2011年6月30日木曜日

11' Minor League Season Memo -6/27~7/3-

大物と言われる選手の契約は未だなし。特に投手は、既存の選手の中で目立つ選手もなく閉塞感が漂います。みんなガンバってくれ。前記事はこちら


○ 6/27

[AA] : RHP Junichi Tazawaのリハブが終了、オプション。
[AA] : RHP Santo Luisがリリース。
[GCL] : LHP Dennys Reyesがリハブアサイン。

[AAA] - Box
T. Penaが5.0 IP/5 H/1 ER。Spearsに第5号。

[AA] - Box
計15失点。田澤は0.2 IP/3 H/6 ER/2 BB/1 K。自分的にはもう諦めつつあります。Padronが3 H。Khoury、Federowicz、Heeが2 H。Chiangに第13号、Federowiczに第6号。Khouryに第1号。

[A+] - Box
Ranaudoが5.1 IP/6 H/5 ER/0 BB/4 K。後続のVolzも1.2 IP/3 H/1 ER/2 BB/3 Kと乱れたこともあり、6回に大量失点。Butlerが3 H/2 2B。Vitek、Mailman、Almanzarが2 H。Headの昇格が決まったようで、Almanzarはお尻に火がついたか。

[A] - Box
Swinsonが6.0 IP/5 H/2 ER。X. Bogaertsが3 H。素晴らしい。Renfroeが2 H/2 BB。Coyleも2 H。

[A-] - Box
Ja. Garciaが5.0 IP/2 H/0 ER/3 BB/0 K。M. Penaが2.0 IP/2 H/1 ER/1 BB/3 K。Middlebrooksが連日の第2号。Shawにも第2号。

[GCL] - Box
D. Reyesがリハブスタート。1.0 IP/2 H/1 ER。リリース希望です。S. Gomezが5.0 IP/1 H/0 ER/3 BB/3 K。今日はとても良いカンジ。Y. Ortegaが3.0 IP/4 H/1 ER1 BB/4 K。Loya、Guerrero、Colorado、R. Reyesが2 H。R. Reyesに第1号。

[DSL] - Box
5回コールドゲーム。Montasが2.0 IP/3 H/2 ER。Osorioが3.0 IP/0 H/0 ER/1 BB/5 K。良いカンジになってきた。D. Lopezが2 H。


○ 6/28

[AAA] : LHP Franklin Moralesのリハブが終了。
[AAA] : RHP Scott Atchisonがオプション。
[AAA] : LHP Tommy Hottovyがオプション。
[AAA] : RHP Brandon DuckworthがDL入り。
[AAA] : RHP Miguel GonzalezがPortland (AA)からPM。
[AA] : RHP Bobby Jenksのリハブが終了。
[AA] : LHP Ceasr Cabralがロスター外に移動。
[AA] : RHP Blake MaxwellがPawtucket (AAA)から移動。
[AA] : IF Tony ThomasがDLから復帰。
[A+] : RHP Jeremy KehrtがPortland (AA)からPM。
[A+] : 1B Miles HeadがGreenville (A)から昇格。
[A] : 1B/3B Michael Almanzar がSalem (A)から降格。
[A-] : RHP Mike Leeのリハブが終了。

[AAA] - Box
Millwoodが4.0 IP/9 H/6 ER。Lin、Nava、Larsと2 H。

[AA (Game1)] - Box
A. Wilsonが5.2 IP/5 H/1 ER/5 BB/5 K。5 BBはちょっと多過ぎ。HassanとDeningが2 H。

[AA (Game2)] - Box
Leeが3.2 IP/9 H/4 ER/1 BB/2 K。Clayが3.1 IP/2 H/1 ER/0 BB/3 K。最近ぼちぼちですね。Khouryが3 H。Hassan、Chiang、Spring、Hee、Deningが2 H。Hassan (7)、Spring (3)にHR。

[A+] - Box
Brittonがスクラッチ。ケガかな...Ebertが5.0 IP/1 H/0 ER。しばらくお休みだったHisseyが復帰したと思ったら、踵のケガで途中退場。Mailmanが3 H/1 2B。最近良いカンジ。HeadのHigh-Aデビューは、1 H/1 2B/1 BB。

[A] - Box
Couchが5.1 IP/7 H/3 ER/0 BB/4 K。Jacobsが3 H。俺もHigh-Aに上げろと言わんばかりです。RenfroeとLeBlancが2 H。昇格したHeadの代わりにAlmanzarが降格して来る模様。こんなMinor下層で2回も降格を味わう$1.5Mボーナスベイビーっているのでしょうか...

[A-] - Box
Cervenkaが1.2 IP/3 H/5 ER/3 BB/0 K。酷過ぎる...来季のリリースは確定かと思われ。最後はM. Moanaroaがマウンドに立ってる。ShawとMiddlebrooksにそれぞれ第3号。AAに帰っても、毎日HR打って欲しいな。

[GCL] - Box
M. Alcantaraが5.0 IP/4 H/0 ER/2 BB/3 K。まずまずかな。Coloradoが2 H。PerkinsとVinicioは打てないですね。

[DSL] - Box
Bonnellyが1.1 IP/4 H/7 ER。Del Rosarioが2 H。


○ 6/29

[AA] : RHP Charlie RosarioがGreenville (A)から移動。
[A+] : LHP Mitch HeroldがDL入り。
[A+] : OF Peter HisseyがDL入り。
[A+] : 1B/LF Jorge PadronがPortland (AA)から降格。
[A+] : RHP Chris MartinがGreenville (A)から昇格。
[A] : RHP Tyler WilsonがLowell (A-)から昇格。
[A] : RHP Michael OlmstedがGCLから移動。
[A-] : RHP Andrew JonesがGCLから移動。
[GCL] : LHP Zach Goodがロスター入り。

[AAA] - Box
Weilandが5回までノーヒッターの8.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/12 K/6-6 GO/AO。3 HBPはあったが、文句のつけようのない投球です。週末のBAのHot Sheetに選ばれなかったら怒るかも。Nomar5さんによると、初回96 mphを計時したそうです。Navaが2 H/1 2B/1 BB。J. Iglesiasが2 H。

[AA] - Box
Balcom-M.は6.1 IP/4 H/3 ER/3 BB/9 K/10-0 GO/AO。まだBB多いけど、今日は素晴らしい。Hassanが2 Hに第8号。再びホットです。A. Wilson、Fife、Middlebrooks、Hassan、ChiangがAAのAll-Starに選出されました。

[A+] - Box
P. Ruizが7.0 IP/3 H/0 ER/1 BB/5 K。こちらも良かった。Gibsonが3 H/2 2B。BrentzとButlerが2 H。Brentzに第5号。パワーはあるけど、やっぱりレベルが上がると、選球眼とコンタクトの不安をのぞかせるな。

[A] - Box
T. Wilsonが5.0 IP/4 H/0 ER/3 BB/4 K。次回も期待。Coyleが3 H/2 2B。F. Sanchez、Jacobs、Renfroeが2 H。X. Bogaertsは0 for 4/3 K。やはりLow-Aには少し早いのかも。

[A-] - Box
Veletteが5.0 IP/2 H/2 ER/3 BB/2 K。De La Cruzが3 H/1 2B。Cecchiniは0 for 4/3 Kと苦しんでる。

[GCL] - Box
R. Alcantaraが5.0 IP/1 H/0 ER/1 BB/2 K/8-3 GO/AO。三振は少ないがとても良い。契約時は最速91 mhp程度だったのが、すでに最速で95 mphまで出ているらしい。Loya、Guerrero、Chesterの3 Hのみ。

[DSL] - Offday


○ 6/30

[AAA] : UT Yamaico Navarroがコールアップ。
[AAA] : IF Tony ThomasがPortland (AA)から移動。
[A+] : IF James Kangがロスター外に移動。
[A-] : 3B Will Middlebrooksのリハブが終了。

[AAA] - Box
ただ1人AAAのAll-Starに選ばれたM. Foxが先発。5.0 IP/3 H/3 ER。最近パッとしない。打線はMINのKyl Gibson相手に5.0 IP/9 H/2 HR/5 R/1 BB/3 Kと良くガンバった。LavarnwayがK. GibsonからのHR (4)を含む3 H。NavaとLarsが2 H。

[AA] - Box
Fifeが6.0 IP/6 H/4 ER/2 BB/1 K。う~ん、AAのローテは田澤とLeeの復帰でかなり混んでいるので、彼にはそろそろAAAに行ってもらわないといけないんですが。Federowiczが3 H。Exposito、Lavarnwayと3人のうち、誰かはトレードすることになりそう。Middlebrooksが2 H/1 2B/1 BB。復帰戦で素晴らしい活躍。これを維持して欲しい。Hazelbaker、Tejedaも2 H。

[A+] - Box
C. Hernandezが5.2 IP/9 H/3 ER/2 BB/4 K/6-3 GO/AO。ちょっと疲れ気味かな?Volzが2.1 IP/5 Kパーフェクト。"electric"と評されていました。前回、完璧に捻られたJake Odorizzi (KC)相手に、6.0 IP/8 H/1 HR/5 R/0 BB/6 Kとまずまず健闘。Brentzが2 H/1 2B/1 HR (5)。凄まじいパワーです。

[A] - Box
Celestinoが6.2 IP/3 H/0 ER/2 BB/4 K。相変わらずK/BBは良くないけど、ERAが4点を切った。JacobsとH. Ramosが2 H。

[A-] - Box
Younginerが4.0 IP/4 H/0 ER/0 BB/3 K。こんなところでこれではまだ満足ではないですが、ようやく合格点の投球。Bastardoが4.0 IP/3 H/0 ER/2 BB/8 K。年齢は高いが、ここまで素晴らしい奪三振率です。Cecchiniが2 H/1 2B/2 BB。ディシプリン面でガンバってる。De La Cruz、Jos. Garcia、B. Moanaroa、M. Johnsonも2 H。

[GCL] - Box
D. Reyesが1.0 IP/1 H/1 ER。Dahlstrandが3.0 IP/0 H/0 ER/0 BB/2 HBP/2 K/7-0 GO/AO。ゴロも打たせてるし、なかなか良いと思う。今日もPerkins、Chester、Vinicioがたったの1 Hずつ。どいつもこいつも...Vinicioは4つもエラーしてます。なぜにMiguel Sano (MIN)ではなく、彼に大枚をはたいたのかわからない。

[DSL] - Box
P. Reyesが5.0 IP/5 H/1 ER/0 B/4 K。Agueroが4 H。J. Bogaertsが3 Hに第1号。A. Garcia、D. Lopezも3 H。A. Peralta、Sopilkaが2 Hと良く打った。


○ 7/1

[AAA] : IF James Kangがロスター入り。
[AA] : RHP Miguel GonzalezがPawtucket (AAA)からPM。
[A] : RHP Charlie RosarioがPawtucket (AAA)から移動。

[AAA] - Box
Doubrontは6.0 IP/10 H/2 HR/6 ER/1 BB/2 K。う~ん被弾多いな。LarsとBermudezが2 H。Lavarnwayに第5号。

[AA] - Box
Huntzingerが6.2 IP/8 H/5 ER/1 BB/7 K。最近K/BBは良いんだけど。Hazelbakerが2 Hに第2号。R. Rodriguezが2 H。

[A+] - Box
Presslyが6.1 IP/2 H/3 ER/2 BB/3 K。Headが2 H。

[A] - Box
Riveraが5.0 IP/2 H/1 ER/2 BB/2 K。Jacobsが2 H。

[A-] - Box
L. Diazが5.2 IP/2 H/0 ER/1 BB/3 K。Escobarが2 H。

[GCL] - Box
F. Taverasが5.0 IP/7 H/2 ER/1 BB/5 K。PerkinsとGedmanが2 H。

[DSL] - Box
この前契約したAroが先発で、5.0 IP/4 H/0 ER/1 BB/5 K。20歳のドミニカン。A. Garciaが2 H。全般的に今日は打てない1日でした。


○ 7/2

[AAA] : IF Nate SpearsがDL入り。
[AAA] : RHP Brandon DuckworthがDLから復帰。
[A] : RHP Scott SwinsonがDL入り。
[A] : RHP Brandon WorkmanがDLから復帰。

[AAA (Game1)] - Box
Duckworthが4.0 IP/7 H/3 ER。んでT. Thomasの1 Hのみ。

[AAA (Game2)] - Box
T. Penaが5.0 IP/7 H/2 ER。LavarnwayとT. Thomasの1 Hずつ。なんかWeilandとLavarnway以外のAAAの結果を書くのは人生の無駄な気がしてきた...

[AA] - Box
Pimentelが3.0 IP/4 H/2 ER/2 BB/1 K。成長せんな。もう田澤と2人DFAでいいんじゃないですかね。Chiangが2 Hに第14号。Tejedaが2 Hに第3号。R. RodriguezとHeeが2 H。TORのHenderson Alvarez相手に健闘。

[A+] - Box
Ranaudoが4.2 IP/9 H/4 ER/0 BB/3 K。80 mph後半から90 mphちょいしか出てなかったそう。Headが4 H/2 2B。S. Wilkersonが3 H。Brentzに第7号。それ以外も全員安打。

[A] - Box
Workmanが5.0 IP/1 H/1 ER/2 BB/9 K。やっと期待通りの投球。TEXへ行ったRoman Mendezが投げてますね。7.0 IP/6 H/2 ER/2 BB/10 K。X. Bogaertsに第3号。

[A-] - Box
Ja. Garciaが5.0 IP/3 H/2 ER/2 BB/0 K。被打率は低いけど、三振が獲れない。M. Penaが3.0 IP/3 H/1 ER/0 BB/6 K。Kapteynが0.0 IP/2 H/5 ER/2 BB/1 K/6 WP。酷すぎる。合計24 Hと良く打った。Trocyが5 H。Shawが4 for 4/3 3B/1 HR (4)/2 BBと無双状態。De La Cruz、Cecchiniが3 H。Scwindenhammerが2 H/1 HR (2)。

[GCL] - Box
S. Gomezが5.0 IP/2 H/0 ER/1 BB/5 K。もう少し上で見てみたい。Parthemoreも3.0 IP/1 H/0 ER/1 BB/2 K。こちらも良いカンジです。Pinedaが2 H。

[DSL] - Box
E. Garciaが5.0 IP/2 H/1 ER/2 BB/3 K。Del Rosario、D. Lopez、Sopilka、J. Bogaertsが2 H。

○ 7/3

[AAA] : RHP Jeremy KehrtがPortland (A+)から移動。
[AAA] : UT Ryan KhouryがPortland (AA)から移動。
[AAA] : RHP Brandon Duckworthがロスター外に移動。
[AAA] : IF Tony ThomasがDL入り。

[AAA] - Box
Millwoodが7.0 IP/6 H/3 ER。ホントどうでもいい。Exposito (4)、Khoury (1)が3 H/1 HR。Larsが2 H/1 HR (5)。Lavarnwayが2 H。Bermudezに第2号。J. IglesiasがAndrew Brackman (NYY)に頭にぶつけられ退場...

[AA] - Box
A. Wilsonが7.0 IP/5 H/1 ER/0 BB/3 K。ChiangとTejedaが2 H。

[A+] - Box
Brittonが2.0 IP/3 H/2 ER/0 BB/3 K。上がってきませんね~。Brentzが2 H/1 HR (8)/1 BB。凄まじいパワーです。Padronが3 H。Butlerが2 H。

[A] - Box
Couchが6.0 IP/9 H/2 ER/0 BB/1 K。CoyleとAlmanzarが3 H。C. Vazquezが2 H。X. Bogaertsに第4号。打率は下がってきたけど、パワーを見せている。

[A-] - Box
Cervenkaは4.0 IP/3 H/2 ER/2 BB/2 K。Shawが2 H。

[GCL] - Offday

[DSL] - Postponed (Rain)


☆ Hitter of the Week - Travis Shaw, 1B/3B (A-); 6 G/22 AB/9 H/3 2B/3 HR/7 R/8 RBI/3 BB/8 K

☆ Pitcher of the Week - Kyle Weiland, RHP (AAA); 1 GS/8.0 IP/1-0 W-L/0.00 ERA/1 R/0 ER/1 H/0 BB/12 K/1.00 GO/A0

2011年6月29日水曜日

Former Sox Prospect Review: Manny Rivera, LHP

今回は、Low-Aで良く投げている、Manny Rivera。ショートシーズンでの成績は素晴らしかったけど、ズバ抜けた球威がなく、悪い時は簡単に打たれてしまうのが難点です。


[Player Data]

Name: Manny Rivera (マニー・リベラ)
Full Name: Manuel Emilio Guzman Rivera
Positions: LHRP/LHSP
Born: September 1, 1989
Birthplace: San Cristobal, Dominican Republic
Height: 6-0
Weight: 170
Bats: Left
Throws: Left
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (July 2006)
Signing Bonus: Not Announced
How Left: Minor league free agency (November 2013)
Player Link: MiLB.comFan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

さほど身体的には恵まれておらず、セカンドピッチと完成度に優れた軟投派の左腕という印象。球の出所の見にくいフォームから投げ、速球は88 mphから、最速でも90 mph程度。南米系の選手らしく、チェンジアップが非常に良いが、カーブはまだ発展途上。時折甘く入るが、基本的にはコマンド、制球に優れた選手だ。


[Background]

特に無し。


[Profile]

07' : DSLでプロデビュー。クローザーとして投げ、34.2 IP/1.04 ERA/24 H/37 Kと素晴らしい成績。

08' : 十分にUSデビューできそうだったが、スターター転向のため、もう1年DSLに留まった。

09' : 満を持してGCLでUSデビュー。こちらでも文句なし。

10' : SS-Aをスキップして、Low-A Greenvilleで開幕。ややヒッタブルだったが、K/BB等は良く、無難にフルシーズンクラスに適応した。

11' : 再びLow-Aに戻ると、被打率も下がり、しっかりした成績に。High-A Salemに昇格すると打ち込まれ、リリーフへ移行。

12' : リリーフに移って好転するかと思ったけど、High-Aで打ち込まれた。

13' : High-Aでも投げたものの、後半戦はLow-Aで投げた。年々パフォーマンスが落ちている。

13' Nov. : MiLFAに。


[Comment]

成績的にはしっかりしているのだけど、やはり速球にさほど威力がないため、マイナー上層で通じるのか、という疑問はある。Low-Aでも、良い時は四球すら出さない素晴らしい投球をするが、たまに酷く打ちこまれることもあり、やはりコマンドが生命線かと思う。やや昇格も遅いし、左腕なので彼もリリーフに移した方がいいかなと思っている選手の1人だ。

11' Season Boston Red Sox -Jun.-

6月です。やっと調子が上がり首位に立ったと思いきや、また連敗。さらに重傷者が出る苦しい状況には変わりない(前記事はこちら)。


[Transaction]

○ 6/3
Placed LHP Rich Hill on the DL.
Tranferred RHP Daisuke Matsuzaka on the 60-day DL.
Purchased the contract of LHP Tommy Hottovy from AAA.

CWS戦で肘を抑えて降板したHillは初日の強度テストでは大丈夫そうとも言われたけど、MRIの結果肘の腱の3/4を断裂。一応セカンドオピニオンを求めるようですが、多分TJとなるようです。地元マサチューセッツ出身で、今季サイドハンド転向。左殺しとして新たなキャリアを開始し、瞬く間にBOSブルペンのキーの1人となっていただけに残念。1年後に再び期待してます。しかし転向後間もないのに、負担をかけすぎたかも。

代わりに呼ばれたのは、ケガ明けのDoubrontではなくAA/AAAで今季やはりサイドに転向し、大成功していたHottovy。04年ドラ4が長い下積みを経てとうとうMLBデビュー。AAAでは今季対左で4.0 IP/0 H/0 BB/4 K。岡島はトレードを望んでるそうだし、D. ReyesはAAAにも戻ってない。MoralesはよくわからないがDL。A. Millerは6/15にOpt. Outできるので、呼ぶかもと思われましたが、権利を行使しないとも言われていて、その辺でうまくチャンスが回ってきた。ガンバってこのチャンスを生かして欲しい。ちなみにやはりTJほぼ確定の松坂さんを60日DLに入れて枠を空けてます。


○ 6/4
Placed SS/2B Marco Scutaro in AAA on rehab assignment.

Scutaroがリハブ開始。


○ 6/5
Optioned OF Josh Reddick to AAA.
Activated RHP John Lackey from the DL.

Lackeyが復帰。Reddickがオプションされています。投手13人野手12人になりますが、前日リリーフを大量使用したのと、ReddickにMinorで打席を稼がせたいのと、IF/OFをこなせるUT Suttonの存在があるからかと。


○ 6/7
Activated SS/2B Marco Scutaro from DL.
Optioned RHP Scott Atchison to AAA.

Scutaroが復帰。打撃は良さげですね。守備は不安だけど、Lowrieもちょっと落ちてるし、ガンバってもらいたい。AtchisonがAAA。ロングではまずまずだけど、やっぱり信頼して使えるところまでは行かないな。


○ 6/8
Placed RHP Bobby Jenks on the DL.
Recalled C Luis Exposito from AAA.

Jenksが前日に背中を痛めてDL入り。重くはなく、DLは必要なさそうと言われたけど、用心と、Saltyが風邪で、念のため捕手を呼んでおきたかったようだ。しかし呼ばれたのがMcKenryではなくExpositoだったのは意外。こういう緊急事態に、Expositoらの準備が整っていないと想定して獲ったはずでは?こういう時に呼ばないなら、40人枠とAAAの枠を占めている意味がないと思うのだが。


○ 6/10
Optioned C Luis Exposito to AAA.
Recalled RHP Michael Bowden from AAA.

Saltyの風邪が治って、ExpositoがAAAへ。一時的に投手11人になっていたけど、Bowdenを上げました。


○ 6/11
C/IF Will Vazquez retired.

AAのC/IF Will Vazquezが引退。Prospectと呼ばれる選手ではないけど、捕手に加えて、IFのバックアップもこなせる利便性から、ここ数年Lavarnway、FederowiczをC/DHで使いやすくするために、同クラスに配置されていました。Wabush大でコーチになるようです。お疲れ様でした。


○ 6/12
Placed LHP Franklin Morales in AAA on rehab assgnment.

Moralesがリハブ開始。今日はまずまずだったけど、A. MillerのOpt. Outの期限が近付いている上に、Hottovyもガンバっており、Acevesもロングで働いているので、居場所がない。AAAでギリギリまで使って、トレードを模索したりするのか?


○ 6/13
Optioned UT Drew Sutton to AAA.
Activated OF Darnell McDonald from DL.

McDonaldがDLから復帰。SuttonがAAAへ。オプションの関係で仕方ないけど、Pedroia、Lowrie、Scutaroと半分ケガを抱えながらプレーしている状態なので、IFをこなすSuttonの方が有用ではあったが。McDonaldもAAAでは問題なく打ってたし、トレードできればしたい気がする。


Traded C Michael McKenry to PIT for a PTBNL or cash.

今季COLから獲得してAAAに置いていたMichael McKenryをPITへトレード。見返りは今のところ不明(→PTBNLが1人か現金になるようです)。PITが捕手のヘルプを必要としているとは言われていた。元々MLBの捕手に何かあった際にExpositoらの準備ができていないと見て、彼を加えていました。ここまで、95 AB/.274/.369/.421/3 HR/14 BB/24 K。目立つわけではないけど、ポジションとInternational Leagueということを考えれば、しっかりやってるし、守備の評価も高く、もうMinorでやることはあまりなかった。ほとんどのチームに、バックアップ捕手ならすぐにでも務まるというくらいに評価されてると思う。

先日Saltyが風邪で試合に出れなかった際に、呼ばれたのがExpositoで、違和感を感じていたが(上参照)、ここで動かしてきた。Expositoの攻守はまだ賛否両論あるけど、それなりに守備は緊急時に上げれる状態になっていると判断しているんだと思う。McKenryはいても無価値ではないけど、AAのLavarnwayはそろそろ昇格させてしかるべきだし、M. WagnerはHigh-Aで燻っている。AAAの枠の確保と40人ロスターが空くメリットを見たかと思う。

今週リハブ期間が終わる田澤が60日DLから戻るのに40人ロスター枠の空きが必要となるし、またA. MillerもOpt. Outするとなれば、40人枠の空きが必要だ。その意味だけでも、自分的には好ましい動きに見える。大きな見返りと得られるとは思わないけど、まずまずのリリーフだったDaniel Turpenを出して得ていたし、今季の成績を考えれば、Low-LevelなProspectくらいはもらえるのではないかとも思うが。


Signed 2011 draft picks LHP Miguel pena, LHP Kevin Brahney, RHP Mike McCarthy, RHP Braden Kapteyn, 3B Travis Shaw, and OF Andrew Turocy.
Signed Undrafted free agents C Tim Roberson, and IF Nick Natoli.

ドラフト組とUDFAと契約。特に大物はいない。


1B Trygg Danforth retierd.

ショートシーズンクラスに行くかと思いきや引退しました。


○ 6/17
Placed IF Jed Lowrie on the DL.
Recalled UT Drew Sutton from AAA.

LowrieがDL入り。痛めていた左肩が、スウィングの際、再び脱臼のような感じに襲われたそうです。春先の好調からすっかり落ち込んだし、相変わらず健康面は不安ですね。Buchholzも腰を痛めたし、今日の試合では、CrawfordとYouksが途中交代。LowrieはScutaroが調子良いし、A. Millerがコールアップと代役はしっかりしていますが、せっかく調子良いので、ケガ人には気をつけてもらいたいです。Suttonが代役でコールアップ。


○ 6/18
Placed OF Carl Crawford on the DL.
Recalled OF Josh Reddick from AAA.

16日の試合でハムストリングを痛めて途中交代したCrawfordがDL入り。Grade 1の肉離れだそうです。代わりにReddickが呼ばれました。せっかくAAAで調子を取り戻したかと思ったらまた呼ばれたり、じっくり使ってあげて欲しいんですけどね。まぁ最近調子の良いNavaは40人枠から外れているので、呼びにくいというのはありますが。


Signed 2011 draft picks IF Matt Gedman, RHP Brenden Shepard, RHP Andrew Jones, 1B David Chester, C Carlos Coste, and RHP Jadd Schmeltzer.

Costeは高校生だけど、あとはローレベルのカレッジ選手。


○ 6/19
Placed RHP Clay Buchholz on the DL.
Purchased the contract of LHP Andrew Miller from AAA.

Buchholzが腰の痛みでDL入り。まだ痛みが引かないようです。まぁムリをすれば、DL入りしなくても良いのかもしれませんが、ちょうどA. MillerのOpt. Out絡みで、上げて使うことが確定していたし、Wakeも好調だから、ムリさせなかったんじゃないかな。一応40人枠はMichael McKenryを出してるから、1つ空いてるはず。


○ 6/21
Purchased the contract of UT Ryan Khoury from Grizzlies of the Frontier League, signed him to a minor league deal, and assigned him to AA.

3月にリリースしていたKhouryと再契約。AAのM-IFがDentやT. Thomasの離脱等で薄くなってました。Ind. Leagueでは良く打ってた模様。色々守れるしいいと思います。


○ 6/23
Optioned RHP Michael Bowden to AAA.

BowdenがAAAへ。Atchisonが上がって来るようです。またも印象的な活躍はできず。来年どうするんでしょう。


Signed 2011 draft picks RHP Matty Ott, and RHP Joe Holtmeyer.

下層のロスターを埋める契約は大体終了。


○ 6/24
Recalled RHP Scott Atchison from AAA.

予定通りAtchisonがコールアップ。


○ 6/25
Placed RHP Bobby Jenks in AA on rehab assignment.

上もちょっと苦しいし、いい加減シャキッとしろよ。


○ 6/27
Activated RHP Junichi Tazawa from the 60-day DL and optioned him to AA.
Transferred LHP Rich Hill to the 60-day DL.

田澤のリハブ期間が終了したので、60日DLから復帰させて、AAにオプション。代わりにHillを60日に移しています。40人枠は相変わらずギリギリ。


Released RHP Santo Luis.

AAのリリーフ右腕。昨季はまずまずも、今季はイマイチだった。子供が生まれたとかでたびたびチームを抜けてたのは関係しているのかな。


○ 6/28
Optioned RHP Scott Atchison, and LHP Tommy Hottovy to AAA.
Activated RHP Bobby Jenks, and LHP Franklin Morales from the DL.

JenksとMoralesが復帰するようで、代わりにAtchisonとHottovyがオプションされるようです。Hottovyは、全幅の信頼とまでは行かないにしろ、対左ではそこそこやってたと思うんですが、現状だとMoralesより優先すべきとまでは言いづらいか。もう少し速球でストライクを取れるようにしないといけないかな。


○ 6/29
Signed a 2011 draft pick LHP Zach Good to a minor league deal, and assigned him to GCL.
Signed a MiLFA IF Alex Valdez to a minor league deal, and assigned him to High-A.

ドラ20のGoodと契約。JuCoの左腕。GCLに行くそう。またWASのAAからリリースされていたA. Valdezと契約。


○ 6/30
Designated OF Mike Cameron for assignment.
Recalled UT Yamaico Navarro from AAA.

CameronがとうとうDFA。McDonaldとどちらを切るかは微妙なところだったけど、まだ貰い手があると踏んだのか?まともな見返りがあるとは思えませんが。結果論だけど、春にPHIが興味を示していた時に出していれば良かった。対左で打てる4th OFというのは必要だったし、それにはフィットはしていたけど、年棒の高さもあるし、リスクもあったわけで。

Y. Navarroがコールアップ。純粋なOFではないけど、一応練習してそれなりにこなせるし、元々McDonaldとのOF5人体制はロスター的にイマイチではあった。同じタイプのSuttonがいるけど、できれば彼を抑えて、ここで定着してくれればと思う。

2011年6月24日金曜日

11' Minor League Season Memo -6/20~6/26-

今週は最も開幕が遅いGCLも開幕です。夏が来たって感じですね。前記事はこちら


○ 6/20 ~GCL Opener~

[AA] : RHP Seth GarrisonがDL入り。
[GCL] : RHP Anatanaer Batistaがリハブアサイン。
[GCL] : RHP William CuevasがDSLから昇格。

[AAA] - Box
M. Foxが4.0 IP/7 H/4 ER。ExpositoとBermudezが2 H。Y. Navarroに第5号。ケガの影響はなさげですね。

[AA] - Offday

[A+] - All-Star Break

[A] - All-Star Break

[A-] - Box
L. Diazが3.1 IP/8 H/7 ER/1 BB/3 K。今季ドラ14のMcCarthyがプロデビューで1.0 IP/0 H/0 BB/3 K。去年までUTだったR. Ramosが投げてますね。投手もこなせるUTになったか(笑)。De La Cruz、Jos. Garcia、M. MoanaroaとShawが2 H。Jos. Garcia、M. Moanaroa、Shawがそれぞれ第1号を放っています。

[GCL] - Box
GCLが開幕です。F. Tavarezが4.0 IP/4 H/1 ER/1 BB/3 K。Y. Ortegaが2.0 IP/0 H/0 ER/0 BB/0 K。先発じゃないのか。VinicioとA. Tavarezが2 H。昨季7 AB/0 H/1 BB/7 KだったPerkinsが1 H/2 BBと良いスタート。

[DSL] - Offday


○ 6/21

[AAA] : OF Che-Hsuan LinがDLから復帰。
[AA] : UT Ryan Khouryがロスター入り。
[AA] : LHP Kyle FernandezがDLから復帰。
[GCL] : C/3B Robert ReyesがGreenville (A)から移動。

[AAA] - Box
Doubrontは5.0 IP/6 H/1 HR/2 ER/4 BB/4 K。このところ被安打、被弾、BBが多い。Nava、J. Iglesiasが2 H。NavaはDFA後、.468打っているそう。相手先発は、元Top ProspectのHomer Bailey (CIN)ですね。ここCIN-AAAはZack Cozart、Juan Francisco、Devin Mesoraco、Todd Frazier、Yonder Alonso、Chris ValaikaとProspect揃い。元BOSのKris Negronも出てますね。

[AA] - Box
Huntzingerが5.0 IP/7 H/2 ER/1 BB/9 K。最近しっかり三振獲れてる。あとは被安打を減らしたい。打線はNYYのDellin Betancesに対し、2.1 IP/4 H/7 R/4 BB/1 Kと打ち込んだ。よしよし。R. Rodriguezが3 H/1 HR (2)。Hazelbaker、Hassan、Chiang、Tejedaが2 H。Tejedaにようやく第2号。DentやMiddlebrooks、T. Thomasが離脱中で、IFの層に欠けていたので、急遽春にリリースしたKhouryを呼び戻しています。さっそくSSで先発。

[A+] - All-Star Break

[A] - All-Star Game
今日はLow-AのAll-Star。Headが1 for 3/1 BB/1 K。Jacobsが2 for 4/1 2B/1 BB/1 K。どちらもしっかりと結果を残しました。Riveraは0.1 IP/0 H/0 BB/0 Kでホールドを挙げています。ちなみに元BOSのRoman Mendez (TEX)は0.2 IP/5 H/2 HR/5 ERと打たれました。

[A-] - Box
Ja. Garciaが4.0 IP/3 H/0 ER/3 BB/3 K。De La Cruz、Shaw、B. Moanaroa、Schwindenhammer、Blair、Turocyと2 H。B. Moanaroaに早くも第2号。

[GCL] - Box
個人的に期待のS. Gomezが1.0 IP/4 H/5 ER/3 BB/1 K。あらら。次回に期待です。09年のドラ18ながら、BAでドラフトの#150にランクされていたParthemoreがプロデビュー。昨季はケガでデビューが遅れていました。3.0 IP/2 H/0 ER/1 BB/3 K/4-1 GO/AOとソリッドでした。今後が楽しみです。打線はマルチなしも、Perkinsが1 H/1 2B。良いカンジです。

[DSL] - Box
E. Garciaが4.2 IP/2 H/0 ER/4 BB/4 K。またDSL2年コースかな。昨年獲ったInt. FAの中じゃ期待度は高かったはずなんですが。良いInt. FAが欲しいです。A. Garciaが3 H。A. Suarezは2 H/2 2B。捕手だしなかなか良いカンジ。


○ 6/22

[AAA] : RHP Clevelan SantelizがDL入り。
[AAA] : RHP Blake MaxwellがPortland (AA)から移動。
[AA] : RHP Santo Luisがロスター入り。

[AAA] - Box
Duckworthが5.2 IP4 H/4 ER。もういいでしょ。FifeとA. Wilson上げましょうよ。Y. Navarroは復帰後あまり打てていないけど、2 BBを選んでいる。Linが第1号。Vitekよりも先に打ちましたね。

[AA] - Box
A. Wilsonが5.2 IP/4 H/0 ER/3 BB/8 K/4-2 GO/AO。相手先発は元Top ProspectのAlan Horne (NYY)ですね。08年だったかな、Phil HughesとJoba Chamberlainに続く、NYYのNo.3 Prospectだった選手。ケガで昨季も全休で、今季初登板も1死も取れず。Hassanが3 H。Khouryが2 H/1 2B/2 BB。良いカンジでリスタートを切っています。

[A+] - All-Star Break

[A] - All-Star Break

[A-] - Postponed (Rain)

[GCL] - Box
AlcantaraのウチMarioの方、M. Alcantaraが先発。5.0 IP/8 H/5 ER/0 BB/2 Kと打たれています。N. Robinsonが2 H。Vinicioはあまり打ててないな。

[DSL] - Box
Osorioが初先発。4.0 IP/4 H/1 ER/1 B/4 Kとまずまず。Agueroが3 H/1 2B。Del Rosario、Sopilkaが2 H。


○ 6/23

[AAA] : RHP Michael Bowdenがオプション。
[A] : C/3B Carson BlairがLowell (A-)から再昇格。
[A-] : C Leonel EscobarがGreenville (A)から移動。

[AAA] - Box
Millwoodは6.0 IP/5 H/2 ER/3 BB/7 K。Spearsが3 H。Nava、Larsが2 H。

[AA] - Box
Balcom-M.が5.0 IP/6 H/3 ER/4 BB/4 K。AAに上がってBBが多いのは気になる。昨日のDellin Betancesに続き、今日もNYYのManny Banuelosを打って欲しかったんですが、5.0 IP/3 H/1 HR/2 R/1 BB/6 K。Springが2 HでBanuelosから第2号を放ってます。TBをリリースされてウチに来たけど、なかなか打ってる。Hassanも2 H。All-Starの前に開催されるFuture Gameのロスターが発表になりました。ウチからはAAのMiddlebrooksとChiangが選ばれています。USチームのMiddlebrooksは全国区で目立って欲しいですね。WorldチームのChiangはSuper Prospect揃いの中に選ばれたのは名誉ですね。まぁできるだけ色々な国から選んでいるんだろうけど、ガンバって欲しいです。あとSDに行ったReymond Fuentesも選ばれてる。

[A+] - Box
Brittonが2.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/3 K。取りあえず、イニングは短くしても抑えさせようという配慮か?Vitekが2 Hにようやく第1号。ドラ1なんだし、10 HRは超えるようにペース上げてください。ButlerとGentileが2 H。

[A] - Box
Couchが6.0 IP/3 H/2 ER/0 BB/6 K/8-3 GO/AO。地味にとても良い。注目され始めてます。C. Vazquezが2 H/2 HR (7,8)。HeadとF. Sanchezが2 H。X. Bogaertsが1 H/1 3B/1 BB。落ち始めたかと思ったけど、今日もガンバってる。

[A-] - Box
Leeは5.0 IP/3 H/0 ER/1 BB/6 K。AAでなら素敵な内容ですね。Cervenkaは3.0 IP/3 H/2 ER/2 BB/3 K。Cecchiniは0 Hも2 BB。

[GCL] - Box
R. AlcantaraがUSデビューで、5.0 IP/1 H/0 ER/1 BB/4 K/8-3 GO/AO。やっぱりMarioより良さそうだ。Schmetlzer、A. Jonesというところもデビュー。

[DSL] - Box
Bonnellyが6.0 IP/0 H/0 ER/3 BB/3 K。打線はマルチなし。


○ 6/24

[AAA] : RHP Scott Atchisonがコールアップ。
[A] : RHP Brandon WorkmanがDL入り。
[A] : RHP Kyle StroupがDL入り。
[A] : RHP Dennis NeumanがSalem (A+)から移動。
[A] : IF Drew DominguezがSalem (A+)から移動。
[DSL] : RHP German Teverasがロスター入り。

[AAA] - Box
Weilandは5.0 IP/3 H/2 ER/4 BB/1 K/8-3 GO/AO。K/BB以外は文句なし。5.0 IP/7 H/5 R/1 BB/6 KのBrad Lincoln (PIT)には投げ勝ったかな?Linが3 H/1 2B。Lavarnwayが2 H/2 2B。MLBでどれだけ打つか楽しみ。Weilandもそうだけど、彼もこの冬Rule5ドラフト対象なので。上が貧打のOFで使えないかなぁとも最近思ったりしてる。

[AA] - Box
Pimentelが3.0 IP/3 H/2 ER/2 BB/2 K。7月は盛り返して欲しい。Clayが4.0 IP/5 H/2 ER/1 BB/4 K。最近イニングを多めに投げている。R. Rodriguezが2 H/2 2B。TOR-AAもタレント豊富ですな。

[A+] - Box
P. Ruizが2.2 IP/4 H/2 ER。Volzは2.0 IP/1 H/2 ER/1 BB/1 K。Mailmanが3 H/2 2B。S. Wilkersonが2 H。OF勢がまずまず。そういやHisseyをしばらく見てないけど、お休み中?

[A] - Box
WorkmanがStroupと共にDL入りでC. Martinが先発。Stroupはハムストリングみたいですが、Workmanはリフレッシュ休暇だと思われます。Headが第15号。All-Starも終わったし、ぼちぼちHigh-Aに上げませんか?H. Ramosに第3号。

[A-] - Box
Veletteが3.0 IP/7 H/4 ER/1 BB/3 K。T. Wilsonは4.0 IP/5 H/1 ER/2 BB/3 K。M. Johnsonが4 H/2 2B。Cecchini、B. Moanaroaが2 H。Jos. Garciaに第2号。

[GCL] - Box
Dahlstrandが2.0 IP/4 H/2 ER/0 BB/3 K。Y. Ortegaが1.0 IP/0 H/0 BB/2 K。O. Perezが3 for 3/1 2B/1 HR (1)。

[DSL] - Box
P. Reyesが6.0 IP/6 H/2 ER/2 BB/3 K。A. SuarezとAl. Gonzalezが2 H。


○ 6/25

[AA] : RHP Bobby Jenksがリハブアサイン。

[AAA] - Box
M. Foxが4.0 IP/5 H/4 ER/5 BB/0 K。もういいよ...。Y. Navarroが2 H。まだスウィングは本調子じゃないらしいけど、大分取り戻してきたか。Lavarnwayが第3号。

[AA] - Box
Jenksがリハブ開始。1.0 IP/1 H/1 K。Fifeが4.0 IP/8 H/4 ER/5 BB/4 K。ボロボロ。Federowiczが2 H。Chiangに第12号。

[A+] - Box
C. Hernandezが6.0 IP/5 H/2 ER/1 BB/3 K/11-2 GO/AO。再び4.0 IP/3 H/1 R/4 BB/4 KのDrew Pomeranz (CLE)相手に互角以上の好投だったんですが、打線が今日もダメ。VitekとKangが2 Hずつで終わり。

[A] - Box
Celestinoが6.0 IP/3 H/2 ER/1 BB/2 K。C. Vazquezが3 H/1 2B/1 HR (9)。ここのところ好調。RenfroeとMeneses、Hedmanが2 H。

[A-] - Box
Younginerが3.0 IP/5 H/2 ER/3 BB/3 K。全然ダメですね。De La Cruzが3 H。やっと調子が出てきた。ShawとM. Johnsonも2 H。Thompsonは開幕以来でていないけどどうしたんでしょうね。

[GCL] - Box
F. Taverasが6.0 IP/6 H/4 ER/0 BB/2 K。あまり良くない。Parthemoreは1.0 IP/1 K/2-0 GO/AO。まだサンプルが少なすぎるけど、ここまでは良い感じ。Perkinsが3 H。

[DSL] - Box
J. Fernandezが5.0 IP/4 H/2 ER/4 BB/2 K。Agueroが2 H。


○ 6/26

[A-] : 3B Will Middlebrooksがリハブアサイン。
[GCL] : RHP Anatanaer Batistaがリハブ終了。
[DSL] : RHP Jonathan Aroがロスター入り。

[AAA] - Box
Doubrontが6.0 IP/7 H/4 ER/2 BB/3 K。最近良くない。J. Iglesiasが3 H/1 2B。Lin、Lavarnwayが2 H。

[AA] - Box
Huntzingerは4.0 IP/7 H/6 ER/2 BB/4 K。Deningが1 H/2 BBとガンバった。

[A+] - Box
Presslyが6.0 IP/8 H/3 ER/0 BB/3 K。TEXのRobbie Ross相手にはVitekの2 Hのみで、他は1 BBすら選べず。リリーフ相手にBrentzが第4号を放ってる。

[A] - Box
Riveraは7.0 IP/5 H/0 ER/0 BB/6 K。Menesesが3 H。Head、Jacobs、C. Vazquezが2 Hずつ。8回には、Jacobs (10)、C. Vazquez (10)、X. Bogaerts (2)が3連発。

[A-] - Box
L. Diazが5.0 IP/2 H/0 ER/0 BB/5 K。今日は良かった。Jos. GarciaとJoa. Garciaが2 H。リハブ開始のMiddlebrooksは1 H/1 HR (1)/1 BBとさすが。Schwindenhammerが27 AB/3 H/1 2B/1 HR/3 BB/20 Kと酷すぎるんですが...

[GCL] - Offday

[DSL] - Box
E. Garciaが3.0 IP/5 H/0 ER/0 BB/3 K。Aroという投手がロスター入りしてデビューしてます。


☆ Hitter of the Week - Christian Vazquez, C (A); 4 G/15 AB/7 H/1 2B/4 HR/5 R/7 RBI/1 BB/3 K

☆ Pitcher of the Week - Luis Bastardo, RHP (A-); 2 G/5.2 IP/1-0 W-L/0.00 ERA/0 R/0 ER/1 H/2 BB/9 K/2.50 GO/A0

2011年6月23日木曜日

Former Sox Prospect Review: Brandon Jacobs, LF

今回は、現在Low-Aで絶好調の、Brandon Jacobs。打撃、パワー、選球眼、スピードと攻撃面のツールがいずれも素晴らしく、打てない高卒ドラフト選手の多いBOSの中では文句なしの成績を残しています。


[Player Data]

Name: Brandon Jacobs (ブランドン・ジェイコブス)
Full Name: Brandon Foster Jacobs
Positions: LF/CF/RF
Born: December 8, 1990
Birthplace: Lilburn, Georgia
Height: 6-1
Weight: 225
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 10th round, 2009
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $750,000
High School: Parkview HS (GA)
How Left: Traded to Chicago White Sox for Matt Thornton (July 2013)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

取り立てて長身ではないが、フットボールをプレーしていただけあって、年齢の割に非常に筋肉がついている。傘下でも有数のパワーポテンシャルを持ち、既に完成されたその肉体から、既に素晴らしいパワーを発揮している。甘い球をしっかり叩いているが、まだ穴は多く、多くの三振を喫している。入団当初はディシプリン面がほとんど磨かれていなかったが、この部分に関しては長足の進歩を遂げている。またフットボールでもRBを務めていただけあって、体格の割に素晴らしくスピードがあり、十分に平均以上だ。肩は平均レベル以下だが、強化に取り組んでいる。そのスピードからレンジは広く、時折CFの守備に就くが、基本的にはLFタイプだ。


[Background]

09年のドラフトでは、RBとしてAuburn大でフットボールをプレイするコミットがあったため、ドラ10までスリップした。ドラフト時のランキングはPG #213。ドラフト直後にドラ2相当の契約金で契約と噂が流れるが、結局契約期限ぎりぎりまで契約せず。ただこれは恐らく合意はしたけど、オーバースロットだったため、MLBのコミッショナーから、発表をすることを止められていたんだと思われる。


[Profile]

09' : GCLでプロデビューも、契約が遅かったため、たった24 AB。

10' : SS-A Lowellでプレーし、AVG .241も後半にアジャストの気配を見せる。秋のFILでもその成長はインプレッシブだった。

11' : 前年から成長していると話題に上がっていたが、そのポテンシャルが開花。Low-A GreenvilleでAVG .303に加え、17 HR/30 SB。パワーだけでなく、スピードや選球眼の才能も見せつけた。

12' : High-A Salemで、手首のケガに悩まされたことはあるが、やや浮き沈みの激しいシーズンに。5、7月は好調で、他は不調とくっきり。後半戦は9 HRとパワーを見せた。

13' : High-Aで開幕も、低調なパフォーマンスだったが、6月に入り調子を上げていった。HRもシーズン半ばで11本に到達。ショーケースに並べる意味もあったのだろうが、AA Portlandに昇格。

13' July : Matt Thorntonの見返りでCWSへトレード。

13' : 移籍後はAAで30%超える三振率と、コンタクトに悩まされている。

14' : LAA、ARI、CWSのMark TrumboやTyler Skaggsなどに絡んだトレードでシーズン前にARIへ。再びHigh-Aに戻されるが、打者有利のCalifornia Leagueでのプレーにも関わらず苦戦。16 HRは二塁打や三塁打より多く、パワーは見せていた。

15'-16' : 独立リーグでプレー。


[Comment]

ハイアベレージを残しているけど、BABIPの高さと三振の多さから、現状の成績はそのまま受け取られてはいない。ただ選球眼、パワー、スピードといった部分も見せてるし、オフェンスのトータルパッケージに優れた選手になれると思う。速く昇格させたい成績ですが、その辺の問題もあるし、焦らずしっかり実力をつけて、階段を上がって来て欲しいですね。

(13年追記)上限は高い選手だけど、Rule 5を控えており、トレード候補かなとは思っていた。LF専門なのはやや難しいところだけど、パワーは十分にあるはず。打者有利のCWSなら彼向きかもですね。

2011年6月21日火曜日

11/06/20 Game72 vs San Diego Padres ~Andrew Miller's Debut for Sox~



Game Review書くのはホント久しぶりです。試合見てないことも多いし、bmbさんとこや、BFさん、Nomar5さんのブログで、毎日の試合は詳しくレポートされているので、あんまし自分で書くこともないからなんですが、今日はたまたまA. MillerのBOSでのデビュー戦を見れたし、上の写真が気に入ったので(笑)、ちょっとMillerの経歴を振り返りながら。

Millerは典型的ないわゆる球は速いけど、的な選手。スタッフは06年のドラフトでも、ボーナス要求がなければ全体1位指名と言われるほどでした。D. BardとUNCで同僚だったのは有名な話。全体6位でDETに指名されMLB契約。その年にはMLBデビューしますが、お決まりの制球難。球威はあり、その後もTop Prospectと見られてはいるものの、MLBには定着できない状態が続き、07年オフにはMiguel CabreraとのトレードでFLAへ。ここでも制球に悩み、メカニクスをいじったりもして、徐々に球威と評価を下げていきました。

昨オフにはBOSがトレード獲得したのち、一旦Non-tenderしたんですが、BardからBOSの話を聞いて再契約したらしいです。STでは、メカニクスを気にせず思った通り投げさせるというCurt Youngコーチの指導で、球威と自信を取り戻し、AAAスタートとなるも、腐らずにAAAでしっかりした投球を続けました。開幕から、まぁさすがにこんなもんか、というカンジでかなりBB自体は出していたのですが、初回になかなかストライクゾーンを見つけられないということから、試合前のブルペンで「シュミレーションゲームのように少し長めに1 IP程度を想定して投げ、一度休んだ後、2回のマウンドに登るイメージで先発する」というBOSアドバイスがピタリとはまり、以降は4 GS/25.1 IPでたったの3 BB。6/15にはOpt. Outできる条項があったのもあり、とうとうコールアップされています。ちなみに6/15を前に、NYYなどが、Opt. Outして自分のところにおいでと誘った(ちなみに禁止されている行為です)にも関わらず、BOSを信頼して残っています。

前置きが長くなりましたが、今日の試合はまずまずこれまでのレポート通り。さすがにMLBデビューしてから長いだけあって、特に緊張する様子もなく、AAAでの成果をそのまま出せたんじゃないかな。速球は92~96 mphというところ。コマンドはやはり構えたところにはほとんど行かないというようなカンジではあったけど、ストライクが入らないという状態ではなかった。少し沈んでいるようで、AAAのときと同様に多くのゴロを打たせており、ランナーを出しても、大崩れしなかった要因だと思う。

スライダーは80 mph弱というところ。AAAでのレポートでは"nasty(いやらしい)"と聞いていたが、速球の球速を考えれば、球速的には遅い部類に入り、スラーブという呼び方が相応しいと思う。クラシックな12-to-6のカーブのような縦への変化よりは横方向への変化が大きく見える。Anthony Rizzoの第1打席の空振りを奪ったボールなんかは割と良く見えたけど、やはり時折高目に浮いて危険なボールになっているように見える。

チェンジアップに関しては、あまり良い評判を聞いていなかったけど、思ったより多く投げていて、球速的には80 mph中盤というところ。逆にこちらは球速的にはかなり速く、また変化も小さかった。少し球速を出しすぎているから、変化が小さいのだと思うが、今日見た印象だと、それが逆に速球だと思って振る打者に効果的だったような気がした。こちらも高目に浮くことはあるし、もう少し球速を落として落差を大きくし、緩急をつけられた方がいいのかもしれないが、スプリッターのような感覚で使うならこれでも悪くないかもとも思う。Randy Johnsonも緩い球は使わずに、速球、スライダーに時折スプリッターを混ぜるようなスタイルだったと思うし。

今後としては、自分的にはやはりスライダーを磨くことが第一かと思う。速球は左腕としては非常にスピードがあるけど、多く空振りを奪うよりはゴロを打たせる球筋に見える。ボール球ははっきりとそうわかるし、あまりコースをついても仕方ないので、できる限り低めに集めながら、どんどんストライクゾーンに投げた方がいいのでは。ある程度ヒットは打たれるだろうが、ゴロを打たせている限り、致命傷にはなりづらいし、すぐにエース級の投球を求めている訳でもないので。その上で、追い込んだ時には、スライダーで三振が奪えればいいと思う。

全般的に見れば、やはり貧打のSD打線に助けられた感は否めないし、まだ今年1年先発ローテを守れるようには見えないのだけど、取りあえずMLBの先発で通用するスタッフはあるところは見せたし、初登板としては合格かと思う。

そういえば、Rizzoくんお帰り。21歳だし、まだまだ磨くところは多いだろうけど、自信と風格があって、すでにSDの近未来の1Bとして、ゆるぎない存在感がある感じがします。肩も強いですね~。A-Gonの後釜としてFAで来てくれたらなとか思うけど、まだ早いですね(汗)。ケガだけは気を付けて、すくすく育ってもらいたいです。

2011年6月20日月曜日

11' GCL Red Sox (Rk) Opening Roster

最後はRkのGCL Red Soxのロスターです。若い選手が多いんだけど、ドラフトの高校生はまずここにこないし、S. Gomez、O. Perez、Vinicio、Perkinsらは本来、もっと上のレベルにチャレンジしてもらわないと困るんですが。まだ未確定なので、いずれ更新します。


[Pitchers]

LHP Francisco Taveras
RHP Sergio Gomez
RHP Mario Alcantara
RHP Raul Alcantara
RHP William Cuevas

RHP Renny Parthemore
RHP Yunior Ortega
RHP Jacob Dahlstrand
LHP John Killen
RHP Jennel Hudson
RHP Alexander Mateo
RHP Brenden Shepard
RHP Corey Vogt
RHP Andrew Jones
RHP Jadd Smeltzer
RHP Michael Olmsted
RHP Matt Kramer
RHP Matthew Price

S. Gomezは昨季、16歳にしてGCLの開幕投手を務めた。できれば、SS-Aに行って欲しかったけど、もう1年ここで投げるようだ。あとは、Y. Ortega、R. Alcantara、M. AlcantaraのDSL組に期待。もう1枠は未確定だが、F. TaverasかParthemoreか。Dahlstrandも長身のシンカーボーラーで少し気になる。M. Priceはロスターに入ってるけど、TJだし、投げれるのか?


[Hitters]

C Oscar Perez
1B David Chester
2B Aneury Tavarez
3B Dreily Guerrero
SS Jose Vinicio
LF Kendrick Perkins
CF Jesus Loya
RF Jose Colorado

C Zach Kapstein
C Carlos Coste
IF Matt Geddman
IF Nick Robinson
IF Nick Natoli
OF Jeremias Pineda

O. Perez、Vinicio、Perkinsらには、早く上のレベルに行けるよう活躍してもらいたい。DPLから契約の、A. Tavarezと、昨季DSLでまずまず打った、Loyaも少し期待している。

Former Sox Prospect Review: Wilfred Pichardo, OF/2B

今回は、傘下でもトップクラスのスピードを持つ、Wilfred Pichardo。少しケガに悩まされており、今ではボーダーラインのProspectですが、コンタクト能力も高く、割と好きな選手。



[Player Data]

Name: Wilfred Pichardo (ウィルフレド・ピチャード)
Full Name: Wilfred Enrique Gilbert Pichardo
Positions: 2B/CF/RF/LF
Born: October 21, 1989
Birthplace: Santo Domingo, Dominican Republic
Height: 5-9
Weight: 150
Bats: Both
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (August 2006)
Signing Bonus: Not Announced
How Left: Released (March 2012)
Player Link: MiLB.comFan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

非常に小柄な、いわゆるスピードスタータイプ。ややクラウチング気味のクローズドスタンスで構える。コンタクト能力には優れるが、ほとんどパワーがない。バントも習練が必要だ。スピードでは傘下でもトップを争うほどで、20-80の80に近いレベルだ。守備面ではかつては2Bだったが、エラーが多かったため、スピードを生かせるOFに転向している。肩は平均レベルだが、その走力からレンジが広く、また経験の浅さの割に、コース取り、飛びつき等のスキルに優れていると言われる。


[Background]

特に無し。


[Profile]

07' : 07年にDSLでデビュー。この時は2Bでプレーしており、18エラーを記録。

08' : 前年のDSLでは、AVGも平凡ながら、まずまずボールを見るのと、そのスピードを買われ、08年にはGCLでUSデビューした。尻上がりに調子を上げ、GCLでAVG .300近く打つと、GCLのシーズン終了後にSS-A Lowellに昇格。

09' : 引き続きSS-Aでプレーし、AVG .302に32 SB。パワーはないが、まずまずのコンタクトと優れたスピードを持つスピードスタータイプと少し注目された

10' : Low-A Greenvilleに昇格するが、アジャストできず、途中でケガもあったか、GCLに送られてシーズンを終えた。

11' : Low-A/High-A Salem/AAA Pawtucketと複数のクラスを控えとしてたらい回し。下層のOFは豊富で席がなかったカンジ。

12' Mar. : STでポジション争いに敗れ、リリース。


[Comment]

昨季でもうダメかなと思ったけど、今季はまだサンプルは少ないが、High-Aでまずまず打っている。パワーはどのみち期待できないので、バントで出塁したり、選球眼をもう少し磨けば、それなりに有用だとは思うのだが。

(12年追記)ショートシーズンクラスではなかなかコンタクトの良い選手で期待していたけど、フルシーズンクラスに上がってからは結果を残せず。限られた期間でも、当てることに関してはそれなりのものを見せていたが、ややケガが多く、BOSのOF Prospect豊富さもあって、継続的に機会が得られなかったのは少し残念だった。

11' Minor League Season Memo -6/13~6/19-

今週はSS-A Lowellが開幕します。今季はオーバースロット契約にさらに厳しいようなので、今季のドラフト組はあまり見られないかもしれませんが、Cecchiniなど、昨季のドラフト組のデビューも楽しみです。前記事はこちら


○ 6/13

[AAA] : C Michael McKenryをPITへトレード。
[AAA] : OF Darnell McDonaldがリハブ終了。
[AAA] : CF Che-Hsuan LinがDL入り。
[AAA] : UT Drew Suttonがオプション。
[AAA] : C LavarnwayがPortland (AA)から昇格。
[AA] : C Matt SpringがSalem (A+)から昇格。
[A+] : OF Bryce BrentzがDLから復帰。
[A+] : C Josue PeleyがGreenville (A)から昇格。
[A] : IF Drew DominguezがPortland (AA)から移動。

[AAA] - Box
Weilandが5.1 IP/6 H/4 ER/4 BB/4 K/5-4 GO/AO。6回に少し乱れた。内野安打や、後続のM. Foxが打たれたりもあったので、心配するほどでもないけど、今日もBB多いな。Moralesは0.2 IP/2 BB/1 K。不安。LavarnwayがAAAデビュー戦で2 H/2 2B。やっぱり彼を上げてきましたね。SpearsとBermudezも2 H。

[AA] - Offday

[A+ (Game1)] - Box
Ranaudoが5.2 IP/3 H/1 ER/3 BB/4 K/9-2 GO/AO。K/BBを上げていきたい。打線はL. J. House (CLE)にHisseyの1 Hのみ。

[A+ (Game2)] - Box
Ebertが4.0 IP/3 H/1 ER。Mailmanが2 H/1 HR (5)。最近なかなか良い。Brentzが復帰していますね。AAAに上がったLavarnwayの代わりにAAに上がったのは、M. Wagnerではなく、Spring。M. Wagnerは、今日はダブルヘッダーにも関わらず、出てないけどケガ?それとも見切られたか?

[A] - Box
Couchが6.0 IP/3 H/0 ER/0 BB/6 K。Top Prospect達にこういう投球を期待してるんですがね。LeBlandが3 for 3。

[DSL] - Box
J. Fernandezが5.0 IP/3 H/1 ER/1 BB/4 K。Rondonが第1号を放っています。


○ 6/14

[AAA] - Box
A. Millerが5.1 IP/5 H/1 ER/1 BB/10 K/3-1 GO/AO。96球で61ストライク。常時93 mph、最速96 mph。三振が多くて、長いイニング投げられなかったけど、今日も1 BB。Opt. Outが気になっていたけど、どうやらコールアップされるようで。SD戦でローテに入るようです。Wakeが押し出されるのかな?A. Millerも先発でいけそうだけど、Wakeは今日も良い投球してたし、Hottovyがやはり少し苦しいかと思えるので、リリーフで使いたい気もしますが。Navaが2 H。Reddickが昨日、守備で壁に激突してお休み。

[AA] - Box
Fifeは6.0 IP/10 H/3 ER/1 BB/4 K。早くも7勝目。もう少しドミナントピッチを期待したいですが。Padronが2 Hに第5号。9番を打っていますね。Tejedaが2 H。R. RodriguezがAAでの第1号。

[A+] - Box
C. Hernandezが6.0 IP/5 H/5 ER/2 BB/6 K。9-1 GO/AOも2 HRを浴びています。失投すると打たれるタイプかな。調子を上げているMailmanが4番に座り、2 H。しかし打てないクラスだ。Vitekは失敗では、という声が強くなってきている。

[A] - Box
Workmanが4.0 IP8 H/3 ER/1 BB/4 K。こちらも酷い。期待を裏切っています。Headが4 H。速くHigh-Aの救世主になって欲しい。C. Vazquez、Jacobsが2 H。

[DSL] - Box
今日はみんなダメ。E. Garciaは2.0 IP/4 H/3 ER/3 BB/1 K。A. Peraltaが3 H。Del Rosario、A. Suarezが2 H。


○ 6/15

[AA] : IF Tony ThomasがPawtucket (AAA)から移動。
[A+] : C Mark WagnerがDL入り。
[A+] : RHP Pete Ruizがロスター入り。
[A] : C Leonel EscobarがDLから復帰。
[A-] : C/3B Carson BlairがGreenville (A)から降格。
[A-] : IF Jason ThompsonがGreenville (A)から降格。

[AAA] - Offday

[AA] - Box
Huntzingerは3.1 IP/8 H/5 ER/1 BB/3 K。2回ほど良かったけど逆戻り。Chiangが11号。Jacob Turner (DET)に6.0 IP/3 H/2 R/3 BB/3 K。

[A+] - Box
Brittonが2.0 IP/3 H/2 ER/1 BB/2 K。2回しか投げてないのは一体。DL入りの予感。Butlerが第9号。2 Hってどんだけ打てないんだお前らは...BrentzもDL明けは打ててないですね。

[A] - Box
Stroupは4.0 IP/4 H/1 ER/0 BB/3 K。ERA4点台まで戻してきました。Erasmusが1.0 IP/2 Kで初セーブ。なかなかガンバっています。Head、H. Ramos、X. Bogaerts、Escobarが2 H。X. Bogaertsは良いカンジですね。

[DSL] - Box
Montasは4.0 IP/1 H/1 ER/3 BB/4 K。Osorioは1.2 IP/4 H/4 ER/3 BB/2 K。D. LopezとA. Gonzalezが3 H。Del Rosarioが2 H。なんかポジティブな要素が0の一日でしたね。


○ 6/16

[AAA] : UT Yamaico NavarroがDLから復帰。
[A] : 2B Sean CoyleがDLから復帰。
[A-] : SS Jose GarciaがGreenville (A)から降格。

[AAA] - Box
Doubrontは5.0 IP/6 H/2 HR/2 ER/2 BB/6 K。Luna、Nava、Lavarnwayが2 H。Y. Navarroが復帰して1 H。上ではLowrieが再び肩を痛めましたが、Suttonが途中交代しているので、Y. Navarroではなく、彼が呼ばれる模様。

[AA] - Box
A. Wilsonは5回に打たれ、5.0 IP/5 H/3 ER/3 BB/5 K/6-0 GO/AO。来年はリリーフ転向かな。Hazelbaker、T. Thomas、Friasが2 H。Hassanに第6号。

[A+] - Box
田澤が3.0 Ip/2 H/1 HR/1 ER/0 BB/2 K。もう上に戻れると思うけど、球威低下でHigh-Aで被弾しているようでは。Volzが1.0 Ip/1 H/1 K。打線は今日も出だしは良くなかったけど、3回に捉え始めて、16 H/10 R。Butler、Gibsonが3 H。S. Wilkersonが2 Hに第8号。Vitek、Pichardo、Almanzarも2 H。

[A] - Box
Riveraは6.0 IP/3 H/0 ER/1 BB/5 K。まただいぶ良くなってきた。年齢を考えれば、今季中にHigh-Aに上げたいが。X. Bogaertsが2 H/1 2B。サヨナラのランナーになったみたい。Jos. GarciaがSS-Aへ移ったので、このままLow-Aでプレーすることになりそう。.280打てば、来季の全体Top100に名前を連ねるでしょう。

[DSL] - Postpone (Rain)


○ 6/17 ~SS-A Opener~

[AAA] : UT Drew Suttonがコールアップ。
[A+] : IF Drew DominguezがPortland (AA)から移動。
[A-] : RHP Mike Leeがリハブアサイン。

[AAA] - Box
Duckworthが、3.2 IP/4 H/2 ER。ぼちぼちA. Wilsonあたりとリプレースして欲しいな。Lavarnwayが3 for 3/1 BBにAAAでの初HRを含む2 HR (1,2)。Reddickが2 H/2 HR (13,14)/1 BB。Navaが2 H。Navaはやっと.250を越えてきた。

[AA] - Box
Balcom-M.は3.2 IP/5 H/2 ER/5 BB/4 K。珍しくBB多いな。Chiangが2 H。

[A+] - Postponed (Rain)

[A] - Box
Celestinoは6.0 IP/5 H/0 ER/1 BB/4 K。HeadとX. Bogaertsが2 H。Jacobsに第9号。H. Ramosに第2号。

[A-] - Box
リハブのLeeが先発で2.2 IP/2 H/2 ER/3 BB/2 K。Cervenkaが3.1 IP/5 H/3 ER/2 BB/3 K。う~ん。Cecchiniが2 H/1 2B/1 SB (1)と幸先良いスタート。Schwindenhammerが1 H/1 BBで第1号。こちらも開花に期待。Daegesが2年以上ぶりにゲームに戻ってます。0 for 3/1 BB/1 K。

[DSL] - Box
Bonnellyが5.0 IP/4 H/0 ER/2 BB/3 K。A. Garcia、Rondon、Agueroが2 H。


○ 6/18

[AAA] : OF Josh Reddickがコールアップ。
[AAA] : OF Matt SheelyがDLから復帰。
[AA] : IF Tony ThomasがDL入り。
[AA] : IF Drew DominguezがSalem (A+)から移動。
[A] : C/3B Roberto ReyesがXSTからロスター入り。

[AAA] - Box
Millwoodが7.2 IP/4 H/1 ER/1 BB/6 K。さすがですね。J. Iglesiasが3 H/1 2B。長打やっと2本目。

[AA] - Box
Balcom-M.は3.2 IP/5 H/2 ER/5 BB/4 K。珍しくBB多いな。Chiangが2 H。
Pimentelが2.0 IP/3 H/1 ER/0 BB/0 K。2回で引っ込んでる。PadronとFriasが2 H。

[A+ (Game1)] - Box
Presslyが4.1 IP/6 H/2 ER/4 BB/2 K。なかなか良くならないな。Brentzが3 H/1 2B/1 HR (3)。Vitekが2 H。

[A+ (Game2)] - Box
Ranaudoは5.0 IP/5 H/2 ER/2 BB/5 K。もう一歩ドミナントな成績に期待したい。Almanzarの1 Hのみ。

[A] - Box
Couchが5.0 IP/4 H/1 ER/1 BB/6 K。安定してる。Jacobsが2 H/1 2B/2 BB。そろそろ落ちてくるかなと思ってたけど、安定して打ってる。Coyleに第6号。X. Bogaertsに第1号が出ています。みんなX. Bogaertsに熱狂中。Hanley Ramirez以降、最高のInt. FAなんて声も。

[A-] - Box
Veletteが5.0 IP/5 H/0 ER/1 BB/2 K。T. Wilsonが4.0 IP/3 H/1 ER/0 BB/2 K。B. Moanaroaに第1号。

[DSL] - Box
P. Reyesが5.2 IP/4 H/0 ER/1 BB/5 K。打線はマルチなし。


○ 6/19

[AAA] : LHP Andrew Millerがコールアップ。
[GCL] : IF Nick NatoliがLowell (A-)から移動。

[AAA] - Box
Weilandが5.0 IP/3 H/2 ER/1 BB/7 K/6-3 GO/AO。HR打たれたけど、今日はK/BBも良かった。Navaが2 H/1 2B/1 BB。Larsは上がってきませんね...

[AA] - Box
Fifeが6.2 IP/5 H/1 ER/2 BB/3 K/9-2 GO/AO。AAAはA. Millerの枠が空くし、上がるかもですね。R. Rodriguez、Tejeda、Padronが2 H。

[A+] - Cancelled (Rain)

[A] - Box
Workmanが3.0 IP/3 H/0 ER/0 BB/4 Kと今日はまずまずだったものの、3回で引っ込んでしまいました。C. Vazquezが3 H/1 HR (6)。Menesesが3 H。Headに第14号。

[A-] - Box
Younginerの今季初登板。3.0 IP/3 H/2 ER/2 BB/1 K。昨年から進歩してないな。Low-Aに行けないのも当然か。Ogandoは年齢は高めだけど、DSLからこちらに来たちょっと気になる右腕。5.0 IP/4 H/1 ER/2 BB/1 K。こちらも出足はもう一歩か初出場のM. Johnsonが2 H/1 3B。やはりスピードがありそう。

[DSL] - Box
ゲーム中。J. Fernandezが4.0 IP/3 H/1 ER/1 BB/3 K。Betancourtが5.0 IP/2 H/0 ER/0 BB/2 K。A. Garciaの1 Hのみも、2-1で勝利。


☆ Hitter of the Week - Ryan Lavarnway, C (AAA); 6 G/24 AB/10 H/3 2B/2 HR/5 R/6 RBI/3 BB/8 K

☆ Pitcher of the Week - Keith Couch, RHP (A); 2 GS/11.0 IP/2-0 W-L/0.82 ERA/2 R/1 ER/7 H/1 BB/12 K/1.11 GO/A0

11' Lowell Spinners (SS-A) Opening Roster

SS-AのLowell Spinnersのロスターです。何といってもYounginerとCecchiniが楽しみ。Matt Barnes、Jackie Bradley Jr.、Noe Ramirezなど上位のカレッジ選手が早めに契約すればもっと面白くなりそう。


[Pitchers]

RHP Mike Lee (Rehab)
RHP Raynel Velette
RHP Madison Younginer
RHP Luis Diaz
RHP Jason Garcia

LHP Hunter Cervenka
RHP Tyler Wilson
LHP Miguel Pena
RHP Branden Kapteyn
RHP Nefi Ogando
RHP Luis Bastardo
RHP Swen Huijer
LHP Kevin Brahney
RHP Michael McCarthy
RHP Christopher Huseby

Younginerは本来Low-Aで投げていてもらわないと困るんですが、ケガもありこちらへ。同期のZack Wheeler (SF)、Shelby Miller (STL)やJacob Turner (DET)はすでにHigh-AやAAに達してるんですが。若いVeletteとJa. Garciaも気になる。Cervenka、T. Wilsonはここで成績を残さないとリリースの可能性大。先発は確定していないが、今季ドラ6のM. Penaもまずまず楽しみだし、DSLからGCLをスキップしたOgandoも興味深い。*最初D. Reyesがアサインされていましたが、外れているようです。


[Hitters]

C Carson Blair
1B Boss Moanaroa
2B Jason Thompson
3B Garin Cecchini
SS Jose Garcia
LF Seth Schwindenhammer
CF Keury De La Cruz
RF Andrew Turocy

C Jayson Hernandez
C Tim Roberson
IF Joantoni Garcia
IF Nick Natoli
3B Travis Shaw
UT Roberto Ramos
LF/1B Moko Moanaroa
OF Matty Johnson
OF Zach Daeges (Rehab)

Cecchiniが非常に楽しみ。De La Cruzもまずまず期待している。またBlair、Thompson、Moanaroa兄弟、Schwindenhammerなど昇格が遅れている選手が多い。ブレイクに期待したい。残念ながらVinicio、PerkinsはGCL行き。SSはJos. GarciaがLow-Aから降格。ということはX. BogaertsはLow-Aでプレーし続けるようだ。Daegesがリハブで入るよう。DHか1Bかも。

2011年6月19日日曜日

Former Sox Prospect Review: Cesar Cabral, LHP

今回は、昨冬のRule 5でTBにセレクトされたけど、無事帰ってきた左腕、Ceasr Cabral。リリーフ転向以来、順調にマイナーの階段を上がってきており、もうすぐMLBも視野に入ってきそうです。



[Player Data]

Name: Cesar Cabral (シーザー・カブラル)
Full Name: Cesar Augusto Cabral
Positions: LHRP/LHSP
Born: February 11, 1989
Birthplace: Sabana Grande de Palenque, Dominican Republic
Height: 6-3
Weight: 250
Bats: Left
Throws: Left
Drafted: Not drafted
How Acquired: (1) International free agent (July 2005); (2) Minor league free agent (January 2017)
Signing Bonus: Not Announced
MLB Debut: September 2, 2013 (New York Yankees)
How Left: (1) Selected in the MLB phase of the Rule 5 Draft by Kansas City (December 2011); (2) Released (March 2017)
Player Link: MLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

まずまず身長があり、少し細身だが、それなりに筋肉は付いている。フォームはスムーズで、球の出所を良く隠すフォームだ。速球は大体88~92 MPHで、最速で95 mph。以前は最速93 mphとかだったから、リリーフ転向で少し球速を上積みしたかも。比較的フラットとも言われるが、コマンド・制球は良い方で、ストライクを積極的に投げる。ディセプティブなフォームからの81~83 mphのサークルチェンジアップは彼の最高のアウトピッチで、多くの三振をこれで奪う。79~82 mphのシャープなスライダーと、70 mph中盤のスラーブも投げる。


[Background]

海外FAでの契約時はかなり期待度の高いProspectだった。同じCesarという名前を持つ弟、Cesar Ariel CabralもBOS傘下に所属しており、こちらは右腕。兄ほどの期待はされていない。


[Profile]

06' : DSLでプロデビュー。

07' : 再びDSLで1.76 ERAと素晴らしい成績

08' : GCLでUSデビュー。先発を務め、やや打ち込まれるが、IP以上の三振を奪うなど、内容はそこまで悪くなかった。

09' : SS-A Lowellでまずまずも、先発としての期待度は下がった。

10' : リリーフに転向し、Low-A Greenvilleで開幕。フルシーズンクラスデビューにも関わらず、余程リリーフの水が合ったのか、31.1 IPでたったの16 H/1 ER。完全にここを圧倒して、High-A Salemへの昇格を勝ち取るが、こちらでは奪三振こそ悪くないものの、打ち込まれた。

10' Dec. : Rule 5ドラフトでTBにセレクト。

11' Mar. : DFA後、TORにピックされるが、再びTBがClaim後、TBから返却。TBは彼をトレードで獲得しようとしたらしく、かなり気に入っていたようです。

11' : High-A/AA Portlandで素晴らしい投球を見せ、傘下のリリーフ左腕ではNo.1となった。

12' Dec. : 再びRule 5ドラフトのプロテクトから漏れ、KCにピックされた後、NYYへトレード。

12' : TJで全休。

13' : TJから復帰し、9月にとうとうMLBデビューを飾った。BOS戦でもワンポイントで登板し無失点。

14' : NYY傘下のマイナーでもイマイチで、MLBでも4試合に投げたが打たれた。制球が悪化。

15' : BAL傘下でERA 5点台ながら、奪三振率はまずまず。

16' : BAL傘下で7試合に投げたがボロボロでリリースされている。

17' Jan. : MiLFAで出戻り。

17' Mar. : NRIにも呼ばれず、ST終盤にリリース。


[Comment]

TBがRule 5ドラフトでピックした際は、昨季はHigh-Aでも打たれたし、さすがに厳しいだろうと思っていたが、最終的に返却されたものの、才能は垣間見せたよう。速球は、フラットと言われる球筋も含めて、ドミナントではないと思うけど、その割にはGO/AOが各クラスでいずれも1.50を超えており、コマンドの良さを感じる。今季も昨季打たれたHigh-Aをしっかり攻略し、Prospect陣で最初の昇格となったし、AAでも適応を見せ始めている。スライダーをもう少し整えたいけど、この感じだと、オフにはまたRule 5の有力候補になりそうです。

2011年6月18日土曜日

Former Sox Prospect Review: Garin Cecchini, 3B/LF

今回は、本日開幕のSS-A Lowellでも最も注目のProspect、Garin Cecchini。10年のドラフトでは、ケガでドラ4まで落ちたけど、そうでなければドラ1有力とも言われた有望株。


[Player Data]

Name: Garin Cecchini (ギャリン・チェッキーニ)
Full Name: Garin Cecchini
Positions: 3B/LF/1B/2B/(SS)
Born: April 20, 1991
Birthplace: Lake Charles, Louisiana
Height: 6-3
Weight: 215
Bats: Left
Throws: Right
Drafted: 4th round, 2010
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $1,310,000
High School: Barbe HS (LA)
MLB Debut: June 1, 2014 (Boston)
How Left: Traded to Milwaukee for cash (December 2015)
Player Link: MLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

高校ではSS/2Bだったが、長身で、まずまず筋肉も付いており、プロでは3Bに転向。素晴らしいアスリートで、ツールは全般的に平均以上と言われている。左打席から美しいスウィングで振り抜き、腕のエクステンションも良い。非常にスウィングスピードが速い。パワー面も生来のポテンシャルはプラスとも言われていたが、ラインドライブヒッターのスウィングで、入団以来あまりパワーを示せていない。スピードは平均的だが、走塁の本能に優れており、良い盗塁センスを持っている。SSを務めていただけあり、柔らかなグラブ捌きとプラスの強肩を持つが、3B守備は今のところ平均以下。14年からはLFでもプレーしている。ベースボールのIQも高い。


[Background]

09年の年代別のTeam USAではあのBryce Harper (WAS)を抑えて、チームのNo.1ヒッターだった。10年のドラフトではドラ1の有力候補だったが、ACL(前十字靭帯断裂)でプレーできず。ドラフト時のランキングはBA #47/PG #120。


[Profile]

11' : SS-A Lowellでプロデビュー。序盤やや苦しむも、調子を上げ、AVGが3割目前になったが、死球を受け、シーズン終了。

12' : Low-A Greenvilleでフルシーズンデビュー。ハイアベレージに加え、驚きの50 SB。50 SBを意識したか、最終戦で2 CSしたものの、成功率も非常に高かった。選球眼も申し分なく、あとはHRパワーだけ。38 2Bを打っており、パワーがないとは思えないが、4 HRはさすがに寂しい。あとは対左の数字がかなり悪く、改善に期待。守備はかなり向上したと言われた。

13' : High-A Salemで開幕すると、ハイアベレージに持ち前の選球眼を如何なく見せつけ、High-AのAll-Starゲームに出場。その直後にAAへ昇格。シーズン中間の各誌のリストで一気にTop 50圏内へと入った。AA Portland昇格後も4割を超える出塁率。High-A/AAでの合計のOBP .443は全マイナーフルシーズンの選手でトップ。課題だった対左も今季は打ちこなし、来季後半にはMLBで問題なく打てるようになっているだろう。しかし残念ながらHRパワーは伸びず。オフはAFLに派遣され、AFLのAll-Starゲームに出場し、HRを放った。チームプレーを評価され、Stetson Awardを受賞。11月にRule 5ドラフト対策で40人ロスター入り。

14' : AAA Pawtucketで開幕。最後は調子を上げて終えたとは言え、長打率4割以下、OPS8割以下では失望としか言いようがない。序盤は好調なスタートだったが失速。HRも2ケタに届かなかった。パワーを意識しすぎて、無理に引っ張ろうとした結果、本来の打撃を見失ったそう。ただ終盤は元のアプローチに戻して復調。セプテンバーコールアップでも攻守にまずまずのプレーを見せた。また守備では、シーズン半ば以降、MLBでの機会増に向けてLFの経験も積んだ。

15' : 失望度で言えばダントツかも。単純に打てていない。持ち前の選球眼も、相手投手が怖がらなくなったためか、さほど四球も多くない。OPS 6割以下では例えSSでも厳しいのに、とうとうLFが主戦場に。1B/3Bとしては完全にTravis Shawに置いていかれた。

15' Dec. : David Priceの契約に際して、ロスター枠を空けるためにDFA。複数チームからクレームされる中、MILが金銭を支払いトレード獲得。

16' : Will Middlebrooksと共に、3B有力候補の少ないMILでのブレイクを期待されたが、そこそこのアベレージも平凡なパワー面も合わせて、MLBには呼ばれず。


[Comment]

現在の傘下の野手の中でも最高クラスのポテンシャルを秘めており、本当に楽しみなProspectだ。BOSはWill MiddlebrooksとかDavid Renfroeのような高い運動力を持つ大柄な高校生SSを上位ラウンドで指名して3Bに転向させるのが好きですね。守備にも優れた、総合力の高い3Bに育つ可能性があるし、特に打撃だけなら前のニ人を上回るポテンシャルがあると思うので、期待したいです。その二人も1年目は相当苦しんだし、すぐに適応できないかもしれないけど、楽しみにしたいです。

(15年追記)14年中盤のAAA昇格以降、パワー面を伸ばそうとして、完全に自分を見失った。弟のGavin CecchiniといつかBOSで共にプレーして欲しいと思っていたが、残念ながらかないそうにないですね。

2011年6月16日木曜日

11' BOS Shadow Draft

John SickelsさんのMinor League Ballなどでは、自分の応援するチームの仮想ドラフトを行う、Shadow Draftというのをやってます。自分もBOSのをやってみました。Name, Pos. (Team-Round) for ~なっているのが、仮想で別の選手をピックしたところです。

ルールとしては、BOSのピックまでに獲られている選手は指名できないし、仮想ピックをした場合は、その選手が本当に獲られた位置で、BOSが選んでいた選手が代わりに獲られるということにします(例えばBOSはドラ1sで実際には、Henry Owensを選びましたが、代わりに自分はDaniel Norrisを選んだので、Norrisが実際にピックされたTORのドラ2でOwensはピックされる、というカンジ)。

まぁSickelsさんほど下位の選手に詳しくないので、特に絶対に欲しい選手がいないラウンドはBOSの実際のピックに従っています。また下層のロスター穴埋めピックは必要ということで、これらのピックも基本はそのままにします(理想を追い求めると、下位は高校生だらけになってしまうので)。来季は実際にドラフトの進行中にやってみたいな(笑)。


[11' BOS Shadow Draft]

1 (#19). Matt Barnes, RHP

今回のドラフトを100回やっても、100回Barnesを選ぶ自信がある。全体Top 5でもおかしくないローカルボーイを#19でピックできたのは本当に幸運でした。

2011年6月13日月曜日

11' Minor League Season Memo -6/6~6/12-

ドラフトが始まりました。BOSは今季も有望そうなProspectをピック。皆さん、新人に負けないようにガンバって。前記事はこちら


○ 6/6

[A] : RHP Jordan FlasherがDLから入り。
[A] : RHP Justin ErasmusがXSTからロスター入り。

[AAA] - Box
Millwoodが6.2 IP/5 H/1 ER/0 BB/4 K。88 mph程度しか出てないらしいが。Scutaroが3 H/1 2B。McDonaldが2 H/2 2B。Expositoが2 H/1 HR (3)。

[AA] - Offday

[A+] - Box
田澤が3.0 IP/3 H/0 ER/0 BB/3 K。Hisseyが3 H。GentileとMailmanが2 H。

[A] - Box
Celestinoが6.0 IP/5 H/3 ER/2 BB/3 K。Menesesが3 H。Headが2 H/2 2B。Jos. Garciaが2 H。Coyleが死球当てられて引っ込んだそうです。大丈夫かな...

[DSL] - Suspended (Rain)
3回の裏に雨で中断・延期。


○ 6/7

[AAA] : SS/2B Marco Scutaroがリハブ終了。
[AAA] : RHP Scott Atchisonがオプション。
[AA] : RHP Santo Luisがロスター外に移動。
[AA] : RHP Stephen FifeがDLから復帰。

[AAA] - Box
Weilandが5.0 IP/3 H/1 ER/3 BB/4 K/9-1 GO/AO。81球中43ストライクと制球に少し苦しんだ。LarとT. Thomasが2 H。

[AA] - Box
Fifeが6.1 IP/1 H/0 ER/1 BB/7 K/8-3 GO/AO。みんなショートDLの休みが明けると良くなるな。Pimentelにも期待したい。Hazelbakerが2 H。Hassan (5)、Chiang (10)、Padron (4)がHR。Chiangはここ10 Gで5本。OFまた結構獲ったし、うまくトレードとかに使いたいかも。

[A+] - Box
Presslyが4.1 IP/10 H3 ER/0 BB/2 K。Hisseyが3 H。R. Rodriguez、Butlerが2 H。

[A] - Box
Couchが6.0 IP/8 H/3 ER/0 BB/3 K。Head、Jacobs、Hedman、Renfroeが2 H。

[DSL] - Box
J. Fernandezが4.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/4 K。なかなか良いですね。Al. GonzalezとAgueroが2 H。


○ 6/8

[AAA] : C Luis Expositoがコールアップ。
[AAA] : RHP Blake MAxwellがPortland (AA)から移動。

[AAA] - Box
A. Millerは7.0 IP/5 H/1 ER/0 BB/3 K/11-5 GO/AO。ルーティン変えて、ホントに別人のようにBB出さなくなった。球速は93~94 mphがメインで、95~96 mphも結構あったそう。Opt Outの期限来たらどうするかな?打線はマルチなし。

[AA] - Box
Huntzingerが6.0 IP/5 H/1 ER/2 BB/7 K/4-2 GO/AO。DL後、2回連続で良い。ここまで良かったGarrisonが0.2 IP/6 ERと大荒れ。Hazelbaker、Federowiczが2 H。Federowiczは第5号。

[A+] - Box
Ranaudoは6.0 IP/2 H/0 ER/2 BB/3 K/7-5 GO/AO。速球は91~93 mph。カーブは素晴らしいそう。Volzは1.0 IP/2 H/1 ER/0 BB/1 K。ちょっとパッとしない登板が多くなってる。S. Wilkerson、Gibsonが2 H。R. Rodriguezに第9号。

[A] - Offday

[DSL] - Box
E. Garciaが0.2 IP/2 H/1 ER/2 BB/0 Kで交代。あららどうした?Cuevasが4.1 IP/3 H/0 ER/1 BB/6 K。今季もリリーフだけどなかなか良い。A. SuarezとAmayaが2 H。Aguero以外、全員.270以下。何故ウチのDSLはこんなに打てないのか...


○ 6/9

[A] : 2B Sean CoyleがDL入り。
[A] : SS Xander BogaertsがXSTからロスター入り。

[AAA] - Box
Doubrontは5.1 IP/4 H/3 ER/2 B/2 K/8-3 GO/AO。今日はコマンドが今一歩か?Navaが4 for 4。ReddickのAVG .228を上回った。

[AA] - Box
A. Wilsonが5.0 IP/5 H/4 ER/2 BB/2 K/4-6 GO/AO。こちらも今日はイマイチ。Hazelbaker、Chiangが2 H。相手のEric Surkamp (SF)は今季ブレイク中のProspect。まぁ08年ドラフトのカレッジ選手だし、メチャクチャ凄いってほどでもないように見えるが。

[A+] - Box
Butler、R. Rodriguez、C. HernandezがAll-Starに選ばれています。Butler、R. Rodriguezは先発予定。そのC. Hernandezは5.0 IP/4 H/1 ER/2 BB/3 K/7-3 GO/AO。ゴロの多い本来の姿に戻ってる。VitekとGentileが2 H。Mailmanに第4号。

[A] - Box
CoyleがDL入り。この前の死球で顔面に裂傷を負ったようです。代役でなんと、X. Bogaertsがこちらに。DSLから2クラスをスキップしており、Jurickson Profar (TEX)、Gary Sanchez (NYY)、Bryce Harper (WAS)と錚々たるメンバーに次ぎ、リーグで4番目に若い選手になります。今日はこれまでSSのみで出場してきたJos. Garciaが出ていないのでSS。ポジションにも注目です。またRivera、Head、JacobsがAll-Starに選出。HeadとJacobsは先発するようです。RanaudoとRrentzも選ばれたけど、すでに昇格済み。同期のWorkmanは今日も6.0 IP/7 H/2 ER/2 BB/3 K/6-3 GO/AOと冴えない成績。Renfroeが2 H、Jacobsは第7号。X. Bogaertsは1 for 2/1 RBI/2 BBでデビューを飾っています。まだ未熟とレポートされてたけど、選球眼良いカンジ。

[DSL] - Box
Montasが1.2 IP/3 H/3 ER/5 BB/2 K。Osorioが5.1 IP/5 H/0 ER/0 BB/4 Kと良かった。DSLの投手のシステムってよくわからない。D. LopezとAmayaが2 H。


○ 6/10

[AAA] : RHP Michael Bowdenがコールアップ。
[AAA] : C Luis Expositoがオプション。

[AAA] - Postponed (Rain)

[AA] - Box
Balcom-M.は1.2 IP/6 H/3 ER/1 BB/1 K。エラーが絡んだし、ゴロを打たせてるから、全くダメでもないけど、基本的にはヒッタブルなのかな。Porticeが4.0 IP/1 H/0 ER/1 BB/3 K。また良くなってきた。今のうちにAAAに上げたい。Padronが2 H。

[A+] - Box
Brittonは3.1 IP/6 H/6 ER/3 BB/2 K。そろそろ得意のDL行きかな。一休みが必要かと思われ。PichardoとR. Rodriguez、Gibsonが2 H。S. Wilkersonに第7号。

[A] - Box
Stroupは5.0 IP/5 H/0 ER/2 BB/3 K。Jacobsが3 H。MenesesとRenfroeが2 H。今日はJos. Garciaは出てるけどDHでX. BogaertsがSS。0 for 3も1 BB。

[DSL] - Box
Bonnellyが5.0 IP/5 H/2 ER/2 BB/3 K。UgasとAgueroが3 H。A. Suarezが2 Hにプロ第1号。A. PeraltaとJ. Bogaertsも2 H。


○ 6/11

[AAA] : LHP Franklin Moralesがリハブアサイン。
[AA] : C/IF Will Vazquezが引退。
[AA] : LHP Kyle FernandezがDL入り。
[AA] : 3B Will MiddlebrooksがDL入り。
[AA] : RHP Stolmy PimentelがDLから復帰。
[AA] : 1B/LF Reynaldo RodriguezがSalem (A+)から昇格。
[AA] : IF Drew DominguezがGreenville (A)から移動。

[AAA] - Box
Duckworthが5.0 IP/1 H/0 ER。Moralesがリハブ開始。1.0 IP/1 K。Spearsが2 H/2 2B/2 BB。

[AA] - Postponed (Rain)

[A+] - Box
田澤は4.0 IP/2 H/0 ER/0 BB/3 K。ドミナントではないけど、さすがというカンジ。そろそろ上に戻るかもしれないけど、どちらかと言えばAAに行かせたい気はする。打線はマルチなし。R. Rodriguezが昇格してさらに弱体化しました。Headの昇格はあるかな?Almanzarをじっくり1Bに固定して何とか向上を促したいと思うかもしれないが。

[A] - Box
Riveraは6.0 IP/6 H/5 ER/2 BB/3 K。一時期の好調はどこへやら。オフにはリリーフ転向かな。Renfroeが2 H/1 3B。X. Bogaertsが1 H。気になるポジションはJos. Garciaが2Bに入ってます。Jos. Garciaの方が典型的なSSタイプと思ってたので、これはちょっと意外でした。

[DSL] - Offday


○ 6/12

[AAA] - Box
Milwoodが5.0 IP/4 H/1 ER/1 BB/4 K。最速88 mph。Navaが2 Hに第3号。DFA以降、OPSが1を超えているそう。T. Thomasが2 H。

[AA (Game1)] - Box
Pimentelが1.1 IP/6 H/6 ER/1 BB/0 K。DL入りも効果なし。Lavarnwayが2 Hに第14号。今季もあっさり傘下HR王争いのトップに。守備も良くなってるという話で、特にCS%は40%とかなり良い。ただブロッキングはやはりまだまだのよう。でもこのカンジだと、今オフのランキングでは各誌に捕手でも何とか使えると言われる気がします。

[AA (Game2)] - Postponed (Bad ground connditions)

[A+] - Box
Presslyが5.0 IP/6 H/3 ER/1 BB/2 K。Volzは2.0 IP/1 H/1 ER/1 BB/2 K。今日もイマイチ。最近はずっと一番後ろに出ていたのに今日は2番手。PichardoとGentileが2 H。

[A] - Box
Celestinoは5.0 IP/5 H/4 ER/4 BB/2 K。F. Sanchez、C. Vazquezが2 H。Jacobsに第8号。

[DSL] - Box
P. Reyesが5.0 IP/2 H/2 ER/1 BB/5 K。Del Rosario、A. Suarez、Agueroが2 H。Agueroに第1号。


☆ Hitter of the Week - David Mailman, LF (High-A); 7 G/25 AB/8 H/1 3B/1 HR/2 R/3 RBI/4 BB/4 K/1 SB

☆ Pitcher of the Week - Stephen Fife, RHP (AA); 1 GS/6.1 IP/1-0 W-L/0.00 ERA/0 R/0 ER/1 H/1 BB/7 K/2.33 GO/A0

2011年6月9日木曜日

11' Draft Results - Day 3

Day 3です。Day 2は特に大物と呼べる選手は獲れず。近年はどこのチームも若手重視だし、Signability Issueがあってもスリップしなくなりましたね。サンドイッチラウンドでもっとアグレッシブに行って欲しかった。

Day 3は例年通り、下層の足りないポジションを埋めるくらいでしょう。ダメ元で高校生も指名するだろうけど、どうせ契約できないだろうし。一応下位では結構ローカルを意識した指名をするし、Adam Ravenelle、John Maggliozzi、Pat Connaughtonの3人はまだ指名されてないっぽいので、ピックしてくれると良いんだけど。


[11' Draft Day 3 Results (June 8, 2011)]

31. Tyler Wells, OF, Lexington Catholic HS (KY), HS-Sr.

B/T:
Height: 6-4
Weight: 195
Ranking: None
Commitment: None

Comments: 高校はKentuckyでもトップクラスらしい。6'4"と長身で優れたアスリートだ。良いスウィングとまずまずのスピード、ベースボールIQにも優れた選手だ。

2011年6月7日火曜日

11' Draft Results - Day 2

Day2です。スリップした選手の指名を期待したい。まだJoshua Bell、Daniel Norris、Dillon Howard、Anthony Meo、Austin Hedges、Andrew Susac、Charlie Tilson、Derek Fisher、John Osich、Alex Dickersonなんかが残ってる。あ、あとMatt Purkeも。

Bell、Norris、Howardは、契約不可能と見られてるのかな?Blake Swihartはともかく、Matt Barnes、Jackie Bradley 、 Henry Owensは法外な要求はないと思うし。MeoとBell希望。


[11' Draft Day 2 Results (June 7, 2011)]

2 (#81). Williams Jerez, OF, Grand Street Campus (NY), HS-Sr.

B/T: L-L
Height: 6-4
Weight: 190
Ranking: BA #53 & PG #52 & DSS #215
Commitment: San Jacinto JC

Comments: 6'4"の素晴らしい身体つきをしたCF。ドミニカ生まれで、Int. FAで投手としても期待されていたが、父親が彼に教育を受けさせたいとNYへ。ニューヨークでNo.1のProspectで、Hank Steinbrennerが持っているチームでOFに転向しただけに、NYYが狙っているとも言われていた。でもBOSファンらしい。非常にアスレティックで、バットスピードが素晴らしく速く、現時点では平均程度のパワーだが、スウィングで長打を生み出す。プラスのスピードも素晴らしく、肩もプラスと言われている。走塁や守備はまだ未熟でツールを生かし切れていない。身体の成熟具合でCFに残れるかどうかは左右されそうだが、基本的には5ツールタイプだ。ただややレベルの劣る地域でプレーしており、上のレベルでコンタクトできるかは疑問。またその経歴から年齢詐称の疑惑があって、23歳ではとも言われている。家族を助けたいらしく、契約するだろうという話で、ツールを持ったCFですが、直前のドラ1s-#40でCFのBradley Jr.を獲ってるので、少し微妙な感を受ける。Joshua Bellがピックされてしまったことも関係しているのか。

11' Draft Results - Day 1

とうとう1年で最も楽しみなこの日がやってきました。Day 1の今日は、1st roundおよびSupplemental roundです。BOSの噂はAlex Meyer、Matt Barnes、Jed Bradley、Joshua Bell、Blake Swihart、Austin Hedges、Andrew Susac、Tyler Beede、Joe Ross、Brandon Nimmo、Anthony Meo、Kyle Crickあたりでしょうか。誰が獲れるか楽しみです!


[11' Draft Day 1 Results (June 6, 2011)]

1 (#19). Matt Barnes, RHP, University of Connecticut, Coll.-Jr.

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 205
Ranking: BA #13 & PG #11 & DSS #14
Last Drafted: Never Drafted

Comments: 泣いてもいいですか?もはや飽きるほどここで書きましたが、個人的に最も欲しかった選手をピックしてくれました。I love Theo ! 最速97,98 mph、常時92~96 mphの速球は、深いイニングまで球威を維持できる。平均以上のシャープなカーブはプラスの変化をしているときもあり。80 mph中盤のチェンジアップは平均的。スライダーは投げない方が良いとも言われており、向上には修業が必要。カッターも投げる。チェンジアップがしっかりした球種になれば、No.2スターターになれる。コマンドも良いが、時折リリースポイントがズレて高めに浮くことも。John Smoltzに似てるとも。時折肩の開きが早くなる点は多少修正が必要とも言われるけど、見てる限り、イージーなクリーンなモーション。投手として理想的な体格で、体重はもう少し増やせるとも。高校時はドラフトされませんでしたが、Sophomoreのシーズン前に6~8 mph球威を伸ばして評価を上げた。Cape Cod LeagueでもNo.3のProspectに選ばれ、Team USAでもGerrit Coleらと投げた。NYY、特にJoba Chamberlainのファン。

2011年6月6日月曜日

11' Top 331 Draft Prospect Ranking by Perfect Game USA

PGの方もランキングが出てました。BAとはそんなに違いはないかな。BAより人数が多いので重宝してます。


[PG: 11' Draft Top 331 Prospects]

1. Gerrit Cole, RHP, UCLA
2. Anthony Rendon, 3B, Rice
3. Danny Hultzen, LHP/1B, Virginia
4. Dylan Bundy, RHP, Owasso
5. Trevor Bauer, RHP, UCLA
6. Derek Starling, OF/RHP, Gardner-Edgerton
7. Francisco Lindor, SS, Montverde Academy
8. Sonny Gray, RHP, Vanderbilt
9. Archie Bradley, RHP, Broken Arrow
10. Taylor Jungmann, RHP, Texas
11. Matt Barnes, RHP, Connecticut
12. Taylor Guerrieri, RHP, Spring Valley
13. George Springer, OF, Connecticut
14. Jed Bradley, LHP, Jr. Georgia Tech
15. Mikie Mahtook, OF, Louisiana State
16. Alex Meyer, RHP, Jr. Kentucky
17. Tyler Anderson, LHP, Oregon
18. Joshua Bell, OF, Sr. Dallas Jesuit
19. Daniel Norris, LHP, Science Hill
20. C.J. Cron, 1B/C, Utah

11' Draft Watch - Boston's Rumor, Needs, and Strategy

BOSのニーズ分析と自分なりの好みのドラフトです。あんまし深い意味はない。


[11' Draft Rumors]

☆ BOSのGM Epsteinさんが、自らスピードガンを持って、UConnのMatt Barnesを見に行ったそうです!最近少しスタッツが悪く、評価も下がり気味だったけど、それでも直近の試合では5回までノーヒッターをしてたし、#19まで落ちて来なそうですが、ちょっとテンション上がりました。

11' Draft Watch - Mock Draft

各チームのドラフト分析と軽い自分的モックドラフトです。最終版なのでBOSの#19を無理矢理Matt Barnesにしましたが、どうでしょうか(笑)。


[11' Mock Draft Link]

MLB Bonus Baby, ver. Dec. 18, 2010

MLB Bonus Baby, ver. May. 28, 2011

BA Experts Pick, ver. Apr. 25, 2011

John Sickels First Round, ver. May 9, 2011

John Sickels Supplemental Round, ver. May 9, 2011

John Sickels First Round II, ver. May 30, 2011

John Sickels Supplemental Round II, ver. May 30, 2011

Diamond Scape Scouting, ver. May 11, 2011

Baseball America, ver. May 13, 2011

Baseball America, ver. May 27, 2011

2011年6月5日日曜日

11' Minor League Season Memo -5/30~6/5-

いよいよ5月も終わりです。ぼちぼち昇格するProspectも出てきてますね。打撃陣も開幕直後の好調は止まってるし、投手陣もPimentel、Brittonあたりが期待外れ。今のところ良くないProspectはそろそろエンジンかけて欲しい。前記事はこちら


○ 5/30

[AAA] : LHP Felix DoubrontがDLから復帰。

[AAA] - Box
復帰のDoubrontが3.1 IP/1 H/0 ER/2 BB/5 K。上はしばらくWakeとAcevesで良さそうだし、慌ててケガしないように。Larsが3 H/1 3B/1 BB。J. Iglesiasが2 H。

[AA] - Box
A. Wilsonは5.0 IP/8 H/2 ER/1 BB/2 K/3-5 K。平均で93~95 mph。最近の数試合では最速98 mphまで出てるみたいです。彼の場合は球威は問題ないので、ムーブとかを磨かないとですね。Clayが2.0 IP/0 H/0 ER/1 BB/0 K。ちょっと落ち着いてきたか。Dellin Betances (NYY)から、Lavarnwayの第11号などで、5.0 IP/5 H/3 R/1 BB/6 K。Federowiczが3 H。Middlebrooksは昨日守備の際にイレギュラーを手に当てて欠場ですが、DL入りはしないだろうとのこと。

[A+] - Box
Brittonが4.2 IP/4 H/3 ER/5 BB/1 K/7-2 GO/AO。今日も良くない。Volzも1.0 IP/4 H/3 ER/0 BB/2 K。ちょっとスランプでしょうか。Butlerが3 H/2 HR (6,7)/1 BBの大暴れ。かなりAVG落としていたけど.250復帰。

[A] - Box
Stroupが4.0 IP/3 H/1 ER/3 BB/5 K。J. Rodriguezが0.1 IP/5 H/6 ER。最近炎上してる。F. Sanchezが3 H。ここ10試合で.429。調子上がってる。C. VazquezとHedmanが2 H。

[DSL] - Box
P. Reyesが4.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/2 K。先発みんなガンバってる。打線はマルチなしの3 H。


○ 5/31

[AAA] : RHP Bobby Jenksがリハブ終了。
[AAA] : RHP John Lackeyがリハブアサイン。
[AAA] : OF Darnell McDonaldがリハブアサイン。
[AAA] : RHP Michael Bowdenがオプション。
[AA] : RHP Stephen FifeがDL入り。
[AA] : RHP Santo Luisがアクティブロスター外に移動。
[AA] : RHP Chris Balcom-MillerがSalem (A+)から昇格。
[A] : RHP Garret RauがDLから復帰。

[AAA] - Box
Lackeyがリハブを開始しました。5.2 IP/3 H/1 HR/1 ER/0 BB/4 K/8-3 GO/AO。次回はLesterの前でローテに戻るよう。やっぱりAcevesじゃ荷が重そうですしね。McDonaldもリハブ開始。0 for 3。T. Thomasが3 H。Lin、Expositoが2 H。Expositoに第2号。LinはAAAでまだ0 K。Navaに今季第1号。

[AA (Game1)] - Box
Balcom-M.がAA初登板。6.0 IP/7 H/2 ER/1 BB/4 K/7-2 GO/AO。自分の投球をしっかりしてるカンジですね。彼は結構良い気がしてきました。Heeが2 H/1 BB。

[AA (Game2)] - Box
M. Gonzalezが5.0 IP/8 H/3 ER。LavarnwayとChiangが2 H。Fifeはつま先を痛めたそうです。この前の登板が良くなかったので、何か蹴とばしたか?

[A+] - Box
P. Ruizが3.1 IP/7 H/5 ER/3 BB/2 K。Almanzarが3 H/1 HR (2)。Hissey、R. Rodriguezが2 H。Brentzは6月半ばまではアウトみたいです。

[A] - Box
Riveraが6.0 IP/1 H/1 ER/3 BB/7 K。久しぶりにとても良い登板。Jacobs、Jos. Garciaが2 H。

[DSL] - Box
新加入のJ. Fernandezが4.0 IP/1 H/0 ER/3 BB/1 K。RondonとAgueroが2 H。1B Xander Bogaertsになってるけど、Jairの間違いかと。A. Peraltaは1 B/1 BBも早くもE 4。


○ 6/1

[AAA] : RHP Kevin MillwoodがXSTからロスター入り。
[AA] : RHP Blake MaxwelがPawtucket (AAA)から移動。
[A+] : RHP Anthony RanaudoがGreenville (A)から昇格。

[AAA] - Box
Millwoodが投球開始しました。2.2 IP/5 H/4 ER/2 BB/3 K...枠のムダですね。McDonaldが2 Hに第1号。

[AA] - Box
Pimentelが1.1 IP/5 H/8 ER/2 BB/1 K。全くコマンドがダメみたいです。降格かXSTに行かせた方が良いと思う。しかし今日は良く打った。21 Hで18 R。毎日これくらい打って欲しいんだけど。LavarnwayとFederowiczが共に4 H/1 BB。Lavarnwayには第12号。Chiangが3 H/2 2B/1 BB。Hazelbakerが2 H/2 2B。Middlebrooksは2 H/2 BB。Padronも2 Hに第2号。

[A+] - Box
田澤が2.0 IP/0 H/0 ER/1 BB/2 K。Volzが2.0 IP/2 H/1 R/0 BB/4 K。Hissey、M. Wagnerが2 H。

[A] - Box
Celestinoが、3.2 IP/7 H/6 ER/3 BB/2 K。Younginerはまだかかるようで、Swinsonがローテに入ると聞いてたけど今日投げてますね。Menesesが4 H。H. Ramosが3 H/2 2B。Headが2 Hに第12号。F. Sanchezも2 H。

[DSL] - Box
E. Garciaが3.2 IP/3 H1 ER/1 BB/5 K。ローテが1周りしたけど、その中では一番名前が知れた投手。A. Peraltaは2 H/1 2BもE 6。J. BogaertsとD. Lopezも2 H。


○ 6/2

[AAA] : OF Matt SheelyがDL入り。
[AAA] : LHP Randy WilliamsがDLから復帰。
[AA] : RHP Mike LeeがDLから入り。
[AA] : RHP Brock HuntzingerがDLから復帰。
[A+] : RHP Pete Ruizがロスター外へ移動。
[A+] : RHP Mike GleasonがXSTからロスター入り。

[AAA] - Box
Weilandが6.0 IP/5 H/0 ER/2 BB/8 K/7-3 GO/AO。今日も素晴らしい。HillもTJになるようで、左腕のR. Williamsがアクティベイトされてます。NavaとMcDonaldが2 H。Navaに第2号。T. Thomasに第7号。McDonaldで左腕リリーフ獲れないかな。

[AA] - Box
DLから復帰のHuntzingerが6.0 IP/3 H/0 ER/2 BB/7 K/3-5 GO/AO。DL前と見違えるよう。これを続けて欲しい。Middlebrooksが2 Hに第8号。

[A+] - Box
Presslyが6.0 IP/5 H/1 ER/2 BB/1 K/12-3 GO/AO。Almanzarが2 H。

[A] - Box
Couchが5.0 IP/10 H/6 ER。先発としては期待できないか。J. Rodriguezは2.0 IP/3 H/0 ER/1 BB/4 K。C. Vazquezが2 Hに第5号。Head、Hedman、H. Ramosも2 H。

[DSL] - Offday


○ 6/3

[AAA] : LHP Tommy Hottovyがコールアップ。
[AA] : RHP Stolmy PimentelがDL入り。
[AA] : RHP Santo Luisがロスター入り。

[AAA] - Box
A. Millerが6.0 IP/6 H/3 ER/0 BB/9 K。前回が2 BBで、今回が0 BBと突然良くなったけど、これは前回から試合前の投球練習を長く行うようにした結果が出てるみたいです。なんでもこれまでは初回にバタついて、コマンドが定まらず、3、4回になって調子が出てきたと思ったらピッチカウントで交代となっていたので、ルーティンを変更したらしい。劇的ですね。6/15にOpt. Outできるらしいし、リリーフ練習させた方が良いかもとも思うけど。Larsが2 Hに第3号を放っています。

[AA] - Box
Kehrtが5.2 IP/6 H/0 ER。Chiangが4 Hに第7号。最近絶好調。HassanとFederowiczが3 H。Hazelbakerが2 HにAAでの第1号。MiddlebrooksとPadronも2 H。Tejeda1人蚊帳の外...

[A+] - Box
RanaudoのHigh-A初登板。6.0 IP/8 H/4 ER/1 BB/5 K/7-3 GO/AO。う~ん、スタッツ的にはそこまで悪くないけど。なんと言ってもRanaudoだし、次はドミナントピッチに期待。Gibsonが2 H。打てないクラスになってる。

[A] - Box
Workmanも4.2 IP/8 H/2 HR/4 ER/1 BB/7 K/5-2 GO/AOと良く当てられてる。やっぱりコマンドはまだ不安定かも。Headが3 H/1 2B。R. RodriguezをAAに上げて、High-A昇格させて欲しい。Jacobsが2 Hに第5号。Jos. Garciaも2 H。

[DSL] - Box
Montasが3.0 IP/0 H/0 ER/3 BB/1 K。E. Osorioは4.0 IP/4 H/1 ER/2 BB/1 K。L. Vasquezがプロデビューで2.0 IP/1 H/2 BB/5 K。A. GarciaとAmayaが2 H。


○ 6/4

[AAA] : SS/2B Marco Scutaroがリハブアサイン。

[AAA] - Box
Doubrontは、4.2 IP/2 H/1 ER/0 BB/5 K。AAAでは圧倒的ですね。相手はDirk Hayhurstが投げてますね。去年TJかなんかで1年休んでたけど、その間にBAでコラム連載してた知性派。Scutaroがリハブ開始。1 for 4。Larsが2 H/1 HR (4)。McDonaldが2 H/1 HR (2)。Lin、Expositoが2 H。

[AA] - Box
A. Wilsonが6.0 IP/2 H/0 ER/2 BB/6 K/7-1 GO/AO。今日もほぼ完璧。Hazelbaker、Lavarnway、Heeが2 H。Lavarnwayに第13号。Padronに第3号、Chiangに第8号。

[A+] - Box
C. Hernandezが5.0 IP/6 H/3 ER/2 BB/3 K。1 HR/3-6 GO/AOと彼にしてはフライが多かった。Pichardoが3 H。Butlerが2 H。

[A] - Box
Stroupが6.0 IP/2 H/0 ER/2 BB/4 K。良くなってきた。Head (13)とJacobs (6)がSammy Solis (WAS)からBack-to-BackでHR。その2人とH. Ramosが2 H。

[DSL] - Postponed (Rain)


○ 6/5

[AAA] : OF Josh Reddickがオプション。

[AAA] - Box
M. Foxが5.0 IP/6 H/3 ER。Alex Torrs (TB)から4.2 IP/7 H/4 R/6 BB/2 Kもリリーフ陣にシャットアウト負け。

[AA] - Box
Balcom-M.が5.0 IP/3 H/1 ER/1 BB/7 K/7-0 GO/AO。ほぼ完璧。Federowiczが3 H/1 HR (4)。MiddlebrooksとFriasも3 H。Hassan (4)とChiang (9)が2 H/1 HR。Lavarnwayも2 H。

[A+] - Box
Brittonが4.0 IP/7 H/5 ER/1 BB/4 K。4回終了時までは良かったのに、5回は1アウトも取れず。Volzが1.2 IP/1 H/0 ER/1 BB/2 K。Vitekが3 H。Butlerが2 Hに第8号。

[A] - Box
Riveraが6.0 IP/4 H/2 ER/1 BB/5 K。HeadとRenfroeが2 H。

[DSL] - Box
Bonnellyが4.2 IP/3 H/1 ER/2 BB/5 K。RondonとA. Suarezが2 H。


☆ Hitter of the Week - Dan Butler, C (High-A); 7 G/25 AB/11 H/3 2B/3 HR/5 R/14 RBI/5 BB/4 K/1 SB

☆ Pitcher of the Week - Felix Doubront, LHP (AAA); 2 GS/8.0 IP/0-0 W-L/1.13 ERA/1 R/1 ER/3 H/2 BB/10 K/2.00 GO/A0

2011年6月4日土曜日

Former Sox Prospect Review: Tommy Hottovy, LHP

今回は、急遽予定を変更して、TJで戦列を離れたRich Hillの代役として、本日MLBデビューを飾った、Tommy Hottovy。Hillの故障の際に彼の存在が頭をよぎったけど、長いマイナー生活とケガを乗り越えて、ホントに上がってきたのは驚いた。



[Player Data]

Name: Tommy Hottovy (トミー・ホットビー)
Full Name: Thomas L. Hottovy
Positions: LHRP/LHSP
Born: July 9, 1981
Birthplace: Parkville, Missouri
Height: 6-2
Weight: 204
Bats: Left
Throws: Left
Drafted: 4th round, 2004
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $110,000
College: Wichita State
High School: Park Hill South HS (MO)
MLB Debut: June 3, 2011 (Boston)
How Left: Minor league free agency, signed with Kansas City (November 2011)
Player Link: MLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

平均的なサイズの左腕。軟投派で、ツーシーム、フォーシームの速球は元々80 mph後半といったところ。11年のSTでサイドハンドに転向し、当初は最速85 mph程度だったが2ヶ月の間に4 mph球速を上げて、最速89 mphに届くようになった。以前は時折制球を乱していたが、基本的には素晴らしい制球力を持ち、サイドアームへの適応もスムーズだった。サイドからのフォームは右打者にはさほど効果を発揮していないが、左打者にとってはボールの出所が非常に見づらく、70 mph中盤のルーピーなカーブを効果的にしている。70 mph中盤の平凡なチェンジアップも投げる。


[Background]

04年のドラ4で、Dustin Pedroiaの同期にあたる。この年のドラ3も軟投派カレッジ左腕のAndrew Dobiesで、こういう選手をよく獲ってた。カレッジではSeniorまでの4年間リリーフだったが、BOS入団後先発に転向。


[Profile]

04' : 先発としてSS-A Lowellでプロデビュー。

05' : High-A Wilmingtonで5.45 ERAと打たれた。

06' : High-Aで21 GS/2.80 ERAと成績を向上し、AA Portlandに昇格。

07' : AAで壁に尽き当たる。

08' : 2Gに投げたところで、TJを受けることに。

09' : 後半に復帰して、リリーフに戻った。

10' : AAとAAA Pawtucketで投げるも平凡。いつリリースされてもおかしくなかったが、オフにMiLFAとなるもBOSと再契約。これはちょっと驚いた。

11' : STでサイドに転向すると、すぐにこれを習得し、AA/AAAで特に左に対して完璧な投球を見せた。Hillの離脱で代役として、6/3にとうとうMLBデビューを飾った。しばらくは対左ワンポイントで良い働きをしていたが、徐々に打たれるようになり、後半戦は出番なし。DFAされた。

11' Nov. : MiLFAとなり、BOSも再契約のオファーを出したそうだが、地元に近いKCと契約。

12' : KCのAAA/MLBでしっかりした成績。

13' : TOR傘下AA/AAAで投げている。慣れられてきたか、若干スタッツは落ちている。


[Comment]

ケガがあったり、普通ならとっくにベースボーラーとしてのキャリアを終えててもおかしくない選手が、困難を乗り越えて、MLBに到達したのはホントに凄い。Hillに比べれば、球威も劣るし、Andrew Millerなんかも控えてるから、ダメならすぐに切られてしまう、厳しい状況には変わりないけど、せっかく掴んだチャンスをしっかりものにして、MLBで生き残っていって欲しいです。とにかくおめでとう。

2011年6月3日金曜日

Former Sox Prospect Review: Reynaldo Rodriguez, 1B/OF

今回は、年齢は高いけど、Ind. Leagueを経て、High-Aでその打棒を発揮している、Reynaldo Rodriguez。OFもこなせる点も魅力です。



[Player Data]

Name: Reynaldo Rodriguez (レイナウド・ロドリゲズ)
Full Name: Reynaldo A. Rodriguez
Positions: 1B/LF/RF/CF/3B
Born: February 7, 1986
Birthplace: Cartagena, Colombia
Height: 6-0
Weight: 200
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: Contract acquired from Yuma of the Golden Baseball League (October 2009)
Signing Bonus: Not Announced
How Left: Minor League free agency, signed with Minnesota (November 2012)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

1Bとしては小柄で細身だ。コンパクトなスウィングと強いリストでボールを叩き、引っ張ったときにはパワーを発揮する。ただ生来的なパワーは1Bとしては平均以下だ。一方その体格もあり、1Bとしては非常にスピードがあり、盗塁もできる。1B守備は堅実で、そのスピードからOFにも対応できる。


[Background]

NYYの傘下でプレーしていたが、DSLでは好成績も、USで打てず。ケガもあってリリースされたが、09年はIndy. LeagueのGolden Baseball Leagueで新人王、MVPの活躍をし、BAのInd. League #1 Prospecctに選ばれ、BOSと契約。BOSはDaniel Navaなど、Indy. Leagueの有望株を良く獲る。


[Profile]

10' : しばらくXSTで過ごした後、Chris McGuinessがTEXにトレードされたこともあり、Low-A GreenvilleでBOSでのデビュー。前半戦はさっぱりで外れかと思ったが、後半戦はまさに爆発。14 HRを放った。

11' : High-A SalemでAVG .317とよく打った。AA Portland昇格後、AVGを落としたが、課題のパワー面では18 HR。1Bながら14 SBとまずまず足も見せた。

12' : AAでは今季もパワーを見せたが、早打ち傾向はあまり改善せず。AAA Pawtucketに昇格し、アピールしてもらいたかったが、12 Gのみで、その後ケガで離脱。

12' Nov. : MiLFAになり退団。MINと契約。

13' : MINのAAでAVG .231と苦戦。21 HRとパワーは見せているが。

14' : 前年に引き続きMIN傘下でプレー。AAでAVG .286/21 HRと好成績を残すが、コールアップされず。

15' : 16 HRとパワーは見せたが、1B/両翼の選手としては全体的にやや不足気味。

16' : MIN傘下でロスターフィラーとしてプレー。


[Comment]

HR数も悪くないんだけど、年齢・ポジションを考えれば、やはり少し弱いとは思う。ただコンタクト能力に、選球眼も良く、足があるので2B/3Bは稼いでいる。最近LFでよく使われてるし、両翼を十分に守るなら、右打ちの5th OF/1B控え/代打等で有用な選手になれる素養はあると思う。取りあえずAAの壁を今季中に突破して欲しいですね。

(12年追記)AA以上ではコンタクトに苦しみました。パワーも伸びてたし、打てれば面白かったんですけどね。