中軸打者として誰を補強すべき?(複数回答可)

2011年9月27日火曜日

11' Season Boston Red Sox -Sep.-

9月です。セプテンバーコールアップですね。今季はPOに出れそうだし、賢く動いてもらいたいもんです。(前記事はこちら)。


[Transaction]

○ 9/1
Recalled LHP Felix Doubront from AAA.

まずはDoubrontがコールアップ。Bowden、Exposito、Lavarnwayらも上がってきそう。


○ 9/2
Activated 1B/3B Kevin Youkilis from th DL.

Drewは指の関節にヒビが入っていたようで、もう少しかかるようですが、Youksは予定通り復帰。


○ 9/5
Recalled RHP Kyle Weiland and C Ryan Lavarnway from AAA.
Purchased the contract of UT Nate Spears from AAA.
Designated UT Drew Sutton for assignment.

Weiland、Lavarnwayがコールアップ。AAAもPOがありますが、MLB優先。Lavarnwayはオプションの消費を防ぐ意味もある。またSpearsもコールアップされています。同じUTのSuttonがDFA。Suttonと似たようなUTだし、SuttonはMLBでそこそこやっていたから、わざわざこうする意味が良くわからないけど、Spearsは後半戦まずまず打ってるし、Suttonはケガもあったからなのかな?


○ 9/9
Recalled RHP Scott Atchison from AAA.
Outrighted UT Drew Sutton to AAA.

Atchisonが呼ばれました。今季は上であまり出番がなかったですね。SuttonがAAAへ。


○ 9/13
Recalled RHP Junichi Tazawa, 1B Lars Anderson, and SS Jose Iglesias from AAA.
Purchased the contract of LHP Trever Miller and OF Joey Gathright from AAA.
Transffered RF. J. D. Drew to the 60-day DL.
Designated UT Nate Spears for assignment.

5人がAAAのPOを終え、コールアップ。新たに40人入りした2人のために、Drewが60日DLへ。SpearsがDFA。Kalishを60日DLにする手もあるけど、サービスタイムを稼がせたくないのか?あと呼ばれてないのはExpositoくらいですね。


Acquired the contract of RHP Ruben Flores from Lake Erie of the frontier League and signed him to a minor league deal.

Ind. Leagueの右腕と契約。03年のSEAのドラ12で、長身から96 mphに達する球威があるが、コマンドが悪い。Ind. Leagueでもトップクラスのアームみたいです。


○ 9/14
Outrighted UT Nate Spears to AAA.

SpearsがAAAへ。MiLFAになる予定。


○ 9/25
Activated RF J. D. Drew from the DL.
Recalled OF Ryan Kalish from AAA and placed him on the 60-day DL.

DrewがDLから復帰。PO争いが苦しくなってるし、ここで年棒分の働きを。枠を作るために、Kalishが60日DLへ。


○ 9/26
Recalled C Luis Exposito from AAA.

Salty、Tekがここ2試合でケガを負い、急遽Expositoを呼びました。しかし40人枠に入っていて、しかも現在の3rd CのLavarnwayは守備型ではないにも関わらず、今まで呼ばれてなかったし、今オフはDFAの候補かも。


○ 9/28
Activated RHP Clay Buchholz from the DL.
Placed 1B/3B Kevin Youkilis on the 60-day DL.

最終戦および1 Game POに向けてBuchholzを復帰させたものの、知っての通り、土壇場で逆転負け。来年はケガなく、きっちりローテを守ってね。

2011年9月20日火曜日

12' Draft Watch - Boston's Needs

BOSのニーズ分析と自分なりの好みのドラフトです。あんまし深い意味はない。


[12' BOS Positional Needs]

Pitcher : 優先度A。昨季も投手はさっぱりだった。Britton、Pimentelは悲惨だったし、RanaudoやWorkmanも現状ではしっかりしたローテ投手になれるか不安の方も大きい。Barnesはここまでのところ素晴らしいし、Owensも才能は見せている。ここ数年、なかなか優れた投手を排出できておらず、育成を見直して欲しいのはあるけど、当然継続して、有望な投手を指名していく努力は必要だろう。LesterやBuchholzも劣化なのかと不安になる投球を続けているし、優先度としては非常に高い。

11' Minor League Stats - Portland Sea Dogs (AA)

今季のAA Portlandで今季を終えたProspectのスタッツです。序盤戦はMiddlebrooksやLavarnwayの活躍もあり、面白いクラスでしたが。Stephen Fife、Tim Federowicz、Chih-Hsien Chiangらがトレード、A. Wilson、Lavarnway、Middlebrooksは昇格で抜け、さらには今季のHigh-Aがイマイチであまりめぼしい昇格者がいなかったことから、後半はつまらないクラスに。全体のスタッツはこちら


[Pitchers]

Chris Balcom-Miller, RHSP (10'-Acquired from COL)

11' Stats (High-A): W3-L1/2.34 ERA/7 G/7 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/34.2 IP/24 H/10 R/9 ER/2 HR/3 HB/11 BB/37 K/1.01 WHIP/3.62 GO/AO
11' Stats (AA): W3-L6/4.81 ERA/16 G/16 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/82.1 IP/103 H/53 R/44 ER/4 HR/9 HB/32 BB/75 K/1.64 WHIP/2.49 GO/AO

評価:B。他球団から得たProspectが傘下でもマシな成績を残しているのは皮肉。昨季のLow-Aでのスタッツと同様に、凄まじいゴロ率としっかりしたK/BBを残してAAに昇格。こちらでは特に序盤良く打たれたが、BABIPがかなり高く、実質はもう少し良いのかも。少しBBも増えているが、相変わらずよくゴロを打たせるし、三振も奪えている。ただもともとイマイチな球速がさらに落ちているとも言われていたし、速球の質を上げることできれば、さらに上のクラスでも通用するのでは。

-------------------------------------------------------------------------------------

Brock Huntzinger, RHSP (07'-3rd)

11' Stats (AA): W5-L11/6.17 ERA/25 G/25 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/124.0 IP/159 H/91 R/85 ER/23 HR/10 HB/41 BB/123 K/1.61 WHIP/0.68 GO/AO

評価:C。今季も良く打たれたが、K/BBが急激に向上。奪三振率はほぼ9まで上昇した。しかし多くの安打を浴びて、対戦する打者が増えただけとの見方も。相変わらずの極端なフライボーラーで、被弾も非常に多い。少し速球の伸びが良くなったと言われるが、やはり高めに浮いて長打を食らうパターンが多すぎる。ただスライダーも向上したそうで、これも三振数アップの要因だろう。リリーフに移るかもしれないが、何はともあれ、速球を磨くしかない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mike Lee, RHSP/RP (08'-8th)

11' Stats (SS-A): W0-L1/2.35 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/7.2 IP/5 H/3 R/2 ER/0 HR/1 HB/4 BB/8 K/1.17 WHIP/0.67 GO/AO
11' Stats (AA): W1-L6/5.75 ERA/24 G/17 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/4 GF/0 SV/87.2 IP/96 H/59 R/56 ER/18 HR/7 HB/39 BB/67 K/1.54 WHIP/1.04 GO/AO

評価:D。AAのローテで開幕したが、パッとしない投球を続け、ケガもあり、終盤はリリーフへ。被弾が多く、簡単に捉えられている。リリーフでも目立った成績は残していないが、ロングリリーフ中心だったし、もう少し短いイニングに慣れればもしかしたらとは思っているが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Caleb Clay, RHRP/SP (06'-1st Supp.)

11' Stats (AA): W1-L5/7.47 ERA/28 G/2 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/9 GF/0 SV/59.0 IP/72 H/55 R/49 ER/9 HR/3 HB/34 BB/53 K/1.80 WHIP/0.83 GO/AO

評価:E。もうあまり期待していなかったが、今季はリリーフに移るも今一つ。Huntzingerと同じく、奪三振数は増えたものの、被打率が高く、完全に打ちこまれている。AFLへの派遣が決まったので、そこで何らかの好印象を残さないと来春にはリリースされるかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Cesar Cabral, LHRP (05'-Int. FA)

11' Stats (High-A): W1-L0/1.62 ERA/12 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/11 GF/8 SV/16.2 IP/15 H/5 R/3 ER/0 HR/0 HB/5 BB/24 K/1.20 WHIP/1.45 GO/AO
11' Stats (AA): W2-L4/3.52 ERA/24 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/11 GF/1 SV/38.1 IP/41 H/17 R/15 ER/3 HR/1 HB/16 BB/46 K/1.49 WHIP/1.71 GO/AO

評価:B。昨冬のRule 5でTBに指名されたが、無事帰ってきた。昨季、苦戦したHigh-Aでしっかり投げた後、AAに昇格。直後は打ち込まれたけど、徐々にアジャストし、十分な成績でシーズンを終えた。奪三振率とゴロ率の高さは今季も維持。左腕だし、来季中には使えるようになると思うけど、その前に、もう一度Rule 5があるのが難点。対左のERAはイマイチだけど、スタッツ的には対左の方がいい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Chris Martin, RHRP (11'-UDFA)

11' Stats (Low-A): W4-L0/2.17 ERA/7 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/0 SV/29.0 IP/16 H/7 R/7 ER/1 HR/3 HB/6 BB/28 K/0.76 WHIP/3.67 GO/AO
11' Stats (High-A): W2-L1/0.92 ERA/13 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/9 GF/4 SV/39.1 IP/29 H/4 R/4 ER/0 HR/3 HB/6 BB/24 K/0.89 WHIP/1.28 GO/AO
11' Stats (AA): W0-L1/15.88 ERA/3 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/0 SV/5.2 IP/12 H/10 R/10 ER/2 HR/0 HB/1 BB/3 K/2.29 WHIP/1.17 GO/AO

評価:B。UDFAながら、長身と威力のある速球で、Low-A/High-Aの打者をねじ伏せ、一躍注目の選手に。セカンドピッチはまだまだのようで、AAではさすがにHigh-Aとの間の壁を感じることになったが、3試合目は無失点で抑えており、あと数試合見たかったなと。来季も開幕からAAで突っ走るようなら、MLBが見えてくる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Josh Fields, RHRP (11'-Acquired from SEA)

11' Stats (AA): W3-L0/3.12 ERA/9 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/5 GF/1 SV/17.1 IP/10 H/6 R/6 ER/2 HR/1 HB/10 BB/25 K/1.15 WHIP/0.53 GO/AO

評価:C。SEAのAAAはPCLということもあり、やや苦戦していたが、SEAから獲得後はAAに行き、まずまず投げている。Rule 5まであと1年以上あるというのもあるかもしれないが。かなりフライボーラーだし、凄くドミナントではないが。来季しっかり磨いて戦力になってもらいたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Eammon Portice, RHRP (07'-12th)

11' Stats (AA): W4-L8/4.84 ERA/37 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/22 GF/0 SV/80.0 IP/72 H/51 R/43 ER/12 HR/1 HB/33 BB/87 K/1.31 WHIP/1.35 GO/AO

評価:C。トルネードから、ノーマルなフォームに直して、今季はリリーフに専念。今季は被打率も落ちたし、相変わらず三振は奪っている。特に決め球のスプリッターは非常に良いみたいで、もっと飛躍を期待していたのだが。AAまで来ているし、もう少し成長して、戦力になって欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Matt Rusch, RHSP: Stephen Fifeのトレード後に穴埋めで加入。こういう選手を獲らないといけないのは残念です。

Jeremy Kehrt, RHSP/RP: 先発・スウィングマンとMinorの便利屋となっている。今季もSo-Soの成績で、Minorで終わって行きそうだが、一方で、AFLに送られる予定で、何かを期待しているということなのか?

Miguel Gonzalez, RHSP/RP: Rule 5でピックされて以降、便利屋として働いているが、やや健康面に難ありだし、そろそろリリースか。

Blake Maxwell, RHRP: Minorでの成績自体は申し分ないが、上で使えるスタッフではないか。

Kyle Fernandez, LHRP: 地元マサチューセッツの左リリーフ。今オフにMiLFA。Maxwellに同じく。

Will Latimer, LHRP: ドミナントではないが、左ということもあり、ここ2年はまずまずのリリーフとして投げている。AFLで活躍できればあるいは。

Seth Garrison, RHRP: リリーフとしてはまずまずの力があると思うけど、年齢が高い上にケガが多い。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Mark Wagner, C (05'-9th)

11' Stats (High-A): 26 G/87 AB/23 H/4 2B/0 3B/4 HR/39 TB/14 R/14 RBI/14 BB/16 SO/1 SB/0 CS/.264 AVG/.365 OBP/.448 SLG/.814 OPS/3 E
11' Stats (AA): 36 G/135 AB/35 H/12 2B/2 3B/6 HR/69 TB/20 R/18 RBI/9 BB/28 SO/1 SB/0 CS/.259 AVG/.306 OBP/.511 SLG/.817 OPS/0 E

評価:D。昨季のケガの影響があったのかもしれないが。MLBのデプスとしての役目をMichael McKenryに奪われ、DFA後しばらくXSTで飼い殺しという状態でシーズンスタート。ただHigh-A/AAに復帰後は、やや低打率ながらも、222 ABで10 HRとパワーを見せた。選球眼もぼちぼちだし、左腕は常に打ち込んでいるから、AAAで打てさえすれば、チャンスを与えても良いと思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Reynaldo Rodriguez, 1B/LF (09'-UDFA)

11' Stats (GCL): 1 G/2 AB/0 H/0 2B/0 3B/0 HR/0 TB/0 R/0 RBI/0 BB/1 SO/0 SB/0 CS/.000 AVG/.000 OBP/.000 SLG/.000 OPS
11' Stats (SS-A): 4 G/15 AB/5 H/0 2B/0 3B/1 HR/8 TB/4 R/2 RBI/3 BB/5 SO/1 SB/0 CS/.333 AVG/.444 OBP/.533 SLG/.812 OPS/1 E
11' Stats (High-A): 56 G/202 AB/64 H/24 2B/1 3B/9 HR/117 TB/44 R/43 RBI/27 BB/43 SO/7 SB/2 CS/.317 AVG/.397 OBP/.579 SLG/.976 OPS/2 E
11' Stats (AA): 49 G/186 AB/47 H/15 2B/1 3B/8 HR/88 TB/25 R/32 RBI/9 BB/48 SO/6 SB/0 CS/.253 AVG/.302 OBP/.473 SLG/.775 OPS/7 E

評価:B。ケガもあり、数字を落として終わったが、High-AからAAに昇格後も順調に打っている。契約当時の情報としては、1Bとして十分なパワーはない、とあったが今季は18発と、悪くない数字を残している。1Bとしてはスピードもあるし、OFにも対応できるので、もしかすると今冬のRule 5でピックされうるかも。難点は、やや早打ち傾向が強く、また守備も1Bとしてはエラーが多くてイマイチ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Oscar Tejeda, 2B (06'-Int. FA)

11' Stats (AA): 123 G/457 AB/114 H/24 2B/1 3B/5 HR/155 TB/50 R/41 RBI/29 BB/101 SO/13 SB/4 CS/.249 AVG/.297 OBP/.339 SLG/.636 OPS/24 E

評価:E。多分ダメだろうけど、という多くのProspectと違って、STまで絶好調だっただけに、大きな失望となった。パワー、スピード、選球眼の全てで退化。守備も相変わらず良くないし、オプションの問題もあるから、来季はとっととOFに移した方がいいかもしれない。一応、まだ若いし、High-AからAAということで、多少苦しんでも仕方のない面はあるけど。

-------------------------------------------------------------------------------------

Ryan Dent, SS/CF (07'-1st Supp.)

11' Stats (GCL): 4 G/10 AB/1 H/0 2B/0 3B/0 HR/1 TB/0 R/1 RBI/1 BB/2 SO/0 SB/0 CS/.100 AVG/.182 OBP/.100 SLG/.282 OPS/0 E
11' Stats (SS-A): 1 G/5 AB/1 H/1 2B/0 3B/0 HR/2 TB/0 R/2 RBI/0 BB/2 SO/0 SB/0 CS/.200 AVG/.200 OBP/.400 SLG/.600 OPS/0 E
11' Stats (AA): 53 G/170 AB/35 H/11 2B/0 3B/2 HR/52 TB/20 R/13 RBI/17 BB/45 SO/7 SB/3 CS/.206 AVG/.275 OBP/.306 SLG/.581 OPS/6 E

評価:E。これほど安定して打てない選手も珍しい。今季はケガに悩まされた後、来季を考えてか、CFに挑戦しているが、そんなことの前に打撃練習を少しでもした方がいいのでは?

-------------------------------------------------------------------------------------

Alex Hassan, LF/RF (09'-20th)

11' Stats (AA): 126 G/454 AB/132 H/34 2B/1 3B/13 HR/207 TB/75 R/64 RBI/76 BB/79 SO/8 SB/2 CS/.291 AVG/.404 OBP/.456 SLG/.860 OPS/1 E

評価:A。結局AAAへの昇格はなかったが、今季に関しては文句なしの成績。昨季も後半大爆発で、コンタクト能力の高さを見せたけど、今季は入団時にはやや早打ちだったディシプリン面を大きく改善。傘下でもトップクラスの選球眼を持つと言われるようになった。左を良く打ち込むし、来季中にはMLBに上がるかも。ただやはりLF中心の両翼タイプとしては、未だにパワーが物足りず、来季はせめてシーズン20発は打って欲しいが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Ronald Bermudez, CF (05'-Int. FA)

11' Stats (High-A): 9 G/31 AB/6 H/3 2B/0 3B/0 HR/9 TB/5 R/3 RBI/2 BB/4 SO/1 SB/0 CS/.194 AVG/.265 OBP/.290 SLG/.555 OPS/0 E
11' Stats (AA): 19 G/72 AB/21 H/2 2B/1 3B/0 HR/25 TB/6 R/6 RBI/2 BB/22 SO/0 SB/1 CS/.292 AVG/.311 OBP/.347 SLG/.658 OPS/0 E
11' Stats (AAA): 57 G/180 AB/47 H/15 2B/1 3B/3 HR/73 TB/20 R/21 RBI/9 BB/26 SO/0 SB/1 CS/.261 AVG/.295 OBP/.406 SLG/.700 OPS/0 E

評価:C。Kalish、Reddick、Linaresと、AAAのOFの多くが、ケガやコールアップでいなくなった関係で、AAAで多くの時間を過ごした。控えのロスターフィラー扱いなのかもしれないが、昨季までHigh-Aまでしか経験のなかった選手にしては、まずまず打ってるか、というカンジ。BOSは比較的気に入っていると言われるし、来季もそこそこ打つようなら、もう少し機会を得ることができるかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jeremy Hazelbaker, RF/CF (09'-4th)

11' Stats (High-A): 34 G/122 AB/34 H/9 2B/0 3B/5 HR/58 TB/26 R/14 RBI/20 BB/34 SO/12 SB/6 CS/.279 AVG/.389 OBP/.475 SLG/.864 OPS/1 E
11' Stats (AA): 90 G/354 AB/94 H/18 2B/3 3B/12 HR/154 TB/60 R/41 RBI/42 BB/105 SO/35 SB/8 CS/.266 AVG/.350 OBP/.435 SLG/.785 OPS/7 E

評価:B。打撃面では、昨季に引き続き、順調に成長を見せた。特にAAに上がった後は、ややコンタクトに苦しんだが、8月は完全に打ちこなしており、また2クラスで計62 BBと、安定してボールを選べている。パワーも17 HRとかなり付いてきた。ただ一方で、かなり振り回している感が強く、三振数がかなり多い。また左腕にも手こずっている。走力に関しては、昨季に引き続き、良く走っている。守備に関しては、AA昇格後、しばらくCFで試されたが、終盤戦はRFに回ることが多かった。エラーも多く、まだまだということだろう。長所と短所がしっかり見えているので、弱点を克服して、より上のレベルを目指して欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mitch Dening, RF (05'-Int. FA)

11' Stats (AA): 86 G/264 AB/58 H/11 2B/3 3B/6 HR/93 TB/35 R/36 RBI/29 BB/64 SO/3 SB/4 CS/.220 AVG/.303 OBP/.352 SLG/.656 OPS/1 E

評価:D。昨季までは、ややパワーが足りないものの、高いアベレージを残していたが、今季はAAへの昇格とプレータイムの減少があってか、成績ダウン。前半戦は、HassanとChih-Hsien Chiangにレギュラーを奪われ、Chiangがトレードされた後も、思うように機会が得られなかった。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jeff Howell, C: 契約後、少ない打席ながら良く打った。来季の上層のDL待機捕手になるかも。

Jon Hee, IF: 内野全ポジションをこなし、AVG .275。パワーがなく、Prospectとは言えないかもしれないが、良くガンバっている。

Matt Gedman, IF: ローカルボーイのロスターフィラー。GCLではさすがに打っているが。

Alex Valdez, IF: 控えIF。今季は5チームでプレー。

2011年9月19日月曜日

11' Postseason Prospect Ranking -Outfielder-

各ポジションごとのMy Rankingです。今回はOFのランキング。今季さっぱりなCrawfordがしばらくLFを埋めることになり、頭が痛いですが、Minorでは今季はパワーヒッターのBrentzとJacobsが良く伸びた。既にMLBに到達しているReddick、Kalishに加えて、LinaresやNava、Linもいるし、Hazelbaker、Hassanも既にAAで十分な成績を残している。上層は比較的厚い層がある。一方で下層は今季のドラフトでCFを多く獲って、かなり飽和しているが、しっかり成績を残せている選手は少ない。


[Ranking]

Left from Ranking : Josh Reddick (RF/CF/LF, Graduated), Chih-Hsien Chiang (RF/LF, Traded to SEA), Reymond Fuentes (CF, Traded to SD), Bubba Bell (CF/RF, Traded to CLE), Zach Daeges (RF/LF, Released), Bryan Peterson (RF/LF, Released)


Four-Star Prospect

1 (5). Bryce Brentz, RF (High-A/Low-A) : パワーはさすが。磨きをかけて。

2 (13). Brandon Jacobs, LF (Low-A) : 攻撃の全ての面で大きく成長。

3 (1). Ryan Westmoreland, CF (DNP) : 来季はやっと復帰できそう。

Three-Star Prospect

4 (NR). Jackie Bradley Jr., CF (Low-A/SS-A) : Ellsburyの後釜になるか?

- (NR). (Ryan Kalish, CF/RF (AAA)) : 今季はケガでReddickに後れを取った。

5 (6). Alex Hassan, LF/RF (AA) : もう少しパワーが付けばMLBも視野に。

6 (12). Henry Ramos, CF/RF (Low-A) : 数字はまだまだも、良くやってる。

- (NR). (Kolbrin Vitek, 3B (High-A (3B))) : 3B守備はやはり良くない。

7 (7). Jeremy Hazelbaker, RF/CF (AA/High-A) : パワーも成長中。守備は?

Two-Star Prospect

- (NR). (Daniel Nava, LF/RF (AAA)) : 後半戦は良く打ったが、出番なし。

8 (3). Che-Hsuan Lin, CF (AAA/AA) : パワーないし、もう少し打てないと。

9 (8). Keury De La Cruz, CF/RF (SS-A) : ツールはある。ブレイクに期待。

10 (NR). Williams Jerez, CF (GCL) : パワーやスピードは見せられず。

- (NR). (J. C. Linares, CF/RF (AAA)) : 低調なスタートとケガ。

- (NR). (Reynaldo Rodriguez, 1B/LF (AA/High-A (1B))) : 順調に打ってる。

11 (NR). Matt Marquis, LF (SS-A/GCL) : 良く打った。来季が楽しみ。

12 (14). Kendrick Perkins, LF (GCL) : GCLだし、もう少し打って欲しかった。

13 (11). Peter Hissey, CF (High-A) : なかなか打てるようにならない。

One-Star Prospect

14 (NR). Matty Johnson, LF/CF/RF (Low-A/SS-A) : 上のクラスでどうか?

15 (9). Felix Sanchez, CF/RF (Low-A) : スピード以外はイマイチ。


Others : Manuel Marcos (CF, YTD), (Ryan Dent (SS/CF, AA (SS))), Ronald Bermudez (CF/RF, AAA/AA/High-A), Shannon Wilkerson (LF/RF, High-A), Lucas LeBlanc (LF/RF/CF, Low-A), (Jorge Padron (1B/LF, AA/High-A (1B))), Mitch Dening (RF/LF, AA), Cody Koback (RF, GCL), David Mailman (LF, High-A), Seth Schwindenhammer (LF/RF, SS-A), Wilfred Pichardo (CF/RF, AAA/High-A/Low-A), Jesus Loya (CF/LF, GCL), Ynoel Aguero (RF, DSL)


[Perspective]

Brentzは昨季の悲惨な成績から、大きくカムバックしてきた。ここ数年いなかったMinorでの30 HRを達成。やや守備でエラーが多いのが難点だが、MLBの両翼、Reddick/Crawfordは共に左打ちだし、13年には彼らと併用されるようになって欲しい。Jacobsも荒削りと言われた昨季までから、今季は文句なしの成績。一方でまだ三振は多いし、来季も継続した活躍に期待。CFではやはりドラ1のBradley Jr.が楽しみ。EllsburyがFAで抜けるなら、後釜になって欲しい。

2011年9月15日木曜日

11' Postseason Prospect Ranking -Reliever-

各ポジションごとのMy Rankingです。今回はRPのランキング。上のリリーフ陣もイマイチですが、下も即戦力で、セットアップ以上の可能性を持つProspectはいない。MLBでは先発としてどうかという、そこそこの有望株も多く先発として使い続けているし、Kendal Volz、Juan Rodriguezといった、上限が高めなProspectを積極的にトレードで消費してしまった。DoubrontやA. Wilsonの起用も含めて、リリーフの生え抜きを定着させてもらいたい。


[Ranking]

Left from Ranking : Robert Coello (RHP, Traded to CHC), Jason Rice (RHP, Traded to OAK), Daniel Turpen (RHP, Traded to COL), Kendal Volz (RHP, Traded to KC), Juan Rodriguez (RHP, Traded to LAD), Bryce Cox (RHP, Released), Ryne Miller (RHP, Released), Lance McClain (LHP, Released)


Four-Star Prospect

- (NR). (Alex Wilson, RHP (AAA/AA(SP))) : 先発でも良くやってるけど。

Three-Star Prospect

- (NR). (Felix Doubront, LHP (MLB/AAA(SP))) : 来季はオプション切れ。

1 (NR). Junichi Tazawa, RHP (MLB/AAA/AA/High-A) : リリーフでどうか?

Two-Star Prospect

- (NR). (Josh Fields, RHP (AA)) : 四球は多いが、ポテンシャルありそう。

2 (4). Cesar Cabral, LHP (AA/High-A) : 地味に良い。またRule 5候補か。

3 (NR). Chris Martin, RHP (AA/High-A/Low-A) : 大柄で球威がある。

4 (NR). Manny Rivera, LHP (High-A/Low-A): リリーフ向きだと思う。

5 (2). Michael Bowden, RHP (MLB/AAA) : スライダーは良いが。

- (NR). (Tommy Hottovy, LHP (MLB/AAA)) : 後半は機会をもらえず。

- (3). (Eammon Portice, RHP (AA)) : 個人的には買っているんだが。

6 (NR). Miguel Pena, LHP (SS-A) : 対左で期待だが、先発で試すか?

One-Star Prospect

7 (13). Justin Erasmus, RHP (Low-A) : ドミナントさには欠けるが。

8 (NR). Luis Bastardo, RHP (SS-A) : 奪三振率は素晴らしい。

9 (8). Tom Ebert, RHP (High-A) : 今季もまずまず。ゴロ率が高い。

10 (NR). Braden Kapteyn, RHP (SS-A) : 制球難も、スタッフはありそう。


Others : Renny Parthemore (RHP, GCL), Mike Lee (RHP, AA), Yunior Ortega (RHP, GCL), Pete Ruiz (RHP, High-A), Dennis Neuman (RHP, AAA/High-A/Low-A), Matty Ott (RHP, SS-A), Leandro Marin (RHP, DNP)


[Perspective]

田澤はまだ個人的に微妙感も受けるが、取りあえずAAAまでは良くやっている。ただ来季の契約はTender/Non-tenderの形になるそうなので、残す選択がどうか。上層では現在は(Minorでは)先発だが、MLBではリリーフ起用が有力なA. Wilsonと既にリリーフで上がってきているDoubrontがいる。最大限育てば、セットアップになりうるし、来季は戦力となってもらいたい。あとは、C. CabralとFieldsはリリーフ専門のProspectの中では、比較的ポテンシャルがあり、上層に来ている。C. Martinも球威があって、面白そう。下層では、まだ確実なProspectは少ないが、Bastardo、Kapteynらは球威があり、うまく育って欲しい。

11' Minor League Stats - Salem Red Sox (High-A)

今季のHigh-A Salemで今季を終えたProspectのスタッツです。投手陣は顔ぶれは豪華だったんですが...。序盤は打撃好調で好スタートだったんですが、徐々に投手陣が足を引っ張り勝てなくなった。打撃陣では、VitekやHisseyが期待外れでしたが、Brentz、Headの昇格後は充実していました。全体のスタッツはこちら


[Pitchers]

Anthony Ranaudo, RHSP (10'-1st Supp.)

11' Stats (Low-A): W4-L1/3.33 ERA/10 G/10 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/46.0 IP/35 H/20 R/17 ER/4 HR/4 HB/16 BB/50 K/1.11 WHIP/0.89 GO/AO
11' Stats (High-A): W5-L5/4.33 ERA/16 G/16 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/81.0 IP/80 H/43 R/39 ER/6 HR/9 HB/30 BB/67 K/1.36 WHIP/0.98 GO/AO

評価:D。高い期待度ともに入団したものの、コマンド面の不安からLow-Aで開幕。序盤はさすがという投球も、5月に入りやや捉えられるように。10試合に投げた後、High-Aへと昇格するが、こちらではかなりK/BBが悪化し、他のスタッツも特に目立つものはなし。通常のProspectなら評価C以上でもおかしくないが、フロントラインクラスと言われた選手としては期待外れ。個人的に不安視していた、球威やムーブの不足もあって、ドミネイトできていない。カーブもコマンドがイマイチも、変化自体はさすがのものを見せているようだし、来季はしっかりとコマンド、サードピッチを磨いて欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Drake Britton, LHSP (07'-23rd)

11' Stats (High-A): W1-L13/6.91 ERA/26 G/26 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/97.2 IP/111 H/81 R/75 ER/12 HR/6 HB/55 BB/89 K/1.70 WHIP/1.14 GO/AO

評価:E。Pimentelと共に、最低のパフォーマンスに終始。前半戦はコマンドが全く定まらず、K/BBが非常に悪かった。そこからイニングを絞って(1試合で2、3イニング)投げさせて、後半戦はK/BBがやや改善を見せるも、今度は被打率が跳ね上がった。速球・カーブとまだスタッフ自体は悪くないみたいだけど、速球やチェンジアップは少し後退したとも言われている。素材自体は確かだし、来季は持ち直しに期待。

-------------------------------------------------------------------------------------

Stolmy Pimentel, RHSP (06'-Int. FA)

11' Stats (High-A): W6-L4/4.53 ERA/11 G/10 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/51.2 IP/50 H/29 R/26 ER/8 HR/8 HB/16 BB/35 K/1.28 WHIP/1.29 GO/AO
11' Stats (AA): W0-L9/9.12 ERA/15 G/15 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/50.1 IP/75 H/57 R/51 ER/8 HR/8 HB/23 BB/30 K/1.95 WHIP/0.68 GO/AO

評価:E。今季は最低のシーズンだった。コマンドがさっぱりで、スタッツ的にも全く良いところがなく、シーズン半ばで、High-Aに降格。やや持ち直したものの、こちらでも印象的な数字は残せなかった。まだ若いのは確かだし、体格もかなり成長しているようだから、バランス等を見直して、来季に臨んで欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Chris Hernandez, LHSP (10'-7th)

11' Stats (High-A): W10-L7/3.18 ERA/25 G/25 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/127.1 IP/112 H/53 R/45 ER/8 HR/6 HB/51 BB/80 K/1.28 WHIP/2.07 GO/AO

評価:B。RanaudoやWorkmanといった期待度の高い同期を差し置いてHigh-Aでシーズンをスタートしたように、優れた投球術とコマンドで安定した活躍。クレイジーなほどのゴロ率で、序盤から素晴らしい防御率を残してきた。中盤以降やや崩れる回数が増えたものの、高いゴロ率は維持。被打率も優秀だが、一方K/BBはかなり悪く、上のクラスで活躍するには、もう少しセカンドピッチの向上が必要かと思われる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Ryan Pressly, RHSP (07'-11th)

11' Stats (High-A): W6-L11/4.50 ERA/26 G/26 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/130.0 IP/125 H/84 R/65 ER/9 HR/13 HB/53 BB/72 K/1.37 WHIP/1.72 GO/AO

評価:D。ショートシーズンクラスでは高い奪三振率を示してきたが、フルシーズンクラスに昇格後はK/BBが悪化する一方。被打率はまずまずも、しっかり押さえるアウティングがほとんどないままシーズンを終えた。非常に高いゴロ率が示す通り、まずまず球に力はあるのかなと思うが、コマンド、セカンドピッチが伸びないと上のクラスでは厳しい。来季はリリーフかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Manny Rivera, LHRP/SP (06'-Int. FA)

11' Stats (Low-A): W5-L4/3.58 ERA/20 G/20 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/98.0 IP/84 H/43 R/39 ER/16 HR/5 HB/23 BB/98 K/1.09 WHIP/0.86 GO/AO
11' Stats (High-A): W0-L2/5.59 ERA/5 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/3 GF/2 SV/19.1 IP/18 H/12 R/12 ER/3 HR/1 HB/10 BB/8 K/1.45 WHIP/0.92 GO/AO

評価:C。今季も再びLow-Aで開幕。序盤は毎週のようにPlayer of the Weekに選ばれるくらいの好投を見せ続けたが、途中から被弾の多さに悩まされ、炎上する回数が増えた。終盤にHigh-Aに上がったあとは、Piggy-backではあるが、リリーフへと再び配置転換。Low-Aでは被打率も少し改善したし、K/BBは相変わらず良い。左腕だし、ショートリリーフで期待しているが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Pete Ruiz, RHSP/RP (08'-10th)

11' Stats (High-A): W6-L5/5.31 ERA/28 G/15 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/3 GF/1 SV/115.1 IP/126 H/80 R/68 ER/5 HR/12 HB/55 BB/94 K/1.57 WHIP/1.42 GO/AO

評価:D。BOSには割と珍しいJuCoの出身から、過去2年ほど、K/BBを大きく改善して、注目度を上げていたが、今季はHigh-Aで苦戦。自慢のK/BBが大きく悪化し、平凡な投手へとなり下がった。ゴロ率は高く、リリーフに専念すれば、可能性はあるかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Tom Ebert, RHRP (09'-19th)

11' Stats (High-A): W5-L6/4.09 ERA/31 G/4 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/11 GF/1 SV/83.2 IP/67 H/40 R/38 ER/7 HR/16 HB/37 BB/71 K/1.24 WHIP/1.45 GO/AO

評価:C。昨年、Low-Aで予想を大きく超える好投を披露し、今季はスポットながら先発も任された。K/BBはやはり少し悪化したが、被打率、ゴロ率は今季も良く、そこそこ良くやったと言える部類かと思う。

-------------------------------------------------------------------------------------

Dennis Neuman, RHRP (06'-Int. FA)

11' Stats (Low-A): W2-L1/5.94 ERA/24 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/18 GF/5 SV/33.1 IP/28 H/25 R/22 ER/9 HR/6 HB/16 BB/33 K/1.32 WHIP/0.88 GO/AO
11' Stats (High-A): W0-L3/5.40 ERA/7 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/5 GF/0 SV/11.2 IP/15 H/8 R/7 ER/2 HR/1 HB/12 BB/8 K/2.31 WHIP/1.08 GO/AO
11' Stats (AAA): W0-L3/5.40 ERA/7 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/5 GF/0 SV/11.2 IP/15 H/8 R/7 ER/2 HR/1 HB/12 BB/8 K/2.31 WHIP/1.09 GO/AO

評価:D。過去数年は、やや昇格が遅いながらも、三振の獲れる、リリーフ専門のProspectとして、着実に成長してきたが、今季はさっぱり。各クラスの状況に合わせて、AAA~Low-Aを行ったり来たりではあったが、2年目のLow-Aでこれでは...。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jordan Flasher, RHRP: リリーフのProspectの中でも、まずまずスタッフは持っている選手だと思うが、ケガが多く、活躍できていない。リリースのボーダーラインかも。

Anatanaer Batista, RHRP: 序盤好調も、徐々に捉えられ始め、7、8月は滅多打ちにあった。ここ数年、年齢的にはやや低いレベルではあったが、まずまず高い奪三振率で、可能性を感じさせるリリーフではあったが、これより上では通じなさそう。

Mitch Herold, LHRP: ゴロ率と対左が非常に良く、対左のリリーフとして使えるのでは?と思ってたけど、今季はケガもあり、High-Aで停滞。

T. J. Hose, RHRP: シーズン半ばに加入。

Jeremiah Bayer, RHRP: 被打率も低く、成績的にはまずまず。オーガニゼーションプレイヤーとしては良く働いている。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Miles Head, 1B (09'-26th)

11' Stats (Low-A): 66 G/263 AB/89 H/25 2B/1 3B/15 HR/161 TB/61 R/53 RBI/30 BB/53 SO/4 SB/2 CS/.338 AVG/.409 OBP/.612 SLG/1.022 OPS/4 E
11' Stats (High-A): 63 G/232 AB/59 H/12 2B/1 3B/7 HR/94 TB/27 R/29 RBI/20 BB/56 SO/0 SB/2 CS/.254 AVG/.328 OBP/.405 SLG/.733 OPS/3 E

評価:A。今季はAnthony Rizzoの抜けた1Bで大きく名を上げた。ボールをしっかり見るし、High-A/Low-Aで計22 HRと非常にパワーがある。1B守備もBAから、リーグのベストに選ばれた。High-Aに昇格以降は、やや苦戦も、自分を保てている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jorge Padron, 1B/LF (10'-Int. FA)

11' Stats (High-A): 60 G/226 AB/56 H/12 2B/3 3B/2 HR/80 TB/26 R/27 RBI/21 BB/25 SO/0 SB/0 CS/.248 AVG/.317 OBP/.354 SLG/.671 OPS/1 E
11' Stats (AA): 67 G/243 AB/60 H/7 2B/1 3B/5 HR/84 TB/24 R/28 RBI/21 BB/21 SO/1 SB/0 CS/.247 AVG/.303 OBP/.346 SLG/.649 OPS/5 E

評価:E。コンタクト、パワー、スピード全てがダメ。昨季は比較的高いコンタクト能力を示したのだが。ボールは少し見るようになったが、さっぱり打てずで、R. Rodriguezと入れ替わりで降格。多少当てれるようになっても、1BやLFでこのパワーではムリでしょう。微妙なInt. FAにそこそこのボーナスを与えては失敗ばっかりなのは本当にいい加減にして欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Heiker Meneses, 2B/SS/3B (08'-Int. FA)

11' Stats (Low-A): 51 G/206 AB/57 H/6 2B/2 3B/2 HR/73 TB/38 R/22 RBI/18 BB/56 SO/17 SB/5 CS/.277 AVG/.358 OBP/.354 SLG/.712 OPS/4 E
11' Stats (High-A): 26 G/101 AB/36 H/9 2B/5 3B/1 HR/58 TB/23 R/13 RBI/8 BB/24 SO/6 SB/1 CS/.356 AVG/.416 OBP/.574 SLG/.990 OPS/2 E
11' Stats (AA): 24 G/83 AB/22 H/3 2B/0 3B/0 HR/25 TB/13 R/6 RBI/3 BB/25 SO/2 SB/0 CS/.265 AVG/.311 OBP/.301 SLG/.612 OPS/10 E

評価:A。DSLで2年を過ごしたのち、昨季USデビュー。昨季も少し打撃で進歩の感触を見せたが、今季はThompsonと入れ替わりで、SS-AをスキップしてLow-Aデビューを果たすと、上の状態に合わせてロスターフィラーのように、AA、High-Aと移動したが、AAでもまずまずやった後、High-Aで爆発。終盤戦はレギュラーの席を掴み取った。パワーはないが、スピードが非常にあり、足でXBHを稼ぐ。ボールも最低限は見ている。IFの各ポジションをこなし、過去にはOFの経験もあるが、来季はどこかのポジションでレギュラーを掴んで欲しいですね。

-------------------------------------------------------------------------------------

Kolbrin Vitek, 3B (10'-1st)

11' Stats (High-A): 123 G/473 AB/133 H/22 2B/6 3B/3 HR/176 TB/78 R/43 RBI/45 BB/102 SO/12 SB/3 CS/.281 AVG/.350 OBP/.372 SLG/.722 OPS/28 E

評価:D。打撃面ではパワーは不足気味なのはわかっていたが、まさかこれほどとは思わなかった。2年目で、High-A開幕でそこそこしっかり打っているコンタクトは評価できるが、ドラ1、3B、カレッジといった要素を考えると、かなり辛い評価になる。ボールはまずまず見てはいるが、三振は少し多めで、期待されたほどスピードもない。さらに28エラーでは...。

-------------------------------------------------------------------------------------

Derrik Gibson, SS (08'-2nd)

11' Stats (High-A): 128 G/445 AB/107 H/20 2B/3 3B/1 HR/136 TB/56 R/30 RBI/48 BB/86 SO/24 SB/9 CS/.240 AVG/.321 OBP/.306 SLG/.627 OPS/19 E

評価:C。AVG .240に終わったが、7、8月は.270を越えているし、まぁ最低限はやっているか。相変わらずボールを良く見ているし、三振も酷いというほど多くはない。ただパワー不足は明らかで、もう少し身体をしっかり作って、強くコンタクトすることができれば。

-------------------------------------------------------------------------------------

Shannon Wilkerson, LF (09'-8th)

11' Stats (High-A): 102 G/342 AB/86 H/18 2B/2 3B/10 HR/138 TB/54 R/39 RBI/34 BB/70 SO/13 SB/3 CS/.251 AVG/.322 OBP/.404 SLG/.726 OPS/3 E

評価:C。MailmanとLFをシェアして、最終的にはポジションを奪った。10 HR/13 SBといずれのツールもまずまずという評価を裏付けているが、元々レベルの高くない学校出身ということもあり、コンタクトには苦しんでいる。これと言った押しに欠けるけど、もう少しコンタクトが伸びれば。

-------------------------------------------------------------------------------------

David Mailman, LF (07'-7th)

11' Stats (High-A): 79 G/260 AB/55 H/20 2B/1 3B/6 HR/95 TB/27 R/25 RBI/31 BB/70 SO/7 SB/3 CS/.212 AVG/.297 OBP/.365 SLG/.662 OPS/4 E

評価:E。ケガが癒えれば結構やるんじゃないかとちょっと期待していたが、結果的には鳴かず飛ばず。XBH%はかなり良く、そこそこボールも見てはいるが、あまりにも打てない。いつリリースされてもおかしくない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Peter Hissey, CF (08'-4th)

11' Stats (High-A): 97 G/378 AB/91 H/25 2B/3 3B/2 HR/128 TB/38 R/41 RBI/25 BB/93 SO/27 SB/11 CS/.241 AVG/.297 OBP/.339 SLG/0.636 OPS/1 E

評価:E。昨季はHigh-Aでは若いということで、それなりに苦しむのも仕方がないと思えたが、今季はHigh-A2年目でこれでは、$1Mのボーナスが泣く。相変わらず全くパワーがない割に、早打ちで、しかも三振が多い。来季はProspectとしてはそろそろ正念場かも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Bryce Brentz, RF (09'-1st Supp.)

11' Stats (Low-A): 40 G/170 AB/61 H/10 2B/3 3B/11 HR/110 TB/43 R/36 RBI/14 BB/35 SO/2 SB/2 CS/.359 AVG/.414 OBP/.647 SLG/1.061 OPS/8 E
11' Stats (High-A): 75 G/288 AB/79 H/15 2B/1 3B/19 HR/153 TB/48 R/58 RBI/26 BB/80 SO/1 SB/1 CS/.274 AVG/.336 OBP/.531 SLG/.868 OPS/9 E

評価:B。高い期待で入団しながら、失望を買った昨季のデビューから、コンタクトレンズを変えて臨んだ今季は、そのパワーを如何なく発揮。Low-Aで開幕を迎えるも、序盤から打ちまくり、High-Aに昇格。トータルで30 HRに乗せてきました。これだけなら評価Aでもおかしくないけど、元の期待度が期待度だし、やや早打ちなのと、OFとしては異様にエラーが多いので、少しだけ評価を下げました。来季はしっかりボールを見て、AAを打ちこなすくらいまで行って欲しいな。

-------------------------------------------------------------------------------------

Matt Spring, C/1B: 長打力があり、序盤まずまず打ったが、かなり早打ち。

Josue Peley, C: こちらはまずまず当ててはいるが、パワーはない。

Leonel Escobar, C: 今季もバックアップとしていくつかのクラスを行ったり来たり。バットコントロールは良さそうなんですが、Prospectとは見なされていないか。

Zach Gentile, 2B: Prospectとは言い難いが、今季のHigh-Aの開幕2Bを務めた。コンタクトの上手さと、選球眼を見せてはいるが、Minor止まりか。

Vlad Frias, IF: 下層の控えIF。AAではぼちぼちやっていた。

Drew Dominguez, IF: 下層の控えIF。当然打てない。

2011年9月14日水曜日

11' Postseason Prospect Ranking -Shortstop-

各ポジションごとのMy Rankingです。今回はSSのランキング。1年前は、LowrieにYamaico Navarro、J. Iglesiasもいて、しばらくは安泰かと思ったものの、Lowrieはやはりケガがちで守備もイマイチ。Navarroは意味不明なトレードで放出。Iglesiasは成長があまり見られず、AAAで不振という状態。Scutaroにもう1年残ってもらうか、という状態になりつつあります。やはりSSは難しい。


[Ranking]

Left from Ranking : Yamaico Navarro (UT, Traded to KC)


Five-Star Prospect

1 (6). Xander Bogaerts, SS (Low-A) : 驚異のパワーを誇る18歳。選球眼も。

Four-Star Prospect

2 (1). Jose Iglesias, SS (MLB/AAA) : やはり打撃が。レギュラーになれるか?

Three-Star Prospect

3 (3). Jose Vinicio, SS (GCL) : 3つ☆は少し甘いか。打撃の上限は低そう。

Two-Star Prospect

4 (4). Derrik Gibson, SS (High-A) : 後半戦はまずまず。決め手に欠けるが。

5 (NR). Mookie Betts, SS (GCL) : SSなら良さげだが。守備はまだまだ。


Others : Raimel Flores (SS, YTD), Jose Garcia (SS, Low-A/SS-A), Ryan Dent (SS/CF, AA), Cleuluis Rondon (SS, DSL)


[Perspective]

X. Bogaertsは驚きだった。たった18歳にして、2クラスを飛び級でLow-Aにデビューし、まずまずどころか、素晴らしい活躍。特にパワーは素晴らしかった。ただ一方さほどスピードはなく、将来は3Bか両翼とも。守備の良いIglesiasはやはり打撃面に難あり。Vinicioもタイプ的には似たようなカンジで、当てはするものの、パワーも選球眼もない。その下は、やはりどこかのツールに欠けたProspectが多く、なかなか攻守揃ったSSの有望株を探すのは難しい。やはり守備の良い、Iglesiasには最低限MLBのレギュラーを務めるくらいにはなってもらわないと困る。

11' Postseason Prospect Ranking -Thirdbase-

各ポジションごとのMy Rankingです。今回は3Bのランキング。ここ1、2年ほどMLB全体の3Bのレベルが下がっていると言われていて、有望株自体も減っている。そんな中で攻守に優れるMiddlebrooksは、Minor全体でもトップクラスのProspectに成長したし、今後しばらくトレードの噂に上がってくるでしょう。しかしBOSもYouksがケガに悩まされており、Middlebrooksは後継者になってもらう予定なので、絶対出さないように。


[Ranking]

Left from Ranking : Michael Almanzar (Converted to 1B/3B), Jorge Jimenez (3B/1B, Released)


Five-Star Prospect

1 (1). Will Middlebrooks, 3B (AAA/AA) : パワー・ディフェンス。13年の正3B。

Four-Star Prospect

2 (3). Garin Cecchini, 3B (SS-A) : オフェンスは文句なし。守備は?。

Three-Star Prospect

3 (2). Kolbrin Vitek, 3B (High-A) : 当てはするが、パワーと守備が×。

4 (5). David Renfroe, 3B (Low-A) : スタッツは物足りないが、成長はしてる。

Two-Star Prospect

5 (NR). Nick Moore, 3B (GCL) : 先は長いがツールはありそう。


Others : (Travis Shaw, (1B/3B, Low-A/SS-A)), Aneudis Peralta (3B, DSL)


[Perspective]

入団以来、Middlebrooksにはずっと高い期待をしているが、今季は文句なしの成長を見せた。未だに早打ちではあるが、選球眼のツール自体はあるという人もいるし、パワーと強肩・ディフェンスを兼ね備えた、Minor全体でもトップクラスの3Bと呼ばれるようになった。来季も継続して成長してくれれば、今後数年の3Bは安泰だろう。昨季ドラ1のVitekは、さすがにしっかりとしたコンタクト能力は見せたものの、パワーを発揮できず、やや評価逓減。一方でCecchiniはそのオフェンスポテンシャルを存分に発揮した。ただこの2人の問題は攻撃面よりもむしろ守備。いずれもOFへの転向もありえる。守備面ならRenfroeの方が上か?攻撃面ではまだまだポテンシャルを発揮できていないが、Middlebrooksのように、着実に成長して欲しい。Mooreもツールはありそうだし、面白そうだ。

2011年9月9日金曜日

11' Minor League Stats - Greenville Drive (Low-A)

MiLBは、レギュラーシーズン全日程が終了しました。今季のLow-A Greenvilleは、特にRanaudoの昇格以降は、近年にない地味な投手陣になりましたが、野手陣はポテンシャルが開花した選手が多くて、楽しかった。全体のスタッツはこちら


[Pitchers]

Brandon Workman, RHSP (10'-2nd)

11' Stats (Low-A): W6-L7/3.71 ERA/26 G/26 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/131.0 IP/128 H/67 R/54 ER/10 HR/5 HB/33 BB/115 K/1.23 WHIP/0.92 GO/AO

評価:D。成績的には、やや奪三振率が低いものの、全体的にはぼちぼちだが、ドラフト時の期待度と、カレッジの選手でLow-Aということを考えれば、評価は悪くならざるを得ない。序盤はプロの中4日のローテに適応するのに時間がかかったそうだが、後半戦も目を見張るほどではなかった。ややフライボール比率が高いし、被打率も平凡。球速が出ていない訳ではなさそうだが、コマンドが今一つで、あまり空振りを奪えていない印象。来季はHigh-Aでしょうが、しっかり投げないと、期待度は大きく下がってしまいそう。先発の期待をしていたけど、チェンジアップも伸びていないようだし、リリーフに移すのも1つの手か、と思い始めた。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mathew Price, RHSP/RP (10'-8th)

11' Stats (GCL): W0-L0/4.50 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/2.0 IP/2 H/1 R/1 ER/0 HR/0 HB/1 BB/3 K/1.50 WHIP/2.00 GO/AO
11' Stats (Low-A): W0-L0/6.75 ERA/1 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/1.1 IP/3 H/1 R/1 ER/0 HR/0 HB/1 BB/1 K/6.00 WHIP/2.00 GO/AO

評価:-。TJから今季中に復帰してきてGCL/Low-Aで3試合に投げた。来季はLow-Aで投げるかと思う。しばらくは先発で見てみるかな?

-------------------------------------------------------------------------------------

Keith Couch, RHSP/RP (10'-13th)

11' Stats (Low-A): W7-L5/3.54 ERA/28 G/18 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/6 GF/3 SV/137.1 IP/145 H/66 R/54 ER/11 HR/12 HB/19 BB/123 K/1.19 WHIP/1.13 GO/AO

評価:A。下層で意外なブレークを果たした1人。元々昨季のドラフトでも比較的上位(Top300程度)にランクしていたサイトもあったように、いわゆる有名選手以外のドラフト組の中では、期待度の高めな選手だった。今季は前半戦で、Ranaudoの後を投げるPiggy-backとして、しっかり仕事をすると、Ranaudoの昇格後はローテに入り、137.1 IP/19 BB/123 Kと、制球力の高さを見せた。シンカーボーラーでもあり、ゴロ率もまずまずで、来季次第ではなかなか面白い投手になるかも。一方、ヒットは良く打たれており、スタッフに関しては平凡。

-------------------------------------------------------------------------------------

Miguel Celestino, RHSP (10'-Acquired from SEA)

11' Stats (Low-A): W10-L6/3.84 ERA/27 G/27 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/140.2 IP/146 H/74 R/60 ER/8 HR/6 HB/33 BB/106 K/1.27 WHIP/1.30 GO/AO

評価:B。Bill Hall-Casey KotchmanのトレードのPTBNLという扱いで入団しましたが、昨秋のFILで95 mphを出し、BAからも組織のTop31に選ばれたことで期待度が上がっていた。フルシーズンデビューの今季は、4月にやや苦しむものの、次第に適応を見せ、後半戦はK/BBも大きく改善し、安定した活躍を見せた。長身から投げるシンカーでゴロを多く打たせている。やや被打率が高めだが、昨年に比べれば奪三振率も向上している。順調に成長した1年だった。

-------------------------------------------------------------------------------------

Kyle Stroup, RHSP (08'-50th)

11' Stats (Low-A): W6-L6/3.67 ERA/21 G/21 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/95.2 IP/101 H/44 R/39 ER/6 HR/4 HB/26 BB/75 K/1.33 WHIP/1.34 GO/AO

評価:B。08年のドラ50(全体最後のピック)ながら、ボーナス要求でスリップした、そこそこ有望な高校生投手だった。非常に大柄で、球威がある。昨季はACLで休みで、今季はSS-Aをスキップした。やや驚きのローテ入りで迎えた、最初の登板で素晴らしい投球を見せた後、大きく崩れ、4月は8.85 ERA。しかしそこから持ち直し、一度DL入りした後は、安定した投球を見せた。まだ奪三振率は高くないが、ゴロ率は良いし、意外と四球も多くない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Tyler Wilson, RHSP/RP (08'-13th)

11' Stats (SS-A): W2-L3/3.99 ERA/7 G/3 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/0 SV/29.1 IP/30 H/18 R/13 ER/3 HR/5 HB/7 BB/19 K/1.26 WHIP/1.00 GO/AO
11' Stats (Low-A): W4-L3/3.03 ERA/9 G/6 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/2 GF/2 SV/38.2 IP/36 H/14 R/13 ER/6 HR/2 HB/16 BB/19 K/1.34 WHIP/0.48 GO/AO

評価:D。ERAだけを見るとまずまずにも見えるが、K/BBも悪く、内容は今一つ。入団時は期待度の高い高卒投手でしたが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Justin Erasmus, RHRP (07'-Int. FA)

11' Stats (Low-A): W4-L1/1.11 ERA/24 G/0 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/12 GF/1 SV/40.2 IP/37 H/9 R/5 ER/2 HR/1 HB/11 BB/36 K/1.18 WHIP/0.83 GO/AO

評価:B。2年間をGCLで過ごし、今季XSTで開幕したが、6月になってLow-Aに呼ばれた。SS-Aをスキップしたことになるが、持ち前の制球で、しっかりとした投球を見せ、終盤はクローザーの1人を務めた。フライ比率が高いし、ねじ伏せるようなボールはないが、身体的に成熟して、少し球威は上がったようだし、しっかり三振も奪えている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Scott Swinson, RHRP/SP: UDFAでの入団だが、10年のドラフト前は割と高く評価しているサイトもあった。時折先発を務めて、3.27 ERAとまずまず投げている。

Charlie Rosario, RHRP: 23歳のドミニカン。AAに一度呼ばれて4試合二投げた。4月の出足は奪三振率も高く、良かったが、7月以降ボロボロ。

Tyler Lockwood, RHRP: K/BBは非常に良かったが、被打率が酷い。頭数揃えで残るかリリースか。

Mike Gleason, RHRP: チームトップの5 SV。2.88 ERAと良く投げたが、奪三振率は平凡。

Andrew Jones, RHRP: 3クラスで1.42 ERA。奪三振率はイマイチだが、GO/AOは高い。

Michael Olmsted, RHRP: NYM傘下をリリースされて、Ind. Leagueで投げていた右腕。24歳でLow-Aではあるが、1.59 ERA/28.1 IP/17 H/9 BB/44 Kは素晴らしい。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Christian Vazquez, C (08'-9th)

11' Stats (Low-A): 105 G/392 AB/111 H/27 2B/3 3B/18 HR/198 TB/71 R/84 RBI/43 BB/84 SO/1 SB/1 CS/.283 AVG/.358 OBP/.505 SLG/.863 OPS/8 E

評価:A。過去3年、地味ながら少しずつ伸びてきたが、今季大きく成長してブレークした。ボールをまずまず見るし、18 HRを放ったパワーも印象的。最終的に.283というのは見栄えが良いが、かなりまとめ打ちで数字を伸ばしている印象が強く、もう少し好不調の波をなくせば、もっと良くなるかも。また8つのエラーは少し多いが、BAからSouth Atlantic Leagueの捕手でベストディフェンダーに選ばれたように、守備のツールも持っている。来季次第ではTop Prospectの仲間入りできるかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Carson Blair, C (08'-35th)

11' Stats (SS-A): 3 G/13 AB/3 H/1 2B/0 3B/0 HR/4 TB/1 R/0 RBI/0 BB/6 SO/0 SB/0 CS/.231 AVG/.231 OBP/.308 SLG/.538 OPS/0 E
11' Stats (Low-A): 33 G/100 AB/19 H/8 2B/0 3B/3 HR/36 TB/12 R/9 RBI/14 BB/40 SO/0 SB/0 CS/.190 AVG/.287 OBP/.360 SLG/.647 OPS/1 E

評価:E。08年の契約後は良く打ったのだが、そこから捕手に転向して以降、あまり打てていない。レギュラーとしてまとまった機会を得られていないし、今季もC. Vazquezに阻まれた。一応ボールは良く見ているし、パワーも持っていそうなので、当てることができれば。来季もSwihartがLow-Aに来るようなら厳しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Michael Almanzar, 1B/3B (07'-Int. FA)

11' Stats (Low-A): 36 G/108 AB/21 H/3 2B/1 3B/1 HR/29 TB/8 R/9 RBI/8 BB/24 SO/2 SB/1 CS/.194 AVG/.246 OBP/.269 SLG/.514 OPS/3 E
11' Stats (High-A): 61 G/220 AB/40 H/8 2B/0 3B/2 HR/54 TB/18 R/15 RBI/9 BB/55 SO/3 SB/3 CS/.182 AVG/.223 OBP/.245 SLG/.469 OPS/10 E

評価:E。何の成長も見せてない。もうRule 5にかかる年齢でこれでは。

-------------------------------------------------------------------------------------

Travis Shaw, 1B/3B (11'-9th)

11' Stats (SS-A): 57 G/202 AB/53 H/13 2B/0 3B/8 HR/90 TB/33 R/36 RBI/34 BB/47 SO/3 SB/0 CS/.262 AVG/.371 OBP/.446 SLG/.816 OPS/9 E
11' Stats (Low-A): 2 G/9 AB/3 H/1 2B/0 3B/0 HR/4 TB/1 R/1 RBI/1 BB/0 SO/0 SB/0 CS/.333 AVG/.400 OBP/.444 SLG/.844 OPS/0 E

評価:B。ケガでの離脱もあり、最終的に少し数字を下げたが、しっかりとボールを見るし、パワーがある、クラシカルなC-IFだ。さほどドラフト時の評価は高くなかったが、ここまでは大当たりだと思う。やや三振は多く、上でしっかりコンタクトできるかが問題。また3Bもまずまず動きは悪くないと言われていたが、9エラーは少し多い。

-------------------------------------------------------------------------------------

Sean Coyle, 2B (10'-3rd)

11' Stats (Low-A): 106 G/384 AB/95 H/27 2B/7 3B/14 HR/178 TB/77 R/64 RBI/60 BB/110 SO/20 SB/6 CS/.247 AVG/.362 OBP/.464 SLG/.826 OPS/20 E

評価:B。1月ごとに好不調を繰り返し、10年のドラフトでもトップクラスと言われたコンタクトに関しては、AVG .243/110 SOと上げきれなかったが、パワー・スピード・選球眼と、他のツールは存分に見せた。高卒から、直接Low-Aでデビューして、これだけ残せるのは素晴らしく、スケールの大きさを感じる。来季は是非コンタクトツールも見たい。

-------------------------------------------------------------------------------------

David Renfroe, 3B (09'-3rd)

11' Stats (Low-A): 107 G/387 AB/93 H/23 2B/3 3B/8 HR/146 TB/43 R/45 RBI/28 BB/106 SO/4 SB/3 CS/.240 AVG/.296 OBP/.377 SLG/.673 OPS/17 E

評価:C。1歳年下のCoyleと比べても全体的にやや劣る成績で、期待外れ気味だが、それでも昨年の状態を考えれば、少しずつ伸びている。8 HRはやや少ないが、23 2Bを放っている。17エラーは、多くの若い選手と比べると割と少なく、守備は伸びてるのかなと。来季もしっかりと伸びて、Middlebrooksに続けるか?

-------------------------------------------------------------------------------------

Xander Bogaerts, SS (09'-Int. FA)

11' Stats (Low-A): 72 G/265 AB/69 H/14 2B/2 3B/16 HR/135 TB/38 R/45 RBI/25 BB/71 SO/1 SB/3 CS/.260 AVG/.324 OBP/.509 SLG/0.834 OPS/26 E

評価:S。もはや説明不要でしょう。XSTでシーズンを開始するも、18歳にして、DSLから2クラスをスキップしてLow-Aへ。その直後は良く打ったが、7月は三振が増え、コンタクトに苦しんだ。しかし、そこで終わらないのが彼の凄さ。最終的にはAVG .260まで戻してきた。しかもたった265 ABで16 HR。将来的には3Bに移るとは言われるが、それでも規格外のパワーだ。またこの年齢にしては四球もしっかり選んでいる。文句なしでしょう。成長と共に、三振が減ってくれば自然とAVGも上がるはず。盗塁は多くなく、やはりスピードは売りではないか。またエラーはさすがにかなり多い。

-------------------------------------------------------------------------------------

Brandon Jacobs, LF (09'-10th)

11' Stats (Low-A): 115 G/442 AB/134 H/32 2B/3 3B/17 HR/223 TB/75 R/80 RBI/43 BB/123 SO/30 SB/7 CS/.303 AVG/.376 OBP/.505 SLG/.881 OPS/4 E

評価:A。昨秋かなり成長を見せ、今季のブレイク候補に挙げられていたが、予想以上に順調なフルシーズンデビューを飾った。開幕直後から、BrentzやC. Vazquezらと好調に打ち続け、シーズン終盤は少しペースが落ちたものの、AVG3割をキープしてシーズン終了。17 HRに加えて、30 SBとスピードのツールも十分であることを示した。荒削りと言われた入団時から、今季は43 BBを選ぶまでディシプリンも成長しているし、オフェンスに関しては素晴らしいポテンシャルがある。今季中に上に行けた気がするが、123 SOと三振が多いので、来季はその改善にも期待したい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jackie Bradley Jr., CF (11'-1st Supp.)

11' Stats (SS-A): 6 G/21 AB/4 H/0 2B/0 3B/0 HR/4 TB/5 R/0 RBI/4 BB/5 SO/0 SB/2 CS/.190 AVG/.320 OBP/.190 SLG/.510 OPS/0 E
11' Stats (Low-A): 4 G/15 AB/5 H/1 2B/0 3B/1 HR/9 TB/2 R/3 RBI/0 BB/3 SO/0 SB/0 CS/.333 AVG/.333 OBP/.600 SLG/.933 OPS/0 E

評価:-。もう少し早く契約してデビューしてもらいたかったが、一応少ないサンプルながらもまずまずのデビューを飾っている。しっかりボールを見ているし、まずまずパワーもありそうだ。しっかりAVGを残せれば、昇格は早いでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Felix Sanchez, CF/RF (08'-Int. FA)

11' Stats (Low-A): 119 G/455 AB/106 H/13 2B/4 3B/0 HR/127 TB/81 R/29 RBI/43 BB/130 SO/55 SB/10 CS/.233 AVG/.314 OBP/.279 SLG/.593 OPS/9 E

評価:D。55 SBは傘下No.1。傘下に数いるトップクラスのスピードスターの中でも断トツと言われるスピードを見せた。しかし、時々好調な期間はあるものの、基本的にコンタクトに苦しみ、三振が非常に多かった。455 ABで0 HRとやはりパワーはないし、しっかり当てられないと使いどころが難しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Henry Ramos, CF/RF (10'-5th)

11' Stats (Low-A): 85 G/332 AB/87 H/17 2B/4 3B/5 HR/127 TB/40 R/43 RBI/17 BB/76 SO/15 SB/6 CS/.262 AVG/.299 OBP/.383 SLG/.682 OPS/7 E

評価:B。プエルトリコの高校出身の昨季のドラフト選手だが、こちらもXSTで開幕を迎えたのち、Brentzの昇格もあって、2年目にしてLow-Aに来た。昨季はまずまず四球を選んだけど、さすがに荒削りと言われるだけあって、今季は四球は減った。コンタクトも、All-Star後はAVG .275。Home/AwayでHomeのスプリットが悪く、この辺が改善されれば、もっと上がってくるかも。パワーも期待されたほどには発揮できていないが、ツールはあるはず。今季はF. Sanchezを差し置いて、CFで使われる場面が増えたし、スピードも比較的ある。磨いていけば、伸びしろは大きそうだ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Lucas LeBlanc, RF/LF/CF (10'-11th)

11' Stats (GCL): 5 G/11 AB/4 H/1 2B/0 3B/0 HR/5 TB/0 R/0 RBI/1 BB/1 SO/0 SB/0 CS/.364 AVG/.462 OBP/.455 SLG/.916 OPS/0 E
11' Stats (SS-A): 1 G/3 AB/0 H/0 2B/0 3B/0 HR/0 TB/0 R/0 RBI/0 BB/3 SO/0 SB/0 CS/.000 AVG/.000 OBP/.000 SLG/.000 OPS/0 E
11' Stats (Low-A): 61 G/238 AB/53 H/8 2B/3 3B/1 HR/70 TB/28 R/31 RBI/7 BB/69 SO/10 SB/5 CS/.223 AVG/.257 OBP/.294 SLG/.551 OPS/2 E

評価:E。JC出身とは言え、結構な額を払った選手の割には光らなかった。三振が多く、また途中離脱した。パワーやスピードはまずまずありそうだし、小粒ながら5ツールというのもわからなくはないが。OFはライバルが多いし、来季しっかり成績を残さないと埋もれてしまう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Matty Johnson, RF/CF/LF (10'-UDFA)

11' Stats (SS-A): 32 G/109 AB/35 H/6 2B/1 3B/0 HR/43 TB/21 R/8 RBI/16 BB/17 SO/15 SB/1 CS/.321 AVG/.417 OBP/.394 SLG/.812 OPS/1 E
11' Stats (Low-A): 28 G/90 AB/26 H/1 2B/1 3B/0 HR/29 TB/17 R/6 RBI/13 BB/18 SO/4 SB/4 CS/.289 AVG/.385 OBP/.322 SLG/.707 OPS/0 E

評価:B。厚い選手層に阻まれ、SS-Aスタートとなったが、さすがにここではレベルの違いを見せて、Low-Aに昇格。こちらでもそこそこしっかり当てている。やはりパワーはないものの、スピードはさすがで、それに選球眼も良さそうだ。BOSはInd. Leagueから積極に獲るし、Navaや一昨年のR. Rodriguezといい、これらの選手はよくやっている。OFだし、成績を残せばチャンスは出てくるだろう。ガンバって欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Wilfred Pichardo, RF/CF (06'-Int. FA)

11' Stats (Low-A): 26 G/94 AB/29 H/7 2B/1 3B/0 HR/38 TB/9 R/5 RBI/2 BB/23 SO/6 SB/3 CS/.309 AVG/.323 OBP/.404 SLG/.727 OPS/1 E
11' Stats (High-A): 23 G/86 AB/21 H/4 2B/1 3B/0 HR/27 TB/8 R/6 RBI/3 BB/28 SO/2 SB/5 CS/.244 AVG/.272 OBP/.314 SLG/.586 OPS/0 E
11' Stats (AAA): 1 G/1 AB/0 H/0 2B/0 3B/0 HR/0 TB/0 R/0 RBI/0 BB/1 SO/0 SB/0 CS/.000 AVG/.000 OBP/.000 SLG/.000 OPS/0 E

評価:D。Low-A/High-Aでの成績を見る限り、それなりにコンタクト自体は悪くなさそうだが、とにかく厚い選手層で、まとまった出場機会を得られていない。年齢的にもそろそろ曲がり角か。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jayson Hernandez, C: SS-Aでは序盤まずまず打ったが、最終的には平凡。Ranaudoの高校の時の相棒らしい。

Drew Hedman, 1B/LF: ぼちぼち打ってるが、下層の控えでしかない。

James Kang, IF: 下層の控えIF。当然打てない。

11/09/08 Game133 @ Toronto Blue Jays


                  <”救う太郎”(じゃなくてハム太郎)>


Overall : NYYがBALに2試合連続サヨナラ負けをしただけに勝ちたかったですけどね~。先発A. Millerはこの前の2回ほどの好投はやはりまぐれか、と思うような投球で5回5失点。まぁTORはルーキーが多いし、データが少ない打者がノンプレッシャーでガンガン振って来たわけだし、Miller、Bowden、Doubrontと、言ってみれば二線級が投げているわけで、ある程度失点するのは当たり前。

それよりも、今シリーズの第2戦のように格下の相手からは「もういいよ」、と言うくらい打つのに、相手エースが出てくる肝心な試合では、1回1アウト3塁から先制点も取れず、ブレーキとなった3~5番と、対左だからと休みを取らされた本来の3番が問題。

まぁ投手陣も、BeckettとPapelbon、あとWake(コマンドと言う言葉が当てはまるかわからないし)以外、全員コマンドについて、今オフに一からやり直して来いと言いたいけど。以下、目立った選手のレポートです(毎日試合を見てないので、あくまでその試合での個人的な感想)。


Andrew Miller : この前の2試合では95 mphくらいまで出てたと思うけど、今日はまた90~92 mph、最速で93 mphというところだった。前回の登板での失敗から、四球を怖がっているのか、置きにいくようなボールがほとんどで、球速もムーブもなかった。カウントが不利になると、「ストライクを取らないと」、と思うのかもしれないが、ど真ん中に甘い速球を投げれば、そりゃ若い打者は喜んで振ってくるよ。

一方、ストライクゾーン低めギリギリから落ちるようなボールを審判が良くストライクを取ってくれたこともあり、カーブはまずまず効果的だった。球速は76~78 mphといったところで、変化などを見ても、やはりスライダーというよりも、カーブかスラーブに見える。まだ何球かはスッポ抜けてたし、また低めに投げている時も、左右のコースへのコマンドはイマイチで、J. P. Arencchibiaに打たれたボールも、低めを上手く救われはしたが、コース的には甘かった。

84 mph前後のチェンジアップは相変わらず変化が小さいが、前にも一回書いたけど、速球と思って振ってくれてるのか、サードピッチとしては機能していると思う。1回にJose Bautistaを詰まらせたボールも、NHKではカッター?と言っていたけど、チェンジアップかとも思えた(やや3B側のカメラなので、よくわからなかったが)。あと、これも初回あたりかなり眠かったので、はっきりとわからないが、途中から少しアームスロットが下がって良くなった気がしました。


Michael Bowden : Eric Thamesへの1球は完全に浮いた失投だったけど、それ以外はかなり良かったと思う。凄く久しぶりに見たんだけど、言われてたように、リリーフに移って、速球はかなり安定して球速が出るようになった。91~94 mphというところで、相変わらずさほどムーブしないけど、真上から投げおろすし、低めに投げているときは、そこそこ打者を押し込めていた。ただThamesへのボールのように高めに投げると、いわゆる伸びるハイヒーターのようなボールではないので、簡単に持って行かれてしまう。また投げ方のせいか、左右へのコマンドは今一つで、今日はスライダーが効果的だったから良いけど、スライダーを見逃されると苦しくなる。

スライダーは非常に良かった。84~88 mph程度で、かなり球速もあるし、右打者の外角低めに安定して投げられていて、多くの空振りを奪っていた。左打者のThamesへも、内角のボールで空振りさせていたし、尚更失投が悔やまれるが。左にはやや変化が小さく、球速もより出ていた感じで、カッター気味に投げているのかも。対左が弱点と言われるだけに、左打者の外角から鋭くストライクゾーンへ曲げたりできれば、もっと有効になるかも。

チェンジアップは何球か投げていたと思うが、数年前からチェンジアップを叩きつけるような場面を何度も目にするし、あまり伸びていない。リリーフなんだし、チェンジアップを諦めて、スプリッターを覚えても面白いと思うのだが。今日の登板を見る限り、来年の希望が0ではないかもと思った。対右ではそれなりに投げそうだし、少なくとも今季のWheelerの役くらいなら務まるかと思う。ただ低めに集めるのが命になりそうだし、回を跨ぐのは微妙かもしれない。


Felix Doubront : やはりコースを突くところまでいってはいないが、速球は安定して94,95 mphを出すし、高めはやや抜けているけど、ストライクゾーンの低めには来ていた。ただその割には簡単に打たれていた印象。ややクローズドなフォームで投げ、ボールの出所を隠すと言われてはいるが、個人的に、何となく打者がタイミングの取りやすいリズムで投げている気がする。球速はあるが、フラットなボールだし、1、2、3のタイミングで速球を狙われると打ちやすいのでは?もう少しコマンドを磨かなければいけないのは確かだが、足を上げたあと、少しタメを作るなどしてみても、とも感じた。

カーブは今日はほとんど投げなかった(か自分が見逃しただけか?)が、チェンジアップ(と思うボール)は低めに良く落ちていた。カーブも随分進歩したけど、せっかくいいチェンジアップを持っているのだし、もっと有効に使って欲しい。


Jacoby Ellsbury : 何となく、チーム状況も状況だし、自分の成績的にも、「俺が俺が」的にならないかな、とちょっと思っていたが、打点を挙げた打席では、外角をしっかり逆方向に打ったし、あまり心配は必要なさそう。今季は良いところでHRを打ってるけど、やはりしっかり塁に出ていくことが役割だし、しっかりボールを見て、引っ張り過ぎないようにしてくれれば。あとは、守備は随分向上してるけど、やっぱり一歩目のボールの読みはまだ怪しい場面もありますね。


Marco Scutaro : 今オフにType B以上になりそうだし、ドラフトピックと、と思っていたけど、オプション行使した方がいいなと思い始めた。肩の状態が悪くて送球が不安定な時期もあったけど、健康なら安定感抜群。今日は初回から守備のキレも抜群だったし、Casey Jansenの代わり端の速球を、狙い澄まして三遊間に弾き返したタイムリーは見事だった。やはりバットコントロールが素晴らしく、当てるのは上手い。それだけに、初回のノーアウト2塁で犠牲バントはちょっと残念だった。Millerだし、1点をちまちま取りにいくよりは、しっかり当てれるScutaroにヒッティングをさせて、チャンスを広げて欲しかったのだが。


Rickey Romero : 実は02年のドラフトでBOSが指名したけど、Cal. State, Fullertonに進学された選手。Minorではイマイチだったけど、MLBに到達してからは目覚ましい進歩ですね。かなり変化球を多く使うと聞いてたけど、速球も95 mphくらいまで出ているし、変化球は失投が少なくて、安定して低めに集められる。やっぱ投手はコマンドですよ。ただ本当にズバ抜けたボールがないから、AL-Eastを苦手としているのもちょっとわかる。今日も、低めのカーブを取ってくれる審判で、かなりスイスイ投げているはずだったけど、それでも7回投げ切れずに、120球近く投げた。かなり慎重に投げている印象はある。今日は抑えられるかなと思ったけど、最後捉えて終わったのは、次回の対戦を考えても良かった。


Brett Lawrie : 噂には聞いていたけど、やはり穴のない素晴らしい打者ですね。SEAのDustin Ackleyもそうだけど、どこに投げても打たれそうな気がするし、ボール球は振ってくれない。嫌な打者になりそうです。Ackleyは名門カレッジ出身なので、わからなくはないけど、08年の高卒で、この完成度とは恐れ入る。カナディアンだし、TORの中心選手になって行くでしょうね。Shaun Marcumも良い投手だけど、再建期のTORにはフィットしないし、TOR-MILのトレードはWin-Winの良いトレードでしたね。ただ守備はまだグラブ捌きが怪しいですね。反応もイマイチだそうだし、しばらくは3Bで使い続けるでしょうが、どうなりますかね。

11' Minor League Season Memo -9/5~9/10-

AAAはPOに進出したので、それ用の記事を作りました。Prospectが少なくて、勝ってもあまり興奮しませんが、せっかくですし、優勝を目指して欲しい。前記事はこちら


○ 9/7

[AAA] : LHP Royce RingがPortlandにPM。
[AAA] : RHP Tony Penaがロスター入り。
[AAA] : RHP Brandon DuckworthがDLから復帰。
[AAA] : RHP Charlie HaegerがPortland (AA)から移動。
[AAA] : IF Tony ThomasがDLから復帰。

[AAA] - Postponed (Rain)


○ 9/8 ~AAA Semi-Final Game2

[AAA] - Box
雨で1日日程が遅れてスタート。M. Foxが6.0 IP/5 H/3 ER。Larsに第1号が出るも、マルチなしで、2-4で敗戦。相手のLehigh Valleyは先発のDave Bushを始め、ほとんどがMLB経験者ですな。


○ 9/9 ~AAA Semi-Final Game3

[AAA] : RHP Scott Atchisonがコールアップ。
[AAA] : LHP Royce RingがPortland (AA)からPM。
[AAA] : UT Drew SuttonがWaiverを通過し、ロスター入り。


○ 9/10 ~AAA Semi-Final Game3

[AA] : UT Ryan KhouryがPawtucket (AAA)から移動。

2011年9月6日火曜日

11' Postseason Prospect Ranking -Starter-

各ポジションごとのMy Rankingです。今回はSPのランキング。今季もまた投手が軒並みイマイチなシーズンでした。特に、Britton、Pimentel、Younginerらは酷かった。BOSもFAで獲ってきた先発がイマイチで足を引っ張っており、やはり投手育成が、長いスパンで強いチームを作る上で重要だということを思い知らされた。スカウティング、育成の両面を見直して欲しい。


[Ranking]

Left from Ranking : Casey Kelly (RHP, Traded to SD), Stephen Fife (Traded to LAD), Junichi Tazawa (Converted to RP), Caleb Clay (Converted to RP), Mike Lee (Converted to RP), Manny Rivera (Converted to RP), Renny Parthemore (Converted to RP), Yunior Ortega (Converted to RP), Adam Mills (RHP, Released), Kris Johnson (LHP, Released)


Four-Star Prospect

1 (NR). Matt Barnes, RHP (YTD) : 近年にない大物をゲット。大きく育って欲しい。

2 (4). Kyle Weiland, RHP (MLB/AAA) : 今季は良く伸びた。弱点を磨き是非先発に。

3 (5). Anthony Ranaudo, RHP (High-A/Low-A) : やや期待外れ。来季に期待。

Three-Star Prospect

4 (11). Alex Wilson, RHP (AAA/AA) : AAAでも順調。来季中にはセットアップ?

5 (12). Chris Balcom-Miller, RHP (AA/High-A) : AAにも適応。来季には戦力か?

6 (NR). Henry Owens, LHP (YTD) : 完成度は高い。もう一歩スタッフが伸びれば。

7 (25). Raul Alcantara, RHP (SS-A/GCL) : 期待株。球威もあり、楽しみ。

8 (2). Felix Doubront, LHP (MLB/AAA) : ケガに悩まされたが、スタッフはある。

9 (NR). Noe Ramirez, RHP (YTD) : チェンジアップが良いので期待している。

10 (3). Drake Britton, LHP (High-A) : 最後やや適応を見せた。スタッフは十分。

11 (14). Chris Hernandez, LHP (High-A) : ゴロ率は素晴らしい。三振を増やしたい。

12 (7). Brandon Workman, RHP (Low-A) : 悪くないが、Low-Aだし物足りない。

13 (6). Stolmy Pimentel, RHP (High-A/AA) : 今季は良い所なし。コマンド改善要。

Two-Star Prospect

14 (NR). Cody Kukuk, LHP (YTD) : 体格とスムーズなフォームで伸びしろが大きそう。

- (9). (Junichi Tazawa, RHP (AAA/AA/High-A)) : リリーフが濃厚。球威は戻った。

15 (15). Brock Huntzinger, RHP (AA) : 奪三振率が大幅向上。速球を磨けば。

16 (24). Sergio Gomez, RHP (GCL) : GCL2年目で順調に成長。まだまだ荒削り。

17 (8). Madison Younginer, RHP (SS-A) : 期待外れ。もうあまり期待していない。

18 (NR). Jason Garcia, RHP (SS-A) : ゴロ率と若さが魅力。決め球を磨きたい。

One-Star Prospect

19 (16). Mathew Price, RHP (Low-A/GCL) : TJから復帰。球威が戻れば面白い。

20 (NR). Keith Couch, RHP (Low-A) : 年齢は高いが、K/BBが素晴らしい。


Others : Miguel Celestino (RHP, Low-A), Kyle Stroup (RHP, Low-A), Ryan Pressly (RHP, High-A), Mario Alcantara (RHP, GCL), Edwar Garcia (RHP, DSL), Matt Spalding (RHP, YTD), Dioscar Romero (RHP, YTD), Tyler Wilson (RHP, Low-A/SS-A), Hunter Cervenka (LHP, SS-A/Low-A), Zach Good (LHP, GCL), Yeiper Castillo (RHP, DNP)


[Perspective]

今季のドラフトでもBarnesをはじめ、期待度の高いProspectを何人か加えて、層的には維持しているが、今季はBritton、Pimentel、Younginerなどの上位陣を含む、ほとんどのProspectが期待以下のパフォーマンスだった。RanaudoやWorkmanも昨季のドラフトでTop30クラスの有力Prospectだったが、こちらもイマイチ。育成能力に疑問も感じる。Weilandは今季大きく成長したし、A. Wilson、Balcom-M.などAA以上でデプスとなるProspectはそこそこいるので、来季はRanaudoやBarnesなどが大きく伸びて、プレミアムなProspectへと成長して欲しい。Buchholz以降、先発の生え抜きは定着していないし、そろそろ次代のローテの中心候補を輩出したいところです。

11' Minor League Stats - Lowell Spinners (SS-A)

SS-A Lowellもシーズン終了です。シーズン半ばまでは、Cecchiniの活躍もあり、見てて楽しいクラスでしたが、彼のケガで離脱後は打てない、抑えられない...。全体のスタッツはこちら


[Pitchers]

Madison Younginer, RHSP (09'-7th)

11' Stats (SS-A): W1-L6/5.28 ERA/14 G/14 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/61.1 IP/64 H/42 R/36 ER/4 HR/6 HB/31 BB/48 K/1.55 WHIP/1.16 GO/AO

評価:E。今季最も期待を裏切った投手Prospectの1人。大きな期待をされていた速球派ですが、3年目のショートシーズンでもさっぱり。コマンドが全く改善されず、球速も落ちているようです。来季は背水の陣のつもりでガンバって欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Raul Alcantara, RHSP (09'-Int. FA)

11' Stats (GCL): W1-L1/0.75 ERA/9 G/9 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/48.0 IP/23 H/5 R/4 ER/0 HR/3 HB/6 BB/36 K/0.60 WHIP/1.54 GO/AO
11' Stats (SS-A): W0-L3/6.23 ERA/4 G/4 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/17.1 IP/25 H/14 R/12 ER/0 HR/1 HB/6 BB/14 K/1.79 WHIP/0.90 GO/AO

評価:A。昨季のDSLでは素晴らしいと言うほどでもなかったが、今季はポテンシャルが開花。GCLでほとんどヒットすら打たれない完璧な投球を見せた後、こちらへ昇格。最初の試合では打たれたものの、以降は15.0 IP/18 H/5 ER/2 BB/13 K/3.00 ERAと、悪くない投球を見せました。球威も伸びたようで、さらに体格が完成し、セカンドピッチ以降が磨かれれば、Top Prospectになれる。来季も期待です。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jason Garcia, RHSP (10'-17th)

11' Stats (SS-A): W3-L3/3.88 ERA/13 G/13 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/55.2 IP/52 H/38 R/24 ER/1 HR/6 HB/36 BB/40 K/1.58 WHIP/1.64 GO/AO

評価:C。序盤、K/BBはイマイチも、まずまずの成績を残すも、中盤やや崩れた。ゴロ率は高いし、最終の3登板ほどは持ち直したので、合格点のシーズンと言えるでしょう。こちらもセカンドピッチを伸ばし、K/BBを改善していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Raynel Velette, RHSP (08'-Int. FA)

11' Stats (SS-A): W2-L4/6.50 ERA/14 G/12 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/0 SV/54.0 IP/59 H/46 R/39 ER/9 HR/8 HB/36 BB/36 K/1.76 WHIP/0.72 GO/AO

評価:E。1、2年前は若い割にしっかりした成績を残しているということで期待していたが、とにかくコマンドが悪く、被弾が多すぎる。来年ガンバらなければ、フルシーズンクラスに上がれず、リリースされる可能性高し。

-------------------------------------------------------------------------------------

Miguel Pena, LHSP/RP (11'-6th)

11' Stats (SS-A): W1-L0/2.35 ERA/5 G/2 GS/0 CG/0 SHO/2 HLD/1 GF/0 SV/15.1 IP/10 H/4 R/4 ER/0 HR/0 HB/3 BB/22 K/1.02 WHIP/0.85 GO/AO

評価:B。ケガで途中離脱した、JC出身の今季のドラ6。スタッフよりも完成度でアドバンテージがあるのだろうが、今季は文句なし。上のクラスに行ってどうなるか。

-------------------------------------------------------------------------------------

Hunter Cervenka, LHSP/RP (08'-27th)

11' Stats (SS-A): W2-L8/6.84 ERA/15 G/5 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/6 GF/1 SV/52.2 IP/51 H/46 R/40 ER/5 HR/1 HB/40 BB/51 K/1.73 WHIP/1.37 GO/AO
11' Stats (Low-A): W0-L2/10.80 ERA/7 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/2 GF/0 SV/20.0 IP/22 H/24 R/24 ER/2 HR/2 HB/18 BB/18 K/2.00 WHIP/1.00 GO/AO

評価:D。Low-Aで開幕するも、お決まりの四球病で、降格してきた。対戦打者が多いとは言え、三振は奪ってるし、時折ドミナントな投球を見せるのだが。かなりオーバーウェイト気味で、球速も出ておらず、来春に改善を見せなければカットされそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Luis Bastardo, RHRP (07'-Int. FA)

11' Stats (SS-A): W3-L2/3.45 ERA/14 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/8 GF/1 SV/44.1 IP/30 H/20 R/17 ER/3 HR/0 HB/27 BB/64 K/1.29 WHIP/0.89 GO/AO

評価:B。昨季DSLで3年目の開幕を迎えたが、シーズン途中にようやくGCLへ昇格してきた、ベネズエラ出身の右腕。奪三振率はインプレッシブ。被打率も低く、95 mphに届く速球を持つし、まずまず面白そうだが、年齢がやや高めだし、来季以降も継続して結果を残す必要がある。セカンドピッチや対左が課題。

-------------------------------------------------------------------------------------

Luis Diaz, RHSP: 2年間をDSLで過ごしたあと、今季GCLをスキップしてこちらに。1年間ローテを守り、2.53 ERAと安定していた。被打率が低く、またこの年齢の南米からの選手にしては四球が少ない。まだ19歳だし、イマイチな奪三振率が改善してくれば面白いかも。

Nefi Ogando, RHRP: 昨季がプロデビューながら、すでに22歳と、Int. FAの選手にしては年をくっている。90 mph中盤に達する速球を持つという話で、ちょっと気になっていたが、2.83 ERAはともかく、K/BBは冴えなかった。

Swen Huijer, RHRP: 6'9"と長身のオランダ人。GCLで3年を過ごし、今季はこちらでまずまず。制球が良いが、長身の割には球威がない。ゴロ率も低く、大きな伸びは期待できないか。

Braden Kapteyn, RHRP: 1Bとしてドラフトしたものの、投手としてドラフトでも比較的高い評価を受けていた選手で、投手としてプロデビューした。90 mph中盤の速球とハードスライダーの評価が高かったが、ここまでは四球が多すぎる。来季しっかり磨き直して欲しい。

Matty Ott, RHRP: こちらもドラフトでまずまず評価の高かった今季のドラ13。球威がないが、スライダーと、LSUで1年時からクローザーを務めた経験値が魅力。スタッツは悪くないが、K/9等は平凡で、よりコマンドなどを鍛える必要がありそう。

Kevin Brahney, LHRP: 下層の穴埋めだろうし、成績も被打率が悪く、イマイチ。6月にドラフトさればかりだがリリース候補か。

Joe Holtmeyer, RHRP: こちらも今ドラフトからのリリーフだが、やはり良く打たれている。

Mike McCarthy, RHRP: 上の2人に比べると、三振も奪っているし、まずまずだが、それ以上ではない。

Corey Vogt, RHRP: 今季のドラ39だが、GCL/SS-Aで8試合を投げたあと、制限リストに入っている。このままもう帰って来ないかも。

Robby Scott, LHRP: これまでのところ、よく三振を奪っているし、悪くないが、年齢が高いし、サンプルサイズも小さく、まだ何とも言えない。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Adalberto Ibarra, C (10'-Int. FA)

11' Stats (GCL): 9 G/26 AB/11 H/1 2B/0 3B/0 HR/12 TB/2 R/3 RBI/4 BB/4 SO/0 SB/0 CS/.423 AVG/.516 OBP/.462 SLG/.978 OPS/1 E
11' Stats (SS-A): 16 G/53 AB/13 H/2 2B/0 3B/0 HR/15 TB/5 R/1 RBI/13 BB/9 SO/2 SB/1 CS/.245 AVG/.403 OBP/.283 SLG/.686 OPS/0 E

評価:E。即戦力と言われたキューバ出身の捕手ですが、入団時にメディカルに引っかかったように、ケガに苦しんでます。今季もリハブかと思いきや、GCL/SS-Aでシーズンを終えました。まぁ上も少し目途がついてきたし、じっくり磨いてもらいましょう。スタッツも当てにしづらいが、ボールを見ているものの、パワーがない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Oscar Perez, C (08'-Int. FA)

11' Stats (GCL): 36 G/108 AB/21 H/3 2B/1 3B/1 HR/29 TB/8 R/9 RBI/8 BB/24 SO/2 SB/1 CS/.194 AVG/.246 OBP/.269 SLG/.514 OPS/3 E
11' Stats (SS-A): 11 G/37 AB/5 H/1 2B/0 3B/0 HR/5 TB/1 R/1 RBI/0 BB/6 SO/0 SB/0 CS/.135 AVG/.135 OBP/.135 SLG/.270 OPS/2 E

評価:E。とにかく打てないにもほどがある。早打ちだし、GCLですら、まともにコンタクトできていない。$712Kのボーナスは無駄になりそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jason Thompson, 2B/3B (09'-11th)

11' Stats (SS-A): 25 G/87 AB/21 H/3 2B/0 3B/1 HR/27 TB/16 R/5 RBI/8 BB/25 SO/2 SB/1 CS/.241 AVG/.320 OBP/.360 SLG/.630 OPS/3 E
11' Stats (Low-A): 8 G/24 AB/5 H/1 2B/1 3B/0 HR/8 TB/3 R/1 RBI/5 BB/12 SO/0 SB/0 CS/.208 AVG/.367 OBP/.333 SLG/.700 OPS/3 E

評価:D。まだ満足にはコンタクトできていないが、非常に良くボールを見るし、パワーやスピードもありそうで個人的には気に入っているのだが、なんせまともに試合に出れない。前半戦はLow-Aで開幕を迎えるも、Coyle、Renfroeとポジションの被るProspectに出場機会を制限された。こちらに移った後半も、しばらく出ては休むを繰り返したし、途中交代も多い。健康面に問題があるのか?

-------------------------------------------------------------------------------------

Garin Cecchini, 3B (10'-4th)

11' Stats (SS-A): 32 G/114 AB/34 H/12 2B/1 3B/3 HR/57 TB/21 R/23 RBI/17 BB/19 SO/12 SB/2 CS/.298 AVG/.398 OBP/.500 SLG/.898 OPS/10 E

評価:A。手の骨折で32 Gの出場に終わったが、打力に関してはモノが違うところを見せつけた。序盤やや苦しんだものの、すぐに適応を見せ、コンタクト・パワー・選球眼に12 SB/2 CSも素晴らしい。Westmoreland以上の好デビューかも。同期のCoyleはLow-Aでまずまずやってるとは言え、Midddlebrooksなど、近年の高卒野手はここで、ことごとく苦しんでいたので、なおさら印象が良い。一方で32 Gで10つのエラーを記録した守備はかなり悲惨のようで、打力を生かすために両翼へのコンバートを考える必要があるかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jose Garcia, SS (08'-Int. FA)

11' Stats (SS-A): 55 G/212 AB/53 H/11 2B/4 3B/6 HR/90 TB/38 R/24 RBI/18 BB/62 SO/22 SB/6 CS/.250 AVG/.315 OBP/.425 SLG/.739 OPS/17 E
11' Stats (Low-A): 52 G/215 AB/47 H/6 2B/2 3B/5 HR/72 TB/21 R/28 RBI/13 BB/58 SO/14 SB/1 CS/.219 AVG/.265 OBP/.335 SLG/.600 OPS/20 E

評価:D。昨季Lowellでやや向上を見せ、今季はLow-A Greenvilleの開幕SSを務めたが、コンタクトに苦しみ、X. Bogaertsの昇格と入れ替わりで降格してきた。まだ平均以下ながらも、少しずつは向上しているし、今季は11 HR/36 SBとパワー・スピードが突然開花を見せたが、一方で早打ち傾向は明らかで、変化球に弱い。来季は正念場かも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Matt Marquis, LF (11'-41st)

11' Stats (GCL): 1 G/1 AB/0 H/0 2B/0 3B/0 HR/0 TB/0 R/0 RBI/1 BB/0 SO/0 SB/0 CS/.000 AVG/.667 OBP/.000 SLG/0.667 OPS/0 E
11' Stats (SS-A): 25 G/83 AB/28 H/4 2B/0 3B/3 HR/41 TB/12 R/13 RBI/10 BB/21 SO/0 SB/2 CS/.337 AVG/.429 OBP/.494 SLG/0.923 OPS/0 E

評価:B。GCLで1試合だけ出てすぐに昇格。ケガもありカレッジでは期待通りの成績を残せませんでしたが、今のところスティールと言える活躍ぶり。さすがにボールを良く見るし、パワーも見せている。一方、スタートダッシュから、やや調子を落としてシーズンを終えているし、三振が多い。来季以降、上のクラスの適応が気になります。まずまずスピードがあるとレポートされていたけど、守備はあまり良くないのか、LFに固定されている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Seth Schwindenhammer, LF/RF (09'-5th)

11' Stats (SS-A): 57 G/207 AB/44 H/10 2B/1 3B/9 HR/83 TB/26 R/29 RBI/17 BB/106 SO/0 SB/2 CS/.213 AVG/.271 OBP/.401 SLG/.672 OPS/2 E

評価:D。207 AB/106 SO (51%)の三振率が全てを表している。ショートシーズン3年目でこのコンタクトではかなり厳しい。Lowellでトップの9 HRを放ったように、当たれば飛ぶのだが。ドラ5と高順位で指名した選手だし、何とか向上して欲しいが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Keury De La Cruz, CF/RF (09'-Int. FA)

11' Stats (SS-A): 71 G/300 AB/79 H/14 2B/6 3B/4 HR/117 TB/31 R/24 RBI/10 BB/56 SO/15 SB/11 CS/.263 AVG/.292 OBP/.390 SLG/.682 OPS/6 E

評価:C。入団以来3年間着実に1クラスずつ昇格して、しっかりと成績を残している。今季はやや調子を下げてシーズンを終えたが、パワーもまずまず発揮しており、ツールのバランスの良さを感じる。ただ相手投手のレベルもあるが、年々四球が減っており、フルシーズンクラスでは、もう少ししっかりボールを選ぶことが必要になりそうだ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Tim Roberson, C: UDFAで入団の捕手だが、.299/.324/.463と良く打った。Butlerみたいなこともあるので、来季活躍できれば。

Boss Moanaroa, 1B: 序盤好調で、まずまずパワーを見せるも、最終的にはさほど目立たないスタッツに。ショートシーズン暮らしも長くなり、そろそろ期待度は落ち気味だ。

Joantoni Garcia, 2B/SS: 3 HRを放ったものの、相変わらずさっぱり打てず。リリースの可能性が高い。

Nick Robinson, IF: 下層の控えIFで、それ以上でも、それ以下でもない。

Nick Natoli, IF: AVG .276とそこそこ打ったものの、サンプルも少なく、特に印象に残らない。

Moko Moanaroa, LF/1B: 今季は双子のBossより打ったが、こちらもあまりパッとしない。

Drew Turocy, RF: 元々、Bradley Jr.らの契約までのつなぎ程度だったのだろうが、あまり打てず。

Roberto Ramos, UT: 投手を務めたりと、下層の便利屋的存在。

2011年9月5日月曜日

11' Minor League Season Memo -8/29~9/5-

あと1週間ちょいでMiLはレギュラーシーズン終了です。これがFinal Weekのスレッドになると思います。早いものですね。投手陣はかなり物足りないけど、野手に関しては期待以上だったと思います。前記事はこちら


○ 8/29

[AAA (Game1)] - Box
T. Penaが4.2 IP/5 H/1 ER。Doubrontが1.1 IP/0 H/1 ER/2 BB/0 K。やっぱりリリーフで少し使いたいのかな。Manny Banuelos (NYY)の前に、J. Iglesiasの1 Hのみの、7.0 IP/1 H/0 R/2 BB/6 K。

[AAA (Game2)] - Box
A. Wilsonが5.0 IP/5 H/0 ER/1 BB/9 K。田澤は1.0 IP/1 K。Dellin Betances (NYY)にこちらも7.0 IP/2 H/2 R/4 BB/8 Kと抑えられるも、Lavarnwayの第17号2 R HRで勝利。しかしNYYのProspectに2試合とも捻られて2完投とは情けない。

[AA] - Box
Kerhtが5.1 IP/6 H/2 ER。Hassan、Hazelbakerが2 H。Hazelbakerは最近RFばかり。CFは厳しいのか?

[A+] - Offday

[A] - Box
Celestinoが6.0 IP/5 H/1 ER/2 BB/5 K。相手投手に9回までノーヒットに抑えられるも、Hedmanのヒットでノーヒッターは免れた。2 H/0 BBって...

[A- (Game1)] - Box
Veletteが4.0 IP/3 H/2 ER/3 BB/2 K。一度も良い登板がなかったな。Jos. Garcia (5)、Shaw (8)が2 H/1 HR。Bradley Jr.、Schwindenhammerが2 H。UConn出身のGeorge Springer (HOU)にプロ第1号が出ていますね。他チームだけど応援しています。

[A- (Game2)] - Box
R. Alcantaraが4.1 IP/4 H/1 ER/1 BB/6 K/5-3 GO/AO。もうアジャストできてきたカンジ。素晴らしい。MarquisとIbarraが2 H。Joa. Garciaに第3号。


○ 8/30

[AAA] : LHP Royce Rongがロスター外に移動。
[AAA] : LHP Trever Millerがロスター入り。
[AAA] : 1B/3B Kevin Youkilisがリハブアサイン。
[A+] : Matt SpringがSalem (A+)から移動。

[AAA] - Box
G. Smithが5.0 IP/6 H/6 ER/3 BB/3 K。T. Millerと契約したよう。1.1 IP/0 H/0 ER。リハブのDrewが 3 for 3。Youksは1 for 4/1 BB。Nava、Larsが3 H。

[AA] - Box
Haegerが8.0 IP/2 H/1 ER。Fieldsが1.0 IP/0 H/0 ER/1 BB/1 K。R. Rodrigueが2 H/1 HR (8)。Hassanに第13号。

[A+] - Offday

[A] - Box
T. Wilsonが5.0 IP/3 H/2 ER/1 BB/0 K。H. Ramos、Almanzarが2 H。

[A-] - Box
L. Diazが6.0 IP/6 H/1 ER/1 BB/4 K。Jos. Garciaのヒットでノーヒッターを逃れるのがやっと...


○ 8/31

[AAA] : RHP Jason RiceがOAKへトレード。
[AAA] : OF Joey Gathrightがロスター入り。
[A+] : 3B Kolbrin VitekがDL入り。
[A+] : IF Drew DominguezがGreenville (A)から移動。

[AAA] - Box
Weilandは6.0 IP/7 H/4 ER/2 BB/6 K/6-2 GO/AO。今日はまずまずストライクを投げたけど、2つのBBから1、2回で3失点。今季はリリーフで上がってくることはあるのかな?田澤が1.0 IP/0 H/0 ER/1 BB/1 K。リハブのYouksにHR。Drewはまたどこか痛めたみたい。

[AA] - Box
Huntzingerが7.0 IP/6 H/1 ER/1 BB/6 K。速球の伸びとスライダーの切れが向上しているそう。AFLでもガンバって。Valdezが2 H。明後日(?)はStephen Strasburg (WAS)と対戦するようです。

[A+] - Box
Pimentelが5.2 IP/10 H/2 HR/7 ER/3 BB/4 K。今季を象徴するような試合。Riveraも3.1 IP/4 H/3 ER/2 BB/2 K。Jacob Patricka (MIN)から2.2 IP/9 H/6 Rなど良く打ったけど、良く打たれた。Sprring (5)、Head (6)が3 H/1 HR。PadronとGentileも3 H。Meneses、Brentz、Hisseyが2 H。

[A] - Offday

[A-] - Box
Younginerが5.0 IP/8 H/4 ER/2 BB/3 K。Pimentel、Britton、Ranaudo、Workman、Younginer...。はぁ。Bastardoが4.0 IP/2 H/0 ER/2 BB/8 K。Shawが3 H/2 2B。


○ 9/1

[AAA] : LHP Felix Doubrontがコールアップ。
[AA] : LHP Cesar CabralがDL入り。
[AA] : RHP Caleb ClayがDLから復帰。
[A+] : RHP Denis NeumanがGreenville (A)から昇格。
[A] : CF Jackie Bradley Jr.がLowell (SS-A)から昇格。
[A] : CF Ryan Westmorelandがインアクティブロスターに登録。

[AAA] - Offday

[AA] - Box
DL明けのClayが2.0 IP/2 H/1 ER/1 BB/3 K。Leeが3.0 IP/8 H/8 ER。Stephen Strasburgの前にButlerの1 Hのみの6.0 IP/1 H/0 R/0 BB/4 K。後続からも打てず。

[A+] - Postponed (Rain)

[A] - Box
Workmanが6.0 IP/6 H/2 ER/0 BB/4 K。M. Priceが1.1 IP/3 H/1 ER/1 BB/1 K。C. Vazquezが2 H/1 HR (16)。Hedmanも2 H/1 HR (7)。X. Bogaerts、H. Ramosが2 H。Jacobsに第17号。Bradley Jr.が昇格。8番CFで先発も0 for 4/1 K。

[A-] - Box
Ja. Garciaが4.1 IP/7 H/4 ER/2 BB/3 K。De La CruzとIbarraが2 H。


○ 9/2

[AAA] : 1B/3B Kevin Youkilisがリハブ終了。
[AAA] : IF Tony ThomasがDL入り
[AAA] : LHP Royce Ringがロスター入り。
[AAA] : UT Drew SuttonがDLから復帰。
[A+] : RHP Tom EbertがDLから復帰。
[A] : RHP Kyle StroupがDLから復帰。
[A-] : RHP Tyler LockwoodがGreenville (A)からPM。

[AAA] - Box
M. Foxが5.0 IP/4 H/1 ER。LarsとLunaが2 H。

[AA] - Box
Ruschが5.1 IP/8 H/2 ER。Hassan、M. Wagner、Howellが2 H。Deningに第6号。

[A+ (Game1)] - Box
Presslyが4.1 IP/2 H/1 ER/3 BB/7 K。Gibsonが2 H。Menesesに第1号。

[A+ (Game2)] - Box
C. Hernandezが3.1 IP/6 H/5 ER/4 BB/0 K。シーズン終盤でガス欠か?Gentileが2 H。

[A] - Postponed (Rain)

[A- (Game1)] - Box
Cervenkaが2.2 IP/7 H/10 ER/6 BB/2 K。最後の登板がこれとは...。打線もJos. Garciaの1 Hのみ。酷すぎる。

[A- (Game2)] - Box
Kapteynが2.0 IP/2 H/2 ER/1 BB/3 K。14.0 IPで22 Kも22 BB/12.21 ERA...。Marquisが2 H/1 2B。


○ 9/3

[AAA] - Box
T. Penaが5.0 IP/6 H/4 ER。田澤が1.0 IP/2 H/2 ER/1 BB/2 K。初回にManny Banuelos (NYY)からMiddlebrooksのAAAでの第1号満塁弾を含み5得点。Navaが2 H。Lavarnwayの第18号で逆転勝ちし、AAA International League-North Divisionを制しました。

[AA] - Box
Kerhtが5.0 IP/7 H/4 ER。R. Rodriguezが2 H/2 2B。

[A+] - Box
Brittonが6.0 IP/6 H/3 ER/2 BB/7 K。Brentzに第19号。Headに第7号。Gentileが2 H。

[A (Game1)] - Box
Stroupが5.0 IP/5 H/2 ER/1 BB/4 K。X. Bogaertsが2 H/1 HR (15)/1 BB。M. JohnsonとBradley Jr.が2 H。C. Vazquezに第17号。

[A (Game2)] - Box
Swinsonが4.1 IP/8 H/3 ER。マルチなし。

[A-] - Box
R. Alcantaraが5.2 IP/6 H/3 ER/0 BB/4 K。De La Cruzが2 H/1 2B。


○ 9/4 ~SS-A Finale

[AA] : RHP Tony Penaがロスター外に移動。
[AA] : C Dan ButlerがPortland (AA)から昇格。
[A] : 1B/3B Michael AlmanzarがDL入り。
[A] : 1B/3B Travis ShawがLowell (A-)から昇格。

[AAA] - Box
A. Wilsonが6.0 IP/5 H/3 ER/0 BB/6 K/7-2 GO/AO。もっと苦しむかと思ったけど順調ですね。NavaとJ. Iglesiasが2 H。

[AA] - Box
Haegerが6.0 IP/7 H/6 ER。Dening、Dentが1 HずつのみなどDrew Hutchison (TOR)に5.0 IP/1 H/0 R/0 BB/8 Kと手も足も出ず。

[A+] - Box
Ranaudoが5.0 IP/4 H/2 ER/2 BB/4 K。Brentz、Spring、Peleyが2 H。

[A] - Box
Couchが5.0 IP/8 H/5 ER/1 BB/3 K。C. Vazquezが4 H/2 2B/1 HR (18)と爆発。H. Ramosも4 H。Bradley Jr.が3 Hにプロ第1号。Coyle、X. Bogaerts、Renfroeが2 H。

[A-] - Box
L. Diazが6.0 IP/4 H/0 ER/0 BB/1 K。Ibarra、Marquis、Robersonが3 H。Jos. Garcia、Gedmanが2 H。


○ 9/5 ~AAA-A Finale

[AAA] : RHP Kyle Weilandがコールアップ。
[AAA] : C Ryan Lavarnwayがコールアップ。
[AAA] : UT Nate Spearsがコールアップ。
[AAA] : UT Drew SuttonがDFA。
[AAA] : UT Ryan KhouryがPotland (AA)から移動。
[AA] : IF Matt GedmanがLowell (AA)から移動。

[AAA] - Box
G. Smithが6.0 IP/3 H/2 ER。Middlebrooksに第2号。Butlerに第1号。

[AA] - Box
Clayが1.0 IP/5 H/5 ER/1 BB/1 K。リリースかなぁ。Tejedaが2 H/1 HR (5)。Dentが2 H。Hazelbakerに第12号。

[A+] - Box
Pimentelが7.0 IP/2 H/2 ER/1 BB/4 K。Riveraが2.0 IP/1 H/1 ER/0 BB/2 K。Spring、Peleyが2 H。Hisseyに第2号。

[A] - Box
Celestinoが5.0 IP/9 H/2 ER/0 BB/3 K。T. Wilsonが4.0 IP/5 H/1 ER/1 BB/4 K。Coyleが3 H/2 HR (13,14)。F. Sanchez、Kangが3 H。Renfroeが2 H/1 HR (8)。Shawも2 H。Augusta (SF-A)が負ければ、POに出られたみたいですが、結局AAA-PawtucketのみがPOへ。


☆ Hitter of the Week - Christian Vazquez, C (Low-A); 6 G/21 AB/8 H/2 2B/3 HR/6 R/6 RBI/4 BB/3 K/1 SB/0 CS

☆ Pitcher of the Week - Alex Wilson, RHP (AAA); 2 GS/11.0 IP/1-0 W-L/2.45 ERA/3 R/3 ER/10 H/1 BB/15 K/2.33 GO/A0

2011年9月1日木曜日

11' Season Boston Red Sox -Aug.-

8月です。打撃陣好調で首位には立ちましたが、松坂さんがTJ、Lackeyの状態が全くダメな上に、Buchholzがシーズンエンドで金がかかってるはず先発が苦しい。デッドラインでBedardを獲得しましたが、こんなケガだらけの選手がしっかり登板数を稼いでくれるのを期待するしかない厳しい状態です。(前記事はこちら)。


[Transaction]

○ 8/1
Placed IF Jed Lowrie in AAA on rehab assignment.

Lowrieがリハブ開始。昨年のように後半の爆発に期待です。


Signed a 2011 draft pick OF Matt Marquis.

ドラ41のMarquisと契約していたようです。カレッジではケガにも悩まされたけど、3年前はPG#225にランクされていたし、ちょっと期待です。


○ 8/2
Optioned UT Drew Sutton to AAA.

オフィシャルには今日Bedardがロスターに入るのかな?Suttonがオプションで投手13人の体制に。R. Williamsなんて置いといてどうするの?とか思ってたけど、今日は意外と良い働きをした。割と買ってるんだろうか。しかし左のリリーフが、A. Miller、Morales、Williamsとあり得ないくらい速球派揃い(笑)。


○ 8/5
Signed OF Brett Carroll to a minor league deal and assigned him to AAA.

MILをリリースされていたCarrollと契約。これと言った特色がなく、AAAの穴埋めでしょうか。Hassanでも上げればいいのに。


○ 8/6
Released RHP Chris Husuby and OF Zach Daeges.

Chris Husebyはともかく、Zach Daegesがとうとうリリース。今季は一応打席には入れるようになって、
SS-Aで2試合ほど出たのですが、それ以降姿を見かけず、そろそろかなと思ってはいましたが。残念です。ケガがなければとっくにMLBに上がってただろうに。


○ 8/7
Granted to release RHP Kevin Millwood.

Kevin Millwoodがリリース。Opt. Outの期限でそれを行使せずに残っていましたが、Doubrontもそろそろ復帰とあっては出番はなかった。先月あたりに、どこかでチャンスがあるだろうとBOSの首脳が語っていたし、使う気はなかったんでしょう。


○ 8/8
Activated IF Jed Lowrie from the DL.
Optioned LHP Randy Williams to AAA.

Lowrieがリハブを終えて復帰。もう少しかかるかと思いましたが、リハブ開始からはすんなりと帰ってきましたね。AAAでは文句なしに打ってたし、打撃の調子は問題なさそう。もう離脱するなよ~。代わりに外れたのはR. WilliamsでAAAへ。まだオプションあったんですね。Bedardの加入で投手13人になっていたから投手を落とすのはわかっていたけど、Williamsは左腕3人の中ではまだマシだったので。Morales、A. Millerのオプション切れ組はさすがに落とせなかったんですね。Millerを得意のDL作戦かとも思いましたが。この2人にもうちょいガンバってもらわないと苦しい。


Acquired the contract of UDFA LHP Robby Scott from Yuma of the NAL and signed him to a minor league deal.

Florida Stateで投げていた左腕。


Released RHP Clevelan Santeliz.

AAAからClevelan Santelizがリリース。まずまず投げてはいたけど、課題の制球は改善せず。田澤がAAAに戻ってくる席を作るための動きでもありますが、田澤はローテ?リリーフ?


○ 8/13
Acquired the contract of RHP T. J. Hose from Newark of the Can-Am League, signed him to a minor league deal, and assignmed him to A+.

最近のBOSのこういう獲得にしては小柄。速球は90 mph弱。今季ARI傘下をリリースされていた。


○ 8/15
Signed 2011 draft picks RHP Matt Barnes, C Blake Swihart, LHP Henry Owens, CF Jackie Bradley, RHP Noe Ramirez, SS/2B Mookie Betts, LHP Cody Kukuk, and RHP Matt Spalding.
Acquired the contract of RHP Matt Rusch from Quebec of the CanAm League and signed him to a minor league deal.

契約期限5分前まで、ドラ1の4人は誰も契約情報が入ってきませんでしたが、無事ドラ7までの全員と契約。Kukukもしっかり契約できたし、取りあえずは合格ラインはクリアでしょう。また右腕のRuschとも契約。


○ 8/17
Acquired the contract of C Jeff Howell from Lincoln of the American Associations, signed him to a minor league deal, and assigned him to AA.

左打ちの捕手Howellと契約。Lavarnwayの昇格に備えて穴埋め要員か。


○ 8/18
Purchased the contract of C Ryan Lavarnway from AAA.
Placed 1B/3B Kevin Youkilis on the DL.
Designated LHP Randy Williams for assignment.

前日にAAAの試合で途中交代していたLavarnwayがコールアップ。Papiの代わりかと思いきやYouksがDL入りしています。腰が悪いよう。Buchと言い、腰悪い人多いね。3Bは守れないけど、SuttonがDLに入ってるし、Papiもしばらく試合に出れないようで、早速DHで出場している。守備に就くことはないでしょうが、どのみちオフにはRule 5対象だから、今季中に使ってみるだろうとは思われていた。AAAでは素晴らしい成績も、最近は少し投手も慣れてきたのか、勢いが止まってるし、すぐにMLBで打棒爆発とはいかないとは思うが、期待したいですね。

しかしここで呼ばれないLarsは厳しい。また40人枠を空けるため、R. WilliasmがDFA。意外とよくやってましたが、左は取りあえずMoralesに決めたのか。A. Millerを使わざるを得ないし、DoubrontやHottovyなどの選択肢もあるのでということだろう。NYYやPHIが左のリリーフを欲しがってるそうだけど、まぁClaimしてこないでしょう。


○ 8/19
Signed LHP Greg Smith to a minor league deal and assigned him to AAA.

NYY傘下をリリースされていたG. Smithと契約。球威のない左腕だが、Dan Haren、Matt Hollidayと有名な選手のトレードのパッケージに2度も含まれていた。08年にOAKでローテの1人として投げたが以降はイマイチ。


○ 8/23
Outrighted LHP Randy Williams to AAA.

WilliamsがWaiverを通過しAAAへ。


○ 8/26
Recalled RHP Scott Atchison from AAA.
Optioned RHP Ryan Lavarnway to AAA.

LavernwayがAAAへ帰り、Atchisonが呼ばれています。投手13人体制になるけど、明日がダブルヘッダーということで投手が必要になるということでしょう。LavarnwayはPapiの穴を埋めるのにDHとして呼ばれたけど、打力のポテンシャルはやはり素晴らしいですね。セプテンバーコールアップされるでしょうが、AAAはPO進出の可能性があるので、いつになるかな?POの第1週目までならオプションは消費されないようです。


Placed RF J. D. Drew in SS-A on rehab assignment.

Drewがリハブ開始。ハリケーンで予定が不明瞭ですが、帰ってくるのはロスター枠が拡大される9/1で確定でしょう。


○ 8/27
Recalled RHP Michael Bowden from AAA.
Optioned RHP Scott Atchison to AAA.

ダブルヘッダーに備えて、前日に3イニングを投げたAtchisonの代わりにBowdenを呼んでいます。


Transferred rehab assignment of RF J. D. Drew from SS-A to AAA.
Placed RHP Bobby Jenks in High-A on rehab assignment.

DrewがAAAへ。ハリケーンがあり、どこでリハブするか難しい。またJenksも何回目か忘れたけど、リハブ開始。


○ 8/30
Signed LHP Trever Miller to a minor league deal, and assigned him to AAA.

STLからColby RasmusのトレードでTORへ移籍し、その後リリースされていたT. Millerと契約。まだMLBでぼちぼち対左で投げるだけの成績は残しているけど、AL-Eastで通用するかな?一応2年ほど前はTBで投げましたが。01年にBOS傘下にいたそうです。Ringやらこういうデプス好きですよね~。


Placed 1B/3B Kevin Youkilis in AAA on rehab assignment.

Youksがリハブ開始。AAAで2試合で9/1に復帰かな?


○ 8/31
Acquired 1B/3B/OF Conor Jackson from OAK for RHP Jason Rice.
Transferred RHP Bobby Jenks to th 60-day DL.

POのロスターに登録できる最終期限8/31になって、懸案の右打ちバット、C. Jacksonを獲得。見返りはAAAのリリーフJason Rice。Jacksonの今季年棒は$3.2Mでサラリー負担が付く。Jacksonは今オフFA。またJenksが60日DLに移動。Jenksは今季中に戻れるんですかね。

03年のARIのドラ1で、06~08年くらいまでARIでそれなりのレギュラーだった。C-IF/C-OFの4ポジションを守るが守備が悪く、またシーズンで15 HRが最高と、このポジションとしてはイマイチパワーが弱かったため、AVGを落とすにつれ、レギュラーからベンチへと役割を変えていた。一方で、未だに4ポジション守る利便性があるし、対左では.286/.384/.441 とソリッドな成績。比較的ボールを見れる選手だ。Reddickの調子が下降気味で、Crawfordは相変わらずパッとしないし、Drewもどこまで計算できるか。それに最悪Youksの3Bの代役にもできる、とチーム状況に非常にフィットする。

見返りのRiceはAAAで今季もK/9が9を越えており、MLBで試してみる段階に来てはいるが、コマンドが悪く、昨季からさほど向上しておらず、BOSのロスターの厳しさから言えば、使いどころが難しかった。また今オフにRule 5どころかMiLFAで、40人ロスターに入れる予定がない以上、このまま行けば、タダで出ていかれるだけだった。相変わらずトレードをまとめるのがうまいなと思わせる、良い獲得だと思う。POのロスターはMcDonaldあたりとの争いか。


Acquired the contract of OF Joey Gathright from Yuma of the NABL, signed him to a minor league deal, and assigned him to AAA.

今季Ind. LeagueでプレーしていたGathrightと契約。2年前もこのくらいの時期にデプス兼代走兼守備交代として契約しましたね。身体能力とスピードはあるけど他はダメ。Kalishが手術を受けてシーズンエンドになったこともあるか。Kalishを60日DLに入れて使ってくるかもですね。

Former Sox Prospect Review: Raul Alcantara, RHP

今回は、今季GCLをドミネイトしてSS-A Lowellに昇格した、Raul Alcantara。SS-Aでも最初の登板は打たれたものの、その後は適応を見せています。最近、競合するような大物Int. FAを獲得していないBOSですが、近年のInt. FAの投手では一番の大当たりかも。



[Player Data]

Name: Raul Alcantara (ラウル・アルカンタラ)
Full Name: Raul Alcantara
Positions: RHSP/RHRP
Born: December 4, 1992
Birthplace: Barahona, Dominican Republic
Height: 6-4
Weight: 220
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (July 2009)
Signing Bonus: $500,000
MLB Debut: September 5, 2016 (Oakland)
How Left: Traded to Oakland with Miles Head and Josh Reddick for Andrew Bailey and Ryan Sweeney (December 2011)
Player Link: MLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

まだ非常に細身だが、比較的長身で、体格的に成長する余地は大きい。理想的な高めのスリークォーターから投げる。メカニクスは滑らかで良いが、球速を出そうとしてややハードに投げている。11年に球速が3 mphほど伸び、常時91~92 mph、最速で95 mphに達する。手元で動き、良く沈む。まだ若いというのもあるが、深いイニングでは球速が落ちる傾向にあり、スタミナをつける必要があるだろう。コマンドはまだ悪く、プレートのサイドに投げ分けることができていない。82~83 mphのスライダーはまだ不安定でだが、タイトな変化を常に保てるようになれば、プラスのピッチになるだろう。83~86 mphのチェンジアップはさらに磨かれておらず、速球と球速差が小さいが、腕の振りは速球と同じで投げられており、手の感覚を掴めば、平均以上のピッチになるかも。マウンド上では自信に満ちている。


[Background]

09年のマーケットで、BAのInt. FAのランキングには挙がっていなかったが、Michael Ynoa (OAK)より良いというスカウトもいたほど、評価は高かった。


[Profile]

10' : DSLでプロデビュー。13 GSで3.28 ERAとまずまずも、60.1 IP/8 BB/34 Kとやや奪三振率が低く、印象的な活躍とまではいかなかった。

11' : GCLで0.75 ERAとほとんどアンヒッタブル。SS-A Lowellにも最後やや適応を見せた。95 mphに達したということで評価急上昇。

11' Dec. : Andrew Baileyの見返りとしてOAKへ。

12' : Low-Aでやや苦しんでいる。

13' : Low-Aで昨年から大きく進歩を見せ、昇格したHigh-Aでも順調に投げている。奪三振率も上がってきたし、着実に評価を伸ばしている。A. Baileyのトレードはさらに大損に。11月にRule 5ドラフト対策で40人ロスター入り。

14' : 昨季の活躍で、OAKでもNo.1の投手Prospectとなっていたが、AAで順調なスタートを切り、いよいよ本格的にブレイクかと思った矢先にTJを受けることになりシーズンエンド。

15' : TJからの復帰がイマイチなのか、High-Aに戻されている上に、イニング数がかなり少ない。三振率が低い。

16' : AAではもう一歩平凡だったが、AAAでは少ないサンプル数ながら好投。リビルドチームということもあって、9月MLBデビューを飾った。球速は悪くなさそうだが、如何せん三振が少し少なく、MLBでは打たれている。

17' : 先発、ブルペン両方で試されているが、恵まれた才能を開花させるまでには至っていない。


[Comment]

今季は順調なUSデビューを飾り、期待度が膨らんでいる。Stolmy Pimentelと比べると、もう少し完成度は劣るし、同年齢での成績的にも劣っているけど、もう少し球威が伸びれば、Pimentel以上になるかも。来季はできれば、Low-A Greenvilleで見たい。

(12年追記)面白くなってきたところでトレード。結果、A. Baileyは12年の大半をケガと酷いトレードとなっている。