2016年7月31日日曜日

16' Vanderbilt Commodores Season Stats

まとめるのが遅くなりましたが、Vanderbilt大の今季の各選手のスタッツまとめです。リージョナルが始まる直前に期待のフレッシュマンDonny Everettが亡くなるという悲劇があり、精神状態も良くなかったのは確かですが、カレッジワールドシリーズに到達した過去二年と比較しても、特に打線の迫力不足は顕著でしたね。


[Pitchers]

☆ Jordan Sheffield (rSo.-RHSP) : 16-16 G-GS/W8-L6/3.01 ERA/101.2 IP/82 H/3 HR/48 R/34 ER/40 BB/9 HBP/113 K

☆ Kyle Wright (So.-RHSP) : 16-16 G-GS/W8-L4/3.09 ERA/93.1 IP/82 H/6 HR/38 R/32 ER/32 BB/12 HBP/107 K

☆ Patrick Raby (Fr.-RHSP/RP) : 15-10 G-GS/W7-L1/2 SV/2.61 ERA/58.2 IP/35 H/3 HR/17 R/17 ER/19 BB/0 HBP/63 K

☆ Ben Bowden (Jr.-LHRP/SP) : 24-5 G-GS/W2-L1/10 SV/3.51 ERA/48.2 IP/48 H/3 HR/23 R/19 ER/14 BB/2 HBP/65 K

☆ Matt Ruppenthal (So.-RHRP) : 25-0 G-GS/W5-L1/1 SV/2.33 ERA/46.1 IP/24 H/2 HR/13 R/12 ER/27 BB/6 HBP/59 K

☆ Colin Snider (So.-RHRP) : 23-0 G-GS/W4-L0/2.57 ERA/35.0 IP/37 H/1 HR/12 R/10 ER/6 BB/3 HBP/30 K

☆ Ryan Johnson (rSo.-LHRP/SP) : 14-2 G-GS/W4-L0/4.22 ERA/31.2 IP/39H/0 HR/17 R/15 ER/7 BB/3 HBP/12 K

☆ John Kilichowski (Jr.-LHRP/SP) : 10-2 G-GS/W1-L2/2 SV/5.06 ERA/26.2 IP/29 H/1 HR/16 R/15 ER/9 BB/1 HBP/21 K

☆ Chandler Day (Fr.-RHRP/SP) : 10-3 G-GS/W2-L1/4.26 ERA/25.1 IP/30 H/0 HR/19 R/12 ER/12 BB/3 HBP/26 K

☆ Hayden Stone (Jr.-RHRP/SP) : 10-3 G-GS/W0-L1/4.22 ERA/21.1 IP/15 H/1 HR/11 R/10 ER/13 BB/3 HBP/24 K

☆ Joey Abraham (So.-RHRP/SP) : 7-1 G-GS/W0-L0/1 SV/5.40 ERA/16.2 IP/13 H/0 HR/10 R/10 ER/6 BB/4 HBP/22 K

☆ Donny Everett (Fr.-RHRP/SP (Died)) : 6-2 G-GS/W0-L1/1.50 ERA/12.0 IP/11 H/3 HR/6 R/2 ER/5 BB/0 HBP/13 K

☆ Evan Steele (Fr.-LHRP) : 11-0 G-GS/W1-L0/4.63 ERA/11.2 IP/11 H/1 HR/6 R/6 ER/5 BB/1 HBP/14 K

☆ Maddux Conger (Fr.-RHRP) : 9-0 G-GS/W0-L0/0.79 ERA/11.1 IP/5 H/0 HR/3 R/1 ER/7 BB/2 HBP/12 K

☆ Matt McGarry (Fr.-RHRP/RP) : 7-2 G-GS/W1-L0/3.27 ERA/11.0 IP/12 H/0 HR/10 R/4 ER/9 BB/3 HBP/12 K

☆ Brendan Spagnuolo (Fr.-RHP) : DNP

☆ A.J. Franklin (Fr.-LHP) : DNP


[Comments for Pitchers]

エースのJordan Sheffield、過去二年、特に昨年のCarson Fulmer (CWS)と比較すると、内容はともかく、エースとして大物先発と投げ合った際の勝率が悪く、少し見劣りはするが、打線の援護不足という側面もあるし、それにソフモアにして既に大黒柱の雰囲気を漂わせる、安定感抜群のKyle Wrightと合わせて、先発ローテは十分なパフォーマンスを見せたと言える。

先発三番手は、実績ではチームNo.1のJohn Kilichowskiがケガなのか出遅れ、また復帰後も調子が上がらず、またそのKilichowskiの代わりにまずは先発として開幕したBen Bowdenも三振は奪うものの、失点が多く安定感を欠いた。

期待のフレッシュマンの大物二人も、Everettは出遅れ、Chandler Dayは随所に才能を感じるものの、制球等まだ未熟で安定感を欠いた中、同じくフレッシュマンのPatrick Rabyが素晴らしい活躍。しばらくロングリリーフやウィークデーの先発を務めたが、途中からはローテ三番手を勝ち取った。被打率、制球、奪三振率といずれのスタッツも抜群。来季はWrightの後ろのローテ二番手最有力。

リリーフに関しては、序盤はBowdenが先発ローテに入っており、またHayden StoneもTJ後で復帰が遅れたが、打線も序盤は比較的好調で、多くの選手を余裕をもって起用することができた。また接戦では、Matt Ruppenthalがリリーフの核として台頭。やや制球は粗いものの、圧倒的な被打率の低さと奪三振率を残した。

ただ彼への負担が大きく、中盤以降はややパフォーマンス低下。一方、BowdenとStoneの復帰、それに支配力は無いものの、Colin Sniderあたりに一人立ちしたことから、中盤以降も大崩れすることはなかった。ただBowdenが結局最後まで、そのスタッフや奪三振力から期待される支配力を見せられなかったのは残念。

来季以降を考えると、Sheffieldは抜けるが、Wrightが既にエース格に育っていることから、大きな不安はなさそう。現状三番手の顔が見えないし、その点で才能豊かなEverettを失ったのは残念だが、Dayあたりの成長に期待。リリーフに関しては、Ruppenthal、SniderにJoey Abraham、それに新人ながらある程度の機会を得た、Evan Steele、Maddux Conger、Matt McGarryと頭数は申し分ない。


[Hitters]

☆ Jeren Kendall (So.-RF/CF) : 62-62 G-GS/250 AB/83 H/16 2B/8 3B/9 HR/63 R/59 RBI/25 BB/4 HBP/62 SO/28 SB/8 CS/.332 AVG/.396 OBP/.568 SLG

☆ Bryan Reynolds (Jr.-CF) : 62-62 G-GS/224 AB/74 H/16 2B/3 3B/13 HR/59 R/57 RBI/49 BB/8 HBP/58 SO/8 SB/5 CS/.330 AVG/.461 OBP/.603 SLG

☆ Will Toffey (So..-3B) : 62-61 G-GS/203 AB/46 H/6 2B/1 3B/0 HR/37 R/22 RBI/51 BB/4 HBP/44 SO/9 SB/4 CS/.227 AVG/.387 OBP/.266 SLG

☆ Tyler Campbell (Sr.-2B/SS) : 59-52 G-GS/170 AB/44 H/4 2B/3 3B/0 HR/36 R/22 RBI/11 BB/8 HBP/44 SO/7 SB/1 CS/.259 AVG/.333 OBP/.318 SLG

☆ Ethan Paul (Fr.-2B/SS/1B) : 54-45 G-GS/167 AB/51 H/14 2B/2 3B/4 HR/33 R/31 RBI/22 BB/7 HBP/47 SO/9 SB/4 CS/.305 AVG/.406 OBP/.485 SLG

☆ Alonzo Jones (Fr.-2B/SS) : 49-46 G-GS/165 AB/47 H/15 2B/2 3B/1 HR/32 R/35 RBI/24 BB/2 HBP/47 SO/10 SB/2 CS/.285 AVG/.371 OBP/.418 SLG

☆ Ro Coleman (Jr.-LF) : 52-42 G-GS/161 AB/38 H/4 2B/1 3B/1 HR/37 R/47 RBI/15 BB/4 HBP/28 SO/3 SB/5 CS/.236 AVG/.317 OBP/.292 SLG

☆ Jason Delay (Jr.-C) : 45-42 G-GS/149 AB/37 H/10 2B/0 3B/1 HR/17 R/31 RBI/7 BB/6 HBP/35 SO/1 SB/4 CS/.248 AVG/.296 OBP/.336 SLG

☆ Connor Kaiser (Fr.-SS) : 46-36 G-GS/119 AB/31 H/4 2B/1 3B/0 HR/23 R/19 RBI/14 BB/6 HBP/22 SO/3 SB/2 CS/.261 AVG/.362 OBP/.311 SLG

☆ Kyle Smith (Sr.-1B/LF) : 34-28 G-GS/88 AB/20 H/3 2B/0 3B/3 HR/15 R/12 RBI/12 BB/5 HBP/36 SO/3 SB/0 CS/.227 AVG/.352 OBP/.364 SLG

☆ Julian Infante (Fr.-1B/3B) : 26-22 G-GS/85 AB/22 H/4 2B/1 3B/6 HR/17 R/20 RBI/10 BB/0 HBP/28 SO/1 SB/1 CS/.259 AVG/.333 OBP/.541 SLG

☆ Karl Ellison (Jr.-C) : 30-21 G-GS/80 AB/17 H/6 2B/1 3B/2 HR/12 R/11 RBI/6 BB/1 HBP/14 SO/0 SB/0 CS/.213 AVG/.270 OBP/.388 SLG

☆ Penn Murfee (rSo.-1B/3B) : 27-15 G-GS/69 AB/20 H/4 2B/1 3B/0 HR/7 R/12 RBI/5 BB/2 HBP/19 SO/1 SB/0 CS/.290 AVG/.351 OBP/.377 SLG

☆ Liam Sabino (So.-3B/2B) : 31-6 G-GS/43 AB/13 H/2 2B/0 3B/1 HR/7 R/8 RBI/3 BB/4 HBP/9 SO/4 SB/0 CS/.302 AVG/.4000 OBP/.419 SLG

☆ Walker Grisanti (Fr.-LF/RF) : 30-10 G-GS/43 AB/15 H/4 2B/2 3B/1 HR/12 R/10 RBI/9 BB/2 HBP/19 SO/0 SB/1 CS/.349 AVG/.481 OBP/.605 SLG

☆ Nolan Rogers (Jr.-LF/CF) : 45-2 G-GS/27 AB/5 H/2 2B/0 3B/0 HR/4 R/6 RBI/1 BB/2 HBP/9 SO/1 SB/0 CS/.185 AVG/.258 OBP/.259 SLG

☆ Stephen Scott (Fr.-RF/LF) : 18-1 G-GS/22 AB/2 H/0 2B/0 3B/0 HR/2 R/2 RBI/3 BB/0 HBP/6 SO/0 SB/0 CS/.091 AVG/.200 OBP/.091 SLG

☆ Tyler Green (rSo.-1B) : 7-0 G-GS/8 AB/2 H/1 2B/0 3B/1 HR/2 R/4 RBI/0 BB/0 HBP/3 SO/0 SB/0 CS/.250 AVG/.250 OBP/.750 SLG

☆ Tristan Chari (So.-C) : 4-0 G-GS/3 AB/1 H/0 2B/0 3B/0 HR/1 R/2 RBI/1 BB/0 HBP/0 SO/0 SB/0 CS/.333 AVG/.500 OBP/.333 SLG

☆ Kiambu Fentress (Fr.-OF) : DNP


[Comments for Hitters]

今季の問題は野手だった。Jeren Kendallが、17年の全体1位に名乗りを挙げようか、というくらいの凄まじいスタートダッシュを切り、Bryan Reynoldsはやや低調なスタートだったものの、Alonzo Jonesといったフレッシュマン陣もKendallの勢いの援護もあってか、それぞれに才能を見せた。

一方、今季は主軸と期待されたWill Toffeyは最初から最後まで調子が上がらず。0 HRは悲しい。昨年後半からリードオフに定着したかと思われたRo Colemanも期待に応えられず。才能豊かなフレッシュマン陣がのびのびプレーできるように、実績のある先輩たちがしっかり脇を固めて欲しかったのだが、その目論見は崩れた。

Renoldsはさすがに調子を上げたものの、Kyle Smithなどもさっぱりで、KendallとReynoldsしか長打を打てる打者がおらず、特にマークが厳しくなって勝負を避けられる傾向も強くなった結果、Kendallも序盤ほどの勢いを失っていった。

来季に向けては、Reynoldsが抜けるということで、更に危機的な状況。Kendallは良いとしても、周りがどれだけサポートできるか。Jones、Ethan Paul、Connor Kaiserといった若い内野陣の成長が必須になるだろう。また出遅れたが、中盤以降に復帰した同じくフレッシュマンのJulian Infanteは85打席で6 HR。来季の中軸としてはもっとも大きな期待が掛かる。

0 件のコメント: