プレーオフのローテは誰が務めるべき?(複数回答可)

プレーオフのブルペンは誰が務めるべき?(複数回答可)

2011年10月30日日曜日

11' Weekly Topics -10/25~10/31

[10/26]

☆ John LackeyがTJだそうです。肘が悪そうみたいな話は出てましたが、さっさと手術してくれてれば、POに出られていたかも。

15年にリーグ最低額でこき使えることが決定。AAVがこれに伴い$3M前後下がるみたいですが、これで先発1人を獲るのは難しいな。ペイロール自体は変わらないわけだし。


[10/30]

☆ STLがワールドチャンピオンに輝きました。STLはBOSと全く同勝ち星でWCからの優勝。今年のWSは歴史に残る良い戦いだったんじゃないかな。TEXは2年連続で無念のWS敗退。最後の最後で、ここまでチームを支えてきたエースのC. J. Wilsonとリリーフ陣に誤算が出てしまったけど、優勝しても何もおかしくない素晴らしい戦いぶりでした。


☆ WSでMVPに輝いたDavid Freeseですが、SDの06年のドラ9で、たったの$60Kで契約した選手でしたが、それは入学5年目のSeniorだったためで、ドラフト前にBOSは彼と$90Kで合意していたそうですね。MLB機構に却下されて契約には至らなかったそうですが、ホントに縁とは不思議です。

2011年10月24日月曜日

11' Minor League Stats - Ex-Sox Prospects

今季はトレードなどでBOSから離れたEx-Prospectの成績もまとめてみました。基本的にマイナーを卒業した選手は除きますが。ざっと見ると、A-Gonのトレード以外でBOSを離れたProspect以外は何となくあまり活躍してないようなカンジです。トレード的には評価の高い時にうまくトレードしたことにはなる反面、もっとガンバってと、何となく寂しい気持ちになります。


[Pitchers]

Casey Kelly (SD), RHSP (08'-1st)

11' Stats (AA San Antonio): W11-L6/3.98 ERA/27 G/27 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/142.1 IP/153 H/74 R/63 ER/8 HR/46 BB/105 K/1.66 GO/AO

SDにトレードされて、AAで2年目のシーズンを過ごし、3.98 ERAとまずまずも、K/9が大幅に悪化した。ゴロは打たせているが、被打率も平凡。SDの環境と若さもあり、今でもそれなりのイニングイーターになるだろうとは思われてはいるものの、評価は逓減傾向。

-------------------------------------------------------------------------------------

Roman Mendez (TEX), RHSP (07'-Int. FA)

11' Stats (A Hickory): W9-L1/3.31 ERA/26 G/20 GS/0 CG/0 SHO/1 SV/117.0 IP/117 H/44 R/43 ER/7 HR/45 BB/130 K/0.80 GO/AO

Low-Aで2年目とは言え、コマンドが向上し、ポテンシャルを発揮し始めている。まだコマンドは凄く良い訳ではないし、被打率は平凡で、フライボーラー気味ではあるが、安定して三振を奪えるようになっている。層の厚いTEXでもNo.10前後に入ってきそうだ。やはりトレードは惜しかった。

-------------------------------------------------------------------------------------

Stephen Fife (BOS to LAD), RHSP (08'-3rd)

11' Stats (AA Portland): W11-L4/3.66 ERA/19 G/18 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/103.1 IP/107 H/47 R/42 ER/7 HR/37 BB/70 K/1.23 GO/AO
11' Stats (AA Charlotte): W3-L0/4.01 ERA/6 G/6 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/33.2 IP/36 H/18 R/15 ER/2 HR/15 BB/25 K/1.50 GO/AO

ゴロを多く打たせるし、被弾が少なく、被打率もまずまずで大崩れはしない一方、K/BBがHigh-Aまでの数字から大幅に悪化しており、支配的な投球はできていない。速球と変化球のどちらも目立つボールがないのが難。

-------------------------------------------------------------------------------------

Fabian Williamson (OAK), LHSP/RP (09'-Acquired from SEA)

11' Stats (High-A Stockton): W3-L5/7.53 ERA/12 G/10 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/49.0 IP/60 H/41 R/41 ER/8 HR/29 BB/40 K/1.07 GO/AO
11' Stats (AA Midland): W0-L1/6.35 ERA/10 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/22.2 IP/29 H/17 R/16 ER/3 HR/16 BB/17 K/1.67 GO/AO

AAスタートも途中でHigh-Aに降格したみたい。ゴロ率が少し高いくらいで、あとのスタッツはいずれも悪い。やはりコマンドが良くないのが問題。リリーフではまずまずだし、対左の方が良いので、リリーフに専念させればもしかしたら。

-------------------------------------------------------------------------------------

Nick Hagadone (CLE), LHRP (07'-1st Supp.)

11' Stats (AA Akron): W2-L1/1.59 ERA/12 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/22.2 IP/14 H/4 R/4 ER/0 HR/7 BB/24 K/0.79 GO/AO
11' Stats (AAA Columbus): W4-L3/3.35 ERA/34 G/0 GS/0 CG/0 SHO/4 SV/48.1 IP/42 H/27 R/18 ER/5 HR/15 BB/53 K/1.14 GO/AO
11' Stats (MLB Cleveland): W1-L0/4.09 ERA/9 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/11.0 IP/4 H/6 R/5 ER/0 HR/6 BB/11 K/0.33 GO/AO

今季からフルのリリーフに転向し、一気にMLBデビュー。初勝利も挙げている。先発でも相当期待されていた選手にしては奪三振率は凄まじいというほどではないが、被打率が低く、来季にはしっかりとしたリリーフとして貢献しそうだ。昨季苦しんだ制球面もリリーフに移って少し落ち着いている。今季に限ればややフライボール比率が高かったのが気にはなるが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Kendal Volz (BOS to KC), RHRP (09'-9th)

11' Stats (High-A Salem): W2-L3/3.33 ERA/31 G/0 GS/0 CG/0 SHO/2 SV/51.1 IP/42 H/19 R/19 ER/6 HR/12 BB/56 K/1.61 GO/AO
11' Stats (High-A Wilmington): W1-L0/1.64 ERA/6 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 SV/11.0 IP/11 H/3 R/2 ER/0 HR/1 BB/7 K/1.20 GO/AO
11' Stats (AA NW Arkansas): W0-L0/6.75 ERA/3 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 SV/6.2 IP/5 H/5 R/5 ER/1 HR/4 BB/7 K/1.60 GO/AO

Avilesのトレードで何が気に入らなかったって、Yamaico Navarroもそうだけど、このVolzを出したことも大きい。今季リリーフに移り、やや好不調の波はあったが、被打率、K/9、K/BB、GO/AOと全てのスタッツで素晴らしい数字を残していた。まだRule 5対象でもなく、傘下上層のリリーフProspectでもトップクラスのポテンシャルがあると思っていたのに。

-------------------------------------------------------------------------------------

Juan Rodriguez (BOS to LAD), RHRP (08'-Int. FA)

11' Stats (Low-A Greenville): W2-L4/5.19 ERA/32 G/0 GS/0 CG/0 SV/59.0 IP/57 H/38 R/34 ER/3 HR/32 BB/88 K/0.85 GO/AO
11' Stats (Low-A Great Lakes): W1-L1/1.59 ERA/12 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 SV/17.0 IP/6 H/5 R/3 ER/0 HR/10 BB/20 K/0.72 GO/AO

やや年齢が高めなこともあり、今季リリーフ転向。序盤からK/9が18に近い圧倒的な奪三振力を示していたが、徐々に制球とコマンド面の不安が現れ、5月以降はかなり捕まるように。リリーフとしてはなかなか上限は高いと思うが、年齢が高いこともあるし、来オフにRule 5の資格を得るほどだから、まぁトレードで出すのも仕方なかった。上に行けるかどうかはコマンド次第。

-------------------------------------------------------------------------------------

Dustin Richardson (ATL), LHRP (06'-5th)

11' Stats (AAA New Orleans): W3-L1/3.66 ERA/23 G/0 GS/0 CG/0 SHO/2 SV/32.0 IP/31 H/13 R/13 ER/2 HR/20 BB/35 K/1.07 GO/AO
11' Stats (AAA Gwinnett): W1-L0/6.00 ERA/23 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/30.0 IP/30 H/21 R/20 ER/4 HR/22 BB/29 K/0.97 GO/AO

Andrew MillerとのトレードでFLAに行ったが、シーズン半ばに、40人枠の確保のためにDFA。ATLがClaimして、もう一度DFAされた。まずまず三振は奪っているし、被打率も悪くはないけど、相変わらず四球病に悩んでいる。左だし、来季はまだチャンスをもらえそうだが、そろそろ正念場か?

-------------------------------------------------------------------------------------

Bryan Price (CLE), LHRP (08'-1st Supp.)

11' Stats (AA Arkon): W2-L3/2.79 ERA/28 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/51.2 IP/50 H/20 R/16 ER/5 HR/15 BB/33 K/0.95 GO/AO

リリーフに転向して2年目で、この2年間をAAで過ごしているが、今季は被打率がやや改善されたものの、K/9が大幅に悪化。CLE傘下で、リリーフのProspectとしてまずまず名前が挙がるくらいだったのが、これでは厳しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Robert Coello (CHC), RHRP/SP (08'-UDFA)

11' Stats (AA Tennessee): W1-L2/3.00 ERA/4 G/4 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/21.0 IP/19 H/7 R/7 ER/1 HR/7 BB/16 K/0.77 GO/AO
11' Stats (AAA Iowa): W6-L6/4.45 ERA/30 G/11 GS/0 CG/0 SHO/1 SV/95.0 IP/85 H/48 R/47 ER/11 HR/41 BB/94 K/0.66 GO/AO

今季も先発・リリーフでスウィングマン的な起用。三振はしっかり奪えているが、四球の多さとフライボーラー傾向は気になる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Daniel Turpen (COL), RHRP (10'-Acquired from SF)

11' Stats (AA Tulsa): W2-L4/4.83 ERA/48 G/1 GS/0 CG/0 SHO/11 SV/59.2 IP/63 H/34 R/32 ER/5 HR/35 BB/33 K/1.75 GO/AO

Rule 5からリターンされたあと、McKenryとのトレードでCOLへ。今季もよくゴロを打たせているが、AAですらK/BBは平凡。

-------------------------------------------------------------------------------------

Hunter Strickland (PIT), RHSP: 今季はプレーせず。TJ?

Jose Alvarez (FLA), LHSP: Aレベルでは良く投げている。元々球威がなく、上では苦しむだろうと思っていたし、実際AAでは平凡。

Andrew Dobies (CWS), LHRP: CWSにトレードされて以降、凡庸以下の成績に終始している。

Derrick Loop (PHI), LHRP: High-Aまでは素晴らしい成績なのですが、AA以上では今一つ。

Pedro Perez (DET), RHRP: Dlugachの見返りでDETへ。今季は再びSS-Aに戻り、K/9などはまずまずも、制球がダメ。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Tim Federowicz (BOS to LAD), C (08'-7th)

11' Stats (AA Porland): 90 G/339 AB/94 H/20 2B/0 3B/8 HR/138 TB/46 R/52 RBI/32 BB/63 SO/1 SB/0 CS/.277 AVG/.338 OBP/.407 SLG/.745 OPS
11' Stats (AAA Albuquerque): 25 G/83 AB/27 H/7 2B/0 3B/6 HR/52 TB/17 R/17 RBI/15 BB/20 SO/0 SB/0 CS/.325 AVG/.431 OBP/.627 SLG/1.058 OPS
11' Stats (MLB Los Angeles (NL)): 7 G/13 AB/2 H/0 2B/0 3B/0 HR/2 TB/0 R/1 RBI/2 BB/4 SO/0 SB/0 CS/.154 AVG/.313 OBP/.154 SLG/.466 OPS

過去2年、守備はともかく、打撃ではLavarnwayに差をつけられてきたが、今季はAAでまずまずの成績を残していた。フラッグディールで、捕手不足のLADが熱望する形でトレード。PCL効果が大きいとは言え、AAAで83 AB/.325 AVG/6 HRとよく打ち、MLBデビューを飾っている。来季中にはMLBに定着できそうなカンジ。チームは分かれたけど、Lavarnwayも同じくらいに定着して、ライバルになれるといいですね。

-------------------------------------------------------------------------------------

Michael McKenry (BOS to PIT), C (11'-Acquired from COL)

11' Stats (AAA Pawtucket): 29 G/95 AB/26 H/5 2B/0 3B/3 HR/40 TB/10 R/12 RBI/14 BB/24 SO/1 SB/0 CS/.274 AVG/.369 OBP/.421 SLG/.790 OPS
11' Stats (MLB Pittsburgh): 58 G/180 AB/40 H/12 2B/0 3B/2 HR/58 TB/17 R/11 RBI/14 BB/49 SO/0 SB/1 CS/.222 AVG/.276 OBP/.322 SLG/.598 OPS

M. Wagner、Expositoのデプスに不安を覚えたBOSが開幕直前に獲得。しかしLavarnwayの成長もあり、捕手不足のPITへトレード。守備の成熟度は高いと言われていた通り、MLBでプレーし続けてはいたが、打撃面はこれといった押しがなく、控え捕手がいいところか。

-------------------------------------------------------------------------------------

Anthony Rizzo (SD), 1B (07'-6th)

11' Stats (AAA Tucson): 93 G/356 AB/118 H/34 2B/1 3B/26 HR/232 TB/64 R/101 RBI/43 BB/89 SO/7 SB/6 CS/.331 AVG/.404 OBP/.652 SLG/1.056 OPS
11' Stats (MLB San Diego): 49 G/128 AB/18 H/8 2B/1 3B/1 HR/31 TB/9 R/9 RBI/21 BB/46 SO/2 SB/1 CS/.141 AVG/.281 OBP/.242 SLG/.523 OPS

昨季Larsを追い抜いた感はあったが、今季も開幕から移籍したSDのAAAで凄まじい打棒を発揮。万を持してMLBに昇格し、そのまま1Bに定着すると思われたが、MLBではコンタクトに苦しんだ。SDのAAAは打者に相当有利なPCLなのに対し、SDは投手天国のPetco Parkという落差に悩まされた感がある。やはり三振はもう少し減らしたいが、ボールはしっかり見ているし、そのうち適応してくるでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Chris McGuiness (TEX), 1B (09'-13th)

11' Stats (Rk AZL): 2 G/5 AB/1 H/0 2B/0 3B/1 HR/4 TB/3 R/2 RBI/1 BB/1 SO/0 SB/0 CS/.200 AVG/.429 OBP/.800 SLG/1.229 OPS
11' Stats (High-A Myrtle Beach): 53 G/196 AB/42 H/10 2B/0 3B/2 HR/58 TB/19 R/26 RBI/30 BB/51 SO/1 SB/0 CS/.214 AVG/.320 OBP/.296 SLG/.616 OPS

TEXにトレードされて以降、思ったように打てていない。元々パワー面も平凡だし、これでは来季の保証も厳しいのでは。

-------------------------------------------------------------------------------------

Argenis Diaz (DET), SS (03'-Int. FA)

11' Stats (AAA Toledo): 98 G/340 AB/95 H/17 2B/2 3B/0 HR/116 TB/45 R/25 RBI/41 BB/61 SO/3 SB/5 CS/.279 AVG/.356 OBP/.341 SLG/.697 OPS

今季はDETへ移っていたんですね。元々BOSにいた時から、守備は既にMLBのGGクラスと言われていたし、今季はAAA International LeagueでAVG .279と打っており、まずまずに見えますが、なんせここ3年間で0 HRと絶望的にパワーがない。今季は少しK/BBも改善したし、デプスとしては悪くはないと思いますが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Yamaico Navarro (BOS to KC), UT (05'-Int. FA)

11' Stats (AAA Pawtucket): 34 G/128 AB/33 H/8 2B/2 3B/5 HR/60 TB/25 R/13 RBI/17 BB/25 SO/3 SB/2 CS/.258 AVG/.362 OBP/0.469 SLG/.831 OPS
11' Stats (AAA Omaha): 25 G/92 AB/25 H/3 2B/1 3B/2 HR/36 TB/11 R/9 RBI/7 BB/18 SO/3 SB/4 CS/.272 AVG/.317 OBP/.391 SLG/.708 OPS
11' Stats (MLB Boston/Kansas City): 22 G/60 AB/15 H/3 2B/0 3B/1 HR/21 TB/8 R/9 RBI/5 BB/14 SO/0 SB/0 CS/.250 AVG/.303 OBP/.350 SLG/.653 OPS

今季はOFなどでも試され、UT候補として開幕を迎えたが、直後にケガで離脱。復帰後はBOSへ呼ばれるものの、Avilesとの訳のわからないトレードでKCへ。引っ張った時に限られますが、まずまずパワーも発揮しているし、もうMinorでやることはあまりない。もう少し選球眼が改善されれば、長いMLBキャリアを送ると思います。

-------------------------------------------------------------------------------------

Reymond Fuentes (SD), CF (09'-1st)

11' Stats (High-A Lake Elsinore): 124 G/510 AB/140 H/15 2B/9 3B/5 HR/188 TB/84 R/45 RBI/44 BB/117 SO/41 SB/14 CS/.275 AVG/.369 OBP/.369 SLG/.711 OPS

今季はHigh-Aで1年を過ごし、AVG .275としっかり打って、さすがドラ1は伊達ではなかったかとちょっと今になって惜しい気も。意外なことに対左の方が打ってる。やはり非力感は否めないが、5 HRとパワーはゼロではないし、9 3B/41 SBと相変わらずスピードはある。選球眼も改善してきているし、もう少し2Bを稼げるようになれば、及第点のリードオフになれそう。ただCalifornia Leagueでの成績だし、ドラ1の真価が問われるのは、来年AAに上がってからか。

-------------------------------------------------------------------------------------

Engel Beltre (TEX), CF (06'-Int. FA)

11' Stats (AA Frisco): 118 G/437 AB/101 H/15 2B/6 3B/1 HR/131 TB/64 R/28 RBI/28 BB/101 SO/16 SB/6 CS/.231 AVG/.285 OBP/.300 SLG/.584 OPS

Eric GagneのトレードでTEXに行ったあと、08年にLow-Aで.283を打ち、非常に評価が上がって、悔しい思いをしたが、それ以降ツールを発揮できておらず、評価も逓減。昨季はまだHigh-Aで打っていたが、今季はAAでさっぱり。相変わらずフリースウィンガーで、パワーも発揮できていない。Tejedaといい、Almanzarといい、BOSのInt. FAの大物はMinor上層では伸びませんね。

-------------------------------------------------------------------------------------

Bubba Bell (NYM), CF/RF (05'-39th)

11' Stats (AAA Columbus): 8 G/24 AB/7 H/2 2B/0 3B/0 HR/9 TB/2 R/2 RBI/2 BB/3 SO/1 SB/0 CS/.292 AVG/.346 OBP/.375 SLG/.721 OPS
11' Stats (AA Binghamton): 6 G/23 AB/6 H/0 2B/0 3B/1 HR/9 TB/4 R/3 RBI/1 BB/7 SO/2 SB/0 CS/.261 AVG/.292 OBP/.391 SLG/.683 OPS
11' Stats (AAA Buffalo): 67 G/162 AB/37 H/10 2B/0 3B/1 HR/50 TB/15 R/18 RBI/12 BB/23 SO/9 SB/1 CS/.228 AVG/.284 OBP/.309 SLG/.593 OPS

もっと機会のありそうな組織に、ということでCLEへ出したのだが、その後NYMへ。しかしポジションを掴み切れず、イマイチな1年に終わった。もしかしたら最後のチャンスだったかもしれない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Chih-Hsien Chiang (BOS to SEA), RF/LF (05'-Int. FA)

11' Stats (AA Portland): 88 G/321 AB/109 H/37 2B/4 3B/18 HR/208 TB/68 R/76 RBI/25 BB/61 SO/6 SB/2 CS/.340 AVG/.402 OBP/.648 SLG/1.050 OPS
11' Stats (AA Jackson): 32 G/130 AB/27 H/7 2B/0 3B/0 HR/34 TB/11 R/10 RBI/6 BB/30 SO/1 SB/2 CS/.208 AVG/.255 OBP/.262 SLG/.517 OPS

昨季も密かに後半戦よく打ってはいたが、前半戦は傘下最大の驚きとなった。打撃成績各部門でリーグをリード。オフにRule 5になるというというのも大きかったが、Bedardのトレードの目玉としてSEAへ。しかし、そこから急失速。BOS歴の長い選手だけに環境の変化も大きかったのかも。期待も大きかっただろうし、風当たりがキツくならないといいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Dusty Brown (PIT), C: PITの捕手不足もあり、序盤MLBで機会をもらったものの、やはり打てず。PITはBOSからMcKenryを獲得することになった。AAAでの成績は申し分ないのだが。

Aaron Bates (MIN), 1B/OF: BOSをリリースされたが、MINのAAAでAVG .316と良く打った。パワーはやはりあまり示せていないが、1B/LFのデプスとして考えるチームもありそう。

Jorge Jimenez (CIN), 3B/1B: リリース後、CINに拾われたものの、High-Aでも打ててない。

Jason Place (NYY), OF: NYYに拾われたもののやはり打てず。元ドラ1のキャリアはこれで終わりでしょう。

Kris Negron (CIN), UT: 昨季はAAで良く打ったが、今季はAAAで凄まじい三振数。上で十分なコンタクトはできなそう。

Luis Urena (KC), UT: シーズン開始後にリリースされてKCと契約。よく打ってはいるが、DSL4年目では。

2011年10月19日水曜日

12' Preseason Position Outlook -Outfield-

12'シーズンの各ポジションのデプスチャートOF編です。ここ数年のドラフトで多くの人材を確保し、各クラスは非常に込み合ってます。今季は多くのクラスでOFの選手でDHを占めることになりそうです(*は40人ロスター登録選手)。


[MLB]
Starter (LF) : OF Cody Ross*
Starter (CF) : CF Jacoby Ellsbury*
Starter (RF) : OF Ryan Sweeney
Backup : OF Darnell McDonald*, UT Mike Aviles*
DL : LF Carl Crawford*
Depth : OF Ryan Kalish*, CF Che-Hsuan Lin*, LF/RF Daniel Nava, OF J. C. Linares, LF/RF Alex Hassan, OF Jeremy Hazelbaker

不本意だがLFはCrawfordで確定。ただ今の状態で、レギュラー確約と言うのは納得がいかない。RFがどうなるか次第だが、場合によってはLF専門の右打ちでも良いから獲って、その場合はCrawfordにRFも守ってもらうのでもいいと思う。昨季の成績で文句言うなよってカンジで。CFはEllsburyで確定。

今季の左右の偏りから、右打ちのしっかりした打者が欲しく、もしPapiと再契約するなら、LFはCrawfordとして必然的にRFとなってしまうので、その場合はReddickは控えとなってしまう。ただ個人的にはここでまたムリして確定カードを増やすよりも、ここは1年Reddickを使い続けて欲しいと思う。今のBOSに必要なのは、若さとハングリーさとコストパフォーマンスの良さと柔軟性。Reddickを多少辛抱して使わざるを得ない状態だったとしても、他のポジションでそれを補えるくらいの投資はしてるはず。

とは言え、Reddickを使うにしろ、(できれば)両翼をこなせる右打ちのOFは一枚必要。McDonaldは安価だし、後半戦はそれなりにガンバっていたがやはり役不足。Crawfordを固定して、Reddickとプラトーンというよりも、Crawfordと3人でシェアする形で良いと思う。また現在の確定メンバー3人が左で、右を1枚足すとしても、もう1枚右打ちでOFをこなせる選手は欲しい。昨季のようにMcDonaldを5th OFにするよりも、STでAvilesの両翼守備を鍛える方が良いだろう。

デプスは昨季AAにいたメンバーまでほぼ全員可能性ありか?取りあえずKalishがいるので、他の出番はあまりないと思うが、右打ちのLinaresなどは活躍すれば機会があるかもしれない。また40人枠に入りそうなLinも(トレードがなければ)来秋には見れそう。

(追記)Josh Reddickをトレード。交換でSweeneyを獲得。対右に強い彼と、左を打てるMcDonald、Avilesを併用することになりそう。
(追記)Rossと契約。Crawfordが出遅れるので開幕の両翼をSweeneyと務めそうです。


[AAA]
Starter (LF) : LF/RF Alex Hassan or LF/RF Daniel Nava
Starter (CF) : CF Che-Hsuan Lin
Starter (RF) : OF J. C. Linares
Backup : OF Jason Repko, LF/RF Daniel Nava or LF/RF Alex Hassan
DL : OF Ryan Kalish*, OF Josh Kroeger

KalishはSTでよほど良くない限り、まずAAAスタートだろう。Linと交代でCFを務める形になりそう。もう1枠はLinaresが有力だが、HassanがAAAスタートを窺っているし、Navaもいる。Navaも下手すりゃリリースの可能性があるくらいだ。OF5人態勢になるならDHを占めるのは確定だろう。利便性の良いBermudezはAAかこちらかかな。

(追記)Kalishの出遅れが確定的。HassanがAAAスタートの可能性が高くなり、DHを絡めてNavaと4人で回すことになりそう。
(追記)Repkoと契約。
(追記)Koegerと契約。


[AA]
Starter (LF) : OF Jeremy Hazelbaker
Starter (CF) : CF Peter Hissey
Starter (RF) : RF Bryce Brentz
Backup : RF Mitch Dening or LF Shannon Wilkerson, OF Ronald Bermudez, 1B/LF Reynaldo Rodriguez, 1B/LF Jorge Padron, SS/CF/2B Ryan Dent

Brentzは少し早いかもしれないが、下もかなり詰まっているので。それにHazelbakerは確定。HassanがAAAならHisseyがポジションを得るか。そろそろ開花してもらいたいのだが...。控えはDening、Mailman、Wilkersonらが生き残りをかけて争うでしょう。いずれもSTで悪ければリリースの可能性もある。あまりやらないと思いますが、R. RodriguezやPadronもOFをこなすし、DentがCFを練習しているから、OF専門を5人置くことはないんじゃないかと。

(追記)David Mailmanが引退。


[High-A]
Starter (LF) : LF Brandon Jacobs
Starter (CF) : CF Jackie Bradley Jr.
Starter (RF) : RF/CF Henry Ramos or OF Lucas LeBlanc
Backup : OF Matty Johnson or OF Wilfred Pichardo or Lucas LeBlanc

LFはJacobsで確定。あとはLow-A/High-Aで悩ましい選手が多い。Bradley Jr.、H. Ramos、LeBlancの内誰かはLow-Aになりそうだが。昨季ケガだったLeBlancかなとも思うが、H. RamosもLow-Aをしっかり打ちこなせてはいないし、Bradleyも数試合に出ただけだ。控えはM. JohnsonかPichardo辺りか。もしかしたらMailmanやWilkersonもあり得るかもしれないが。


[Low-A]
Starter (LF) : LF Kendrick Perkins
Starter (CF) : CF/RF Keury De La Cruz
Starter (RF) : RF/CF Henry Ramos or OF Lucas LeBlanc or CF/RF Felix Sanchez
Backup : LF Matt Marquis or LF/RF Seth Schwindenhammer
XST : CF Ryan Westmoreland

De La Cruzは確定だろう。Bradleyがこちらにならない限りCFを務めるはず。RFはLeBlancかH. Ramosか。F. Sanchezも可能性あり。LFはPerkinsが有力だが、SS-Aをスキップすることになるので、XSTスタートならMarquisだろう。Schwindenhammerはリリースの瀬戸際かと思う。またWestmorelandの復帰も気になる。XSTから夏前にここに来て、守備には就かせず、2日に1回DHで出場とかになりそうな気はする。


[SS-A]
Starter (LF) : LF Seth Schwindenhammer or OF Jesus Loya
Starter (CF) : CF Williams Jerez
Starter (RF) : OF Cody Koback
Backup : OF Jose Colorado, OF Drew Turocy, LF Moko Moanaroa

CFはドラフト次第だが、基本的にはJerezだろう。あとはLoya、KobackともしかしたらSchwindenhammerなどがいるが、いずれも二線級ではあるので、ドラフト上位で契約が早い選手がいればレギュラーを譲りそう。


[GCL]
Starter (LF) : OF Roberto Del Rosario
Starter (CF) : CF Manuel Marcos
Starter (RF) : RF Yoel Aguero
Backup : UT Dreily Gerrero

M. Marcosは今季のInt. FAでBOSが契約した最大の選手。5ツールタイプのCFという話だが、DSLの可能性も高い。残りは適当。


[DSL]
Starter (LF) : 2B/LF Andres Garcia
Starter (CF) : OF Jeremias Pineda
Starter (RF) : OF Anthony Amaya
Backup : OF Osvaldo Almengo, UT Aly Gonzalez

こちらもめぼしい選手はいない。

12' Preseason Position Outlook -Thirdbase-

12'シーズンの各ポジションのデプスチャート3B編です。近年の主砲Youksは昨季フルタイムの3Bに戻ったものの、近年のケガがちの傾向が加速し、守備も動きの悪さが目立った。今オフにはトレードも囁かれている。しかしBOSのTop Prospectに成長したMiddlebrooksが台頭してきて、後釜としては申し分ない。ただ選球眼がやや未熟で、もう少し適応に時間がかかりそうだから、12年はここに関しては過渡期になりそうです(*は40人ロスター登録選手)。


[MLB]
Starter : 1B/3B Kevin Youkilis*
Backup : IF Nick Punto*, UT Mike Aviles*
Depth : 3B Will Middlebrooks, 3B Kolbrin Vitek

Middlebrooksの存在もあるし、MLB全般的に質の良い3Bが不足気味だから、Youksを出して、新しい3Bを迎え入れる可能性は基本的には低いでしょう。ただPapiが残留した場合は再びDHが数年埋まることになるので、場合によっては放出して、適当な3BとLowrieかAvilesを併用し、Middlebrooksを待つということもあり得るかも知れない。

デプスはMiddlebrooksが最大。オフにはRule 5対策で確実に40人枠に入るだろうし。逆に枠や守備の悪さを考えればVitekは可能性が低いが、仮にもドラ1だし、コンタクトやディシプリン自体はしっかりしているので、場合によってはなくはないかもしれない。

(追記)Jed Lowrieがトレード。Puntoと契約。


[AAA]
Starter : 3B Will Middlebrooks
Backup : 2B/3B Brad Emaus

Middlebrooksで確定。控えはIFの控えが担うでしょう。

(追記)Emausを獲得。


[AA]
Starter : 3B Kolbrin Vitek
Backup : IF Jon Hee

VitekはさすがにHigh-Aに戻ることはないと思うけど、今季はパワーを磨いて欲しい。エラーがあまりにも多いので、コンバートも噂になるが、さすがにまだないか?


[High-A]
Starter : 3B David Renfroe
Backup : 1B/3B Michael Almanzar or IF Heiker Meneses

Renfroeはやや不安もあるが、取りあえず平凡ながらLow-Aで1年を過ごしたし、期待度的には昇格させないと、Cecchiniの枠が作れない。DHにするのももったいないし、昇格させるのではないかと。控えはAlmanzarがいるなら、まだ少し使うかもですが、IF控えや場合によってはMenesesなんかも色々守る練習をさせられるかも。


[Low-A]
Starter : 3B Garin Cecchini
Backup : 1B/3B Travis Shaw

Cecchiniは確定。今季は守備の向上にも期待したい。控えはShawをもう少し3Bでも使ってみるか。


[SS-A]
Starter : 3B Nick Moore
Backup : 2B/3B Matt Gedman

Mooreは比較的良くボールを見ていたし、こちらに来るのではないかと思う。カレッジの3Bはまず獲らないと思うし。


[GCL]
Starter : UT Dreily Gerrero
Backup : C/3B Roberto Reyes

A. Peraltaは昇格しなさそうだし、現状ではあまり候補はいない。

(追記)Nick Robinsonがリリース。


[DSL]
Starter : 3B Aneudis Peralta
Backup : 3B Roberto Duncan

A. Peraltaはちょっと期待していたけど、1年目はやや期待外れ。

2011年10月18日火曜日

12' Preseason Position Outlook -Secondbase/Shortstop-

12'シーズンの各ポジションのデプスチャートM-IF編です。Lowrieもあまり伸びていないし、J. Iglesiasも同様。Yamaico Navarroはトレードされたし、SSが少し薄くなってきました(*は40人ロスター登録選手)。


[MLB]
Starter (2B) : 2B Dustin Pedroia*
Starter (SS) : IF Nick Punto*
Backup : UT Mike Aviles*
Depth : 2B Oscar Tejeda*, SS Jose Iglesias*, 2B/3B Brad Emaus, UT Nate Spears

2BはPedroia。問題はSSで、Scutaroが相互オプション持ち。年齢とケガの不安はあるけど、後半戦は良く活躍していて、未だにLowrieよりは総合力で上回っている。ただType B FAになるし、判断が難しい。市場にJose Reyes (NYM, Type A)が出てくるのもある。ただBOSがオプションを破棄した場合、調停申請は間違いなくするだろうから、Scutaroが単年でも残りたいと思ってるなら、プレイヤーオプションより割高になる調停を受諾されてしまう可能性がある。現状ではオプションを行使するんではないかと思えてきた。

Scutaroか別のSSを獲るのなら、Lowrieはバックアップだろうが、SSをこなせる控えにはAvilesもいて、ややベースボールIQに難があるが、わざわざトレードで獲ったのだし、控えの1枠は堅い。Scutaroが流出で、誰も獲らないならLowrieとAvilesの併用となるが、共に対左の方が得意だし、守備の安定感に欠けるということで、イマイチ使い分けしづらいのが難点。Youksが1B控えをこなせるので、場合によってはLowrieとAvilesで控え2枚ということも考えられるが、Lowrieはトレードチップになるかもしれない。

傘下のデプスは、できれば夏頃までにIglesiasの準備ができていればいいのだが、打撃面ではまだ課題が多い。2BはTejedaがいるが、やはり攻守に未完成だ。DentやGibsonはMLBでやれるレベルにはならないだろう。適当なM-IFをMiLFAなどで契約してAAAに置くことになりそうだが、それならY. Navarroを置いておけば良かったのに。

(追記)Scutaroのオプションを行使。レギュラーは彼になりそう。
(追記)Jed Lowrieがトレード。同時に控えとしてPuntoと契約。守備の良いPuntoに、OFを練習中のAvilesがUTとして控える形に。
(追記)Marco Scutaroをトレード放出。SSはPuntoとAvilesに。


[AAA]
Starter (2B) : 2B/3B Brad Emaus
Starter (SS) : SS Jose Iglesias*
Backup : UT Nate Spears, IF Tony Thomas or IF Pedro Siriaco

SSはIglesiasで確定。今更降格はできないし、オプションの残りを考えても、そろそろAAAには適応してもらわないと。2BはMLBのデプスも兼ねるM-IFを置くだろう。Tejedaを上げるには少し早い。控えは今のところはT. Thomasだが。攻守に粗く、もう1枚控えを別に獲ることも考えられる。DLなどを活用して厚くしておくだろう。

(追記)Spearsと再契約。2Bは彼とThomasでシェアか。
(追記)Siriacoと契約。DL作戦になりそう。
(追記)Emausをトレード獲得。2Bのレギュラーになりそう。控えはSSを守れるのはSiriacoなので彼は入りそうだが、SpearsとT. Thomasはどうするのかな。


[AA]
Starter (2B) : 2B Oscar Tejeda*
Starter (SS) : SS/CF/2B Ryan Dent or SS Derrik Gibson
Backup : IF Jon Hee or SS/CF/2B Ryan Dent

2Bはコンバートがない限りTejeda。SSは今のところDentだが、彼は失敗Prospectの可能性が高く、もう守備の良さを生かしてMinorの控えで使うくらいでもいいのではとも思っている。Gibsonは昨季High-Aで後半適応のあとを見せたし、AAスタートでもいいのかもしれないが、X. BogaertsがHigh-Aでない限りもう少しHigh-Aか。場合によってはMenesesもどちらかのポジションで候補かも。


[High-A]
Starter (2B) : IF Heiker Meneses or 2B Sean Coyle
Starter (SS) : SS Derrik Gibson or SS Xander Bogaerts
Backup : 2B Zach Gentile or IF James Kang

ST次第の部分が大きいかもしれないが、それぞれCoyle、X. BogaertsをLow-Aかどちらでスタートさせるかによる。X. Bogaertsは選球眼も全くない訳ではないが、さすがに年齢とLow-Aで半年しかプレーしていないことを考えればLow-Aスタートの可能性が高い。Coyleはボールは見ているが、ややコンタクトで苦しんだので、Low-Aスタートかもとも思う。その場合はGibsonとMenesesがポジションを得るだろう。


[Low-A]
Starter (2B) : 2B Sean Coyle or 2B/3B Jason Thompson
Starter (SS) : SS Xander Bogaerts or SS Jose Garcia
Backup : SS Jose Garcia or IF Drew Dominguez

2BはCoyleがHigh-AならThompsonが席を得るだろう。SSはX. Bogaertsの可能性が高いが、もしHigh-AスタートならJos. Garciaだろう。Jos. GarciaやThompsonはSS-Aに戻ることはないと思うし、場合によっては機会をシェアせざるを得ないかもしれない。

(追記)Joantoni Garcia、Roberto Ramosがリリース


[SS-A]
Starter (2B) : 2B/SS Mookie Betts
Starter (SS) : SS Jose Vinicio
Backup : IF Nick Natoli, 2B/3B Matt Gedman

Vinicioはショートシーズン3年目というのは少しがっかりだが、X. BogaertsがHigh-Aに行った上で、Jo. Garciaを上回らなければいけない。XSTスタートとなりそう。Bettsは昨季のプロデビューはSSだったが、FILでは2Bを練習しているようで、元々2B向きと言われていたし、ここの2Bと思われる。


[GCL]
Starter (2B) : 2B Aneuy Tavarez
Starter (SS) : SS Raimel Flores
Backup : UT Dreily Gerrero, UT Bryan Johns

DSLから昇格がないなら2BはA. Tavarezか。SSはInt. FAで契約したRa. FloresがDSLとどちらになるかというところ。できればドラフトで良い高卒のSSも欲しいが。

(追記)Nick Robinsonがリリース。


[DSL]
Starter (2B) : 2B/SS Deiner Lopez
Starter (SS) : SS Cleuluis Rondon
Backup : 2B/LF Andres Garcia

昇格がないなら、もう1年D. LopezとRondonだろう。いずれもそこそこ期待されているようだし、今季はガンバって欲しい。

2011年10月15日土曜日

Who comes to BOS for Theo Epstein ?

補償が決まるまで、正式決定ではありませんが、TheoさんがCHCへ。5年$18.5Mだそうです。(Lackeyに比べれば)安いな。お金で解決したいCHCとProspectを要求しているBOSの間にはまだ隔たりはあるようですが、補償のことで決裂することはないだろうという話。

補償で選手を得るなら、Minorの選手だと言われていて、こちらからすれば2枚は優れたProspectが欲しいけど、CHCはかなり拒んでいるみたいだし、うまくいって1人+金銭とかなんじゃないかと思う。

そうは言っても、正直現在のCHC傘下にはとても心躍るPropsectは少ない。投手が良くなかった今季を踏まえても、良い投手Prospectが皆無に近いのは非常に残念。この前のCWS ⇔ FLAのOzzie Guillen監督のトレードを考えれば、下のリストが候補になるか。


[List of compensation candidates for Theo Epstein]

Brett Jackson, CF : 09年のドラ1。今季AAA/AAで20 HRと、5ツールのバランスに優れたCF。CHCのNo.1 Prospectになるはず。今季はAAでイマイチも、AAAで.297/.388/.551と良く打った。ただAAAはPCLだし、この通りに受け取って良いものか?恐らくBOSが最も強く要求するProspectで、12年オフにFAとなるEllsburyの後釜候補となれるが、左打ちということもあり、BOSへはややフィット感にも欠ける。

Trey McNutt, RHSP : 09年のドラ32ながら、昨季Low-A/High-Aで素晴らしい成績を残し評価を上げた。Matt GarzaのトレードでChris Archerが抜けて、傘下のNo.1投手Prospectだった。90 mph中盤の速球にカーブが良いと言われていてまずまずスタッフを持った選手だが、今季はAAで不振。JC出身だし、若干急がされている感はあるが。評価も少し逓減し、リリーフかもとも言われるようになったが、体格が良く、リリーフとしてもそれなりに価値はある。投手で選ぶなら彼くらいしかいないか。

Matt Szczur, OF : 10年のドラ5。今季評価を大きく上げたOF。ドラフト後もフットボールをプレーしていたが、今季からベースボールに集中しているんだったかな。パワーは今のところ平凡だが打てる。EllsburyのFAが近くないなら、B. Jacksonより好みだが。

Josh Vitters, 3B : 07年の全体No.3。年齢相応のリーグで良く打っているが、非常に早打ちで、パワーも3Bとしては平凡。3B守備も悪く、AFLでは1Bを守っている。あまり名前が挙がってこないけど、一応獲れると思う。ただMiddlebrooksがいるし、あまりニーズにフィットしない。

D. J. LeMahieu, 2B/3B : 09年のドラ2。コンタクトに優れ、トントン拍子に今季MLBまで昇格した。選球眼も良いが、さほどパワーがなく、SSを務められない上に2B/3B守備も平凡。

Welington Castillo, C : 04年のInt. FA。一応既にMLBまで来ている選手だが、個人的には良いのではないかと思っている。強肩で有名で、Minorでは良く打っている。パワー面もまずまず。早打ちなのが少し残念だが。

Hayden Simpson, RHP : Division IIのカレッジでプレーしていたし、10年のドラ1(全体No.16)で指名されたときには驚きを誘った。プロデビューの今季は、Low-Aで冴えない投球で、Rkまで降格したものの、制球がさっぱりで評価を落とした。93 mph程度の速球を含め4球種を投げるが平凡。成績が悪くても、高卒で、長身で、球威がある、とくれば元ドラ1だし、と魅力的なのだが、その正反対と来ては...

Andrew Cashner, RHP : 08年のドラ1。既にMLB昇格済み。100 mph近い、非常に球威のある速球で有名だが、リリーフ向きと言われる通り、サードピッチ、コマンドに大きく難がある。今季は回旋筋のケガであまり投げていないが、最近のレポートでも96~99 mphと球威は問題なさそう。CHCでは未だに先発候補かもしれないが、リリーフとしてはポテンシャルがある。

Jeff Baker, IF : COLの02年のドラ4。今季はMLBで多くの時間を過ごしてはいるが、BOSの夏の補強候補にも挙がっていて、結構気に入っていると言われている。まずまず当てるが、パワー・選球眼に欠け、さほどの上限はない。パッケージの2人目ならありかもしれないが。

Jay Jackson, RHSP : 08年のドラ9。09年に評価を上げた選手だが、ここ2年はAAAで平凡な成績に終始している。PCLで投げていることもあるし、リリーフに移せばもしかしたら、というくらい。

Chris Carpenter, RHRP : 08年のドラ3。昨季AAAまで昇格して、評価を上げたが、今季はリリーフに転向して平凡な成績に終わり評価下落。長身で100 mphに達する球威があるが制球が悪い。

Ryan Flaherty, IF : 08年のドラ1s。Vandy大からドラフトされているが、元々メイン州の出身で、ホームタウンはBOSのAAがあるPortland。M-IFとしてはパワー・選球眼に優れた選手だが、3Bに移っており、そこでは平凡か。今季はAAで良く打ったが、AAAではやや調子が上がらなかった。

Reggie Golden, OF : 10年のドラ2。ツールはあるが、まだSS-Aなのでどうなるかはわからない。

Jeimer Candelario, 3B : 10年のInt. FAで18歳。DSLで.337に50 BBを選んでいる。先は長いがツールはある。

Casey Coleman, RHSP : 08年のドラ15から今季MLBまで昇格。制球・コマンドを駆使するタイプで、ドミナントなスタッフはない。

Micah Gibbs, C : 10年のドラ3。ドラフト直前で株を下げたが、一時期はYasmani Grandal (CIN)より評価の高い捕手だった。成熟した守備にシュアな打撃と言われていたが、今のところ打撃で苦戦している。まずまずボールを見るが、パワーもほとんどなく、育って控え捕手か?

Rafael Dolis, RHP : 04年のInt. FA。今季からリリーフに移っており、よくゴロを打たせてはいるが、K/BB等は平凡。スタッフはある程度あるのかもしれないが、大きな価値のあるProspectではない。

Pierre LePage, 2B : 10年のドラ13。コネチカット州出身で、カレッジはU-Conn。さほど上限はないが、コンタクトに優れたソリッドな2Bタイプ。選球眼はそこそこだが、パワーがなく、育ってIF控えだろう。

Ben Wells, RHP : 10年のドラ7。今季プロデビューでSS-Aで投げた。今のところさほど三振は奪えていないが、ゴロ率が非常に高く、スタッフはありそう。

2011年10月12日水曜日

12' Preseason Position Outlook -Firstbase-

12'シーズンの各ポジションのデプスチャート1B編です。A-Gonもいるし、MinorにはLarsとHeadの2人がいて、一般的な感覚で言えばしっかりとした層があると言えるのかもしれませんが、1Bなんだしさらに打撃で上を目指して欲しい(*は40人ロスター登録選手)。


[MLB]
Starter : 1B Adrian Gonzalez*
Backup : 1B/3B Kevin Youkilis*
Depth : 1B Lars Anderson*, 1B Mauro Gomez, 1B/LF Reynaldo Rodriguez

TekがFA。フロントを含め、全体的に刷新の雰囲気があるし、連れ戻すかは微妙。まだまだ攻守に不安定だが、一応今季を戦ったSaltyと誰かを組み合わせるのが濃厚だ。昨季ポテンシャルを見せつけたLavarnwayは打撃面はもう使える状態だし、肩は悪くないが、やはり将来を見据えれば、もう少しMinorで守備を鍛えたいと思うだろう。

Minorでは守備の良かったTim Federowiczを出してしまったけど、Butlerが良くやっている。強肩で守備全般で成熟しているし、UDFAでの入団という経歴ながら、コンパクトなスウィングでシュアな打撃を見せている。Exposito、M. Wagnerといったあたりが伸び悩んでるし、来季のデプスチャートでLavarnwayに次ぐ位置につけるかも。

(追記)Jed Lowrieがトレード放出。A-GonとYouksが守らないときは、PuntoかAvilesに練習させるのか?


[AAA]
Starter : 1B Lars Anderson*
Backup : 1B Mauro Gomez, UT Tony Thomas

トレードされなければLarsがレギュラーを務めるでしょう。ロスター枠が24人と少ないので、バックアップはIFのバックアップが兼ねることになりそう。

(追記)M. Gomezと契約。


[AA]
Starter : 1B/LF Reynaldo Rodriguez
Backup : 1B/LF Jorge Padron or IF Jon Hee

R. RodriguezはLarsがAAAならこちらでスタートでしょう。もう少しAAで打席を稼がせて、夏頃にはAAAに引き上げれたら。バックアップはPadron、Heeらが務めるか。


[High-A]
Starter : 1B/3B Michael Almanzar or 1B/LF Jorge Padron
Backup : 1B/LF Drew Hedman

レギュラーはHeadで確定。昨季は昇格後やや適応に苦しみましたが、今季はしっかりとここを打ち込んで、できればAAに上がれたら。控えはリリースされなければAlmanzar。もしリリースかLow-AならHedman辺りか?

(追記)Miles Headがトレード。取りあえずはAlmanzarの首の皮がつながったのかも。Padronという選択肢もなくはないが。


[Low-A]
Starter : 1B/3B Travis Shaw
Backup : 1B Boss Moanaroa or 1B/3B Michael Almanzar

Almanzarはかけたボーナスの額を考えると、守備の負担の少ない1Bで、最後のチャンスを与えたい気もするけど、リリースも十分に考えられる。現状で最有力はShawだろう。控えは基本B. Moanaroaかと思うが、Shawは3Bもこなせるので、まだ期待しているなら併用に近い形になるかも。


[SS-A]
Starter : 1B/LF Zach Kapstein
Backup : 1B David Chester

明確な1B候補がいないので、ドラフトで獲ったりも考えられるけど、現状のメンバーだと、昨季まずまず打ったKapsteinか?ポジションが未だにはっきりしないけど、Cに戻ることはないんじゃないかと思う。控えはChesterあたりだろう。


[GCL]
Starter : 1B Jair Bogaerts
Backup : UT Nick Robinson

J. BogaertsはFILに参加していないからDSLの可能性もあるけど、できればこちらで見てみたい。控えはドラフトで適当に獲りそう。


[DSL]
Starter : 1B Juan Ugas
Backup : UT Aly Gonzalez

現状のメンバーではUgasとAl. Gonzalezくらい。どちらもProspectのステータスは失った。

11' Minor League Stats - Pawtucket Red Sox (AAA)

ちょっと間が空きましたが、今季のAAA Pawtukcetで今季を終えたProspectのスタッツです。あとはできればEx-Prospectのスタッツまとめもやろうと思ってます。ここは前半戦は近年になく、Prospectの多いクラスだったんですが、トレード、ケガ、昇格でやはり後半戦はAAAAタイプのデプス選手が多くなってしまった。特に投手は、ローテが一時期、Kevin Millwood、T. Pena、M. Fox、Duckworthなんて悲しすぎる。全体のスタッツはこちら


[Pitchers]

Kyle Weiland, RHSP (08'-3rd)

11' Stats (AAA): W8-L10/3.58 ERA/24 G/24 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/128.1 IP/108 H/54 R/51 ER/10 HR/8 HB/55 BB/126 K/1.27 WHIP/1.38 GO/AO

評価:A。例年スロースタートなカンジの投手だったが、今季は開幕からほぼ完璧な投球を続けて、傘下のデプスチャートでも最上位まで登ってきた。カーブの使い方と、再びレパートリーに戻したカッターが効果を発揮し、彼の持ち味である、被打率の低さ、ゴロ率という部分に加え、奪三振率も向上。これまではリリーフが濃厚と言われていたのが、今では先発としても何とかやっていけるのでは、と言われている。一方MLBに初昇格したあたりから、ややコマンド面が不安定となり、AAAに復帰後もピリッとしない投球。セプテンバーコールアップ後は、ケガ人続出のMLBローテに入っているが、不運な面はあれど、やはりコマンドはまだMLBでしっかり戦えるレベルにないことを伺わせている。もう少しスタミナを付けて欲しいのと、コマンドが磨かれれば、先発でも十分通用するはず。来季はさらなる進化に期待したい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Alex Wilson, RHSP (09'-2nd)

11' Stats (AA): W9-L4/3.05 ERA/21 G/21 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/112.0 IP/103 H/42 R/38 ER/8 HR/1 HB/37 BB/99 K/1.25 WHIP/1.06 GO/AO
11' Stats (AAA): W1-L0/3.43 ERA/4 G/4 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/21.0 IP/19 H/8 R/8 ER/2 HR/0 HB/7 BB/24 K/1.24 WHIP/0.95 GO/AO

評価:B。今でも将来はリリーフと言われるが、取りあえずAAAまで昇格し、自分を保って投げれていることは評価できる。今季の傘下の最優秀投手に選ばれた。一方で、速球のムーブ、コマンド、サードピッチと難があり、左打者はやや苦手そう。今季すでにMLBのSTに招待されたし、傘下上層ではトップを争うSPのProspectではあるが、やはりいつ頃リリーフに移すか、というのが気になる。先発のデプスも薄い状況で、なやましくはあるが。ちなみにAAのAll-Starでは9回にリリーフで登場も、1回を投げ切れず、当時まだ傘下の同僚だったStephen Fife (LAD)のリリーフを仰いでいる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Felix Doubront, LHSP/RP (04'-Int. FA)

11' Stats (SS-A): W0-L0/0.00 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/2.0 IP/0 H/0 R/0 ER/0 HR/0 HB/0 BB/4 K/0.00 WHIP/1.00 GO/AO
11' Stats (AA): W1-L0/1.80 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/5.0 IP/4 H/1 R/1 ER/0 HR/0 HB/0 BB/9 K/0.80 WHIP/2.00 GO/AO
11' Stats (AAA): W2-L5/4.22 ERA/18 G/16 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/0 SV/70.1 IP/65 H/37 R/33 ER/10 HR/2 HB/26 BB/61 K/1.29 WHIP/1.19 GO/AO

評価:D。ケガに祟られたのはあるが、昨季の進歩からすれば、今季は退化に近い。速球の力自体は落ちていないようだけど、コマンド面がまだ甘い。昨季はリリーフとしての可能性を見せたけど、今季は同じ役割でも打たれている。先発としても、AAAをドミネイトできてないし、来季オプション切れだから、リリーフとして使うしかないか。先発としてのポテンシャルは依然あると思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Junichi Tazawa, RHRP (08'-Int. FA)

11' Stats (High-A): W0-L1/6.05 ERA/6 G/6 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/19.1 IP/20 H/13 R/13 ER/4 HR/3 HB/6 BB/13 K/1.34 WHIP/0.68 GO/AO
11' Stats (AA): W3-L2/4.70 ERA/8 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/2 GF/0 SV/23.0 IP/20 H/12 R/12 ER/3 HR/2 HB/7 BB/27 K/1.17 WHIP/0.72 GO/AO
11' Stats (AAA): W1-L1/2.51 ERA/8 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/0 GF/0 SV/14.1 IP/14 H/4 R/4 ER/1 HR/0 HB/3 BB/19 K/1.19 WHIP/1.20 GO/AO

評価:C。TJ明けで、今季はリリーフがメインに。復帰直後はイマイチも、徐々に球威も戻り、終盤はリリーフの水にも慣れたカンジ。Minorでは相変わらずK/BBが良く、特に文句はなし。ただMLBではやはりドミナントなスタッフはなく、来季の契約をどう扱うかは難しいところだ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Michael Bowden, RHRP (05'-1st Supp.)

11' Stats (AAA): W3-L3/2.73 ERA/41 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/35 GF/16 SV/52.2 IP/43 H/19 R/16 ER/5 HR/1 HB/18 BB/61 K/1.16 WHIP/0.64 GO/AO

評価:C。今季からリリーフに完全転向し、AAAのクローザーを務めた。AAAのスタッツ自体は素晴らしく、奪三振率も向上し、文句なしなのだが、詳しく見るとかなりフライボーラーで左打者に良く打たれている点が気になる。MLBにコールアップ後も、まずまず投げているるが、やはり一歩間違えれば被弾というカンジで、安心して見られる状態ではない。スライダーはかなり良くなり、右打者からは空振りを奪えているが、来季はオプション切れで、トレードされなければ使うしかないが、これらの欠点を克服しない限り、長く活躍するのは難しいのでは?

-------------------------------------------------------------------------------------

Tommy Hottovy, LHRP (04'-4th)

11' Stats (AA): W0-L0/1.93 ERA/8 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/2 GF/1 SV/18.2 IP/12 H/4 R/4 ER/0 HR/0 HB/4 BB/18 K/0.86 WHIP/1.00 GO/AO
11' Stats (AAA): W2-L0/2.75 ERA/24 G/0 GS/0 CG/0 SHO/7 HLD/6 GF/1 SV/36.0 IP/23 H/13 R/11 ER/8 HR/1 HB/9 BB/29 K/0.89 WHIP/1.17 GO/AO

評価:B。MiLFAでの再契約から、サイドアームに転向。そしてR. Hillの離脱もあり、29歳にして、とうとうMLBデビューのシンデレラストーリーを飾った。AAAでも15.1 IP/4 H/3 BB/12 Kと、ほぼ完璧に左は抑えており、対左のワンポイントとしてはまずまずも、さほど球威がなく、シーズン後半は出番がなかった。もう少しコマンドが良ければ上でも何とかやれると思うけど。

-------------------------------------------------------------------------------------

Charlie Haeger, RHSP: AAではさすがに格が違うか。Wakeに教えを乞う機会はあまりなかった。

Gregg Smith, LHSP: MLBで実績があって、それなりに若いということで、ちょっとは期待していたんだけど。やはり平凡の域を出ない。

Matt Fox, RHSP/RP: Minorでの成績は申し分ないんですがね。

Brandon Duckworth, RHSP/RP: 何もかもが平凡。この程度の選手をがロスター枠を占め続けるのは遺憾極まりない。

Tony Pena, RHSP/RP: リリーフのデプスだった選手が、ローテに入らざるを得ないなんて。

Hideki Okajima, LHRP: かつてMLBでもトップクラスのセットアッパーだった面影はない。上と行ったり来たりなのは、本人にその力しかないわけで、それを拒否する選手はさっさとリリースすべきだったと思うが。

Scott Atchison, RHRP: 今季も上との行ったり来たりだったが、上で印象に残り投球はできなかった。オプションも切れる来季は、枠を作るためにロスターを外れるのが濃厚。

Randy Williams, LHRP: MLB昇格時は、ノーコンながら威力のある速球で、まずまず投げてはいたが、似たような左腕で若いMoralesがいたし、枠を割られなかった。

Trever Miller, LHRP: 可もなく不可もなくではあるが、さすがに経験豊富で、ぼちぼち投げてはいる。Minorの左のデプスとしてはそれなりではある。

Royce Ring, LHRP: 何の印象も残せず出番なし。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Ryan Lavarnway, C (08'-6th)

11' Stats (AA): 55 G/208 AB/59 H/5 2B/0 3B/14 HR/106 TB/35 R/38 RBI/25 BB/47 SO/0 SB/0 CS/.284 AVG/.360 OBP/.510 SLG/0.869 OPS/1 E
11' Stats (AAA): 61 G/227 AB/67 H/18 2B/0 3B/18 HR/139 TB/40 R/55 RBI/32 BB/60 SO/1 SB/1 CS/.295 AVG/.390 OBP/.612 SLG/1.002 OPS/1 E

評価:A。開幕はAAで迎え、出足不調だったが、徐々に本来の姿を取り戻し、AAAに昇格。終盤戦はMLBにコールアップされ、インプレッシブな打撃を見せた。打力に関しては、既にいつでもMLBでやれる状態になっている。守備に関しては未だに疑問を呈されているけど、肩は良く、阻止率もここ2年は安定しているし、エラーも少ない。後はリードとブロッキングと言われているが、現時点でもSaltyより良いんではないかと思う。まぁ先を見据えて、守備に磨きをかけるために来季はAAAで開幕を迎える気はする。

-------------------------------------------------------------------------------------

Luis Exposito, C (05'-31st)

11' Stats (AAA): 89 G/330 AB/80 H/17 2B/0 3B/8 HR/121 TB/33 R/36 RBI/26 BB/79 SO/0 SB/2 CS/.242 AVG/.298 OBP/.367 SLG/.665 OPS/4 E

評価:D。期待度の高かった捕手Prospectの面影はない。昨季のAAで見せた選球眼の改善は逆戻りで、パワーも発揮できないまま。後半戦は.282打ったし、対左は.330と打ち込んでいるので、何よりも右投手の変化球の見極めでしょう。守備スキルはまずまずだし、MLBに上がれるかもそれのみにかかってる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Dan Butler, C (09'-UDFA)

11' Stats (High-A): 91 G/312 AB/77 H/20 2B/0 3B/11 HR/130 TB/39 R/66 RBI/45 BB/56 SO/4 SB/1 CS/.247 AVG/.350 OBP/.417 SLG/.766 OPS/3 E
11' Stats (AA): 21 G/66 AB/14 H/5 2B/0 3B/0 HR/19 TB/4 R/2 RBI/9 BB/11 SO/0 SB/0 CS/.212 AVG/.316 OBP/.288 SLG/.604 OPS/3 E
11' Stats (AAA): 1 G/3 AB/1 H/0 2B/0 3B/1 HR/4 TB/1 R/3 RBI/0 BB/2 SO/0 SB/0 CS/.333 AVG/.333 OBP/.1333 SLG/1.667 OPS/0 E

評価:C。ディシプリンとまずまずのパワーは見せたものの、昨季ほど印象的な活躍はできなかった。AAでやや苦しんでいるくらいならいいんですが、High-Aでも序盤は良く打ったものの、徐々に失速。ただM. WagnerやExpositoがどうなるかわからないし、SaltyやLavarnwayは攻撃型だから、場合によっては来季出番があるかもしれない。来季はAA開幕でしょうが、しっかり準備して、機会に備えて欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Lars Anderson, 1B (06'-18th)

11' Stats (AAA): 136 G/491 AB/130 H/31 2B/2 3B/14 HR/207 TB/65 R/78 RBI/80 BB/120 SO/5 SB/0 CS/.265 AVG/.369 OBP/.422 SLG/.791 OPS/9 E

評価:D。後半戦は.288/.396/.482。守備の評価も上昇中で、まずまずなのだろうが、元々の評価を考えれば悲しい限りだ。14 HRと相変わらず冴えないし、左も打てていない。夏にはOAKへのトレードが決まりかけていた。オフにトレードされる可能性は高めだが、個人的にはPapiとの契約を疑問視しているので、STでガンバって、夏にはDH/3BをYouks、Middlebrooksとシェアして欲しいと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------------

Will Middlebrooks, 3B (07'-5th)

11' Stats (SS-A): 4 G/12 AB/4 H/1 2B/0 3B/3 HR/14 TB/4 R/6 RBI/2 BB/1 SO/1 SB/0 CS/.333 AVG/.400 OBP/1.167 SLG/1.567 OPS
11' Stats (AA): 96 G/371 AB/112 H/25 2B/1 3B/18 HR/193 TB/54 R/80 RBI/21 BB/95 SO/6 SB/0 CS/.302 AVG/.345 OBP/.520 SLG/.865 OPS/13 E
11' Stats (AAA): 16 G/56 AB/9 H/0 2B/0 3B/2 HR/15 TB/4 R/8 RBI/3 BB/18 SO/3 SB/1 CS/.161 AVG/.200 OBP/.268 SLG/.468 OPS/3 E

評価:A。これまで着実に1クラスずつMinorの階段を登ってきたが、今季はAAを打ちこなしてAAAまで昇格。一気に全国区になった。傘下のNo.1 Prospectと言って差し支えないだろう。これまでも、パワー自体は常に高く評価されてきたが、今季は23 HRとしっかり数字に残してきた。守備の評価も非常に高く、来季中にはMLB昇格、13年にはレギュラーの期待がかかる。一方で、速球は打てるものの、未だに変化球に対してしっかりと見ることができておらず、AAAでは苦しんだ。この課題さえ克服すれば、AAAを支配するのは時間の問題でしょう。AAA/MLBでは少し適応に時間がかかりそうなタイプですが、素質は疑いなし。MLBで活躍する日が楽しみです。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jose Iglesias, SS (09'-Int. FA)

11' Stats (AAA): 101 G/357 AB/84 H/9 2B/0 3B/1 HR/96 TB/35 R/31 RBI/21 BB/58 SO/12 SB/4 CS/.235 AVG/.285 OBP/.269 SLG/.554 OPS/12 E

評価:E。昨季のAAではさすがに出来過ぎだろうとは思ってたけど、ここまで打てないとは。パワーや選球眼はそれほど伸びるとは思えないので、最低限.300近く打てないと、いくら守備が良くても話にならない。左はそこそこ打ててはいるが、MLBのレギュラーはムリだと思う。

-------------------------------------------------------------------------------------

Daniel Nava, LF/RF (07'-UDFA)

11' Stats (AAA): 121 G/441 AB/118 H/27 2B/2 3B/10 HR/179 TB/69 R/48 RBI/70 BB/88 SO/10 SB/3 CS/.268 AVG/.372 OBP/.406 SLG/.778 OPS/1 E

評価:D。8月には.319/.414/.649/7 HRなど後半戦は盛り返した印象だが、昨季既にMLBにデビューした選手としては、MLBに全く貢献できなかったというだけで期待を裏切った。何とか2ケタに乗せはしたが、相変わらずパワーも平凡。ボールを選ぶことにも磨きがかかってるし、好きな選手だけにガンバって欲しいが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Che-Hsuan Lin, CF/RF (07'-Int. FA)

11' Stats (AA): 34 G/138 AB/37 H/5 2B/2 3B/0 HR/46 TB/23 R/11 RBI/20 BB/14 SO/12 SB/3 CS/.268 AVG/.373 OBP/.333 SLG/.706 OPS/1 E
11' Stats (AAA): 85 G/328 AB/77 H/11 2B/1 3B/2 HR/96 TB/49 R/25 RBI/38 BB/51 SO/16 SB/4 CS/.235 AVG/.325 OBP/.293 SLG/.618 OPS/3 E

評価:D。やはりパワーがない。ボールは選んでいるが、逆に消極的すぎると言われている。HRを打てとは言わないが、速球に力負けしているようでは厳しい。守備の評価は高いが、走塁に関しても、そこそこ走っているが、もう少し磨いて欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Ryan Kalish, CF/RF (06'-9th)

11' Stats (SS-A): 2 G/6 AB/3 H/0 2B/0 3B/0 HR/3 TB/2 R/3 RBI/1 BB/1 SO/0 SB/0 CS/.500 AVG/.571 OBP/.500 SLG/1.071 OPS/1 E
11' Stats (AAA): 22 G/86 AB/18 H/6 2B/0 3B/0 HR/24 TB/9 R/9 RBI/8 BB/20 SO/4 SB/3 CS/.209 AVG/.271 OBP/.279 SLG/.550 OPS/1 E

評価:E。今季はケガで停滞。せっかくDrewの後釜への道が見えかけていたのだが。SPでは未だに評価が高いけど、故障前の今一つだったし、個人的には評価を引き下げざるをえない。

-------------------------------------------------------------------------------------

J. C. Linares, RF/CF (10'-Int. FA)

11' Stats (AAA): 17 G/60 AB/14 H/5 2B/1 3B/3 HR/30 TB/8 R/12 RBI/4 BB/12 SO/0 SB/1 CS/.233 AVG/.281 OBP/.500 SLG/.781 OPS/0 E

評価:D。STで評価を上げて、AAAスタートを勝ち取ったが、春先から調子が上がらず、ケガでほぼ1年を棒に振った。パワーは比較的ありそうだし、右打ちなので、来季も成績を残していれば機会は回って来るはず。仕切り直してガンバって。

-------------------------------------------------------------------------------------

Hector Luna, IF: Sutton昇格後、AAAの3Bとしてまずまずガンバってが、AAAAプレイヤーの域を脱してはいない。

Brent Dlugach, IF: MiLFAならともかく、何らかの見返りを払ってトレードするような選手ではなかった。

Joey Gathright, OF: POに向けた走塁強化も実らず。

Brett Carroll, OF: Linares、Kalishの離脱、Reddickの昇格があって急遽契約。Hassanでも上げて欲しかったな。

Drew Sutton, UT: 前半戦は内外野を守れるUTとしてMLBでも重宝されたが、役割の被るYamaico Navarroに押し出されてMinorに。Avilesの存在もあり、後半戦は出番がなかった。SSを十分に守れないのが痛い。

Nate Spears, UT: 昨季のAAでは予想外のパワーを見せて、SPなどでは評価が上がっていたが。所詮はMinorのUTだった。

Tony Thomas, UT: やはりパワーとスピードはまずまずも、打撃が粗すぎる。

12' Preseason Position Outlook -Catcher-

12'シーズンの各ポジションのデプスチャートC編です。Saltyでは不安だけど、Lavarnwayの存在を関上げれば、ムリしてどっかから連れて来るのも悩ましい。守備型で若めの選手をそこそこの見返りで得られるなら最高ですが(*は40人ロスター登録選手)。


[MLB]
Starter : C Jarrod Saltalamacchia*
Backup : C Kelly Shoppach
Depth : C Ryan Lavarnway*, C Luis Exposito*, C Dan Butler

TekがFA。フロントを含め、全体的に刷新の雰囲気があるし、連れ戻すかは微妙。まだまだ攻守に不安定だが、一応今季を戦ったSaltyと誰かを組み合わせるのが濃厚だ。昨季ポテンシャルを見せつけたLavarnwayは打撃面はもう使える状態だし、肩は悪くないが、やはり将来を見据えれば、もう少しMinorで守備を鍛えたいと思うだろう。

Minorでは守備の良かったTim Federowiczを出してしまったけど、Butlerが良くやっている。強肩で守備全般で成熟しているし、UDFAでの入団という経歴ながら、コンパクトなスウィングでシュアな打撃を見せている。Exposito、M. Wagnerといったあたりが伸び悩んでるし、来季のデプスチャートでLavarnwayに次ぐ位置につけるかも。

(追記)Schoppachと契約。彼がバックアップを務め、LavarnwayはAAAスタートが確実。Jason Varitekの復帰もなさそう。


[AAA]
Starter : C Ryan Lavarnway*
Backup : C Luis Exposito*
DL : C Max St. Pierre

LavarnwayはMLBスタートでない限り、AAAで開幕マスクを被るだろう。控えはDFAでClaimされない限り、Expositoでしょう。DHでも機会を得ると思う。

(追記)St. Pierreと契約。DL待機となるでしょう。


[AA]
Starter : C Dan Butler
Backup : C Matt Spring or C Adalberto Ibarra

正捕手はButlerでほぼ決まり。AAAでLavarnwayかExpositoが入らない場合でもWagnerかMiLFAあたりで枠を埋めて、ButlerはAAで多くのプレータイムをもらうと思います。控えはWagnerかと思うけど、Ibarraをどこで使うかが難しい。High-AではC. Vazquezを使いたいし。AAかHigh-Aで少しプレータイムを得るか、Low-Aで使うか?

(追記)Mark WagnerはMiLFAでした。Springと再契約。彼がバックアップを務めるのが濃厚。


[High-A]
Starter : C Christian Vazquez
Backup : C Adalberto Ibarra or C Josue Peley

昨季Low-Aで目覚ましい成長を遂げたVazquezを正捕手で使うことはほぼ確定だろう。控えはIbarraでシェアするのが有力だろうが、そうでなければPeleyあたりを入れておくか。


[Low-A]
Starter : C Blake Swihart or C Adalberto Ibarra
Backup : C Carson Blair or C Leonel Escobar or C Jayson Hernandez

Swihartは打撃面はLow-Aで問題なさそうだが、ネックはやはり守備。経験が浅く、FILでもゲームでは守備に就いていない。高卒の昇格に慎重なBOSが、これでいきなりLow-Aで捕手として使うかは疑問もある。SwihartがXSTスタートなら、Ibarraにここで少し多めに打席を稼がせるかもしれない。控えはリリースされなければBlairをもう1年見てみるだろうが、諦めるならJ. Hernandezが有力。Escobarもリリースが近そう。


[SS-A]
Starter : C Jordan Weems or C Blake Swihart
Backup : C Oscar Perez, C Tim Roberson, C Gerardo Olivarez

Swihart次第か。SwihartがLow-AならWeemsだろうし、Swihartがこちらなら、機会をシェアするためにWeemsはGCL行きかな。控えはO. PerezやRobersonがいるが、足りなければドラフトで適当に獲るだろう。

(追記)Rule 5 DraftでOlivaresをピック。


[GCL]
Starter : C Beau Bishop or C Jordan Weems
Backup : C/3B Roberto Reyes, C Carlos Coste

Weemsがこちらなら彼がメインになるだろう。そうでなければ難しいが、R. ReyesかBishopなのか。ドラフトで上位で捕手を獲ることはあまりないと思っている。元ソフトボールプレイヤーのBishopはどこまで試合で使える段階なのかはわからない。Costeは控えだろう。


[DSL]
Starter : C Alixon Suarez
Backup : C David Sopilka

Suarezは昨季後半やや適応を見せた。2年目の成長に期待かと思う。控えは今季もSopilkaだろう。

11' By League Prospect Ranking by Baseball America

各誌のProspect Rankingの時期です。BAからリーグのTop 20が出ています。投手は散々でしたが、Cecchini、Jacobs、Brentz、Middlebrooks、Lavarnwayらは各リーグでも結構上位に入るんじゃないかと期待しています。


[Arizona League Top 20 Prospects]

BOSのチームはありませんが、Rk-AZLのTop 20。気候的に打高投低で、Rkレベルの特徴として、Top Drafteeはあまりいないから、必然的にInt. FAの野手が多くを占めている。No.1はSDのOF Yoel Alcantara。SD、TEX、KC、SEAといった、Int. FAマーケットに積極的なチームから複数のランクイン。


[Gulf Coast League Top 20 Prospects]

6. Raul Alcantara, rhp, Red Sox
7. Jose Vinicio, ss, Red Sox

ここもやはりInt. FAが多いが、No.1はNYYの今季のドラ1sの3B Dante Bichette Jr.。比較的契約が早かった。No.2もNYYで、OF Ravel Santana。No.3は昨季のInt. FAですごく欲しかった、Luis Heredia (RHP, PIT)。やっぱりPITやTORなど、最近つぎ込んでるチームから複数のランクイン。

BOSからは2人がランクイン。R. Alcantaraはまぁ当然というカンジか。もっと奪三振が多ければ上に行ってたかも。Vinicioはちょっと意外なくらい上位に。まずまず打ったとは言え、GCL2年目だし。昨季はランクされてなかったから、あまり評価も高くないのかなと思っていた。あとBOSで可能性があるなら、Jerezくらいかなと思ってたけど、まぁ今季の成績では仕方ない。


[Appalachian League Top 20 Prospects]

RkレベルでBOSのチームはない。No.1はMINの3B Miguel Sano。どうかな~、ってカンジで見てたけど、ここまでは前評判通りパワーを見せている。上のクラスでどうか。ここ1、2年、多くのドラ1を持っていたTBやTORから多くのランクイン。


[Pioneer League Top 20 Prospects]

一応Rkクラスですが、SS-A相当のProspectが多く所属しているそう。No.1はCOLの今季ドラ1sのSS Trevor Story。強肩で、今季のドラフトで欲しいSSの1人だった。LAAは昨年ドラ1のピックが多くて、高校生を多く獲ったんだけど、今季はスカウト部長が代わり、一転カレッジの選手を優先したから、ちょうどこのクラスに多くProspectが集まり、ランキング上位に多くを送り込んだ。


[Northwest League Top 20 Prospects]

SS-Aクラス。No.1はTORのJustin Nicolino (LHP)。小柄だけど、今季は良かった。No.2のCory Spangenberg (2B, SD)を始め、ここ2年のドラフト組が多い。No.16のDonovan Tate (OF, SD)は09年の全体No.3だけど、ここまではうまくいってない。


[New York-Penn League Top 20 Prospects]

2. Garin Cecchini, 3b, Lowell Spinners (Red Sox)

ウチのSS-A Lowellがあるリーグ。No.1はウチのCecchiniを抑えて、NYYのOF Mason Williams。今季はカレッジのタレントが少なかったそう。Cecchiniがフルシーズンプレーしていたら、No.1になってたと思うけどなぁ。BOSからは他にランクインはなし。今季も投手がイマイチだったのが響いてる。


[Midwest League Top 20 Prospects]

16チームが集まるLow-Aだけに層は厚いよう。真のスタープレイヤーはいないと言われているけど、No.1のTaijuan Walker (RHP, SEA)は予想以上に良かったし、100 SBを達成した、No.2のSS Billy Hamilton (CIN)も順当に名前を連ねている。名前の偽証でBOSが契約破棄した、Carlos Martinez (RHP, STL)は登板数が足りていれば、No.1だったそう。


[South Atlantic League Top 20 Prospects]

8. Brandon Jacobs, of, Greenville Drive (Red Sox)
10. Xander Bogaerts, ss, Greenville Drive (Red Sox)
16. Bryce Brentz, of, Greenville Drive (Red Sox)
20. Miles Head, 1b, Greenville Drive (Red Sox)

層の厚いLow-Aのクラスで、No.1 Bryce Harper (OF, WAS)、No.2 Manny Machado (SS, BAL)、No.3 Jurickson Profar (SS, TEX)、No.4 Jameson Taillon (RHP, PIT)と上層は全体でもTop10級が名を連ねる。

その中に、Brentz、Headと2人のLow-A卒業組を含むとは言え、4人もリスト入りしたのは良かった。ただX. Bogaertsなど、ちょっと低すぎんじゃ、と思ってしまったけど。打席数が少ないからなのか?それに、C. Vazquezが入ってないのは不満。守備の評価も良かった捕手であれだけ打ったのに。Gary Sanchez (C, NYY)がNo.14なのに。あとはやっぱり投手が入って欲しかった。Ranaudoは登板数が足りていればTop5だったそう。CoyleとWorkmanはギリギリ圏外だったみたいです。


[Carolina League Top 20 Prospects]

8. Bryce Brentz, of, Salem Red Sox
14. Anthony Ranaudo, rhp, Salem (Red Sox)

8チームのHigh-Aクラス。No.1はSS Manny Machado (BAL)。今季はケガもあってけど、パワー、選球眼なども、高卒のSSにしてはズバ抜けている。No.3のMike Ott (3B, TEX)を含め、TEXから大量のランクイン。トレードされた2人を含め、5人の投手がランクインしてる。上の強化で積極的にトレードしていながらこれとは羨ましい。

BOSからはBrentz、Ranaudoの2人。Brentzはもう少し上でもいいようにも思うけど、まぁ昨季を思えば良くやりました。それよりもRanaudo。No.14とは情けない。来季は奮起に期待です。あとは2年目のドラ1にも関わらず、ランクインすらできなかったVitek。今季さっぱりのBrittonも。


[California League Top 20 Prospects]

打撃有利で有名なHigh-Aクラス。No.1はLHP Tyler Skaggs (ARI)。この環境でしっかりと成績を残していて、今季大きく評価を上げた投手。LAAからDan Harenのトレードで移籍した選手。エースと言うよりは、3番手程度かと思うが。あとはやっぱり打者が多くランクイン。A-GonのトレードでSDに行ったReymond FuentesがNo.14に。


[Florida State League Top 20 Prospects]

High-A FSLのTop 20。例年有名な投手Prospectが多いけど、今季もNo.1のShelby Miller (RHP, STL)を始め、投手のランクインが多い。S. Millerみたいな本格派の高校生ドラフトピックが欲しいなぁ。


[Eastern League Top 20 Prospects]

8. Will Middlebrooks, 3b, Portland Seadogs (Red Sox)
15. Ryan Lavarnway, c, Portland Sea Dogs (Red Sox)

AAクラス。No.1はここもBryce Harper (OF, WAS)。成績的にはほどほどですが、ツールと18歳というのが大きい。年齢の割に良くボールも選んでる。BOSからは、MiddlebrooksがNo.8、LavarnwayがNo.15。どっちも低すぎじゃないか?LavarnwayがDerek Norris (C, WAS)より下ってどういうこと?A. Wilsonも入ってておかしくないと思うんだけど。John Manuelさんはあんまし好きじゃないです。SEAにトレードされたChih-Hsien ChiangがNo.18に入ってる。


[Southern League Top 20 Prospects]

AAのSouthern League。No.1はMatt Moore (LHP, TB)。彼はホントに凄い。来季にはTBのエースになるかも。上位は今季ブレイクした、Paul Goldschmidt (1B, ARI)などさすがの面々ですが、Top10前後からは少し落ちるか?


[Texas League Top 20 Prospects]

AA-Texas League。BAの全体No.1と目されるMike Trout (OF, LAA)がNo.1。20歳ですでにMLBにデビューした。打撃、スピード、守備にパワーもしっかりしてる。CFを守れる選手だけど、LAAではPeter Boujousがいるので両翼に回ってる。ちょっともったいない。SDにトレードされたCasey KellyがNo.7。今季はAAでしっかりと投げたけど、奪三振率が伸びてなくて、やはりエースのスタッフではないかも。


[International League Top 20 Prospects]

14. Ryan Lavarnway, c, Pawtucket Red Sox
16. Josh Reddick, of, Pawtucket Red Sox

AAA-IL。投手有利で知られてる。No.1は当然のごとく、TBのMatt Moore (LHP)。No.2はATLのJulio Teheran (RHP)。20歳でAAAでしっかりとした成績。ウチの投手Prospectは見習って欲しい。さすがにAAAだけあって、全員がMLB済み。BOSからは2人のランクイン。Reddickは低いような気がする。Mike Minor (ATL, LHP)やDayan Viciedo (1B, CWS)より上だと思うんだけど。Weilandが入っていないのも残念。誰を外せというのも難しいですが。MLBで結果を残していれば入ってたかもですね。


[Pacific Coast League Top 20 Prospects]

同じAAAでもILとは正反対に打者天国として知られていて、ここで良く打ってもMLBでさっぱりな選手に対して"PCL Illusion"という言葉が使われるほど。No.1のBrett Lawrie (3B, TOR)を筆頭に打者が多くランクインしているけど、ある程度MLBの成績も考慮されているかもしれない。SDにトレードされたAnthony RizzoはNo.5。


[Independent League Top 10 Prospects]

少し毛色が違いますが、Ind. LeagueのTop 10。Nava、R. Rodriguez、M. Johnson、C. Martinなど、例年、BOSはここからの発掘に熱心だけど、今季はまだあまり契約した選手がいないよう。年齢の高さでランキングからは漏れているけど、リストの後ろの方にいる、Ruben Floresという右腕とは契約を結んだみたいです。今季リリースしたSanto Luisもリストされている。投手は割と平凡な選手が多いけど、No.4のSS Travis Weaverなんて気になる。

2011年10月11日火曜日

12' Preseason Position Outlook -Reliever-

12'シーズンの各ポジションのデプスチャートRP編です。ここ数年クローザーを務めたPapelbonがFA。12年の陣容は如何に?(*は40人ロスター登録選手)。


[MLB]
Reliever (fixed) : RHP Andrew Bailey*, RHP Mark Melancon*, RHP Matt Albers*, LHP Franklin Morales*
Reliever (Possibly) : RHP Daniel Bard*, RHP Alfredo Aceves*, LHP Andrew Miller*, LHP Felx Doubront*, RHP Michael Bowden*, RHP Scott Atchison, RHP Vicente Padilla, RHP Clayton Mortensen
Depth : LHP Rich Hill*, RHP Josh Fields, RHP Alex Wilson, RHP Junich Tazawa*, LHP Jesse Carlson, RHP John Maine、RHP Ross Ohlendorf, RHP Chris Carpenter*, LHP Hunter Jones
DL : RHP Bobby Jenks*

時折コマンド、メカニクスを見失うD. Bardには一抹の不安を覚えるが、Papelbonを引き留めない限りはクローザーに昇格することになるでしょう。彼の経験不足を補完する意味で昨季契約したJenksは失敗物件の1つになっていますが、取りあえず復活待ち。

先発起用の可能性もありますが、基本的はAcevesはリリーフかと思います。いつでもどこでも投げてくれる使い勝手の良い投手は貴重。Jenksの状態やFAなどの契約次第ですが7回セットアップあたりでも使われるかもしれない。勝ちパターンとしてはこれに対左でMoralesを絡めていくか?まだ個人的には信用まではしていないけど。TJで抜けるまで輝きを放ったHillはDFAでMinor契約を結びたいが、取りあえず60日DLに入れとくかも。

Albersは昨季前半良かったけど、後半に崩れており、A. Miller共々Non-tenderもあり得る。枠に残るならミドルリリーフの1枠を争うことになるでしょう。D. Wheelerは昨季中盤まずまずも、良い場面で使われることはなかったし、基本的には流出で問題ないはずですが、Type B FAになる予定で、調停を申し込んで受けられた場合は使わざるを得なくなるかも。

Minor OptionのないDoubront、Bowdenもロスター枠を争う。Doubrontはともかく、Bowdenは現状では立場が悪いが。トレードのパッケージ等で消費することを考えるかも。Doubrontはここ2年は先発のデプスでもあったが、オプション切れなので、ブルペンで使うしかない。ポテンシャルはあるし、枠に入ってきてもおかしくないけど、Morales、Miller、Hillなど左リリーフの頭数は比較的多いから、左だからという理由で優遇される可能性は例年に比べれば低そう。

Minorから争うメンツでは、取りあえず40人枠にいる田澤は、使える状態なら使うだろう。ここ2年のAtchisonのように行ったり来たりという役割になるかもしれない。枠外では昨季AAのFields、C. CabralはAAAで結果を残せば候補だろう。どちらもまずまずのポテンシャルを持つ。先発組でもA. WilsonやBalcom-M.は将来的にはリリーフと思われるし、場合によっては今季から使うかも。先発のデプスから言えば最終手段になるだろうが、Weilandの投入もあり得るかもしれない。

(追記)AlbersにTender。
(追記)Bard、Acevesが先発転向予定。
(追記)Melancon、A. Baileyをトレード獲得。
(追記)Jenksの出遅れが決定的。
(追記)PadillaとMinor契約。
(追記)Mortensenをトレード獲得。


[AAA]
Reliever (likely) : RHP Junich Tazawa*, RHP Scott Atchison, RHP Tony Pena, LHP Jesse Carlson, RHP Clayton Mortensen, RHP John Maine, RHP Chris Carpenter*
Reliever (possibly) : RHP Michael Bowden*, RHP Josh Fields, RHP Eammon Portice, RHP Jeremy Kehrt, RHP Chorye Spoone, RHP Will Inman, LHP Justin Thomas, RHP Justin Germano, RHP Sean White, RHP Ross Ohlendorf, LHP Hunter Jones, RHP Garret Mock, RHP Billy Buckner
DL : LHP Rich Hill*

確定なのは田澤くらいか。TJ明けで2年目だし、もう一度少し先発で見てみることも考えられなくはないが、可能性は極小。FieldsはAAAに行って欲しいけど、コマンド等やはり不安もあり、AAとのボーダーでST次第か。C. CabralはRule 5でピックされなければAAAで良いと思うが、AAもありうる。PorticeもそろそろAAは卒業してもらいたいが。Doubrontはオプション切れでWaiverは通過しないだろうからAAAの可能性はないが、BowdenはひょっとしたらDFAされるかも。Kehrtは他との兼ね合いでスウィングマンとして枠を得るか?

(追記)T. Penaと再契約。昨季も先発・リリーフでぼちぼちだったし、スウィングマンとして起用されるでしょう。
(追記)Spoone、Inman、J. Thomasと契約。基本的にはリリーフのデプスのはず。
(追記)Cesar CabralがRule 5 Draftでピック。
(追記)Carlsonと契約。
(追記)Hillと再契約。
(追記)Germanoと契約。
(追記)Maineと契約。
(追記)Whiteと契約。
(追記)Ohlendorfと契約。
(追記)Carpenterを獲得。
(追記)H. Jonesと契約。
(追記)Mock、Bucknerと契約。


[AA]
Reliever (likely) : RHP Chris Martin, RHP Mike Lee, LHP Will Latimer, RHP Tom Ebert
Reliever (possibly) : RHP Brock Huntzinger, RHP Caleb Clay, RHP Josh Fields, LHP Cesar Cabral, RHP Eammon Portice, RHP Miguel Gonzalez, RHP Seth Garrison, RHP Jeremiah Bayer

UDFAから一躍注目の選手に登りつめたC. MartinにLee、Latimerくらいまで確定か。High-Aの可能性も少しあるが、Ebertもこちらの可能性が高い。Fields, Cabral, PorticeらはAAAとのボーダー。Huntzingerはリリーフに移るなら確定だろう。Clayはリリースの瀬戸際。AFLとST次第か?M. Gonzalez、Garrison、Bayerらはスウィングマンタイプとして使いやすいので何人かは入りそう。Heroldは対左の成績は良いが、昨季はイマイチで、こちらもアピール要。

(追記)Mitch Heroldがリリース。


[High-A]
Reliever (likely) : RHP Pete Ruiz, LHP Manny Rivera, RHP Keith Couch, RHP Scott Swinson
Reliever (possibly) : RHP Ryan Pressly, RHP Yeiper Castillo, RHP Kyle Stroup, RHP Anatanaer Batista, RHP Dennis Neuman, RHP Leandro Marin, RHP Charlie Rosario, Tyler Lockwood, RHP Michael Olmsted, RHP Mike Gleason, RHP Aaron Kurcz

P. Ruizは昨季は先発も兼ねたが、今季はリリーフだろう。Riveraもやはり先発よりはリリーフ向きに見える。Low-Aでは先発としてもまずまず投げたCouchやSwinsonもこちらでPiggy-backからリリーフとなりそう。あとはPressly、Stroup、ケガ明けのCastilloなどがリリーフに回る可能性がある。残りは上に挙げた選手の中からSTで良かった選手が優先か?Flasherはまずまずリリーフとしては有望だと思うんだけど、ケガが多すぎる。

(追記)Jordan Flasherがリリース。
(追記)CHCからKurczをTheoさんの補償で獲得。


[Low-A]
Reliever (likely) : RHP Luis Bastardo, RHP Nefi Ogando, RHP Braden Kapteyn, RHP Matty Ott
Reliever (possibly) : RHP Yeiper Castillo, RHP Tyler Wilson, LHP Hunter Cervenka, LHP Miguel Pena, RHP Luis Diaz, LHP Kevin Brahney, RHP Mike McCarthy, RHP Andrew Jones, RHP Joe Holtmeyer, RHP Ruben Flores

昨季SS-Aで素晴らしい奪三振率を示したBastardoと、やはり球威に優れるOgando辺りが有力か。11年ドラフトのリリーフ組でも、まずまず有名だったKapteyn、Ottらは枠を勝ち取ると期待したい。先発としては厳しいCervenkaやT. Wilson、ケガ明けのCastillo、それに11年のドラフト組数人が入ってきそう。M. Penaもリリーフで行くなら、なかなか有望だと思う。

(追記)R. Floresと契約。最近の流れで言えば、まずはLow-Aの枠争いからでしょう。


[SS-A]
Reliever (likely) : RHP Cory Vogt, RHP Jadd Schmeltzer, LHP John Killen, LHP Robby Scott, RHp Brenden Sheppard
Reliever (possibly) : RHP Renny Parthemore, LHP Francisco Taveras, LHP Zach Good, RHP Raynel Velette, LHP Kevin Brahney, RHP Mike McCarthy, RHP Andrew Jones, RHP Joe Holtmeyer, RHP Swen Huijer, RHP Alexander Mateo, RHP Willam Cuevas

下層のリリーフで終わりそうな選手達はここでしばらく使われるだろう。あとは先発から漏れる可能性のある、Parthemore、F. Taveras、Veletteらか。Hudson、Huijer、Mateoらはアピールしないとリリースの可能性高し。

(追記)Jennell Hudsonがリリース。


[GCL]
Reliever (likely) : RHP Jacob Dahlstrand, RHP Willam Cuevas, RHP Oscar Melendez, LHP Elis Jimenez, RHP Eric Swegman

Cuevas、DahlstrandらはSS-Aとのボーダーかな。昨季のDSLで良かったMelendez、E. Jimenezらも引き上げるかも。

(追記)Georgia大のSr.のリリーフ、Swegmanと契約していたよう。


[DSL]
Reliever (likely) : RHP Carlos Pinales, LHP Ricardo Betancourt, RHP Jeffry Fernandez, RHP German Taveras, RHP Leonel Vasquez, RHP William Abreu

Pinalesは昨季ガンバってたけど、あとはいつリリースされてもおかしくないかな。数合わせの意味が大きい。

2011年10月10日月曜日

12' Preseason Position Outlook -Starter-

12'シーズンの各ポジションのデプスチャートSP編です。動きがあれば、随時更新予定。(*は40人ロスター登録選手)。


[MLB]
Starter (fixed) : RHP Josh Beckett*, LHP Jon Lester*, RHP Clay Buchholz*
Starter (Possibly) : RHP Daniel Bard*, RHP Alfredo Aceves*, LHP Andrew Miller*, RHP Aaron Cook, RHP Vicente Padilla
Depth : LHP Felix Doubront*, RHP Alex Wilson
60-day DL : RHP Daisuke Matsuzaka*, RHP John Lackey*

5人の大型契約者がいて、もはやお荷物となったTJの松坂さん以外の4人は基本的にローテ確定。Lackeyはどうにか出せればいいけど、年棒90%程度は負担せざるを得ないし、そうするとローテの穴を2つ埋めないといけなくなるから、基本的には復活に期待するしかないかと思う。C. J. Wilsonなどと契約した上で、Theoさんを引き抜かれるなら、補償がもらえそうなCHCとMatt Garza ⇔ Lackeyの交換などをうまくまとめられた場合に限るのでは。

ローテの力的にはやはり苦しい。Beckettは後半戦はドミナントな登板が減っていて、数年前のねじ伏せる力はないと思うし、Lester、Buchholzはフルポテンシャルに達することなく、足踏みが続いている。C. C. Sabathiaを除けば、完全なエース級は市場には出なそうだし、上の3人がしっかり成績を残してくれた上で、Lackeyが4、5番手として無難な投球をしてくれないと厳しい。

デプス的には、Acevesは誰も獲らなければローテに入るかもしれないが、基本的にはリリーフ兼スポットで考えているだろう。あとは現状ではWeilandがいるのみ。Doubrontはオプションが切れるので、今季は基本的にブルペンで使うしかないだろう。A. WilsonやBalcom-M.は夏以降までは上げる段階にはない。A. Millerも正直先発としては諦める段階に来ていると思う。あとはMiLFAなどで2、3人をで置いておくことになるだろう。できれば使いたくないレベルの選手ばかりだろうが。

(追記)LackeyがTJ。


[AAA]
Starter (likely) : RHP Alex Wilson, RHP Aaron Cook, RHP Brandon Duckworth
Starter (possibly for 2 spots) : RHP Junichi Tazawa*, RHP Vicente Padilla, RHP Tony Pena, RHP Doug Mathis, RHP Chorye Spoone, RHP Ross Ohlendorf, RHP Chris Balcom-Miller
DL : RHP Charlie Haeger

Weilandは確定。A. Wilsonも昨季AAA昇格後しっかり投げていたので、例年で言えばもう1年先発でほぼ確定だけど、昨季のブルペンの崩れ方を見れば、今季頭からにリリーフに専念させれ、夏前には戦力としたいと思うかもしれない。一応田澤もいるが、ブルペンに専念させると思う。可能性的にはBalcom-M.まではありうるか。比較的完成度は高い選手だし、下の混み具合、本人のSTでの出来、MiLFAなどの契約具合によってはAAAで使うかもしれない。

(追記)Haegerと再契約。今のところはAAAが濃厚。
(追記)Duckworth、Penaと再契約。もっと良い選手と契約しない限り、彼が枠を得そう。
(追記)WeilandがHOUへトレード。
(追記)Mathis、Spooneと契約。
(追記)C. Silvaと契約。彼がエースになりそうで怖い。
(追記)Cookと契約。
(追記)Padillaと契約。
(追記)HaegerがTJ。
(追記)Ohlendorfと契約。
(追記)肩を痛めたCarlos Silvaをリリース。


[AA]
Starter (likely) : RHP Anthony Ranaudo, RHP Stolmy Pimentel, RHP Chris Balcom-Miller, LHP Chris Hernandez
Starter (possibly for 1 spot) : LHP Drake Britton*, RHP Brock Huntzinger

Balcom-M.とC. Hernandezはほぼ確定だろう。Ranaudoも恐らくこちらでスタートかと思う。昨季はHigh-Aでイマイチだったけど、実質プロ1年目だし、中4日のローテに後半疲れがたまっていたこともあるよう。STでしっかりと投げるなら、下の混み具合的にもこちらでしょう。Pimentelも基本的にはこちらか。むしろ彼はそれくらいやってもらわないと困る。あと1枠はHuntzingerは昨季成長を見せたし、もう1年先発で見るかと思うけど、AFLでリリーフとして最初の登板ではまずまずだったし、リリーフで期待するかもしれない。

(追記)BrittonがAAにオプションされたため、High-A予想ではなくAA予想に変更。


[High-A]
Starter (likely) : RHP Brandon Workman, RHP Kyle Stroup, RHP Miguel Celestino
Starter (possibly for 2 spots) : RHP Matt Barnes, RHP Ryan Pressly, RHP Yeiper Castillo, LHP Manny Rivera, RHP Keith Couch

Britton、Workmanはほぼ確定かと思う。BrittonはRule 5対策で40人枠に入れるなら、ひょっとしたらリリーフに移すことを考えるかもしれないが、それでも夏頃までは取りあえずスターターかと思う。昨季Low-Aでしっかり投げたCelestinoも枠を勝ち取る可能性が高い。

あとはやはりBarnes。しばらく実戦では投げていなかったけど、FILでは常時93~95 mph、最速96 mphと格の違いを見せている。昨年はドラフトイヤーにSS-AデビューしなかったRanaudo、WorkmanをLow-Aに送ったけど、フォームの安定度やコマンド的にもしっかりしているみたいだし、Low-Aはレベルが低すぎるでしょう。

残り1枠とするとPresslyが有力か。リリーフでも面白い選手と思ってはいますが。RanaudoやPimentelがこちらの可能性が少しあるのと、N. Ramirezも可能性は少しある。Rivera、CouchはPiggy-backからフルのリリーフでしょう。Stroupは昨季後半良くて、できれば先発で見たいけど、昇格も遅れているし、リリーフ転向も考えられる。昨季全休のCastilloは回復次第。


[Low-A]
Starter (likely) : RHP Matt Barnes, RHP Noe Ramirez, RHP Madison Younginer, RHP Mathew Price
Starter (possibly for 1 spot) : LHP Henry Owens, RHP Yeiper Castillo, RHP Tyler Wilson, LHP Hunter Cervenka, RHP Jason Garcia, LHP Miguel Pena, RHP Luis Diaz

Younginerはそろそろショートシーズンは卒業していただきたい。TJ明けのM. Priceもイニングを絞りながら先発で使うでしょう。N. Ramirezは昨季デビューしていないし、ひとまずLow-Aか。チェンジアップが良く、完成度が高めだから、下層では比較的良く投げると思っています。

昨季ドラ1sのOwensは、高校のレベルが高く、比較的成熟しているので、こちらに行けそうですが、場合によっては少しXSTで鍛えるかも。Castillo、Stroupは、前者は回復するならリリーフが濃厚。後者はHigh-Aならリリーフ、Low-Aならスターターだと思います。T. Wilson、Cervenkaは期待度としてはかなり落ちた。STで良くなければリリースの可能性が高い。

個人的にはR. Alcantaraをこちらで見たいけど、ST次第か。彼もXSTから来ることも考えられる。Ja. Garciaか、ダークホースではL. Diazかも。後者はFILで良いようだ。M. Penaは基本的にはPiggy-backからリリーフでしょう。


[SS-A]
Starter (likely) : RHP Sergio Gomez, LHP Cody Kukuk, RHP Mario Alcantara
Starter (possibly for 2 spots) : LHP Henry Owens, RHP Renny Parthemore, LHP Zach Good, RHP Raynel Velette

R. Alcantaraは基本的にはSS-Aか。GCLでしっかり投げた、S. Gomez、M. Alcantaraもこちらでしょう。ドラフト組も考えられますが、最近は期待度の高い選手は契約が遅いので、デビューしたとしても1人程度かな。最近は下位で指名した高卒組は2年目はGCLが多いけど、Kukukはこちらが有力かと思う。あとは、Owensがひょっとしたらこちらなのと、昨季ダメだったVelette、ドラフト時は期待度が高かったParthemoreなども候補だが、体格に優れるGoodもなかなか面白いかも。

(追記)Raul Alcantaraがトレード。


[GCL]
Starter (likely) : RHP Matt Spalding, RHP Edwar Garcia, RHP Frank Montas
Starter (possibly for 2 spots) : RHP Jacob Dahlstrand, LHP Pedro Reyes, RHP Simon Mercedes
Restricted List : LHP Daniel McGrath

昨季ドラフト下位指名のSpaldingは間違いなくこちらでしょう。あとはDSL組でFILに参加しているE. Garciaと、Montas。特に18歳にして、100 mphを投げられるらしいMontasは、ここ2年DSLで成績はパッとしないけど注目です。あとはKukukやM. Alcantaraが少し可能性ありかな。昨季今一つのDahlstrandやDSL最優秀投手のP. Reyesも先発かはわからないがこちらで投げそう。Int. FAのD. Romeroもあり得るか。

(追記)オージーの左腕McGrathと契約。まだ17歳でHSを卒業していないため、12年はUSで投げることはないでしょう。Restricted Listに入れておくんじゃないかな。
(追記)20歳のドミニカンMercedesと契約。


[DSL]
Starter (likely) : RHP Dioscar Romera, RHP Edwin Osorio, RHP Sully Bonnelly
Starter (possibly for 2 spots) : RHP Jonathan Aro, RHP Jeffry Fernandez, RHP Jose Espita, LHP Luis Ortega, LHP Randy Perez

D. Romeroに、09年7月契約のOsorio、昨季のローテ投手Bonnellyまでは確定か。AroやFernandezは年齢が高く、有望株とは言い難い。タレントが不足気味です。Espitaは若く、まだ可能性のある方。