今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2016年9月20日火曜日

16' Minor League Stats - Portland Sea Dogs (AA)

AA Portlandのスタッツです。今季もタレント不足でW55-L84と地区最下位。前半戦は正に何もみるべきものがありませんでした。Benintendi、Moncada、Dubonの昇格で一時調子が上がりましたが、前二人が途中からあっさりMLBへ行ってしまったこともあり、最後はまた低調。


[Pitchers]

Teddy Stankiewicz, RHSP (13'-2nd)

16' Stats (AA) : W5-L9/4.71 ERA/25 G/25 GS/2 CG/1 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/135.2 IP/142 H/74 R/71 ER/16 HR/7 HB/39 BB/97 K/1.33 WHIP/0.92 GO/AO

評価:D。出足好調だったが、終わって見れば、今年も支配力のかけらも感じられない内容。1年に1クラスずつ上がって、ほぼ内容に変化が無いのは成長と呼べるかな?リリーフに移して伸びるタイプにも見えないが、かと言って先発でMLBで投げるようなスタッフもなく。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jalen Beeks, LHSP (14'-12th)

16' Stats (High-A) : W4-L4/3.07 ERA/13 G/13 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/67.1 IP/67 H/25 R/23 ER/9 HR/4 HB/24 BB/55 K/1.35 WHIP/0.83 GO/AO
16' Stats (AA) : W5-L4/4.68 ERA/13 G/13 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/65.1 IP/72 H/37 R/34 ER/6 HR/2 HB/28 BB/56 K/1.53 WHIP/0.65 GO/AO

評価:C。High-Aでまずまずの投球を見せ、後半戦からAAへ。内容的にはK/BBがイマイチで、もう一歩感を受けるが、昇格ペースはかなり速め。先発で期待よりはリリーフ向きだろう。どのタイミングで移すかが焦点。

-------------------------------------------------------------------------------------

Ty Buttrey, RHRP/SP (12'-4th)

16' Stats (AA) : W1-L9/4.44 ERA/33 G/9 GS/0 CG/0 SHO/2 HLD/5 GF/0 SV/79.0 IP/80 H/52 R/39 ER/6 HR/7 HB/46 BB/52 K/1.59 WHIP/1.49 GO/AO

評価:D。昨年High-Aで多少の進歩を見せ、ラストチャンスだったが、AAで先発失格となり、途中でリリーフへ。まずまず投げるも、K/BBが悪く、元々の期待に見合った投球はできずに終わりそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Williams Jerez, LHRP (11'-2nd)

16' Stats (AA) : W1-L6/4.71 ERA/40 G/0 GS/0 CG/0 SHO/5 HLD/10 GF/0 SV/65.0 IP/70 H/35 R/34 ER/6 HR/2 HB/30 BB/65 K/1.54 WHIP/1.16 GO/AO

評価:D。OFとして成長できなかったところから投手転向し、昨年は投手2年目にして、一気にAAまで駆け上がり、オフの40人ロスター入りまで勝ち取ったが、今季は同期の11年組がMLBチームの主力として活躍する中、AAで平凡な成績。決して最悪ではないが、少なくともAAAで十分に投げる程度が最低ラインだった。

-------------------------------------------------------------------------------------

Kevin McAvoy, RHSP (14'-4th) : 完成度が高い訳でもなく、かと言ってロッタリーチケットのような上限がある訳でもない、Ben Cherington前GMらしい、中途半端なピック。ゴロ率の高さでマイナーを上がって来たが、最早ここでは通じていない。

Jacob Dahlstrand, RHSP (10'-10th) : 14年頃に球速アップがあり、ダークホースとしてずっと注目してきた選手だが、TJから復帰の今季もケガに悩まされ、まともに投げられなかった。オフにMiLFA。

Mitch Atkins, RHSP/RP (15'-MiLFA) : AAのように直接MLBのデプスを置く必要のないクラスの先発にMiLFA契約を起用せざるを得ないのは空しいですね。三振は多く取っているが、だから?

Keith Couch, RHSP/RP (10'-13th) : マイナーの便利屋投手だが、AAまではともかく、AAAでは役割を果たせなかった。そろそろリリースだろう。

Mike McCarthy, RHRP/SP (11'-14th) : Couch同様、AA/AAAのロスター状況に合わせて、DLから復帰してスポットスタートやロングリリーフをこなす役割。やはりAAAでは通じない。

Tyler Grover, RHRP (13'-10th) : シニアーサインとしてはガンバっているが同期のK. Martinほどではないか。K/BBが良い。

Jake Drehoff, LHRP (13'-12th) : High-A開幕で優れた奪三振率を示し、少し注目されたが、AAではK/BBが大幅に悪化。

Ben Taylor, RHRP (15'-7th) : シニアーサインの選手だが、昨年プロデビュー後、先発として好投し、今季はリリーフに戻ったが、フルシーズン1年目でHigh-A/AAで好投した。制球が良い上に、被打率、奪三振率も優秀。来季開幕からの投球次第ではひょっとするとMLBの可能性が出てくるかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Jake Romanski, C (13'-14th)

16' Stats (AA) : 90 G/334 AB/103 H/22 2B/0 3B/4 HR/137 TB/34 R/38 RBI/15 BB/47 SO/0 SB/3 CS/.308 AVG/.338 OBP/.410 SLG/.748 OPS/5 E

評価:B。圧倒的に早打ちだが、三振も非常に少なく、前半戦からAVG .400近くを打ち続け、AAのオールスターゲームにも出場。パワー、選球眼に欠け、大物になる可能性は低そうだが、守備スキルもそこそこで、捕手だけに意外にチャンスがあればMLBに到達するかも。とにかく傘下ではほぼ唯一と言ってよい、まともな打撃を見せる捕手Prospectだ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Yoan Moncada, 2B/3B (15'-Int. FA)

16' Stats (High-A) : 61 G/228 AB/70 H/25 2B/3 3B/4 HR/113 TB/57 R/34 RBI/45 BB/60 SO/36 SB/8 CS/.307 AVG/.427 OBP/.496 SLG/.923 OPS/11 E
16' Stats (AA) : 45 G/177 AB/49 H/6 2B/3 3B/11 HR/94 TB/37 R/28 RBI/27 BB/64 SO/9 SB/4 CS/.277 AVG/.379 OBP/.531 SLG/.910 OPS/9 E
16' Stats (MLB) : 8 G/19 AB/4 H/1 2B/0 3B/0 HR/5 TB/3 R/1 RBI/1 BB/12 SO/0 SB/0 CS/.211 AVG/.250 OBP/.263 SLG/.513 OPS/1 E

評価:A。Benintendiらと同じく、High-Aを圧倒。Futures Gameに出場して、HRを放ちMVPに。AAではHigh-Aで少し削られたパワーを遺憾なく発揮。ボールもよく見るし、High-Aでは開幕から走りまくった。全てのツールに優れ、シーズン半ばの時点で、全マイナーでNo.1 Prospectと呼ばれるように。少し3Bの練習を経て、やや早いながらもMLB昇格までは順風満帆だったが、MLBではBenintendiに比べて、ボールの見極め等で未熟さを露呈。マイナーでも割と三振が多く、特に右打席だけを見ると結構悲惨な成績。来季はそこの成長が期待される。

-------------------------------------------------------------------------------------

Tzu-Wei Lin, SS/2B/3B/CF (12'-Int. FA)

16' Stats (AA) : 108 G/372 AB/83 H/10 2B/5 3B/2 HR/109 TB/39 R/27 RBI/34 BB/55 SO/10 SB/7 CS/.223 AVG/.287 OBP/.293 SLG/.580 OPS/20 E

評価:E。これまでも打撃には疑問を付けられることが多いながらもそれなりの成績を残してきたが、とうとう打力の限界を露呈。Dubon昇格以降は、控え扱いとなった。FILではOFを真剣に練習するようだが、恐らくあと数年マイナーでUTを務めてもらうためだと思われる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mauricio Dubon, SS (13'-26th)

16' Stats (High-A) : 62 G/235 AB/72 H/11 2B/3 3B/0 HR/89 TB/53 R/29 RBI/33 BB/25 SO/24 SB/4 CS/.306 AVG/.387 OBP/.379 SLG/.766 OPS/14 E
16' Stats (AA) : 62 G/251 AB/85 H/20 2B/6 3B/6 HR/135 TB/48 R/40 RBI/11 BB/36 SO/6 SB/3 CS/.339 AVG/.371 OBP/.538 SLG/.909 OPS/8 E

評価:S。毎年、ツールの割によくガンバっているという印象だったが、今季はAAまで打ちこなし、いよいよMLBが視界に入ってきた。選球眼、盗塁といった部分も毎年向上しており、スキル面での評価は高い。High-Aでは0 HRで少し物足りなかったが、AAでは半年で6 HR。High-Aのオールスターゲームの出場。

-------------------------------------------------------------------------------------

Andrew Benintendi, CF/LF (15'-1st)

16' Stats (High-A) : 34 G/135 AB/46 H/13 2B/7 3B/1 HR/76 TB/30 R/32 RBI/15 BB/9 SO/8 SB/2 CS/.341 AVG/.413 OBP/.563 SLG/.976 OPS/1 E
16' Stats (AA) : 63 G/237 AB/70 H/18 2B/5 3B/8 HR/122 TB/40 R/44 RBI/24 BB/30 SO/8 SB/7 CS/.295 AVG/.357 OBP/.515 SLG/.872 OPS/0 E
16' Stats (MLB) : 34 G/105 AB/31 H/11 2B/1 3B/2 HR/50 TB/16 R/14 RBI/10 BB/25 SO/1 SB/0 CS/.295 AVG/.359 OBP/.476 SLG/.835 OPS/1 E

評価:S。開幕からHigh-Aを圧倒すると、AA昇格直後はやや不振だったが、すぐに成績を引き上げた。フラッグディールは多くのチームから要求されたが、フロントは放出を断固拒否。LFの練習を始めると、デッドラインが過ぎた8月にはドラフトから1年強というスピードでMLB昇格。そのMLBでも足首のケガはあったものの、文句無しの打撃を披露しており、LFのレギュラーを掴みかけている。コンタクトはもちろん、選球眼、守備と素晴らしい。盗塁・走塁はもう少し学ぶ必要があるか。パワーは二塁打は多く打つだろうし、HRもある程度打てるだろうが、今年は少し伸び悩んだ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Henry Ramos, RF/CF (10'-5th)

16' Stats (AAA) : 57 G/190 AB/47 H/8 2B/3 3B/5 HR/76 TB/18 R/29 RBI/11 BB/44 SO/4 SB/2 CS/.247 AVG/.285 OBP/.400 SLG/.685 OPS/2 E16' Stats (AA) : 45 G/171 AB/48 H/6 2B/3 3B/3 HR/69 TB/20 R/11 RBI/11 BB/25 SO/3 SB/3 CS/.281 AVG/.330 OBP/.404 SLG/.733 OPS/3 E

評価:D。勝負の年、AAで開幕からしばらく不調だったが、尻上がりに調子を上げ、ようやくAAAへ昇格。そこでもしばらく好調だったし、オーバーマッチという感じではなかったが、選手層の関係で再びAAへ。恵まれたツールを持ちながら、ケガも多く、成長が遅かった。オフにMiLFA。AAAに定着させなかったところを見ても、まだMLBでプレーするにはほど遠いと見られているだろうし、引き留めは無さそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Danny Bethea, C (13'-34th) : 割とコンタクトに優れた選手だが、出場機会もまばらで今年は成績を残せなかった。

Nate Freiman, 1B (16'-MiLFA) : シーズン途中に合流した、地元Massachusetts州出身の1B。パワー面も含めて、チームを引っ張った。

Cody Decker, 1B/LF/RF/3B (16'-MiLFA) : シーズン途中からの助っ人の一人。その割にAVGは低いがチーム最多の14 HR。

Tim Roberson, 1B (11'-UDFA) : 昨年は捕手のみでプレーしたが、今季は逆に守備は1Bのみ。DHでの出場がほとんど。

Reed Gragnani, 2B/3B (13'-21st) : 今季もケガの影響で出遅れ、あまりプレーできず。

Ryan Court, 3B/1B/2B/SS/LF (16'-MiLFA) : Freiman同様、あまりの選手層の薄さでシーズン中に契約した便利屋。パワーは平凡だが、AVGはさすが。

Rainel Rosario, LF/RF/1B (15'-MiLFA) : 昨年まで日本の広島東洋カープでプレーしていた。もう少しパワーのある選手かと思っていたけど、パワーヒッターでないこういう助っ人を獲る広島らしいのかも。

Cole Sturgeon, CF/LF/RF (14'-10th) : ロスターフィラーだが、Prospectの薄さもあって、ほぼフル出場でチーム最多打席。...悲しくなるな。コンタクトはまずまずだけど、割と早打ち。

Aneury Tavarez, RF/LF (10'-Int. FA) : 毎年BOSの選手としては珍しく、ウィンターリーグやWBC等にも精力的に出場しているし、マイナーも割と選手層の薄いところで奮闘していて好きな選手だが、Prospectとしてはあまり扱われていない。今季もAAでの成績は文句無しだったが、AAAには一瞬ロスターの穴埋めで呼ばれたのみ。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Graduates]

Brandon Workman, RHRP (10'-2nd) : 昨年、血小板注入治療等引き延ばした結果、TJとなり、復帰が遅れている。STから投球を開始していたようだが、セットバックが何度もあり、試合でも試合ごとに不安定な投球。オフはしっかり治療し、STから元気な姿を見せて欲しい。

0 件のコメント: