アレックス・コーラの監督就任についてどう思いますか?

今オフはどのポジションを補強すべき?(複数回答可)

2015年8月31日月曜日

15' Minor League Stats - GCL Red Sox (Rk)

Rkクラスは閉幕。Rk-GCLのスタッツです。W41-L17で今季もPO進出。POでも三連勝し、二連連続でGCLを制しています。野手陣は特にIFが薄くて、昨年までに比べるとイマイチでしたが、投手が素晴らしく、安定して勝ちに貢献した。中でも特筆すべきはA. Espinozaでしょう。BOSにもついに真の投のTop Prospectが誕生しました(ただしEspinozaはGCLシーズン終了後Low-Aへ)。


[Pitchers]

Roniel Raudes, RHSP (14'-Int. FA)

15' Stats (DSL1) : W4-L3/3.52 ERA/11 G/10 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/53.2 IP/46 H/21 R/21 ER/3 HR/3 HB/3 BB/63 K/0.91 WHIP/0.88 GO/AO
15' Stats (GCL) : W3-L0/0.90 ERA/4 G/4 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/20.0 IP/13 H/2 R/2 ER/0 HR/0 HB/6 BB/16 K/0.95 WHIP/1.10 GO/AO

評価:A。昨季の海外FA市場では、EspinozaとC. Acostaがあまりにも目立つため、他の選手にはスポットライトが当たっていなかったが、1年目にしてGCL昇格を勝ち取るのは非常にレアなケース。被打率・奪三振率も良いが、何と言ってもDSLの11試合でたった3 BBと制球が光った。GCLでもK/BBは多少落ちたものの、被打率が低く、登板した4試合とも安定した投球。ややマイナーな地域であるニカラグアの選手で、球威的にも飛び抜けていないようだが、完成度が高そう。

2015年8月26日水曜日

15' Weekly Topics -8/24~8/30

[8/24]

☆ Today's Game (Game 125 @CWS)

今日はMachiが3点差で9回のマウンドに上がりましたが2失点。ドラフトピックを考えれば、そのまま逆転されてても良かった...(っていうのは言い過ぎか?)。他チームも9回3点差までなら逆転できそう、とか思ってそう。

Shawが少し止まってきたかな?今日は5 AB/0 H/3 SO。5番に上がった重圧かな?気楽にやって欲しいですが。R. Castilloが3 H/1 HR (5)/5 RBIと全打点を1人で叩き出す活躍。OF陣が面白いですね~。

Result : CWS 4 - 5 BOS (W57-L68)

2015年8月25日火曜日

15' Minor League Season Memo -8/24~8/30-

先週末でDSLのシーズンが終了。もうマイナーシーズンは残りわずか。また寂しい季節がやってきますね。最後気合を入れ直して有終の美を飾りましょう。前週の結果はこちら


○ 8/24 ~DSL2 Playoffs Semifinal Game 1~

[AAA] : IF Jeff BianchiがDL入り。
[AAA] : RHP Keith CouchがDLから復帰。
[AAA] : LF Brandon MageeをRestricted Listに登録。

[AAA] - Box
E. Escobarが7.0 IP/4 H/1 ER/1 BB/2 K。何故この投球をリリーフでできないのかな?D. Marrero、C. Riveroが2 H。M. Millerに第2号。

[AA] - Box
Haleyが5.0 IP/5 H/5 ER/2 BB/5 K。A. Tavarezが2 H/2 2B。

[A+] - Box
Buttreyが6.0 IP/3 H/2 ER/4 BB/5 K。M. Meyersが2 H/1 HR (1)。Sturgeonが3 H、Heller、Procyshenが2 H。

[A] - Offday

[A-] - Box
Almonteが5.0 IP/3 H/2 ER/5 BB/5 K。Ockimeyが2 H/1 2B/1 HR (3)。J. Riveraが3 H、Ax. Basabe、K. Washingtonが2 H。

[GCL] - Box
A. Espinozaが4.0 IP/2 H/0 ER/0 BB/6 K/6-0 GO/AO。素晴らしすぎる。GCLのPOまでここにいるのかな?もうGCLで投げるメリットも無さそうだけど。Tovarが3 H、A. Perez、D. Penaが2 H。Tovarの復帰でY. Valentinが3Bを守っています。

[DSL2 (PO Semifinal Game1)] - Box
Calvoが1.2 IP/1 H/1 ER/3 BB/0 K。NYY傘下チーム相手に5-9で初戦を落としました。Cedrolaが3 H。DSL 1の良い選手をこちらに移動して勝ちにいくかと思ってたけどそうでもなさそうかな?

2015年8月24日月曜日

15' Minor League Stats - DSL Red Sox 1 Blue (Rk)

続いてRk-DSL Red Sox 1。期待の投手2人の内の1人、C. Acostaが開幕からやや不調。A. Espinozaが素晴らしいスタッフを見せて早々にUS行きを決めたのと対照的でした。打線も開幕前にある程度名前の知られた選手はこちらに来ている印象でしたが、全体的に打てずで、28勝44敗と散々なシーズンに。


[Pitchers]

Christopher Acosta, RHSP (14'-Int. FA)

15' Stats (DSL1) : W1-L4/4.28 ERA/9 G/9 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/33.2 IP/36 H/20 R/16 ER/0 HR/6 HB/5 BB/22 K/1.22 WHIP/1.17 GO/AO

評価:D。A. Espinozaと並び、期待度が非常に高かった選手で、それぞれDSL 2と1の開幕投手を任されたが、A. Espinozaが素晴らしい投球を見せ続けたのに対し、こちらは期待を大きく裏切る投球。その後も調子が上がらず、一旦DL入りした時は失望したが、7月末にDLから復帰した後は、完璧ではないにしろ、悪くない登板を見せている。来季に期待したい。

15' Minor League Stats - DSL Red Sox 2 Red (Rk)

そろそろMiLBのシーズンが終了に近づいてきました。各クラスのProspectの今季スタッツまとめです。まずはRk-DSL Red Sox 2から。今季から2つに分かれたDSLチームで、投手は2人の大物C. Acosta、A. EspinozaをそれぞれDSL 1と2に分け、野手はどちらかというとDSL 1に固めている印象でしたが、結果的にはA. Espinozaが途中でUSに向かうも、DSL 1が大きく負け越したのと対照的に、46勝26敗とこちらのチームは大きく勝ち越してPO進出。POではNYY傘下のチーム相手に二連敗でセミファイナルで敗退。


[Pitchers]

Denyi Reyes, RHSP (14'-Int. FA)

15' Stats (DSL2) : W7-L1/2.88 ERA/15 G/14 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/0 SV/75.0 IP/73 H/28 R/24 ER/0 HR/4 HB/3 BB/63 K/1.01 WHIP/1.04 GO/AO

評価:B。シーズン開始前は何も情報が無かったし、通常よりも1歳年上ということで、大物ではないだろうが、開幕からA. Espinozaに次ぐ二番手として好投。何よりシーズン半ばまで無四球という制球が光った。リーグのオールスターゲーム出場者に選ばれ、先発を任されたのがハイライト。そこからやや疲れが出たのか、8月はやや安定感を欠いた。支配力のある選手ではなさそうだが、体格の良さも魅力。

2015年8月19日水曜日

16' Draft Watch - Draft Board 10 (Red Sox Linked Player)

今季のBOS関連の選手です。ニューイングランド出身者やニューイングランドのカレッジでプレーする選手。BOSの過去の指名選手、BOSでプレーした選手との血縁者のまとめ。昨年に引き続き、今季も特に3年前の指名選手で大物が多いですね。


[16' Draft Board (Red Sox Linked Player)]

Mickey Moniak, OF, La Costa Canyon HS, CA (HS)

B/T: L-R
Height: 6-2
Weight: 190
Commitment: UCLA
Ranking: BA #5/MLB #5/MB #8
Projection: Top 10, Possibly #1
Connection: Bill Moniak's (57') Grandoson

Comments: 15年の夏前はあまり注目されていなかったが、夏のショーケースで活躍し、一気に株を上げた。典型的な5ツールタイプのオールラウンダー。打席でのアプローチも良く、広角に長打を放つ。現在はHRパワーは平凡だが、身体の成熟と共に十分にHRを打てるようになるだろう。平均以上のスピードがあり、攻守両面でそれを生かせる。CFに留まる可能性はあるだろう。今やBlake Rutherfordを上回った感があり、PHIが全体#1の候補として考えているとも。最近わかったが、祖父が元BOSのマイナー選手のBill Moniakだそうです。その頃としては大きめのボーナスをもらった選手でしたが、MLBに到達できなかったそう。

16' Draft Watch - Draft Board 9 (OF)

野手の中では最も豊富なポジション。以前は評価の高かったNick Banksが失墜し、Buddy Reedがわずかにランキングを落としているが、Kyle Lewis、Corey Ray、Mickey Moniak、Blake Rutherfordの4人はいずれも全体#1の候補にも名前が挙がり、Top 10指名が確実視される選手たちです。


[16' Draft Board (OF)]

Kyle Lewis, OF, Mercer (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 195
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: BA #4/MLB #3/MB #1
Projection: Top 3, Possibly #1

Comments: 所属するMercer大は過去にドラ1を輩出したことがないスモールプログラムだが、その歴史はLewisが終わらせるかも。高いバットスピードと優れた体格で、広角に強い打球を飛ばす。16年はパワーも試合で存分に発揮し、今や全体#1の有力候補に。選球眼もトップクラスで、打撃の上限が高い。ただ強豪チーム相手の試合数が少なく、データに欠ける点はわずかに気になる。スピードはしっかりしているが、飛び抜けてはおらず、CFでもプレーできるが、基本的にはRFになるだろう。Jason Heyward (CHC)に似ているが、より守備では劣る代わりに、パワーの上限は上回るとも。

15' Weekly Topics -8/17~8/23

[8/17]

☆ Today's Game (Game 118 vs CLE)

J. MastersonのDFA、Porcello、S. Wright、B. JohnsonのDL入りがあり、今季はずっとリリーフだったBarnesがとうとうMLB初先発。結果としては可能性と課題の両方が見えた試合に。3回まではノーヒッターで5三振と素晴らしい投球。リリーフではあまり投げていなかったチェンジアップでもカウントを取るなど、先発としての可能性を示した。

一方、二回り目に入った4回は中軸Michael Brantleyに長打を食らってランナーを出してから一挙5失点。二巡目の打者への投球、ランナーを背負った時の投球、といった部分がもろに出てしまった。

とは言え、STからずっとリリーフで、中盤戦は上と行ったり来たり。その後、AAAの先発が足りなくなり、急遽先発調整でまだ2試合投げただけ、と言い訳できる点はある。三振を多く取れたのも好印象だし、次回もう一回くらい先発で見たいところです。

Result : BOS 2 - 8 CLE (W52-L66)

2015年8月18日火曜日

16' Draft Watch - Draft Board 8 (M-IF)

Delvin Perezは希少なSSなので、Top 10ピックはほぼ確実。以降の選手は多くがSSに留まらなそう。カレッジでもめぼしいSSはいない。その中でGavin Luxは個人的に気になる。最近SSの若いProspectが傘下にいないし、ドラ2に残ってたらいいんだけど。(追記)D. Perezはドラッグテストで陽性となり、株が急降下。


[16' Draft Board (M-IF)]

Delvin Perez, SS, International Baseball Academy, PR (HS)

B/T: R-R
Height: 6-3
Weight: 165
Commitment: None
Ranking: BA #8/MLB #9/MB #20
Projection: Mid 1st round to 2nd round

Comments: SSとしては比較的長身だが、SSに留まるための全てのツールを持つ。スピードは素晴らしく、レンジは非常に広い。また肩はプラスの強肩で、グラブ捌きも素晴らしい。一方、オフェンス面はディフェンスに比べてまだ発展途上。優れた体格で、向上の余地はあるが、現時点では打席でコンスタントに強い打球を放てない。オフェンスの進歩が評価を決めるだろう。同じプエルトリコ出身のCarlos Correaと比べれば、オフェンスの上限に欠けるが、SSということもあり、Top 10ピックは確実だろう。(追記)CINが全体#2で考えているという話もあった中、ドラッグテストで陽性になったそうで、ドラ1からスリップするという噂も。

16' Draft Watch - Draft Board 7 (C-IF)

Nick Senzelは素晴らしく打てるけど、ディフェンシブホームが決まっていないタイプの選手で、BOSファンとしては10年でドラ1だったKolbrin Vitekをちょっと思い出す。Josh Loweは身体ツールが凄く高くて、個人的に割と気に入っている選手です。


[16' Draft Board (C-IF)]

Nick Senzel, 3B/2B/SS, Tennessee (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-1
Weight: 205
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: BA #6/MLB #7/MB #6
Projection: Likely Top 5, At Least Top 8

Comments: 15年夏のCape Cod LeagueでMVPに輝き、一躍カレッジでもトップクラスのバットとして知られるように。Tennessee大での二年間も素晴らしい成績を残している。優れたバットスピードに、忍耐強さを兼ね備え、アベレージとパワーの両方を発揮する可能性がある。スピードも平均以上。16年は期待通りにカレッジ全体でもトップクラスの成績を残し、Top 5の有力候補となった。一方、守備面に関しては、肩は悪くないが、グラブ捌きやフットワークに疑問を呈されることも。カレッジでも、フレッシュマンの時はDH、ソフモアでは2B、今季から3Bとポジションが固定されていない。SSも少し務めたよう。3Bとしては若干小柄で、OFに移ると見るスカウトも。

15' Minor League Season Memo -8/17~8/23-

今季のドラ1のBenintendiが絶好調で、2割近辺だったAVGも一気に3割近くに。そして今週からLow-Aへと昇格しました。散々欲しくないとか言っておいて、手のひら返しになりそうですが、Low-Aでもこの調子で打てるなら全体#7指名も非難できなくなりそうですね。前週の結果はこちら


○ 8/17

[AAA] : RHP Matt BarnesがMLBにコールアップ。
[AAA] : RHP Heath HembreeがMLBにコールアップ。
[AAA] : RHP Ryan Cookをオプション。
[AAA] : 3B/LF/1B Garin Cecchiniをオプション。
[AA] : RHP Mike McCarthyがPawtucket (AAA)から移動。
[A] : CF Andrew BenintendiがLowell (A-)から昇格。
[A-] : RHP Kevin KelleherがGCL (Rk)から移動。
[GCL] : RHP Max WattがLowell (A-)から移動。

[AAA] - Box
E. Escobarが5.0 IP/4 H/0 ER/2 BB/3 K。やはり先発だと良い。Lightが1.2 IP/2 K。C. Riveroが2 H/1 HR (1)。Craig、C. Marrero、Leon、Roofが2 H。

[AA] - Offday

[A+] - Offday

[A] - Box
Drehoffが4.0 IP/5 H/3 ER/1 BB/3 K。Longhi、Lorenzanaが2 H。BenintendiのLow-Aデビューは4 AB/0 H/2 BBでした。Moncadaは手を痛めてここのところ欠場しているようです。

[A-] - All-Star Break

[GCL] - Box
G. Bautistaが4.0 IP/2 H/0 ER/2 BB/5 K。A. Perezが2 H。

[DSL1] - Box
Zacariasが5.0 IP/8 H/2 ER/0 BB/4 K。Reynosoが3 H/1 2B。Condeが2 H。

[DSL2] - Box
D. Reyesが5.0 IP/7 H/3 ER/0 BB/3 K。Cedrola、J. Hernandez、Barrientoが2 H。

2015年8月14日金曜日

15' Weekly Topics -8/10~8/16

[8/10]

☆ 出張やら、お盆休暇やらで更新が不定期になってしまっています、ゴメンなさい。さて本日はお休みですが、昨日のMastersonのDFAに続き、今日は上原の手首の骨折と残りシーズン絶望が決定。MastersonをDFAしなくても良かったじゃないかとも思うけど、まぁこんなシーズンですから、あとは若手の育成に充てた方が良いか。代役クローザーは田澤が少しリリースが狂って調子を落としているので、Machiだそうです。来季全体1位指名の期待がさらに膨らむね...。

2015年8月11日火曜日

15' Minor League Season Memo -8/10~8/16-

今季はドラフトもつまらなかったけど、マイナーもHigh-Aから上はつまらないですね。確かにAAAは上に多くの選手を取られているのだけど、それを埋める選手がAA/High-Aにいないのが問題。前週の結果はこちら


○ 8/10

[AAA] : UT Carlos Riveroがロスター入り。

[AAA] - Box
Barnesが4.1 IP/6 H/1 ER/3 BB/5 K。前回よりは良くなった。マルチ無し。

[AA] - Offday

[A+] - Offday

[A] - Offday

[A-] - Box
Almonteが4.0 IP/3 H/2 ER/4 BB/4 K。Mageeが2 H/1 2B/1 HR (1)。Gunsolusが2 H/1 2B。Benintendiに第5号。

[GCL (Game1)] - Box
Allenが3.0 IP/2 H/0 ER/0 BB/3 K。良いですね~。Baldwinが2 H/1 2B。

[GCL (Game2)] - Box
E. De Jesusが5.2 IP/3 H/0 ER/2 BB/3 K。A. Perezが3 H。途中からOliverasと2B/3Bのポジションをスイッチしてるのが珍しい。

[DSL1] - Box
C. Acostaが5.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/4 K。よしよし、Acostaも調子が出てきた感じ。マルチ無し。

[DSL2] - Box
D. Hernandezが5.0 IP/3 H/0 ER/3 BB/9 K。R. Berroa、Miranda、Carrizalezが2 H。

2015年8月6日木曜日

16' Draft Watch - Draft Board 6 (C)

今季の捕手は今のところ超大物はいないけど、カレッジを中心にまずまずのポテンシャルを持つ選手が多めなイメージ。カレッジはWJRさん推しのACCに固まっています。


[16' Draft Board (C)]

Zack Collins, C/1B, Miami (Jr.)

B/T: L-R
Height: 6-3
Weight: 220
Last Drafted: 27th round (13') by CIN
Ranking: BA #16/MLB #14/MB #17
Projection: Mid 1st round

Comments: 大柄な身体で、左打席からカレッジ全体でもトップクラスのパワーを発揮する。バットが変更になる前の14年からパワーナンバーを示している点も評価できる。一方、HS時代から将来的には1Bと言われていたように、守備の評価は高くない。16年はある程度捕手としての評価も高めたが、それでもMLBで常時捕手を務められるかはかなり疑問視されている。

16' Draft Watch - Draft Board 5 (College-RP)

ローカルボーイのBen Bowdenはともかく、今季はリリーフよりも先発が欲しいので、他にはさほど興味を引かれる選手はいないかな。ブルペンの調子が落ちているBOSにZack Burdiという噂もあるけど、それだけは勘弁。


[16' Draft Board (College-RP)]

Zack Burdi, RHP, Louisville (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-3
Weight: 210
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: BA #21/MLB #41/MB #27
Projection: Mid 1st round to Supplemental 1st round

Comments: 14年のカレッジで最高クラスのリリーフだったNick Burdi (MIN)の弟。HS時代は兄ほど有名ではなかったが、兄と同じく進学したLouiville大で15年からリリーフの中核となり、カレッジ全体でもトップクラスのリリーフになっている。HS時代は90 mph前半だった速球は、現在は最速101 mphを記録。平均球威は兄ほどではないとも言われるが、常時95~98 mphと球速は一級品。これとスライダーに捻じ伏せる投球スタイルも兄と共通だが、スライダーは80 mph前半と、速球の球速からするとやや遅く、スラービーでタイトな変化に欠ける点ではやや見劣りする。ドラ1中盤(考えたくないけどBOS-#12)などの予想もあるが、リリーフだけに指名位置は難しい。

2015年8月5日水曜日

16' Draft Watch - Draft Board 4 (HS-LHP)

Jason Groomeが素晴らしい。転校に関するバイオレーションで少し出場停止になったりもしたけど、現状Top 10は堅いでしょうね。本人はBOSを気に入っているという話も聞きましたが。あとはBraxton GarrettとJoey Wentzが評価を上げている。


[16' Draft Board (HS-LHP)]

Jason Groome, LHP, Barnegat HS, NJ (HS)

B/T: L-L
Height: 6-6
Weight: 180
Commitment: Chipola College
Ranking: BA #3/MLB #1/MB #2
Projection: Early 1st round

Comments: 北東部New Jersey州出身。ジュニアーのシーズンは、Brady Aiken (CLE)や、15年のBOSのドラ8のLogan Allenも所属したIMG Academyでプレーしたが、16年はホームタウンのHSに戻った。ただその転校に関して規定違反があったようで、4月の頭に短期間ながら出場停止処分を受けた。最速98~99 mphと圧倒的な速球を見せ、ポテンシャルは今クラスでもNo.1。まだ筋肉の付く余地のある素晴らしい投手体格から、全く力みのないフォームで、現在は常時90 mph中盤の速球を投げる。カーブはタイトな回転。一方、チェンジアップはあまり投げない。変化球に関してはあまり磨かれていないが、クラスの中でも比較的若いことと、北東部でプレーしていたことを考えると、ドラフトイヤーにさらに進歩する可能性は高い。ポテンシャルで言えば、右腕のRiley Pintと彼がドラフトでもTop 2と見られますが、上位ピックを持っているチームがカレッジアームのA.J. Puk (Jr.-LHP)やカレッジヒッター、もしくはHS選手でも野手の噂が強いことから、指名位置が読めない。コミットは最近までVandyだったけど、Chiplaカレッジに変更になったようですね。スリップして契約できなかった時に、来年のドラフトに出たいようです。また以前はScott Borasクライアントだったようですが、これも最近他のエージェントに交代したようです。

16' Draft Watch - Draft Board 3 (College-LHP)

A.J. Pukは全体#1の候補の一人で大物。一方、以降は少し開いている。Eric Lauerがカレッジで防御率0点台という凄まじい投球を見せているが、スタッフ的には先発3~4番手という感じの選手。


[16' Draft Board (College-LHP)]

A.J. Puk, LHP, Florida (Jr.)

B/T: L-L
Height: 6-7
Weight: 225
Last Drafted: 35th round (13') by DET
Ranking: BA #1/MLB #4/MB #3
Projection: Likely Top 3, Frontrunner of #1

Comments: 3年前はベースボールのあまり盛んでない北部Iowa州の選手ながら注目されていたが進学。クレーン置き場に忍び込んで逮捕されるなど、メイクアップや素行面で不安はあるが、その体格とスタッフは本物。ズバ抜けた体格から投げる速球は、元々90 mph中盤の威力があったが、15年シーズン半ばにサスペンションが明けてローテに入ってからさらに向上。現在では常時93~96 mph、最速98~99 mphという凄まじいレベルになっている。セカンドピッチはプラスのスライダー。チェンジアップは可能性を持つが、現時点では他のツーピッチに劣る。以前は打席にも立っていたが、16年は投手に専念している。元々、ケガや素行等でそれほど多くのイニングを稼いで来なかったが、16年もちょこちょこケガなどで短いイニングで降りたりしており、試合平均で5 IPを投げていないのが、使い減りしていない反面、若干不安が残るところ。制球やコマンドを乱す場面も散見される。ただそれ以外で見せるどドミナンスはやはり魅力。

2015年8月4日火曜日

16' Draft Watch - Draft Board 2 (HS-RHP)

続いてHS-RHP。Riley Pintが素晴らしいし、昨年よりは良さそう。Ian Anderson、Forrest Whitley、Matt Manningあたりの二番手層もなかなかのレベル。近年カレッジ投手好きになってたけど、今年はHS-Pが良いかも。


[16' Draft Board (HS-RHP)]

Riley Pint, RHP, St. Thomas Aquinas HS, KS (HS)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 210
Commitment: Louisiana State
Ranking: BA #2/MLB #2/MB #4
Projection: Likely Top 5

Comments: バスケットボールもプレーするように、非常にアスレティック。バランスの良い身体から、投げる速球は、今季は体重を増やしたこともあって、更に伸び、常時93~97 mph。最速はなんと102 mphを記録した。HS投手としての純粋な速球だけなら、Tyler Kolek (MIA)に軍配が上がるが、全体2位指名だった彼より、総合力では上とも。ブレイキングボールは80 mph前後。カーブよりも将来的にはより球速のあるスライダーを投げる方が良いとも。チェンジアップはまだあまり投げない。非常に注意深く扱われているため、アームもフレッシュ。一方、それもあって、ややメカニクスが完成されていない。現時点ではそれがコマンド・制球の不安定さをもたらしている。

16' Draft Watch - Draft Board 1 (College-RHP)

Alec Hansenが評価を落としており、悪くはないけど、カレッジ右腕に関しては、飛び抜けたアームのいないクラスになっています。Hansenや、TJ後だけど、Cal Quantrillのようなハイリスクハイリターンタイプをドラ2で指名できれば面白そうだけど。


[16' Draft Board (College-RHP)]

Dakota Hudson, RHP, Mississippi State (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-5
Weight: 205
Last Drafted: 36th round (13') by TEX
Ranking: BA #14/MLB #15/MB #10
Projection: Top 15

Comments: カレッジの二年間はあまり試合で投げていなかったが、15年夏のCape Cod Leagueでブレイク。優れた体格から速球は常時93~95 mph、最速97 mphを見せている。沈みも良い。スライダーのような変化ながら、80 mph後半を計時し、カッターに近い球速のあるスライダーも良い。カーブとチェンジアップも投げる。制球は弱点だが、Cape Cod Leagueでは改善を見せた。16年は最高クラスとまでは言えないまでも、SECの環境でエースとしてしっかり投げている。最大限育てはフロントラインも可能だが、現実的にはNo.2~3タイプか。

15' Season Boston Red Sox -Aug.-

8月です。フラッグディールではShane Victorinoの放出以外に大した動きは無し。今季も負けシーズンとしてこの時期を迎えました。Larry Lucchino球団社長も辞めるそうだし、オフにはフロント刷新が待ってそうなのが唯一の希望です(前記事はこちら)。


[Transaction]

○ 8/1
Optioned RHP Jonathan Aro to AAA Pawtucket.
Recalled 1B/3B/LF Travis Shaw from AAA Pawtucket.

Aroをオプションし、Shawを呼んでいます。Napoliもいつトレードされるかわからないし、NavaはDFA。Shawにとってはチャンスですね。

15' Minor League Season Memo -8/3~8/9-

トレードデッドラインが過ぎましたが、特に誰も出て行くことはなく。動かずだったのか、動けずだったのか。マイナー上層は何となく閉塞感があるし、思い切ってチームを変えた方が良さそうな選手も何人かいる気もしますが。前週の結果はこちら


○ 8/3

[AAA] : LHP Brian JohnsonがDL入り。
[AAA] : RHP Ryan Cookをオプション。
[A] : RHP Reed ReillyがDL入り。
[A-] : RHP Austin Gloriusがロスター入り。
[A-] : RHP Kevin SteenがGCL (Rk)から昇格。

[AAA] - Box
リリーフゲームでE. Escobarが3.0 IP/6 H/4 ER/1 BB/1 K。40人枠内に入っているけど、このままならDFAは近そう。Craigが3 H、M. Millerが2 H。

[AA] - Offday

[A+] - Offday

[A] - Box
L. Ramosが4.1 IP/8 H/4 ER/0 BB/3 K。D. Lopezが2 H。

[A-] - Box
Steenが5.0 IP/8 H/2 ER/2 BB/2 K。GCLでは良く投げていましたが、ここではどうか。Benintendiが3 H/1 3B、Tubbs、De La Guerra、Washingtonが2 H。

[GCL] - Suspended (Rain)
2回裏に雨で中断・延期。

[DSL1] - Box
A. Rodriguezが4.0 IP/3 H/0 ER/2 BB/2 K。Petitが2 H。

[DSL2] - Box
Pantojaが5.0 IP/4 H/1 ER/0 BB/8 K。Barrientoに第4号。

2015年8月3日月曜日

15' Weekly Topics -8/3~8/9

[8/4]

☆ Today's Game (Game 107 @NYY)

OwensのMLBデビューは、勝ち投手の権利を持って6回のマウンドに上がったものの、残念ながら6回にOwens以降リリーフも崩れ逆転負け。初回だけで40球と立ち上がりに球数がかさんでしまったのがもったいなかったですね。

2回以降は落ち着いていたのですが、中軸の三巡目に捕まった。まぁ新人がそれなりに球数も投げて5回まで投げ終えたのに、6回、7回を投げる選手がいないブルペンが敗因とも思えますが。詳細は夜見て追記したいと思います。

(追記)Owensのデビューを見ました。速球は大体が89~92 mph前後。やや高めに浮くボールが多かったため、大きくムーブしているようには見えませんでしたが、打者がボールの下を打ってファールというのが多かったように見えた。ハイヒーター気味のボールが多かった影響もあるかもしれないが、長い腕と角度、それに以前より言われている、ボールの出所の見にくさで、打者の手元で伸びるように感じているように思えた。

メカニクスはクリーンだけど、身体の大きさもあるだろうが、少し遅めのモーション。クロスファイヤー気味であるので、左打者は打ちにくそう。チェンジアップは初回あまり使っていなかったけど、78 mph前後だっただろうか。こちらも少しボールが浮いてしまっていたからだろうが、思ったよりも落差は小さい。ただ速球とほとんど変わらない軌道から少し沈むので、もう少し低めにコマンドできればかなり有効だろう。

カーブは二種類で、スライダーは取得中、という言われ方としていたが、スラーブとスローカーブという印象。スラーブの方は75~77 mph程度だったか。長い腕とクロスファイヤー気味のフォームもあり、横方向への変化が非常に大きい。こちらも少し浮いており、シャープな変化に欠けるため、左打者へ投げるのが中心になりそう。

スローカーブの方は71 mph程度。縦に大きく落ちるボールで右打者の外角高めからストライクゾーンに落として見逃しを奪っていた。元々このボールの評価は高くなかったが、他のボール(特に速球とチェンジアップ)を低めにコマンドできるようになれば、目線を変えるのに有効ではないかと。Barry Zitoのようになれば、と思う。

この前のB. Johnsonもそうだったが、MLBデビューということで仕方ない面はあるけど、全体的に速球が全く低めに集まらないのが気になる。Owensの方がより角度がある分、まだ速球でも戦えていたが、今のコマンドのままではやっていくのは難しい。試合中にもう少し修正できてもいいような気がするけど、マイナーの指導にまた少し疑問を持ってしまう。

Result : NYY 13 - 3 BOS (W47-L60)

15' Midseason Prospect Ranking -Outfield-

15年シーズン中間時点での、各ポジションごとの、BOSのMy Prospect Rankingです。ここ数年あまりOFの補充に力を入れていなかった感があり、かなり薄くなっていましたが、今季ドラフトではそれを懸念したのか、ドラ1のBenintendi以下、大量にOFを指名。個人的にはある程度ニーズを踏まえたドラフトが好ましいけど、数年のスパンで見て、もう少しバランスを取って欲しい。


[15' Midseason Outfield Ranking]

Five-Star Prospect

1 (1). Manuel Margot, CF, AA : ○守備、スピード/×上層での実績

Four-Star Prospect

2 (New). Andrew Benintendi, CF, SS-A : ○スピード、パワー/×プロ実績

Three-Star Prospect

- (3). (Nick Longhi, 1B/RF, Low-A (1B))

Two-Star Prospect

- (-). (Garin Cecchini, 3B/LF/1B, AAA (3B))

- (-). (Sean Coyle, 2B/3B/OF, AAA (2B))

- (-). (Carlos Asuaje, 3B/2B/LF, AA (3B))

3 (2). Bryce Brentz, RF/LF, AAA : ○パワー/×コンタクト、メイクアップ、健康

- (-). (Travis Shaw, 1B/3B/LF, MLB (1B))

4 (New). Tate Matheny, RF/LF/CF, SS-A : ○成熟度/×上限

5 (6). Yoan Aybar, CF/RF, GCL : ○肩、ツールバランス/×選球眼

6 (10). Luis Alexander Basabe, CF/RF/LF, SS-A : ○パワー/×コンタクト

One-Star Prospect

7 (5). Henry Ramos, RF/CF/LF, AA : ○ツールバランス/×健康、コンタクト

8 (7). Danny Mars, CF/RF/LF, Low-A : ○コンタクト、スピード/×伸びしろ

9 (NR). Mike Meyers, LF/RF, Low-A : ○コンタクト/×守備、パワー

10 (NR). Bryan Hudson, CF/LF/RF, Low-A : ○コンタクト、スピード/×パワー

15' Midseason Prospect Ranking -Shortstop-

15年シーズン中間時点での、各ポジションごとの、BOSのMy Prospect Rankingです。D. MarreroがイマイチAAA/MLBで打てず、評価を下げていますが、代わってJ. Guerraが飛躍。今やマイナー全体のTop 100はもちろん、Top 50も狙える。X. Bogaertsも開花し始めているし、SSはかなり明るいです。


[15' Midseason Shortstop Ranking]

Four-Star Prospect

1 (3). Javier Guerra, SS, Low-A : ○守備、肩、パワー/×スピード

Three-Star Prospect

2 (1). Deven Marrero, SS/2B/3B, MLB : ○守備全般/×打撃

3 (New). Marco Hernandez, SS/2B, AAA : ○コンタクト、守備/×選球眼

- (5). (Mauricio Dubon, 2B/SS/3B, High-A (2B))

Two-Star Prospect

4 (4). Tzu-Wei Lin, SS/2B, AA : ○守備、コンタクト/×パワー

One-Star Prospect

5 (NR). Yomar Valentin, SS, GCL : ○若さ/×打撃全般