2016年7月31日日曜日

16' Today's Topics - 7/30

[Today's Game (Game 102 @LAA)]

昨日はPorcelloの好投でシーズン初めての四連敗をストップしましたが、今日はまたも敗戦。LAAともう一試合やって、SEA、LADと続く西海岸遠征中ですが、あまり西海岸遠征って良い思い出がないですね。

とは言え、ここを踏ん張らなければBALを追い越すのはかなり厳しくなりそう。というかTORにも抜かれてますし。今日のPomerantzは5.1 IP/6 H/1 HR/5 ER/2 BB/4 Kで移籍後三試合でチームに勝ち星無し。まだ判断には早いんでしょうがね...。なんとなくこんな感じになるという気はしてました。

Result : LAA 5 - 2 BOS (W56-L46)


[Other Topics]

☆ 明日のお昼がノンウェーバートレードの期限。BOSがPomerantzを獲った他、Aroldys Chapmanが法外な見返りでCHCへ。その他、Andrew CashnerがMIA、Mark MelanconがWAS、SDとATLのMatt KempとHector Oliveraという不良債権の交換などが成立。

そして先ほどJonathan LucroyのCLEへのトレードが合意に。Lucroyに関しては、やや若手捕手陣の伸び悩むBOSが興味とも言われていましたが、他に行ってくれて少しホッとしました。まだBOS、他チーム問わず大きな動きはありますかね?

割とどのトレードも要求が高すぎて手を引くチームが多いようですが。BOSに関しては、リリーフも噂になるものの、Kimbrelが順調に回復していることから、「どうしても動かないといけない、というような必要性は無い。」とDombrowskiさんが語っています。

16' Vanderbilt Commodores Season Stats

まとめるのが遅くなりましたが、Vanderbilt大の今季の各選手のスタッツまとめです。リージョナルが始まる直前に期待のフレッシュマンDonny Everettが亡くなるという悲劇があり、精神状態も良くなかったのは確かですが、カレッジワールドシリーズに到達した過去二年と比較しても、特に打線の迫力不足は顕著でしたね。


[Pitchers]

☆ Jordan Sheffield (rSo.-RHSP) : 16-16 G-GS/W8-L6/3.01 ERA/101.2 IP/82 H/3 HR/48 R/34 ER/40 BB/9 HBP/113 K

2016年7月28日木曜日

16' Today's Topics - 7/26

[Today's Game (Game 98 vs DET)]

昨日はPomerantzが6.0 IP/2 ERと、まぁ想定していたライン通りの投球でしたが、Jose Iglesiasに手痛い逆転弾を浴び、移籍後登板した試合で2連敗。内容は良かったので責められませんが、大型補強選手だけに、次はチームを勝ちに導く投球をして欲しい。

そして今日はS. Wrightが崩れて連敗。Miguel Cabreraにはナックルも関係ないのかな~...。ずるずるとまたBALに引き離され、TORの足音も聞こえますが、打線の状態は相変わらず悪くないし、何とか勝率を上げていきたい。

Result : BOS 8 - 9 DET (W55-L43)


[Poll Result]

☆ ドラフトの最終評価に関する投票が終わりました。多くの方が、Groomeという超大物が獲れたことで、ある程度満足のいくドラフトだったと感じているように思います。まぁそれだけにGroomeとその指導に掛かる責任は大きい。期待して見守りたいですね。


○ 16年ドラフトを振り返って、契約状況を含めてどう感じますか?(回答37)

1. Groome以外が弱いけど、プレミアアームが獲れて満足。 - 25 (67%)
2. Groomeと契約できて大満足! - 6 (16%)
3. 一点集中はリスクが高いし、普通かな? - 4 (10%)
4. ドラ11以降の目ぼしい契約もないし不満...。 - 2 (5%)

2016年7月27日水曜日

16' Minor League Season Memo -7/25~7/31-

ドラフトの注目選手の中で、ドラ2のChathamとドラ4のDalbecがデビュー。投手は少し時間が掛かるのかもしれませんが、Groome、S. Anderson、Shawarynの投手勢のデビューが楽しみですね。前週の結果はこちら


○ 7/25

[AAA] - Box
Haleyが6.0 IP/7 H/4 ER/3 BB/5 K。Lightが0.2 IP/2 K。C. Vazquezが3 H/1 2B、C. Marrero、Boesch、Witteが2 H。

[AA] - Box
McAvoyが7.0 IP/2 H/2 ER/2 BB/4 K。マルチ無し。

[A+] - Box
Ballが4.1 IP/6 H/1 ER/3 BB/2 K。Procyshenが4 H/1 2B/1 HR (2)。M. Meyersが3 H/1 2B、Gragnani、Devers、Mars、D. Lopezが2 H。

[A] - Box
D. Jimenezが8.0 IP/8 H/3 ER/0 BB/4 K。マルチ無し。

[A-] - Postponed (Rain)

[GCL] - Box
Requenaが5.0 IP/9 H/2 ER/0 BB/6 K。St. Espinalが3 H/1 2B、Cedrola、Oliveras、Lamedaが2 H。

[DSL1] - Box
R. Adamsが0.2 IP/2 H/3 ER/3 BB/1 K。Campana、W. Figueroaが2 H。

[DSL2] - Box
Zacariasが4.0 IP/5 H/0 ER/0 BB/0 K。J. Hernandez、Coca、Castellanosが2 H。

2016年7月25日月曜日

16' Today's Topics - 7/24

[Today's Game (Game 96 vs MIN)]

どうも頼りないエースが打たれて逆転負けした昨日は痛い敗戦でしたが、最終戦はまたも打線のがんばりで勝利。MINにイーブンじゃ喜べませんがね。ここのところ、H. Ramirez、Shawあたりにも大きいのが出てきているのは、打線の厚みとしては良いですね。

Barnesは前回の疲れが残っているのか、今日はやや乱調。前半戦良かったHembreeも調子を崩してマイナー行き。Layne、R. Ross, Jr.もこの頃ピシャリ、という場面が少ない気がする。復帰の田澤とJ. Kelly, Jr.にはガンバってもらいたいところ。

Result : BOS 8 - 7 MIN (W55-L41)

2016年7月24日日曜日

Prospect Profile: Jason Groome, LHP

今回は、16年ドラフト組のトリを飾ってくれる勿論この人、Jason Groomeくん。メイクアップとボーナス要求でまさかのスリップでしたが、才能は多くの専門誌で今季のドラフトでNo.1とされている、本物のプレミアムアーム。夢は無限大に膨らみます。


[Player Data]

Name: Jason Groome (ジェイソン・グルーム)
Full Name: Jason Joseph Groome
Position: LHSP
Born: August 23, 1998
Birthplace: Barnegat Township, New Jersey
Height: 6-6
Weight: 220
Bats: Left
Throws: Left
Drafted: 1st round, 2016
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $3,650,000
High School: Barnegat HS (NJ)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

素晴らしい投手体格。常時90 mph中盤の速球は、最速で96~97 mph。98~99 mphも記録したことも。全く力みのないフォーム。カーブはタイトな回転でプラスからプラスプラスのポテンシャルとも。一方、チェンジアップはあまり投げない。メイクアップには多少疑問を呈されるが、Bryce Harper (WAS)のように、あまりにも才能があるからこその部分も。


[Background]

北東部New Jersey州出身。ジュニアーのシーズンは、Brady Aiken (CLE)や、15年のBOSのドラ8のLogan Allen (現SD)も所属したIMG Academyでプレーしたが、16年はホームタウンのHSに戻った。ただその転校に関して規定違反があったようで、4月の頭に短期間ながら出場停止処分を受けた。ドラフト時のランキングはBA #3/PG #1/MLB #1/MB #2。


[Profile]

16' : GCLでプロデビュー後、GCLのPOを投げずに、SS-A Lowellへ昇格。能力に見合ったところで投げさせたのだろう。制球はまだまだだが、速球とカーブはポテンシャルを見せた。


[Comment]

ドラフトでNo.1タレントの指名なんて、少なくとも2000年台では初めてでしょう。メイクアップには多少疑問も投げかけられているし、そういった選手の扱いを失敗した過去もありますが、彼には本当に注意を払って、エースへと育てあげるのは、BOSにとって義務と言えるでしょう。

16' Today's Topics - 7/22

[Today's Game (Game 94 vs MIN)]

M. Bettsの連日の先頭打者HRがありましたが、そのスミ1で敗戦。9回ノーアウト満塁からPapiがDPで結局得点できず。痛い敗戦でした。M. Bettsが膝を痛めて交代。念のためという感じで、Day-to-Dayで済むと見られますが、絶好調で不動のトップバッターだけに痛い離脱ですね。

代役は一人ずつずらすのかな?まぁ残念な敗戦でしたが、E. Rodriguezが二連続で好投したのが良かったですね。まぁ下位に沈むNYYとMIN相手なので、まだ楽観視はできませんが、スライダーを上手く使っているようです。

Result : BOS 1 - 2 MIN (W54-L40)


[Poll Result]

☆ Pomerantz獲得の投票に非常に多くの回答をいただき、ありがとうございました。結果はやっぱり結構割れましたね。投手補強は必要でしたが、やはり見返りの大きさも痛い、というところでしょうかね。今年の市場でなければ、と思うと悲しいです。Pomerantzの初登板後に投票やってたら、もうちょっと否定意見が多くなってたかも...。


○ Drew Pomerantzの獲得をどう思いますか?(回答61)

1. ローテが埋まったのは良いけど、見返りも痛い。普通。 - 18 (29%)
2. Anderson Espinozaの放出は痛い。不満。 - 15 (24%)
3. 今季の市場の中では良い選択肢。満足。 - 13 (21%)
3T. なんでこの選手に...。非常に不満。 - 13 (21%)
5. 期待していたローテ上位候補。大満足! - 2 (3%)

2016年7月21日木曜日

16' Today's Topics - 7/20

[Today's Game (Game 92 vs SF)]

勝って久しぶりのリーグ首位奪還となりましたが、色々頭の痛い試合でしたね。Barnesの6回無死満塁からの3 IP無失点のウルトラナイスリリーフと、H. Ramirezの3 HRで救われた。先発のPomerantzは4 IP途中ノックアウト3.0 IP/8 H/2 ER/5 ER/2 BB/4 K。

一周目はまずまずの投球でしたが、二周目に捕まった。まぁ一回の投球でとやかく言っても仕方ないので次回ガンバってくれ、としか言えないですが、自分は他チームの監督なら、今日のSFと同じ戦法を取りますね。「カーブとカッターは振るな、じっくり見て速球だけ打っていけ。」って。

なんやかんや一周目も2ボール、3ボールが多かったし、そもそも速球が平凡で、制球難の選手が制球しづらいカーブを投げてくるのに、わざわざ手を出すメリットもないですよね。SFの打者はカーブの4分の1ほどしか手を出さなかったそう。次回改善されるんですかね。

またリリーフも厳しい。昨日4点差で上原を投げさせた結果ケガ、ということでまたもリリーフ采配に批判の集まるFarrell監督にとって最悪の展開。今季ガンバっていたHembreeも対左に脆さを見せ、更に対左を唯一の売りとするLayneが6回はアウトを取れずに塁を埋める始末。立て続けに勝ちパターンの投手を失ったのも痛いですが、対左の弱さも気になりますね。

Layneもちょっと厳しくなってきた感があるし、今季はまずまず左を抑えているRossで乗り切れるかな?リリーフでは、田澤が金曜日に復帰予定だそうですが、今日マイナーでこのところリリーフで好投しているJ. Kelly, Jr.ではなく、N. Ramirezを呼んだのは、金曜日に田澤と入れ替えで誰かを外す時に、Kellyまたマイナーに送るのが嫌だからとか。

リリーフの後ろで投げるスタッフは持った選手だし、田澤は余裕持って戻すことにして、今の内にKellyを試しておいてもいいと思うのですが。 Kimbrelもそこまで掛からないだろうし、Kellyがはまってくれれば、対左という部分はさておき、ブルペンはかなり戦える布陣ではあると思うのですが。

Result : BOS 11 - 7 SF (W53-L39)

Prospect Profile: Bobby Dalbec, 3B

今回は、最近傘下に少ない希少なパワーヒッター、Bobby Dalbecくん。長らく3Bとして注目されてきた選手ですが、16年のカレッジでは三振が非常に多く不振。一方でシーズン終盤から、カレッジワールドシリーズでは投手として大活躍してチームを優勝に導く活躍。プロでも三振病に陥るなら、投手転向のタイミングが気になりそうです。


[Player Data]

Name: Bobby Dalbec (ボビー・ダルベック)
Full Robert Vernon Dalbec
Position: 3B/(RHRP/RHSP)
Born: June 29, 1995
Birthplace: Parker, Colorado
Height: 6-4
Weight: 225
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 4th round, 2016
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $650,000
College: Arizona
High School: Legend HS (CO)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

大柄な体格で、非常にフィジカルに優れた選手。特に75~80とも言われるパワーはトップクラス。ただ、かなり大物狙いの大きなスウィングで当たれば飛ぶが、三振も非常に多い。プロで打てるようになるかは疑問視されている。選球眼も良くない。守備もスピードとレンジに欠け、1B転向の可能性が高いとも。投手も務めており、常時 90 mph前半を計時する肩の強さも十分。マウンドでは、最速96 mph程度を投げ、カーブ・チェンジアップも使いこなせる。リリーフだけではなく、先発も務まる可能性も。


[Background]

15年夏のTeam USAで優れたパワーを発揮し、一躍カレッジでもトップクラスの選手との評価を得ていたが、16年はカレッジレベルでもコンタクトできていなかった。一方序盤からチームのクローザーとしても活躍。シーズン終盤戦は先発に移ると、カレッジワールドシリーズではチームを優勝に導く好投を見せ、投手としても評価を上げた。ただ本人はピッチングが好きではないそうで、野手としてプロ入りした。ドラフト時のランキングはBA #118/PG #112/MLB #88/MB #63。


[Profile]

16' : プロ入り後は予想以上の大活躍。SS-A Lowellで、確かに三振は少なくないし、早打ち気味だが、132 ABで7 HRと凄まじかった。カレッジよりスタンスをコンパクトにしたことで、コンタクトが向上したよう。


[Comment]

投手としても魅力的な選手ですが、やっぱりパワーの可能性は希少。ただ投手としての才能も捨てがたいし、1年半くらい見てダメそうなら、早めにピッチングにシフトさせたいところ。

Prospect Profile: Mike Shawaryn, RHP

今回は、デッドライン間近でやっと契約が決まった、Mike Shawarynくん。ドラ5ながら、そのスロットより$200K以上多くを支払って射止めた選手。16年の春先はドラ1候補と見られていた選手。カレッジでそれなりに名前が知られた投手だし、即戦力として期待したい。


[Player Data]

Name: Mike Shawaryn (マイク・シャワリン)
Full Name: Michael Thomas Shawaryn
Position: RHSP
Born: September 17, 1994
Birthplace: Gloucester, New Jersey
Height: 6-3
Weight: 225
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 5th round, 2016; 32nd round, 2013 by Kansas City
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $637,500
College: Maryland
High School: Gloucester Catholic HS (NJ)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

しっかりとした投手体格。あまり体格の成長余地はなさそう。アームスロットを何度かいじっている選手で、それもありやや球速がバラついている。良い時は最速94 mph程度。スライダーをアウトピッチに好むが、そちらもスロットを変えている影響かコマンドが悪い。チェンジアップは平凡。


[Background]

同年ドラ1のJason Groome同様、北東部New Jersey州出身で、同じく北東部のMaryland大でプレーした。ドラフト時のランキングはBA #77/PG #94/MLB #139/MB #85。


[Profile]

16' : 契約が遅く、SS-A Lowellでのデビューも遅れたが、全体的に見ればソリッドなデビューを飾った。


[Comment]

実績があり、即戦力タイプではあるけど、まずはベストのアームスロットに固定し、コマンドを安定させる必要はあるでしょうね。BOSはそういった指導が下手なイメージもあるけど...。

2016年7月19日火曜日

16' Today's Topics - 7/17

[Today's Game (Game 90 @NYY)]

今日はお休みだし、せっかく昨日少し見れたので昨日の結果を。援護がなかったということはありましたが、それにしてもD. Priceのボールは甘々でしたね。高いだけじゃなくて、コースもほぼど真ん中。3失点で収まったのは、今のNYYだからでしょうかね。

10三振以上取ってる試合もあるけど、大体見る機会があると、ボールが浮いているように感じるし、不用意に初球を速球でストライク取りに行き過ぎてる。いくら好投の試合があっても、エースに求められる安定感がないのは困りますね。

Result : NYY 3 - 1 BOS (W51-L39)


[Poll Result]

☆ 補強ポイントに関する投票は期間を長めに設定していましたが、その結果デッドラインを待たずに動いたために結果が出てしまいましたね。結果的には先発、リリーフ、3Bと、やはり必要そうなところを埋めてきた感じ。Zieglerの補強は派手ではないけど、地味に良さそうですね。


○ Brad Zieglerの獲得をどう思いますか?(回答44)

1. なかなか良いと思う。 - 23 (52%)
2. Kimbrelが故障したし、結果オーライ。 - 15 (34%)
3. 素晴らしい、最高! - 3 (6%)
4. イマイチだと思う...。 - 2 (4%)
5. 出した若い選手がちょっともったいない。 - 1 (2%)


○ 7月末までのノンウェバートレードで、補強すべきポジションは?(回答51)

1. 先発 - 40 (78%)
2. ブルペン - 19 (37%)
3. 補強は必要なし。 - 5 (9%)
4. 三塁手 - 4 (7%)
5. 一塁手 - 2 (3%)
5T. レフト - 2 (3%)
5T. それ以外のポジション - 2 (3%)
6. 捕手 - 1 (1%)

16' Minor League Season Memo -7/18~7/24-

Anderson Espinozaとの悲しい別れがありましたが、一方でGroomeと契約、そしてなんと言っても前々回の登板で103 mphを記録したKopechがこの前の試合ではなんと105 mphを記録。勿論マイナーの球場のガンなので多少の誤差は否めませんが、105 mphはAroldys Chapman (NYY)の最高記録に並ぶもの。スカウトのガンでも100 mphは出ているようですし、一気に期待度が上がってきました。前週の結果はこちら


○ 7/18

[AAA] : IF Jose VinicioがDL入り。
[AA] : 2B/3B/OF Sean CoyleをLAAがクレーム。
[A] : C Tyler SpoonがDL入り。
[A] : 3B/C Roldani BaldwinがLowell (A-)から移動。
[A-] : C Jhon NunezがGCL (Rk)から移動。
[A-] : 3B Bobby Dalbecがロスター入り。
[GCL] : RHP Denyi Reyesがロスター入り。

[AAA] - Box
Cuevasが6.0 IP/11 H/5 ER/0 BB/5 K。J. Kelly, Jr.が1.0 IP/1 H/3 K。98 mph程度を投げていたそう。LaMarreが4 H/3 2B、M. Millerが3 H/1 BB、M. Hernandezが2 H/1 BB。Dominguezに第8号。

[AA] - Box
Beeksが6.0 IP/7 H/2 ER/0 BB/4 K。Moncadaが2 H/2 HR (6,7)。左打席で2 HR、右打席は三タコ。Dubon、A. Tavarezが3 H、Court、Rai. Rosarioが2 H。

[A+] - Box
前回105 mphを投げたKopechは5.0 IP/3 H/1 ER/3 BB/9 K。球速だけじゃなく、内容も圧倒的ですね。二回り目からは変化球を多く交えたよう。注目の球速は今日は100 mphが最速?Marsが3 H、Devers、Longhiが2 H。

[A] - Box
E. De Jesusが4.0 IP/7 H/5 ER/1 BB/3 K。Cosartは2.0 IP/2 K。Washington (13)、Gunsolus (9)、T. Kemp (9)にHR。

[A-] - Box
D. Gonzalezが6.0 IP/7 H/2 ER/1 BB/5 K。Downsが3 H/1 2B、Reveles、Ry Scott、Sciortinoが2 H。Maderaに第2号。

[GCL] - Box
J. Diazが5.0 IP/7 H/3 ER/1 BB/8 K。Cedrolaが2 H/1 2B。

[DSL1] - Box
E. Batistaが3.0 IP/5 H/2 ER/1 BB/2 K。Berroaが2 H/1 HR (4)。W. Figueroa、Cubillanが2 H。元BOSのAlbert Guaimaro相手MIA傘下で出ていますが、捕手でプレーしていますね。

[DSL2] - Box
R. Morenoが5.0 IP/6 H/1 ER/1 BB/6 K。Coca、P. Castellanosが2 H。

2016年7月17日日曜日

16' Draft Results

16年のドラフトの最終契約結果です。太字が契約者。( )内は契約額で、+/-は-がスロットより浮いた分、+がオーバースロット分の額です。今季のドラフトに関して言えば、Jason Groomeの指名がハイライト。以下の指名も契約も、ほぼGroomeとの契約を中心に考えられたものとなりました。


[16' Draft Signing Result]

1 (#12). Jason Groome, LHP ($3.65M (+$457.2K))
2 (#51). C.J. Chatham, SS ($1.1M (-$132.8K))
3 (#88). Shaun Anderson, RHP ($700K (+2.7K))
4. Bobby Dalbec, 3B/RHP ($650K (+$148.7K))
5. Mike Shawaryn, RHP ($$637.5K (+$262K))
6. Steve Nogosek, RHP ($250K (-$31.1K))
7. Ryan Scott, OF ($10K (-$200.7K))
8. Alan Marrero, C ($160K (-$20.3K))
9. Matt McLean, OF ($10K (-$158.4K))
10. Santiago Espinal, SS ($50K (-107.2K))
11. Nick Quintana, SS/2B
12. Matthew Gorst, RHP ($115K (+$15K))
13. Brady Bramlett, RHP
14. Robby Sexton, LHP ($100K)
15. Michael Wilson, SS
16. Alberto Schmidt, C ($100K)
17. Nick Sciortino, C ($80K)
18. Trevor Stephan, RHP
19. Kyle Hart, LHP/OF ($50K)
20. Nick Lovullo, SS ($50K)
21. Beau Capanna, SS
22. Granger Studdard, OF ($75K)
23. Juan Carlos Abreu, CF ($100K)
24. Hunter Smith, RHP ($25K)
25. Francisco Soto, RHP ($40K)
26. Jared Oliver, RHP ($10K)
27. Vince Arobio, RHP
28. Jordan Scheftz, RHP
29. Cam Shepherd, SS
30. Tyler Fitzgerald, SS
31. Christian Jones, OF
32. Jeff Belge, LHP
33. Chad Hardy, CF ($75K)
34. Aaron McGarity, RHP
35. John Rave, CF
36. Jordan Wren, OF
37. Carter Aldrete, SS
38. Austin Bergner, RHP
39. Jake Wilson, CF
40. Carter Henry, RHP
UD. Steven Reveles, IF ($1K)
UD. Ivan Houellemont, IF ($20K)
UD. OF Alexander Martinez, OF

Total Bonus Spending - $7,232,500 (+$235,100)
Total Bonus Pool - $6,697,400
Pool +5% overage - $7,347,270

2016年7月16日土曜日

16' Today's Topics - 7/15

[Today's Game (Game 88 @NYY)]

オールスター明け初戦は、宿敵相手に勝利。休暇を挟んで5連勝。NYYを借金生活に追いやったのは気持ちいい。Pomerantzの獲得があり、最早POを逃すことは許されない。この調子で連勝を続けてもらいましょう。

Result : NYY 3 - 5 BOS (W50-L38)

2016年7月14日木曜日

16' Today's Topics - 7/13

[Today's Topics]

☆ 昨日はオールスターゲームが開催。Papiの最後にして10度目のオールスターはヒット無し、四球でお役目御免。DHなんだし、最後まで出ても良かった気がするけど。S. Wrightは出番なし。J. Braldey, Jr.が2 H、X. Bogaerts、M. Bettsが1 Hと、若手トリオは活躍。世代交代ですねぇ。試合は4-2でALの勝利。WSのホームアドバンテージがAL側となり、Papiの花道の準備がまた一歩。


[Poll Result]

☆ A. Hillの獲得に関する投票の結果です。基本的には好意的に受け取られてはいるものの、やはり気になるのは先発、という方も結構いそうですね。


○ Aaron Hillのトレード獲得をどう思いますか?(回答36)

1. なかなか良いんじゃないかな? - 25 (69%)
2. 投手を優先して欲しかった。不満。 - 5 (13%)
3. 良いけど、見返りがちょっと...。 - 3 (8%)
4. 素晴らしい、大満足! - 2 (5%)
5. それ以外です。 - 1 (3%)

2016年7月12日火曜日

16' Minor League Season Memo -7/11~7/17-

Futures GameでMoncadaがMVPに輝き、Deversも絶好調など、野手は割と上り調子。一方、投手はKopechが103 mphを投げて話題になったくらいで、目立つパフォーマンスの選手が少ないですね。更に良い感じの結果を出している選手が次々にトレードでいなくなってしまって...。前週の結果はこちら


○ 7/11

[AAA] : LHP Wesley Wrightをリリース。
[AAA] : OF Ryan LaMarreをアウトライト。
[AA] : RHP Austin MaddoxがPawtucket (AAA)から移動。
[A] : LHP Enmanuel De JesusがLowell (A-)から昇格。

[AAA] - All-Star Break

[AA] - All-Star Break

[A+] - Box
Ballが3.1 IP/8 H/4 ER/4 BB/4 K。ダメですな。何とか良いトレードに出せないもんか...。Longhiが2 H。

[A] - Offday

[A-] - Box
Dahlstrandが6.0 IP/6 H/1 ER/1 BB/3 K。J. Kelly, Jr.が2.0 IP/2 K。G. Bautistaが1.0 IP/1 ER/1 BB/1 K。マルチ無し。

[GCL (Game1)] - Box
Pantojaが4.0 IP/6 H/2 ER/1BB/5 K。Barrientoが4 H。

[GCL (Game2)] - Box
Padronが3.0 IP/4 H/4 ER/4 BB/2 K。A. Marreroが2 H/1 HR (1)。

[DSL1] - Box
E. Batistaが2.0 IP/2 H/1 ER/4 BB/1 K。Reynosoが3 H、K. Suarez、Pulido、Berroaが2 H。

[DSL2 (Suspended Game @6/28)] - Box
G. Santosが中断前に、1.1 IP/1 H/0 ER/2 BB/1 K。Coca、P. Castellanosが2 H。

[DSL2] - Box
R. Morenoが3.2 IP/6 H/4 ER/3 BB/1 K。Uguetoが2 H。

16' Midseason Prospect Ranking by Baseball America

BAからシーズン中間地点でのProspect Rankingが出ました。今年はTop 100なんですね。そして栄えある#1は、我らがBOSのMoncada!BPでは#2でしたが、多少の卒業もあり、全マイナーでもトップを争う選手になりましたね。今日のFutures GameでもMVP。MLBデビューが待ち遠しい。それにしても傘下から全体#1なんて自分がチェックし出してから初めてかも。


[BA: 16' Midseason Top 100 Prospects]

1. Yoan Moncada, 2b, Red Sox
2. Alex Reyes, rhp, Cardinals
3. J.P. Crawford, ss, Phillies
4. Lucas Giolito, rhp, Nationals
5. Trea Turner, ss, Nationals
6. Tyler Glasnow, rhp, Pirates
7. Dansby Swanson, ss, Braves
8. Alex Bregman, ss, Astros
9. Andrew Benintendi, of, Red Sox
10. Austin Meadows, of, Pirates

2016年7月11日月曜日

16' Today's Topics - 7/10

[Today's Topics]

☆ 今日はオールスターの前哨戦として、各チームのTop ProspectがWorldチーム、USチームに分かれて戦う、Futures Gameがあり、Benintendiはあまり目立った活躍ができなかったものの、Worldチームで出場したMoncadaは8回に逆転となるHRを放つなどの活躍でMVPに選出されました!

2016年7月8日金曜日

16' Today's Topics - 7/9

[Today's Game (Game 86 vs TB)]

Holt、田澤、Kimbrelと突如大量のケガ人が発生して、大変な状態ですが、不調の6月から、少し調子は上向きでオールスターブレイクを迎えられそうですね。明日、前回またも三振は多く奪いながら、多くの失点を喫したエースD. Priceで勝てれば、気持ちよく休暇を迎えられそうです。

とは言え、今年はオールスターに出る選手も多いし、先発投手問題が片付いた訳ではないので、ホンの一息という程度になりそうですが。DombrowkisさんやHazen GMはオールスターは全く見てる時間が無さそうだ...。

Result : BOS 4 - 1 TB (W48-L38)


[Other Topics]

☆ Brian Banisterを投手コーチのアシスタントとして採用。その前にもBOSでスカウトやってたみたいですね。試合中はベンチに入らないものの、試合前後で投手陣の分析を行い、指導に当たるとか。まぁとりあえず、Carl Willisコーチはいつ切られてもおかしくないでしょう。


☆ 書き忘れていましたが、今季のオールスターゲームにファン投票で、Papi、X. BogaertsがそれぞれDHとSSでトップ得票、M. BettsとJ. Bradley, Jr.がOFで2、3番目となり、いずれもスターターで出場することが決まりました。

また、監督の推薦枠だっけ?で、S. WrightとKimbrelも出場予定者に選出。まぁ後者は選出に疑問符も付けられていましたが、結果ケガでDLし、不出場が決定。また、最後の一人を選ぶ投票の候補者にPedroiaがノミネートされています。

2016年7月5日火曜日

Prospect Profile: Shaun Anderson, RHP

今回は、昨日正式契約したドラ3、Shaun Andersonくん。今季のFlorida大の投手陣はA.J. Puk (OAK)を筆頭に、本当に豪華でしたが、そんな中でクローザーを任されていた選手。先発に対応できる力もあるそうなので、期待したいところ。ちなみにドラ2のC.J. ChathamとはHS時代はチームメートでした。


[Player Data]

Name: Shaun Anderson (ショーン・アンダーソン)
Full Name: Shaun Anderson
Position: RHRP
Born: October 29, 1994
Birthplace: Coral Springs, Florida
Height: 6-4
Weight: 225
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 3rd round, 2016; 40th round, 2013 by Washington
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $700,000
College: Florida
High School: American Heritage HS (FL)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

優れた体格の持ち主。速球は、先発なら91~93 mph、リリーフなら最速95~96 mphまで出る。ブレイキングボールに、86~88 mphのカッター、それにチェンジアップと四球種を投げる。


[Background]

Andersonの一巡前に、ドラ2でBOSに指名されたC.J. Chathamとは同じHS出身で、HSの先輩はBOS傘下のDeven Marreroなどもいる。また16年にBOSのドラ1の有力候補とも言われたZack Collins (CWS)とも同期だった。ドラフト時のランキングはBA #151/PG #76/MLB #140。


[Profile]

16' : SS-A Lowellでプロデビューも、ショートシーズンでここまでボコボコに打たれる選手は見たことがないというくらいに打ち込まれた。


[Comment]

マイナーですら先発ではダメで、リリーフ転向の選手が増えているだけに、先発で育って欲しいけど、先発だといいとこ五番手でしょうしね。ドラ3ならもう少し上限が欲しかった気も。

16' Today's Topics - 7/4

[Today's Game (Game 82 vs TEX)]

好調TEXとのゲームでしたが、打線が今日もよく打ち連勝。試合後、正式に正捕手に昇格となったLeonが今日も大当たりだったなど、先発全員安打。投手がこんな状態だけに、打線にはしばらくこの状態でいてもらいたいもんですね。

Result : BOS 12 - 5 TEX (W45-L37)


[Other Topics]

☆ Farrell監督がフロントに、先発と右打ちの内野手を要望しているようですね。リリーフももしそこそこ手頃な見返りで得られればというのはあるのかもだけど、むしろShawが下降気味で、控えのHolt、M. Hernandezと左打ちであることから、右打ちで三塁を守れる選手というのがニーズのようです。恐らくH. Ramirezのケガへの備えというのもあるのでしょうね。

昨季まではShawは左投手を打っていたので、彼にガンバってもらいたいところですが、まぁこちらもプラトーンクラスでも、左殺しタイプならそれなりに戦力になることから、やはり手頃なのがいれば獲ってもいいかと思います。一方、LFに関しては、Holtが復帰後、まずまず調子良さげなことから、優先順位は落ちたよう。

16' Minor League Season Memo -7/4~7/10-

Moncada、Benintendi、Deversらの調子が上がっている感じですね。BOSが先発に苦しんでいることもあり、先発投手のトレードでは、前の二人の名前は上がってきそうですが、中途半端な選手の見返りには出せないでしょうね。そうなると他の選手がもうちょっとガンバってくれないと、トレードしようにもできないのですが...。前週の結果はこちら


○ 7/4

[AAA] : OF Justin Maxwellをインアクティブリストに登録。
[A-] : RHP Jacob DahlstrandがGCL (Rk)から移動。
[GCL] : LHP Brian Johnsonをリハブアサイン。
[GCL] : LF Brandon Mageeをリハブアサイン。
[DSL1] : 1B Hemerson ServenがGCL (Rk)から移動。
[DSL1] : IF Ricardo CubillanがGCL (Rk)から移動。
[DSL1] : OF Juan HernandezがGCL (Rk)から移動。

[AAA] - Box
Eliasが6.0 IP/8 H/4 ER/2 BB/2 K。H. Ramosが4 H/1 2B/1 3B/1 HR (4)。最後はバントヒットで、サイクル安打達成。C. Marreroが3 H/1 2B/1 HR (14)。M. Miller、Witte、Solisが2 H。

[AA] - Box
Atkinsが6.0 IP/7 H/3 ER/1 BB/5 K。Romanskiが2 H/1 2B/1 BB。Freimanに第8号。

[A+] - Box
Lakinsが5.0 IP/7 H/4 ER/2 BB/3 K。Longhi、Sermoがそれぞれ2 H/1 HR (2)。Deversが2 H/1 2B。M. Meyersに第4号。

[A] - Box
Boydが4.0 IP/10 H/6 ER/0 BB/0 K。Gloriusが3.0 IP/1 H/3 BB/2 K。Cosartが1.0 IP/1 H/1 K。そろそろHigh-Aに行かせないの?Ax. Basabeが3 H/1 HR (7)。Aj. Basabe、J. Riveraが2 H。

[A-] - Box
E. De Jesusが4.2 IP/4 H/2 ER/5 BB/5 K。Madera、T. Hillが2 H。

[GCL] - Box
鬱病からようやくフィールドに戻ったB. Johnsonが3.0 IP/4 H/2 ER/1 BB/4 K。J. Espinozaが3.1 IP/4 H/3 ER/4 BB/3 K。Oliverasが2 H。

[DSL1] - Box
J. Perezが6.0 IP/3 H/1 ER/1 BB/2 K。K. Suarezが2 H/1 HR (1)。

[DSL2] - Box
A. Jimenezが4.0 IP/3 H/0 ER/1 BB/3 K。Coca、P. Castellanos、A. Hernandezが2 H。

2016年7月4日月曜日

16' Today's Topics - 7/3

[Today's Game (Game 81 vs LAA)]

負けて元々でしたが、O'Sullivanが何とか踏ん張って、シーズン折り返し地点を白星で迎えることができました。今日は下位打線がよく当たりましたね。

Leonはすぐ落ちてくるかと、思ったけど、まだ35打席とは言え、まだガンバっていますね。ひょっとすると、Hanigan復帰で、C. Vazquezを落とすことになるかも。

Result : BOS 10 - 5 LAA (W44-L37)


[Other Topics]

☆ 海外FA契約ですが、BAに載っていた分を反映させました(こちら)。疲れたにも関わらず、BOSと誰が契約するか、というワクワクもなく、非常に空しい作業でした。目を引いた中では、Rafael Deversの弟のJose DeversがNYYと契約。

兄ほどの選手ではなさそうですが。あとは、昨年のBOS同様、$300K以上の契約ができないNYYとTBがそれぞれ、BA #25、BA #18 & #31の選手と契約してること。きっちり調べて、違反があればペナルティーを食らわせてよね。


☆ サイドバーのProspect Rankingを更新。Jason Groomeの契約まだかな~、というのと、全体的に下がり目のProspectが多いのが気になる。Brentzは最近の活躍で、ちょっと浮上だけど、もう27歳なのでランキング対象外です。

16' Season Boston Red Sox -July-

7月です。6月は正に悪夢。先発投手の内、S. Wrightは雨の試合に弱いものの、1試合を除き、エースの投球。D. Price、Porcelloは、時折崩れる試合もありながら、何とかそこそこ投げていますが、残りの二枠は完全崩壊。フラッグディールの季節になりますが、市場の先発は薄く、高いか、微妙かのどちらか。解決策が見えない状態が続きます(前記事はこちら)。


[Transaction]

○ 7/1
Optioned IF Mike Miller to AAA Pawtucket.
Activated UT Brock Holt from the DL.

Holtが復帰し、M. MillerがAAAへ。Holtを本来のUTに戻す計画もあったようですが、Swihart、C. YoungとDL入りしているので、しばらくは対左でBrentzを併用しつつ、再びLFのレギュラーを務めそうです。

2016年7月3日日曜日

16' Today's Topics - 7/2

[Today's Game (Game 80 vs LAA)]

無様な大敗にため息も出ませんね。Buchholzは自責点は3だし、と言っていましたが、どっちにしろ先発としての責務を果たせていないので、言い訳にもなりませんが。次回の先発は未定ですが、ひとまず次の先発五番手はO'Sullivanが投げる予定。

また、J. Kelly, Jr.はようやくという感じですが、リリーフ行きが決まったので、選択肢としては、Buchholzにもう一度チャンスか、A. Wilkersonを上げるか、トレードで獲るか、というところか。

Result : BOS 2 - 21 LAA (W43-L37)


[Other Topics]

☆ 今日からスタートする予定だった、16'-17'シーズンの海外FA契約ですが、その直前になって、以前にも少し書いたBOSのパッケージ契約問題の罰則が発表され、5人の選手の契約無効と、16'-17'シーズンの(ボーナスプールに含まれる)海外FAとの契約禁止というもの。従って、数選手との合意も噂になっていましたが、それも破談。

パッケージ契約の詳細としては、昨季の市場で、BOSは$300K以上の契約ができないものの、そこそこ有望なArberto Guaimaro、Simon Muzziottiといった選手を$300Kで射止めましたが、実際には彼らと同じトレーナーの元でトレーニングする、より有望度の低い選手にも$300Kの契約を与え、裏でその一部をGuaimaro等に再配分してもらう、ということを行ったようです。

Guaimaro、Muzziotti、Antonio Pineiro、Eduardo Torrealba、Cesar Gonzalezの5選手はDSLの試合にも出ていましたが、契約が無効となり、新チームを探すことに。ちなみに$300Kは返還することはなく、新チームからもボーナスを受け取れる。新チームはボーナスプールにも加算しなくてもいいそうなので、Guaimaroあたりはすぐに引き抜かれるでしょう。

ちなみに、16'-17'シーズンに契約予定だった中で最大の選手だったRoimer BolivarはさっそくTBが$280Kで奪っています。まぁ正直に言って、GuaimaroはDSLですらコンタクトに悩んでいるし、他の選手はさほどの上限は無い。そもそも有望株を獲れないはずの2年なので、そういった意味ではものすごく響くことはない、とも思いますが、いつ何時才能がブレイクするかはわからない南米の若手なので、可能性を失ったのは残念。

ちなみに今季の契約不可を受けて、2チームになっていたDSLチームも来年は1つに戻りそうです。そもそも$300K以上の契約ができないペナルティーを受けたのは、14'-15'シーズンに、A. Espinoza、C. Acosta、Moncadaと契約したからですが、Moncadaだけでもプールをオーバーしていたとは言え、AcostaもRestricted List入りする始末。

どうせなら、三年分一気に取っておとなしくしといたらよかったですね。昨年、Guaimaroとかを$300Kで獲ったと聞いた時には、Ben Cherington前GMにしては、良い仕事をしたと思ったのに、後々まで迷惑を掛けてくれましたね。所詮CheringtonはCheringtonだった。

ただ、まぁそれにしても、ちょっとペナルティー重すぎる気もするけど。TEXが年齢詐称にも関わらず、Jairo Berrasと契約した時は、契約を無効にしなかったのに。ちょっと見せしめにされた感はあります。海外FA契約の情報を更新しようと思ってたけど、BOSは関係なくなったし、やる気を失ったので、また明日以降にします。


[Poll Result]

☆ ちょっと上原の状態も悪かったので、セットアップに関する投票やりましたが、いよいよリリーフどうこうじゃなく、先発がチームを壊し始めましたね...。ちなみに自分は、Barnesくらいしか長めのイニングを投げられないことから、上原とHembreeに投票しましたが、Barnesが田澤を上回ったのが印象的。その他はトレードで獲ってくるという意見ですかね。選択肢に入れておくべきでした。


○ Craig Kimbrelにつなぐセットアップは誰が適任と思いますか?(回答37)

1. 上原浩二 - 17 (45%)
2. Matt Barnes - 13 (35%)
3. 田澤純一 - 10 (27%)
4. Heath Hembree - 6 (16%)
5. Robbie Ross, Jr. - 2 (5%)
6. Tommy Layne - 1 (2%)
6T. それ以外です。 - 1 (2%)