2016年4月19日火曜日

Former Sox Prospect Review: Victor Diaz, RHP

今回は、今季GCL/SS-AをスキップしてLow-Aで開幕を迎えた、Victor Diaz。何と言っても、昨季ドミニカのリーグで102 mphを投げたという剛腕が魅力ですが、Low-Aでの開幕から数試合は全くボールをコントロールできていません。


[Player Data]

Name: Victor Diaz (ヴィクター・ディアズ)
Full Name: Victor Riveras Diaz
Position: RHRP
Born: May 24, 1994
Birthplace: Hato Mayor, Dominican Republic
Height: 6-3
Weight: 190
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (December 2014)
Signing Bonus: Not Announced
How Left: Traded to Chicago White Sox with Luis Alexander Basabe, Michael Kopech, and Yoan Moncada for Chris Sale (December 2016)
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

優れた投手体格。年齢的には海外FAとしては高めの選手で、身体的な伸びしろは大きくは無い。力の入ったフォームで投げるが、速球は常時96~98 mph、最速で102 mphと球速面では超一級品。しかし、制球・コマンドは無いに等しく、ピッチャーと言うよりはスロワー。セカンドピッチはスライダーだが、こちらも非常に未熟。


[Background]

契約時は既に20歳と、海外FAとしては高めの年齢でサインした。


[Profile]

15' : DSLでプロデビュー。クローザー的な役割で投げ7セーブ。また102 mphの速球を投げたことが話題となった。

16' : 既に22歳ということで、GCL/SS-Aと2クラスをスキップしてLow-A GreenvilleでUSデビュー。4、5月は制球も全く定まらず、酷い内容だったが、チームが信じて使い続けた結果、6月以降は見違えるような投球。特に8月は正にドミナント。

16' Dec. : 面白くなってきたところでトレード。


[Comment]

上手く磨けば勿論面白い選手なんでしょうが、BOSはこういった選手の育成が下手ですからね...。

0 件のコメント: