今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年4月3日水曜日

13' Weekly Topics -4/1~4/7

[4/1]

☆ Today's Game (Game 1 @NYY)

祝2013年シーズン開幕!そして敵地で宿敵NYYに快勝でまず1勝。NYYのエースC. C Sabathiaから5.0 IP/8 H/4 R。チーム全体で8 BBを選ぶなど、しっかりボールも選べた。特にMLBデビューとなったJ. Bradley Jr.は、最初の打席で0-2のカウントから7球を投げさせBBを選んだ。MLB初ヒットはお預けとなりましたが、3 BBに経験の浅いLF守備でも素晴らしいキャッチを見せたそう。

Lesterは96球で5.0 IP/5 H/2 ER/2 BB/7 K。悪くはないけど、今のNYY打線ならもうちょっとドミネイトして欲しかった。カッターは昨年よりずいぶん良くなっているようだけど、右打者アウトコースの速球のコマンドが悪く、カーブでもストライクを取れなかったよう。まだ初登板だから仕方ない面もあるけど、スタミナもちょっと切れかかってたようです。

その他では、捕手はやはりSaltyで、7番ではなく6番に。対左ということで微妙なカンジも受けたけど、1 H/3 BBと結果を残した。ただ捕球やフレーミングがイマイチだったそうで、次回もLesterと組むかはわかりませんね。今日は4、5番のNapoli、Middlebrooks(かなりの熱を出していたそう)がブレーキだったけど、1~3番がよく打った。得意の対左で7番を打たされるという扱いのJ. GomesやSTから好調のJ. Iglesiasも好調なスタート。

リリーフも全員が安定した投球でリードを守ったのは良かったが、Lesterが5 IPで降りたとは言え、全員を使う必要があったのかはちょっと疑問。5球しか投げなかった上原とA. Baileyは代える意味がないと思うのだけど。 まだ1試合だけなのでわかりませんが、上原、Baileyではなく、田澤に8回を任せたのが少し驚いた。とは言え、スタッフは素晴らしかったようで、可もなく不可もなしというカンジのSTだったが、特に問題なかったよう。

Lesterは大体が92~94 mphだったようで、リリーフ陣は上原が最速90 mph、A. Millerが98 mph、A. Baileyが95 mph、田澤が96 mph、Hanrahanが99 mphと、各選手球威も出ていたよう。髭をきれいに剃ったKevin YoukilisがNYYの選手として初めてBOSと会いまみえた。NYYスタンドからYooooook !のコールがあったようで、複雑ですが、受け入れてもらっているのは良いことですね。

Result : NYY 2 - 8 BOS (W1-L0)


[4/2]

☆ Minor各クラスのロスターが発表になっています。Minorも開幕ですね。楽しみだ~。


☆ My Prospect Ranking(サイドバー)更新。STで評価アップのWebster、Owens、Ranaudoあたりはランクアップしています。


[4/3]

☆ Today's Game (Game 2 @NYY)

1日空いたが、NYYに2連勝。Buchholzは、7.0 IP/6 H/1 ER/2 BB/4 K。Travis Hafnerの一発のみに抑えた。94球で7 IPを投げ、まずは順調な開幕ですね。打線は2番DHにNava。Victorinoが7番に下がり、対右投手と言うことでMiddlebrooksとSaltyを入れ替えています。

NapoliとMiddlebrooksになかなかヒットが出なかったけど、一応Napoliは1本出た。Middlebrooksもフェンス際まで飛ばした打球があったそう。そしてJ. Bradley Jr.がMLB初ヒット&初打点!おめでとう!J. Iglesiasは今日も2 Hでガンバっています。

リリーフはA. MillerのBBのランナーを含めて、Acevesが3ランHRを被弾。Hanrahanの出番を仰ぐことに(1日空いたし、元々使う予定だったかもしれないけど)。まぁともかく2連勝。明日でスウィープして、ここ数年無かった最高のスタートを切りましょう。

Result : NYY 4 - 7 BOS (W2-L0)


[4/4]

☆ Today's Game (Game 3 @NYY)

ゴロゴロろとまったく...。最後はJ. Bradley Jr.がMariano Riveraの前に見逃しで3球三振。DempsterのBOSデビューは、5.0 IP/5 H/3 ER/4 BB/8 K。多くの三振を奪ったものの、ST後半からやや四球が多く、5 IPで101球を費やした。次回はベテランらしい燃費の良い投球を期待。

やっとMiddlebrooksにもヒットが出たが、良いところで1本が出なかった。Yankee Stadiumの開幕3試合で0 HRということで、Papi不在の影響も大きいのだろうけど、今年の打線の小粒さを改めで認識させられた。

左の強打者は元々Papiしかいない訳だし、右打者だがNapoliやMiddlebrooksの調子が上がってこないとパワー面で苦しくなる。スウィープはできなかったもののアウェーで一応勝ち越しで、先発・リリーフはまずまず。次シリーズでも安定した試合作りを期待したいですね。

Result : NYY 4 - 2 BOS (W2-L1)


[4/5]

☆ Today's Game (Game 4 @TOR)

混戦予想のAL-Eastにおいても、大型補強で最有力とも言われるTOR相手にアウェー初戦を取り、連敗しなかったのは良いですね。昨季の負け犬根性はきれいさっぱり拭い去ったよう。Doubrontは5.0 IP/9 H/3 ER/0 BB/6 K。彼っぽい内容ですね。調子が上がってくるといいな。

リリーフは田澤が失点し、同点に追いつかれてしまったけど、4 IPを計1失点としっかり僅差リードを守り切る戦い方ができている。打線ではNapoliに今季チーム第1号が出て、Middlebrooksも2 H。凄く調子の悪そうな打者がいないのは良い。

J. Iglesiasが肘に死球を当てられて途中交代。ケガ後もしばらくプレーしていたので、重たいものではなさそうですが、せっかく開幕から攻守に素晴らしいプレーを続けていただけに何事もないことを祈ります。もっともS. Drewが既に2試合のリハブをこなし、代役出場のCiriacoも2 Hとあって、仮に離脱しないとしても、どのみちAAA送りが近づいているのかもしれませんが。

Result : TOR 4 - 6 BOS (W3-L1)


[4/6]

☆ Today's Game (Game 5 @TOR)

TORのNo.5スターターJ. A. Happ以下の前に、たったの2安打ゼロ封で敗戦。今季はこういうイライラする試合が多そうですね。さらに悪いことに公式戦復帰初登板となったLackeyが上腕の筋肉を傷めて途中降板。それほど重くはなさそうだけど、詳細はまだわからない。筋断裂とかならひと月程度の離脱は覚悟しないといけないでしょう。代役としては、内部候補だと都合の悪いことにF. Moralesが離脱中で、AcevesかMortensenか。

それとProspectでは、S. WrightとR. De La Rosaはまだコマンドの修正中なので、Websterを前倒しで上げるかというカンジ。取りあえずはAcevesが有力だけど、外部からの補強も視野に入るでしょう。先発余剰のLADはAaron HarangをCOLにトレードしたが、Chris CapuanoやTed Lilly (リハブ中)はまだ余っている。(追記)Harangは既にDFAされ、再びトレードに出されるようです。

Result : TOR 5 - 0 BOS (W3-L2)


[4/7]

☆ Today's Game (Game 6 @TOR)

ここまで長打力の低下を見せていた打線が、6 HR/13 Rと大爆発。BAL、TBが負けたため、地区首位に躍り出ました。何と言っても右へ左へと3 HRを放ったMiddlebrooks。1試合3 HRはチームタイ記録。 しかも最終打席もフェンス際まで打球を飛ばしたそう。二塁打1本を含めて1試合14 TBもチーム史上でも上位に入る。Napoliも2 HRを放ち、長打力で引っ張って欲しい選手たちが打ったのは良かったですね。死球で肘を痛めたJ. Iglesiasですが、1日休んだだけで元気に復帰。

David Price (TB)、Cole Hamels (PHI)、Stephen Strasburg (WAS)、Matt Cain (SF)らの各チームエースが打たれる中、Lesterは得意のTOR相手に7.0 IP/5 H/0 ER/0 BB/6 K。100球で7 IPを投げる、これぞエースの投球。明日は、BALとのホーム開幕戦。この勢いでBuchholzを援護しましょう。

Result : TOR 0 - 13 BOS (W4-L2)


☆ 昨日LADからCOLにトレードされた直後にDFAされたAaron HarangにBOSが興味だそうです。すでにDFAされているので、見返りは大きくはないでしょうが、HOUやMINも興味だそうで、多少のものは必要となりそう。Acevesがそこそこ投げてくれれば、彼のトレード価値の向上という意味でも理想的なんですがね。

0 件のコメント: