2016年4月29日金曜日

16' Today's Topics - 4/28

[Today's Game (Game 22 vs ATL)]

ATLとの四連戦ですが、後ろの2つはFenwayに戻ってきてのホームゲームなんですね。再建期ATL相手にスウィープ決めたかったですが、残念ながら最後の試合を落とした。7回途中まで投げたのはいいけど、今のATL相手に5失点ではちょっと情けないですね。もうボチボチがつんと投げて欲しいのですが。

Result : BOS 3 - 5 ATL (W12-L10)

2016年4月27日水曜日

16' Today's Topics - 4/26

[Today's Game (Game 20 @ATL)]

D. Priceがキャリアハイに並ぶ14奪三振で、三連勝。調子が落ちてきた地区首位のBALを0.5差に捉えました。Priceの速球は最速94 mph。洗練された投手にはなったけど、やっぱり以前のパワーは失われてきていますね。今日も初回はあまり良くなかったし、ATL相手じゃなかったらどうなってたか。4月はPriceは例年良くないそうですが、これで乗って行けるか。

今日もPapiがお休みで、何気今日の野手のラインナップは、マイナー時代にBOSにやってきたHoltを含め、全員がBOS傘下でマイナー時代を過ごした生え抜き選手ですね。BOSのマイナーチームをこよなく愛する身としては本当に感無量です。欲を言えば、パワーを発揮する選手が加わって欲しいけど、今後も多くの生え抜きが活躍するチームでいて欲しい。

そんなマイナーから、Lightが今日MLBデビュー。速球は95~97 mphと球速があったけど、特に最初の三人には利き手側にほとんど外れていたし、甘く入ると97 mphでも簡単に打たれていた。ボールの出所が見やすいタイプなのかな?ちょっとクローズド気味に構えるから利き手側に抜けるのだと思うけど、ボールをできるだけ隠したいという意図なのかも。

スライダーは90~91 mphと球速がある。スプリッターがセカンドピッチと聞いていたけど、スライダーもサードピッチとしては悪くないようには思う。スプリッターは88 mph前後のボールかな?速球がコマンドできるようになればもうちょっと生きる気がする。まだMLBで投げるにはちょっと未熟感が強かった。近々マイナーに戻るでしょうが、課題を確認して行って欲しいですね。

そんな球速のあるLightがデビューしたブルペンですが、それまででもブルペン全体の平均で94 mph超の速球の球速を記録しており、平均球速ではKCに次ぐ、MLB第2位だそうです。Layneはここまであまり投げていないけど、球速の無い、上原、N. Ramirezもそこそこ投げていてそれですから、なかなかのものかと。

Kimbrel、Barnesが速いのは言うに 及ばずですが、何気今年はR. Ross, Jr.も球速が上がっている。昨日も95~96 mphを連発していたのは今季初めて見たけどちょっと驚いた。最後に、昨日書いた、元BOSのHunter Cervenkaが一人だけですが、投げているのを見ることができました。速球は92~94 mph。体格も良いし、なかなか迫力があります。

88 mph前後のスライダーに、80 mph弱のカーブ。スタッフ的には左腕としては十分。Jonny VentersやEric O'Flahartyのような左腕リリーフが開花したチームだし、上手くハマって欲しい。投げた相手は今日も初回に大きなHRを放ったShawでしたが、この二人は08年ドラフトでは共に高校生としてBOSに指名された同期にあたります(Shawはその時は契約せずに進学し、11年ドラフトで再び指名されて入団)。

Result : ATL 4 - 11 BOS (W11-L9)

2016年4月26日火曜日

16' Today's Topics - 4/25

[Today's Game (Game 19 @ATL)]

再建期のATLの打線は、STか二軍みたいな感じですね。Freddie Freemanも不調のようで猶更。そのおかげなのかどうかはわかりませんが、Porcelloが7回途中無失点で今季初の1-0ゲーム。Porcelloは何気、14試合連続6 IP以上を投げており、アクティブの投手では現在最長。今日も90 mph前後の速球がよく沈んでいました。

STでは酷かったのでどうなるかと思っていたけど、主軸先発陣の中で最初に落ち着いた印象ですね。ATLと言えば、聞き覚えのある名前が出ているな、と思ったら、BOSの08年ドラ27のHunter CervenkaがATLでMLBデビューしてリリーフで投げているようです。三振の取れる左腕で、個人的にかなり気に入っていたけど、BOS傘下では起用法もはっきりせず、制球難を克服できなかった。

元BOSを集めるCHCへ移っていたけど、昨季途中にATLへ移ると、AAAで好投を見せた。この春はSTで良い投球を見せ、一度はマイナー送りになったものの、開幕ロスター入りも噂になっていた。結局それは達成できなかったけど、早い段階でチャンスが訪れたようですね。制球はやはり粗いながらも、奪三振と被打率の低さ、という点で今のところ良い感じ。ガンバって欲しいもんです。

昨日の話に戻りますが、ブログを書いたあと、Barnesへの交代以降を観戦。Barnesも3 IP目はちょっと落ちましたね。速球は今年は安定して96~98 mphを投げているけど、さすがにその速球を5 IP維持するのは難しいのかな。Hembreeが良い感じだし、先発もちょっと薄いので、C. Smithの復帰に合わせて、一旦マイナーに戻って先発に戻しても、と思っていますが。

そしてそのHembreeは素晴らしかったですね。こちらも3 IP目は92~95 mphとちょっと落ちたけど、1、2 IP目は94~98 mphの速球をしっかり低めに投げていた。ちょっと押し出すような投げ方だけど、Barnesの球質がちょっと軽そうなのと逆に、手元で伸びる重たいボールに見えました。86~88 mphのスライダーに、80 mph前後のカーブと、リリーフとしては珍しく二種類のブレイキングボールを投げますが、いずれも低めにしっかり投げている。MLBのリリーフとして十分なスタッフに見えます。

Result : ATL 0 - 1 BOS (W10-L9)


[Poll Result]

☆ Swihartのポジションに関する投票ありがとうございました。ちょっと投票の文章が長くて見づらかったですね。スイマセン。なんやかんやで、やっぱり捕手として大成して欲しいという意見が最多でしたね。C. Vazquezも打撃もまだわからないし、打てる捕手というのは魅力的。

他のポジションで試合に出すというのも良いですが、個人的にはとにかく守備の指導をしっかりして、人並みの守備を身に付けさせてもらいたいと思っています。ただトレードやOFへの完全コンバートというところにも結構票が入っていますし、守備の部分でファンにはかなり厳しい目で見られている、というのは本人にも意識してもらいたいところです。


○ Blake Swihartの外野手挑戦についてどう思いますか?(回答43)

1. 捕手一本で守備を鍛えるべき。 - 20 (46%)
2. 外野手メインだが、Vazquezの控えは務められるように捕手でも使うべき。 - 8 (18%)
3. トレードで出してしまうべき。 - 7 (16%)
4. 外野手に完全に転向させるべき。 - 6 (13%)
5. それ以外です。 - 2 (4%)

16' Minor League Season Memo -4/25~5/1-

4/23の試合で途中交代したChavisですが、どうやら左の親指(多分手)の腱を断裂したようです。Low-Aへ戻った今季の開幕でしたが、昨年と異なり、しっかり打ちこんでいたし、既に3 HR。大きな飛躍の気配があっただけに残念です。前週の結果はこちら


○ 4/25

[AA] : RHP Mike McCarthyがDL入り。
[AA] : OF Derek MillerをLowell (A-)へPM。
[AA] : LHP Nik Turleyがロスター入り。
[AA] : RF/CF Henry RamosがDLから復帰。

[AAA] - Box
Cuevasが7.0 IP/3 H/0 ER/3 BB/4 K。MLB昇格を自信に変えて、しばらくAAAでガンバって欲しい。M. Hernandez、Swihartが3 H/1 2B、Travis、Maxwell、Witteが2 H。Hernandezは初めてLFの守備に就いています。

[AA] - Box
McAvoyが1.2 IP/0 H/0 ER/6 BB/1 K。この前まで良かったのに、今日は全くストライクが入らなかった。ここまで良かったShepherdも2.0 IP/4 H/2 ER/1 BB/2 Kと乱調。Romanskiが2 H。WitteがAAAに行って、彼とSturgeonくらいしかまともに打てていない。

[A+] - Offday

[A] - Offday

2016年4月25日月曜日

16' Today's Topics - 4/24

[Today's Game (Game 18 @HOU)]

ブルペンの大黒柱となる予定が、出てくる度に若干不安な目で見てしまうKimbrelが今日は被弾で延長へ。Hembreeが3 IP/4 K無失点で、Prospect卒業に花を添えました。Hembree良いですね。S. Wrightもまだしばらくブルペンに戻って来ないだろうし、このまま上で使いたいですね(C. Smithが戻って来ると8人になってしまいますが)。

さて、Owensですが、個人的には1、2回は割とポジティブな印象。確かに初回多少もたつきましたが、初めての球場・初めてのチーム相手に今季MLB初登板だから仕方ない部分もあるでしょう。Carlos Correaに、インコースのクロスファイアーでのけ反らせてからの、アウトコースのチェンジアップで泳がせて三振は完璧でした。

2回もMarwin Gonzalezに甘い速球をスタンドに運ばれはしたものの、好調な上位打線を抜けて2アウトということで少し気が緩んだのかも。9番打者に四球を出したのも良くないですが、リーグを代表する打者である、Jose Altuveを同じくチェンジアップで泳がして三振。ここまでは速球はバラついていたものの良かった。

しかし3回に先頭のGeorge Springer (ちなみにOwensやBarnesと同じ、11年ドラフトのドラ1仲間)に鋭い当たりで三塁線を抜かれると、以降は制球も定まらないし、何より腕が振れずに置きに行く感じで、結局4回持たなかった。Shawも追いついてはいたので、何とか前に弾いてシングルで止めて欲しかったかな~。ここまで意外にも柔らかい3B守備を見せるShawですが、あそこまで速い打球への反応はわずかに遅いようにも思える。

まぁそれにしてもリードもあったし、せめて5回までは投げて欲しかったが。元々ショートアーム気味な投手ではありますが、明らかにフィニッシュが弱くなっていた。速球はほぼストライクが入らず、ところどころカーブで目線を変えながら、チェンジアップに頼るしかない状態。速球は序盤は89~92 mphでしたが、その状態では86~89 mph。

チェンジアップは75~79 mph程度かな?腕が振れている時は、MLBの打者に対してもキラーピッチと言える質があるんですがね。カーブは68~70 mph。基本目線を変えるだけのボールでしょう。いくらチェンジアップが良くても、速球である程度カウントを稼げないとどうにもならない。個人的な印象ですが、本人自身速球にあまり自信が無いんじゃないかな~。

マイナーでは若い内から好成績を残してきたけど、MLBでは、厳しいところに投げないと打たれる、と思って自らゾーンを狭めてしまっている印象。低めを意識しようとして、下に抜けてしまうボールも多い。何も7回無失点を期待している訳ではないんですけどね。6回3失点のQOで十分。先輩方もそれすらできてない選手ばかりなんだし。E. Rodriguez復帰まではOwensしか実質いないのだし、もう少し気楽に構えて。90 mphの速球だって、そうそう全部打たれる訳じゃないのだから。

Result : HOU 5 - 7 BOS (W9-L9)

2016年4月24日日曜日

16' Today's Topics - 4/23

[Today's Game (Game 17 @HOU)]

長いAL東シリーズを終え、舞台はHOUへ。昨日はS. Wrightが6.2 IP/4 H/0 ER/5 BB/6 Kと好投して勝利したものの、今日は途中まで調子良く投げていたBuchholzが不調のColby Rasmusに甘い速球をグランドスラムされて勝負あり。X. Bogaertsが昨日手首に死球を受けてお休み。X-rayはネガティブだったよう。

ちなみにBOSの先発陣の防御率は、D. Price (7.06)、Buchholz (6.33)、J. Kelly, Jr. (9.35)、Porcello (4.66)、Wright (1.40)。E. Rodriguezの代役だったWrightが孤軍奮闘状態。ずっとこの状態とは思いませんが、この状態では大型連勝は見込めないでしょうね。4月負け越しのチームはWS制覇したこと無いんでしたっけ?

Result : HOU 8 - 3 BOS (W8-L9)


[Other Topics]

☆ 昨日、今日と珍しく他チームの試合もちょこちょこ見てますが、今日は東進ハイスクールの林修先生がBSのゲストで出ていてちょっと面白かった。何気、自分は高校の頃、東進にも籍はあったんですよね。授業に出たことはなくて、送られてくる授業のビデオをちょこちょこ見たくらいですが。

話は逸れましたが、LADの前田健太は予想以上に順応していますね。初打席でHRだっけ?など、もあって、LADファンにも既に受け入れられている感じ。88~90 mph前後の速球の球速は平凡だけど、変化球のコマンドが良い。かつて日本人投手の多くが苦労したボールの違いを乗り越えている印象です。

あとは、昨日、今日とNYY-TBをちょろっと見たけど、田中将大ってあんなアームスロットでしたっけ?なんかサイド気味というか、角度が付かなくなっている印象が。速球のムーブはそこそこ出ていて、それを重視しているのかと思うけど、ちょっと体重が乗っていない印象で、松坂大輔の変遷を見ているような気になりました。

あとは、TBの先発が昨日はMatt Moore、今日はMLBデビューとなるBlake Snell。Mooreは個人的に凄く好みの投手です。マイナーで無双してMLBデビューまでは良かったけど、TJ等もあって、まだフルポテンシャル発揮には至っていない感。やや制球に問題があるのが足を引っ張っているんでしょうがね。速球もバラつくけど、代名詞のカーブも素晴らしいキレながら、変化が大きすぎて操りきれていないように思う。

Buchholzのデビュー後数年のような感じかもですね。チェンジアップも悪くないはずなので、カッターあたりを身に付けて、カーブを少し減らせば化けるかも。Snellは速球は速いけど、まだ素材という感じですね。NYMのSteven Matzなんかもそうですけど、球速のある左腕はマイナーでは無双できるし、MLBもデビュー直後はいいけど、ある程度データが出てきた後は、それだけじゃ行き詰まるのかも。

16' Vanderbilt Commodores Game Results -4/22~4/28

先週のシリーズでは、ウィークエンド三番手の先発がようやくPatrick Raby (Fr.-RHP)に。Hayden Stone (Jr.-RHP)はリリーフでがんばってもらいたい。またJulian Infante (Fr.-IF)がデビュー。1Bの救世主になれるか?前週の結果はこちら


[4/22 (@Tennessee)] - Box
Jordan Sheffield (rSO.-RHP)が8.0 IP/3 H/0 ER/1 BB/4 K。前回の完封に続き、今日も8 IPを投げて無失点。良い感じです。今日も1BはJulian Infanteが務めていますね。Bryan Reynolds (Jr.-OF)に第9号。

2016年4月22日金曜日

16' Today's Topics - 4/21

[Today's Game (Game 15 vs TB)]

なかなか貯金ができませんね。今日はエースD. Priceが古巣相手に3.2 IP/8 H/8 ER/2 BB/5 Kと言い訳のしようのない大炎上。7回にMLBデビューとなったCuevasが無失点で抑えた後、せっかく同点に追い付いたにも関わらず、上原あたりの勝ちパターンの投手を使わずにCuevasを続投させて敗戦を喫したことで、またFarrell監督を批判する声が。

まぁ個人的にFarrellさんよりも、昨季Farrellさん療養中に指揮を執った、ベンチコーチのTrey Lovulloさんの方が采配は優れていると思っていますが。まぁ田澤も三連投で使えない状態だったし、せめて1点リードまでは、と思ったんでしょうがね。X. Bogaertsは普通に試合に出ていましたね。ベースランニングがいつもより少し遅い、というツィートもありましたが、ムリはしないように。

Result : BOS 8 - 12 TB (W7-L8)

2016年4月21日木曜日

16' Today's Topics - 4/20

[Today's Game (Game 14 vs TB)]

Porcelloが欲しいところで好投を見せ、連敗ストップ。リリーフは田澤とN. Ramirezを1 IPずつ投げさせたのみ、とリリーフを休ませられました。しばらく不振だったM. Betts、X. Bogaertsにも当たりが出て、TBエースのChris Archerから勝利を挙げるという良い日でしたが、Bogaertsがつま先を痛めて離脱したのだけがマイナス。重いものではなく、Day-to-Dayのようですが。

Result : BOS 7 - 3 TB (W7-L7)

Prospect Profile: Austin Glorius, RHP

今回は、昨年UDFAで契約した選手ながら、最速97 mphの速球で一気に注目度を上げた、Austin Gloriusくん。少し残念なことに、この春既にリリーフにコンバートされてしまいましたが、上限は高い選手だと思います。名前がまた、"Glorious (栄光)"を思わせる素晴らしい名前。BOSに栄光をもたらす選手になって欲しいですね。


[Player Data]

Name: Austin Glorius (オースティン・グロリアス)
Full Name: Austin Charles Glorius
Position: RHRP/RHSP
Born: May 10, 1993
Birthplace: Orlando, Florida
Height: 6-3
Weight: 205
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: Undrafted free agent (August 2015)
Signing Bonus: Not Announced
College: Valdosta State
High School: Windermere Prep (FL)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

若干まだ細いが素晴らしい投手体型で、運動能力も高い。メカニクスはやや堅く、力が入り気味だが、速球は常時92~94 mph、最速97 mphと非常に威力がある。制球はまだ粗い。82~84 mphと球速のあるチェンジアップはまだムラがある。スプリッターに近いボール。78~80 mphのカーブに、カッター気味の小さな変化のスライダーも投げる。


[Background]

15年のドラフトでは、MINやKCなど、いくつかのチームがドラ30~40で興味を示していたそうだが、最終的に名前が呼ばれることは無かった。スモールスクールでプレーしたことも影響したのかも。しかし、サマーリーグで好投を見せると、各チームからオファーがあったそうだが、BOSのオファーが一際高く評価していたこともあり、BOSへUDFAで入団。


[Profile]

15' : SS-A Lowellでプロデビュー。97 mphの速球に加えて、26.2 IPで36 Kを奪うなど、支配力を見せて、注目度を上げた。

16' : 今季はSTでのアピールに失敗し、Low-A Greenvilleで先発落ち。速球も球速が落ちていたよう。前半戦制球も悪く、不安定な内容だったのが、後半戦も含めて、最終的にはまずまず見れる数字に落ち着いた。


[Comment]

もう少し先発で見たかったな、というのが正直な感想ですが、メカニクスの堅さとセカンドピッチ以降の未熟さからして、リリーフ向きというのは大方の見方ではあった。セットアップ以上への成長を期待しています。

Prospect Profile: Kyle Martin, RHP

今回は、この春NRIとしてMLBのキャンプに呼ばれた、Kyle Martinくん。13年に契約して以来、シニアーサインでマイナーでもリリーフということで、あまりProspect扱いしてこなかったのですが、この春はMLB.comなどにも傘下のTop 30に選ばれたりしているので、今更ではありますが紹介します。


[Player Data]

Name: Kyle Martin (カイル・マーティン)
Full Name: Kyle Jared Martin
Position: RHRP
Born: January 18, 1991
Birthplace: Austin, Texas
Height: 6-7
Weight: 235
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 9th round, 2013; 35th round, 2012 by Chicago White Sox; 39th round, 2009 by Washington
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $10,000
College: Texas A&M
High School: St. Michael's HS (TX)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

非常に大柄で、相手を威圧できるサイズの持ち主。速球は常時91~93 mph、最速で95~96 mphを記録する。リリーフとしては飛び抜けていないがまずまず。長身から投げ込むことで、ゴロも打たせられる。制球・コマンドは以前はイマイチだったが、向上している。79~82 mphのサークルチェンジがセカンドピッチ。速球との球速差、落差もあり、プラスの可能性。スライダーは平凡。


[Background]

13年にシニアーで契約。$10Kと、ボーナスプールを削るための指名に見えたが、13年シーズンの前に、サイドアームだった投げ方をスリークォーター気味にすることで球速がアップしていたことがスカウトの目に留まったよう。


[Profile]

13' : SS-A Lowellでプロデビューし、防御率0点台で投げると、その年の内にLow-A Greenvilleに昇格。

14' : High-A Salemで一年を過ごした。支配力には欠けたものの、K/BBも良く、10セーブを挙げた。

15' : ケガで一時戦線を離脱するも、AA Portlandでまずまずの投球を見せ、傘下のリリーフのProspectの中でも比較的高い評価を受けるように。AFLでも5試合ながら好投を見せた。

16' : AAA Pawtucketで文句無しの成績を残しながらも、結局MLBからは声が掛からなかった。


[Comment]

昨日、STでは同じくNRIだったWilliam CuevasがMLBに呼ばれるなど、ややリリーフのデプス不足になりかけているので、もしかすると近々コールアップのチャンスがあるかも。

2016年4月20日水曜日

16' Today's Topics - 4/19

[Today's Game (Game 13 vs TB)]

ここ数日接戦を落とし続けており、また借金生活に。投手が良いと打者が沈黙したり、ちょっと噛みあっていない印象。今日はJ. Kelly, Jr.が23球投げた時点で肩と背中の痛みを訴え降板。球速も出ていなかったし、投球練習の時から痛みがあったようです。

今日呼ばれたばかりのHembreeが3.1 IP/2 H/4 Kと踏ん張りましたが、開幕からやや酷使気味のBarnesが最後打たれてジエンド。KellyはDLになるようです。代役は恐らくOwensでしょうね。マイナーでもやや四球は多いものの支配的な投球を見せている。

このチャンスに先発に定着して欲しいところ。E. Rodriguezの復帰も近づいているし、Rodriguez、Owens、S. Wrightあたりはしっかりローテを掴んでもらって、Kellyにはブルペンに行ってもらうのが個人的な理想です。

Result : BOS 0 - 3 TB (W6-L7)

16' Minor League Season Memo -4/18~4/24-

上位のProspect陣は多くが良いスタートを切っています。昨年はイマイチだったChavisなんかも良い感じ。D. MarreroとLonghiはやや不調ですが、ここ数試合は当たりが出てきた。最も不安なのはDeversですね。暖かくなってれば調子が上がってくると思っていますが。前週の結果はこちら


○ 4/18

[AAA] : 3B/LF Chri DominguezがDL入り。
[AAA] : 3B/1B Jantzen WitteがPortland (AA)から移動。
[AA] : 3B/1B Jordan BettsがSalem (A+)から移動。
[A+] : RHP Adam Lauがロスター外に移動。
[A+] : 3B/1B Mitchell GunsolusがGreenville (A)から移動。
[A] : OF Tate Mathenyがロスター入り。

[AAA] - Box
Owensが6.0 IP/5 H/1 ER/3 BB/9 K。今年はAAAはドミネイトしてます。Maxwellが3 H/1 2B、R. Castillo、Travisが2 H。

[AA] - Box
Haleyが5.0 IP/8 H/3 ER/0 B/3 K。Yslaが0.1 IP/1 BB/1 K。Sturgeon、R. Rosarioが2 H。

[A+] - Box
Kentが5.0 IP/8 H/3 ER/1 BB/0 K。Moncada、Longhi、Marsが2 H。MoncadaやBenintendiは打ってるけど、HRが見たいですね。

[A] - Box
A. Espinozaが5.0 IP/3 H/1 ER/2 BB/7 K。今日は再び素晴らしい投球。ゴロが増えれば完璧。Cosartが2.0 IP/1 BB/2 K。Chavis (2)、Washington (3)がそれぞれ3 H/1 HR。Ax. Basabeが3 H、Aj. Basabe、De La Guerra、J. Nunezが2 H。

2016年4月19日火曜日

16' Today's Topics - 4/17

[Today's Game (Game 11 vs TOR)]

なかなか大型連勝で勢いに乗る、ということができていませんが、先発S. Wrightは6.0 IP/6 H/2 ER/2 BB/6 Kと前回に続き、合格点の投球。今日はPedroiaが休みで、M. Hernandezが嬉しいMLBデビュー。初ヒットも放っています。おめでとう。

Result : BOS 3 - 5 TOR (W6-L5)


[Other Topics]

☆ 書くのが遅くなりましたが、何と言っても熊本の大地震が大変なことになっていますね。自分も阪神大震災をど真ん中で受け、そして東北の大震災も千葉ではありますが、それなりに大変な思いをしましたので、その怖さは分かります。

しばらくは余震が来ると、また大きくなるんじゃないかと思って、十分に睡眠も取れない日が続くかと思います。また、まだ行方不明となっている方もいらっしゃり、一刻も早い救出を願いたいです。最後に、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。


☆ マイナー落ちとなったSwihartにOFの練習をさせていることが明らかになりました。完全に転向ではなく、捕手でもプレーは続けるようです。Dombrowskiさんのコメントによると、C. Vazquezと二人ともがBOSの将来構想に含まれているが、どちらも正捕手とする訳にはいかないので、とのことです。ただやはり開幕からの守備の不振が大きいのでしょう。もう一度自分を見つめ直し、一回り大きくなってMLBに戻って来て欲しいですね。


[Poll Result]

☆ PapiのHR数予想の投票ありがとうございました。このところ少しHRが出ていませんが、やっぱり30本は打って、惜しまれながら引退してもらいたいものです。


○ David Ortizは今年何本HRを打つと思いますか?(回答32)

1. ここ数年レベルの30~40本。 - 21 (65%)
2. 有終の美を飾る40~50本。 - 5 (15%)
2T. 最後は少し落ちて20本台。 - 5 (15%)
4. ケガして20本以下で寂しい引退。 - 1 (3%)

Prospect Profile: Roniel Raudes, RHP

今回は、18歳にして開幕からLow-Aで素晴らしい投球を見せている、Roniel Raudesくん。Anderson Espinozaという同期の超大物の陰に隠れてはいますが、昨年も素晴らしい投球を見せていた超新星。


[Player Data]

Name: Roniel Raudes (ロニエル・ラウデス)
Full Name: Roniel Antonio Meza Raudes
Position: RHSP
Born: January 16, 1998
Birthplace: Granada, Nicaragua
Height: 6-1
Weight: 160
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (July 2014)
Signing Bonus: $250,000
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

体格はさほど大きくは無い。もの凄く体格的に成長することはないだろう。速球は87~93 mphと平均的だが、昨年から今年にかけて球速は増している。セカンドピッチはカーブ。年齢の割には非常に洗練された投手で、制球が素晴らしく、それでいてしっかり空振りも奪える。


[Background]

野球一家の出身。ベースボールのマイナー地域ではあるが、祖父と叔父はニカラグアの国内では非常に有名な選手だった。


[Profile]

15' : DSLでプロデビュー。11試合に投げ、53.1 IPで63 Kも素晴らしかったが、何よりたった3四球と制球力が飛び抜けていた。その成熟度を買われ、17歳にしてA. Espinozaに続いてGCLへ。そこでも4試合で素晴らしい投球を見せた。

16' : 完成度の高さで、Espinozaと同じく18歳にしてLow-A Greenville開幕を勝ち取った。時折崩れる試合もあり、やはり支配力という点では少し課題はあるが、内容的にはむしろEspinozaを上回る成績。


[Comment]

Espinozaのようなエース級のスタッフがある訳ではないですが、しっかりと空振りも奪えており、現在傘下でもトップクラスに期待している選手です。

Former Sox Prospect Review: Victor Diaz, RHP

今回は、今季GCL/SS-AをスキップしてLow-Aで開幕を迎えた、Victor Diaz。何と言っても、昨季ドミニカのリーグで102 mphを投げたという剛腕が魅力ですが、Low-Aでの開幕から数試合は全くボールをコントロールできていません。


[Player Data]

Name: Victor Diaz (ヴィクター・ディアズ)
Full Name: Victor Riveras Diaz
Position: RHRP
Born: May 24, 1994
Birthplace: Hato Mayor, Dominican Republic
Height: 6-3
Weight: 190
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (December 2014)
Signing Bonus: Not Announced
How Left: Traded to Chicago White Sox with Luis Alexander Basabe, Michael Kopech, and Yoan Moncada for Chris Sale (December 2016)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

優れた投手体格。年齢的には海外FAとしては高めの選手で、身体的な伸びしろは大きくは無い。力の入ったフォームで投げるが、速球は常時96~98 mph、最速で102 mphと球速面では超一級品。しかし、制球・コマンドは無いに等しく、ピッチャーと言うよりはスロワー。セカンドピッチはスライダーだが、こちらも非常に未熟。


[Background]

契約時は既に20歳と、海外FAとしては高めの年齢でサインした。


[Profile]

15' : DSLでプロデビュー。クローザー的な役割で投げ7セーブ。また102 mphの速球を投げたことが話題となった。

16' : 既に22歳ということで、GCL/SS-Aと2クラスをスキップしてLow-A GreenvilleでUSデビュー。4、5月は制球も全く定まらず、酷い内容だったが、チームが信じて使い続けた結果、6月以降は見違えるような投球。特に8月は正にドミナント。

16' Dec. : 面白くなってきたところでトレード。


[Comment]

上手く磨けば勿論面白い選手なんでしょうが、BOSはこういった選手の育成が下手ですからね...。

2016年4月17日日曜日

16' Today's Topics - 4/16

[Today's Game (Game 10 vs TOR)]

BAL最終戦でBALの開幕からの連勝を7で止めると、そこから三連勝。J. Kelly, Jr.、Porcelloと、完璧とは言わないまでも、最低限の仕事をすると、今日は前回ホームオープナーで崩れたD. Priceが地元ファンを安心させる7.0 IP/6 H/2 ER/0 BB/9 Kの投球。

野手陣は結構入れ替えがありましたが、レギュラー陣では捕手のところだけですね。C. Vazquezがコールアップ後、二試合連続でスタメン。Vazquezが受けて、投手陣がしっかり投げるようなら、やっぱりフレーミングを中心とした守備の部分がかなりのウェイトを占めるべき、という結論になるかもですね。

Result : BOS 4 - 2 TOR (W6-L4)


[Other Topics]

☆ ドラフト関連で、16年の全体1位有力候補との呼び声も高いJason Groome (HS-LHP)が転校ルールを破ったとしてサスペンションを受けるようです。すぐに投げられるようになるとの噂もありますが、しばらく続くようなら少しドラフトステータスに影響があるかも。この前のノーヒッターゲームも無効になるようです。

元々北東部New Jersey州の出身ですが、昨季はFlorida州のIMG Academyで投げていたけど、今季は地元に帰ったようで、その際に何かあったようです。またHS-Pでは、個人的にお気に入りのIan Anderson (HS-RHP)が側部の張りで登板回避。こちらも重いものではないようですが。

16' Vanderbilt Commodores Game Results -4/15~4/21

ようやく期待の新人の一人、Donny Everett (Fr.-RHP)がデビュー。Hayden Stone (Jr.-RHP)をウィークエンドローテに置くのがいいのか、もう一度役割分担を考えて欲しいところ。一方野手陣はなかなか開幕直後の勢いを取り戻せないですね。前週の結果はこちら


[4/15 (vs Kentucky)] - Box
Jordan Shefield (rSo.-RHP)が9.0 IP/5 H/0 ER/2 BB/14 K。124球の熱投で完封。エースがこういう投球をしてくれたら盛り上がりますね!相手のKentucky大も16年ドラ1候補のエースZack Brown (Jr.-RHP)が投げた試合なので、注目度も高かったでしょうが、スカウトに良い印象を残したんじゃないでしょうか。

2016年4月13日水曜日

16' Today's Topics - 4/12

[Today's Game (Game 7 vs BAL)]

序盤良い感じだったBuchholzも、結局はBALの開幕7連勝を止めることができず。BALは良いチームになりましたよね。タレントレベルではむしろBOSが上だと思うのだけど、BALは中堅がしっかり軸として働いている印象。

それがあって、若手やRule 5ドラフトピックなんかが活躍できたりするんじゃないかなって。ウチの中堅先発ときたら...。Shawは開幕から良い感じなのに、C. Youngを代打に出されることが多いですね。ちょっとそれには疑問なのですが。

Result : BOS 5 - 9 BAL (W3-L4)

16' Season Boston Red Sox -Apr.-

4月です。いよいよ今年もMLBの季節がやってまいりました。開幕戦は素晴らしい試合を見せ、打線も良い感じで乗って行けるかと思いきや、先発がシャキッとせず、いきなりチーム状態が悪く...(前記事はこちら)。


[Transaction]

○ 4/6
Placed C Christian Vazquez in AAA Pawtucket on the rehab assignment.

MiLBの開幕からC. VazquezがAAAでリハブを開始しています。

16' Minor League Season Memo -4/11~4/17-

開幕してまだ一週間足らずですが、まずはHigh-Aのタレント揃いの野手陣とLow-Aの18歳の右腕二人が面白いですね。ちなみにHigh-AのSalemは、Jim Callisさんから、今季開幕時点で、全マイナーチームで最もタレント豊富なチームと評価されています。Javier Guerraをオフにトレードし、Kopech(と一応Ball)が離脱しているのにそれは凄いですね。前週の結果はこちら


○ 4/11

[AA] : RHP Heri QuevedoをLowell (A-)へPM。
[AA] : RHP Mike McCarthyをアクティベイト。
[A+] : LHP Jake DrehoffをLowell (A-)へPM。
[A+] : C Jordan ProcyshenがDL入り。
[A+] : RHP Adam Lauがロスター入り。
[A+] : C David SopilkaがDLから復帰。

[AAA] - Box
B. Johnsonが4.0 IP/5 H/1 ER/1 BB/4 K。Travisが2 H/1 HR (1)。C. Marreroが2 H。

[AA] - Box
Buttreyが4.1 IP/4 H/3 ER/5 BB/3 K。う~ん。Sturgeon、H. Ramosが2 H。

[A+] - Box
B. Taylorが4.0 IP/4 H/1 ER/1 BB/5 K。Dubon、Benintendi、Devers、M. Meyers、B. Hudson、Sopilkaが2 H。

[A] - Box
D. Gonzalezが6.0 IP/2 H/0 ER/1 BB/3 K。スタッフ的にあまり評価されていませんが、成績は良い。Cosartが2.0 IP/1 H/1 BB/4 K。99 mphを投げたそうです。リリーフに移って息を吹き返した感じ。Chavisが2 H。

2016年4月11日月曜日

16' Today's Topics - 4/10

[Today's Game (Game 5 @TOR)]

エースD. Price以降、中堅先発三人が締まらない試合を続けてきましたが、今日はS. Wrightがその流れを止めました(Wrightも年齢的には十分中堅ですが)。しかし、打線はここまでのトップヒッターのHoltを右投手相手ながら休ませて敗戦。

まぁでもH. Ramirezが良い感じだし、先発がしっかり試合を作りさえすれば、文句は言えない。M. Betts、X. Bogaertsの期待の若手二人があまり元気がないのがちょっとあれですが。明日はエースPriceでホーム開幕戦です。

Result : TOR 3 - 0 BOS (W3-L2)


[Poll Result]

☆ D. Priceの勝敗予想の投票ありがとうございました。やっぱり予想は15~20勝に集中しましたね。高い買い物ではありましたが、これくらいやってくれたら大満足という感じですね。初戦を見る限りは十分にそれが期待できそうです。明日のホームオープナーも楽しみです。


○ David Priceは今年何勝すると思いますか?(回答32)

1. エースとして十分な15~20勝。 - 22 (68%)
2. 文句無しの20勝以上! - 5 (15%)
2T. ちょっと物足りないけど10~15勝。 - 5 (15%)

2016年4月10日日曜日

16' Today's Topics - 4/9

[Today's Game (Game 4 @TOR)]

今日はPorcelloが先発。6.0 IP/7 Kと彼にしては三振を奪いましたが4失点。リリーフと打線に負担の掛かる日が続きます。打線が良いので勝ててますけどね。今日はベンチメンバーを早めに試合に出したいのか、Papiがお休みで1BにShaw。そしてSandovalが3Bで初先発。R. CastilloもCFで先発しています。

Result : TOR 4 - 8 BOS (W3-L1)


[Other Topics]

☆ 今日はさすがに止まったようですが、COLのルーキーTrevor Storyが凄いですね。MLBデビューとなった開幕戦から4試合連続6発。SSとしてはパワーのある選手で、11年のドラフトでは個人的に欲しいと思っていた選手の一人でした。

守備は多少堅いと言われていましたが、MLBでどうでしょうね?Troy Tulowitzkiを昨季途中にTORに放出したCOLですが、強打のSSの系譜は続きそうです。更には15年全体3位指名のBrendan Rodgersも強打のSSで知られる選手。

16' Vanderbilt Commodores Game Results -4/8~4/14

投手陣にはJohn Kilichowski (Jr.-LHP)も戻り、ほぼ文句ない顔ぶれとなっていますが、野手陣の調子が上がらない。Bryan Reynolds (Jr.-OF)が一人奮闘している感じ。前週の結果はこちら


[4/8 (@Louisiana State)] - Box
Kyle Wright (So.-RHP)も7.0 IP/7 H/3 ER/3 BB/7 Kと、強豪を相手にしっかり投げましたが、LSUのAlex Lange (So.-RHP)の前に、6.1 IP/3 H/2 R/3 BB/9 K。17年クラスで今のところ個人的に一番気に入っている選手です。

Will Toffey (So.-3B)を下位に下げ、4番に何とフレッシュマンのEthan Paul (Fr.-2B/SS)を起用してみましたが、打線は活気づかず。Bryan Reynoldsは2 H/1 HR (7)とさすがですが。

2016年4月9日土曜日

16' Today's Topics - 4/8

[Today's Game (Game 3 @TOR)]

今日の試合は現在進行中。昨日は初日に雪でできなかったCLE戦が組まれていたのですが、再び雨で延期。一昨日の試合を見ましたが、Buchholzが良くなかったですね。また連投の成績が年々悪化している田澤が最後打たれて敗戦。C. Smith不在が早速取り上げられていました。一応Smithは投球を開始したようです。

(追記)一旦は4点のリードを奪われましたが、Holtの満塁弾などで逆転勝ち。リリーフも良かったですね。それにしてもJ. Kelly, Jr.は...。速球は99 mphとか出ているし、変化球も質自体はまずまずなのですが、なんであんなに簡単に打たれるかね?STでガンバって先発に残ったと思ったらこれだから...。

Result : TOR 7 - 8 BOS (W2-L1)

16' Minor League Season Memo -4/7~4/10-

いよいよ待ちに待ったマイナーのシーズンが開幕。傘下のBig 4(Moncada、Benintendi、Devers、A. Espinoza)を中心に、今年も全員が素晴らしい飛躍を遂げてくれることを期待しましょう!


○ 4/7 ~AAA to Low-A Opener~

[AAA] - Postponed (Rain)

[AA] - Box
開幕投手はA. Wilkerson。5.2 IP/2 H/0 ER/1 BB/11 Kと圧巻の投球。UDFAの選手で年齢も高いけど、割とがんばっている。リリーフくらいにはなれるかも。Jerezは1.1 IP/1 K、Yslaは1.0 IP/0 Hと無難な開幕。Romanskiが3 H、M. Millerが2 H/1 2B。Witteに第1号。

[A+] - Box
開幕投手はMcGratha。6.0 IP/4 H/3 ER/1 BB/1 K。三振は少なかったけどまずまず。そして打線が大爆発。Benintendiが4 H/1 2B/1 3B、Marsが3 H、Moncada、Dubon、Procyshen、M. Meyersと軒並み2 H。Deversだけがノーヒット。

[A] - Box
開幕投手はKent。6.0 IP/5 H/2 ER/2 BB/3 K。ポリッシュなカレッジアームらしい内容。J. Rivera、K. Washingtonが2 H。Chavisは4タコ。

2016年4月6日水曜日

16' Today's Topics - 4/5

[Today's Game (Game 1 @CLE)]

雪で一日遅れた16年シーズン開幕戦は、CLEのエースCorey Kluberという難敵相手に、パーフェクトな戦いを展開し、白星で飾ることができました。新エースD. Priceは、103球で6.0 IP/5 H/2 ER/2 BB/10 K。さすがエースという投球でチームを勝利に導きました。高い買い物ではありましたが、それに恥じない投球を見せてくれそうで良かった。

リリーフも田澤、上原、Kimbrelと揃い踏み。合わせて3.0 IPをノーヒット、5 Kと完璧な投球。打ってはM. Bettsが一戦目にして今季スーパースターの階段を登る準備はできていると言わんばかりの先制2ラン。そして今季がキャリアのフィナーレとなるPapiも気合十分な最終回の開幕戦HR。新3BとLFに選ばれたShawとHoltも2 Hなど、まさに理想的な開幕戦となりました。目指せ162勝無敗!

