2016年4月21日木曜日

Prospect Profile: Kyle Martin, RHP

今回は、この春NRIとしてMLBのキャンプに呼ばれた、Kyle Martinくん。13年に契約して以来、シニアーサインでマイナーでもリリーフということで、あまりProspect扱いしてこなかったのですが、この春はMLB.comなどにも傘下のTop 30に選ばれたりしているので、今更ではありますが紹介します。


[Player Data]

Name: Kyle Martin (カイル・マーティン)
Full Name: Kyle Jared Martin
Position: RHRP
Born: January 18, 1991
Birthplace: Austin, Texas
Height: 6-7
Weight: 235
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 9th round, 2013; 35th round, 2012 by Chicago White Sox; 39th round, 2009 by Washington
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $10,000
College: Texas A&M
High School: St. Michael's HS (TX)
MLB Debut: July 20, 2017 (Boston)
Player Link: MLB.com, MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

非常に大柄で、相手を威圧できるサイズの持ち主。速球は常時91~93 mph、最速で95~96 mphを記録する。リリーフとしては飛び抜けていないがまずまず。長身から投げ込むことで、ゴロも打たせられる。制球・コマンドは以前はイマイチだったが、向上している。79~82 mphのサークルチェンジがセカンドピッチ。速球との球速差、落差もあり、プラスの可能性。スライダーは平凡。


[Background]

13年にシニアーで契約。$10Kと、ボーナスプールを削るための指名に見えたが、13年シーズンの前に、サイドアームだった投げ方をスリークォーター気味にすることで球速がアップしていたことがスカウトの目に留まったよう。


[Profile]

13' : SS-A Lowellでプロデビューし、防御率0点台で投げると、その年の内にLow-A Greenvilleに昇格。

14' : High-A Salemで一年を過ごした。支配力には欠けたものの、K/BBも良く、10セーブを挙げた。

15' : ケガで一時戦線を離脱するも、AA Portlandでまずまずの投球を見せ、傘下のリリーフのProspectの中でも比較的高い評価を受けるように。AFLでも5試合ながら好投を見せた。

16' : AAA Pawtucketで文句無しの成績を残しながらも、結局MLBからは声が掛からなかった。


[Comment]

昨日、STでは同じくNRIだったWilliam CuevasがMLBに呼ばれるなど、ややリリーフのデプス不足になりかけているので、もしかすると近々コールアップのチャンスがあるかも。

0 件のコメント: