今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2017年1月5日木曜日

17' Draft Watch - Draft Board 2 (HS-RHP)

HS-RHPです。Hunter Greeneはコンセンサスなドラフト#1 Prospectですが、SDへ行かせたい親の戦略もあり、現状全体#1はKyle Wright (Jr.-RHP)が最有力。#2のCINはGreeneを指名してSDに目にものを見せてやって欲しい。Shane Bazがお気に入りですが、こちらもちょっと縁が無さげ。Sam Carlson、Matt Sauer、Blayne Enlowあたりなら順位的には相応だけど、去年GroomeだったからHS-Pは可能性低そう。


[17' Draft Board (HS-RHP)]

Hunter Greene, RHP/SS, Notre Dame HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-3
Weight: 195
Commitment: UCLA
Ranking: BA #1/MLB #1
Projection: At Least #3

Comments: 過去にHS-RHPが全体#1で指名されたことは無く、ここ数年でもTyler Kolek (MIA)やRiley Pint (COL)が#1候補に挙げられながらも最終的には逃してきたが、今年こそその記録が終わるかも。SSとしても一級品なほどのアスリート。優れた体格からの速球は94~96 mphで、最速98 mph程度を記録。少し投げ急ぐ傾向があり、コマンドは不安定も、運動能力の高さから向上の余地はある。ブレイキングボールもシャープ。チェンジアップへの感覚も悪くはない。野手としてもパワーポテンシャルを秘め、守備も飛び抜けてはいないが、悪くない。ただやはり多くの球団は投手として見ているだろう。練習熱心で精神力も評価される。San Diegoに地理的に近いことから、両親が#3指名権を持つSDへ行かせたいらしく、肘の保護を兼ねてこの春はさっさと投手としてはシャットダウンして上位2チームが指名しづらくするという姑息な手段を取っている。


Shane Baz, RHP/3B, Concordia Lutheran HS, TX (HS)

B/T: R-R
Height: 6-3
Weight: 190
Commitment: Texas Christian
Ranking: BA #11/MLB #12
Projection: Top 15

Comments: HRダービーで18 HRを放ったように、3Bとしても先輩のKe'Bryan Hayes (PIT)同様に優れた才能があるが、投手になる方が有力と見られている。90~95 mphの速球は、よく動き、80 mph後半のカッターが多くの空振りを奪う優れたピッチ。スライダー気味にも投げることができ、またカーブとカッター/スライダーをきっちり投げ分けられる選手。チェンジアップはまだまだだが、ソリッドになり得る。HS-Pとしては例外的な多くのレパートリーを持った選手。運動能力が高く、メカニクスも良い。速球の向上も期待できる。お気に入りの選手だが、評価はこの春上昇する一方で、現在HS-RHPではHunter Greeneを除いて#1、Top 15の指名が堅い。


Sam Carlson, RHP, Burnsville HS, MN (HS)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 195
Commitment: Florida
Ranking: BA #21/MLB #15
Projection: Mid 1st round to Late 1st round

Comments: 運動能力が高く、優れた体格から投げる速球は、88~92 mphだったのが、最近常時90 mph前半、最速95 mphとジャンプアップ。体格的にもまだ伸びしろがありそう。沈みが良く、コマンドにも優れる。スライダーも向上しており、チェンジアップも悪くない。同じくMinnesota州の出身で、今年まで同大のエースを務めたLogan Shore (OAK)のように、Florida大へのコミットが最大の懸念かもだが、HS-RHPでも上位を争う評価になっており、ドラ1なら進学は無いだろう。


Matt Sauer, RHP, Righetti HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 195
Commitment: Arizona
Ranking: BA #28/MLB #28
Projection: Late 1st round to Supplemental 1st round

Comments: 非常に優れた体格で、速球は今年は常時91~95 mph、最速97 mphに達した。スリークォーターからのスライダーは87 mphに達するナスティーなボール。チェンジアップは未熟。やや低めのスロットと力の入り気味なフォームからブルペンの方が適正と見るスカウトもいるが、体格・スタッフで上限の高さはトップクラス。


Blayne Enlow, RHP, St. Amant HS, LA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 180
Commitment: Louisiana State
Ranking: BA #33/MLB #29
Projection: Late 1st round to Supplemental 1st round

Comments: HSの先輩にはBen Sheetsなどがいる。速球は90 mph前半で、最速94 mphと、最近のHS-Pとしては飛び抜けてはいないが、体格的にまだ成長の余地があり、更に現状でも深いイニングまで球威を保つことができている点で、無理のない範囲でしっかり球速を出していると言える。またそれ以上に、今クラスのHS-PでNo.1とも言われる12-to-6のパワーカーブが素晴らしい。チェンジアップは平均的だが、イージーなメカニクスでも評価が高い。以前はHunter Greeneに次ぐ#2のHS-RHPだったが、何人かに抜かれたか。


Hans Crouse, RHP, Dana Hills HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-5
Weight: 190
Commitment: Southern California
Ranking: BA #37/MLB #31
Projection: Late 1st round to 2nd round

Comments: マウンドで感情を爆発させるエキセントリックな投手。スタッフもそれに見合うものがあり、まだ少し細い身体から、常時94~96 mphと、威力のあるボールを投げる。セカンドピッチは大きく変化するブレイキングボール。現状はカーブとスライダーの間。チェンジアップは未熟。圧倒的に上半身のパワーに頼った投げ方で、かなり力も入っている。チェンジアップが進歩しなければ、クローザー向きかも。


Tanner Burns, RHP, Decatur HS, AL (HS)

B/T: R-R
Height: 6-0
Weight: 210
Commitment: Auburn
Ranking: BA #38/MLB #39
Projection: Late 1st round to 2nd round

Comments: 上背があまりなく、少しずんぐり目の体格から92~97 mphと威力のあるボールを投げることから、Grant Holmes (OAK)などと比較される。コマンドもまずまず。80 mphに達するカーブもプラスになり得る。HSのファイヤーボーラーにしては、チェンジアップの感覚も悪くない。体格の面がわずかにマイナスポイントだが、スタッフは文句なし。


Steven Jennings, RHP, Dekalb County HS, TN (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 175
Commitment: Mississippi
Ranking: BA #50/MLB #47
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: アメフトのQBとしてもスター選手。昨秋に膝の靭帯を痛めたが、今季は復帰し、むしろ良いプレーを見せている。イージーなメカニクスで、速球は90 mph前半から最速95 mph。85 mphに達するスライダーもプラスの可能性。カーブと使い分けて投げることができる。チェンジアップは未熟。


Michael Mercado, RHP, Westview HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 160
Commitment: Stanford
Ranking: BA #49/MLB #70
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: 長身だが、パワースタッフよりも投球術やコマンドの評価が高い。Tristan Beck (So.-RHP)に似ているとも。速球は88~92 mph。カーブが素晴らしく、膝元から鋭く落ちる。スライダーやチェンジアップも良い。強いコミットでスカウトに敬遠されがちだったが、パフォーマンスが素晴らしく、最近注目度を上げている。


Hagen Danner, RHP/C, Huntington Beach HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 195
Commitment: UCLA
Ranking: BA #62/MLB #41
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: 今クラスのHS選手でもHunter Greeneを除いてトップクラスの2way選手。現状は投手として多くプレーしているが、捕手としても優れた才能がある。どちらでも肩の強さが生かされており、速球は最速94~95 mph。ソリッドなカーブとチェンジアップを投げ、制球にも優れる。運動能力が高く、捕手としも素晴らしいディフェンダーになれる。パワーは平均的だが、スウィングスピードも良い。どちらかに集中すれば、更に評価を上げるポテンシャルがある。


Matt Tabor, RHP, Milton Academy, MA (HS)

Comments: BOS関連選手編を参照。


Caden Lemons, RHP, Vestavia Hills HS, AL (HS)

B/T: R-R
Height: 6-6
Weight: 175
Commitment: Mississippi
Ranking: BA #58/MLB #77
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 今まではその長身から期待されるポテンシャルにスタッフが追いついていなかったが、この春は球速も上昇し、ランキングは上昇中。今季は常時90~93 mph、最速で97 mphを記録。長身からのスリークォーターでよく沈む。長身だけにメカニクスが安定しておらず、変化球は不安定。カーブよりスライダーが良いが、チェンジアップ共々磨く必要がある。


James Marinan, RHP/1B, Park Vista Community HS, FL (HS)

B/T: R-R
Height: 6-5
Weight: 210
Commitment: Miami
Ranking: BA #59/MLB #65
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 元々の球速は87~91 mph程度だったが、この春は92~96 mphとジャンプアップ。評価を上げている。スライダーとカーブの間のようなパワーブレイキングボールも素晴らしい。チェンジアップは間の空いたサードピッチ。伸びしろよりも現状のスタッフが魅力なタイプか。


Alex Scherff, RHP, Colleyville Heritage HS, TX (HS)

B/T: S-R
Height: 6-2
Weight: 210
Commitment: Texas A&M
Ranking: BA #60/MLB #52
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: HSの最初の三年間で三回とも異なる学校でプレー。四年目の今年も別の学校に移る予定だったが、許可が下りず、最初の年にプレーしたHSへ戻った。かなり既に体重のある選手だが、40 lbsほど落としてコンディションに気を付けた結果、速球は常時93~95 mph、最速97 mphに。体格的な伸びしろは小さめだろうが、典型的なテキサンファイヤーボーラーだ。また今クラスでトップレベルのチェンジアップを投げる。ブレイキングボールはスラーブ気味。少し力の入った投げ方で、リリーフと見るスカウトも。


Bryce Bonnin, RHP/SS, Barbers Hill HS, TX (HS)

B/T: R-R
Height: 6-0
Weight: 185
Commitment: Arkansas
Ranking: BA #74/MLB #74
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 以前はSSとしての守備や肩の強さ、運動力の方を評価されていたが、今季は常時90~92 mph、最速95 mphを記録し、投手として評価を上げている。90 mph近いスライダーも評価が高い。チェンジアップは未完成。優れた運動能力を持つが、やや力の入った投げ方と、体格の小ささで、先発に成長できるかが少し疑問も。


Kyle Hurt, RHP, Torrey Pines HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 205
Commitment: Southern California
Ranking: BA #95/MLB #78
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 伸びしろの大きい長身の体格から、ルーズに投げる速球は既に最速94 mph。更に上昇する可能性は高い。現状カーブをセカンドピッチとして投げるが、スリークォーター気味のメカニクスで、スライダーになっていくかも。チェンジアップも比較的使いこなせる。メカニクスの安定性を含め、まだまだ素材だが、伸びしろの大きいタイプ。


Chris McMahon, RHP, West Chester Rustin HS, PA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 190
Commitment: Miami
Ranking: BA #77/MLB #100
Projection: 3rd round to 10th round

Comments: 北東部Pennsylvania州出身。バスケットボールもプレーするアスリート。今季は常時92~93 mph、最速95 mphと球威アップ。カーブは平均以上のボール。チェンジアップもサードピッチながら、三振を奪う時に投げることもあり、HS投手としては整っている。


Jeremiah Estrada, RHP, Palm Desert HS, CA (HS)

B/T: S-R
Height: 6-1
Weight: 180
Commitment: UCLA
Ranking: BA #122/MLB #93
Projection: 3rd round to 10th round

Comments: 上背は無いが、非常にバネのある身体で、運動能力が高い。Marcus Stroman (TOR)に似ているとも。93~95 mphと威力のある速球を投げる。メカニクスも安定している。チェンジアップがセカンドピッチ。遅れて出てくるような腕の振りで、非常にナスティー。カーブはそれに少し劣るが、やはりボールの出どころが見にくく、平均以上のボールになるだろう。

0 件のコメント: