BOSの3Bをどうすべきだと思いますか?

夏のトレード戦線で補強すべきポイントは?(複数回答可)

2016年9月19日月曜日

16' Minor League Stats - Salem Red Sox (High-A)

High-A Salemのスタッツです。Kopechなどが出遅れた開幕時点でも、マイナーで最もタレント豊富なチームとの評価を受け、実際Moncada、Benintendi、Dubonらの爆発で開幕から好調。Deversも出足は鈍かったものの、尻上がりに調子を上げた。多くの有望株がAAに昇格したが、Kopechの合流等もあり、W87-L52と好成績でシーズンエンド。


[Pitchers]

Michael Kopech, RHSP (14'-1st)

16' Stats (SS-A) : W0-L0/0.00 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/4.1 IP/4 H/2 R/2 ER/0 HR/0 HB/1 BB/5 K/1.85 WHIP/0.33 GO/AO
16' Stats (High-A) : W4-L1/2.25 ERA/11 G/11 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/52.0 IP/25 H/15 R/13 ER/1 HR/5 HB/29 BB/82 K/1.04 WHIP/0.88 GO/AO

評価:B。昨年はPEDで後半戦出場停止。今季も開幕前のチームメイトとの乱闘で手を骨折し、出遅れと、メイクアップ的な面でかなり疑問視していたが、チーム合流後は、正に別格の投球。真のTop Prospectと呼ばれる選手のみが記録できるレベルのスタッツを残した。ただシーズン最後の試合とPOでは制球が定まらず炎上。精神面も含め、未熟さが残るため、A評価は難しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Trey Ball, LHSP (13'-1st)

16' Stats (High-A) : W8-L6/3.84 ERA/23 G/23 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/17.1 IP/121 H/61 R/50 ER/8 HR/8 HB/68 BB/86 K/1.61 WHIP/1.19 GO/AO

評価:E。少し出遅れたあと、今季もHigh-Aで一年過ごした。大崩れする試合は少なかったが、一方でK/BBが非常に悪く、昨年と同じクラスで、少し向上したゴロ率以外、ほとんど成長がない点も情けない。Ben Cherington前GMがフロントに就任したTORに引き取ってもらいたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Travis Lakins, RHSP (15'-6th)

16' Stats (High-A) : W6-L3/5.93 ERA/19 G/18 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/91.0 IP/111 H/65 R/60 ER/8 HR/5 HB/36 BB/79 K/1.62 WHIP/0.95 GO/AO

評価:D。昨年は契約が遅く、レギュラーシーズンではほとんど投げなかったが、FILでは好投し、MLB.comのJim CallisさんやSP.comのスタッフが非常に高く評価していた。しかし、Low-Aをスキップし、また先発実績があまり無かった点を差し引いても、今季の成績からは大きく期待できるようなレベルの選手には見えない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Daniel McGrath, LHSP (13'-Int. FA)

16' Stats (High-A) : W8-L6/4.11 ERA/19 G/19 GS/2 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/103.0 IP/80 H/54 R/47 ER/12 HR/5 HB/43 BB/62 K/1.19 WHIP/0.89 GO/AO

評価:D。例年同様被打率の低さは印象が良いが、K/BBの悪さとケガの多さの方がそろそろ目立つ。結構期待していた選手だが、もう22歳だし、体格的にも大きな成長は期待できないかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jake Cosart, RHRP (14'-3rd)

16' Stats (Low-A) : W4-L1/2.05 ERA/29 G/0 GS/0 CG/0 SHO/7 HLD/9 GF/2 SV/52.2 IP/36 H/13 R/12 ER/2 HR/1 HB/25 BB/76 K/1.16 WHIP/0.83 GO/AO
16' Stats (High-A) : W0-L0/1.00 ERA/8 G/0 GS/0 CG/0 SHO/2 HLD/0 GF/0 SV/18.0 IP/7 H/2 R/2 ER/0 HR/1 HB/11 BB/28 K/1.00 WHIP/0.27 GO/AO

評価:B。昨年はSS-Aですら結果を残せず、失望させてくれたが、今季はリリーフに移って開花。昨年落ちていた球速も再び90 mph後半を計時するようになった。フライボーラー傾向があり、制球も不安だが、イニングを大きく上回る奪三振率。セットアップ以上を望める数少ないProspectだ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jamie Callahan, RHRP (12'-2nd)

16' Stats (High-A) : W5-L3/3.29 ERA/36 G/0 GS/0 CG/0 SHO/5 HLD/18 GF/7 SV/65.2 IP/53 H/30 R/24 ER/1 HR/4 HB/38 BB/63 K/1.39 WHIP/0.77 GO/AO

評価:D。元ドラ2だが、先発として大成せず、昨季後半にリリーフ転向。そこで優れた奪三振率を示し、今季の飛躍を少し期待していたが、そこそこの被打率と奪三振率は記録したものの、飛び抜けた内容でもなく、AAに昇格すらできなかった。年齢的にもオフのAFLで可能性を見せないとキャリアの終焉は近さそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Matt Kent, LHSP (15'-13th) : カレッジのシニアードラフティーで平凡だが、高い制球力で多くのイニングを稼げるということで先発起用。Low-Aで開幕したが、すぐにHigh-Aへ。

Anyelo LeClerc, RHRP/SP (15'-Selected in Rule 5 Draft (AAA phase)) : マイナーのRule 5ドラフトで指名した選手。Low-Aで好投後、High-Aに昇格し、途中から先発を任された。

Mario Alcantara, RHRP (09'-Int. FA) : シーズンを通じて、精力的にリリーフで投げ、優秀な防御率、被打率を記録したが、K/BBが悪い。入団時、ある程度期待されていた選手だが、今オフにMiLFA。

Yankory Pimentel, RHRP (11'-Int. FA) : ショートシーズンで4年を過ごし、今季はLow-AをスキップしてHigh-Aへ。優れた球威を誇り、SP.comで傘下のTop 20前後と割と高く評価されているが、内容的には悪くないものの、リリーフとしては平凡。過大評価感が否めない。

German Taveras, RHRP (11'-Int. FA) : 球威があり、リリーフとして期待されていたが、今季もケガも含めてさっぱり。オフのリリースが濃厚。

Bobby Poyner, LHRP (15'-14th) : 昨年のドラフト指名選手で、リリーフ専門の中では比較的期待していた。Low-Aでは、26 IPで無四球、33奪三振と圧巻の安定感を見せたが、High-Aでは壁にぶつかった。

Simon Mercedes, RHRP (12'-Int. FA) : AA 2年目もむしろ成績は悪化し、High-Aへ降格。ゴロ率の高さを含め、まずまず投げてはいるが、上のクラスで通じるようなコマンド、変化球は無さそう。

Jeffrey Fernandez, RHRP (11'-Int. FA) :彼も元々はSP.comでそこそこ期待されていたが、目立った成長を見せられていない。

Trevor Kelley, RHRP (15'-36th) : 最終盤に1試合だけHigh-Aで登板。Low-Aでは非常に優れた制球で、安定したブルペンアームだった。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Nick Longhi, 1B/RF (13'-30th)

16' Stats (High-A) : 124 G/471 AB/133 H/40 2B/3 3B/2 HR/185 TB/56 R/77 RBI/50 BB/106 SO/2 SB/3 CS/.282 AVG/.349 OBP/.393 SLG/.742 OPS/2 E

評価:C。シーズンのほとんどを20歳で過ごし、安定したAVGを残し続けていたことは評価が高い。一方、1Bメインの選手としては、いくらパワーが削られる環境とは言え、2 HRはさすがに厳しい。長打率も.400を割っている。40 2Bを放っており、全くのパワーレスではないが、来年こそは最低二桁のHRを見たい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Rafael Devers, 3B (13'-Int. FA) :

16' Stats (High-A) : 128 G/503 AB/142 H/32 2B/8 3B/11 HR/223 TB/64 R/71 RBI/40 BB/94 SO/18 SB/6 CS/.282 AVG/.335 OBP/.443 SLG/.779 OPS/15 E

評価:A。開幕からしばらくAVGが.200前後を彷徨い、心配したが、月を追うごとに数字を伸ばし、最終的には19歳でHigh-Aとしては文句なしの成績。11 HRも少ないように見えるが、かなりパワーナンバーを削られる環境で、MoncadaやBenintendiといった、他の選手もAA昇格後、HRが激増していることを考えると、寧ろ十分以上と言える。前半戦もBABIPが低かったという面もあり、ストラグルしている感じでもなかった。守備や走塁も向上しているよう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Michael Chavis, 3B (14'-1st)

16' Stats (Low-A) : 74 G/279 AB/68 H/11 2B/3 3B/8 HR/109 TB/30 R/35 RBI/22 BB/74 SO/3 SB/1 CS/.244 AVG/.321 OBP/.391 SLG/.711 OPS/10 E
16' Stats (High-A) : 7 G/25 AB/4 H/0 2B/0 3B/0 HR/4 TB/5 R/1 RBI/2 BB/7 SO/1 SB/0 CS/.160 AVG/.222 OBP/.160 SLG/.382 OPS/1 E

評価:D。Low-A 2年目で絶好調のスタートを切り、High-AのDeversに再び追いつくかと思ったが、不運な親指のケガでしばらく離脱。復帰後はどんどん調子を落とし、昨年を思わせる早打ち三振マシーンと化した。ドラ1としては失望だが、自分を保ってプレーできれば、もっと成績を残せるだけの才能はあるはず。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mike Meyers, LF (12'-12th)

16' Stats (High-A) : 111 G/419 AB/114 H/17 2B/9 3B/4 HR/161 TB/53 R/66 RBI/36 BB/116 SO/26 SB/5 CS/.272 AVG/.328 OBP/.384 SLG/.712 OPS/5 E

評価:C。割と好きな選手だが、ここでプレーした多くの選手同様に、パワー面で数字を残せていない。足で長打を稼ぐ能力も高いが、LF専門としてはもう少しパワー、出塁で結果を残せないと厳しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Luis Alexander Basabe, CF/RF (12'-Int. FA)

16' Stats (Low-A) : 105 G/403 AB/104 H/24 2B/8 3B/12 HR/180 TB/61 R/52 RBI/40 BB/116 SO/25 SB/5 CS/.258 AVG/.325 OBP/.447 SLG/.772 OPS/2 E
16' Stats (High-A) : 5 G/22 AB/8 H/2 2B/1 3B/0 HR/12 TB/5 R/1 RBI/1 BB/3 SO/0 SB/0 CS/.364 AVG/.391 OBP/.545 SLG/.937 OPS/0 E

評価:C。パワーとスピードを兼ね備えたツールのある選手ということで、今季大きな飛躍を期待されたが、前半戦は絶不調。元々コンタクトに難のある選手だったが、その不安が的中。双子のLuis Alejandro Basabeがむしろ好調で、評価も逆転しかけた。しかしフラッグディールでその双子がARIへトレードされると、発奮したのか覚醒。長打を重ね、最終的には二桁12 HRを放った。コンタクトには依然不安を抱えるが、ボールも多少選べるようになっており、あとはコンタクトだけ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jordan Procyshen, C (14'-14th) : 基本的にはロスターフィラータイプだが、近年の捕手Prospectの薄さもあり、レギュラーとしての機会を得ている。今季はケガもあり、平凡なシーズンに。

Ben Moore, C (14'-8th) : ドラフト時は多少期待されていたが、ケガもあり、あまり多くプレーできていない。ここ2年は同期のProcyshenの控えとなっている。

David Sopilka, C (10'-Int. FA) : 今季プロ入り6年目のベテラン控え捕手。今季はバットでもある程度活躍した。

Jordan Betts, 1B/3B/RF (14'-18th) : AAでプレーしていたが、MiLFAのC-IFを途中で加えたこともあって、High-Aへ。守備の評価が高い選手だが、24歳のC-IFで4 HRは厳しい。

Jose Sermo, 2B/SS/3B (16'-MiLFA) : ロスターの穴埋めでシーズン途中で加入。25歳ということもあるだろうが、M-IF中心でチーム2位の8 HRと、後半戦のオフェンスの中心を担った。

Deiner Lopez, SS/2B/3B (10'-Int. FA) : IF控えとしてプレーし、DubonのAA昇格後はSSで多くプレーした。コンタクトに優れた選手だが、そろそろキャリアも終わりに近づいていそう。

Bryan Hudson, LF/CF (13'-15th) : ロスターにはずっといたが、あまり多くの出番無し。BenintendiのAA昇格後も、Low-Aから上がってきた同期のMongeの後塵を拝した。

Carlos Mesa, LF (15'-MiLFA) : Moncadaが問題なく適応し、USでのメンターという役目も終了。DLに入ったままシーズンを終えた。

Joseph Monge, CF/RF/LF (13'-17th) : プロ入り後、目立った成績を残せていなかったが、今季Low-Aで控えスタートながらようやくまともな数字を残し、High-Aへ。こちらでも序盤イマイチだったものの、後半戦に成績を上げている。

Danny Mars, RF/CF/LF (14'-6th) : Prospectとロスターフィラーのボーダーくらいの選手。やはりパワー面に欠けるが、OFに3ポジションをこなし、AVGはキャリアを通じて好成績。ただ昨年のケガで昇格スピードが少し遅くなっており、今季もHigh-Aでシーズンを終えてしまったのが残念。

Jayce Ray, RF/LF/CF (15'-UDFA) : 割と活躍している印象だったが、Low-A~AAで47試合にしか出場しなかった。コンタクト、選球眼は良いが、0 HRのパワーに、既に26歳。

0 件のコメント: