今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2012年9月20日木曜日

12' Minor League Stats - Ex-Sox Prospects

トレードなどでBOSから離れたEx-Prospectの成績のまとめです。スタッツを取り上げるのは基本的に評価の高めな選手だけにしました。Anthony Rizzoが順調に育って卒業した他、Casey KellyとStephen Fifeが好印象なMLBデビューを飾った。Miguel GonzalezもBALで驚きの先発定着。Minorでは、Miles Headが大ブレイク。あとは全体的に今一つな印象。


[Pitchers]

☆ Casey Kelly (SD), RHSP (08'-1st)

12' Stats (Rk): W0-L1/4.00 ERA/3 G/3 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/9.0 IP/10 H/8 R/4 ER/0 HR/0 BB/7 K/0.92 GO/AO
12' Stats (AA): W0-L1/3.78 ERA/3 G/3 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/16.2 IP/11 H/8 R/7 ER/1 HR/3 BB/18 K/1.07 GO/AO
12' Stats (AAA): W0-L0/2.25 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/12.0 IP/12 H/3 R/3 ER/0 H
R/0 BB/14 K/1.63 GO/AO

ケガに悩まされたシーズンだったようだが、復帰後はMinorで順調にリハブを重ね、8 Gに投げた後、MLBデビューを飾った。MLB初登板で初勝利を飾ったが、その後は連続で打ちこまれた。Petco Parkを加味しても、まだMLBへ適応している段階だろう。Minorでは少ないサンプルながらも、制球・ゴロ率といった持ち味に加えて、奪三振力も上がっており、数年以内にはソリッドなNo.3スターターになると思うが。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Stephen Fife (LAD), RHSP (08'-3rd)

12' Stats (AAA): W11-L7/4.66 ERA/25 G/24 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/135.1 IP/157 H/85 R/70 ER/13 HR/44 BB/93 K/1.65 GO/AO

今季元BOSの投手Prospectの中でも、もっとも躍進した選手かも。PCLということもあり、AAAでの成績は平凡だが、しっかりとゴロを打たせてイニングを稼ぐスタイルでMLB昇格を勝ち取った。初戦ではRoy Halladay (PHI)と投げ合う好投を見せ、その後もしっかり投げている。速球の球速は平凡だが、カッター系(?)でよく動いて沈んでいるし、ブレイキングボール、チェンジアップとしっかり使いこなせている。コマンドを磨き続ければ、しっかりとしたワークホースとなれる。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Raul Alcantara (OAK), RHSP/RP (09'-Int. FA)

12' Stats (Low-A): W6-L11/5.08 ERA/27 G/17 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/102.2 IP/119 H/64 R/58 ER/12 HR/38 BB/57 K/1.27 GO/AO

一緒にOAKにトレードされたJosh ReddickとMiles Headが大活躍している時点で大損だが、彼に関してはLow-Aで苦しんでいる。セカンドピッチは未熟と言われていたが、やはり三振が獲れていない。7月にリリーフに移っている。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Roman Mendez (TEX), RHSP/RP (07'-Int. FA)

12' Stats (Rk): W0-L1/3.00 ERA/3 G/3 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/9.0 IP/7 H/3 R/3 ER/1 HR/1 BB/7 K/0.67 GO/AO
12' Stats (High-A): W4-L6/5.14 ERA/18 G/12 GS/0 CG/0 SHO/1 SV/70.0 IP/69 H/43 R/40 ER/7 HR/25 BB/71 K/0.86 GO/AO
12' Stats (AA): W2-L0/1.46 ERA/5 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 SV/12.1 IP/8 H/3 R/2 ER/2 HR/4 BB/9 K/0.45 GO/AO

腕は確かだと思うが、TEX移籍以降苦しんでいる。コマンド・制球に難があり、球威の割には簡単に打たれる印象。今季はHigh-Aでイマイチで、リリーフ転向。これで持ち直したのか、AA昇格を勝ち取っている。コマンド・セカンドピッチ以降を磨けるかがカギ。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Kyle Weiland (HOU), RHSP : 今季はMinorでプレーしていないが、一応まだ新人王資格を残しているということで。HOUに移り、開幕ローテに入ったが、3 Gに投げたところで腕のケガで離脱。シーズンを棒に振っている。来季は心機一転、もう一度ローテ確保にガンバってもらいたい。

☆ Jose Alvarez (MIA), LHSP : AAでそこそこ投げている。奪三振率は良くないが、制球は非常に良い。安定してイニングを稼いでいるし、もしかしたらMLBデビューの可能性も。

☆ Mike Lee (BOS to ATL), RHSP/RP : 今季BOSのAAから途中でリリースされたが、ATLに拾われて、High-Aのローテでぼちぼち投げている。

☆ Hunter Strickland (PIT), RHSP/RP : High-Aで先発で投げるもあまり三振を獲れず、AAでリリーフに移っている。後半戦は成績が良く、ゴロ率も高め。07年同期のHuntzingerやPresslyと似たような状況。

☆ Kris Johnson (PIT), LHSP/RP : ウチの選手が好きな印象のあるPITのAA/AAAでスウィングマンとして投げている。やはりAAではまずまずもAAAではダメ。対左はそこそこ良くなっているので、LOOGYならチャンスはあるかも。

☆ Derrick Loop (LAD), LHSP/RP : AAAAタイプになってはいるが、AAAAのスウィングマンでまずまず。リリーフの方が成績が良く、対左の方が良いので、上がってくるとしたらLOOGYだろう。

☆ Fabian Williamson (ATL), LHSP/RP : 開幕時はInd. Leagueで投げていたが、ATLと契約。スウィングマンでそこそこ投げているがLow-Aということもあるか。

☆ Craig Hansen (NYM), RHRP : 昨季1年プレーしなかったが、NYM傘下で復帰。SS-A/Low-Aで投げたが、以前とあまり変わらず制球難。弟もプロ入りしたし、ガンバって欲しいんですが。

☆ Robert Coello (TOR), RHRP : 今季はTOR傘下に移っている。AAAでは悪くないが、MLBでは打たれている。

☆ Daniel Turpen (MIN), RHRP : Kevin SloweyのトレードでMINへ。AA/AAAで投げているが平凡。

☆ Miguel Socolovich (TOR), RHRP : 長いMinor生活を続け、今季BALでMLBデビュー。DFAされたが、CHCにClaimされて、再び機会をもらっている。

☆ Jason Rice (ATL), RHRP : MiLFAで今季はATLへ。16 Gに投げたあとDL入り。

☆ Eammon Portice (LAD), RHRP : BOSのAAでぼちぼち投げていたがリリースその後LADに拾われている。AAで打たれ、High-Aに降格したみたい。

☆ Bryan Price (CLE), RHRP : AAでまずまずでAAAに昇格したが、打ち込まれている。元ドラ1としては微妙なところだが、ミドルリリーフくらいにはなるかも。

☆ Kendal Volz (KC), RHRP : AAでしっかり投げていたが、5月を最後に引退してしまった。ケガだったのか?リリーフとしてはかなり好きな選手だったが。09年のドラフトで早すぎる引退。残念です。

☆ Juan Rodriguez (LAD), RHRP : LAD傘下で投げているが、やはり制球に苦しんでおり、Low-Aに降格している。

☆ Nelson Arguila (TB), RHRP : 一旦契約したが、メディカルか何かで契約破棄になった選手。元BOSと言えるか微妙だが、TBのDSLチームでぼちぼち投げている。

☆ Eduardo Medina (TB), RHRP : 今季もTBのVSLチームで投げている。ロスターフィラー扱いでしょう。

☆ Nick Hagadone (CLE), LHRP : 一応こちらもまだ新人王資格持ちですが、ほぼMLBでのプレーとなっているので、軽くメモだけ。今季も三振は奪っているが、再び制球難に。フライボーラー傾向も強くなっている。打たれた試合での態度かなにかの問題で、チームから出場停止を食らっていたような。

☆ Cesar Cabral (NYY), LHRP : 案の定Rule 5でピックされ、KC経由でNYYへ。しかし肩のケガだったかで、1年全休。

☆ Hunter Cervenka (CHC), LHRP : Marlon Byrdのトレードが随分昔のことに思えますが、BOSのLow-Aで少し投げたあと、CHCへ。CHC傘下のLow-A/High-Aで投げています。今季から短めのイニングに集中し、まずまずの奪三振率とゴロ率を残している。制球さえ改善すればリリーフとしては可能性があると思う。

☆ Tommy Hottovy (KC), LHRP : KC傘下AAAで50.0 IP/2.52 ERA/61 Kとガンバっている。対左もほぼ完璧で、MLBでもまずまず。

☆ Andrew Dobies (KC), LHRP : KC傘下で2試合に投げたが、その後リリース。

☆ John Killen (KC), LHRP : KC傘下で投げているがよく打たれている。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

☆ Tim Federowicz (LAD), C (08'-7th)

12' Stats (AAA): 115 G/412 AB/121 H/34 2B/1 3B/11 HR/190 TB/71 R/76 RBI/52 BB/91 SO/0 SB/1 CS/.294 AVG/.371 OBP/.461 SLG/.832 OPS

PCLの環境もあるとはいえ、この2年AAAでよく打っているが、今季は上でA. J. Ellisがブレイクしたためほとんど出番なし。来季はEllisのBackup捕手として使われるかもしれないが、ベテランを好むのであれば、他のチームにトレードされるかも。ウチが買い戻して、Lavarnwayと同期捕手コンビというのもちょっと期待してたりして。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Luis Exposito (BOS to BAL), C (05'-31st)

12' Stats (AAA (BOS)): 3 G/10 AB/2 H/2 2B/0 3B/0 HR/4 TB/1 R/1 RBI/1 BB/2 SO/0 SB/0 CS/.200 AVG/.273 OBP/.400 SLG/.673 OPS
12' Stats (Rk): 5 G/17 AB/4 H/0 2B/0 3B/0 HR/4 TB/1 R/1 RBI/0 BB/0 SO/0 SB/0 CS/.235 AVG/.235 OBP/.235 SLG/.471 OPS
12' Stats (AAA): 55 G/205 AB/55 H/11 2B/1 3B/6 HR/86 TB/26 R/23 RBI/18 BB/35 SO/0 SB/2 CS/.268 AVG/.317 OBP/.420 SLG/.745 OPS

結局BOSのMLBチームでは一度も打席に立つことなく、シーズン途中でBALへ。1年半ほど40人ロスターを埋めつづけ、今季はBOSのAAAでLavarnwayの控えで開幕。その後40人枠が必要になりDFAしたところをClaimされました。打撃成績は、少し上がってきてはいますが、パワーを失ったままで、物足りないのは確か。BALでMLBデビューしていますが、対応できていないよう。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Lars Anderson (BOS to CLE), 1B/LF (06'-18th)

12' Stats (AAA (BOS)): 93 G/340 AB/88 H/22 2B/3 3B/9 HR/141 TB/49 R/52 RBI/56 BB/89 SO/1 SB/0 CS/.259 AVG/.359 OBP/.415 SLG/.774 OPS
12' Stats (AAA): 18 G/56 AB/11 H/5 2B/0 3B/0 HR/16 TB/4 R/7 RBI/9 BB/18 SO/0 SB/0 CS/.196 AVG/.319 OBP/.286 SLG/.605 OPS

今季はLFに挑戦したりもしていたけど、肝心な打撃でまたも奮わず。ボールは選ぶのだが、なかなかAVGが上がってこないし、パワーも1Bとしては致命的。これまで今季こそは、とずっと見てきたけど、さすがにこれではそろそろ限界。CHCで順調に主砲に成長しつつあるRizzoとの差は開くばかり。環境も変わって、来季新たなスタートを切れると良いですが。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Miles Head (OAK), 3B/1B (09'-26th)

12' Stats (High-A): 67 G/267 AB/102 H/23 2B/6 3B/18 HR/191 TB/57 R/56 RBI/23 BB/55 SO/3 SB/0 CS/.382 AVG/.433 OBP/.715 SLG/1.149 OPS
12' Stats (AA): 57 G/213 AB/58 H/9 2B/2 3B/5 HR/86 TB/25 R/28 RBI/16 BB/75 SO/0 SB/1 CS/.272 AVG/.338 OBP/.404 SLG/.741 OPS

California Leagueとはいえ、とんでもなく打って前半戦の話題をさらった。Reddickだけでも十分負けのA. Baileyのトレードをさらに印象悪くしている。AAに上がったあともまずまず打っているが、さすがに若干成績は落とした。また少し早打ち気味になっているのは気になる。守備は再び3Bで少し試されているが、将来的にはやはり1Bだろうと見られている。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Oscar Tejeda (PIT), LF/2B/SS (06'-Int. FA)

12' Stats (AA (BOS)): 51 G/202 AB/53 H/12 2B/0 3B/5 HR/80 TB/18 R/31 RBI/9 BB/41 SO/2 SB/1 CS/.262 AVG/.294 OBP/.396 SLG/.690 OPS
12' Stats (AA): 54 G/198 AB/48 H/13 2B/1 3B/3 HR/72 TB/23 R/28 RBI/15 BB/42 SO/3 SB/0 CS/.242 AVG/.292 OBP/.364 SLG/.656 OPS

今季LFに移り、守備の負担を軽減して臨んだが、向上が見られず、40人枠の確保のためにDFAしたところをPITに奪われた。Luis Expositoと同様、40人枠を占めつづけた挙句、MLBを経験することなく移籍。こういうムダはなくさないといけないですね。しかし何もRule 5ドラフト直前のシーズンだけ活躍せんでも...。PITではOFに加えて、SSなども守っており、UTとして使われるのかも。早打ちなのは一向に治らず、二塁打はまずまず打っているが、イマイチHRパワーは上がってこない。シーズン後半にDFAされている。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Reymond Fuentes (SD), CF (09'-1st)

12' Stats (AA): 136 G/473 AB/103 H/20 2B/4 3B/4 HR/143 TB/53 R/34 RBI/52 BB/133 SO/35 SB/9 CS/.218 AVG/.301 OBP/.302 SLG/.604 OPS

昨季まずまず打っていたが、今季はAAへの適応に失敗。パワー面、選球眼などわずかに進歩しているようだが、それ以上にAVGの落ち込みが激しい。まだ若いし、昨年は打者天国のCalifornia Leagueでプレーしたということもあり、大きなギャップも確かにある。来季が正念場でしょう。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Engel Beltre (TEX), CF (06'-Int. FA)

12' Stats (AA): 133 G/564 AB/147 H/17 2B/17 3B/13 HR/237 TB/80 R/55 RBI/26 BB/118 SO/36 SB/10 CS/.261 AVG/.307 OBP/.420 SLG/.727 OPS

最初にAAに到達して4年が経つが、今季も大きな進歩は見られず。初めてシーズン2ケタHRに乗せ、17三塁打というのもインプレッシブだが、肝心の早打ち傾向は全く変わらず。まだ23歳だが、そろそろProspectとしての立場は怪しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Jeremias Pineda (BOS to MIN), CF (11'-Int. FA)

12' Stats (GCL (BOS)): 36 G/133 AB/56 H/9 2B/3 3B/0 HR/71 TB/20 R/22 RBI/5 BB/22 SO/14 SB/7 CS/.421 AVG/.447 OBP/.534 SLG/.981 OPS
12' Stats (GCL): 16 G/59 AB/14 H/0 2B/1 3B/1 HR/19 TB/8 R/3 RBI/6 BB/16 SO/9 SB/2 CS/.237 AVG/.318 OBP/.322 SLG/.640 OPS

BOSのGCLでAVG .421と打ちまくって、Valenciaの見返りとしてMINへトレード。その後成績を落とした。スピードは素晴らしく、上のクラスでも当てられるかがキー。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Chih-Hsien Chiang (SEA), RF/LF (05'-Int. FA)

12' Stats (AA): 77 G/290 AB/73 H/18 2B/3 3B/5 HR/112 TB/27 R/37 RBI/17 BB/57 SO/3 SB/2 CS/.252 AVG/.289 OBP/.386 SLG/.676 OPS
12' Stats (AAA): 40 G/159 AB/39 H/6 2B/0 3B/2 HR/51 TB/14 R/11 RBI/5 BB/21 SO/0 SB/2 CS/.245 AVG/.265 OBP/.321 SLG/.586 OPS

SEA移籍後鳴かず飛ばず。今季はAAAで開幕も、AAに降格したよう。相変わらず早打ちで、しっかりボールを見極めないと。昨季前半戦がフロックと言われるのも心苦しいですし。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Dusty Brown (TEX), C : 今季はTEX傘下のAAAでデプスとしてプレーしたよう。

☆ Aaron Bates (MIN to STL), 1B/OF : 昨季はMINのAAAでAVG .316としっかり打っていたが、今季は同じ環境でAVG .238と不調。STLに移ったようだが、そこでも打てずでリリースされている。

☆ Chris McGuiness (TEX), 1B : 昨季はさっぱりだったが、今季はTEXのAAで23 HRとまずまず打っている。選球眼もしっかりしているし、もう少しAVGが伸びれば面白いかも。

☆ Jair Bogaerts (CHC), 1B/C : Theo Epstein前GMの移籍に絡んでCHCに行ったが、どうやらリリースされたよう。Xanderと双子なのにここまで違うものか。

☆ Argenis Diaz (DET), SS : 今季はDET傘下へ。相変わらず全くパワーがないが、このタイプの選手としては、それなりにAAAで安定して当てている。

☆ Kris Negron (CIN), UT : 今季CINでMLBデビュー。おめでとう。UTとして生き残れるようガンバって欲しい。

0 件のコメント: