プレーオフのローテは誰が務めるべき?(複数回答可)

プレーオフのブルペンは誰が務めるべき?(複数回答可)

2013年5月31日金曜日

13' DSL Red Sox (Rk) Opening Roster

いよいよショートシーズンクラスの開幕です。まずはドミニカで行われるDSLのロスターです。昨季のInt. FAでBOSが契約した最大の大物Wendell Rijoはロスター入りせず。GCLなのか、膝のケガの影響で出遅れか?投手ではBA Top 20に入っていたJ. Almonteが最大の大物。野手はRijoがいないなら大物は少ないがBasabe兄弟やJ. Guerraは少し注目。
**: Inactive List入りしている選手


[Pitchers]

LHP Dedgar Jimenez
RHP Jose Almonte
LHP Carlos Garcia
RHP Yankory Pimentel
LHP Luis Ramos

RHP Edwar Garcia
RHP Victor Ramirez
RHP Enfember Martinez
RHP Jose Espitia
RHP Daniel Gonzalez
RHP Carlos Caceres
RHP Algenis Martinez
RHP Edinxon Pacheco
RHP Ritzi Mendoza
LHP Jervis Torrealba
RHP William Gonzalez
LHP Javier Rodriguez
RHP Samir El Halaby
RHP Wildyn Florian
**RHP Gerson Bautista (Restricted List)

2013年5月30日木曜日

13' Draft Watch - Boston's Strategy ver.2

ドラフトが近づいてきましたので、個人的に希望するBOSの各ラウンド戦略について書きます(前のバージョンはこちら)。特にRound 5以降は、全ての選手を網羅はできないので、特にチェックしたBOSと関連のある選手の中でフィットすると思った選手を中心にリストアップをします。


[13' Boston's Strategy ver.2]

1st round (#7)
Ideally - Clint Frazier (HS-OF)
Other Favorite - Austin Meadows (HS-OF)
Realistically - Braden Shipley (Jr.-RHP), Alex Gonzalez (Jr.-RHP), Ryne Stanek (Jr.-RHP), Kohl Stewart (HS-RHP), Sean Manaea (Jr.-LHP), Trey Ball (HS-LHP/OF), Reese McGuire (HS-C), Colin Moran (Jr.-3B)

ドラフトも近くなり、BOSがセレクトしそうな選手の顔ぶれはほとんど決まったように思える。特に今季はドラ1が全体#7ということで、上位の指名を読むこともさほど難しくない。BOSのピックより先にピックされる6人の内、3人はJonathan Gray (Jr.-RHP)、Mark Appel (Sr.-RHP)、Kris Bryant (Jr.-3B/OF)で確定。その他の選手から4人の候補を挙げ、順位をつけておけば、BOSのピックする選手は自動的に決まる。

2013年5月29日水曜日

13' Top 500 Draft Prospect Ranking by Baseball America

BAからドラフトのTop 500が出ました。No.1はJonathan Gray。Top 250から少し日が空いたこともあり、少しランキングが変動しています。Top 8の顔ぶれは変わらず。


[BA: 13' Draft Top 500 Prospects]

1. Jonathan Gray, RHP, Oklahoma
2. Mark Appel, RHP, Stanford
3. Kris Bryant, 3B/OF, San Diego
4. Clint Frazier, OF, Loganville (Ga.) HS
5. Kohl Stewart, OF, St. Pius X HS, Houston
6. Austin Meadows, OF, Grayson HS, Loganville, Ga.
7. Colin Moran, 3B, North Carolina
8. Braden Shipley, RHP, Nevada
9. Trey Ball, LHP, New Castle (Ind.) HS
10. Reese McGuire, C, Kentwood HS, Covington, Wash
11. Hunter Renfroe, OF, Mississippi State
12. D.J. Peterson, 3B, New Mexico
13. Ryne Stanek, RHP, Arkansas
14. Dominic Smith, 1B, JSerra HS, Gardena, Calif.
15. J.P. Crawford, SS, Lakewood (Calif.) HS
16. Eric Jagielo, 3B, Notre Dame
17. Ian Clarkin, LHP, Madison HS, San Diego
18. Sean Manaea, LHP, Indiana State
19. Alex Gonzalez, RHP, Oral Roberts
20. Phil Bickford, RHP, Oaks Christian HS, Westlake Village, Calif.

2013年5月28日火曜日

13' Minor League Season Memo -5/27~6/2-

今週末にはDSLが開幕します。いよいよショートシーズンクラスもスタート。全体的にピリッとしないProspectが多いですが、仕切り直して飛躍を目指して欲しい。前週の結果はこちら


○ 5/27

[A] : RHP Pat LightがDL入り。
[A] : UT Kevin Magerがロスター外に移動。
[A] : RHP Luis Diazがロスター入り。
[A] : OF Felix SanchezがDLから復帰し、Salem (A+)から移動。

[AAA] - Box
R. De La Rosaが4.0 IP/2 H/1 ER/1 BB/1 K/6-3 GO/FO。J. Bradley Jr.が2 H/1 2B/1 HR (2)/1 BB。今日もLF。Acevesは今日先発で投げたので、明日は落としてBradley Jr.を上げそう。B. Snyder、Hazelbaker、Butlerが2 H。

[AA] - Box
Workmanが6.0 IP/7 H/2 ER/1 BB/9 K/4-4 GO/FO。空振りは取れるけど、やや被安打が多い登板が続いています。S. Wilkerson、Almanzar、Shaw、Vitekが2 H。

[A+] - Box
Quevedoが5.0 IP/6 H/3 ER/3 BB/1 K。マルチなしの2 H。Cecchiniも少し落ちてきた。

[A] - Box
L. Diazが5.0 IP/6 H/2 ER/2 BB/2 K/5-2 GO/FO。J. Hernandezが2 H。

2013年5月27日月曜日

13' College Baseball Stats -5/24~5/30

第15週目です。各カンファレンスのトーナメントも始まっています。Jonathan Grayはさすがの投球で、ついにMark AppelよりもHOU-#1に有力と言われるようになってきた(前週の結果はこちら)。


[Arizona]

☆ Konner Wade (Jr.-RHP)

5/24 : 1 GS/9.1 IP/11 H/3 R/3 ER/0 BB/1 K (vs Southern California)

2013年5月24日金曜日

Former Sox Prospect Review: Simon Mercedes, RHP

今回は、もうそろそろ開幕を迎えるショートシーズンクラスで本格的なデビューを飾る予定の、Simon Mercedes。経歴詐称があって、年齢が高めという点では先日紹介したHeri Quevedoと共通点があり、そういったやや問題児的な選手とも積極的に契約するのは、Theo Epsteinさんがトップだった時代との違いと言われています。


[Player Data]

Name: Simon Mercedes (シモン・メルセデス)
Full Name: Simon Mercedes
Position: RHRP/RHSP
Born: February 17, 1992
Birthplace: Santo Domingo, Dominican Republic
Height: 6-4
Weight: 200
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (March 2012)
Signing Bonus: $800,000
How Left: Released (March 2017)
Player Link: MiLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

すでに完成に近い、非常にがっしりとした体格。優れた腕の強さがあり、元々アマチュア時代に最速96 mphは既に常時93~95 mph、最速99 mphにも達している。少し伸びるような球筋だが、比較的フラット。ややモーションが固いカンジで、力が入っていることからリリーフ向きとも見られる。80~82 mphのパワーブレイカーは平均以上になる可能性を持つが指の豆を作りやすいらしく不安定。チェンジアップは元々未熟だったが、入団後進歩している。


[Background]

BOSと契約する前の年に、Jeffrey Tapiaという名前で、年齢も16歳と偽って、SFと$400Kと契約したが、MLBの調査で偽証が発覚して契約無効に。しかし優れた球威と、次の7月から海外FAとの契約ボーナスにキャップが付くことになったのも幸いしてか、SFとの契約額以上となる$800KでBOSと契約。契約当初ネットに出回った写真やムービーが、NYYのユニフォームを着てのものだったのはやや不興を買った(?)。


[Profile]

12' : ギリギリでビザが間に合い、DSLのシーズン最終戦に登板してプロデビューを飾った。秋のFILでは優れた球威が看板に偽りなしというところを見せた。

13' : 年齢が高めなこともあり、GCLをスキップしSS-A LowellでUSデビュー。Ty Buttreyの後のPiggy-Backで投げることが多かったが、チーム最多イニングを投げた。シーズンが進むにつれ、奪三振率、被打率が向上。制球もそこそこまとまっていた。ゴロ率も非常に高い。

14' : 年齢が高めなこともあり、実質2年目にしてLow-AをスキップしてHigh-A Salemへ。序盤Piggy-Backを務めたが、すぐに先発へ。中盤一時戦列を離れ、SS-Aを経由して復帰した直後は打たれたが、8月は持ち直し、特に最終登板は素晴らしかった。三振もまずまず取れているし、ゴロ率が高い。

15' : STでリリーフ転向が決定。AA Portlandで、ブレイクするのでは、と期待していたが、結果的には今一つ予定通り行かず。数字的にはボチボチなのだが、ピシャリと抑える試合があまり無かった。ゴロ率は高い。

16' : AA 2年目もむしろ成績は悪化し、High-Aへ降格。ゴロ率の高さを含め、まずまず投げてはいるが。

17' Mar. : リリース。


[Comment]

Heri QuevedoがHigh-Aスタートだったのに対し、やや慎重なアサイメントとなっているが、年齢と体格の良さから、早めの昇格が期待される。同じく詐称があった海外FA組で、BOSも興味を持っていたものの、NYYに掻っ攫われたRafael De Paulaが素晴らしいけど、彼もそれに負けない驚きを与えて欲しい。

Former Sox Prospect Review: Dioscar Romero, RHP

今回は、昨季のDSLでチームのエースとして活躍した、Dioscar Romero。もうすぐ開幕するGCLで投げる姿が見られそうです。


[Player Data]

Name: Dioscar Romero (ジオスカー・ロメロ)
Full Name: Dioscar Fernando Santana Romero
Position: RHSP/RHRP
Born: April 17, 1995
Birthplace: Santo Domingo, Dominican Republic
Height: 6-3
Weight: 230
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (July 2011)
Signing Bonus: $600,000
How Left: Released (March 2017)
Player Link: MiLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

C. C. Sabathiaのような、ずんぐりした幅広の身体。89~92 mphの速球は、その体格からもわかるとおり、非常に重い球質。


[Background]

DPLで活躍していた選手で、リーグでもトップクラスの成績を残していたよう。


[Profile]

12' : DSLでプロデビュー。チームの開幕スターターを務めた。6月の5試合で8.31 ERAと今一つなスタートを切ったが、徐々に適応。最後は4試合連続で自責点0など、エースとしてチームを引っ張った。被打率、ゴロ率はまずまず。K/BBは今一つだったが、これも終盤になるにしたがって向上していた。被HRも0。

13' : 少し出遅れてたがGCLでUSデビュー。前年のDSLで傘下No.1の投手だっただけに期待していたが、コマンド・制球の悪さを露呈し、K/BBが1を切ってしまった。

14' : SS-A Lowellで1試合に登板した後、肘を痛めて残り試合を全休。

15' : ケガから復帰して再びSS-Aへ。序盤不安定だったものの、8月半ばからは4試合ほど良い登板を続けてシーズンを終えた。K/BBが悪い。

16' : 完全にリリーフに転向。序盤Low-A Greenvilleで投げるも印象は残せずSS-Aへ。まずまず投げているが、もう21歳だし厳しい。

17' Mar. : リリース。


[Comment]

最近のBOSは、12'-13'の海外FAで契約したDedgar Jimenezなどもそうだけど、割と典型的な投手体型ではない、割と太めの選手とも積極的に契約している。体格的に伸びしろは少なめだと思うけど、耐久性はありそうだし、長い目で楽しみにしたいと思います。

2013年5月22日水曜日

13' Weekly Topics -5/20~5/26

[5/20]

☆ Today's Game (Game 45 @CWS)

Lesterは、今季得点力に欠けているCWS相手に、6.0 IP/7 H/5 ER/3 BB/2 K。なんとか6回まで投げたけど、ちょっと今一つなアウティングが多くなってますね。AVG1割台で左打者のAdam Dunnに被弾しちゃダメでしょ...。打線もSaltyが2 Hに第5号を放った程度。今見たら、SaltyのAVGが.270というのがちょっと驚いた。

Result : CWS 6 - 4 BOS (W27-L18)

2013年5月21日火曜日

13' Minor League Season Memo -5/20~5/26-

野手陣の調子が全体的に今一つですね。AVG3割以上のProspectがCecchiniだけとか悲しすぎる。好調なスタートを切ったAlmanzarやCoyleの調子も少し落ちてる。暑くなってきて、投手に不利な季節になってくるし、しっかり打ち崩していきたい。前週の結果はこちら


○ 5/20

[AAA] - Box
S. Wrightが6.0 IP/7 H/6 ER/2 B/5 K。J. Bradley Jr.が2 H/1 2B/1 HR (1)。ケガの影響はあまりなさそうですね。Holtが3 H、B. Snyderが2 H。J. Iglesiasに第4号。パワーアップは嬉しいけど、さすがにもうちょっとAVGを上げないと。

[AA] - Box
Haegerが6.2 IP/7 H/4 ER/4 BB/4 K。T. Thomasが2 H/1 3B/1 HR (5)。S. Wilkerson、Vitek、Menesesが2 H。Hisseyが途中交代で、GibsonがRFに入った。

[A+] - Offday

[A] - Box
B. Johnsonが5.0 IP/4 H/3 ER/1 BB/8 K。A. Tavarez、Turocyが3 H。

2013年5月20日月曜日

13' College Baseball Stats -5/17~5/23

第14週目です。あっという間にカレッジのレギュラーシーズンも終了が近づいています。何とか1シーズンに渡って、ドラフトTop 100クラスの有力選手の試合結果をまとめていけたけど、正直さすがにかなりキツかったし、来年はお気に入りの選手だけとかにすると思います(前週の結果はこちら)。


[Arizona]

☆ Konner Wade (Jr.-RHP)

5/17 : 1 GS/1 W/7.1 IP/9 H/6 R/4 ER/4 BB/5 K (@Arizona State)

2013年5月16日木曜日

Former Sox Prospect Review: Anthony Carter, RHP

今回は、オフにMiLFAで契約した、Anthony Carter。制球難の印象の強い選手だったけど、STでは素晴らしい投球を見せ、John Farrell監督に良い印象を与えた。既に27歳だけど、BOSと契約した時点で26歳で、Prospectと呼べるかはギリギリだけど、MLBで機会がもらえるように、という願いを込めてここで扱います。


[Player Data]

Name: Anthony Carter (アンソニー・カーター)
Full Name: Anthony Scott Carter
Position: RHRP/RHSP
Born: April 4, 1986
Birthplace: Decatur, Georgia
Height: 6-4
Weight: 215
Bats: Left
Throws: Right
Drafted: 26th round, 2005 by Chicago White Sox
How Acquired: Minor league free agent (December 2012)
College: Georgia Perimeter College
High School: Parkview HS (GA)
How Left: Minor league free agency, signed with San Diego (November 2013)
Player Link: MiLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

がっしりした投手体格。速球への評価が非常に高く、常時90 mph中盤、最速で98 mphに達するファイヤーボーラ―。速球一本槍というカンジの選手で、制球・セカンドピッチは非常に弱い。


[Background]

HSはGeorgia州の名門Parkview HS。05年のドラ26と低い順位で入団。キャリア初期は先発で投げるも、09年にHigh-Aでやや壁に突き当たったカンジとなり、10年にリリーフ転向。ここでまずまずのパフォーマンスを見せ、またその球威もあり、BAからMLB全体でも最低のマイナー組織とは言われていたCWSで#10のProspectとされた。入団後ずっとCWSで過ごしてきたが、12年のシーズン後にMiLFAとなりBOSと契約。


[Profile]

13' : STで予想以上のパフォーマンスを見せ、Farrell監督に強い印象を与えた。リリーフのデプスとして、AAA Pawtucketで開幕。AAAのクローザーとして大車輪の活躍。24 SVを挙げ、AAAのAll-Starゲームに出場。特に後半戦は1.31 ERAと抜群の安定感を見せた。

13' Nov. : 40人ロスターに加わることなくMiLFAになり、SDと契約。

14' : SD傘下でしばらく投げていたが、その後NPBに渡り、北海道日本ハムファイターズと契約。リリーフとして投げているが、イマイチK/BBが悪くて平凡。

15' : 全休。

16' : TEX傘下AAAでプレーも、ERA 6点台。


[Comment]

同じく12年のSTで活躍したJose De La Torreが一足先にMLBデビューしたが、デプスチャート的には次は彼かなと思う。リリーフは非常に豊富だと思っていたけど、Joel Hanrahanが既にシーズン絶望、Daniel Bardが絶不調とあって、チャンスが巡ってくる可能性はある。しっかり準備していて欲しい。

2013年5月15日水曜日

13' Weekly Topics -5/13~5/19

[5/13]

☆ CHCとAnthony Rizzoが7年$41Mで延長するようです。順調にチームの主軸になりつつある。Adrian Gonzalezの予想以下の成績も痛かったけど、数年1Bがブロックされると読んで、Rizzoを出してしまったのは大きな痛手ですね。Napoliは来季FAで、現状1Bとしてしっかりしたパワーと選球眼(と守備力)を持つ選手は傘下にいない。Rizzoがいれば、というのは彼の活躍を見るたびに思わせられる。

2013年5月14日火曜日

13' Minor League Season Memo -5/13~5/19-

今季の傘下初昇格者(ロスターフィラーの移動ではなく)はC. Martinでした。RanaudoやCecchiniなども開幕から好調を維持しており、続く昇格が期待されます。前週の結果はこちら


○ 5/13

[AAA] : LHP Franklin MoralesがPortland (AA)から移動。
[A] : 3B Nick Mooreがロスター外に移動。
[A] : UT Kevin Magerがロスター入り。

[AAA] - Box
F. Moralesが3.0 IP/2 H/1 HR/1 ER/0 BB/4 K/3-1 GO/FO。状態は悪くなさそうですね。Doubrontを一度DLに入れて、上の先発で使ってみても良いかも。C. MartinがAAAデビューで1.0 IP/1 H。Brentzが2 H。相手CWS-AAAの先発はZach Stewartですね。そしてLars Andersonが6番1Bで出ているけど、今季の成績は良くないですね。長打力もそうだけど、AVGやK/BBも酷い。

[AA] - Offday

[A+] - Box
M. McCarthyが4.0 IP/9 H/6 ER/1 BB/2 K。マルチなし。もう一歩、全体的にAVGが伸びてこないですね。

[A] - Box
Kukukが4.0 IP/4 H/0 ER/3 BB/3 K/7-2 GO/FO。マルチなしの2 H。相手COL-Aの先発Eddie Butlerは被打率が異様に低いけど、案の定軽く捻られた...。

2013年5月13日月曜日

13' College Baseball Stats -5/10~5/16

第13週目です。大体の評価は決まりつつあるけど、ドラフトに向けて、最後のアピールしどきですね。取り分け腕の故障が囁かれ、球速が落ちているらしいSean Manaeaのパフォーマンスはドラフト上位ピックに戦略を左右する可能性がある(前週の結果はこちら)。


[Arizona]

☆ Konner Wade (Jr.-RHP)

5/11 : 1 GS/1 L/7.1 IP/12 H/7 R/5 ER/0 BB/4 K/11-7 GO/FO (@UCLA)

2013年5月10日金曜日

Former Sox Prospect Review: Heri Quevedo, RHP

今回は、海外FAで契約していきなりHigh-A Salemでプロデビューした、Heri Quevedo。経歴詐称があって年齢が高めとは言え、さすがに驚いたけど、ここまでのところ粗いものの、素質の片鱗を見せている。面白そうなライブアームです。


[Player Data]

Name: Heri Quevedo (ヘリ・クエベド)
Full Name: Heri Alberto Quevedo
Position: RHSP/RHRP
Born: June 7, 1990
Birthplace: Las Matas de Farfan, Dominican Republic
Height: 6-2
Weight: 225
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (June 2012)
Signing Bonus: $150,000
How Left: Released (April 2016)
Player Link: MiLB.comFan GraphsBaseball ReferenceBaseball CubeSP.com


[Scouting Report]

既に完成に近い体格。90 mph前半から、最速で95 mphの速球を投げる。スピードガンの精度は不明だが97 mphに届いたという話も。スライダーは80 mph半ばに達する。


[Background]

BOSと契約する数年前に、Heri Olivoという名前で、NYYと契約し、DSLで3試合に投げたが、名前の詐称が発覚し、MLB機構から契約を無効にされた。


[Profile]

13' : 22歳で契約したとは言え、Int. FA契約選手にしては驚きの、High-A Salemでのプロデビューを飾った。制球はさすがに粗く、序盤は浮き沈みも大きかったものの、後半戦はしっかり適応したカンジで投げていた。三振もしっかり奪えている。

14' : ケガで大幅に出遅れ、復帰後もピリッとしない投球を続けて、しばらくSS-A Lowellにい続けた。High-A復帰後は悪くない投球を見せたものの、前年もここでしっかり投げていた訳で、1年をムダにした感。

15' : ケガで前半戦欠場。AA Portlandに合流後、先発で打ち込まれ、リリーフ移行。リリーフではまずまずだが、制球が悪く、K/BBが良くない。

16' : AAでロングリリーフやモップアップで投げるも制球難でイマイチ。

16' Apr. : リリース。


[Comment]

伸びしろは小さめだと思うけど、既にHigh-Aでもしっかり三振を奪えるところを見せている。Int. FA契約の選手は、Rule 5ドラフトがネックになることが多いけど、この選手はそういう点では少し有利。コマンドを磨くことができれば、リリーフには十分になれるスタッフの持ち主だと思う。

2013年5月8日水曜日

13' Weekly Topics -5/6~5/12

[5/6]

☆ Today's Game (Game 32 vs MIN) TEXに3連敗で迎えた試合。エースBuchholzが立ち上がりに乱れた後、小刻みに失点し、6.0 IP/7 H/4 ER/2 BB/9 K。今季では最も悪い登板でしたが、打線がこちらも小刻みに点を取り、8回裏に逆転。登板過多の田澤、上原を休ませて勝てるかと思いきや、Hanrahanがまたセーブ失敗。

結果的にはMortensenが粘ってサヨナラ勝ちしたものの、一時は明日先発予定のDempsterをブルペンで準備させるという場面もあり、延長の末負けていれば最悪だった。Hanrahanは再びDLに入るかもという話も。戻すなら、最速で復帰とかに拘らず、完治してから戻せよ...。先発も少し息切れが見え、DL入りのリリーフも多くて、苦しいところですが、投手起用と言い、DL選手の扱いと言い、ギリギリを攻めて、帰って被害を大きくしているような。

正直、昨日や今日のような同点試合でMortensenという起用も個人的にはあまり好ましくはない。そんな中で、今日復帰のBreslowがきっちり1 IPを三者凡退に切って取ったのは少し嬉しい材料ですね。A. Baileyのケガで、少し予定を前倒ししたような印象を受けたけど、後ろを投げるリリーフが苦しいし、次回以降も好投をお願いします。

Result : BOS 6 - 5 MIN (W21-L11)

13' Minor League Season Memo -5/6~5/12-

今季は長期になりそうな負傷者はKalish、Hassanくらいのもので、比較的少ないのですが、最近ちょっとした負傷などが多くて、結構多くのProspectが出場していない。前週の結果はこちら


○ 5/6

[AAA] : LHP Craig Breslowがリハブ終了。
[AAA] : OF Jackie Bradley Jr.がDL入り。
[AAA] : OF Ronald BermudezがPortland (AA)から移動。
[AA] : OF Peter HisseyがDLから復帰。
[A] : OF/1B Jose ColoradoがLowell (A-)に移動。
[A] : RHP Pat LightがDLから復帰。

[AAA] - Box
R. De La Rosaが4.0 IP/3 H/0 ER/0 BB/6 K。だいぶ安定してきた。今日からピッチカウントが75球になったそうです。C. Hernandezが4.0 IP/3 H/1 ER/2 BB/3 K。今日もリリーフで投げています。Lavarnway、Holtが2 H。M. Hamiltonに第3号。

[AA] - Box
Barnesが6.0 IP/5 H/0 ER/1 BB/4 K/6-4 GO/FO。カーブの握りを変えて、前回良い登板だったので、今回の登板に注目していましたが、まずまずしっかりと投げています。速球は初回91~94 mphだったが、三塁にランナーを置いた場面では、94~95 mphの速球で打ち取った。カーブもまだ安定していないけど、良い変化をするボールがあったそうです。T. Thomasに第3号。

[A+] - Offday

[A] - Postponed (Rain)

2013年5月7日火曜日

13' College Baseball Stats -5/3~5/9

第12週目です。ドラフトまで残り1ヶ月となりました。Sean Manaeaが今一つ調子が上がらず、この前の登板では、速球が84~87 mphだったそうで、ドクターに診てもらうよう。こうなるとTop 5ピックとは行かないでしょう。全体#7の候補はさらに薄くなってきたようなカンジです(前週の結果はこちら)。


[Arizona]

☆ Konner Wade (Jr.-RHP)

5/3 : 1 GS/1 L/3.2 IP/11 H/9 R/8 ER/1 BB/3 K/6-1 GO/FO (vs Washington)

13' Season Boston Red Sox -May-

5月です。4月は先発陣の安定が大きく、予想外にMLBトップの勝率を残した。先発陣はLackeyも復帰して、ひとまずの見通しは悪くない。ただリリーフ陣がやや登板過多で、ケガ人も結構出ており、ちょっと苦しくなってきている。打線は下位打線がもうちょっと打ってくれないと。Middlebrooksの不調が痛い(前記事はこちら)。


[Transaction]

○ 5/6
Placed RHP Andrew Bailey on the 15-day DL.
Activated LHP Craig Breslow from the DL.

A. BaileyがDL入り。この前のLackeyと同じ、上腕二頭筋のケガです。一旦経過良好と言われていましたが、セットバックがあり、テストした結果DL入りとなりました。すでにリハブを開始していたBreslowが復帰。リハブ初期は酷かったけど、ここ2試合ほどはまずまず。とは言え、STに全く参加できなかったので、もう何回か下で投げさすべきだったような気がするし、実際この前の登板後に首脳陣が復帰時期について、まだ未確定と言っていたので、予定を変更して復帰させたようなカンジ。

あまり好ましくないけど、40人枠で使えるリリーフが全然いないのもある。F. Moralesもセットバックで復帰が未定。場合によってはAcevesをもう一度使うことになるかも。HoltかHassanあたりをDFAして、De La Torreなんかを使っても良いんじゃないかという気もする。とは言え、足りてないのは勝試合を任せられる選手だし、それも根本的な解決にはなっていないのだけど。

2013年5月4日土曜日

13/05/03 Game 29 @Texas Rangers

ほぼ1ヶ月ぶりのTV観戦。あまりにも酷い試合で途中で見るのをやめてしまった。Derek Hollandも序盤は変化球を叩きつけるばっかりで、隙が無いこともなかったけど、これだけ打たれちゃね...。


Doubront: 速球はツーシームなのか、大体が88~89 mphで、4シームでも最速で91 mph程度。スピードガンは少し遅いんじゃないかと思うほどだけど、動きもあまりないし、コマンドも悪い。全く空振りが奪えないし、ストライクを取ろうとすると簡単に打たれる。右打者アウトコースの判定はそれほど辛く見えなかったけど、あれだけ制球がバラついていれば審判もストライクを取ってはくれない。

STにBad Shapeで現れたそうで、今日見る限り明らかにブヨブヨではなかったけど、フォームのフィニッシュが乱れる傾向があるのはその影響が少なからずありそう。前からクロスステップ気味だったけど、今日見る限り、それもコマンドにあまり良い影響があるようには思えない。特に右打者アウトコースに投げる際はそれが顕著に表れていて、身体が流れてしまい、ボールも流れる場面が多かった。

途中少し見えなかったけど、アウトピッチのはずのチェンジアップはあまり投げていなかった。カーブは非常にルーピーで、あれではMLBの打者は振ってくれないだろう。若くて安く雇える生え抜きの先発ということで、個人的にも応援していたけど、今日のような投球では、トレード価値が高い内に出してしまった方が良いように思う。今季見たのはまだ1試合目だし、今季最悪の内容だったので、次回は持ち直してくれると期待したい。

13' College Baseball Stats -4/26~5/2

第11週目です。BOSがカレッジ投手を獲ることになる場合に指名位置的に有力なのがNevada大のBraden Shipley。体格・球威としっかりしているし、アスレティックで、投手経歴が短いことから、アームもフレッシュ、と良い面もあるし、最近ではCLE-#5の噂まで出る選手だけど、フロントラインクラスになるには、どこかもう一歩かな~という印象を受けている(前週の結果はこちら)。


[Arizona]

☆ Konner Wade (Jr.-RHP)

4/26 : 1 GS/1 W/9.0 IP/11 H/2 R/1 ER/0 BB/5 K (vs Alabama State)

2013年5月3日金曜日

13' Weekly Topics -4/29~5/5

[5/1]

☆ Today's Game (Game 27 @TOR)

何日かお休みしていましたが、その間にHOUをきっちりスウィープ。対TOR初戦を落としたものの、4月は18勝8敗。堂々のMLBトップの勝率.692で5月に入ります。そして今日はもはやエースと言っても良いでしょう、Buchholzが7.0 IP/2 H/0 ER/3 BB/8 Kで連敗を阻止した。ホントに連敗しませんね。

S. Drewに第1号。Middlebrooksと2人にも当たりが出て、これから上向いてくれれば。最後DH解除してたけど、Victorinoがロスターに入っていながら出場不可なのでちょっと苦しいですね。HassanやKalishはDLに入っているし、J. Bradley Jr.、Maier、Linares、Hazelbaker、Hisseyらの傘下上層のOFがいずれもケガ中やケガ明けと何気OFデプスは結構ギリギリ。

Result : TOR 2 - 7 BOS (W19-L8)

2013年5月1日水曜日

13' Minor League Season Memo -4/29~5/5-

Low-Aは相変わらずだけど、全体的に酷いというカンジのProspectは減ってきたかな?ただBarnesと、卒業生だけどMiddlbrooksという投打のお気に入りNo.1が絶不調なのは悲しい。前週の結果はこちら


○ 4/29

[AA] : RHP Daniel Bardをオプション。

[AAA] - Box
S. Wrightが4.0 IP/4 H/0 ER/5 BB/2 K。Villarealは中継ぎながら既に4勝目(2敗)。B. Snyderが2 H/2 HR (4,5)。他のチームが欲しがっているらしいけど、オフにはNapoliがFAだし、バックアッププランで残そうとするかも。Brentz (4)、J. Iglesias (3)が2 H/1 HR。Sutton、Lavarnwayが2 H。

[AA] - Postponed (Rain)

[A+] - Box
Owensが5.0 IP/3 H/2 ER/2 BB/8 K。奪三振率も上がってきた。Coyleが2 H/1 HR (7)。二塁打+三塁打よりもHRが多い。Swihart、H. Ramosが2 H。

[A (Game1)] - Box
Maddoxガ3.0 IP/8 H/6 ER/0 BB/3 K。捕手に戻した方が良かったりして...。Chester (3)、Mager (1)にHR。

[A (Game2)] - Box
Montasが5.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/9 K。これが続いて欲しいですね。Kobackが2 H。