2009年8月30日日曜日

09'-10' Liga Jornada 1a Valencia CF - Sevilla FC




[-Preview-]


☆ 招集メンバー
GK: César, Moyà
DF: Marchena, Alexis, Dealbert, D. Navarro, Maduro, Miguel, Bruno, Mathieu
MF: Albelda, Banega, Joaquín, Pablo H., Mata, Silva, Michel
FW: Villa, Zigic, Miku

ケガのDel Horno、Baraja、Fernandez、Vicente、J. Alba、N. Gonzalezを除く全員が招集。CBの1人(NavarroかMaduro)とMikuあたりがベンチ外か?MikuはELで良かったので、CBを2枚削るかも(Marchenaもいるし)。

結局、MaduroとMikuがベンチから外れました。


☆ 個人的予想スタメン
GK: César
DF: Miguel, Alexis, Dealbert, Bruno
MF: Marchena, Banega
MF: Pablo H., Silva, Mata
FW: Villa

あまり悩むことはない気がします。基本はEL Playoffの第1戦でしょう。CesárとMoyàは悩みどころですが、安定感と経験重視か。


☆ 見所

Anguloがとうとう契約解除。1つの時代が過ぎ去ろうとする中で、迎える強敵Sevillaとの09'-10'シーズン開幕戦。CL出場権を争う直接のライバルでもあり、見逃せない試合です。Valenciaも今季はプレシーズンで若い力が台頭しており、ここで勝って一気に流れに乗りたいですね!Homeの利を生かして絶対勝ちましょう!


[-Game-]

おっしゃ〜、勝った〜!いや〜、難敵相手でしたが、Mata、Pablo H.と期待の若手両翼が開幕から素晴らしい活躍ですね(^-^) Mataは今や大黒柱の1人ですし、Pabloも昨季終盤からメキメキ力をつけて、いまやJoaquínを押し退けてしまったカンジです。

またBanegaが中盤で存在感を発揮。昨季あっさりと構想外になったときは、Valenciaでは目立つことなく消えていくのかな、とも思いましたが。今季のプレシーズンで見事にチャンスをモノにし、今や中盤のキーマンです。

GKは結局、Moyàに。BrunoとMarchenaが負傷。勝ってるうちはいいですが、今季は苦しいときにこそEmeryさんの真価が問われそうですね。まぁとにかく、幸先いいスタートが切れて、ホッとしました。この調子でスタートダッシュを決めましょう!


[-Result-]
Valencia CF 2-0 Sevilla FC

Goal: Mata (1, min. 47), Pablo H. (1, min. 79)

GK: Moyà
DF: Miguel, Alexis, Dealbert, Bruno (Mathieu, min. 46)
MF: Marchena (Albelda, min. 58), Banega
MF: Pablo H., Silva (Michel, min. 83), Mata
FW: Villa

2009年8月29日土曜日

09' Minor League Season Memo -8/28 ~ 9/3-

DSLが終了。今週でGCLも終了です。今季はプレーオフに出れそうなクラスが少なくて残念です(前記事はこちら)。


◯ Transaction

[MLB] : RHP Enrique GonzalezがWaiverを通過、AAAにアサイン。


◯ 8/28

[AAA] - Postponed (Rain)

[AA] - Box
Maxwellが5.0 IP/7 H/4 ER。Lentzは2.0 IP/0 H/1 BB/3 K。やっと本来の調子に戻りつつあるか?Navaが1 H/2 BB。

[A+ (Game1)] - Box
Garrisonは5.0 IP/7 H/3 ER/0 BB/3 K。最近はまたちょっと打たれている。C. Linが2 H。

[A+ (Game2)] - Box
Capellanは5.0 IP/5 H/0 ER/1 BB/3 K。久しぶりにまともです。Borowiakが2 H。Dentは昇格後の8 ABで0 H/4 K...

[A] - Box
Clayが5.0 IP/3 H/1 HR/2 ER/0 BB/1 K。もう一歩。Leeは4.0 IP/7 H/3 ER/0 BB/5 K。奪三振率の割に被打率が高いです。Lavarnwayが第18、19号の2発。Hissey、Gentile、Tejedaも2 H。

[A-] - Box
J. Alvarezは6.0 IP/7 H/2 ER/0 BB/7 K。来季はLo-Aでしょうかね?Pichardo、Hedman、Roqueが2 H。今日はAlmanzarはおやすみで、Joa. Garciaが3B。Westmorelandが捕球の際にフェンスに激突して、鎖骨を骨折、今シーズン終了の模様です。大きなものではなく、来季はLo-Aで開幕を迎えるでしょう。ケガには注意して欲しいですね。

[GCL] - Cancelled (Wet Ground)


◯ Transaction

[MLB] : RHP Junichi Tazawaのオプションを行使、GCLにアサイン。
[MLB] : RHP Marcus McBethをコールアップ。
[AAA] : OF Joey Gathrightをトレードで獲得。
[A] : OF Mitch Dening、OF/1B Kade KeowenがDLから復帰。
[A-] : OF Ryan Westmoreland、C Sean KilleenがDL入り。
[A-] : OF Alex Hassan、1B Chris McGuinessがLowell (A-)から降格。


◯ 8/29

[AAA (Game1)] - Box
Traberが先発。Richardsonが、2.0 IP/3 Kパーフェクト。AAA昇格後もいいカンジです。WaiverにかけられていたCarterがラインナップに復帰(NYYにClaimされて引っ込めたため)で2 H。

[AAA (Game2)] - Postponed (Rain)

[AA] - Box
K. Johnsonは4.1 IP/9 H/6 ER/1 BB/7 K。三振は結構奪っているけど、とにかく打たれ過ぎ。Placeが3 Hで第4号。Expositoが2 H/1 2B/1 HRで第3号。73 ABで3 BBはヒドいですが。Suarezも2 H。Jimenezに第13号。最後AAAに上げてもいいかと思うんですが。

[A+] - Box
Weilandは7.0 IP/6 H/3 ER/2 BB/4 K。ドミナントではないですが、今日もしっかりしています。Heeが3 H。Rizzo、Chiangが2 H。Rizzoはサヨナラ安打を放ちました。

[A] - Box
Pimentelは5.0 IP/2 H/0 ER/4 BB/4 K。7月以降ちょっとよくなく、ERAも3.54と平凡な値に。K/BBは悪くないし、年齢を考えればよくやっていますが。Lavarnwayが3 Hで第20号一番乗り(ってか、彼だけしか20発を越えなさそうですが)。Weeden、Tejedaも3 H、Hisseyは2 2B。

[A-] - Cancelled (Rain)

[GCL] - Cancelled (Rain)


◯ Transaction

[MLB] : RHP Paul Byrdをコールアップ。
[MLB] : RHP Marcus McBethのオプションを行使、AAAにアサイン。
[AA] : RHP Daisuke MatsuzakaがGCLから移動(リハブ)


◯ 8/30

[AAA (Game1)] - Box
Bierdは5.1 IP/5 H/2 ER。Wagner、A. Chavezが2 H。

[AAA (Game2)] - Box
Zinkは4.1 IP/4 H/1 ER/4 BB/1 K。こんなに面白みのないAAAってあるのかな...

[AA (Game1)] - Box
松坂さんのリハブは2.0 IP/4 H/1 HR/5 ER/3 BB/2 K。いくらもらってると思ってんだ...Apodacaに第4号。

[AA (Game2)] - Box
Doubrontは5.0 IP/5 H/3 ER/1 BB/3 K。Kalish、Khouryが2 H。

[A+] - Box
McKaeが6.0 IP/2 H/0 ER/7 K。これが他のProspectなら...Rizzoが1 H/2 BB。Hi-Aでは長打率とHRが落ちているけど、BBはよく選んでいますし、AVGも3割。

[A] - Box
Williamsonは5.0 IP/3 H/1 ER/3 BB/5 K。まずまずです。Hisseyが4 HでAVGが.273。ここ1月は絶好調。Weedenが3 H。Kellyは2 H。Thomasに第2号。

[A-] - Box
P. Perezが4.0 IP/3 H/1 ER/5 BB/4 K。Cabralは4.0 IP/3 H/0 ER/1 BB/7 K。ここ数試合とてもいい。Gibsonが3 H。Hedmanは2 H/2 2B。Bermudezは2 H。

[GCL] - Cancelled (Rain)


◯ Transaction

[AA] : OF Matt SheelyがDL入り。
[AA] : RHP Josh PapelbonがSalem (A+)から昇格。


◯ 8/31 ~GCL Season Finale~

[AAA] - Box
Bowdenは5.0 IP/6 H/1 ER/0 BB/4 K。パッとしないけど、0 BBはよかった。DenkerとBrownが2 H。

[AA] - Box
Millerは5.2 IP/2 H/0 ER/2 BB/7 K。先発に移ってからも奪三振率が落ちないですね。来季はもしかするとAAでローテに入るかも。Jimenez、Still、Y. Navarroが2 H。

[A+] - Offday

[A] - Box
Kehrtが6.2 IP/7 H/3 ER/0 BB/4 K。ぼちぼち投げてますね。Marinは1.1 IP/3 Kパーフェクト。Weedenが2 H。最近調子いい。

[A-] - Box
Castilloは6.0 IP/3 H/0 ER/3 BB/5 K。まずまずいいカンジ。Bermudezが3 H。Pichardo、Gibsonは2 H。

[GCL] - Box
GCLは今日で終了。最近数試合が雨で流れていたので、M. Riveraが2.0 IP/2 H/0 ER/1 BB/2 K、R. Mendezが2.0 IP/1 H/1 ER/1 BB/2 K、Consuegraが2.0 IP/3 H/1 ER/1 BB/0 K、T. Wilsonが1.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/1 Kと先発陣がそろい踏み。この日行った人は楽しかったでしょうね。F. Sanchezが2 H。好調でシーズンを終えています。GCL Red Soxは、26-27 (W-L)でGCL South Divisionを4位で終えています。ここも先発はまずまず良かったけど、リリーフが今イチで打撃も良くなかったですね。


◯ Transaction

[MLB] : RHP Junichi Tazawa、IF Chris Woodward、OF Brian Anderson、OF Joey Gathrightをコールアップ。
[MLB] : 1B/OF Jeff BaileyをDFA。
[AAA] : 2B/1B Jeff Natale、OF Sean DanielsonがDLから復帰。
[A+] : RHP Jason RiceがDLから復帰。
[A] : RHP Mike LeeがDL入り。
[A] : RHP Charlie RosarioがLowell (A-)から昇格。
[A-] : RHP Doug Wogee、C/3B Carson BlairがGCLから昇格。


◯ 9/1

[AAA] - Box
Millsは今日は4.0 IP/7 H/1 ER/1 BB/2 K。Richardsonが2.0 IP/3 Kパーフェクト。AAAに上がってきてからいい。Bellが2 H。

[AA] - Box
Lawsonは4.2 IP/7 H/4 ER/4 BB/0 K。Kalishが3 H。Nava、Lars、Place、Suarezと2 H。

[A+ (Game1)] - Box
Porticeは6.0 IP/3 H/2 ER/2 BB/9 K。9 Kは素晴らしい。彼はランナーを出すとダメなのかも。C. Linが4 for 4/3 2B。最後、.270は突破して欲しい。M. Jonesが2 H。

[A+ (Game2)] - Box
Capellanが3.0 IP/3 H/2 ER/1 BB/3 K。Dentの1 2Bのみ...

[A] - Box
Huntzingerは5.0 IP/3 H/0 ER/2 BB/1 K。まずまずか。今日はマルチはなし。

[A-] - Box
Brittonが1.0 IP/1 H/1 ER/2 BB/2 K。ちょっと荒れた。Presslyは5.1 IP/3 H/1 ER/3 BB/5 K。Gibsonが2 H。ここもあと1週間くらいで閉幕ですが、GCLが終わったので、BlairとWogeeが昇格してきました。Fuentesは昇格してないみたいなので、来季はSS-Aスタートが濃厚。


◯ Transaction

[A+] : 1B/OF Jered StanleyがDL入り。
[A+] : C Dan ButlerがLowell (A-)から昇格。


◯ 9/2

[AAA] - Box
最後は追い上げられながらも、F. Cabreraが振り切って勝利。E. Gonzalezが久しぶりに先発しています。Nataleが3 H/1 BB。Carterが2 Hに第15号。Danielsonも2 H。

[AA] - Box
Maxwellは6.0 IP/3 ER。Kalishが2 H/1 3B。最近またCFを守っており、色んなところのランキングにも入り始めています。Larsは相変わらず打てません。ホントにどうしちゃったんでしょうか。

[A+] - Box
Fifeは6.0 IP/6 H/3 ER/1 BB/5 K。悪くはないか。彼は出遅れもあって、75 IP程度しか投げてないので、もしかしたらAFLに行くかも(HWBがあるならそっちだったでしょうが)。W. Vazquezが3 H/1 HR/5 RBIと大暴れ。Rizzo、Borowiakが2 H。Rizzoはもう少し長打があれば。

[A] - Box
Clayが2.0 IP/6 H/3 ER/2 BB/2 K。TJとかもあって、今季が本格デビューみたいなもんだから、ちょっと疲れがたまってるのかも。Kellyが2 H。

[A- (Game1)] - Box
M1で迎えたこの試合に13-0で、2位Oneontaとの直接対決に圧勝し、Division制覇が決まりました。おめでとう!J. Alvarez、Castillo、A. Wilson、Presslyの先発陣は素晴らしかったし、打撃もWestmorelandを中心にBOSの各クラスでは打った方でした。でもやっぱり投手力が大きかったかな?試合の方はJ. Alvarezが圧巻の7.0 IP/5 H/1 BB/6 Kで完封。打線も、Gibson、McGuiness、Roqueが3 H。Pichardo、Almanzar、Bermudezが2 Hとよく打ちました。

[A- (Game2)] - Box
A. Wilsonが今日も3.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/3 Kと素晴らしい投球。Neumanも1.0 IP/3 Kと良かった。Holmesが3 Hに第2号。Pichardoが2 HでAVGが.303まで上がっています。


◯ Transaction

[MLB] : 1B/OF Jeff BaileyがWaiverを通過、AAAにアサイン。
[AAA] : C John OtnessがDLから復帰。


◯ 9/3

[AAA] - Box
Traberが6.0 IP/5 ER。最後まで彼がいるとは思わなかった...Carter、Wagner、Brownが2 H。NataleがLFを守っていますね。

[AA] - Box
K. Johnsonは7.0 IP/4 H/2 ER/2 BB/2 K。三振は少ないけど、久しぶりにいいピッチング。崩れた3回は少しFBのコマンドが乱れたらしいです。Jimenezが2 H。Kalishに第11号。

[A+] - Box
Garrisonは4.0 IP/7 H/5 ER。最近またダメですね。Federowiczが2 Hに第4号。Dentも2 H。

[A] - Box
Pimentelは5.0 IP/11 H/1 HR/5 ER/1 BB/5 K。最後の登板みたいですが、ちょっと不安な終わり方です。Lavarnway、Keowen、Tejedaが2 H。Keowenに第10号。

[A-] - Box
今日はCabralが先発。最近の好調を買ってか?5.0 IP/6 H/2 ER/1 BB/5 Kとまずまず。Joa. Garciaが3 H。Hassan、Hedman、Dominguezが2 H。Chenに第1号。



どこにも誰もランクせず。しかしTBのMinorはまだまだ評価が高いですね。

2009年8月28日金曜日

09'-10' UEFA EL Playoff 2nd leg Valencia CF - Stabaek IF




[-Preview-]


☆招集メンバー
GK: César, Moyà
DF: Alexis, D. Navarro, Maduro, Miguel, Bruno, Mathieu
MF: Albelda, Banega, Joaquín, Pablo H., Olcina, Mata, Silva, Michel
FW: Zigic, Miku

Villa、Marchena、Dealbertらは温存。OlcinaやMichel、Mikuなどフレッシュな顔ぶれです。


[-Game-]

若いカンテラの力が爆発!今季のHome Mestalla開幕戦を見事な勝利で飾っています!Mikuが前半で2得点を叩き込み、勝ち抜けをほぼ決めると、1点を奪われたものの、FWでMikuと組んだZigicが先輩の貫禄を見せると、途中出場のこれもカンテラ育ちのOlcinaの見事な突破からのアシストでMikuがハットトリック達成。感無量です(^-^)

その他にもボランチで出場のMichelがAlbelda、Banegaとタイプの異なる選手と組みながら、落ち着いた働きを見せ、中盤の貴重な戦力であることをアピール。相変わらず不安定な経営状態のValenciaですが、こんなときこそ、自前の若手にとってはチャンスです!本番のリーガも開幕間近ですし、この調子でスタートダッシュを決めたいですね!


[-Result-]
Valencia CF 4-1 Stabaek IF (Total Score; Valencia CF 7-1 Stabaek IF)

Goal: Miku (1, min. 27), Miku (2, min. 29), P. Farnerud (min. 35), Zigic (1, min. 76), Miku (3, min. 79)

GK: Moyà
DF: Miguel (Bruno, min. 74), Maduro, D. Navarro, Mathieu
MF: Joaquín, Albelda (Benega, min. 68), Michel, Mata (Olcina, min. 56)
FW: Zigic, Miku

2009年8月27日木曜日

09'-10'シーズンの陣容について -FW編-

[08'-09'シーズン終了時のメンバー]

David Villa (FW)
Fernando Morientes (FW)
Miguel Angel Angulo (RSH/FW/LSH/RSB)
David Silva (OH/LSH)
"Michel" Herrero (OH/CH)

Nikolas Zigic (FW、Racing Santanderにレンタル)
Aaron Niguez (FW、Glasgow Rangers (SCO)にレンタル)
Nicolas Fedor "Miku" (FW、UD Salamanca (2部)にレンタル)


[主な下部組織の状況]

Alexander Olsen (FW、Bチーム所属、1989年生まれ)
"Sergi" Garcia Mut (FW、Bチーム所属、1991年生まれ)
"Quique" Tortosa (FW、Bチーム所属、1991年生まれ)
Pablo Morgado (FW、Bチーム所属、1989年生まれ)
"Isco" Roman Alarcon (OH/FW、Bチーム所属、1992年生まれ)
"Paco" Alcacer (FW、Juvenil A所属、1993年生まれ)

Olsenは今季のBチームのエースだと思います。期待のFW。Sergi(十字靭帯断裂で長期離脱)やQuiqueもカンテラでは目立つ若手FWで、まずはBチームのポジション争いから。MorgadoやIscoも含めてBチームのFWは激戦区です。IscoあたりはまだJuvenile登録にするかも。


[移籍情報]

◯ Morientesとの契約満了、Anguloとの契約解除 —決定

AnguloについてはMF編で書いたので、ここでは割愛。Morientesは昨季途中からこれがValenciaでの最後のシーズンになると言っており、とうとう契約満了を迎えました。Valenciaに加入以来、Villaのパートナーとして、また代役として、FW陣を引っ張って来ました。ベテランにキツいEmeryさんのもと、去年はあまり(先発)出場機会がなかったのが残念です。未だに、その得点感覚は錆び付いてはいないですし、新天地での活躍に期待しています。


◯ Aaronの再レンタル —決定

AaronがRangersとの2年間のレンタル契約を解除して、新たにCeltaにレンタルが決まりました。ユース代表では未だに常連ですが、そろそろクラブでの実績が欲しいですね。個人的には完璧なストライカータイプではないと思っているんですが、自分のスタイルを確立して欲しいです。CeltaはSilvaがブレイクしたクラブですし、それに続いて欲しいです。


◯ Zigic、Mikuのレンタルバック —決定

昨季の冬の移籍期間でRacingにレンタルに出されていたZigicが復帰。未だに放出の噂がありますが、取りあえずにMorientesの抜けた穴を埋める見込み。昨季は、戦力外扱いされながらもCopa del Rayなどでは、出た試合でほとんどゴールを決めてアピールしましたが、Emery監督のお眼鏡にかなわず。未だにあまり評価されていない印象です、それでも高さという武器があるし、得点感覚にも非常に優れており、上手く使えば、大きな武器になります。昨季よりは機会をもらえると思うので、今度こそEmeryさんを納得させて欲しいですね。

また、2部のSalamancaからベネズエラ代表FWのMikuが復帰してきました。1985年生まれの24歳。Valenciaのユース育ちで、Bチームでの出場経験はありますが、トップチームは初めて。昨季は2部で15ゴールと得点力を見せて、プレシーズン参加の切符を手にし、そこで見事に結果を残して、25人枠に残りました。1トップというのはあまり経験がないかと思いますが、ここまでは上手く適応しているようです。取りあえずは第3FWということになりますが、現在絶好調だけに、Zigicと切磋琢磨してFWを盛り上げてくれると思います。


[移籍選手]

Fernando Morientes (契約満了、Olympique de Marseille (FRA)と契約)
Miguel Angel Angulo (契約解除、Sporting Club de Portugal (POR)と契約)
Aaron Niguez (Celta de Vigo (2部)にレンタル移籍)


[今シーズンの陣容]

7. David Villa (FW)
9. Nikola Zigic (FW、レンタルから復帰)
26. Nicolas Fedor "Miku" (FW、レンタルから復帰)
21. David Silva (OH/LSH)
29. Daniel Olcina (RSH/FW、UEFA Bリスト登録)
30. Michel Herrero (OH/CH/FW、UEFA Bリスト登録)
40. "Isco" Roman Alarcon (OH/FW、UEFA Bリスト登録)
42. "Quique" Tortosa (FW、UEFA Bリスト登録)


[展望]

今季はトップ下を置く、1トップのシステムで臨みます。上には2トップならFW扱いになる選手をリストアップしていますが、実際に1トップのFWで使われるのはVilla、Zigic、Mikuに一応の可能性としてはQ. Tortosaまででしょう。基本はVillaで、途中出場やELやCopa del Rayの序盤はZigicとMikuに出番が来るでしょう。

Villaは大黒柱。今季はちょっとスロースタートなカンジがしていますが、放出が濃厚のゴタゴタの中、戻ってきてくれたことに素直に喜びたいです。昨年も得点王を最後まで争いましたが、システムもほとんど変わらない今季こそは得点王のチャンスと見ています(Samuel Eto'oもいなくなったし)。

ZigicやMikuもプレシーズンでは好調。特にMikuはもともと若くしてベネズエラ代表にも選ばれ続けている実力者。今季のチャンスをモノにして、大きく羽ばたいて欲しいです。Zigicも何故かEmeryさんの評価が低いですが、試合に出ている時の得点率はそこいらのFWに全く引けをとりません。今季こそはValenciaで輝きを放ってくれるのではないかと期待しています。

Former Sox Prospect Review: Jonathan Egan, C

今回は、元BOSの捕手Top Prospect、Jonathan Egan。ケガに悩まされて、早くキャリアを終えましたが、彼が順調に育っていれば、Jason Varitekの後釜にこれほど苦労しなかったのかも。


[Player Data]

Name: Jonathan Egan (ジョナサン・イーガン)
Full Name: Jonathan M. Egan
Positions: C
Born: October 12, 1986
Birthplace: Hephzibah, Georgia
Height: 6-4
Weight: 210
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 2nd round, 2005
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $625,000
High School: Cross Creek HS (GA)
How Left: Retired (March 2008)
Player Link: MiLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

理想的な捕手体格。優れた身体的ツールを持ち、特に高いパワーポテンシャルがある。ディシプリンは改善しているがイマイチ。粗削りということもあり、コンタクトにも悩んでいる。元々は守備のツールも粗削りで、疑問を投げかけられていたが、強肩で、捕球スキルも改善しており、将来的にも捕手に留まれるんじゃないかと言われている。


[Background]

5人のドラ1ピックがあり、豊作だった05年のドラ2で指名。高卒ということもあり、なかなかの額をもらって入団。ドラ1で投手3人 (Clay Buchholz、Craig Hansen、Michael Bowden)、SS (Jed Lowrie)、CF (Jacoby Ellsbury)と獲ったこともあり、バランス的にも素晴らしいと思ったが。


[Profile]

05' : GCLでプロデビュー。AVGは悪かったが、21 BB/29 Kとまずまずのディシプリン。

06' : 再びGCLへ。AVG .339とよく打ち、SS-A Lowellへ昇格。

07' : Low-A Greenvilleで、AVG .206と打てず。

08' Mar. : 背中のケガに悩まされていたこともあり、引退を決断。


[Comment]

そこまで昇格ペースも悪くなかっただけに、なおさらもったいない引退になってしまった。

09'-10'シーズンの陣容について -MF編-


続いてはMF編です。Valenciaの最も充実しているポジションですが、近年は守備的なポジションにやや不安あり。


[08'-09'シーズン終了時のメンバー]

Carlos Marchena (CB/DH)
Hedwiges Maduro (CB/DH/RSB)
David Albelda (DH)
Rubén Baraja (CH/DH)
"Edu" Gaspar (CH)
Manuel Fernandez (CH/DH)
Hugo Viana (CH)
Joaquín Sánchez (RSH)
Pablo Hernández (RSH)
Miguel Angel Angulo (RSH/FW/LSH/RSB)
Vicente Rodríguez (LSH)
Juan Mata (LSH/OH)
Jaume Costa (LSB/LSH、B登録)
David Silva (OH/LSH)
"Michel" Herrero (OH/CH/FW、B登録)

Sunny Stephen (DH、CA Osasunaにレンタル)
Angel Montro (DH/CH、Real Murcia (2部)にレンタル)
Ever Banega (CH/OH、Atletico Madridにレンタル)
Ignacio "Nacho" González (CH、Newcastle Utd. (ENG)にレンタル)
Fabian Estoyanoff (RSH、Panionios GSS (GRE)にレンタル)
Carlos Belvis (LSH/LSB、CD Numanciaにレンタル)


[主な下部組織の状況]

Carles Marc (DH、Bチーム所属、1988年生まれ)
"Ximo" Forner (CH、Bチーム所属、1990年生まれ)
David Timor (CH/RSH、Bチーム所属、1989年生まれ)
Daniel Olcina (FW/RSH/LSH、Bチーム所属、1989年生まれ)
Miguel Angel Riau (LSH、Bチーム所属、1989年生まれ)
"Isco" Roman Alarcon (OH/FW、Bチーム所属、1992年生まれ)

OlcinaはPablo H.がいなかった夏の練習試合で積極的に起用。サイドとFWをこなせる柔軟性があり、昨季はMichelが抜けたあとのBチームで得点を量産しました。個人的に以前から注目している選手。
Carles M.もBチームでの実績は十分で、そろそろ一皮剥けて、上での活躍に期待したいところ。X. Fornerはまだ少し早いですが、期待のCH。そして注目は超新星 Isco。まだ17歳ですが、すでにトップチームの練習試合でゴールを挙げるなど、スター候補生の資質は十分。


[移籍情報]

◯ Miguel Angulo、Eduとの契約解除 —決定

2人のベテランと契約解除です。特にAnguloは10年以上の歳月をValenciaと過ごした、Valenciaのレジェンドの1人。まさにValenciaの魂でした。Valenciaで引退してくれるとずっと思ってましたが、Emeryさんは若返りを望んでおり、またクラブの厳しい財政事情もあり(本人は減棒も受け入れるでしょうけどね)、契約解除ということになってしまいました。本人はまだまだやる気満々で、何といってもまだ32歳。クラブは引退を勧めたそうですが、さすがに受け入れられませんでした。とても残念ですが、他のクラブでまだ勇姿を見れるということでもあります。引退後にはまたValenciaに戻ってきて欲しいですね。

またEduとも契約解除です。Arsenalからフリートランスファーで来てくれたときは、とてもうれしかったですが、Valenciaに来てからはケガ続き。出ている時は未だに、攻撃のタクトを自在に振れる素晴らしい選手ですが、ケガで運動量も落ち、また年齢のこともあって戦力外となっていました。残念ですが、こちらも新天地での活躍を祈っています。


◯ Hugo Viana、Sunny Stephen、Angel Montroなどのレンタル —決定

Viana、Sunny、Montro、Estoyanoffらがレンタルです。Estoyanoffはもはや何がしたいのか...行き当たりばったりのムダな獲得はもういい加減にしてもらいたい。Vianaも完全移籍当時から疑問でした。Sunnyなんかはチャンスを上手くモノにしてもらいたいです。Montroはこの中では有望で、中盤の戦力になりうる選手ですが、今季そろそろ2部で活躍しないと、将来構想から外れてしまいそうです。


◯ Ever Banega、Jordi Alba、Nacho Gonzalezのレンタルバック —決定

中盤は3選手がレンタル復帰です。BanegaはRonald Koeman政権下の補強で、Emeryさんの構想から当初は外れており、去年はレンタル。今季は最初は構想外でしたが、昨季のFernandez同様、プレシーズンゲームで掴んだチャンスに結果を残し、今や中盤のキーマンとなりました。元々素質は素晴らしい選手でしたし、上手くはまって良かったです。

J. Albaはカンテラ出身のLSH。小柄ながら、キレのいいドリブルと得点力を持つ有望株。ValenciaはLSHが豊富なため、レンタルで獲得したいチームが殺到していましたが、Valenciaに残すことに決めました。個人的にはこれでいいと思います。どうしても試合に出れないときは、冬にレンタルに出せばいいだけですし、彼くらいの選手なら、キッカケがあれば、Valenciaでもレギュラーを争えると思っていますので。

N. Gonzalezは昨季獲得してすぐにレンタルに出したボランチ。プレシーズンの評価は悪くなかったみたいですが、Banegaの台頭もあり、余剰感が強いです。ケガのせいでレンタルに出せませんでしたが、どうしたいのか、ちょっとよくわかりません。


[移籍選手]

Miguel Angel Angulo (契約解消、Sporting Club de Portugal (POR)と契約)
"Edu" Gaspar (契約解消、SC Corinthians (BRA)と契約)
Hugo Viana (Sporting Braga (POR)にレンタル移籍)
Sunny Stephen (Real Betis (2部)に買い取りオプション付きでレンタル移籍)
Angel Montro (Real Union Irun (2部)にレンタル移籍)
Fabian Estoyanoff (Panionios GSS (GRE)とのレンタル延長)
Carlos Belvis (CD Tenerifeに完全移籍)


[今シーズンの陣容]

3. Hedwiges Maduro (CB/DH)
5. Carlos Marchena (CB/DH)
6. David Albelda (DH)
8. Rubén Baraja (CH/DH)
10. Juan Mata (LSH/OH)
14. Vicente Rodríguez (LSH)
17. Joaquín Sánchez (RSH)
18. Manuel Fernandez (CH/DH)
19. Pablo Hernández (RSH)
21. David Silva (OH/LSH)
24. Ever Banega (CH/OH、レンタルから復帰)
25. Ignacio "Nacho" González (CH、レンタルから復帰)
28. Jordi Alba (LSH、レンタルから復帰、UEFA Bリスト登録)
29. Daniel Olcina (RSH/FW、UEFA Bリスト登録)
30. Michel Herrero (OH/CH/FW、UEFA Bリスト登録)
33. Carles Marc (DH、UEFA Bリスト登録)
35. David Timor (CH/RSH、UEFA Bリスト登録)
36. "Ximo" Forner (CH、UEFA Bリスト登録)
39. Ivan Rubio (DH/CB、UEFA Bリスト登録)
40. "Isco" Roman Alarcon (OH/FW、UEFA Bリスト登録)
41. Carles Gil (LSH/OH、UEFA Bリスト登録)


[展望]

全体的にはかつての黄金時代の中心選手とここ数年で加入、もしくは頭角を現した選手が、かつポジションに1人ずついる印象です。Mataを始めとした若手はいずれも好調で、リーガでも上位に入る戦力だと思いますし、こういう組み方自体はいいと思いますが、ベテラン陣が若手に負けないくらいのがんばりを見せて、彼らが出ている時も、しっかり勝ち星を稼げるかが重要になりそうです。

DHはかつてはAlbeldaのポジションでしたが、やや衰えを指摘されており、現在はMarchenaが1番手です。MarchenaはCBもこなしますが、今季はAlexisの台頭もあり、DHに入ることが多くなりそうです。控えはAlbeldaですが、現在離脱中のFernandezが復帰すれば、強固になります。Fernandezは1列前(CH)で使うかも。一応はMaduroもいます。Fernandezが復帰すれば、層は十分。

CHはBarajaが故障で離脱しましたが、Banegaの台頭で、大きく改善しました。Banegaは視野の広さ、パス捌きに突破力も高いものがあり、スケールの大きさを感じます。かつてのBarajaのような得点力が付けばもっといい。

Barajaは近年、運動量の落ち込みが激しく、衰えを感じます。かつては、守備、パス、得点とオールラウンドな世界でも指折りの選手でしたが、それも身体能力や運動量のベースがあってこそだったなぁと。今でも貴重な得点を決めたりですが、試合途中で流れを変えたりする役目とかに少しずつ変えていくのかなと。

あとはFernandezやN. Gonzalezもいますが、Barajaともどもケガ。Fernandezは復帰後は起用されると思いますが、Emeryさんは見切りが早い気がするので、素早い回復を見せないと。Gonzalezはどういう形になるかはわかりません。カップ要員で、そこそこ使えると判断されたり、また離脱者が多ければ、残るかも。そうでなければ冬にレンタルが濃厚。しばらくはBanegaにおんぶだっこですが、オールラウンドなMichelがボランチでもしっかりとしたプレーをしており、うれしい活躍。彼はホントに貴重な戦力です。

RSHはPablo H.とJoaquínが非常に高いレベルでしのぎを削っています。現状では、伸び盛りのPabloが少し優位ですが、Joaquínもアピールを続けており、ここは安泰のポジションです。2人に何かあっても、プレシーズンで評価を上げた、OlcinaがBチームに控えており、心強いです。

LSHはMataが完全にレギュラーを奪いました。Vicenteはプレシーズンでもちょっと目立たなかった上にケガで離脱。ケガがなければ、まだまだやれると思うのですが。2人とも得点力が高く、1トップの布陣をひくであろう今季は彼らの挙げる得点数も重要になってきそうです。また、こちらも伸び盛りのJ. Albaもトップチームでどれくらいやれるか楽しみな選手です。Vicenteはある程度の欠場が予想されるので、与えられた出番で結果を残して欲しいですね。Silvaもいますし、こちらも盤石と言っていいかと思います。

トップ下(OH)は今季はSilvaとMichelが務めることになります。Michelも伸び盛りですが、さすがにまだSilvaには及ばないです。Silvaは純粋なMFなのに対して、MichelはFW的な要素も持っている選手で、戦い方はSilvaがいるといないでは少し変わってきます。Silvaは得点力自体は持っている選手で、大舞台でのゴールは結構印象的ですが、今季はもう少しコンスタントに点を取れるようになって欲しいですね。またそれが、彼を真の世界最高峰の選手へと押し上げるはずです。あとはカンテラのIscoが個人的には大注目。ELとかで見れるんじゃないかと楽しみにしています。

Former Sox Prospect Review: Jose Capellan, LHP

今回は、下層の左腕、Jose Capellan。BOSでは、ちょっと面白いProspect程度の選手でしたが、07年オフのRule 5ドラフトで、SFにピックされた際は、SFではTop 20にランクしている雑誌もあって驚いた記憶がある。


[Player Data]

Name: Jose Capellan (ホセ・カペラン)
Full Name: Jose M. Angeles Capellan
Positions: LHSP/LHRP
Born: July 18, 1986
Birthplace: San Fran de Macoris, Dominican Republic
Height: 6-2
Weight: 170
Bats: Left
Throws: Left
Drafted: Not drafted
Signing Bonus: Not Announced
How Acquired: International free agent (July 2003)
How Left: Released (February 2010)
Player Link: MiLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

平均的な身長だが、ややオーバーウェイトになりやすい体格。スムーズで安定してスリークォーターから投げる。速球は89~91 mphで、素晴らしいほどではないが、左腕ということと、コマンドの良さでまずまず。70 mph中盤のカーブは平均以上からプラスの鋭い変化をするが、こちらのコマンドには難がある。80 mph前半のスラーブ系で投げることも。チェンジアップは78~79 mphで、平均からわずかにそれを超えるくらい。フィールディングは良くないが、牽制の技術は高い。陽気でクラブハウスで人気のある選手だったそう。


[Background]

特に無し。


[Profile]

04' : DSLでプロデビュー。リリーフ登板が多かったが、65.1 IP/78 Kと素晴らしい成績。

05' : ケガがあったのか、DSLで6 Gに投げたのみ。

06' : GCLでUSデビュー。しっかりした成績を残した。

07' : SS-A Lowellでようやく先発に定着。しっかりした成績を残す。

07' Dec. : まだフルシーズンデビューすらしていなかったにも関わらず、Rule 5ドラフトでSFからピックされた。

08' Mar. : CINを経由してリターン。

08' : Low-A Greenvilleで投げるが、被安打が激増。オフはHWBに派遣。

09' : High-A Salemで投げるが、被打率、K/BBが悪化。

10' Feb. : リリース。

13' : ドミニカのウィンターリーグでプレー。


[Comment]

Rule 5ドラフトで獲られなければ、もう少しじっくり育てていたかもしれませんね。

Former Sox Prospect Review: Abe Alvarez, LHP

今回は、BOSのかつてのTop Prospect、Abe Alvarez。軟投派左腕で、上限は低いものの、High Floorということで、上位でピックしたが、MLBに定着すらできなかった。


[Player Data]

Name: Abe Alvarez (エイブ・アルバレス)
Full Name: Abraham Alvarez
Positions: LHSP/LHRP
Born: October 17, 1982
Birthplace: Fontana, California
Height: 6-3
Weight: 190
Bats: Left
Throws: Left
Drafted: 2nd Round, 2003
How Acquired: Draft
Signing Bonus: Not Announced
College: Long Beach State
High School: Fontana HS (CA)
MLB Debut: June 22, 2004 (Boston)
How Left: Released (May 2008)
Player Link: MLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

左目が盲目だそう。投手らしい体格。いわゆる軟投派で、速球は最速でも80 mph中盤。速球のスピードを変えて投げ、それと変化球、コマンドで凌ぐ。チェンジアップは74 mph前後、カーブは60 mph前半から中盤。カーブは今一つ。


[Background]

Long Beach State大での3年間、カレッジベースボールで活躍。ジュニアーシーズンにはBAからAll-Americanチームに選出された。


[Profile]

03' : SS-A Lowellでプロデビュー。9 Gに投げ、無失点と順調なデビュー。

04' : AA Portlandで26 G/3.66 ERAとしっかり投げ、2年目にしてMLBデビュー。

05' : AAA Pawtucketで投げ、やや成績は悪化した。

06' : やはりAAAで投げるが、被打率が悪化し、成績は下降。

07' : AAAで投げ、この年以降MLBでの登板はなし。リリーフに移行。

08' : リリーフで投げるがイマイチな成績。

08' May : リリース。


[Comment]

10年に母校Long Beach Stateに戻って学位を取得したそう。

2009年8月26日水曜日

Former Sox Prospect Review: Mike Rozier, LHP

今回は、ちょっと前まで、BOSのアマチュア契約金のTop 5に入っていた、Mike Rozier。ドラ12ながら、Scott Borasと組んで、約$1.6Mのボーナスを受け取ったにも関わらず、とんだ外れくじだった。


[Player Data]

Name: Mike Rozier (マイク・ロジャー)
Full Name: Michael S. Rozier
Positions: LHSP/LHRP
Born: July 4, 1985
Birthplace: Stockbridge, Georgia
Height: 6-5
Weight: 210
Bats: Left
Throws: Left
Drafted: 12th round, 2004
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $1,575,000
High School: Henry County HS (GA)
How Left: Released (March 2009)
Player Link: MiLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

非常に大きな体格。フットボーラ―としても有名だっただけに体重はやや重いが、非常にアスレティック。ただ体重のコントロールでコンディショニングは甘い。速球はもともと90 mph前半だったが、周囲の期待とは裏腹に、年齢が上がるにつれて、80 mph中盤~後半、80 mph前半とどんどん落ちて行った。カーブは優れたピッチで、チェンジアップも打者を欺ける悪くないボール。ゴロを打たせられる。牽制の動きも良い。マウンド上での精神力に難がある。


[Background]

Borasをエージェントとしており、North Carolina大へのフットボールのコミットを蹴らせるのは難しいと思われていたためスリップしたが、ドラ1~2で指名されるポテンシャルがあると見られていた。BOSがドラ12で指名後、当時のBOSの契約金記録となる、$1.575Mで契約に成功。


[Profile]

05' : Low-A Greenvilleでプロデビュー。K/BBは悪いがまずまず投げ、素質を伺わせた。

06' : 再びLow-Aで、少しK/BBが向上。High-A Wilmingtonで1 Gに投げた後、AA Portlandで、5.0 IP/1 ER/8 Kと素晴らしい投球。

07' : High-A Lancasterで投げるが、打者有利の環境に加えて、球威の低下もあり、被打率が急悪化。終盤二度ほど頭に打球を受けたそう。

08' : Low-Aに戻るが、全くダメ。

09' Mar. : 80 mph前半まで球威が落ちリリース。


[Comment]

本人の心がけの問題なのか、指導が悪かったのか...。なんてもったいない。

Former Sox Prospect Review: Derrick Loop, LHP

今回は、一時期BOSでプレーしていた、Derrick Loop。左腕という利点を生かし、今でもMinorでプレーしています。


[Player Data]

Name: Derrick A. Loop (デリック・ループ)
Full Name: Derrick A. Loop
Positions: LHRP/LHSP
Born: December 11, 1983
Birthplace: Corona, California
Height: 6-3
Weight: 220
Bats: Left
Throws: Left
Drafted: 23rd round, 2006 by Cleveland
How Acquired: Contract purchased from Chico of the Golden Baseball League (June 2008)
Signing Bonus: Not Announced
College: California State-Los Angeles
High School: Norco HS (CA)
How Left: Minor league free agency, signed with San Diego (December 2009)
Player Link: MiLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

速球は92 mph程度まで出る。やや捻りの効いたフォームで投げる。コマンドは良い。カッターとチェンジアップも投げる。


[Background]

06年にCLEにドラフトされて入団したが、1年でリリースされた。その後Indy. Leagueでプレーするが、ウェイトトレーニングのおかげで球威が伸び、BAからIndy. LeagueのTop 10に選出。BOSと契約した。



[Profile]

08' : いきなりHigh-A LancasterでBOS傘下デビューするが、期待通りにしっかり投げた。

09' : High-A Salemで主にクローザーを務め18 SV。しかし、AA Portlandでは打たれた。

09' Dec. : MiLFAとなり、SDと契約。

10' : Indy. Leagueで投げた後、PHIと契約。

11' : PHI傘下でHigh-Aまではよく投げるものの、マイナー上層では打たれている。

12' : LADのAAAでスウィングマンを務めた。

13'-15' : Indy. Leagueでプレー。


[Comment]

左腕で、まずまず好成績を残していたし、再契約しても良いかなと思ってましたけど。

Former Sox Prospect Review: Mike Jones, 1B

今回は、かつてそこそこの1B Prospectと見られていた、Mike Jones。体格はあるのに、試合でなかなかHRが出なかった。


[Player Data]

Name: Mike Jones (マイク・ジョーンズ)
Full Name: Michael L. Jones
Positions: 1B/LF
Born: June 14, 1985
Birthplace: Moreno Valley, California
Height: 6-3
Weight: 220
Bats: Left
Throws: Right
Drafted: 25th round, 2004
How Acquired: Draft
Signing Bonus: Not Announced
College: Arizona Western
High School: Moreno Valley HS (CA)
How Left: Released (April 2010)
Player Link: MiLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

優れた体格を持ち、高いパワーポテンシャルがあると見られていたが、BPではともかく、試合ではそのポテンシャルを発揮できなかった。選球眼はまずまず。06年にOFから1Bに転向。スピードはなく、守備に関しても限られている。


[Background]

04年のドラフトで指名後、Draft-and-Followにより、05年になってから契約。


[Profile]

05' : GCLでプロデビュー。

06' : 1Bに転向し、GCLで爆発。

07' : SS-A Lowell/Low-A Greenvilleでまずまずの打棒を見せた。

08' : Low-A/High-A Lancasterで計13 HR。Lancasterの環境を考えれば、1Bとしては物足りない。

09' : Lars Andersonに追い抜かれ、再びHigh-A Salemへ。AVGは悪くないが、たった6 HR。

10' Apr. : リリース。

10' : ATLに拾われてプレーするも、やはりパワーを見せられず。

11' : Indy. Leagueでプレー。


[Comment]

Larsに追い抜かれるだろうとは言われてたけど、Larsもあまり伸びなかったですね。

09'-10'シーズンの陣容について -GK&DF編-


また今季もちょっと遅れがちですが、Valencia CFの09'-10'シーズンの戦力と展望についてポジション毎にまとめておきます。


[08'-09'シーズン終了時のメンバー]

Renan Brito (GK)
César Sánchez (GK)
Vicente Guaita (GK、B登録)
Raul Albiol (CB/RSB)
Alexis Ruano (CB/LSB)
Carlos Marchena (CB/DH)
Hedwiges Maduro (CB/RSB/DH)
Arturo Navarro (CB/RSB、B登録)
Miguel Brito (RSB)
Curro Torres (RSB/LSB)
"Ximo" Navarro (RSB/RSH、B登録)
Emiliano Moretti (LSB/CB)
Asier Del Horno (LSB)
Thiago Carleto (LSB)
Jaume Costa (LSB/LSH、B登録)

Ludovic Buttlle (GK、LOSC Lille (FRA)にレンタル)
David Navarro (CB、RCD Mallorcaにレンタル)
Carlos Bellvis (LSH/LSB、CD Numanciaにレンタル)


[主な下部組織の状況]

"Salva" De La Cruz (GK、Bチーム所属、1988年生まれ)
Sergio Garabato (GK、Bチーム所属、1989年生まれ)
Arturo Navarro (CB、Bチーム所属、1989年生まれ)
Manuel "Lillo" (RSB/CB、Bチーム所属、1989年生まれ)
Borja Navarro (CB、Bチーム所属、1988年生まれ)
Victor Fernandez (LSB、Bチーム所属、1987年生まれ)

GKのSalvaにCBのArturo、Lilloあたりはトップチームにケガ人が出た際には帯同が濃厚。LombanやJaume、X. Navarroをレンタルで出してしまったので少し薄いと言えば薄いですね。それでもLilloやArturoにはかなり期待しています。


[移籍関連情報]

Jeremy Mathieuを獲得 —決定

Toulouse FCからLSBのMathieuを獲得。LSBを中心にLSHやCHもこなせるユーティリティな選手です。スピードがやや不足気味なので、素早くリーガにアジャストできるか?


Bruno Saltorを獲得 —決定

UD AlmeriaからRSBのBrunoを獲得。スタミナとスピードに優れる選手で、LSBもこなします。Emery監督のAlmeria時代の教え子。


Ángel Dealbertを獲得 —決定

2部のCD CastellonからCBのDealbertを獲得。Raul Albiolの抜けた穴を埋める存在として期待です。CBの一角はAlexisで決まりですが、そのパートナーをMarchenaやD. Navarro、Maduroと争います。


Miguel Ángel Moyàを獲得 —決定

RCD MallorcaからGKのMoyàを獲得。Emeryさんは昨季途中にケガで戦列を離れてから、Renanをあまり使いたがらなくなりました。昨年も獲得に動いた選手でしたが、評価がやや下がり気味なこともあって、比較的安値で確保できました。


◯ Raul Albiol、Emiliano Moretti、Curro Torresの移籍決定

ここ数年のValenciaのディフェンスを支えた2人の放出が決まりました。Albiolは宿敵(というにはここ数年のValenciaは冴えませんが)Real Madridに1500万ユーロで移籍。資金が苦しいクラブ事情もあって、主力選手の売却が噂されていましたが、Villa、Silvaといった目立つ攻撃の選手を残したために、彼が売られることに。Valencia生まれのValencia育ち。彼の放出はとても残念です。多分Emery監督は、そこまで彼を信頼していなかったみたいですね。いつかまた帰って来てくれると期待しています。

Morettiはここ数年噂になっていたイタリア帰還。移籍金は380万ユーロ。Claudio Ranieri監督のイタリア化で来たイタリア人の内、唯一残った選手で、Valenciaを気に入ってくれていました。GenoaはELにも出ているし、働きがいはあるでしょう。ここ数年の活躍をイタリアでしていたら、とっくに代表に呼ばれていたはず。母国でも、その存在感を見せて欲しいですね。こちらはGenoaが2部に降格した際は半額で買い戻せるそうです。

またC. Torresとの契約が満了しクラブを去ることに(Mestallaでお別れのセレモニーがありました)。2部のGimnasticと契約を結びました。近年の黄金時代を支えたRSB。チームを思って我慢した膝のケガの悪化から回復しきれず、最近は出てもいいパフォーマンスは見せられませんでした。もともと非常に気持ちの強い選手ですし、まだまだやる気はあるみたいなので、若手の手本になってあげて欲しいですね。お疲れ様でした。


◯ Renan Brito、Vicente Guaita、Thiago Carletoのレンタル移籍決定

若い3選手のレンタルが決定。また昨季はBチームがメインだった、Jaume CostaとX. Navarroもレンタルです。Carletoは最後まで必死のアピールでしたが、取りあえず修行に出されることに。レンタルをたらい回しなんてことのないようにしていただきたいものです。


◯ David Navarroのレンタルバック 決定

MallorcaからD. Navarroが復帰。Intel Milano戦での暴行事件のあと、ずっとレンタル生活が続いていましたが、資金難のクラブ事情もあって、今季は控えCBとして残ることになりました。パワー・高さはありますが、スピード不足は変わらない。Mallorcaではポジションを掴みとったし、駆け引きや1対1は向上しているのかなと。Alexis、Dealbertがレギュラーで、Marchenaもいるので、その控えをMaduroと争うことになります。


[移籍選手]

Renan Brito (Xerez CD (2部)にレンタル移籍)
Vicente Guaita (Recreativo Huelva (2部)にレンタル移籍)
Raul Albiol (Real Madridに完全移籍)
Curro Torres (契約満了、Gimnastic Tarragona (2部)と契約)
Emiliano Moretti (Genoa CFC (ITA)に完全移籍)
Thiago Carleto (Elche CF (2部)にレンタル移籍)
Jaume Costa (Cadiz CF (2部)にレンタル移籍)
"Ximo" Navarro (Elche CF (2部)にレンタル移籍)


[今シーズンの陣容]

1. César Sánchez (GK)
13. Miguel Ángel Moyà (GK、新加入)
31. "Salva" De La Cruz (GK、UEFA Bリスト登録)
32. Sergio Garabato (GK、UEFA Bリスト登録)
2. Bruno Saltor (RSB/LSB、新加入)
3. Hedwiges Maduro (CB/DH)
4. David Navarro (CB、レンタルから復帰)
5. Carlos Marchena (CB/DH)
11. Asier Del Horno (LSB)
15. Ángel Dealbert (CB、新加入)
20. Alexis Ruano (CB/RSB)
22. Jeremy Mathieu (LSB/LSH、新加入)
23. Miguel Brito (RSB)
34. Arturo Navarro (CB、UEFA Bリスト登録)
37. Borja Navarro (CB、UEFA Bリスト登録)
38. Sergio Cuesta (RSH/RSB、UEFA Bリスト登録)


[展望]

GKはMoyàとCésarがしのぎを削っています。現状ではEmeryさんもどちらと決めかねている様子。本音を言えば、若いMoyàがレギュラーを掴んで欲しいのだろうけど、CésarもValenciaに来て以降素晴らしい活躍をしています。しばらくはあまりいいことではないのかもしれませんが、併用ということになるかもしれません。Césarは安定しているし、Moyàがダメなら彼がいるという点では、悪くないポジションです。

CBの一角はAlexisで決まり。Valenciaに来て以降はケガなどもあり、思ったほどの活躍ができていませんが、本来はスペインでも指折りの若手CB。空中戦、1対1に抜群に強く、Getafe時代はフィードにも定評がありました。SBもこなせる選手ですが、今季はCBに専念でしょう。

CBのもう1枠にはMarchena、Dealbert、Maduro、D. Navarroと4人がひしめいています。実績ではMarchenaですが、今季はDHでの出場が多くなりそう。残りの3人の内では、Dealbertが一歩抜け出しており、現時点ではAlexisの相棒の1番手です。今のところコンビも相性もいいカンジです。

MaduroとD. NavarroはCBの控えとなります。Maduroは一応DHの駒としてもカウントされているのかも。どちらも、今のところプレシーズンゲームでは悪くないですが、ややスピードに欠け、上位相手にはキビしい場面もあるかも。ただ控えとしては良くはないですが、妥当というカンジ。

SBは両サイドをこなせて、プレシーズンでも評価の高かったBrunoが1枠決定で、MiguelとMathieuがもう1枠を争うカンジ。Brunoは右でできれば使いたいけど、現状ではさすがにMiguelがMathieuより上だと思います。Miguelがもう少し、以前の攻撃力を取り戻してくれればいいんですが。

Mathieuはもともとややスピードに欠け、現状では守備にやや不安あり。LSBとしては、ケガがまだ治っていませんが、Del Hornoもいるので、彼の復帰までにはアピールが必要です。Del Hornoもそろそろ(というかだいぶ前から)正念場。今季ダメなら後はないでしょう。

ディフェンスラインの全体としては、Alexisがようやく本領を発揮してきており、Brunoも素早く適応しているので、それなりの形にはなっています。懸念としては、CBは枚数的に足りてますが、SBがちょっと不安。Del Hornoに計算が立たず、Mathieuがうまく適応できなければ、ちょっと危うい。X. Navarro、Jaumeとそれなりに使えそうな若手をレンタルに出してしまっているのもあります。なんとかMathieuにガンバってもらわないと。

よく使う単語・略語(MLB関連)

MLB関連のスレッドで、よく略語や英語を使っていますが、慣れていない方にはちょっと迷惑かと思いますので、まとめておきます(ちょっとずつ追加予定)。間違いがあれば、ご連絡頂ければうれしいです。


[ア行]


[A]

AFL : Arizona Fall Leagueの略。アリゾナで開催される秋季リーグでレベルの高いProspectが多く参加します。

[D]

DFA : Designated For Assignmentの略。よく日本では戦力外とイコールにされますが。正確には40人ロスターから外すことを指します。DFAされた選手はWaiverにかけられ、他のチームがClaimできる状態になります。

[P]

Prospect : 有望株のこと。一般に25歳くらいまでで、将来有望な選手のことを指す。

PTBNL : Player To Be Named Laterの略。後日指名選手のこと。トレードの際の交換相手を、トレード時ではなく、あとで決めること。指名候補選手のリストを渡して、あとで決めさせたり、またトレード時には移籍できない選手(移籍期間外で40人ロスター内にいる選手や、契約してから1年が経っていない選手など)を移籍させる手段としても使われます。

Former Sox Prospect Review: Jordan Craft, RHP

今回は、ケガに悩まされて開花しなかった、Jordan Craft。ドラ13で契約した選手ですが、何気ドラフト時はBAのTop 100近辺と、非常に評価の高い選手だったよう。


[Player Data]

Name: Jordan Craft (ジョーダン・クラフト)
Full Name: Jordan B. Craft
Positions: RHSP/RHRP
Born: June 5, 1985
Birthplace: Wrightwood, California
Height: 6-3
Weight: 200
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 13th round, 2006
How Acquired: Draft
Signing Bonus: Not Announced
College: Dallas Baptist
High School: Serrano HS (TX)
How Left: Released (March 2009)
Player Link: MiLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

優れた投手体格。最速95~96 mphに達するフォーシームに、沈みの大きい90 mph前半のツーシームを併用する。チェンジアップは発展途上。ケガの影響もあったのか、制球はイマイチ。


[Background]

ドラフト時のランキングはBA #119。カレッジでの成績は平凡だったが、体格とスタッフに、ソフモアで伸びしろがあるという点が評価されていたよう。


[Profile]

06' : GCLでプロデビュー。SS-A Lowellと合わせて、しっかりとした投球を見せた。

07' : ケガもあり、Low-A Greenvilleではボロボロ。

08' : Low-Aでリリーフとして投げるが、やはりケガで多くの時間を失った。

09' Mar. : リリース。


[Comment]

ドラフト時にドラ13までスリップしたのもケガへの懸念なんですかね?ドラフトイヤーは投球回数的にも、特に健康面に問題を抱えていたように見えませんが。