ちるタイプに見える。

Dakota Smith, RHSP/RP (16'-UDFA) : 23歳のUDFA。先発でそこそこの成績を残している。H. Smithとややこしい。

Daniel Zandona, RHRP/SP (15'-21st) : 開幕直後はローテで投げ、その後Piggy-Backに移った。内容的にも昨年から大きく進歩しているが、上のクラスに上がって行くような選手ではないだろう。

Pat Goetze, RHRP/SP (13'-36th) : プロ4年目でようやくSS-A。制球に優れ、積極的にストライクを投げるが、支配力に欠ける。

Algenis Martinez, RHRP (12'-Int. FA) : リリーフ専門で、今季はイニング数を大きく下回る被打数に、イニング数と同等の三振を奪うなど好投。リーグのオールスターゲームにも出場した。

Dioscar Romero, RHSP (11'-Int. FA) : 今季は完全にリリーフに転向。序盤Low-Aで投げるも印象は残せずSS-Aへ。まずまず投げているが、もう21歳だし厳しい。

Matthew Gorst, RHRP (16'-12th) : カレッジのジュニアーだったが、ドラ10以降ながらオーバースロットボーナスで入団。カレッジでは先発だったが、プロではリリーフに移りなかなかの投球。今ドラフトでは、ドラ6のNogosekと彼がリリーフ専門タイプとしては多少期待か。

Brad Stone, LHRP (15'-24th) : カレッジ時代に崩れた制球が改善せず。オフのリリースは確定的。

Jordan Weems, RHRP/1B (11'-3rd) : STから投手の練習をしていたようだが、開幕はAAで1Bとして迎えた。捕手をやらせなかったのは、既に投手への転向を織り込み済みだったか?案の定打てず、GCLの開幕に合わせて、投手転向。まださすがに未熟だが、そこそこ投げている。ただ上のクラスでは未知数だし、もう一年早く決断していれば。

Hunter Smith, RHRP (16'-24th) : GCLでプロデビューすると、15 IPで1 BB/20 Kと素晴らしい成績を残し、SS-A昇格。こちらでもしっかり投げている。

Jared Oliver, RHRP (16'-26th) : こちらもGCLから終盤昇格。GCLでも至って平凡だったが。 

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Bobby Dalbec, 3B (16'-4th)

16' Stats (SS-A) : 57 G/211 AB/53 H/16 2B/1 3B/1 HR/74 TB/28 R/25 RBI/12 BB/42 SO/9 SB/3 CS/.251 AVG/.307 OBP/.351 SLG/.658 OPS/8 E

評価:S。指名時から、リスクはあるが面白い指名、と好意的に見ていたが、プロ入り後は予想以上の大活躍。確かに三振は少なくないし、早打ち気味だが、132 ABで7 HRは凄まじい。カレッジよりスタンスをコンパクトにしたことで、コンタクトが向上したよう。また広角にイージーに長打を打てる点も評価が高い。守備はミスが多いが、既にSP.comでも傘下Top 10に近いところまで評価を上げている。

-------------------------------------------------------------------------------------

C.J. Chatham, SS (16'-2nd)

16' Stats (GCL) : 8 G/24 AB/4 H/2 2B/0 3B/1 HR/9 TB/2 R/2 RBI/0 BB/7 SO/0 SB/0 CS/.167 AVG/.200 OBP/.375 SLG/.575 OPS/0 E
16' Stats (GCL) : 27 G/108 AB/28 H/4 2B/1 3B/4 HR/46 TB/19 R/19 RBI/8 BB/20 SO/0 SB/1 CS/.259 AVG/.319 OBP/.426 SLG/.745 OPS/2 E

評価:C。契約後、指の骨折もあって、しばらくFort Myersでトレーニング。一旦GCLに向かったが、そこでデビューから20打席近く安打無しはさすがに唖然としたが、最後に長打を固め打ちすると、SS-A昇格後もそれなりの打撃と予想外のパワーを見せた。最初はケガの影響があったと見れば、まずまずかも。守備も安定感がありそうだ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Tyler Hill, LF/RF (14'-19th)

16' Stats (SS-A) : 61 G/232 AB/77 H/14 2B/5 3B/4 HR/113 TB/43 R/38 RBI/24 BB/41 SO/11 SB/11 CS/.332 AVG/.400 OBP/.487 SLG/.887 OPS/4 E

評価:B。年々成長の跡を見せている。昨年GCLで少し打撃の片鱗を見せたが、今季はSS-Aで開花。序盤から4割を超えるAVGを残しオールスターにも出場。そこでHRまで放った。後半戦はさすがにやや落ち着いたものの、打撃、パワー、そして盗塁死は多いがスピードとツールは面白そう。難点はプロ三年目で未だにフルシーズンクラスでの実績がないこと。

-------------------------------------------------------------------------------------

Yoan Aybar, CF (13'-Int. FA)

16' Stats (SS-A) : 60 G/222 AB/46 H/7 2B/4 3B/3 HR/70 TB/18 R/19 RBI/8 BB/61 SO/3 SB/4 CS/.207 AVG/.247 OBP/.315 SLG/.562 OPS/5 E

評価:E。海外FA契約選手の中では高く評価されている選手で、昨年のAx. Basabe同様、三年目のブレイクに期待が掛かり、CFのレギュラー待遇を受けたが、結果的には悲惨な成績。バットにボールが当たった時は細身の体格に似合わず、長打を放つし、身体能力は高いのだろうが、コンタクト、選球眼、盗塁技術、とスキルが絡む部分があまりにも未熟。

-------------------------------------------------------------------------------------

Nick Sciortino, C (16'-17th) : ロスターフィラーの捕手だけにさすがに打てていない。ローカルボーイだし、数シーズンはマイナーのバックアップ捕手を務めるだろう。

Isias Lucena, C (12'-Int. FA) : 同期のJ. Nunezと共に今年もショートシーズンの控え捕手。

Jhon Nunez, C (12'-Int. FA) : 今年は出番が少なかった。そろそろリリースか引退か。

Jerry Downs, 1B (15'-15th) : 後半特によく打ち、Dalbecと共にチームをPOに導く原動力となった。

Tucker Tubbs, 1B (15'-9th) : AVGは低いものの、出塁と長打で貢献。Downsと共にDalbec、T. Hillのプロテクションとなった。

Victor Acosta, 2B/LF/3B/RF/CF (13'-Int. FA) : 二年目のSS-Aで、開幕戦はベンチだったものの、複数のポジションで多くの出場機会を得、AVG .274とまずまず。ただ14年にDSLで8 HRを放った時のインパクトはなく、Prospectへ成長し損なった。

Andy Perez, 3B/2B (15'-UDFA) : Dalbecが合流するまで3Bとして多く出場。長打は無いが、そこそこ当てている。

Carlos Tovar, SS/2B (13'-Int. FA) : 開幕からSSのレギュラーを務め、安定したコンタクトを披露。オールスターゲームにも出場した。Chathamがこちらに来てからは、2Bへ移った。

Ryan Scott, LF/RF (16'-7th) : やや三振が多いが、カレッジのシニアーだけあって、さすがに安定した打撃。

Chris Madera, RF/2B/CF/LF (15'-Int. FA) : 内野も守れるUT。両翼が中心だが、12盗塁と意外にスピードもある。K/BBがほぼ1と優秀。

Matt McLean, RF/CF/LF (16'-9th) : Ry. Scott同様、シニアーのロスターフィラー。長打は少なめ。

4 件のコメント:

nature さんのコメント...

ポメランツ・・・・。やっぱり東地区相手じゃ無理かね。
バックホルツもTOR戦でやられたし、こうなるとWrightの離脱が響きますね。同地区対決苦しくなるなぁ。。

ララ さんのコメント...

natureさん

勝負どころで頼りないというか、やっぱりエースではないよなー、とは思っちゃいますね。E-Rodがこのまま順調だとして、POでも三人でローテを回せる日程なら、その方がいいかもですね。

赤とんぼ さんのコメント...

おはばんは、
来年のスケジュールが出ましたね今年に比べれば、どんなのでも良く見えるけど・・・
4月末にCHCがFenwayに来ます!生で観たいけど、まだ寒いだろうな~?家でヌクヌクかな(笑)

昨日のPomeranzランナーをためてのHRS!最悪のホメラレンツでした(怒)打線も3点 トホホ

今日は、快投のPorcelloを見殺しの零敗 トホホ^2乗

ララ さんのコメント...

赤とんぼさん

おはばんは、今日は相手の投手に封じられてしまったし、昨日は昨日で、TOR戦に上位ローテを当ててしまったから、仕方ない部分もあったのかもしれないし(Pomerantzもそれじゃいかんのだけど)。でも昨日今日の得点が逆だったらな~。

4月のFenwayはナイトゲームは特に辛そうですね。そこなら格安とかなら日本からねらい目で行く人もいるのかな?NYYは最低2勝、できれば三連勝で!