今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2016年9月18日日曜日

16' Minor League Stats - Greenville Drive (Low-A)

Low-A Greenvilleのスタッツです。W70-L69という平凡な成績でPOには出場できず。昨年は素晴らしい野手陣がいましたが、その多くは今季High-Aより上へ。ここに残ったChavisも早々に故障し、Rei、Mathenyあたりの昨年の上位指名もアンスペクタクル。前半戦は、Anderson Espinoza、Raudesの若手投手二人と、Ockimey、Washingtonのパワーが光ましたが、Espinozaはトレード、野手の二人は後半戦散々で寂しい閉幕に。


[Pitchers]

Roniel Raudes, RHSP (14'-Int. FA)

16' Stats (Low-A) : W11-L6/3.65 ERA/24 G/24 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/113.1 IP/112 H/60 R/46 ER/8 HR/1 HB/23 BB/104 K/1.19 WHIP/0.56 GO/AO

評価:A。Espinozaと同期で、さすがに彼ほどの期待度は無かったが、完成度の高さで同じく18歳にしてLow-A開幕を勝ち取った。時折崩れる試合もあり、やはり支配力という点では少し課題はあるが、内容的にはむしろEspinozaを上回る成績。来季は身体とスタッフの成長に期待したい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Enmanuel De Jesus, LHSP (13'-Int. FA)

16' Stats (SS-A) : W2-L1/2.42 ERA/4 G/4 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/22.1 IP/16 H/7 R/6 ER/0 HR/1 HB/11 BB/16 K/1.21 WHIP/0.92 GO/AO
16' Stats (Low-A) : W2-L4/5.96 ERA/10 G/10 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/45.1 IP/56 H/33 R/30 ER/8 HR/1 HB/20 BB/30 K/1.68 WHIP/0.83 GO/AO

評価:D。SS-Aで開幕したが、A. Espinozaのトレード等もあってこちらへ。しかし、Low-Aですらオーバーマッチしている。これでもそこそこの金額を支払って契約した選手なんですけどね。Ben Cherington前GMの軟投派左腕指名はろくなことがなかった。

-------------------------------------------------------------------------------------

Marc Brakeman, RHRP/SP (15'-16th)

16' Stats (Low-A) : W5-L5/4.33 ERA/24 G/9 GS/0 CG/0 SHO/5 HLD/3 GF/1 SV/72.2 IP/74 H/40 R/35 ER/6 HR/5 HB/19 BB/76 K/1.28 WHIP/1.33 GO/AO

評価:D。昨年下位指名ながら予想外に契約でき、FILでも良かったようで楽しみにしていたが、少し出遅れて合流後、先発では被打率が悪く、イマイチな内容。しかし、そこからリリーフに移ると、素晴らしい奪三振率と制球を見せ、少しケガもあったものの、ポジティブにシーズンを終えた。先発で結果を残せなかった時点で評価は辛くなるが、リリーフとしては期待している選手の一人。

-------------------------------------------------------------------------------------

Austin Glorius, RHRP/SP (15'-UDFA)

16' Stats (Low-A) : W2-L2/3.20 ERA/31 G/5 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/4 GF/0 SV/76.0 IP/63 H/29 R/27 ER/3 HR/3 HB/35 BB/75 K/1.29 WHIP/1.50 GO/AO

評価:D。昨年UDFAで契約後、97 mphを投げたと聞いて、一気に注目度を上げていたが、今季はSTでのアピールに失敗し、先発落ち。速球も球速が落ちていたよう。前半戦制球も悪く、不安定な内容だったのが、後半戦も含めて、最終的にはまずまず見れる数字に落ち着いたものの、リリーフでこの内容では合格点はやれない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Gerson Bautista, RHRP (13'-Int. FA)

16' Stats (SS-A) : W0-L0/0.87 ERA/8 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/8 GF/5 SV/10.1 IP/5 H/1 R/1 ER/0 HR/0 HB/2 BB/13 K/0.68 WHIP/1.57 GO/AO
16' Stats (Low-A) : W1-L4/3.24 ERA/15 G/0 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/9 GF/1 SV/25.0 IP/20 H/11 R/9 ER/3 HR/2 HB/11 BB/23 K/1.24 WHIP/0.93 GO/AO

評価:C。昨年までは先発だった、割とあっさりリリーフへ。海外FAにしては少し年齢が高く、またハードスロワーということでリリーフ向きとは見られていたが、少し意外。また、SS-A開幕までXSTに留まらされていた割に、SS-Aをあっさり支配してLow-Aへ。ややもったいない使い方だった。Low-Aでは最初少し打たれたもののしっかり投げた。100 mphを投げる剛腕だし、来年の本格ブレイクに期待。

-------------------------------------------------------------------------------------

Victor Diaz, RHRP (14'-Int. FA)

16' Stats (Low-A) : W2-L5/3.88 ERA/37 G/0 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/24 GF/10 SV/60.1 IP/65 H/30 R/26 ER/2 HR/4 HB/25 BB/63 K/1.49 WHIP/1.95 GO/AO

評価:B。昨年DSLでプロデビューしたばかりだが、既に22歳ということで、GCL/SS-Aと2クラスをスキップしてUSデビュー。4、5月は制球も全く定まらず、酷い内容だったが、チームが信じて使い続けた結果、6月以降は見違えるような投球。特に8月は正にドミナント。三振もしっかり奪えているし、四球、被安打も減った。ゴロ率も非常に高い。最速102 mphの速球で、楽しみな選手になって来た。

-------------------------------------------------------------------------------------

Stephen Nogosek, RHRP (16'-6th)

16' Stats (SS-A) : W1-L0/2.13 ERA/10 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/6 GF/0 SV/13.1 IP/9 H/3 R/3 ER/2 HR/1 HB/7 BB/19 K/1.20 WHIP/0.64 GO/AO
16' Stats (Low-A) : W0-L2/5.14 ERA/10 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/7 GF/2 SV/14.0 IP/17 H/9 R/8 ER/1 HR/0 HB/3 BB/12 K/1.43 WHIP/2.10 GO/AO

評価:C。今季のドラフトではこのドラ6のNogosekくらいまでが期待できる選手だろう。せいぜいがミドルリリーフというくらいの選手だが、まぁデビューはほぼ想定通り。素早い昇格に期待。

-------------------------------------------------------------------------------------

Logan Boyd, LHSP (15'-19th) : 途中でHigh-Aに行ったKentと共に、経験のある選手として、イニングを稼ぐためだけに先発で投げさせた感じだが、正にそのままの平凡な投球でチーム最多イニング。

Dedgar Jimenez, LHSP (12'-Int. FA) : 20歳でHigh-A開幕となったが、ボロボロに打ち込まれ、Low-Aへと降格。投球術はあるのだろうが、上のクラスで抑えるようなボールに欠けているのだろう。

Daniel Gonzalez, RHRP (12'-Int. FA) : Low-Aで開幕し、若干オーバーマッチ気味で打たれていたが、一旦SS-Aに戻って調子を取り戻すと、再昇格後は安定した制球を武器に好投を見せた。来季High-Aで十分に投げるなら、Prospectと呼べるかも。

Adam Lau, RHRP (15'-37th) : 四球がやや多いものの、被打率が非常に良い。

Kuehl McEachern, RHRP (14'-34th) : 制球はともかく、Low-Aでも打たれている。ロスターフィラーのリリーフとしては失格。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Austin Rei, C (15'-3rd)

16' Stats (Low-A) : 91 G/311 AB/66 H/13 2B/1 3B/6 HR/99 TB/50 R/33 RBI/41 BB/82 SO/1 SB/4 CS/.212 AVG/.331 OBP/.318 SLG/.649 OPS/5 E

評価:E。Ben Cherington前GMの(ドラフト)選手の見る目の無さを表す好例。守備型捕手という触れ込みなのは分かるが、そこそこのメジャーカレッジ出身二年目でLow-Aでここまで打てないのはそもそもの技量が無いとしか言いようがない。これでも傘下のNo.1捕手Prospectなのだから悲しくなる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Josh Ockimey, 1B (14'-5th)

16' Stats (Low-A) : 117 G/407 AB/92 H/25 2B/1 3B/18 HR/173 TB/60 R/62 RBI/88 BB/129 SO/3 SB/1 CS/.226 AVG/.367 OBP/.425 SLG/.792 OPS/12 E

評価:C。前半戦、Washingtonと共にパワーを発揮して、いよいよ本格ブレイクか、と期待させたが、6月以降急降下。何があったのか未だによくわからない。最終的にAVGは.226まで落ちた。ただパワーは疑問の余地はないし、88四球を選んでおり、少しボールを見過ぎたのかも。来年はもう少しバランスを取って一年を過ごしてくれれば。ミスは多いが、1B守備も向上しているよう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Kyri Washington, LF/RF (15'-23rd)

16' Stats (Low-A) : 103 G/382 AB/100 H/20 2B/9 3B/16 HR/186 TB/51 R/73 RBI/33 BB/121 SO/16 SB/7 CS/.262 AVG/.323 OBP/.487 SLG/.810 OPS/2 E

評価:B。Ockimey同様、パワー面も含めて素晴らしいスタートを切ったが、7月に失速。素晴らしいパワーと三振の多さという点でOckimeyと共通しているが、一方三塁打が多く、Ockimeyよりもスピードに優れる代わりに、早打ち気味。下位指名としては面白い素材だが、上のクラスでは選球眼とコンタクトの向上が不可欠。

-------------------------------------------------------------------------------------

Trenton Kemp, LF/RF (14'-15th)

16' Stats (Low-A) : 92 G/311 AB/76 H/18 2B/3 3B/13 HR/139 TB/42 R/52 RBI/32 BB/123 SO/7 SB/3 CS/.244 AVG/.325 OBP/.447 SLG/.772 OPS/2 E

評価:C。昨年の成績からすると、Low-Aは少し早いようにも思ったが、ほぼ一年間ロスターに残り、それなりにガンバった。開幕当初は、Ax. Basabe、Matheny、Washingtonの影に隠れてあまり出番が無かったが、パワー面でアピールして機会を増やした。Washington同様、三振が多く、早打ち気味だが、311 ABで13 HRのパワーが素晴らしい。好不調がはっきりしており、4、6月はAVG .200前後、他の月は.270以上だった。来季は少し三振を減らして、波を無くせば、期待度が上がるかも。スピードはあると聞いていたが、両翼専門になっているのも少し残念。この成績でCFなら価値があるのだが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Tate Matheny, RF/CF (15'-4th)

16' Stats (Low-A) : 105 G/411 AB/114 H/20 2B/4 3B/5 HR/157 TB/59 R/52 RBI/28 BB/104 SO/21 SB/12 CS/.277 AVG/.324 OBP/.382 SLG/.706 OPS/2 E

評価:D。昨年のショートシーズンでの成績からすれば、フルシーズンを戦い、まずまずの成績を残したことは向上だが、AVG以外の項目を見ると実情は厳しい。ツール面で飛び抜けたものが無いのはわかっていたが、それにしてもOPS .700がやっとのパワー。制球眼も経歴から期待したレベルから程遠い。守備はある程度評価されるが、今季はAx. Basabeのいる時はRFに回ることが多かった。盗塁もLow-AでここまでCSが多いと上では期待できないだろう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Roldani Baldwin, C/3B (13'-Int. FA) : 開幕はReiに次ぐ、第二捕手として迎えたが、Chavisの故障で3Bメインに。あまり打てず、一旦SS-Aに戻ったが、そこからはまずまずの打撃を見せた。最終的には捕手と3Bの機会は等分。コンタクトに優れるが、早打ち傾向が強い。捕手で育てたいのか、3Bで打撃に集中させるか、イマイチ育成方針が見えない。出場機会も少なめでProspectとしてはあまり期待されていないのか?

Tyler Spoon, C (15'-35th) : BOS入団以降捕手転向した、Benintendiのカレッジの同僚。今年は捕手に専念も途中ケガでシーズンの多くを欠場。

J.T. Watkins, 1B/C (12'-10th) : 14年までは兵役でほとんどプレーせず。昨季、今季とマイナーの控え捕手を務めている。今年は1Bでの出場が多かった。

Chad De La Guerra, 2B/SS/3B (15'-17th) : Prospectの薄さもあり、開幕2Bを務めたが、Luis Alejandro Basabeのブレイクで完全にベンチに追いやられた。Aj. Basabeがトレードされた後半戦は、ケガでほとんど出られず。

Nick Lovullo, 2B/SS/3B (16'-20th) : BOSのベンチコーチTrey Lovulloの息子。Low-Aでプロデビューしたが、De La Guerraの故障と、Aj. Basabeのトレードがあり、16年組で最初にフルシーズンクラスでプレーした。

Mitchell Gunsolus, 3B/2B/1B (15'-10th) : Prospect的な意味でわずかに期待していたが、Chavisの故障というチャンスがあって猶、アピールできず。そこそこのパワーと選球眼を備えるが、このレベルでもコンタクトできていない。

Jeremy Rivera, SS (14'-17th) : 純粋なSSのProspectが減っており、SSのレギュラーとしてフルシーズン戦った。打撃面でも予想よりは健闘したが、パワー・出塁を含めて、ロスターフィラー以上を望むのは酷だろう。POではHigh-Aでプレーした。

Derek Miller, LF/RF/CF (14'-23rd) : 以前は、ロスターフィラーとしてはよく打てる選手だったが、ケガがあって今季はイマイチ。AAでスタートしたが、他の選手との兼ね合いでLow-Aへ。

0 件のコメント: