2011年4月27日水曜日

11' Minor League Season Memo -4/25~5/1-

今週で4月も終わり。健闘しているProspectも多いけど、Top Prospect達にそれらしい活躍が見たい。前記事はこちら


○ 4/25

[AAA] - Postponed (Rain)

[AA] - Box
Fifeは4.1 IP/5 H/4 ER/1 BB/3 K/5-4 GO/AO。このままだと平凡な投手になりつつある気がするので、そろそろビシッと投げて欲しい。Padronが3 H。Hassan、Federowiczが2 H。Middlebrooksは0 for 4/1 K。好不調の波があるのが彼の難点ですね。

[A+] - Box
C. Hernandezと投げ合ったのは10年ドラフト同期でトップクラスの左腕Drew Pomerantz (CLE)。C. Hernandezは4.0 IP/3 H/1 ER/2 BB/3 K/6-1 GO/AO。初自責点を与えましたが、今日も良くゴロを打たせた。打線はPomerantz相手にR. Rodriguezが第3号を放ったけど、3.0 IP/3 H/1 R/5 Kと打ち込めなかった。R. Rodriguezは3 H、Vitek、Bermudez、Gibsonが2 H。

[A] - Box
Ranaudoは4回までノーヒッターも5回に守備に足を引っ張られた。4.2 IP/2 H/0 ER/1 BB/8 K。だいぶ本領を発揮してきた。球場のスピードガンで98 mph(実際は96 mphくらいか)を記録したらしい。四球もやや多いなと思ったけど、Low-Aの審判が、彼のカーブの変化についていけてないらしい。C. Vazquezが3 H/1 BB。Jacobsも3 H。なかなか落ちずにガンバってる。Renfroeが2 HでAVGが.250越え。


○ 4/26

[AAA] - Box
A. Millerは初回にBBから失点したけど、5.2 IP/1 H/1 ER/2 BB/2 K。三振は多くないけど、AAAをドミネイトしてると言えるんじゃないかな。しかし相手の年齢層高けーな...一番若いのが、元BOSのBrandon Mossとは。Linaresが3 H。STの好調がどうした?と今日書こうとしたら打ち始めた。寒いのが苦手だったりするのか?Reddickがここ8 Gで4本目の第5号。AVGは少し落ちてるけど。Y. NavarroはJ. Iglesiasが休みの今日もLF。しかし、AAAの記事をこんなに書く気になるなんて、去年までは考えられなかった。

[AA] - Box
Leeが6.0 IP/2 H/0 ER/0 BB/6 K。これまでとは全然違う素晴らしい投球です。Tejedaが3 Hに第1号。ようやくエンジンかかってきたか。Lin、Hassan、Federowiczが2 H。Hassanはまだ4割をキープしてます。

[A+] - Postponed (Rain)

[A] - Box
Workmanは3.1 IP/5 H/4 ER/0 BB/2 K。う~ん、今日も良くないですね。Neumanが1.2 IP/2 H/1 ER/1 BB/0 K。彼も今季良くない。Cervenkaが1.2 IP/4 H/5 ER/4 BB/1 K。こちらも酷い。今季に期待してたのに残念です。Flasherは2.1 IP/2 H/1 ER/1 BB/5 K。年齢は高めだけど、ドラフト組のリリーフではちょっと注目している選手。三振が獲れる。打線もCoyleが2 Hくらい。今日のGreenvilleは最低の1日だった。良く知ってるのはChristian YelichとIsaac Gallowayくらいで、凄いチームじゃないと思うんだが。


○ 4/27

[A] : IF Jason ThompsonがDL入り。
[A] : IF Heiker MenesesがXSTからロスター入り。

[AAA] - Box
Duckworthが3.2 IP/7 ER。1回で判断するのもアレですが、この程度の選手を置いとくくらいなら、下からどんどん上げて欲しい。J. Iglesiasが久しぶりの2 H。Reddickが連日の第6号に1 BB。

[AA] - Box
7回コールド。Huntzingerが5.0 IP/4 H/0 ER/0 BB/6 Kと今日は良かった。打線はNYMのBrad Holt相手に、Hassan、Middlebrooks、Tejeda、Chiangが2 Hなどで7 Rと良く打ちました。

[A+ (Game1)] - Box
Brittonは3.2 IP/2 H/3 ER/4 BB/2 K。球威は93~95 mphと出ているみたいだし、カーブのキレも悪くないそうだけど、コマンドが酷い。Butlerが3 H。S. Wilkersonが2 HR (2,3)。Hazelbaker、R. Rodriguezがそれぞれ4号など良く打った。

[A+ (Game2)] - Box
Ebertは4.0 IP6 H/4 ER/1 BB/4 K。Volzが2.0 IP/1 H/1 ER/1 BB/3 K/4-0 GO/AO。打線は、Game1で打ち過ぎたか、マルチなしの4 H。

[A] - Box
ThompsonがDL入り。ケガ?それともSS-Aに行くことになるのかな?Celestinoは5.0 IP/4 H/2 ER/2 BB/2 K。パッとはしないな。J. Rodriguezは2.0 IP/0 H/1 BB/3 K。HeadとCoyleが2 H。Brentz (4)、Head (5)、Coyle (3)にHRが出てます。


○ 4/28

[AAA] - Box
Doubrontは今日は50球を投げ、3.0 IP/0 H/0 ER/1 BB/2 K。いい感じです。K. Johnsonは3.0 IP/6 H/5 ER/1 BB/1 K。はぁ。Reddickが絶好調。3 H/2 HR (7,8)/1 BB。素晴らしい。Y. Navarroは先頭打者HR (2)を含む2 H。J. Iglesiasも2 H。

[AA] - Box
A. Wilsonは5.0 IP/5 H/1 ER/1 BB/5 K/3-1 GO/AO。まずまずですかね。良い登板を続けて欲しい。Clayは0.2 IP/1 H/1 ER/3 BB/1 K。Porticeが2.1 IP/4 H/3 ER/3 BB/1 K。今日は乱れた。Middlebrooksが3 H/2 HR (3,4)/1 BB。最近打ててなかったけど、打席自体は悪くなかったらしい。Hassanが3 Hに第1号。Federowicz、Lavarnwayも揃って第3号。

[A+] - Box
Balcom-M.は4.0 IP/6 H/3 ER/2 BB/7 K。このところちょっと被安打が増えてる。Butlerが2 Hに第4号。ホットですね。上は詰まってるけど、早く上げて欲しい選手になってきた。Hisseyが2 H/1 2B/1 3B。良く打ってるんだけど、HRは打てないのは良いとして、もう少しK/BBを改善して欲しい。

[A] - Box
Riveraが6.0 IP/2 H/0 ER/0 BB/8 K/7-4 GO/AO。最近とても良い。Brentz、Jacobs、Hedman、Jos. Garciaと3 H。今日はMinor全勝ですね。Headが第6号。彼もパワーがある。


○ 4/29

[AAA] : LHP Kris Johnsonがロスター外へ移動。
[AAA] : LHP Randy WilliamsがDLから復帰。
[A] : RHP Charlie RosarioがDL入り。
[A] : RHP Keith CouchがDLから復帰。

[AAA] - Box
Acevesは5.0 IP/2 H/2 ER/3 BB/5 K。なんかピリッとしないな。Spears、Y. Navarro、Lunaが1 Hずつ...

[AA] - Box
Pimentelは5.0 IP/4 H/2 ER/1 BB/4 K。出足は良くなかったけど、まずまずでまとめた。そろそろ上がってきて欲しい。ここもHassan、Lavarnway、Padronが1 Hずつのみ。

[A+] - Box
P. Ruizは5.1 IP/6 H/1 ER/1 BB/6 K。今日はまずまず。2番手のBayerは、3.2 IP/1 H/0 ER/1 BB/2 K。今季Piggy-backで凄く良い。5 G/16.2 IP/10 H/1 ER/0.54 ERA/5 BB/16 Kもだけど、GO/AOが4.50と素晴らしい。年齢は高いけど、マサチューセッツのローカルボーイだし人気出るかも。Hazelbakerが2 H。

[A] - Box
Stroupが2.2 IP/10 H/7 ER/1 BB/2 K。う~ん、最初の登板は良かったけど、その後は打たれてる。Brentzが2 H/1 3B/1 HR (5)。今年はコンタクトをつけるようになったのも成績向上の要因みたい。Meneses、Blair、Renfroeも2 H。


○ 4/30

[AAA] - Box
Weilandは5.0 IP/5 H/2 ER/1 BB/3 K/8-3 GO/AO。しっかりゴロも打たせた。打線はDETのAndrew Oliver相手に7.0 IP/3 H/0 R/2 BB/6 K。Larsが2 H。

[AA] - Box
Fifeは3.2 IP/3 H/2 ER/2 BB/3 K。パッとしない。Federowiczが3 H/2 2B。Lin、Middlebrooks、Dentに代わって途中出場のHeeが2 H。Heeって結構打ってるな。

[A+] - Box
Presslyは6.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/5 K。今日は素晴らしかった。Mailmanが2 H/2 HR (2,3)/1 BB。これで乗って欲しい。Hazelbaker、Butlerがそれぞれ第5号。Vitekは2 Hも、彼もまだ0 HR。

[A] - Box
Ranaudoがまさかの1.2 IP/6 H/6 ER/2 BB/1 K。コマンドが最悪だったそうで、カウントを悪くしては打たれたようです。Flasherが3.1 IP/1 H/4 K。J. Rodriguezは2.0 IP/3 H/2 ER/0 BB/4 K。BrentzとHeadが2 H。F. Sanchezはこのところ三振ばっか。スピードはあるんですが。Westyまだかな...


○ 5/1

[AA] : SS/2B Ryan DentがDL入り。
[AA] : IF Vlad FriasがSalem (A+)から昇格。
[A+] : IF James KangがGreenville (A)から昇格。
[A] : IF Drew DominguezがDLから復帰。

[AAA] - Box
A. Millerは制球に苦しみ、3.0 IP/4 H/3 ER/5 BB/4 K。相変わらず球威は出てるみたいですが。Bowdenは3.0 IP/1 H/0 ER/1 BB/6 K。どこかで一度使ってみたいけど。McKenryが3 H/1 2B/2 HR (1,2)と大当たり。Linaresに第3号。

[AA] - Box
Leeが4.2 IP/4 H/3 ER/3 BB/4 K。Clayが2.0 IP/2 H/0 ER/1 BB/3 K。TejedaとChiangが2 H。

[A+] - Box
C. Hernandezが5.2 IP/7 H/5 ER/3 BB/0 Kと初めて打たれた。12-2 GO/AOだから彼らしくは投げてるけど。もう少しK/BBを改善したい。Volzは2.1 IP/3 Kパーフェクト。今日もいいね。打線はマルチなしの4 Hのみ

[A] - Box
Workmanは5.0 IP/4 H/2 ER/1 BB/4 K。なかなか素晴らしいと言えるアウティングになりませんね。Cervenkaが2.0 IP/5 H/6 ER/1 BB/3 Kと今日も酷い。Headが3 H/2 HR (7,8)。凄く当たってる。Renfroeも3 H。打つようになってきたけど、3Bならもう少しパワーと選球眼を見せて欲しいが。


☆ Hitter of the Week - Miles Head, 1B (Low-A); 6 G/28 AB/9 H/2 2B/4 HR/6 R/8 RBI/2 BB/4 K

☆ Pitcher of the Week - Manny Rivera, LHP (Low-A); 1 GS/6.0 IP/0-0 W-L/0.00 ERA/0 R/0 ER/2 H/0 BB/8 K/1.75 GO/A0

2011年4月21日木曜日

11' Minor League Season Memo -4/18~4/24-

開幕して三週間目に入ります。なんとなく、各Prospectの明暗が分かれてきた感じですね。去年よりかは打ててる選手が多い印象。投手はBrittonが期待を裏切ってるくらいであとは大体順調かな。前記事はこちら


○ 4/18

[AAA] : LHP Hideki Okajimaがコールアップ。
[AAA] : LHP Felix Doubrontがオプション。
[A] : LHP Manny RiveraがLowell (A-)にPM。
[A] : RHP Charlie RosarioがXSTからロスター入り。

[AAA] - Box
M. Foxは6.0 IP/4 H/1 ER/1 BB/6 K。まずまずですが、次回はDoubrontに席を譲るか(それともK. Johnsonの位置かな)?Bowdenは1.1 IP/2 H/0 ER/2 K。AAAでは十分に投げてる。Larsが3 H/1 2B/1 BB。やっとマシなAVGに。Y. Navarro、Reddickが2 H。T. Thomas(3)とReddick (2)にHR。今日はKalishとLinaresが休みでReddickが今季初めてCFに入った。SpearsがRF。SPでは評価の高かったSpearsだけど、ここまでは期待を裏切ってます。

[AA] - Box
Leeは3.0 IP/5 H/5 ER/3 BB/1 K。あんまし先発で有望とも思えないけど、リリーフに移って期待できるかな。Clayは2.0 IP/3 H/1 ER/1 B/2 K。もうちょっとガンバって。Porticeが3.0 IP/2 H/0 ER/0 BB/4 K/4-0 GO/AO。試合見た人によると凄く良いっていう話です。LinとFederowiczが3 H。

[A+] - Box
Presslyは5.2 IP/7 H/3 ER/1 B/3 K/11-3 GO/AO。Volzが2.1 IP/1 H/2 K。良いカンジ。今日は打線が爆発。Butlerが3 H/2 2B/1 HR (2)/1 BBで7 RBIを稼いでる。Hazelbakerも3 H/1 HR (3)。Hissey、Vitek、R. Rodriguez、Gentileが2 H。R. Rodriguezにも第1号。

[A] - Box
Stroupは5.0 IP/5 H/1 ER/2 BB/6 K。前回から立ち直りましたね。Couchは4.0 IP/2 H/0 ER/1 BB/5 K。ここまで12.0 IP/9 H/1.50 ERA/1 BB/16 Kと素晴らしい。Jos. Garciaが3 H。Brentz、C. Vazquezが2 H。


○ 4/19

[AAA] - Box
Weilandは5.0 IP/3 H/1 ER/4 BB/4 K。ちょっとバタバタした回もあった。制球にやや苦労したかな。でも年々アジャストが早くなってるカンジで嬉しい。Kalishが2 H。

[AA] - Postponed (Rain)

[A+] - Box
C. Hernandezは5.0 IP/3 H/0 ER/2 BB/2 K/11-0 GO/AO。ゴロ率が凄すぎる。Hazelbakerが4 for 4/2 2B/1 BB。AVGが一気に.379。2 CSはご愛嬌か?Vitekが3 H/2 2B/1 3B。調子上がってきた。S. Wilkersonも3 Hに第1号。Bermudez、R. Rodriguezが2 H。Almanzarが打てんなぁ...

[A] - Box
Ranaudoは6.0 IP/3 H/1 ER/3 BB/6 K/4-4 GO/AO。悪くないんだけど、そろそろ圧倒的な投球が見たい。J. Rodriguezは2.0 IP/1 H/1 BB/4 K。今日も素晴らしい。先週の最優秀投手に選ばせていただきました。打線はマルチなし。Coyleはなかなかヒットが出ないですね。


○ 4/20

[AAA] - Box
A. Millerは、6.0 IP/4 H/1 ER/2 BB/3 K/6-3 GO/AO。まだ完璧とは言えないけど、AAAでソリッドに投げれるようになっただけで大きな進歩だと思う。Hillが2.0 IP/2 H/2 ER/2 BB/1 Kと少し乱れた。T. Thomasが2 H。あとは仲良く1 Hずつ。

[AA] - Box
A. Wilsonは、3.0 IP/7 H/5 ER/4 BB/3 K/2 HR。もう少しコマンドを磨かないとダメかな。Dentが2 H。今季はまずまずバットに当ててるけど、もう少し選球眼とパワーを磨いて欲しい。

[A+] - Box
Brittonは5.0 IP/3 H/2 ER/0 BB/2 K。期待からしたら、まだまだだけど、ようやくまともなアウティング。A. Batistaが3.0 IP/3 H/1 ER/0 BB/5 K。彼もここまで、7.0 IP/7 H/2 ER/2 BB/9 Kとガンバってる。打線はATLのArodys Vizcainoから9 H/3 R。Vitekが3 H/1 BBでAVGがちょうど.300に。HisseyとAlmanzarが2 H。Hisseyも今季はHigh-Aにしっかり適応してるけど、K/BBとSLGが上がってこないな。

[A] - Box
Workmanが5.0 IP/4 H/1 ER/0 BB/4 K。まずまずかな。彼が1番苦しむとは思わなかったが。Cervenkaは3.0 IP/1 H/1 ER/4 BB/3 K。制球難は変わらず。Headが2 Hに第4号。1B守備も良いみたいで楽しみ。CoyleはSS-Aが開幕したらそちらに行くかも。


○ 4/21

[AAA] : RHP Alfredo Acevesがオプション。

[AAA] - Box
Duckworthは7.0 IP/6 H/0 ER/1 BB/5 K。AAAでは素晴らしけど、上で通じる選手かな?Larsが3 H/1 BB。長打が見たい。J. Iglesiasが2 H。彼もなかなか長打が出ないな。Kalishが守備で肩を痛め退場。MRIを受けるようです。何事もないと良いけど。

[AA] - Box
Huntzingerは5.0 IP/4 H/1 ER/0 BB/1 K/1-6 GO/AO。まずまずだったけど、HRもあったし、FOが多い。Federowicz、Heeが2 H。Middlebrooksは1 BBも少し当たりが止まってる。

[A+] - Box
雨の関係でEbertがスポットスタート。4.0 IP/4 ERで先発はちょっと荷が重いか。Volzは1.0 IP/2 K/2-0 GO/AO。今日先発でないと言うことは、完全にリリーフに移ったみたいですね。Vitekが3 H/1 2B。絶好調です。

[A] - Box
Celestinoは4.0 IP/7 H/4 ER/0 BB/1 K。ちょっと打ち込まれた。Rosarioが今季初登板で2.0 IP/2 H/6 K。今季はリリーフが良いな。C. VazquezとJacobsが2 H。C. Vazquezには第1号。Coyleに第2号が出ています。


○ 4/22

[A] : RHP Keith CouchがDL入り。
[A] : LHP Manny RiveraがLowell (A-)からPM。

[AAA] - Box
DoubrontがAAA復帰。3.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/3 K/2-3 GO/AO。しばらくリリーフだったので、39球で交代。K. Johnsonは3.0 IP/4 H/1 ER/2 BB/2 K。Reddickに第3号。Y. Navarroに第1号。Kalishは2週間はアウトみたいですので、Reddickにはガンバってもらわないと。

[AA] - Box
Pimentelは4.1 IP/6 H/6 ER/2 BB/2 K。安定しないなぁ。Porticeは2.0 IP/2 K。早くAAAに上げてみたい。Lin、Lavarnway、Padron、Middlebrooks、Tejedaと2 H。Lavarnwayには第2号。調子上がってきたかな。

[A+] - Box
Balcom-M.は5.0 IP/8 H/1 ER/0 BB/6 K/6-2 GO/AO。ちょっと被安打は多かったけど、ゴロを打たせてるし問題ないかな。Butlerが3 H/3 2B/1 BB。Gentileも3 H。Hissey、Vitek、R. Rodriguezは2 H。Vitekは1 2B/1 3B/1 BBでAVG .354/OPS 1.009まで上がった。1週間前には考えられなかったけど。HRはないけど、しっかりBBも選んでるし、やはりスピードもありそう。

[A] - Box
Riveraは5.0 IP/2 H/1 ER/1 BB/7 K/4-1 GO/AO。良い感じ。C. Vazquezは2 Hに第2号。High-Aに席ができれば昇格もあり得るかも。JacobsとLeBlancも2 H。LeBlancはちょっと苦しんでるかな。Brentzに第3号。選球眼と早くも5 Eの守備も磨いて欲しい。


○ 4/23

[AAA] : RHP Tony PenaがDL入り。
[AAA] : OF Ryan KalishがDL入り。
[AAA] : UT Hector LunaがDLから復帰。

[AAA] - Box
Acevesは3R HRを浴びて、3.0 IP/4 H/3 ER/1 BB/1 K。未だに彼が良いのかどうなのかわからない。Expositoに第1号。守備の評価は上がってるけど、もう少し打ってくれんと。Kalishは捻挫の状態は結構悪いらしく、2週間のリハブで良くならなければ、シーズンエンドの手術になりそう。が~ん。

[AA] - Postponed (Rain)

[A+] - Box
P. Ruizは4.0 IP/6 H/5 ER/2 BB/3 K。Riveraあたりの昇格を考えてもいいかもしれない。Volzが2.1 IP/2 H/1 ER/1 BB/4 K。今季初被弾&初失点&初四球。今季9.0 IP/6 H/1 ER/1 BB/11 Kと素晴らしい。登板間隔が短くなっていて、真剣に早い段階での起用を考えてるのかも。Hissey、Vitek、R. Rodriguezが2 H。Butlerが第3号満塁弾。下層の穴埋めとして獲った選手がここまで打つとは。

[A] - Box
Stroupは3.2 IP/8 H/6 ER/2 BB/4 K。コマンドはまだまだかな。J. Rodriguezは今日は控えめな2.1 IP/2 H/1 ER/2 BB/2 K。Jacobsが2 H/1 BB。Brentzよりも全然四球を選んでるな。


○ 4/24

[AAA] - Box
Weilandが6.0 IP/2 H/1 ER/2 BB/3 K/9-3 GO/AO。三振は少なかったけど、ゴロをしっかり打たせた。
4月に3試合連続で好投するとは思ってなかった。あとは被弾と四球を減らして、ゴロをもっと増やせば完璧ですね。Y. NavarroがLFで先発し、慣れない守備位置ながら2 H/1 2B/1 BB。KalishのDL入りの影響ですが、OF経験のある、SuttonやSpearsがいる中でのOF起用は、MLBを見据えてでしょう。Scutaroの放出の噂が出そうです。McKenryが4 H。Spearsが3 H。Suttonも3 H/2 2Bとここのところ良く打ってる。Reddickが第4号。

[AA] - Offday

[A+] - Box
Presslyは2.2 IP/4 H/2 ER/4 BB/2 K。ERAはまずまずだけど、K/BBとか見てるとイマイチ。STでは良かったみたいなんですが。Batistaが3.1 IP/3 K、パーフェクト。R. Rodriguezが3 Hに第2号。絶好調です。今季中にはAAに行きそう。Hazelbaker、Hisseyが2 H。Almanzarに待望の第1号。調子上げて欲しいですね。

[A] - Offday


☆ Hitter of the Week - Dan Butler, C (High-A); 5 G/17 AB/8 H/5 2B/2 HR/3 R/14 RBI/4 BB/1 K

☆ Pitcher of the Week - Manny Rivera, LHP (Low-A); 1 GS/5.0 IP/0-0 W-L/1.80 ERA/2 R/1 ER/2 H/1 BB/7 K/3.00 GO/AO

2011年4月20日水曜日

Former Sox Prospect Review: Juan Rodriguez, RHP

今回は、今季Low-Aでリリーフに移って凄まじい奪三振力を見せている、Juan Rodriguez。16歳で契約解禁になるInt. FAでは珍しく、19歳という年齢で契約した選手ですが、俄然気になる選手になってきました。



[Player Data]

Name: Juan Rodriguez (ファン・ロドリゲス)
Full Name: Juan Rodriguez
Positions: RHRP/RHSP
Born: December 12, 1988
Birthplace: Haina, Dominican Republic
Height: 6-5
Weight: 195
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (February 2008)
Signing Bonus: Not Announced
How Left: Traded to the Los Angeles Dodgers with Tim Federowicz and Stephen Fife in a three-way deal in which Boston also sent Chih-Hsien Chiang to Seattle, Los Angeles sent Trayvon Robinson to Seattle, and Seattle sent Erik Bedard and Josh Fields to Boston (July 2011)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

長身のドミニカン。太ってはいないけど、がっしりとしている。メカニクスはまだ磨く必要があるが、非常に腕が強く、伸びのある92~95 mphの速球を投げる。ショートイニングならもっと出るとも言われ、97~98 mphに達する。80 mph後半のスプリッターと80 mph中盤のチェンジアップ(スプリッターと同じかも)、70 mph後半のカーブを投げる。セカンドピッチ以降、特にカーブは改善が必要。


[Background]

19歳とInt. FAにしては高い年齢で契約。


[Profile]

08' : DSLでプロデビュー。19歳と高めの年齢で契約したこともあり、大きくは期待していなかったし、リリーフにしては成績も平凡だった。

09' : DSLでスターターに移ると、やや四球が多く、燃費の悪いピッチングながら、63.2 IPで37 H/78 Kとドミナントなスタッフを披露。US行きの切符を勝ち取った。

10' : GCLで先発を務め、イニング以上の奪三振に、BB/9も改善を見せた。

11' : 個人的にも希望していたが、リリーフに移り、Low-A Greenvilleへ。序盤奪三振率が18.00を超えるほど圧倒的に三振を奪っていたが、中盤にかけてやや打ち込まれるように。

11' July : Erik Bedardの三角トレードでLADへ。

11' : LADのLow-Aでプレー。

12' : LAD傘下で投げているが、やはり制球に苦しんでおり、Low-Aに降格している。


[Comment]

リリーフに移れば面白いと思っていた選手の1人だけど、実際10年はリリーフで凄まじいスタートを切った。契約した年齢は高いけど、こうなればむしろ早くに戦力になれる気がするし、良いと思う。ただLow-Aでは高めの速球と落ちるスプリッター/チェンジアップだけで支配できるけど、High-A以上では、低めへの速球のコマンドや、カーブの改善等が必要になるでしょう。とは言え、これだけ三振を奪いまくるタイプのリリーフは久しくいなかったから、期待したいです。

(12年追記)球威があって、リリーフとしては面白いと思ってたけど、意外と簡単に打たれる試合が目立つ。速球のコマンドと変化球を磨いてもらいたい。

2011年4月19日火曜日

11' Season Boston Red Sox -Apr.-

新シーズンの到来。4月です。さっそく4連敗と最悪なスタートを切ったBOSですが、早くエンジンをかけて欲しいですね(前記事はこちら)。


[Transaction]
○ 4/6
Outrighted C Mark Wagner to AAA, and assignd him to XST.

McKenryの獲得に際し、DFAされていたM. Wagnerですが、Waiverをクリアーし、AAAにアサインされました。アクティブロスターには入らず、XSTへ行くようです。40人枠外になったので、トレードを模索するのではとも。AAAにはExpositoとMcKenryがいるので扱いが難しいですね。


○ 4/8
Placed RHP Matt Albers on DL.
Designated LHP Dennys Reyes for assignment.
Recalled RHP Alfredo Aceves from AAA.
Activated LHP Felix Doubront from DL.

AAAの登板をスクラッチされたAcevesですが、AlbersがDLに入るようで、コールアップされるようです。STから良い働きをしてただけに痛手ですね。Acevesはどうしても負けゲームに投げるタイプと思ってしまいますが、ショートイニングをきちっと抑える働きができるか?

追加情報ですが、D. ReyesがDFAされ、DoubrontがDLから復帰するようです。D. Reyesは元々良い印象を持ってなかったけど、あまりにも酷い。ただDoubrontはSTも出遅れたのに、いきなりMLBで投げさせるのか?Hillはオプション切れで、上げにくいのもありますが、不本意だが岡島を挟む方がベターに見えますが。


○ 4/10
Signed RHP Clay Buchholz to a four-year contract extension.

A-Gonの延長がいつ発表かなというカンジで待っていたら、Buchと延長です。噂にはなってたけど、一応シーズン前はあまり話していないと言っていましたが。AAVの問題で、エクステンション関連はシーズン開始後になるとは言われていました。12年$3.5M、13年$5.5M、14年$7.7M、15年$12M、16、17年の2年がオプションで$13M、$13.5Mとなるそうです。バイアウトを含めて、$29.945Mが保証されるみたい。Lesterとほぼ同額。多少フランチャイズ割引が入っているでしょうが、最近はこれくらいで自前の先発を囲い込むのが多い。あとは先日のNYY戦のBuchではなく、10年版のBuchでいてもらいたいですね。Lesterと2人で生え抜き2枚看板としてガンバってもらいたい。


○ 4/12
Outrighted C Mark Wagner to AAA, and assignd him to XST.

D. ReyesがWaiverを通過。そりゃそうだ。AAAにOutrightされましたが、投球の立て直しのために、フロリダに向かうようです。


○ 4/15
Signed 1B Adrianh Gonzalez to a seven-year contract extension.

A-Gonが延長。予定通りの7年$154Mで特に驚きはない。12'~16'が各$21M、17'と18'がそれぞれ$21.5M。ボーナスが$6Mだそうです。まぁ出足は苦しんでるけど、こうなりゃ打ってもらうしかない。しかし単純に$1=¥80で年棒16億か。打てなかったら半分寄越せ...なんて。


○ 4/17
Placed RHP Matt Albers in AAA on rehab assignment.

Albersがリハブ開始。ブルペンは少し上向きだけど、ここまでの彼なら早く戻ってきて欲しいですね。


○ 4/18
Optioned LHP Felix Doubront to AAA.
Recalled LHP Hideki Okajima from AAA.

岡島をMLBへコールアップ。同じ左腕のDoubrontがAAAに送り返されました。Doubrontは随所でポテンシャルは見せたけど、元々STで出遅れたのにいきなりMLBで使うことに疑問もあったから、もう少し修行で良いと思う。AAAで先発ローテに加わるでしょう。AAAでは岡島よりさらに好成績のHillがいるけど、オプション切れなので、まずは岡島でというのも妥当。彼自身もAAAでは十分すぎる成績だし。今季AAAのリリーフは割と良くやってるのが多いけど、AAのPorticeや場合によってはA. Wilson、Volzあたりも良さげなので、D. Reyesも含め、うまい話があれば、夏にトレードを考えても良いと思う。


○ 4/21
Optioned RHP Alfredo Aceves to AAA.
Activated RHP Matt Albers from DL.

AlbersがDLから復帰。AcevesがAAAへ。成績だけなら岡島がAAA行きでもおかしくないけど、左は1枚は確保しておきたいんでしょう。Albersはケガ前の好調を維持してると良いけど。


Released RHP Charlis Burdie.

特に何も言うことはなし。


○ 4/22
Released IF Derward Ruiz.

1年目は良かったんですけどね。

2011年4月18日月曜日

Former Sox Prospect Review: Kyle Stroup, RHP

今回は、10年を全休したにも関わらず、Low-Aでローテの座を掴んだ、Kyle Stroup。二度目の登板では打たれましたが、初登板は素晴らしい投球をしており、今季楽しみな選手です。


[Player Data]

Name: Kyle Stroup (カイル・ストループ)
Full Name: Kyle L. Stroup
Positions: RHSP/RHRP
Born: March 13, 1990
Birthplace: Ingleside, Illinois
Height: 6-6
Weight: 235
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 50th round, 2008
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $150,000
High School: Grant Community HS (IL)
How Left: Released (June 2014)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

北部の出身だけにがっしりした体格で非常に長身だ。スムーズで安定したフォームで投げる。速球は90 mph前半から最速で95 mph程度に達する。身体の強さがあり、もう少し球威を上積みできるかもしれない。70 mph前半のナックルカーブはプラスのポテンシャルと言われ、スプリッターとチェンジアップも投げる。終盤まで球威を維持するスタミナも優れる。


[Background]

BOSの50巡目(全体1504位)で指名。この年のBOSはドラフト順位が最下位だったため、08年のドラフトで最後に指名されたことになります。ただボーナス要求でスリップしたため、10巡目までに呼ばれる力はあるとも。


[Profile]

09' : GCLでプロデビュー。

10' : 右のACL(前十字靭帯の断裂)で一年間お休み。

11' : Low-A Greenvilleで、後半戦安定した投球を見せる。奪三振数等は平凡だが、97 mphに届いたということで、BAのJim Callisさんから、傘下でもトップクラスの投手Prospectと言われた。

12' : 不幸にも今度は左のACLを断裂。

13' : 二度の膝の大ケガを乗り越えてHigh-A Salemで復帰。スタッフは戻っていると言われるものの、コマンド面の問題もあって、被打率、奪三振率ともに良くないシーズンとなった。シーズン終盤になってリリーフに移った。

14' : 開幕からHigh-Aでリリーフとして投げるも、毎試合のように打ち込まれた。

14' Jun. : リリース。


[Comment]

非常に体格・球威に優れており魅力的な選手です。ケガもあり、昇格は順調とも言えないけど、高卒で若いし、今季直接Low-Aに行った。健康には戻ってるし、変化球やコマンドを磨いて、大きく成長してもらいたい。

(14年追記)リリーフに移れば伸びそうと思っていたけど、あまり上手くいかなかった。膝のケガが無ければ。ある年の最後のドラフトピックがMLBデビューすれば話題になっただろうし、それだけの素質はあっただけに残念。

2011年4月12日火曜日

11' Minor League Season Memo -4/11~4/17-

雨で延期ばかりのHigh-Aを除いて、ローテが一周しました。投手はちょっと打たれたのが多いですが、2巡目は向上に期待です。前記事はこちら


○ 4/11

[AA] : LHP Kyle FernandezがDL入り。
[AA] : LHP Tommy Hottovyがロスター入り。

[AAA] - Box
Duckworthは5.0 IP/4 H/0 ER/1 BB/3 K。さすが岡島も1.0 IP/2 K。AAAでは問題なし。そのうちDoubrontと入れ替えるでしょう。Kalish、Linaresが3 H。Reddick、Nava、Thomasが2 H。Linares (1)とThomas (2)がHR。良く打った。

[AA] - Box
Leeは3.2 IP/3 H/1 ER/1 BB/4 K。悪くない。Lavarnway、Padronが3 H、Lin、Federowicz、Tejedaが2 HもManny Banuelosは捉えきれず。

[A+] - Offday

[A] - Box
Celestinoは5.0 IP/7 H/1 ER/0 BB/6 K。なかなか良いですね。スピードガンは少し早いみたいだけど、92~95 mphを投げていたそう。Headが大当たり。4 for 4/1 2B/2 HR (1,2)/1 BBと素晴らしい。F. Sanchez、C. Vazquez、Hedmanが2 H。Renfroeが今季初出場も0 for 5/4 K...


○ 4/12

[AAA] - Box
K. Johnsonは2.1 IP/8 H/6 ER/1 BB/0 K。調整が遅れてたとは言え、あまりにも酷い。Kalish、Reddick、Y. Navarro、McKenryが1 Hずつ。

[AA] - Box
A. Wilsonが6.0 IP/2 H/0 ER/0 BB/5 K。ほぼ完璧。11-1 GO/AOも素晴らしい。とうとうAAにアジャストしてきたか。Hassanが3 H、Middlebrooksが2 H。絶好調を維持してますね。

[A+] - Box
Balcom-M.は5.0 IP/2 H/0 ER/2 BB/5 K。さすがの安定感。良いもらいモノでしたね。Hisseyが2 H。AVG .273とまずまずのスタート。Vitek、Hazelbakerは今日もヒットなし。Gibsonに第1号。

[A] - Box
Riveraが、5.0 IP/5 H/0 ER/2 BB/8 K。素晴らしい。彼もHigh-A昇格候補ですね。J. Rodriguezも2.0 IP/2 H/0 ER/0 BB/5 Kと良い感じ。LeBlanc、Brentz、Jos. Garcia、Renfroeが2 H。Renfroeはちょっとホッとした。Brentzが第2号。1 BBも選んだし、期待できそうですね。


○ 4/13

[AAA] - Postponed (Rain)

[AA] - Postponed (Rain)

[A+] - Box
Presslyは5.0 IP/4 H/0 ER/0 BB/1 K。三振は少ないけどまずまず。リリーフも、Batistaが2.0 IP/2 H/1 BB/3 K、C. Cabralが2.0 IP/0 H/1 BB/4 Kとどちらも良かった。Hazelbakerが2 H/2 HR (1,2)とようやくお目覚め。R. Rodriguezも2 H。Vitekも初ヒットを放っています。

[A] - Box
Stroupの2度目の登板は、4.0 IP/12 H/6 ER/1 BB/3 K。あらら、先週の最優秀投手にしたのに。Couchは4.0 IP/4 H/2 ER/0 BB/6 K。Neumanが1.0 IP/1 H/0 BB/3 K。打線はCoyleに第1号。特大の1発だったそう。Brentz、Blairが2 H以外は小休止か。


○ 4/14

[AAA (Game1)] - Box
Weilandが4.2 IP/4 H/1 ER/2 BB/10 K/3-1 GO/AOと素晴らしかった。2ケタ三振なんて久しぶりに見た気がする。Reddickが2 H。KalishとNavaの調子が上がってこない中で、今季はここまでBBもよく選んでる。

[AAA (Game2)] - Box
M. Foxが2.0 IP/6 H/4 ER。DoubrontがAAAに戻ってくるなら、あまり置いといてもしかたないかも。Y. Navarroが2 H。Larsが1 H/1 BB。う~ん、AVG下がってるな。

[AA] - Box
Huntzingerは2.2 IP/7 H/5 ER/3 BB/1 K。スライダー・チェンジアップはまずまずも、速球を打ち込まれているよう。彼の球威が95 mphに回復することはないのかな。Middlebrooksが2 H/1 HR (2)。今季AAAに昇格はあり得るのかな?Dentが2 H。守備はすごく良いらしい。

[A+] - Box
C. Hernandezが今季初登板。0 Kも、5.0 IP/1 H/0 ER/2 BB/12-2 GO/AOと抜群。今季中にAAに上がるかも。Volzが2.0 IP/1 H/0 ER/0 BB/1 K/3-0 GO/AO。Piggy-backというよりはショートリリーフに近い感じ。リリーフ専念ならかなり楽しみです。Hisseyが2 H。ちょっと打てないクラスになってる。

[A] - Box
Ranaudoの2試合目は、4.0 IP/2 H/0 ER/3 BB/5 K。ちょっと速球を低めに制球するのに苦労しているみたい。そのため、カーブも効果が低かったと言われているけど、それでこの成績なら、やっぱりスタッフは凄いんでしょう。C. Vazquez、Brentz、Coyleが1 Hずつ。BrentzはLeBlancが急遽出場しなくなったみたい。C. Vazquezはスローイングでも良かったそう。ここまではダークホース予想が当たってる。



○ 4/15

[AAA] - Box
A. Millerは4.0 IP/1 H/0 ER/4 BB/3 K。4 BBだけど、ゾーンが狭かったようで、15球粘られたけど、三振を奪ったのもあったそう。松坂切るか?Y. Navarro、Reddickが共に3 H/2 BB。Reddickはビックリするほどの変貌ですね。Expositoが2 H。

[AA] - Box
Pimentelは5.0 IP/2 H/0 ER/1 BB/3 K。立て直してきましたね。Padronが2 H。調子上げてる。

[A+] - Box
Brittonは2.0 IP/5 H/5 ER/2 BB/1 K/4-1 GO/AO。アジャストに苦戦してますね。Ebert、Latimerと0 ER。High-Aのリリーフ陣は今季まだ無失点。Vitekが2 Hで初のマルチ。打てないクラスだ。

[A] - Box
Workmanは初回に乱れて、4.0 IP/5 H/2 HR/4 ER/1 BB/3 K/7-2 GO/AO。速球のコマンドに苦しんでるみたい。Ranaudo、Workman、C. Hernandezのアサインメントは正解でしたね。最近長身の投手良く獲ってるけど、フォームの安定感とかでは不利な面もあると思うので、しっかり育てて欲しいですね。Cervenkaは4.0 IP/2 H/0 ER/2 BB/1 K。三振に期待したい。Jacobsが2 H/1 2B/1 BB。


○ 4/16

[AAA] - Suspended (Rain)
9回の表に中断・順延。

[AA] - Postponed (Rain)

[A+] - Postponed (Rain)

[A] - Box
Celestinoは、4.1 IP/6 H/3 ER/2 BB/3 K/7-2 GO/AO。悪くないけど5回に捕まった。J. Rodriguezは2.0 IP/1 H/1 ER/1 BB/6 K。奪三振数が、今季5.2 IPで15 Kと尋常じゃない。四球も最初の登板が多かったけど、以降は落ち着いてる。いいリリーフになるかも。最後はIFのKangが投げてサヨナラ負け。カレッジではクローザーとしての方が有望と見られていたらしいけど。Headが2 Hに第3号。Jacobsが3 H/2 2B。Jos. Garciaは2 H。Coyleは打ててないけど、今日も3 BBと出塁はしてる


○ 4/17

[AAA] : RHP Matt Albersがリハブでロスター入り。

[AAA (Suspended Game@4/16] - Box
前日の中断試合の続き。Duckworthが6.2 IP/1 ER。Navaが2 H/1 2B/1 BB。Thomasが1 H/1 BB。彼は良く打ってる。

[AAA] - Box
K.Johnsonが5.0 IP/4 H/2 ER/1 BB/2 K。彼のまともな登板を久しぶりに見たけど、0-9 GO/AOではとてもしっかり抑えてるとも言い難い。Riceが0.1 IP/4 H/4 ERと崩れている。Albersがリハブ開始。1.0 IP/1 K。彼が復帰する際にロスターから外れるのは、Acevesか、それとも松坂か...Larsが久しぶりに2 H/1 2B/1 BB。四球は選んで出塁してるんだけど、彼に求めてるのはそんなんではないわけで。Expositoが2 H/2 2B/2 BB。Y. Navarroは1 H/1 2B/3 BB。Navarroはそのうちトレードバイトになるのだろうか。

[AA] - Box
Fifeは5.0 IP/6 H/3 ER/1 BB/3 K/5-3 GO/AO。So-Soというカンジ。Hassanが3 H/2 2B/1 BB。AVGが再び.500に。打ってる割にはOBP/SLGが低いな。Middlebrooksは2 H/2 2B。まだ今季1 BBだけど良いカンジ。Federowicz (2)、Lavarnway (1)が揃ってHR。Deningにも第1号が出ています。

[A+ (Game1)] - Box
P. Ruizは4.1 IP/8 H/5 ER/1 BB/3 K。4回までは良かったけど...ショートイニング向きかもしれませんね。Mailmanが2 Hに第1号。R. Rodriguez、Gibsonが2 H。Gibsonが打ち始めてるのはいいですね。

[A+ (Game2)] - Box
Balcom-M.は5.0 IP/1 H/0 ER/1 BB/3 K/6-3 GO/AO。素晴らしいな。S. Wilkersonが2 H/1 2B。Vitekは今日2試合目の最終打席で初H (1 3B)。このままだと、やっぱりドラ1には、他の選手が欲しかったと、私に言われかねないよ...

[A] - Box
Riveraは5.0 IP/6 H/3 ER/0 BB/4 K。ちょっとフライボーラーの不安定さが出たか。Renfroeが3 H。彼が打ててるのは嬉しい。パワーにも期待したい。Brentzも2 H。


☆ Hitter of the Week - Josh Reddick, OF (AAA); 7 G/28 AB/10 H/4 2B/5 R/3 RBI/5 BB/2 K/2 SB

☆ Pitcher of the Week - Juan Rodriguez, RHP (Low-A); 4.0 IP/1-0 W-L/2.25 ERA/1 R/1 ER/3 H/1 BB/11 K/2.00 GO/AO

2011年4月11日月曜日

11' Minor League Season Memo -4/7~4/10-

心待ちにしていたMiLBが開幕しました。昨年は途中挫折しましたが、今季はガンバります。上が負け続きでフラストレーションが溜まってるし、Prospectの活躍で心を癒してもらいたい(苦笑)。


○ 4/7 ~AAA, AA, Low-A Opener~

[AAA] - Box
先発予定だったAcevesがスクラッチ。AlbersがDL入りするようで、コールアップされるみたい。Atchisonが代わりに先発し、4.2 IP/3 H/1 ER/0 BB/8 K。2番手のHillも2.1 IP/3 H/0 BB/4 Kと素晴らしい投球で勝ち投手になってます。こういうのを見ると、D. Reyesを早く切れという声が増えそう。岡島、Bowdenと無難。ラインナップでは、Reddickが風邪で休み。KalishがCFに入っています。SpearsがDHで2BはSutton。あとは順当。J. Iglesiasが2 Hで開幕。

[AA] - Box
A. Wilsonが開幕投手。5.0 IP/6 H/3 ER/0 BB/3 K。3回以降、球威が落ちたそうで、失点しています。ラインナップは予想通り。Lavarnwayの方が捕手。Chiangが3 H/2 2B/1 BBと絶好調。Tejeda、Middlebrooksなどを抑えて5番を打っているし、STから好調のよう。守備もRFを守ってるし、ちょっと注目かも。Hassanが2 H。AAでも問題なしか。Linが1 H/1 3B/1 BB。HRは打てなくても、足で2B/3Bを稼いでほしい。

[A] - Box
開幕投手のRiveraが7.0 IP/7 H/1 ER/2 BB/4 K。Low-A2年目だし、貫録というところか。フォームの安定性が増したよう。長いイニングを投げられることもわかったけど、こうなると昇格やブルペン移行が悩ましくなる。打線は、Renfroeが個人的な事情とかでお休み。Thompsonが3Bに入っています。Brentzが3 Hに第1号満塁弾。Jacobs (3 H)、Jos. Garcia (2 H)の2人にも、2打者連続でそれぞれ第1号。Headは0 Hも、守備で3度ほど素晴らしいプレーがあったそう。途中で交代してるけど、ケガがないといいですね。BOSはまた負けたけど、Minorは全勝スタート。


○ 4/8

[AAA] : RHP Alfredo Acevesがコールアップ。
[AAA] : LHP Randy WilliamsがDL入り。
[AAA] : LHP Kris JohnsonがDLから復帰。
[AAA] : RHP Tony PenaがDLから復帰。

[AAA] - Box
Weilandが3.0 IP/7 H/4 ER/2 BB/4 Kと打たれた。まぁここ2年アジャストするまで4月から5月始めくらいまで炎上してたし、STでも良かったみたいなので心配していません。三振も獲ってるし。Riceが2.0 IP/1 H/0 BB/3 Kといいスタート。Reddickが復帰でRFに入っています。0 for 4も1 BB。昨日は沈黙したNavarroが3 H/2 2B。STから好調を持続している模様。Kalishは今日もCFで2 H/1 2B。LinaresがLFで出場。Larsも1 H/1 2B/1 BB。HRが見たい。

[AA] - Box
Huntzingerが3.2 IP/8 H/6 ER/1 BB/2 K。STでは調子良かったみたいなんですが。次回の改善に期待。Hassanが3 Hと絶好調。PadronとFederowiczが2 H。Federowiczには第1号。好調なスタートですね。対照的にLavarnway、それにTejedaが今日も0 for 4。Lavarnwayは守備ではガンバっているみたいですが。

[A+] - Postponed (Rain)

[A] - Box
Stroupが5.0 IP/1 H/0 ER/1 BB/6 Kと素晴らしい投球。昨年はACLでお休みだったけど、体格が良く、今季のダークホースです。速球はMax92 mphだったとか。J. Rodriguezが1.2 IP/1 H/1 ER/4 BB/4 K。相変わらず燃費が悪い投球で荒れてますが、三振を獲る能力は凄い。最速98 mphと言われてて、Greenvilleのスピードガンは例年1~3 mphは速く出るのはあるけど、今日も97~98 mphを叩き出したそう。彼も注目しています。Flasher、Neumanは荒れた。打線は、F. Sanchez、Brentz、Jos. Garcia、Coyleが1 Hずつ。Jos. Garicaは第2号。非力なSSだった気がするんですがどうしたのでしょうか。ちなみにRenfroeはおばあさんが亡くなったそうです。


○ 4/9

[AAA] - Box
M. Foxは6.0 IP/4 H/1 ER。さすがに無難に投げる。STでもぼちぼちだったし、そのうち出番があるかも。岡島は今日も1.0 IP/1 H/1 Kと良かったが、Bowdenが2.0 IP/1 HR/2 ER/2 BB/3 Kと荒れ気味。Larsが3 H/1 2B。去年のAAに引き続き、今季はAAAを支配するか?T. Thomasが2 H/1 HR(1)。
Reddickは今日もRFで、第1号を放っています。

[AA] - Box
Pimentelが3.0 IP/6 H/5 ER/3 BB/1 Kと大荒れ。まぁ序盤は適応に苦しむでしょう。寒いのも苦手そうだし。Porticeは3.0 IP/3 H/2 ER/2 BB/4 K。相変わらず三振は獲れるんだけど。Clayがリリーフに。2.0 IP/6 H/5 ER/0 BB/1 K。AA初挑戦で、リリーフ転向だし、慣れていない面はあるけど、ドラ1なんだから...Middlebrooksが4 for 4/2 2B/1 HR(1)と、今日は熱すぎた。Federowiczが2 H/1 2B/1 BBと好調を維持。LavarnwayとTejedaはやっと初ヒット。

[A+ (Game1)] - Postponed (Rain)

[A+ (Game2)] - Postponed (Rain)

[A] - Box
待ちに待ったRanaudoのプロデビューは5.0 IP/3 H/0 ER/1 BB/4 Kと申し分なし。プロの初球は95 mphの速球だったそうです。スタジアムのスピードガンなのかな?最後は91 mphの速球で三振。雨で未だに開幕できてないHigh-Aよりもこちらで良かったかもですね。Couchも4.0 IP/1 H/0 BB/5 Kと素晴らしい。Brentzが3 H/1 2B/2 3B。スリップしたけど、元々10年のNo.1 OFと言われた力を発揮しています。打つ方は問題なさそうだけど、Reddickみたいに上で選球眼がどうなるかな?Jacobsに第2号。パワーは本物ですね。


○ 4/10 ~High-A Opener~

[AAA] - Box
A. Millerは3.2 IP/3 H/2 ER/4 BB/4 K。う~ん荒れてる。Hillが2.1 IP/0 H/1 BB/4 K。MLBに上げて欲しいみたい。Reddick、Navarro、Linares、Thomasが1 Hずつ。Prospectが増えても貧打ですな。

[AA] - Box
Fifeが5.0 IP/3 H/0 ER/1 BB/1 K。三振は少ないけど良かった。AAA昇格目指してガンバって。Hassanが2 H/1 BB。打つな~。

[A+ (Game1)] - Box
High-Aがやっと開幕。Brittonは2.1 IP/7 H/6 ER/2 BB/2 K。う~ん、しばらく苦しむかもですね。11日も登板間隔があいたのもあるみたいですが。Butlerが3 Hに第1号。開幕から飛ばしてますね。

[A+ (Game2)] - Box
P. Ruizが4.2 IP/4 H/4 ER/3 BB/4 K。出だしは良かったけど。Volzが1.1 IP/1 H/2 K。ショートイニングならドミナントな成績を残して欲しい。C. Cabralも1.0 IP/1 BB/1 Kと無難。Prospectでは、BermudezとGibsonが1 Hずつ。Hazelbaker、Vitekは低調なスタート。Almanzarがたった2 Gですが、1 2B/1 BB/1 Kとガンバっている。

[A] - Box
Workmanのプロデビューは2.0 IP/2 H/0 ER/2 BB/4 K。ちょっと速球のコマンドに苦労しているみたいだけど、スタッフはさすがというところか。Cervenkaは4.0 IPまでは0 Hだったのに、5イニング目に崩れた。4.2 IP/5 H/4 ER/1 BB/1 K。F. Sanchezが3 H。Jacobsが2 Hに早くも第3号(1 2B)。LeBlanc、Brentz、Headも2 H。みんな良く打って素晴らしい。


☆ Hitter of the Week - Brandon Jacobs, OF (Low-A); 4 G/14 AB/6 H/3 HR/1 2B/5 R/8 RBI/3 BB/3 K/1 SB/1 CS

☆ Pitcher of the Week - Kyle Stroup, RHP (Low-A); 5.0 IP/0-0 W-L/0.00 ERA/0 R/0 ER/1 H/1 BB/6 K/2.00 GO/AO

2011年4月10日日曜日

Former Sox Prospect Review: Chih-Hsien Chiang, OF/2B

今回は、AAで好調なスタートを切った、Chih-Hsien Chiang。台湾人で、どうしても同じ台湾出身のTop ProspectのChe-Hsuan Linの陰に隠れてしまってますが、優れたヒッティングスキルを持つ選手です。


[Player Data]

Name: Chih-Hsien Chiang (チーシン・チャン)
Full Name: Chih-Hsien Chiang
Positions: RF/2B/LF/CF
Born: February 21, 1988
Birthplace: Kaohsiung City, Taiwan
Height: 6-2
Weight: 195
Bats: Left
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (October 2005)
Signing Bonus: $375,000
How Left: Traded to the Seattle in a three way deal in which Boston sent Stephen Fife, Tim Federowicz, and Juan Rodriguez to the Los Angeles Dodgers, Los Angeles sent Trayvon Robinson to Seattle, and Seattle sent Erik Bedard and Josh Fields to Boston (July 2011)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

非常にコンタクトに優れたピュアヒッター。早打ちだが、滑らかなスウィングで、パワーも平均以上になりうるとも。元2Bだが、フットワーク、グラブ捌きとともに拙く、OFにコンバートされている。まずまず両翼としてはレンジもあり、強肩でRFにも対応するが、キャリアも浅く、守備自体は未熟だ。


[Background]

Che-Hsuan Linより先に台湾から契約。この時代はアジアからの発掘に力を入れていた。


[Profile]

06' : GCLでデビュー。SS-A Lowellと通じて、.280前後のAVGと無難なデビュー。

07' : Low-A Greenvilleで、AVG .262とイマイチ。

08' : 20歳で、High-A Lancasterで.303/9 HRを打つ。層の薄い2Bということもあり、マイナー全体のTop 15程度にランクするサイトもあったぐらいだが、打者有利のリーグだし、選球眼、守備の悪さはマイナスポイントだった。オフにOFへ転向。

09' : High-A Salemで、AVG .264と平凡。OFに移行したこともあり、目立たない存在に。

10' : AA Portlandで、パッと見はイマイチも、後半戦だけ見れば、相当良く打ったし、11 HRとまずまずパワーも発揮した。

11' : 2年目のAAで大爆発。前半戦だけで18 HRを放ち、Eastern Leagueの各打撃部門で1位に。大きなサプライズとなった。Futures Game、AAのAll-Starにも選出。

11' July : オフにRule 5対象になっていることもあり、Erik Bedardのトレードの目玉としてSEAへトレード。

11' : 期待されてSEA入りしたものの、トレード後は大不振。

12' : SEA傘下のAA/AAAでプレーするも、平凡な成績。早打ち傾向も直らないまま。

13' : TEX傘下のAAで11 HRも、OBPが3割を切っている。

14' : BAL傘下でプレーもHigh-A/AAでアベレージ2割前半と不振。


[Comment]

08年頃までは、早打ちだが、2Bだし、比較的若いということで、それなりに評価の高かった選手だが、OFに移ったこともあり、あまり注目される選手ではなくなっている。将来的なポジション等で、高い評価はし辛いけど、それでも打てるという点では個人的に割と評価している選手だ。AA以上のOFは混み合っていて、席を奪うのすら困難だけど、願わくはどこかから引き合いが来るような活躍に期待したい。

(12年追記)SEA移籍後成績が落ち込んでおり、BOS的には最高のタイミングでトレードできたことにはなるが、SEAでもガンバって欲しいものですね。

2011年4月9日土曜日

Former Sox Prospect Review: Chris Hernandez, LHP

今回は、10年のドラフト組で、Anthony RanaudoやBrandon Workmanを差し置きHigh-Aで開幕を迎えた、Chris Hernandez。球速に欠け、リリーフと見られることも多いけど、卓越したコマンドと変化球で、どこまで先発で通じるか楽しみです。



[Player Data]

Name: Chris Hernandez (クリス・ヘルナンデス)
Full Name: Christopher Hernandez
Positions: LHSP/LHRP
Born: December 14, 1988
Birthplace: Miami, Florida
Height: 6-2
Weight: 195
Bats: Left
Throws: Left
Drafted: 7th round, 2010; 14th round, 2007 by Detroit
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $375,000
College: Miami
High School: Monsignor Price HS (FL)
How Left: Released (April 2015)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

平均的な体格の左腕。4シームは90 mph前半で、最速で93~94 mph程度。よく動くし、試合後半まで球威を保つスタミナもある。88~90 mphのカッターも優れたスタッフで、さらに良く沈む1シームという球種も投げる。80 mph前半のチェンジアップと80 mph前半のスラーブもまずまずだ。本当に優れたアウトピッチはないが、ムーブと卓越したコマンドで打ち取る。ただ変化球のコマンドはもう少し改善が必要。


[Background]

Miami大でフレッシュマンの頃から、エースを3年務めた。フレッシュマン時は、地区の最優秀選手に選ばれるなど、相当評価の高い選手だった。ジュニアーの時も、最終的にはカレッジワールドシリーズに進出するなど、十分な成績を残したが、スタッフ面で評価が伸びきらず。ドラフト時のランキングはPG #163。


[Profile]

10' : SS-A Lowellでデビューし、1 GSだけ投げる。

11' : 同期でより評価の高かったAnthony RanaudoやBrandon Workmanらを差し置き、High-A Salemでの開幕を勝ち取った。奪三振こそ少ないものの、2.07 GO/AOのゴロ率を武器に安定して投げた。

12' : AA Portlandで開幕し、AAA Pawtucketに昇格したあとも、3.59 ERAと十分な成績。ただゴロ率がAAAで少し下がった。

13' : AAまでの階段を順調に駆け上がってきたが、AAAでは大きく壁にぶつかった。ゴロは打たせているものの、さすがにハードヒットされることが多く、AAへの降格を味わった。AAでは調子を戻したが、MLBに上がるためにはAAAでしっかりした結果を残さないと。

14' : MLBと行ったり来たりの選手が多い中で、AAAでスウィングマンとして先発・リリーフでフル回転した。相変わらず支配力に欠けるが、前年打ち込まれたAAAでまずまず。ただ先発歴の長い選手だからなのか、先発時よりもリリーフ時の方が成績が悪い。

15' Apr. : リリース。スウィングマンとしては便利だったけど、リリーフに上手く対応できなかったのが残念。先発経験があまりにも長かったのもあったかも。


[Comment]

球威がないと言われるけど、90 mph前半を安定して出すし、左腕ということを考えればそこまでは悪くないと思う。ムーブ・バラエティもあるし、年齢的、体格的に球威の上積みを狙うよりは、変化球を鍛える方が重要だと思う。コマンドを向上させ、スラーブ、チェンジアップでしっかり空振りを奪えるようになれば先発でも行けるのではと。

2011年4月6日水曜日

Former Sox Prospect Review: J.C. Linares, OF

今回は、MLBのSTで印象的な活躍を見せた、J.C. Linares。Prospectと言うには年齢が高いけど、もういつでもMLBの戦力になれそうです。オプションもフルに残っているし、いい契約でした。



[Player Data]

Name: J.C. Linares (ジェイシー・リナレス)
Full Name: Juan Carlos Izquierdo Linares
Positions: RF/CF/LF
Born: September 7, 1984
Birthplace: Havana, Cuba
Height: 5-11
Weight: 190
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International league free agent (July 2010)
Signing Bonus: $750,000
How Left: Released (March 2014)
Player Link: MiLB.comFan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

ズバ抜けたツールはないが、攻守にバランスのとれた5ツールタイプ。スウィングはすごく速くはないが、コンパクトに振り、まずまずパワーもある。ただプルヒッターで早打ちだ。良い変化球を打ちこなすことも必要だろう。年齢の高さもあって、成熟したディフェンダーだ。スピードはまずまずだが、ボールの読みが良く、追いかけるのもうまい。CFをしっかり守れる。肩も平均的だが、クィックなリリースで送球の精度も高い。


[Background]

キューバ出身の亡命選手。比較的年齢が高くなってから亡命した。


[Profile]

10' : 25歳と高めの年齢で亡命。BOSと契約し、GCLでデビュー。AA Portlandと併せて、17試合しかプレーできなかったものの、AFLに送られると、早打ちながら、68 AB/.397/.423/.662/3 HRと素晴らしい成績を残した。

11' : STで絶好調で、MLBスタートでもという声もあったが、40人枠の都合もあり、AAA Pawtucketで開幕。寒い環境になれないのか、スロースタートで、17 Gに出た後、ケガで離脱。

12' : AAAの混み具合から、AAで開幕。そちらでは無双状態だったが、しばらく上が詰まっており、昇格できなかった。Daniel Nava、Ryan Kalishらが昇格後、AAAに戻り、今度はしっかりと成績を残した。やはり早打ち気味ではあるが、しっかりとパワーも示し、右打ちでもあることから、もうぼちぼち上で使っても良い状態になっては来た。

13' : AAでは最後の最後で狂ったように打ち始め、AAでの成績をまずまずのラインに押し上げたが、AAAでのアピールは失敗。チームによってはとっくに上で機会をもらえていそうなのだが。

14' Mar. : オフのウィンターリーグでも活躍できず。ST終盤にリリース。

14'-16' : 独立リーグとメキシコのリーグでプレー。


[Comment]

AFLは打者有利ということもあり、数字をそのまま受け取ってはいなかったけど、11年のSTでも印象的な活躍で注目度を上げた。OF3ポジションをしっかり守るし、右打ちというのも良い。1、2年ほどOFのデプスとして活用できるし、MLBでもCFを十分に守るなら、場合によってはレギュラーになり得るかも。

(14年追記)もの凄く悪い訳ではないけど、あまりフロントが買っていなかったのか、あっさりリリースとなりました。

Index 2: Former Sox Prospect Review

Adams, Mike
Alcantara, Mario
Alcantara, Raul
Allday, Forrestt
Allen, Logan
Almanzar, Michael
Almonte, Jose
Alvarez, Abe
Alvarez, Jose
Anderson, Lars
Anderson, Shaun
Aro, Jonathan
Asuaje, Carlos
Augliera, Mike
Austin, Jordon
Bailey, Austin
Balcom-Miller, Chris
Bard, Daniel
Barnes, Matt*
Basabe, Luis Alejandro
Basabe, Luis Alexander
Bates, Aaron
Bautista, Gerson 
Bell, Bubba
Beltre, Engel
Benintendi, Andrew*
Bermudez, Ronald
Betts, Mookie*
Bishop, Beau
Blair, Carson
Blue, Scott
Bogaerts, Jair
Bogaerts, Xander*
Bonifacio, Juan
Bowden, Michael
Bradley, Jr., Jackie*
Breslow, Craig
Britton, Drake
Brown, Dusty
Buchholz, Clay
Butler, Dan
Cabral, Cesar
Callahan, Jamie
Capellan, Jose 
Carpenter, Chris
Carter, Anthony
Castillo, Yeiper
Cecchini, Garin
Celestino, Miguel
Cervenka, Hunter
Chavez, Dylan
Chiang, Chih-Hsien
Ciriaco, Pedro
Clay, Caleb
Coello, Robert
Conklin, Iseha
Consuegra, Randy
Corsaletti, Jeff
Couch, Keith
Cox, Bryce
Coyle, Sean
Craft, Jordan
Cuevas, William
Daeges, Zach
Dahlstrand, Jacob 
De Jesus, Jr., Ivan
De La Cruz, Keury
De La Torre, Jose
Delcarmen, Manny
Dening, Mitch
Denney, Jon
Dent, Ryan
Devers, Rafael*
Diaz, Argenis
Diaz, Luis
Diaz, Victor
Dilon, Danny
Dobies, Andrew
Doubront, Felix
Drehoff, Jake
Dubon, Mauricio
Dumatrait, Phil
Ebert, Tom
Egan, Jonathan
Ellsbury, Jacoby
Engel, Reid
Erasmus, Justin
Escobar, Edwin
Escobar, Leonel
Espinoza, Anderson
Espinoza, Rafael
Ethington, Willie
Exposito, Luis
Federowicz, Tim
Fernandes, Kyle
Fields, Josh
Fife, Stephen
Flasher, Jordan
Flores, Daniel
Flores, Raymel
Fuentes, Reymond
Gabbard, Kason
Garcia, Edwar
Garcia, Jason
Garcia, Joantoni
Garcia, Jose
Garrison, Seth
Gibson, Derrik
Gomez, Sergio
Gonzalez, Miguel
Good, Zach
Gragnani, Reed
Granadillo, Tony
Guerra, Javier
Gunkel, Joe
Gunn, Michael
Hagadone, Nick
Haigwood, Daniel
Hale, Alex
Hansack, Devern
Hansen, Craig
Harris, Ryan
Hassan, Alex
Hazelbaker, Jeremy
Head, Miles
Hembree, Heath*
Heras, Keivin
Hernandez, Chris
Herold, Mitch
Hinojosa, Dalier
Hissey, Peter
Holt, Brock*
Hottovy, Tommy
Huntzinger, Brock
Ibarra, Adalberto
Iglesias, Jose
Jacobs, Brandon
Jimenez, Jorge
Johnson, Kris
Johnson, Matty
Jones, Hunter
Jones, Mike
Kalish, Ryan
Kapstein, Zach
Kapteyn, Braden
Kelleher, Kevin
Kelly, Casey
Keowen, Kade
Khoury, Ryan
Koback, Cody
Kopech, Michael
Kottaras, George
Kukuk, Cody
Kurcz, Aaron
Larson, Greg
Lavarnway, Ryan
Lawson, Ryne
LeBlanc, Lucas
Lee, Mike
Lentz, Richie
Lester, Jon
Light, Pat
Lin, Che-Hsuan
Linares, J.C.
Littrell, Corey
Longhi, Nick
Loop, Derrick
Lora, Eddie
Lowrie, Jed
Loya, Jesus
Mailman, David
Margot, Manuel
Marin, Leandro
Marquis, Matt
Marrero, Deven*
Marte, Andy
Martin, Chris
Masterson, Justin
McCarthy, Mike
McClain, Lance
McGeary, Jack
McGuiness, Chris
McKenry, Michael
Mendez, Roman
Meneses, Heiker
Mercedes, Simon
Meredith, Cla
Middlebrooks, Will
Miller, Ryne
Mills, Adam
Moanaroa, Boss
Moanaroa, Moko
Moncada, Yoan
Montas, Frankie
Moore, Ben
Moore, Nick
Moss, Brandon
Murphy, David
Murton, Matt
Natale, Jeff
Nava, Daniel
Navarro, Yamaico
Negron, Kris
Neuman, Dennis
Nogosek, Stephen
Noviello, Andrew
Nunez, Taylor
Ogando, Nefi
Olmsted, Michael
Ortega, Yunior
Ott, Matty
Owens, Henry
Padron, Jorge
Papelbon, Jonathan
Parthemore, Renny
Pauley, David
Pedroia, Dustin*
Pena, Miguel
Pennington, Josh
Perez, Israel
Perez, Oscar
Perkins, Kendrick
Peterson, Bryan
Phillips, Ryan
Pichardo, Wilfred
Pimentel, Stolmy
Pineda, Jeremias
Place, Jason
Portice, Eammon
Pressly, Ryan
Price, Bryan
Price, Matt
Province, Chris
Quevedo, Heri
Ramirez, Hanley*
Ramirez, Noe
Ramos, Henry
Ranaudo, Anthony
Reddick, Josh
Reilly, Reed
Renfroe, David
Reyes, Pedro
Reyes, Roberto
Rice, Jason
Richardson, Dustin
Rijo, Wendell
Rivera, Manny
Rizzo, Anthony
Rodriguez, Eduardo*
Rodriguez, Juan
Rodriguez, Reynaldo
Romero, Dioscar
Rondon, Cleuluis
Roque, Ken
Rozier, Mike
Ruiz, Pete
Sanchez, Anibal
Sanchez, Felix
Schwindenhammer, Seth
Shaw, Travis
Shoppach, Kelly
Smith, Chris
Smith, Myles
Snyder, Brandon
Socolovich, Miguel
Spalding, Matt
Spann, Chad
Speier, Gabe
Spruill, Zeke
Still, Jon
Strickland, Hunter
Striz, Nate
Stroup, Kyle
Suarez, Alixon
Sumoza, Luis
Swihart, Blake*
Taveras, Francisco
Taveras, German
Tazawa, Junichi
Tejeda, Oscar
Thomas, Tony
Thomson, Jason
Thompson, Shaq
Trader, K.J.
Van Buren, Jermaine
Vaquedano, Jose
Vaughan, Beau
Vazquez, Christian*
Velette, Raynel
Vinicio, Jose
Vitek, Kolbrin
Volz, Kendal
Wagner, Mark
Webster, Allen
Weeden, Ty
Weiland, Kyle
Wendelken, J.B.
Westmoreland, Ryan
Whitson, Karsten
Wilkerson, Aaron
Wilkerson, Shannon
Williams, Jalen
Williams, Stephen
Williamson, Fabian
Wilson, Alex
Wilson, Tyler
Workman, Brandon*
Wright, Steven*
Youkilis, Kevin
Younginer, Madison
Ysla, Luis
Zink, Charlie

*: Currently on Boston Organization's Roster
Bold: MLB debuted

2011年4月5日火曜日

Former Sox Prospect Review: Jason Place, OF

今回紹介するのは、最近リリースされた中でも最大の大物、Jason Place。そろそろかとは思ってましたが、やはり開花することなく出ていくことに。近年のドラ1で外れのProspectも多いけど、彼とCraig Hansenはその中でも最大の失敗となっています。



[Player Data]

Name: Jason Place (ジェイソン・プレース)
Full Name: Jason Philip Place
Positions: CF/RF/LF
Born: May 8, 1988
Birthplace: Piedmont, South Carolina
Height: 6-3
Weight: 205
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 1st round, 2006
How Acquired: Draft
Signing Bonus: $1,300,000
High School: Wren HS (SC)
How Left: Released (March 2011)
Player Link: MiLB.comFan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

大柄で、非常にパワーに優れた5ツールタイプ。パワーポテンシャルは傘下でもトップクラスだが、フリースウィンガーで、コンタクトも上手くない。近年は少しボールを見るようになったが、球の見極めは悪く、追い込まれて変化球を振らされる。一方で、身体能力には非常に優れており、非常に強肩だ。盗塁はあまりしないが、体格の割には信じられないほどのスピードがあり、レンジも広い。未だにCFを十分守る。ただ守備スキル自体は未熟な部分もあり、両翼に向いた選手だ。かなりの自信家で、BOSのスタイルに合わせるのに苦労している。


[Background]

高校生ながら、Daniel Bard (#28)を差し置き、#27とBOSのトップピックで指名。$1.3Mのボーナスを受け取る。ただツールはあるものの、性格や磨かれていない点は懸念されていた。


[Player Profile]

06' : GCLでプロデビュー。113 AB/.292/.386/.442/4 HRと機会に違わぬデビューを飾る。

07' : Low-A Greenvilleで12 HR

08' : High-A Lancasterで19 HRとパワーは見せるものの、変化球に対応できず、凄まじい三振数を重ねる。リーグよりやや若いこともあったが、コーチ陣のアドバイスをなかなか取り入れないとも。

09' : High-A Salemで開幕し、イマイチな成績も、ややK/BBで改善を見せると、AA Portlandに昇格し、.262/.348/.390と、年齢を考えれば悪くない成績を残した。

10' : AAで打てず。バーンアウト気味となり、一時チームを離れ実家に帰った。High-Aで復帰するも、調子の上がらないまま1年を終える。

11' Mar. : リリース。

11' : NYYに拾われてプレーするもアピールできず。


[Comment]

Ryan Kalishと同期ということを考えれば、確かに年齢より上のリーグでプレーはしていたが、ドラ1だししょうがないと言えばしょうがない。もう少し待つかなと思ったけど、大きな進歩がみられないうえに、最大の売りであるパワーも示せずにいるようでは。BOSのスタイルになじめなかったこともあるだろうし、環境を変えればとも思うけど、ドラ1の素質に期待して獲るチームはあるのかな。

2011年4月4日月曜日

11' Greenville Drive (Low-A) Opening Roster

最後にLow-AのGreenville Driveのロスターです。RanaudoやWorkman、Coyleら昨年のドラフト組の本格デビューが楽しみ。YounginerやひょっとしたらWestmorelandが復帰するともっと魅力が増える。
**: DL入りしている選手


[Pitchers]

LHP Manny Rivera
RHP Kyle Stroup
RHP Anthony Ranaudo
RHP Brandon Workman
RHP Miguel Celestino

LHP Hunter Cervenka
RHP Juan Rodriguez
RHP Keith Couch
RHP Tyler Lockwood
LHP Mike Hacker
RHP Jordan Flasher
RHP Dennis Neuman

Ranaudo、WorkmanはHigh-Aではなくこちら。High-Aに行ったC. Hernandezに比べ、セカンドピッチ以降のコマンドがバラついていたとも。ただ特にWorkmanはSTの2試合目以降しっかり投げていたようで、10試合も投げない内にHigh-Aに行くんじゃないかな。Riveraは成熟度の高さで、Minor下層を支配したけど、将来的にはリリーフと言われる。彼もHigh-Aかと思っていたけど。またStroupが先発枠を得るようで、昨季はケガで棒にふったけど、球威があって、回復しているなら楽しみ。Piggy-backに回るようだけど、Cervenkaも個人的に注目。リリーフでは、同じくPiggy-backとなりそうなJ. Rodriguez、Couchやクローザーを務めるだろうNeumanは注目。NeumanはHigh-A最後の椅子をBatistaに奪われたとか。


[Hitters]

C Christian Vazquez
1B Miles Head
2B Sean Coyle
3B David Renfroe
SS Jose Garcia
LF Lucas LeBlanc
CF Felix Sanchez
RF Bryce Brentz

C/3B Carson Blair
1B/LF Drew Hedman
2B Jason Thompson
IF James Kang
OF Brandon Jacobs
**C Leonel Escobar

昨年のSS-A組がメイン。Head、Renfroe、Brentz、Jacobsらは、いずれも高いパワーポテンシャルを持ち、2年目の飛躍に期待。あとは10年のHS組ながら、高いコンタクト能力とディシプリンを評価され、ここに来たCoyleがどこまでやるでしょうか。同じ2BのThompsonもいて、どちらかはSSでも使われるかも。

Former Sox Prospect Review: Ryan Khoury, UT

今回紹介するのは、こちらも最近リリースされた、Ryan Khoury。IF全般を守るUT性と。コンタクト、選球眼で一時期、MLBのUTになれる可能性があると言われていたけど。



[Player Data]

Name: Ryan Khoury (ライアン・コーリー)
Full Name: Ryan Christopher Khoury
Positions: SS/2B/3B/LF/RF
Born: March 19, 1984
Birthplace: West Jordan, Utah
Height: 5-10
Weight: 175
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: 12th round, 2006
How Acquired: Draft
Signing Bonus: Not Announced
College: Utah
High School: Copper Hills HS (UT)
How Left: Minor League Free Agency (December 2011)
Player Link: MiLB.comFan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

取り立ててズバ抜けたツールはないが、選球眼に優れた小柄なIF。成熟したアプローチで、コンタクトに優れており、ギャップに打つ程度のパワーがある。さほどスピードはないけど、フットワーク、グラブ捌きも良く、M-IFとしてもまずまずのレンジを誇る。ただ将来的にはSSを守るのはパートタイム程度だろう。10年にはOFにも挑戦した。


[Background]

特に無し。


[Player Profile]

06' : SS-A Lowellでプロデビュー。この年中にAAA Pawtucketでプレーするなど、成熟度の高い選手であるところを示した。

07' : High-A Lancasterへ。SSを守っていたと思うけど、.302/.387/.470/11 HRと、M-IFとしては打てるとちょっと注目していた。

08' : AA Portlandで主にプレー。さすがにパワーを落とすものの、AVG .284に、44 BB/66 Kと優れた選球眼を示し、また守備でも2Bがメインとなるが、MLBでもUTになれると言われた。

09' : AAAに多くのAAAAタイプの選手を抱えており、それを押しのける活躍を見せれず。徐々にAAでも機会を減らした。

10' : AAでイマイチなシーズン。

11' : 3月に一旦リリースされるも、Indy. Leagueから呼び戻された。

11' Dec. : MiLFAに。

12'-14' : Indy. Leagueでプレー。


[Comment]

彼もBOSじゃなければ、とっくにAAAやMLBで機会を得ていたかも。色々守れる選手だし、08年のシーズン後は結構期待していたんだけど。

Former Sox Prospect Review: Bryan Peterson, RF

今回紹介するのは、最近リリースされた、Bryan Peterson。08年に下位でスティールしたOFで、1年目のデビューが素晴らしかったのに、その後はケガで尻すぼみ。期待してたんだけど。



[Player Data]

Name: Bryan Peterson (ブライアン・ピーターソン)
Full Name: Bryan J. Peterson
Positions: RF/CF/LF/(1B)
Born: March 21, 1990
Birthplace: Spokane, Washington
Height: 6-3
Weight: 190
Bats: Left
Throws: Right
Drafted: 11th round, 2008
How Acquired: Draft
Signing Bonus: Not Announced
High School: West Valley HS (WA)
How Left: Released (March 2011)
Player Link: MiLB.comFan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

高卒としてはがっしりしたバランスの良い体格をしている。高校では投手としても優れた成績を残していた上に、バスケットボールやフットボールでも活躍していた5ツールタイプのアスリート。ワイドなスタンスで、高いパワーを持つ。まずまずの選球眼も備えるが、若いだけに、追い込まれると脆い。平均を超えるスピードも持つが、強肩からRFが最適なポジションだろう。高校時は1Bも守っていたが、これは投手も務めていたため。


[Background]

高校ではフットボールなどもプレーしていたが、プロになりたかったらしくあっさり契約。


[Player Profile]

08' : GCLでプロデビュー。やや長打に欠けたものの、.277/.361/.394と順調なデビュー。

09' : 肩や腹斜筋などケガに悩まされ、GCLで成績を大きく落とす。

10' : High-A SalemやAA Portlandでもプレーするも、どちらかと言えば、ケガ人の穴埋め的な抜擢で、結果も残せず。

11' Mar. : リリース。


[Comment]

ツール全般に優れ、ダークホースとして楽しみにしていたけど、ケガでキャリアを狂わした。でも10年はもう見切られたような使われ方で、もう少しじっくり育てても良かったんじゃないかと。

11' Boston Red Sox Opening Roster

あっという間の3連敗を喫して今更ですが、Boston Red Soxの開幕ロスターです。投手陣が普通に働けば、90勝は堅いはずなんだけど。


[Starter]

LHP Jon Lester
RHP John Lackey
RHP Clay Buchholz
RHP Josh Beckett
RHP Daisuke Matsuzaka
**LHP Felix Doubront (15-day DL)
*RHP Alfredo Aceves (Optioned to AAA)
*RHP Stolmy Pimentel (Optioned to AA)

早速不安な立ち上がりとなった先発陣は取りあえず現状フルメンバー。贅沢は言わないので、3周目には落ち着いてください。力量的には取りあえず問題なし。普通に投げてくれれば、普通に援護があって、普通に勝てるっしょ。デプスはちょっと前ならWakeだったけどどうかな。Acevesがまずまずだったので、彼が有力かも。


[Reliever]

RHP Jonathan Papelbon (Closer)
RHP Daniel Bard
RHP Bobby Jenks
RHP Dan Wheeler
RHP Matt Albers
LHP Dennys Reyes
RHP Tim Wakefield
**RHP Junichi Tazawa (60-day DL)
*LHP Hideki Okajima (optioned to AAA)
*RHP Scott Atchison (optioned to AAA)
*RHP Michael Bowden (optioned to AAA)

こちらも顔ぶれならしっかりしてるんだけど、Papelbonが惨く、D. Bardも不調で、かなり赤信号が点っています。Jenksは良い。Albersもまずまずだし、Papelbonにはだましだまし投げてもらうしかないですが、D. BardとWheelerがフルフォームを取り戻すまでは、彼らをうまく使いたい。D. Reyesは正直いらなかったと思う。左殺しと言う意味では、D. Reyesが切られるなら、岡島じゃなくて、Hillを上げてみたい。


[Lineup]

CF Jacoby Ellsbury
2B Dustin Pedroia
LF Carl Crawford
1B Adrian Gonzalez
3B Kevin Youkilis
DH David Ortiz
RF J. D. Drew
C Jarrod Saltalamacchia
SS Marco Scutaro

1番のEllsburyが絶好調。A-Gonもさすがの力を見せており、上位打線は比較的予定通りの得点力を見せている。総合的には十分な打線。開幕から懸念されたパワーを見せるPapiが5、6番に座るのも、相手からすれば怖いだろう。問題は大型契約のCrawford。打つのはそのうち打つんだろうけど、やはりタイプ的、ポジション的、左打ち、打順としっくりこない。下位打線もSaltyがSTの好調さを持続できておらず、下位が打ち始めると、さらに切れ目のない打線になるんだけど。


[Bench]

C Jason Varitek
IF Jed Lowrie
OF Mike Cameron
OF Darnel McDonald
*C Luis Exposito (optioned to AAA)
*C Michael McKenry (optioned to AAA)
*1B Lars Anderson (optioned to AAA)
*IF Yamaico Navarro (Optioned to AAA)
*SS Jose Iglesias (optioned to AA)
*OF Josh Reddick (optioned to AAA)
*OF Ryan Kalish (Optioned to AAA)
*OF Daniel Nava (Optioned to AAA)
*2B Oscar Tejeda (Optioned to AA)

対左を兼ねるBackupメンバーも豪華。TekとCameronは年齢的に不安もあるけど、STではまずまず元気なところを見せており、休みをもらいながらならそれなりに働いてくれそう。Lowrieは1B控えも務める。これはちょっともったいないような気もするし、MinorのOFデプスを考えれば、1B/OFの控えを連れてきて、McDonaldあたりで、リリーフ確保に動きたい気がする。

2011年4月2日土曜日

11' Salem Red Sox (High-A) Opening Roster

続いてHigh-AのSalem Red Soxの開幕ロスターです。RanaudoやWorkmanがLow-Aみたいで、少し寂しい顔ぶれかも。できるだけLow-Aからの昇格が多いと面白いんですけど。
**: DL入りしている選手


[Pitchers]

LHP Drake Britton
RHP Pete Ruiz
RHP Chris Balcom-Miller
RHP Ryan Pressly
LHP Chris Hernandez

RHP Kendal Volz
RHP Tom Ebert
RHP Jeremiah Bayer
LHP Will Latimer
RHP Anatanaer Batista
LHP Mitch Herold
LHP Cesar Cabral

BrittonはこのSTも安定して球速を出していたようで、非常に楽しみ。昨季COLから得たBalcom-M.は、個人的には、速球は平凡だし、制球とスライダーで勝負するタイプのリリーフに育てたいけど。RanaudoとWorkmanがLow-Aで、PresslyとRuizが枠を得るみたい。Presslyはお気に入りの1人だし、Ruizも個人的なダークホースの1人。STでは93~94 mphを安定して出していたそう。残りの1枠はC. HernandezとVolzが争い、どのみちPiggy-backになると思うけど、最新のSPのプロジェクションではVolzになっていた。でもC. Hernandezをいきなりリリーフに移すとも思えないのだけど。


[Hitters]

C Dan Butler
1B Reynaldo Rodriguez
2B Zach Gentile
3B Kolbrin Vitek
SS Derrik Gibson
LF Shannon Wilkerson
CF Peter Hissey
RF Jeremy Hazelbaker

C Matt Spring
1B/3B Michael Almanzar
IF Vlad Frias
LF David Mailman
OF Ronald Bermudez
**C Josue Peley
**IF Drew Dominguez

Butlerが正捕手。控えはSpringが取りあえず務めるようだが、Ibarraが復帰すれば押し出すでしょう。OFはMailmanを押したいけど、S. WilkersonはSTで好調だった。OFが5人態勢だけど、DHはVitekとAlmanzarで占めることになるでしょうか。Almanzarは1Bでも機会を得るかも。2BのGentileはLow-A以上の4クラスを通じて、唯一Prospectと言えないレベルだと思うので、Vitekを2Bで使えればなとも思うけど、今さらやらないか。