プレーオフのローテは誰が務めるべき?(複数回答可)

プレーオフのブルペンは誰が務めるべき?(複数回答可)

2009年12月13日日曜日

09'-10' Liga Jornada 13a Athletic de Bilbao - Valencia CF



[-Game-]

Silvaを欠いて、敵地San MamésでBilbaoの超新星Muniainに先制を許す、キビしい試合でしたが、Mathieuの逆転弾で勝利!いいカンジですね〜。Navarro、Banegaのレンタルバック組や、Bruno、Mathieuの新戦力がよく働いてて、毎年これくらい賢い補強をしてくれてたらなぁと、思わず...


[-Result-]
Athletic de Bilbao 1-2 Valencia CF

Goal: Muniain (min. 57), Villa (11, mi. 61), Mathieu (1, min. 82)

GK: César
DF: Bruno, D. Navarro, Dealbert (Baraja, min. 85), Mathieu
MF: Albelda, Marchena
MF: Joaquín (Zigic, min. 78), Mata, Pablo H.
FW: Villa (Miguel, min. 89)

09'-10' UEFA EL Group League Game5 Valencia CF - LOSC Lille




[-Game-]


Silva離脱後の初試合。Emeryさんは代役として、プレシーズンでも何度か試したBanegaのトップ下起用で臨みました。結果的にはこれはまずまず機能し、Lilleに快勝。GLの首位に立ちました。Michelがもう少し使えればいいんですが、今季はもうムリかな。取りあえずはSilva不在の時はこう組むことになるでしょう。Fernandezもようやく復帰して、ボランチも顔ぶれが揃って来たのもいいタイミング。あとはCFの控えをどうするかですね。


[-Result-]
Valencia CF 3-1 LOSC Lille

Goal: Joaquín (3, min. 3), Joaquín (4, min. 32), Mata (2, min. 53), Mavuba (min. 91)

GK: Moyà
DF: Miguel, D. Navarro, Alexis, Bruno
MF: Maduro, Marchena (Fernandez, min. 79)
MF: Joaquín (J. Alba, min. 76), Banega, Pablo H.
FW: Mata (Miku, min. 46)

09'-10' Liga Jornada 12a Valencia CF - RCD Mallorca




[-Game-]


今日もしっかり先制し、Homeだし、いけるかなと思いきや、Silvaのケガで事態は急変。リズムが作れなくなり、終了間際に追いつかれる最悪のパターン。今季はVillaに加えて、Mata、Pabloのブレイクが目立ちますが、それは攻撃陣を操るSilvaがいてこそなんだなと。一月ほど離脱となるようで、その間にどれだけ勝ち点を稼げるかですね。


[-Result-]
Valencia CF 1-1 RCD Mallorca

Goal: Villa (10, min. 48), Borja (min. 85)

GK: César
DF: Bruno, D. Navarro, Dealbert, Mathieu (Zigic, min. 88)
MF: Albelda, Banega
MF: Pablo H. (Alexis, min. 81), Silva (Joaquín, min. 28), Mata
FW: Villa

09'-10' Liga Jornada 11a CA Osasuna - Valencia CF




[-Game-]


今日は中盤の底の2人が1得点ずつ。最近はリーガに限れば、ローテというほどではないけど、何人かメンバーを変えても、うまく戦えているなぁと思います。いい流れがつづいているときはこんなカンジでしょうから、あとは流れが悪くなったときに上手く勝ち点を拾っていきたいですね。


[-Result-]
CA Osasuna 1-3 Valencia CF

Goal: Villa (9, min. 14), Albelda (1, min. 20), Marchena (1, min. 56), Masouda (min. 67)

GK: César
DF: Bruno, D. Navarro, Dealbert, Mathieu
MF: Albelda, Marchena (Baraja, min. 82)
MF: Joaquín (Alexis, min. 77), Silva (Banega, min. 69), Pablo H.
MF: Villa

09'-10' Copa del Rey 4th round 2nd leg Valencia CF - CD Alcoyano





[-Game-]

幸先よく2点を先制するも、最後は追いつかれてヒヤヒヤ。1st legの貯金で何とか勝ち上がりです。Realが負けたりとか、なかなかモチベーション的にも難しいのでしょうが。


[-Result-]

Valencia CF 2-2 (3-2) CD Alcoyano

Goal: Marchena (1, min. 3), Zigic (1, min. 16), V. Curto (min. 39), Carpio (min. 84)

GK: Moyà
DF: Bruno, Alexis, Marchena, Del Horno
MF: Joaquín, Baraja (Dealbert, min. 46), Michel, J. Alba
FW: Zigic (Mathieu, min. 46), Miku (Mata, min. 78)

2009年11月19日木曜日

09'-10' Offseason Boston Red Sox -Rule 5 Draft-

Rule5ドラフトが近づいて来ました。MLB傘下に入団してから4年(18歳(?)未満で入団なら5年)以上在籍している選手で、現地の11/20までに、40人ロスターに入っていない選手はWaiver順で獲得できるというものです。ただ1年間は25人ロスターに置いておかないと、正式な権利は移りませんが。BOSは比較的厚いMinor層を持っている上に、基本的に昇格ペースを遅めにしている印象のある組織で、基本的には奪うよりも奪われることを気にしないといけない立場です。このスレッドでは実際のRule5ドラフトまで、関連した動きをフォローしていく予定です。


Rule5 eligible players

RHP Anatanaer Batista, RHP Travis Beazley, RHP Randor Bierd, RHP Jason Blackey, RHP Yeiper Castillo, RHP Robert Coello, RHP Bryce Cox, RHP Miguel Gonzalez, RHP Matt Goodson, RHP T. J. Large, RHP Ryne Lawson, RHP Richie Lentz, RHP Leandro Marin, RHP Miguel Marquez, RHP Blake Maxwell, RHP Josh Papelbon, RHP Pedro Perez, RHP Chad Rhodes, RHP Jason Rice, RHP Felix Ventura

LHP Cesar Cabral, LHP Andrew Dobies, LHP Kyle Fernandez, LHP Kason Gabbard, LHP Tommy Hottvy, LHP Kris Johnson, LHP Will Latimer, LHP Armando Zerpa

C Juan Apodaca, C John Otness

IF Zach Borowiak, 3B Jorge Jimenez, 1B Mike Jones, IF Ryan Khoury, 2B Jeff Natale,
SS Yamaico Navarro, 1B Reynaldo Rodriguez, 1B Jon Still

OF Bubba Bell,
OF Ronald Bermudez, OF Chih-Hsien Chiang, OF Zach Daeges, OF Sean Danielson, OF Mitch Dening, OF Reid Engel, OF Roberto Feliz

ミッドレベルのProspectはほとんどかかっている状態。さすがに全員プロテクトできるわけではありませんし、枠的には2、3人プロテクトするのがやっとというところ。取りあえず予想としては、Y. Navarroはプロテクトするしかないでしょう。まだAAでも苦戦していますが、優勝を投げているチームならIF控えで1年間使う可能性があります。

次に来るのはおそらく、Lentz。MLBレベルでも優れたリリーフになるポテンシャルがあり。まだAAA経験もなく、昨年はケガもあってAAで苦しんだのはありますが、AFLでも無難に投げており、プロテクトしなければ、どこかにピックされる可能性が高いです。

その他ではJ. Jimenez、Daeges、Coxあたりまでは枠があるならプロテクトしたいですが、全員は厳しいし、獲られないことを祈るのみか?Daegesは守備が良くないので、少し選択しづらい気もしますが。

Rice、Dobies、K. Johnson、Bellなんかも少し可能性はあると思いますが、この辺りはまずプロテクトしないでしょう。


Protection Deadline

プロテクトの期限が過ぎました。BOSは結局誰も新たに追加せず。ただ上記のリストはSPを参考にしているのですが、筆者がRule5をもう一度詳細に調べた結果、Bermudez、Dening、Navarro、Chiang、Castilloは対象外だそうです。Navarroがプロテクトされなかったのは対象外だからだったんですね。残りの選手は指名されないことを祈るのみですが、Lentzが取られないかが一番心配です。


◯ Rule 5 Draft

Round 1

1. WAS - OF Jamie Hoffmann (LAD) : traded to NYY for Brian Brunny
2. PIT - OF John Raynor (FLA)
3. BAL - LHP Benjamin Snyder (SF)
4. KC - LHP Edgar Osuna (ATL)
5. CLE - RHP Hector Ambriz (ARI)
6. ARI - LHP Zach Kroenke (NYY)
7. NYM - RHP Carlos Monistarios (PHI)
8. HOU - 3B/1B Jorge Jimenez (BOS) : traded to FLA for Matt Lindstrom
9. SD - Pass
10. OAK - RHP Bobby Cassevah (LAA)
11. TOR - RHP Zach Zinicola (WAS)
12. CWS - Pass
13. MIL - LHP Chuck Lofgren (CLE)
14. CHC - RHP Michael Parisi (STL)
15. TB - LHP Armando Zerpa (BOS)
16. SEA - Kanekoa Texeira (NYY)
17. TEX - Pass
18. FLA - Pass
19. SF - RHP Steven Johnson (BAL)
20. STL - LHP Ben Jukich (CIN)
21. COL - Pass
22. PHI - RHP Ken Herdon (LAA)
23. LAD - Pass
24. BOS - Pass
25. LAA - Pass
26. NYY - Pass

BOSは誰も指名せず。いい選手が残っているとは思わなかったですが、モップアップを争わせるくらいの候補の指名に行くかなと思いましたが。Boof BonserをWaiverで獲ったこともあるのかもしれません。

逆にJimenezとZerpaの2人が指名。Zerpaはいくら左腕とは言え、Hi-Aでも打たれたので、まずリターンされるとは思います。ただJimenezはちょっと痛い。プロテクトすべきだったかなというカンジで、BOSではすぐにMLBで使えはしませんが、AAAに手が届いている選手だったで、これで微妙なベテランの3BをAAAに獲る必要があります。力の落ちている選手よりは、パワーが今イチでも、Jimenezを使ってみたかったという感。返却の可能性もなくはないですが、HOU経由でFLAへ行ってしまったのでさらに難しいか。

2009年11月9日月曜日

09'-10' Liga Jornada 10a Valencia CF - Real Zaragoza




[-Preview-]


☆ 招集メンバー
GK: César, Moyà
DF: Marchena, Dealbert, D. Navarro, Maduro, Miguel, Mathieu
MF: Albelda, Baraja, Banega, Joaquín, Pablo H., Mata, J. Alba, Silva
FW: Villa, Zigic

Brunoは累積。Alexis、Del Horno、Michel、Mikuが招集外。


[-Game-]

Césarの無失点記録は止まってしまいましたが、今節もVilla、Mata、Pabloの3人が揃い踏みで3得点。戦いぶりが安定して来ました。上も負けてくれないので差が詰まりませんが、今はレギュラー陣が出た試合は負ける気がしませんし(今節でBenagaがケガしましたが)、なんとか2強と勝ち点5以内の3位あたりにはぴったり付いておきたいですね(Sevillaももちろん強敵ですが)。


[-Result-]
Valencia CF 3-1 Real Zaragoza

Goal: Mata (4, min. 17), Villa (8, min. 39), Pablo H. (4, min. 41), A. Aguilar (min. 65)

GK: César
DF: Miguel, D. Navarro, Dealbert, Mathieu
MF: Albelda (Marchena, min. 88), Banega (Baraja, min. 77)
MF: Pablo H. (Joaquín, min. 90), Silva, Mata
FW: Villa

2009年11月6日金曜日

Happy Birthday, Pablo !




2日前こと、自分のアイドルPablo Aimarがなんと、とうとう30歳になりました(苦笑)。取りあえずおめでとうPablo!時が流れるのはとても早いですね。ここ1年はポルトガルリーグにいることもあって、なかなかチェックしたり、記事を書いたりできない状態が続いていますけど、Benficaに移ってからは健康面も比較的安定しており、Pabloらしいプレーを披露してくれています。

そしてこの誕生日の直前に、Pabloにとって何より嬉しいプレゼントがありました。久しぶりにアルゼンチン代表に招集されたのです。出場はペルー戦の1試合のみでしたが、予選敗退の崖っぷちに立たされた代表チームも辛くも本大会出場を決め、Pablo自身もRoman Riquelmeの引退以降、適任者不在のトップ下で存在感を見せました。

WSD最新号では、Pabloのインタビューがあり、それを読むと、W杯への熱い想いが伝わってきます。最大の問題は某監督な気がしますが、Leonel Messiを生かせる選手として、名前が挙がっていますし、年齢的にも最後のW杯になる可能性もあるので、何とかこの大舞台での輝きが見たいなと思います。本当におめでとう(^-^)

09'-10' UEFA EL Group League Game4 SK Slavia Praha - Valencia CF




[-Preview-]


☆ 招集メンバー
GK: César, Moyà
DF: Marchena, Dealbert, D. Navarro, Maduro, Miguel, Bruno, Del Horno, Mathieu
MF: Albelda, Baraja, Banega, Joaquín, Pablo H., Mata, J. Alba, Silva
FW: Zigic, Miku


[-Game-]

2点をリードしながら、あっという間に追いつかれてのドロー。当然ながら、各紙はキビしい反応です。GLの2位に後退しただけでなく、せっかくいい流れになってきたチーム状態にも悪い影響を与えそうでイヤですね。攻撃陣はともかく、ディフェンス陣のローテーションは今のところ今イチなカンジを漂わせてますね。


[-Result-]
SK Slavia Praha 2-2 Valencia CF

Goal: Joaquín (2, min. 22), Maduro (1, min. 47), Janda (min. 79), Grajciar (min. 81)

GK: Moyà
DF: Bruno, D. Navarro, Maduro, Mathieu (Del Horno, min. 70)
MF: Marchana, Baraja
MF: Joaquín, Silva (Pablo H., min. 57), Mata (J. Alba, min. 64)
FW: Zigic

2009年11月4日水曜日

09'-10' Liga Jornada 9a Málaga CF - Valencia CF




[-Preview-]


☆ 招集メンバー
GK: César, Moyà
DF: Dealbert, D. Navarro, Maduro, Miguel, Bruno, Mathieu
MF: Albelda, Baraja, Banega, Joaquín, Pablo H., Mata, J. Alba, Silva
FW: Villa, Zigic

故郷での試合を楽しみにしていたAlexisは残念ながら招集外。前節負った鼻骨骨折が原因ですが、そもそも現状ではDealbert、Navarroのコンビにレギュラーを奪われていますけど。

Vicenteはもちろんですが、Fernandezもなかなか戻ってこれませんね(Bチーム戦でケガ)。Michelは冬のレンタルが濃厚のようです。


[-Game-]

Césarの奮闘。そしてAwayながら、少ないチャンスをものにしてしっかりシャットアウトと、かつてのValenciaを彷彿とさせる勝利でした。とは言え、ディフェンスはまだまだ危ない場面もあり。それでも中盤ではBanegaのバランス取りも向上しており、チームとしての形ができつつあるかなと思います。

Michelのレンタルなど、冬に向けた話も出つつありますが、今季は場当たり的な買いに走らなくても良さそうですね。ところで、Valenciaの女子チームが初勝利を収めたそうです。あとはBチームにもうちょいガンバってもらいたいですね。


[-Result-]
Málaga CF 0-1 Valencia CF

Goal: D. Navarro (1, min. 68)

GK: César
DF: Miguel, D. Navarro, Dealbert, Bruno
MF: Albelda, Banega (Maduro, min. 71)
MF: Pablo H. (Joaquín, min. 78), Silva, Mata (Mathieu, min. 88)
FW: Villa

2009年10月30日金曜日

09'-10' VCF Mestalla Results -Oct.-

なんと10月は4連敗、1つの勝ち点すら積み上げられませんでした。O. Fernandezさんを批判する声も。これ以上はさすがにヤバいので、11月はガンバって欲しいです(8月&9月分はこちら)。


[第7節 -09/10/04-]
VCF Mestalla 1-2 SP Mahonés

Goal: Olsen (4, min. 64)

GK: Salva
DF: S. Cuesta, Arturo, Borja, Victor
MF: D. Galán (Riau, min. 46), Timor, X. Forner (Miñano, min. 74), Isco
FW: Olsen, Cases (Q. Tortosa, min. 69)


[第8節 -09/10/11-]
UD Gramanet 3-1 VCF Mestalla

Goal: Olsen (5, min. 91)

GK: Salva
DF: Lillo, Antonio, Borja, Sergio
MF: Q. Tortosa (Cases, min. ?), Timor, Carles (Miñano, min. ?), Riau
FW: Olsen, Isco (Rubén, min. ?)


[第9節 -09/10/17-]
VCF Mestalla 0-1 Espanyol B

Goal: -

GK: Salva
DF: Lillo, Arturo, Borja (X. Forner, min. 69), Victor
MF: Timor (C. Gil, min. 61), Carles, Miñano, Rubén
FW: Olsen, Cases (Olcina, min. 80)


[第10節 -09/10/25-]
Alicante CF 2-0 VCF Mestalla

Goal: -

GK: Salva
DF: Lillo, Arturo, Borja, Victor
MF: Olcina (Q. Tortosa, min. 84), Timor, Carles (Cases, min. 69), Rubén
FW: Morgado (Riau, min. 58), Michel


[Classification]

18位 VCF Mestalla 勝ち点4 1勝7敗1分 7得点18失点

2009年10月29日木曜日

09'-10' Copa del Rey 4th round 1st leg CD Alcoyano - Valencia CF




[-Preview-]


☆ 招集メンバー
GK: César, Moyà
DF: Alexis, Dealbert, Maduro, Miguel, Bruno, Del Horno
MF: Baraja, Banega, Joaquín, J. Alba, Michel
FW: Villa, Zigic, Miku

Silva、Mata、Pablo H.、Albelda、D. Navarroらはお休み。AlbeldaとNavarroはずいぶん評価が上がったんですね。


[-Game-]

相手をなめてないと言いつつも、やっぱり控え中心の構成となりましたが、JoaquínのゴールでAwayでの勝利。Awayゴールも1つ奪って、次ラウンドへそれなりのアドバンテージを稼ぎました。しばらくは控え組のアピールの場となるでしょうが、Zigic、J. AlbaやJoaquín、Maduroらは酷使されているレギュラーの負担を軽減させられるような働きに期待です。


[-Result-]
CD Alcoyano 0-1 Valencia CF

Goal: Joaquín (1, min. 9)

GK: Moyà
DF: Bruno (Miguel, min. 70), Alexis (Michel, min. 30), Dealbert, Del Horno
MF: Joaquín, Maduro, Baraja, J. Alba
FW: Zigic, Miku

2009年10月27日火曜日

09'-10' Liga Jornada 8a UD Almería - Valencia CF




[-Preview-]


☆ 招集メンバー
GK: César, Moyà
DF: Alexis, Dealbert, D. Navarro, Maduro, Miguel, Bruno, Mathieu
MF: Albelda, Baraja, Banega, Joaquín, Pablo H., Mata, J. Alba, Silva
FW: Villa, Zigic

Joaquínが一応間に合って復帰。Mathieuが最終的に外れたようです。Marchena、Fernandez、N. Gonzalez、Vicenteはケガ。Del Horno、Miku、Michelは招集漏れで、MichelはBチームの試合に出るように指示されたそうです。


[-Game-]

Awayながら、3得点無失点と理想的な試合運びで勝利!連戦の疲れもありながらも若いPabloとMataの両翼がここまでチームを牽引する素晴らしい働き。特にここ数試合はPabloが素晴らしいです。昨季終盤から、ホントに成長しましたね。彼らでいくと決めて、しっかり一本立ちさせた点はEmeryさんの功績かなと思います。

またこれで3試合完封中。GKにCésar、CBにDealbertとD. Navarroという組み合わせが確立され、また序盤不振だったAlbeldaもMarchena離脱に合わせるかのように、パフォーマンスを取り戻して来ているのも大きいです。あとは、この組み合わせを中心に、Marchena、Alexis、Maduroらを絡めて上手くローテーションして行ければいいですね。ただ残念なことにNavarroがBarca戦でLeonel Messiに唾を吐いたようで、もしかしたら出場停止をくらうかもしれません。


[-Result-]
UD Almería 0-3 Valencia CF

Goal: Villa (7, min. 54), Pablo H. (3, min. 74), Mata (3, min. 87)

GK: César
DF: Miguel (Alexis, min. 65), D. Navarro, Dealbert, Bruno
MF: Albelda (Baraja, min. 82), Banega (Maduro, min. 51)
MF: Pablo H., Silva, Mata
FW: Villa

09'-10' Offseason Boston Red Sox -Transaction1-

オフシーズンのOutlook編も仕上がってませんが、取りあえずTransaction用のスレッドも作り始めます(オフシーズンの概観編はこちら)。
[Transaction]
◯ 10/7

Granted free agency to RHP Enrique Gonzalez and LHP Javier Lopez
MiLFA資格を持つ選手は他にもいますが、取りあえず2人がFAに。E. Gonzalezの再契約はまずなさそうですね。J. Lopezは調停した意味がなかったな...経験豊富ですし、Minor契約を提示してみても悪くないかもですが、AAA/AAには結構よくやっているリリーフが多いので、いらない気もします。
◯ 10/11
Granted free agency to 1B/OF Jeff Bailey, LHP Billy Traber and IF Gil Velazquez
J. Baileyが抜けました。年齢は高く、今季は今イチだったので微妙ですが、どこかがMinor契約で欲しがるかなと思います。BOSはBatesがいるので再契約の可能性はあまりなさそうか。TraberとVelazquezはもういいかなと。
◯ 10/14
Purchases the contract of 1B Reynaldo Rodriguez from Yuma (Ind. League) and signed him to a minor league contract
Ind. Leagueから、今季そのリーグの新人王に輝いた、1BのR. Rodriguezを獲得しました。かつてNYY傘下に在籍しており、DSLでは打っていましたが、昇格できずにリリース。そこから、Winter Leagueで結果を残し、Ind. Leagueでも活躍していました。23歳で、まだそこそこは若い。先日BAからInd. LeagueのNo.1 Prospectに選出されており、いい獲得だと思います。

そこそこギャップに打つ程度のパワーはあるようですが、1Bとしてはちょっと変わっていて、スピードも20 SB近くするなど平均以上。ナチュラルポジションは両翼あたりの方が向いているだろうと言われているようです。一昨季のNavaの例を見ても、Hi-Aが濃厚で、ここは昨季終盤、両翼(特にRF)不足に陥っていたので、Keowenなどと併せて、RF/1Bで使われるかなと思います。
◯ 10/19
Outrighted RHP Takashi Saito to AAA
Waiver (?)にかけていたらしい斎藤をAAAにアサイン。Minorに落としたいというよりは、契約上、$6Mとなってしまった来季のオプションを行使しない上で、来季の契約の交渉を行いたいということです。単純にオプションを破棄すると、ルール上、来年5月半ばまでは契約できないですが、年齢と連投のきかなさを考えるとさすがに$6Mは出せない、ということのようです。一応お互いに歩み寄る意志はあるみたいで、額を下げて($2.5M前後か?)再契約する可能性はあり。来季は岡島は残るし、D. Bardもいますが、ロスター枠の問題が解決できるなら、いて損はないくらいの働きはしているかなと思います。
Granted free agency to RHP Marcus McBeth
今季AAAでよく投げたRPのMcBethがMiLFAに。何度かコールアップを受けたものの結局機会なしでしたね。今季の内容なら、どこかがMinor契約を提示しそうですが。
Purchased the contract of RHP Stephen Fox from Sussex (Ind. League) and signed him to a minor league contract
R. Rodriguezに続いて、BAからInd. LeagueでNo.9のProspectとされているリリーフのFoxと契約。Hi-AかLo-Aに行くと思われます。高校時はドラフトでもなかなかの投手と見られていましたが、進学したカレッジではドラフトされず。90 mph前半のカッター系の速球にそこそこのカーブとチェンジアップを投げるそうです。この手の投手はHi-Aくらいまではまずまず投げるけどそれより上ではどうかという感じ。保持期間がそこそこ長いので悪くない契約だとは思います。
◯ 10/26
Released RHP Javier Jimenez, RHP Samuel Garcia, RHP Danny Dilon, RHP Antony Alvarado, LHP Ernesto Reyes and 1B Pedro Gonzalez
何人かのDSLの若手がリリースです。S. Garcia、P. Gonzalezはしょうがないかな。E. Reyesは今季のDSLのクローザーの1人。Dilon、J. Jimenezは一昨季良かったので少し残念。Alvaradoは元々期待されていましたが、ケガに泣きました。
◯ 11/5
Acquired OF Jeremy Hermida from FLA for LHP Jose Alvarez and LHP Hunter Jones
見たくないNYYの優勝を見せられて、とうとう09'シーズンが終了。NYYの皆様おめでとうございます(←嫌々...)。とういうことでオフシーズンが開始です。BOSはさっそくFLAからRF/LFのHermidaを獲得。見返りは今季MLBデビューした左腕リリーフのHunter JonesとMinor下層の先発左腕 Jose Alvarez。見返りも大きくなく、BOSが多少Winなトレードと見られていますが、Hermida自体も伸び悩んでいる選手で、どちらも上積み的には大きくはないか。一応伸びしろという点ではBOSが大きなものを手に入れましたが、Non-tenderも噂されており、FLA的にはコストカットが主目的。

Hermidaは右投げ左打ちの両翼タイプのOF。元々は非常に評価の高かったTop Prospectで、まずまずのデビューをかざったものの、成績があまり上昇せず。コンタクト・選球眼はまずまずですが、FLAの本拠地が投手有利なのもありますが、パワーが伸びきらず。また対左では今イチで、強いチームならプラトーンを組みたいでしょう。RF守備は平均以下で、レンジ・肩ともに平均をやや下回ります。

BOSのRFは左打ちのDrewなので、守備力の関係もあり、取りあえずはBayと再契約できない場合のLFのバックアッププランという印象。FenwayのLFなら十分に守れると思うし、ヒッターズパークに来て、打撃が向上するかもしれません。元々の素質自体は高く、開花すれば面白い。GMのEpsteinさんも思ったより低い見返りで伸びしろのある選手を穫れるので話に乗った、ということを言っており、メインターゲットではないでしょう。左打ちなので4th OFには不向きですし、予定通りBayと再契約をして、適当な4th OFとも契約できれば、再びトレードに出される可能性もあり。

見返りではAlvarezは小柄で球威のない左腕。Minorの下層では順調に階段を昇って来ましたが、低めに集めることが苦手で、Lo-Aより上では打ち込まれています。まだ20歳と若いし、球威・コマンド・変化球を改善できれば、先発下位やリリーフになれる可能性はありますが、可能性自体は高くないでしょう。

JonesはJavier Lopezの不調でMLB切符を手にしたリリーフ。90 mph弱のFBとスラーブを持ちます。今季は対左を大きく改善しており、妥当な対左のリリーフになるかもしれません。まだオプションも2つありますし、最低年棒で雇えます。ただ同じ左のRichardsonが台頭しており、Jones自体もAAA降格後、コマンドをやや失っていたのもあり、BOS的には価値は下がり気味でした。この冬にはRule5プロテクトなどで、40人枠の空きが結構必要でDFAされる候補でしたし、そこでDFAしてトレードするよりは、大きなものを得られたと思います。
LHP Billy Wagner, OF Jason Bay, OF Rocco Baldelli filed for free agency
B. Wagner、Bay、Baldelliの3人がFAに。BaldelliはtypeC、あとの2人はtypeAになる見込み。取りあえずBayとは再契約を目指すしかないですね。できれば、独占交渉期間中に決めてしまいたいですがさすがにムリか。オプションを破棄しているWagnerには調停申請をする見込みで、どこか(できればドラ1がもらえる可能性がある、成績上位15チーム)と契約していただきたいですね。Baldelliはケガさえなければ、4th OFにぴったりですが、額で折り合うかどうか。ケガの心配が強いので、インセンティブ込みの低めの額を提示する可能性はあり。
Outrighted RHP Fernando Cabrera, IF Nick Green and OF Joey Gathright to AAA
F. Cabrera、Green、Gathrightの3人が40人ロスターから外れ、Minorにアサイン。と同時にMiLFAとなりました。Gathrightはともかく、CabreraとGreenはどうするかなと思っていましたが。まぁでもCabreraはAAAで素晴らしかったですが、MLBではダメ。Greenは前半戦は良かったですが、後半戦はさっぱりだったのでどちらも仕方ないかなと思います。できればMinor契約をもう1度模索してもいいかなと。
Outrighted RHP Miguel Gonzalez to AAA
昨季のRule5でセレクトして結局1年を棒に振ったM. Gonzalezですが、LAAが返却を断ったようで、40人ロスターをはずれ、AAAへとアサインされました。来季はAAかAAAでリリーフと見られます。
Released RHP Wang-Yi Lin
台湾から獲得した投手。成績的にも仕方ないか。
◯ 11/8
Declined the 2010 option on SS Alex Gonzalez
多分破棄と言われていましたが、やはり破棄。働き自体はまずまずでしたが、やはり$6Mは高いという判断なんでしょう。他の候補も少し視野に入れながらも、基本は額を下げての再契約を狙うと見られています。正SS不在となりますので、足元見られなきゃいいんですが。
○ 11/9
Excised the 2010 option of C/1B Victor Martinez and declined the 2010 option of C Jason Varitek

V. Martinezの10年のオプションを行使。$7.5Mは比較的安めと思われており、行使は当然。契約延長交渉なども少し始めるようですが、10年オフにはMINのJoe MauerがFAになるのでその兼ね合いもありますね。

またVaritekのオプションは破棄。打撃を戻せず、守備にも衰えが見られ、正捕手はMartinezで行くと決めているので$5MはBackupにはさすがに高い。まだプレイヤーオプションがあるので出て行くかはわかりませんが。

SS Alex Gonzalez filed for free agency

またオプションを破棄されたAlex GonzalezがFAに。お互いに再契約の可能性は探っているようですがどうか。

Resigend RHP Tim Wakefield to a two years deal and Resigned LHP Kason Gabbard, RHP Roberto Coello and C Juan Apodaca to minor league deals

Wakeは毎年$4Mのオプションが延々と発生する契約になってましたが、それを破棄し2年の新たな契約を結びなおしました。あと2年でキャリアを全うする決意を固めたものと思われます。10年$3.5M、11年$1.5Mと、これまで格安と言われていた額よりさらに安い。ただ毎年オプションを行使されるかどうかに頭を悩ます必要がなくなったのは本人にとってメリットか。

BOSは、いかに功労者で、額的にも割安とは言え、あと1、2年ほどでさすがにオプションをそろそろ破棄するかと思っていましたが、これで少し節約したことになる。Martinezの存在で、リリーフに回る可能性も否定できませんが、なんとか先発で200勝を達成してもらいたいと思っています。

また、MiLFAの予定だったGabbard、Coello、Apodacaと再契約。Gabbardは今季散々だったので驚き。Apodacaは悪くない選手なのでいいと思う。Coelloはリリーフで良かったので、こちらもまずまず。

RHP Charlie Zink, RHP Devern Hansack, RHP Jose Vaquedano, RHP Jarrod Plummer, RHP Dave McKae, LHP Derrick Loop, IF Angel Chavez, IF Iggy Suarez, 2B Travis Denker and OF Brad Correl declared free agnecy

上記の選手がMiLFAに。Zink、Hansackらはちょっと思い入れがあるけど、まぁ仕方ないかという感じ。Loopはちょっともったいないけど、こちらは引き手がありそう。Vaquedanoも悪くないんですけど、今のBOSには彼くらいの選手では席はないか。


○ 11/11
C Jason Varitek excised the 2010 player option

Varitekは去就が注目されましたが、結局プレイヤーオプションを行使して残留。いかにBorasと言えど、今季の市場の冷え込みと、Tekのパフォーマンスを考えればこうするしかなかったのかも。$3MはBackupにはやや高い。Varitekは特に対左ではそうですが、打力的にはBackupとしてはそれなりのレベルにあると思うし、状態が良ければ、V. Martinezを1Bで使うこともできるので、そちらの面では悪くないんですが、昨季の守備の落ち込みがあり、正捕手Martinezの守備も良くないことを考えれば、できれば守備よりのBackupが欲しかったという感が強いです。負担減で、できれば攻守ともに少し戻してくれると嬉しいんですが...


○ 11/13
RHP Paul Byrd and IF Chris Woodward declared free agency

Paul ByrdとWoodwardがFAに。Byrdは契約後はそれなりに役に立ってくれたとも思うけど、せっかくtypeBになりながら、どことも契約せずにサプリメンタルピックがもらえなかった恨みの方が強い(苦笑)。


[News]
◯ 10/22
Jed Hoyer to be SD's GM
BOSのアシスタントGMのHoyerさんがKevin Towersさんが解任された、SDのGMに就任するようです。BOSのアシスタントにはそのTowersさんか、同じくTORのGMを解雇されたJ. P. Richarrdiさんにオファーをしているよう。Adrian Gonzalez (SD)などとの交渉に影響があるか?なんて言われていますが、縁が深いから、と安売りしようもんなら、自分の首が危うくなるでしょうし、そんなに関係はないかなと。
◯ 10/27
Brad Mills to be HOU's Maneger
BOSのベンチコーチだったMillsさんが、HOUの監督になることが決まりました。John FarrelコーチもCLEが招聘したかったそうですし、なにげにBOSのコーチ陣は評価が高いんですね。Millsさんとはカレッジからの友人だったFrancourna監督もこれを喜んでいるそうです。栄転おめでとうございます。

2009年10月26日月曜日

09'-10' Offseason Boston Red Sox -Offseason Outlook-

とうとうオフシーズンが始まり、すでにJeremy Hermidaのトレードなどがありましたが、一応、オフシーズン直前での各ポジション状況の概要です。

*黒字はほぼ枠に確定している選手。赤字はトレードされうる選手。青字は来季にオプション契約が残る選手。緑は主にMinorから枠を争う面子。灰色はFA (MiLFA)で抜ける選手です。名前の前に*がついている選手は現時点で40人ロスター外。また今季のFA選手リストはこちら


[Starter]

RHSP Josh Beckett (10': $12M option (already vested), 11': FA)
LHSP Jon Lester (10': $3.75M, 11'-13': under contract, 14': $13M option)
RHSP Clay Buchholz (10': min., 1 opt.)
RHSP Daisuke Matsuzaka (10': $8M, 11': $10M, 12': $10M, 13': FA)

RHSP/RP Tim Wakefield (10'~: $4M option (projected typeB FA))

RHSP Michael Bowden (AAA, 10': min., 1 opt.)
RHSP Junichi Tazawa (AAA, 10': $0.45M, 11': $0.5M, 12': $0.55M, 2 opt.)
LHSP Felix Doubront (AA, 10': min., 2 opt.)
*RHSP Adam Mills (AAA, under MiL contract)
*LHSP Kris Johnson (AA, under MiL contract, Rule5)

RHSP Paul Byrd (10': FA (projected typeC FA))
*RHSP Charlie Zink (AAA, 10': FA)
*RHSP/RP Devern Hansack (AAA, 10': FA)
*LHSP Kason Gabbard (AA, 10': FA)

スターターはBeckett、Lester、Buchholz、松坂の4人がほぼ確定。抜けるのはPaul Byrdくらい。一応可能性としては、Beckettは契約最終年ですから、トレードで出したり、Buchholzがトレードのピースになるという形で抜けることはありえますが、ほぼありえないとは言えます。

松坂に関しては、シーズン中にオフにはトレードの話を聞く用意があるなんていう噂も流れましたが、今季こけたことで、そこまでいい話がくることはないでしょうし、年棒負担して出すよりかは、No.3~4で使う方が無難でしょう。ノートレード条項の存在もあります。衰えはまだ来ていないと思うし、しっかり準備をしていれば、まだ平均以上のスターターだと思います。

この4人に加えて、Wakeのオプションを行使すれば、基本的には5人揃います。近年は終盤戦での故障離脱が多いですが、先頃行った手術は成功しており、来季開幕には間に合います。来季の正捕手である、V. Martinezが最低限ナックルを受けられることから、以前より使いやすいく、同時にリリーフにも回しやすくなったことから、格安オプションの行使はほぼ確定的でしょう。Epstein GMも来季構想に入ると語っていますし。

Minorのデプスは弱い。今季のMLBでは今イチだった、Bowdenや田澤がいるくらいです。Doubrontは少し面白いですが。今季のPaul Byrdのように、FAから溢れたところをMinor契約でAAAに置いておきたいですね。

新加入の可能性では、この夏取りざたされた、Felix Hernadez (SEA)やRoy Halladay (TOR)のトレードの可能性はあまりなさそう。特に相手チームがディスカウントする予定はなく、Hernandezに関しては契約延長交渉が行われる模様。どちらにせよ、エース級の先発に見返りのセンターピースで出せるような投手のProspectは傘下にいません。まだ最低年棒で雇え、実力的にも1、2番手の可能性を持つBuchholzを出すようだと、戦力的な上積みは限定的になってしまいます。

どちらかと言うと、それよりは今季もローリスクハイリターン作戦が濃厚か。Erik Bedard、Justin Duchscherer、Rich Harden、Ben Sheetsあたりの名前が噂されています。Brandon Webbのオプションが破棄されるかもという噂がありましたが、こちらは可能性が低そうか?このあたりから1人を加えられればかなり強力な陣容になりそうです。Minorがやや弱いので、Wakeを余らせるくらいでちょうどいいかなと。


[Reliever]

RHRP Jonathan Papelbon (09': $6.25M, 10': arb. 2)
LHRP Hideki Okajima (10': arb. 1)
RHRP Daniel Bard (10': min, 3 opt.)

RHRP Ramon Ramirez (10': arb. 1, 13': FA)
RHRP Manny Delcarmen (10': arb. 1, 0 opt.)
RHRP Fernando Cabrera (10': arb. 1, 0 opt.)
RHRP Miguel Gonzalez (10': min., 3 opt., possibly returns to LAA (Rule5 draft))

*RHRP Takashi Saito (10': FA ($6M option was declined, projected typeC FA))
LHRP Billy Wagner (10': $8M option (to be declined, projected typeA FA))

LHRP Dustin Richardson (AAA, 10': min., 3 opt.)
LHRP Hunter Jones (AAA, 10': min., 2 opt.)
*RHRP Bryce Cox (AA, under MiL contract, Rule5)
*RHRP Chris Province (AA, under MiL contract)
*LHRP Andrew Dobies (AA, under MiL contract, Rule5)
*RHRP Richie Lentz (AA, under MiL contract, Rule5)

*LHRP Javier Lopez (AAA, 10': FA)
*RHRP/SP Enrique Gonzalez (AAA, 10': FA)
*RHRP Marcus McBeth (AAA, 10': FA)
*RHRP Jose Vaquedano (AAA, 10': FA)

Papelbon、岡島、D. Bard、R. Ramirez、Delcarmenの5枚が現状の主戦力。09年のメンバーでは再契約の可能性はありますが、斎藤隆のオプションをすでに破棄。Billy Wagnerも抜けます。また契約延長しそうにないPapelbonのトレードの噂や、RamirezかDelcarmenのどちらかを出すという可能性は少しあります。Papelbonを動かさないのであれば、上の5人に、対左としてRichardson(場合によってはH. Jones)を 加えて、先発次第でWake、または田澤やBowdenをロングリリーフで使えば7枚揃うので、大きく動く必要性は薄いポジションです。

問題はPapelbonの去就。公式ではトレードの話はないですが、ファンの間ではBig Batを獲るためのトレードの駒にすべきという声が結構出ています。これはALDSの最後で打たれたことで、多少感情的になっているとは言え、少し納得できる理由もあります。Papelbonはこのオフで調停2年目で、あと2年間少し割高になる可能性が高く、また11年終了後にはFAになります。既にFA市場を試したいということを言っており、契約延長の余地はあまりないです。これに加えて、クローザーのポテンシャルを持つBardがいるため、残り2年の今オフに出し、1年Wagnerなどを挟んで、Bardに引き継ぐという流れ。フォーム変更で、やや安定感を失っていることもあります。

ただ個人的には、これは可能性は低いかなと。1つは主軸となれる打者(例えばAdrian Gonzalez)をクローザーとの交換で出すチームはないだろうということ。Papelbon、L. Anderson、Y. Navarro、Kalish or Reddick、PimentelくらいがBuchholzを出さずに構築できるBOSの最高のパッケージですが、これとてSDの要求にはほど遠いでしょう。また個人的にはBardがしっかりとしたクローザーになれるかは疑問も持っています。確かに素晴らしいFBとしっかりしたブレイキングボールを持ってはいますが、制球・コマンドはまだ未熟で、元々やや繊細な性格と言われてもいます。

岡島とBardは確定。Bardには絶対的な8回セットアップになってもらいたいですね。DelcarmenとRamirezは今季中盤以降の崩れがちょっと印象が悪いです。特にDelcarmenはヒドかった。トレードのパッケージとしてどちらかが出される可能性は割とあるとは思いますが、今季は序盤に先発陣の崩れから、やや酷使されていた面もありますし、実力的にはもう少し向上するかなとは思っていて、ミドルリリーフとしてなら残しても妥当かなと。

Minorはしっかりしたデプス層があります。RichardsonはAAA経験も少なく、もう半年育成してもいいですが、使えなくもない。対左のポジションが空いているので、上の事情とは合致していますが、BOSならMinorスタートの方が濃厚か。あとは40人枠としてはH. Jonesがいますが、Richardsonと立場が被るのでDFAの候補かも。また今季のAA以上でCox、Province、Lentz、Dobiesといて、いずれもそれなりにMLBで投げる可能性を持ちます。今季に限れば、あまり多くのMiLFAは必要なさそうに思えますが。

RichardsonはMinorスタートで、1枚ミドルリリーフ〜セットアップを加えれば十分かなというカンジ。左の方がバランスはいいですが、今季を見ても拘りすぎる必要はなし(RichardsonやJonesもいるし)。ただ出来ればモップアップ/ロングリリーフが欲しいかもですね。田澤、Bowdenもいるし、F. Cabreraなど傘下の候補でどうにかできなくもないですが、田澤やBowdenはMinorでもいいですし。Wakeをどう使うかにもよるので、先発次第な部分もありますが、できればRule5ドラフトで面白いのを捕まえられればいいんですが。


[Catcher]

C George Kottaras (10': min., 0 opt.)

C/1B Victor Martinez (10': $7.5M option, 11': FA)
C Jason Varitek (10': $5M option & $3M player option (projected typeB FA))

C Dusty Brown (AAA, 10': min., 1 opt.)
C Mark Wagner (AAA, 10': min., 2 opt.)
*C Luis Exposito (AA, under MiL contract)

Varitekが完全に衰えた捕手ですが、昨季途中でトレードで獲ったV. Martinezが来季もいるのは朗報。$7.5Mのオプションは確実に行使されます。契約延長交渉も行われるでしょう。彼が正捕手になるのは間違いありません。

控え捕手はVaritekの去就次第か?$5Mのオプションは破棄確実ですが、Varitek側がplayer optionを行使するかはよくわかりません。引退の可能性もあり、BOS側はコーチ転向などを打診するかも。今季は守備でも衰えを見せ、MartinezとTekというコンビは守備面で辛いものがあります。

KottarasはTekが残るなら、枠的にはキビしく、オプション切れなのでDFAされる可能性大。守備型でもなく、またMartinezがWakeを受けられるため、存在価値は薄れています。一応、Kotchmanを出して、Martinezを1B枠で考えれば、Tekと同時に残すことも出来なくはないですが可能性はほとんどないでしょう。Tekが残らず、また控え捕手として誰も獲らないなら、M. Wagnerを引き上げるまでのつなぎとして残るかもしれませんが。Waiver通過するかは50/50くらいか?

Minorはデプスとしてはまずまず。Wagnerは今季、AAA昇格後ダメでしたが、DWLで好調で、元々守備の評価も高いことから、しっかりした控え捕手にはなれそう。来季のAAAでしっかり打てれば、後半戦からMLBで使えるかも。Brownは逆にキビしい立場か。40人枠確保のためにDFAされる可能性が高いです。Expositoはまだもう少し時間が必要でしょうが、攻守ともに順調に期待度を維持しています。選球眼を中心にもう少しリファインしたいところ。

獲得するとすれば、守備型の控え捕手か?もちろん若くていい捕手のトレード自体は模索するでしょうが、昨オフと異なり、絶対に必要ということもないです。ただMartinezが抜ける11年オフにはExpositoは少し間に合わなそうで、再来年を考えて、いい話があれば乗っておきたいところ。Martinezと2、3年延長できるならその方が無難かも。


[Corner Infielder]

1B/3B Kevin Youkilis (10': $9M, 11': $12M, 12': $12M, 13': $14M option)

DH David Ortiz (10': $12.5M, 11': $12.5M option)
1B Casey Kotchman (09': $2.89M, 10': arb. 2)
3B Mike Lowell (10': $12M, 11': FA)

*1B/LF Aaron Bates (AAA, 10': min. (now on 60-day DL), 2 opt.)
*1B Lars Anderson (AA, under MiL contract)
*3B/1B Joege Jimenez (AA, under MiL contract, Rule5)

*1B/OF Jeff Bailey (AAA, 1 opt.)
*3B/SS Angel Chavez (AAA, under MiL contract)

Youkilisは確定。Ortiz、Lowellも2人の主軸級を獲れば、出される可能性はありますが、現状では割高契約に、衰えとケガの不安から、引き取り手はないでしょう。むしろKotchmanをトレードする可能性の方が高いか?守備に優れた1Bですが、今イチ打てず。Backupの1Bは欲しいし、左打ちという点はいいですが、調停2年目で少しずつ年棒が上昇することから、控え1Bには少し割高。打力がやや弱いですが、あと2年間雇えるので、つなぎのレギュラーとして欲しがるチームもあるかもしれません。トレードのパッケージになることもありえるでしょう。

控えの1BはKotchmanを出して、適当なのを獲る可能性が高いですが、Martinezを1Bで併用するなら、他のポジションにロスター枠を割くこともできなくはないです。1BはYouks、Martinezを軸に最悪の場合はLowellを使えば、控えがいなくてもやり繰りできますが、年齢面が高めなことを考えれば、やはりBackupは必要でしょうね。

3Bは現状だとYouksに、対左を中心にLowellを併用するカンジか。Lowellはまだ今季も健康なときはそれなりに下位打線の力となっていたし、ムリして出すよりは、あと1年使うかなと思います。

トレードで獲るとすれば、ここが最もありそうなセクション。控えタイプよりは、出血を覚悟しても、むしろ今後の主砲となれる選手を獲るべき時期かもしれません。Adrian Gonzalez (SD)の名前がよく挙がっていますが、個人的には守備力も評価される彼よりも、OrtizのあとのDHを考えて、Prince Fielder (MIL)の方がベターかなと(Bayと再契約をするなら、彼がそのうちDHに回ることも考えておきたいですが)。ただ、投手要求にどう答えるかですね。


[Middle Infielder]

2B Dustin Pedroia (10': $3.5M, 11'-14': under contract, 15': $11M option)

SS/3B/2B Jed Lowrie (10': min., 2 opt.)
SS/2B/OF Nick Green (10': arb. 1, 0 opt.)

SS Alex Gonzalez (10': $6M option (projected typeC FA))

SS Jose Iglesias (YTD, 10': $0.55M, 11': $0.55M, 12': $0.55M, 13': $0.55, 3 opt.)
*2B/1B Jeff Natale (AAA, under MiL contract, Rule5)
*2B/3B/SS Ryan Khoury (AA, under MiL contract, Rule5)
*SS Yamaico Navarro (AA, under MiL contract, Rule5)

SS/2B Chris Woodward (10': FA)
*2B/3B Travis Denker (AAA, 10': FA)
*SS/2B/3B Gil Velazquez (AAA, 10': FA)

2BのPedroiaは確定。SSとIF控えをどうするかですが、Lowrieを取りあえずIF控えとして使うのが最も可能性は高そう。今季ケガに泣いたLowrieをSSレギュラーというのは来季開始からは難しいでしょう。逆に2枚獲って、LowrieをMinorスタートさせたり、トレードというのもあまり可能性は高くないか。BOSはLowrieの将来性自体は買っていると思うし、Minorに落とすメリットは多くはないはず(一応打席数自体は稼げますが、結局MLBへの適応を先延ばしにするだけだし)。トレードも価値の下がっている現状で行うのは得策ではなさそう。

J. Iglesiasの存在があるので、適当なつなぎのレギュラーSSを獲っておいて、この1、2年でLowrieと争わせ、その先はLowrieとIglesiasというのが基本線かなと思います。どちらも下位打線ではまずまずというくらいになるポテンシャルは十分に持っています。A. Gonzalezのオプションに関しては少し高いけど、行使してしまってもいいかもしれません。守備はまだ比較的いいし、打撃も最低限打てます。変な外れをひくよりは、安心できる選択肢かなと。もう少し額を下げて、1年$4M+optionとかにできるならもっといいと思いますが。

Minorは2Bは微妙なところですが、Pedroiaがいるので問題なし。SSはIglesiasにY. Navarroといます。どちらも守備を中心としたMLBレベルのSSになり得るProspect。ただNavarroはあと2年近くかかりそうですし、IglesiasはAFLなどを見てもすぐにでも使えなくはないでしょうが、BOSのレギュラーとして考えるなら、1年ちょいは育成期間をおきたい気がします。Greenは今季前半がんばっていたし、SSも無難に守っていたので、できればデプスとして保持したいですが、option切れな上に調停選手なので扱いが難しいです。同タイプのベテランをMinor契約する方が濃厚か?

獲得で言えば、1B/3Bが高齢化に伴い、やや弱く見えるので、ここをMiguel Tejadaなどでアップグレードする可能性もあるでしょう。こちらは調停申請の状態や年棒・年数次第では面白いと思います。


[Outfielder]

CF Jacoby Ellsbury (10': min., 11': arb. 1)
RF/CF J. D. Drew (10': $14M, 11': $14M, 12': FA)

OF Joey Gathright (10': arb. 1, 0 opt.)

OF Brian Anderson (AAA, 10': arb. 1, 1 opt.)
OF Josh Reddick (AAA, 10': min., 3 opt.)
*OF Ryan Kalish (AA, under MiL contract)
*LF/RF Zach Daeges (AAA, under MiL contract, Rule5)
*CF/RF Bubba Bell (AAA, under MiL contract, Rule5)
*RF/LF Daniel Nava (AA, under MiL contract
*CF/RF Sean Danielson (AA, under MiL contract, Rule5)

LF Jason Bay (10': FA (projected typeA FA))
RF/CF Rocco Baldelli (10': FA (projected typeC FA))

LFのJason Bayが抜けるので、その穴埋めは今オフの最大の懸案です。取りあえずは、BayかMatt Hollidayのどちらかの主軸級を確保しないと、さすがにキビしいです。それ以外ではEllsbury、Drewはどちらもベストではないですが(EllsburyはAVGはまずまずの水準になってきましたが、出塁と守備面でもUZRでは悪いという評価で、Drewは攻守に数字はまずまずですが、年棒はやや割高で、結構面にも難あり)、まずまずの存在で、あえて動きはしないでしょうけど、Baldelliが抜ける4th OFを埋める必要もあります。

Bayの離脱は痛いところ。もちろん再契約を希望しており、4年$60Mのオファーをする用意があると言われていますが、要求はもう少し上でしょう。単年の数字はもう少し、妥協をせざるを得ないでしょうが、4年のラインは譲りたくないですね。4年65M+optionくらいで納得してもらいたいところ。もちろんもう1人のLFの大物 Matt Hollidayというのもありますが、ちょっと不安もあり(詳しい比較は別のスレッドでするつもりです)。

4th OFとしてはやはり、今季のBaldelliのように右打ちでそこそこ打てる選手が欲しいところ。基本はRFに少しCFを守れる選手がフィットするはずです。Baldelliとも少し来季について話ているらしく、ケガの心配がないなら彼はベストフィットに近いんですが、かなり重度のケガ持ちなので難しいところ。ロスター枠拡大後ならともかく、昨季のMark Kotsayのように5th OFとしても使える1B控えがいないと少し怖いかも。

デプスとしてはMinorとMLBの間にGathright、B. Anderson、Reddickといて、Reddickはケガなどでのコールアップはあるでしょうが、基本はあと1年育成。Gathrightは枠的にも、調停に差し掛かることからも、Non-tenderかできればトレードが基本線のはず。B. Andersonは1つoptionを残しており、CFのデプスとして残す可能性もありますがReddickがいるし、Kalishもいるので微妙なところ。DaegesとかNavaとか両翼タイプでちょっと面白い選手もいます。

09'-10' UEFA EL Group League Game3 Valencia CF - SK Slavia de Praha




[-Preview-]

☆ 招集メンバー
GK: César, Moyà
DF: Alexis, D. Navarro, Maduro, Miguel, Del Horno, Mathieu
MF: Albelda, Baraja, Banega, Pablo H., Mata, J. Alba, Michel
FW: Villa, Zigic, Miku

Barca戦には間に合わなかったVillaですが、UELで復帰。Vicente、N. Gonzalezに加えて、Silva、Joaquín、Marchenaがケガで招集外。Del Hornoが復帰しました。


[-Game-]

Llorente会長が試合後にローテに苦言したように、ローテがうまく機能せず。なんでしょうねぇ、Emeryさんの言うように、選手を使い分けないと、疲労もあれば、出場機会への不満がある選手もでるだろうし。1軍・2軍的な使い方はやっぱり好きにはなれないですが...


[-Result-]
Valencia CF 1-1 SK Slavia de Praha

Goal: Naumov (min. 27), D. Navarro (1, min. 63)

GK: Moyà
DF: Miguel, D. Navarro, Alexis, Mathieu
MF: Maduro (Banega, min. 79), Baraja
MF: Pablo H., Michel (Mata, min. 46), J. Alba (Villa, min. 61)
FW: Zigic

2009年10月25日日曜日

09'-10' Liga Jornada 7a Valencia CF - FC Barcelona




[-Preview-]


☆ 招集メンバー
GK: César, Moyà
DF: Alexis, Dealbert, D. Navarro, Maduro, Miguel, Bruno, Mathieu
MF: Albelda, Baraja, Banega, Pablo H., Mata, J. Alba, Silva
FW: Villa, Zigic, Miku

間に合わないと言われたVillaですが、なんとか招集は受けています。Barajaが復帰。Joaquín、Marchenaがケガでアウト。


[-Game-]

破竹の開幕6連勝だったBarcaを止めることには成功。しかしHomeだったし、いくつか決定的な場面もあって、少し運があれば勝てたかなぁと。順当といえば順当で、Villa抜きで戦ったことを考えれば、まぁよくやったかな。去年なんかは蟻と象でしたしね。しかし、BarcaはZlatan Ibrahimović温存で、ちょっとなめられた気がしますね。CL負けてザマーミロなんて(失礼)。


[-Result-]
Valencia CF 0-0 FC Barcelona

Goal: -

GK: César
DF: Miguel, Dealbert, D. Navarro, Bruno
MF: Albelda (Maduro, min. 89), Banega
MF: Pablo H., Silva (Baraja, min. 90), Mathieu (Miku, min. 72)
FW: Mata

2009年10月13日火曜日

09/10/09,11 ALDS Game 2,3 Los Angeles Angels - Boston Red Sox (Red Sox - Angels) ~09' Season End~


最後はPapelbonが打たれて3連敗。DS敗退でシーズン終了です。先発3人はいずれもがんばったんですが、打線がさっぱりなのと、不安視されていたブルペンの崩れがもろに出ました。まぁ、とにかく1年間お疲れさまでした。ちょっと投打が噛み合ず、今イチ乗り切れないシーズンでしたが、95勝でPO進出と、言うほど悪い結果ではないはずです。今季は大盤振る舞いしたNYYに華を持たせてあげましょう(もちろんLAAを応援しますが(汗))。本当にお疲れさまでした。


[-Result-]
























2009年10月9日金曜日

09/10/08 ALDS Game1 Los Angeles Angels - Boston Red Sox



う〜ん、完敗ですね。審判(特に1塁)がクソすぎた。Curt Schillingが怒ってた通りでしたね。Lesterは責められません。敗因はクソ審判とクソ打線。でもPOで頂点に立つには、初戦でエースが圧倒的な投球をすることが大きな原動力になりますし、そう言った意味では、相手のJohn Lackeyより先に失点(しかも3ラン)を喫したのは残念ちゃ残念。

まぁ、さすがにそろそろ(POで)LAAに負けるかなと思ってるし、今季はしっかりPOに出れただけで、個人的には満足なんですけどね(負け惜しみか?)。まぁクソ審判団もありますし、そこまで期待しないでのんびり構えていようかと思います(LAAの方がNYYを倒してくれそうだし(苦笑))。ただ高給取りの野手陣の方々、もうちょっと意地を見せてください。


[-Result-]