Result : CLE 2 - 6 BOS (W1-L0)


[Other Topics]

☆ 他チームの状況を少しだけ。まずはライバルNYYですが、田中将大が開幕投手。8回に、昨季鉄壁を誇ったDellin Betancesが四球から崩れて開幕黒星。STLでは、BOSの09年ドラ4のJeremy Hazelbakerが代打で嬉しいMLBデビューを飾り初打席でヒットを放っています。BOSではブロック気味でLADへトレード。昨季途中にそのLADをリリースされましたが、拾われたSTLで好成績を残し、この春のSTでも活躍。それが認められての開幕ロスター入りとなりました。

09年はBOSにとってはあまり良い印象の無いドラフトですが、ドラ1のReymond Fuentesもこの春ガンバってJarrod DysonがDLのKCで開幕ロスター入り。ドラ2のAlex WilsonもDETへトレード後、昨季はセーブ機会を任せられるなど活躍(今季はDL開幕)。他チームでも元BOSの選手がガンバっているのは嬉しいですね。Felix DoubrontもOAKの開幕ローテを掴んでいたのですが、開幕直前の故障で残念ながらDL入り。

16' Greenville Drive (Low-A) Opening Roster

フルシーズン最下層Low-AのGreenville Driveのロスターです。とにもかくにもA. Espinozaが初のフルシーズンでどんな投球を見せるかが注目。18歳だけに急がせるべきではないですが、彼なら軽くLow-Aを支配してHigh-Aに行くくらいの投球を見せてくれるんじゃないかと。
**: DL入りしている選手


[Pitchers]

LHP Matt Kent
RHP Anderson Espinoza
LHP Logan Boyd
RHP Roniel Raudes
RHP Daniel Gonzalez

LHP Bobby Poyner
RHP Austin Glorius
RHP Jeffry Fernandez
RHP Kuehl McEachern
RHP Victor Diaz
RHP Jake Cosart
RHP Dioscar Romero
RHP Anyelo LeClerc

16' Salem Red Sox (High-A) Opening Roster

High-AのSalem Red Soxの開幕ロスターです。野手は傘下の各クラスでも最も充実。MLB全体でもTop 20にランクされるMoncada、Benintendi、Deversの3人がここで開幕。非常に楽しみです。一方、投手陣はKopechがチームメイトとの喧嘩で右手を骨折。また、今季が正念場のBallも出遅れ。
**: DL入りしている選手


[Pitchers]

LHP Daniel McGrath
RHP Travis Lakins
LHP Jalen Beeks
RHP Ben Taylor
LHP Dedgar Jimenez

RHP Austin Maddox
RHP Mario Alcantara
RHP Jamie Callahan
RHP Taylor Grover
RHP German Taveras
RHP Yankory Pimentel
LHP Jake Drehoff

16' Portland Sea Dogs (AA) Opening Roster

AAのPortland Sea Dogsのロスターです。昨年に引き続き弱い。投手陣はJerezやYslaが見所になるくらい。StankiewiczやButtreyがブレイクしてくれればいいんですが。
*: 40人ロスター入りしている選手
**: DL入りしている選手


[Pitchers]

RHP Aaron Wilkerson
RHP Justin Haley
RHP Kevin McAvoy
RHP Teddy Stankiewicz
RHP Ty Buttrey

RHP Rob Wort
RHP Chandler Shepherd
LHP Luis Ysla
LHP Williams Jerez*
RHP Heri Quevedo
RHP Simon Mercedes
RHP Mitch Atkins
**RHP Mike McCarthy (Not Activated)

16' Pawtucket Red Sox (AAA) Opening Roster

16年のマイナーシーズンもいよいよ開幕です。まずは最上位のAAA Pawtucket Red Soxのロスターです。2年ほど前に比べると、ちょっと先発に大物感が少ないですが、MLB到達済みの選手も多いし、そういった選手にはしっかり結果を残してもらいたい。CoyleやBrentz(DL開幕)など、評価を落としている選手は特に巻き返しに期待です。
*: 40人ロスター入りしている選手
**: DL入りしている選手


[Pitchers]

LHP Henry Owens*
RHP Sean O'Sullivan
RHP Williams Cuevas
LHP Brian Johnson*
LHP Roenis Elias*

RHP Heath Hembree*
RHP Jorge Marban
RHP Kyle Martin
RHP Pat Light*
RHP Roman Mendez
LHP Robby Scott
RHP Anthony Varvaro
RHP Edwin Escobar*

2016年4月5日火曜日

16' Today's Topics - 4/3

[Today's Topics]

☆ さていよいよもう開幕は明日ですね。BOSは敵地でCLEとの三連戦。ここ数年あまり上位争いをしていないチームですが、Corey Kluberを始め、強力な先発陣を含め、生え抜き若手の多いチームで、今季は上位争いに顔を出してきそう。

投票で勝敗予想をやりましたが、三連勝という投票が少なかったように、かなりの強敵と思いますが、ここにしっかり敵地で勝ち越せば、今季のチームにも期待が持てそう。まずは新エースD. Priceですね。非常に楽しみ。今季も盛り上がって行きましょう!Go Sox !!


☆ サイドバーのProspect Rankingを更新しました。大きな変動はありませんが、STで株を上げたTravisや、良さげなレポートが入ってきているC. Acostaをランクアップ。


[Poll Result]

☆ #20はN. Ramirezとなりました。実は最後まで自分は投票してなくて、CoyleとRamirezが同票だったので、最後Ramirezに入れました。Coyleを選んでくださった方には申し訳ないですが、自らの力で開幕MLBロスターを掴んだRamirezを推したい。皆様多くの投票ほんとうにありがとうございました。投票によるランキングはこちらになります。また開幕シリーズ予想は2勝1敗が最多。良い方向にこれを裏切ってくれるよう期待したいですね。


○ 2016年度のBOSのNo.20プロスペクトは誰?(回答19)

1. Noe Ramirez - 6 (31%)
2. Sean Coyle - 5 (26%)
3. Ty Buttrey - 2 (10%)
3T. Bryce Brentz - 2 (10%)
3T. Travis Lakins - 2 (10%)
6. Luis Ysla - 1 (5%)
6T. Austin Glorius - 1 (5%)


○ 16年開幕シリーズの勝敗は?(回答31)

1. 手堅く2勝1敗かな? - 16 (51%)
2. プライスあたりは勝つけど1勝2敗 - 7 (22%)
3. 当然3連勝スウィープ! - 5 (16%)
4. 今年も不安な3連敗逆スウィープ - 3 (9%)

16' This Blog's BOS Prospects by Votes

投票による本ブログのTop 20 Prospectのリストが完成いたしました。ちなみに自分が個人的に作ったランキングはこちらです。後半は、やっぱりよくわからないので、という方もおられたでしょうし、Top 20はやり過ぎだったかな(苦笑)。来年はTop 15でやりたいと思います。最後まで多くの方々にお付き合いいただきました。参加していただいた皆様に改めて御礼申し上げます。


[16' This Blog's BOS Top 20 Prospects]

1. Yoan Moncada, 2B

2. Anderson Espinoza, RHP

3. Andrew Benintendi, OF

4. Rafael Devers, 3B

5. Michael Kopech, RHP

6. Brian Johnson, LHP

7. Sam Travis, 1B

8. Deven Marrero, SS

9. Michael Chavis, 3B

10. Nick Longhi, 1B/OF

11. Luis Alexander Basabe, OF

12. Pat Light, RHP

13. Marco Hernandez, SS/2B

14. Trey Ball, LHP

15. Mauricio Dubon, SS/2B

16. Christopher Acosta, RHP

17. Teddy Stankiewicz, RHP

17T. Wendell Rijo, 2B

19. Williams Jerez, LHP

20. Noe Ramirez, RHP

2016年4月3日日曜日

16' Today's Topics - 4/2

[Today's Topics]

☆ Grapefruits Leagueを終え、MontrealでエキシビジョンゲームをこなしたBOSは開幕を待つのみ。そういやSandovalのベンチ降格に対して、Sandovalの代理人が「勝ちたいなら、フェラーリを車庫に入れてどうするんだ?」という発言をしていましたが、ツィッターでは「フェラーリじゃなくてHyundaiだろ」とか。それはHyundaiに失礼?ちなみに全盛期の彼はLexusだそうです(笑)。

16' Boston Red Sox Opening Roster

いよいよ16年シーズンが開幕です。フロントのトップが代わり、個人的にも久しぶりにわくわくする開幕を迎えています。STではやや負けが込んでる印象だったけど、投打共に戦力は揃っている。若い野手陣も伸びしろは大きいし、次代のRed Sox帝国の基礎を築きたいですね。Go Sox !!


[Starter]

LHP David Price
RHP Clay Buchholz
RHP Rick Porcello
RHP Joe Kelly, Jr.
RHP Steven Wright

2016年4月2日土曜日

16' Vanderbilt Commodores Game Results -4/1~4/7

先週はBen Bowden (Jr.-LHP)をリリーフへ転向。開幕からリリーフの崩れが原因で負けることはあまり無かったけど、これでより一層強固なリリーフ陣が形成。打線がここのところやや調子が落ちているのと、ややエラーが目立つのでその辺りを向上させたい。前週の結果はこちら


[4/1 (vs South Carolina)] - Box
Kyle Wright (So.-RHP)は7.1 IP/6 H/2 ER/3 BB/5 K。相手先発のBraden Webb (rFr.-RHP)の前にチームを勝ちに導けませんでしたが、安定したパフォーマンスはチーム随一ですね。打線は2 H無得点。1BがPenn Murfee (rSo.-IF)とKyle Smith (Sr.-1B/OF)の併用になっている以外はほぼ固定面子なのですが、開幕直後の爆発力が無いですね。

2016年4月1日金曜日

16' Today's Topics - 3/31

[Today's Topics]

☆ 開幕の3BにShawが指名されました。これに伴いSandovalはベンチ降格。Hanigan、Sandoval、C. Young、R. Castilloの開幕ベンチ4人に、40人ロスターすら外れてマイナーに行っているCraigの今季年俸は$48Mだそうです...。Youngは今年の補強だけど、こう見ると前GMの負の遺産も結構大きい。

話は戻して、勿論チームNo.1の素晴らしい打撃でレギュラーを掴んだShawには祝福の言葉を送りたいですね。高年俸の控え組とは打って変わって、レギュラー陣の内、Papi、Pedroia、H. Ramirezを除く6人は最低年俸。ってまた話がそれました。Sandovalも何気この春はよく打っていたのですが、決めては守備だったそうです。

また昨年の反省も無く、ウェイトオーバーでキャンプ入りしてエラーを連発し、マイナーでは1Bの多かった選手にポジションを奪われたのだから自業自得ですがね。Shawを選んだことに対して、"I'm Happy"と文面上好意的なコメントを出してますが、逆に悔しく思って巻き返してくれるくらいやってもらわないと、残り4年の契約を残したままリリース、てなことになりかねません。

本日最後のGrapefruits Leagueのゲームでしたが、ラインナップは以下の通り。恐らくこれが開幕スタメンオーダーになるでしょう。上位3人が右打者の一方、下位はスィッチを含め左打ちが並ぶ。まぁ左要員はいるので、妥当なオーダーと言えるかと思います。

1. Mookie Betts, RF
2. Dustin Pedroia, 2B
3. Xander Bogaerts, SS
4. David Ortiz, DH
5. Hanley Ramirez, 1B
6. Travis Shaw, 3B
7. Brock Holt, LF
8. Blake Swihart, C
9. Jackie Bradley, Jr., CF

控えですが、HaniganとSandovalはそれぞれ捕手と3Bしか守れないのでいいとして、YoungとCastilloは共に右打ちだし、やや被ってしまっています。元々はレギュラーの予定だったCastilloですが、Farrell監督は現状ではYoungの方に多めのプレータイムを与える趣旨の発言をしていますね。

LFがHoltとYoungのプラトーン。Castilloはフルタイムで一応出場する予定になっているBettsとBradley、特にBradleyの代わりにたまに対左投手で出る以外は守備固めや交代要員がメインになりそう。Bettsは今季RFに専念するようで、CFの控えとしては一応Castilloがトップに来ます。ただBradleyに守備固めを送るはずがないので、かなり機会は限られそう。代打等でも結果を残していかないと、マイナー落ちもあり得る。


[Poll Result]

☆ #19はJerezとなりました。同期が多くMLBで開幕するし、彼もモチベーションを高く持って、秋のコールアップに焦点を当てて欲しいですね。ついに最後#20の投票のみとなりました。ちょうど開幕に合わせて投票によるTop 20のリストを出せそうですね。皆様ほんとうにありがとうございます。最後よろしくお願いいたします。


○ 2016年度のBOSのNo.19プロスペクトは誰?(回答13)

1. Williams Jerez - 4 (30%)
2. Ty Buttrey, - 2 (15%)
2T. Bryce Brentz - 2 (15%)
2T. Travis Lakins - 2 (15%)
5. Luis Ysla - 1 (7%)
5T. Sean Coyle - 1 (7%)
5T. Daniel McGrath - 1 (7%)