2009年8月26日水曜日

Former Sox Prospect Review: Daniel Haigwood, LHP

今回は、元Top Prospect、Daniel Haigwood。CWS、PHI、TEXといずれもトレードで移籍した後、BOSへ。ただ移籍後は目立たなかった。


[Player Data]

Name: Daniel Haigwood (ダニエル・ヘイウッド)
Full Name: Daniel Cain Haigwood
Positions: LHSP/LHRP
Born: November 19, 1983
Birthplace: Batesville, Arkansas
Height: 6-2
Weight: 215
Bats: Right
Throws: Left
Drafted: 16th round, 2002 by Chicago White Sox
How Acquired: Acquired from Texas for Scott Shoemaker (April 2007)
High School: Midland HS (AR)
How Left: Minor league free agency (December 2008)
Player Link: MiLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

平均的な体格。90 mph前半の4シームに、カーブ、スラーブ、チェンジアップを投げる。速球派ではないが、特にカーブが良く落ちる優れたボールで、変化球をうまく操って三振を奪う。インテリジェントな選手と言われている。コマンドは良いと言われるが、比較的四球は多い。対右の方を得意としている。


[Background]

02年にドラ16でCWSに入団。03年にはACLの断裂を経験するが、05年にAAに辿り着くまで、いずれのクラスでも、イニング以上の三振を奪っており、かなりのProspectと見られていた。06年には、PHI、TEXへと二度のトレード。07年の4月にトレードでBOSに加入。


[Profile]

07' : AA Portlandで投げるが、ERA 5.72と苦戦。奪三振率や被打率はそれほど悪くなかったが。AFLに派遣。

08' : AAでリリーフに転向。やや四球が多いが、しっかりと成績を残した。

08' Dec. : MiLFAに。個人的には再契約を希望していた。

09' : Indy. Leagueでプレー後、OAK傘下で投げた。


[Comment]

もう少し対左が良ければ、チャンスさえあれば、MLBで投げてたかもですけどね。

0 件のコメント: