今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2012年9月14日金曜日

12' Minor League Stats - Portland Sea Dogs (AA)

AA Portlandのスタッツです。序盤全く勝てず、相変わらず上層の薄さを感じさせましたが、後半はBrentzやHazelbakerの復調、X. Bogaerts、J. Bradley Jr.、Shaw、C. Vazquezらの昇格があり、魅力的なクラスに。特にBogaertsはホントに素晴らしかった。一方、Ranaudo、Vitekのドラ1コンビは不甲斐なさすぎる。


[Pitchers]

☆ Allen Webster, RHSP (12'-Acquired from LAD)

12' Stats (AA (LAD)): W6-L8/3.55 ERA/27 G/22 GS/0 CG/0 SHO/2 HLD/2 GF/0 SV/121.2 IP/120 H/63 R/48 ER/1 HR/17 HB/57 BB/117 K/1.45 WHIP/2.05 GO/AO
12' Stats (AA): W0-L1/8.00 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/9.0 IP/13 H/8 R/8 ER/1 HR/2 HB/4 BB/12 K/1.89 WHIP/2.00 GO/AO

評価:-。スタッツだけから見ると、やや高く評価され過ぎているような気もするが、高いゴロ率を含め、しっかりとした先発Prospectなのは間違いない。BOS傘下ではたったの2試合のみで、実力を見せつけるにはいたらなかったが、やはりゴロを打たせることはできている。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Anthony Ranaudo, RHSP (10'-1st Supp.)

12' Stats (AA): W1-L3/6.69 ERA/9 G/9 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/37.2 IP/41 H/29 R/28 ER/4 HR/3 HB/27 BB/27 K/1.81 WHIP/0.67 GO/AO

評価:E。オフにBrittonとトレーニングし、STでは97 mphまで出たと期待が高まったのだが。そこからケガで出遅れ、5月にやっと試合に戻るが、速球は80 mph後半のことも。9試合に投げただけで、デッドアームでシーズン終了。1年を完全にムダにした。

-------------------------------------------------------------------------------------

Brandon Workman, RHSP (10'-2nd)

12' Stats (High-A): W7-L7/3.40 ERA/20 G/20 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/113.2 IP/104 H/47 R/43 ER/10 HR/1 HB/20 BB/107 K/1.09 WHIP/1.09 GO/AO
12' Stats (AA): W3-L1/3.96 ERA/5 G/5 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/25.0 IP/23 H/12 R/11 ER/2 HR/0 HB/5 BB/23 K/1.12 WHIP/0.72 GO/AO

評価:B。個人的にはかなりポジティブなシーズンだった。High-Aではドミナントというよりはしっかり投げた程度の登板が多かったが、特にK/BBの良さもあり、安定してイニングを稼いだ。AA昇格後も1試合を除いてしっかり投げた。ややMax Effort気味に投げる選手で、そのため先発としての将来性は人によって意見がわかれている(Full Countは先発派、SP.comはリリーフ派など)が、本人はスタミナに自信を持っており、実際6回の成績もむしろ良い。個人的には先発肯定派。まだAAに完全に適応したわけではないし、セカンドピッチを伸ばさない限りローテ下位になるだろうが、来季もAAでしっかり結果を残し、MLBのローテに名乗りをあげて欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Drake Britton, LHSP (07'-23rd)

12' Stats (High-A): W3-L5/5.80 ERA/10 G/8 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/45.0 IP/42 H/35 R/29 ER/5 HR/4 HB/19 BB/42 K/1.36 WHIP/1.35 GO/AO
12' Stats (AA): W4-L7/3.72 ERA/16 G/16 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/84.2 IP/86 H/41 R/35 ER/3 HR/1 HB/38 BB/76 K/1.46 WHIP/1.21 GO/AO

評価:B。失望のシーズンとなった昨季から一転、High-Aでしっかり投げると、AAでも大崩れすることなく、しっかりとローテで投げました。まだ制球にはやや不安を感じるけど、そこそこ三振も奪えており、ゴロも打たせている。ただ速球のコマンドを優先し、ややアームスロットを下げたそうで、かつてプラス以上になるかもと言われたカーブは平凡以下のピッチに。リリーフから、もしかすれば先発下位と、少し期待は取り戻したが、以前のようなフロントラインの可能性はなくなった。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Stolmy Pimentel, RHSP (06'-Int. FA)

12' Stats (AA): W6-L7/4.95 ERA/22 G/22 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/115.2 IP/115 H/66 R/59 ER/9 HR/2 HB/42 BB/86 K/1.36 WHIP/1.34 GO/AO

評価:B。こちらも酷い昨シーズンから、コマンドを磨いて、立て直してきた。まだコマンドが乱れて、醜い登板をすることもあるけど、後半戦は3.17 ERAと、そういった試合は減っている。球威の上昇から、被打率もシーズンが進むにつれ向上。とは言え、13年終了後にはオプション切れで、来季は先発で使われるなら、頭から結果が求められる。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Chris Balcom-Miller, RHRP/SP (10'-Acquired from COL)

12' Stats (AA): W4-L5/4.41 ERA/26 G/12 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/3 GF/0 SV/85.2 IP/79 H/46 R/42 ER/9 HR/10 HB/49 BB/61 K/1.49 WHIP/2.64 GO/AO

評価:C。先発でスタートし、まずまずの出足だったが、そこからコマンドを見失いボロボロに。しかしリリーフ転向後、落ち着きを取り戻した。元々先発としては苦しいかもと言われており、今後はリリーフとして、上を伺うことになる。リリーフでも支配力はもう一歩だが、凄まじいゴロ率には磨きがかかっており、これだけリリーフProspectが豊富な年でなければ、もう少し注目されていたかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Ryan Pressly, RHRP/SP (07'-11th)

12' Stats (High-A): W5-L3/6.28 ERA/20 G/12 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/4 GF/0 SV/76.0 IP/86 H/58 R/53 ER/9 HR/4 HB/26 BB/61 K/1.47 WHIP/1.31 GO/AO
12' Stats (AA): W2-L2/2.93 ERA/14 G/0 GS/0 CG/0 SHO/2 HLD/7 GF/0 SV/27.2 IP/23 H/9 R/9 ER/2 HR/0 HB/10 BB/21 K/1.19 WHIP/0.97 GO/AO

評価:B。High-Aで先発でスタートしたが、不安定な登板が続き、フロントがリリーフ転向を決断。最速96 mph程度と速球の球威が増し、8 Gに投げたあとAAへ昇格を勝ち取った。AAでもしっかり投げている。セカンドピッチを磨けば、リリーフでMLBまで上がってくるポテンシャルはあると思う。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Caleb Clay, RHRP (06'-1st Supp.)

12' Stats (AA): W3-L3/4.61 ERA/34 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/17 GF/9 SV/66.1 IP/76 H/37 R/34 ER/12 HR/4 HB/19 BB/61 K/1.43 WHIP/0.82 GO/AO

評価:D。昨季のAFLでリリーフとしての成長を見せたが、今季もまずまずとは言え、支配的とは言い難い内容。悪くはなくなってきていますが、オフには40人枠に入らない限りMiLFA。元ドラ1なのにもったいない。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Aaron Kurcz, RHRP (12'-Acquired from CHC)

12' Stats (AA): W3-L4/3.04 ERA/29 G/0 GS/0 CG/0 SHO/6 HLD/13 GF/4 SV/50.1 IP/42 H/21 R/17 ER/4 HR/2 HB/27 BB/72 K/1.37 WHIP/0.48 GO/AO

評価:B。Theo Epstein前GMのCHC移籍の補償として、CarpenterのおまけのようなカンジでBOSに来たが、予想を良い方向に大きく裏切る活躍。リーグでもかなり若い部類に入るが、切れのある速球を武器に50.1 IP/72 Kと素晴らしい奪三振率を残した。後半戦をケガでほとんど棒に振ったのが玉に傷だが。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Michael Olmsted, RHRP (11'-UDFA)

12' Stats (High-A): W0-L2/2.29 ERA/33 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/28 GF/16 SV/39.1 IP/25 H/13 R/10 ER/1 HR/2 HB/8 BB/61 K/0.84 WHIP/0.55 GO/AO
12' Stats (AA): W0-L0/0.00 ERA/14 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/12 GF/3 SV/20.0 IP/11 H/5 R/0 ER/0 HR/1 HB/7 BB/31 K/0.90 WHIP/0.76 GO/AO

評価:A。今季のサプライズの1人。昨季もLow-Aで地味に素晴らしい数字を残していたが、今季はHigh-A/AAでこれまた素晴らしい奪三振率。High-AのAll-Starゲームにも出場した。ややフライボーラー傾向はあるが、優れた体格から、安定して96~97 mphまで叩き出す。オフにMiLFAだが、なんとか枠を作って来季も保持しておきたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Mike MacDonald, RHSP : スターター不足で、シーズン途中に契約したMaine出身の右腕。内容な平凡。

☆ Chris Martin, RHRP/SP : 昨季の活躍で、UDFAながら今季はAAの開幕ローテに入ったがやや不安定で、7月はケガで離脱。復帰後はリリーフに移っている。やや停滞のシーズンとなったが、スタッフ自体はそこまで悪くないと思う。年齢は高いが、まだRule 5までも時間があるし、じっくり磨きたい。

☆ Jeremy Kehrt, RHRP/SP : Minorのスウィングマンだが、AAの投手陣の薄さもあり、多くの先発機会を得ている。ゴロはよく打たせる。

☆ Jason Urquidez, RHRP/SP : 先発不足で途中契約。その後他の選手の加入に伴いリリーフへ。ERAは良かったが、内容は平凡。

☆ Will Latimer, LHRP : 5、6月はよく投げ、7月には2試合に先発機会ももらったが、打ち込まれる登板も多かった。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

☆ Christian Vazquez, C (08'-9th)

12' Stats (High-A): 81 G/293 AB/78 H/17 2B/0 3B/7 HR/116 TB/43 R/41 RBI/40 BB/70 SO/2 SB/2 CS/.266 AVG/.360 OBP/.396 SLG/.756 OPS/9 E
12' Stats (AA): 20 G/73 AB/15 H/4 2B/0 3B/0 HR/19 TB/11 R/5 RBI/8 BB/9 SO/0 SB/0 CS/.205 AVG/.280 OBP/.260 SLG/.541 OPS/3 E

評価:B。昨季の18 HRから言えば、7 HRは寂しいし、AVG面でも特に前半戦High-Aへの適応に苦しんだが、まずまずボールを見れているし、守備の評価も継続して高い。捕手というポジションと、年齢も考えてB評価にしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Travis Shaw, 1B/3B (11'-9th)

12' Stats (High-A): 99 G/354 AB/108 H/31 2B/3 3B/16 HR/193 TB/69 R/73 RBI/59 BB/81 SO/11 SB/2 CS/.305 AVG/.411 OBP/.545 SLG/.957 OPS/13 E
12' Stats (AA): 31 G/110 AB/25 H/13 2B/0 3B/3 HR/47 TB/13 R/12 RBI/21 BB/34 SO/1 SB/1 CS/.227 AVG/.353 OBP/.427 SLG/.781 OPS/2 E

評価:A。ドラ9から、傘下のNo.1 1B Prospectへと大出世。High-Aで素晴らしい選球眼を見せた後、早くもAAへ。こちらではコンタクトにやや苦しんだものの、パワー・選球眼は悪くない。来季途中には1Bのデプスで考慮できるようになりそうだが、パワー面で、MLBのレギュラー1Bはやや厳しいかもしれないし、できれば少し3Bも守れるようにしてもらいたいのだが。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Kolbrin Vitek, 3B (10'-1st)

12' Stats (GCL): 4 G/11 AB/3 H/1 2B/0 3B/0 HR/4 TB/4 R/2 RBI/2 BB/0 SO/0 SB/0 CS/.273 AVG/.357 OBP/.364 SLG/.721 OPS/0 E
12' Stats (SS-A): 2 G/8 AB/2 H/1 2B/0 3B/0 HR/3 TB/1 R/1 RBI/0 BB/2 SO/0 SB/0 CS/.250 AVG/.250 OBP/.375 SLG/.625 OPS/1 E
12' Stats (AA): 46 G/186 AB/45 H/13 2B/1 3B/1 HR/63 TB/14 R/10 RBI/10 BB/47 SO/0 SB/0 CS/.242 AVG/.284 OBP/.339 SLG/.623 OPS/8 E

評価:E。さっぱりな上にケガで1年の半分をムダにした。ドラフト時にCFでもと言われた選手が、一度も走りさえしないのは非常に不満。全体20位指名は大失敗だった。だから素直にNick Castellanos (DET)をピックしておけば良かったのに。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Xander Bogaerts, SS (09'-Int. FA)

12' Stats (High-A): 104 G/384 AB/116 H/27 2B/3 3B/15 HR/194 TB/59 R/64 RBI/43 BB/85 SO/4 SB/4 CS/.302 AVG/.378 OBP/.505 SLG/.883 OPS/17 E
12' Stats (AA): 23 G/92 AB/30 H/10 2B/0 3B/5 HR/55 TB/12 R/17 RBI/1 BB/21 SO/1 SB/1 CS/.326 AVG/.351 OBP/.598 SLG/.948 OPS/4 E

評価:S。今季も年齢よりはるか上のリーグを完璧に打ちこなし、傘下No.1 Prospectの座を不動にしつつある。昨季ほどのペースではないにしろ、今季も中盤以降数字を伸ばし、20 HRに到達。年齢の割には波が小さく、そこそこ四球も選べている。High-Aだけでなく、AA昇格後も素晴らしく打っており、打力に関してはもはや疑いないレベル。SS守備に関しては、やはり将来的にはコンバートと見られているが、上達を続けており、近い将来にはその必要がないと見られるようになってきている。SSでのMLB昇格の可能性も出てきたかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Derrik Gibson, SS/3B (08'-2nd)

12' Stats (AA): 114 G/437 AB/110 H/30 2B/0 3B/13 HR/179 TB/62 R/61 RBI/39 BB/128 SO/17 SB/9 CS/.252 AVG/.322 OBP/.410 SLG/.732 OPS/5 E

評価:D。5月は好調だったが、あとはさっぱり。ここ数年と似た傾向で、M-IFとしてはまずまず四球を選んでいるが、AVGが伸びない上に、パワーは全くない。X. Bogaerts昇格後はVitek不在の3Bに回ることが多かった。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Jackie Bradley Jr., CF (11'-1st Supp.)

12' Stats (High-A): 67 G/234 AB/84 H/26 2B/2 3B/3 HR/123 TB/53 R/34 RBI/52 BB/40 SO/19 SB/7 CS/.308 AVG/.352 OBP/.536 SLG/.888 OPS/9 E
12' Stats (AA): 61 G/229 AB/62 H/16 2B/2 3B/6 HR/100 TB/37 R/29 RBI/35 BB/49 SO/8 SB/3 CS/.271 AVG/.373 OBP/.437 SLG/.809 OPS/3 E

評価:A。カレッジのJuniorのシーズンに成績を残せず、やや懐疑的な見方もあったが、結果的には、大成功のピックになった。AVGはもちろん、High-Aでは、MLB/Minor全カテゴリーを通じてOBPで首位を走り続け、守備に関しても言わずもがな。High-AのAll-Starゲームに選ばれ、終盤には満を持してAAに昇格。さすがにややトーンダウンしたが、昇格後HRも比較的出ており、来季にさらに期待が高まる。

-------------------------------------------------------------------------------------

☆ Peter Hissey, CF/RF/LF (08'-4th)

12' Stats (AA): 70 G/236 AB/59 H/14 2B/1 3B/1 HR/78 TB/21 R/27 RBI/17 BB/47 SO/15 SB/5 CS/.250 AVG/.298 OBP/.331 SLG/.629 OPS/3 E

評価:D。STで身体が強くなっており、良い状態と聞いていたが、開幕から数試合打てずで、その後DL入り。復帰後6、7月と打てていたが、最後は尻すぼみ。二塁打は少し増えており、向上した面も感じなくはないが、今季もやはり本来の期待にそうことはできず。

-------------------------------------------------------------------------------------

Matt Spring, C/1B : 昨季は控えとしてはまずまず打っていたが、今季は成績ダウン。

Drew Hedman, 1B/OF : 1Bと両翼でプレー。High-Aで中盤戦成績を上げ、AAに。

Zach Gentile, 2B/OF : 今季は2Bに加えて両翼も守った。何やかんやで機会を得ているけど、DentやGibsonもそろそろ控えに降格してくるし、リリースの可能性も。

☆ Marquez Smith, 3B/2B : Vitekの離脱で空いた3Bを埋めるために契約。結構よくやっていたので、場合によっては再契約もあるかも。

☆ Ronald Bermudez, OF : AAとAAAでプレー。今季も上層の控えOFとしてまずまず打っているが、Prospectという範疇ではなくなった。

☆ Shannon Wilkerson, OF : High-Aで序盤絶好調に打っていたが、AAに上がったあとすぐに再びHigh-Aに戻ってきたりと、Prospectよりはロスターフィラーに近い扱いに。

2 件のコメント:

BF さんのコメント...

Xander君はとうとうエリートプロスペクトの領域に入ってきましたかね。
BOSの最近の守備型ライトヒッティングSS獲得志向考えるとやはりSSとは考えられてないのではというのはあるけども若いうちの数年でも留まってくれれば
それはそれで嬉しいな。
だいたいの場合はこのあたりから体格の変化によってかなり難しくなってきますよね。

投手はRanaudとStroupは残念だけど昨年の厳しさ考えるとまずまずかな。
現時点でまだポテンシャルエースと言える選手はいないけどまずまず上層も厚くなってきたしもう少しというところまでは来ているかな。
Doubrontや田澤ももうプロスペクトではないけど
スタッフの伸びは驚くほどのものだったし
投手全体ではやはりポジティブな要素の方が多かったような気がします。

1度でいいので投手王国って呼ばれてみたいですよねー

ララ さんのコメント...

BFさん

正式にシーズン終了ですね。あとはNYYに嫌がらせしながら、できるだけ上位のドラフトピックにありつけるかだけが見どころかな。

X. Bogaertsはここ1、2年でどこまで体重が増えるかですね。20代前半の間、現在の体型を維持できるなら、多少我慢してでもSSで使えば、プラス面の方が大きいと思うんですけどね。個人的には贔屓目もあるでしょうが、全体Top15は確実、Top10でもおかしくないと思っています。

田澤の場合は、TJ前がむしろ肘の状態がイマイチで、スタッフが落ちていたのかもしれないけど、DoubrontやLester、BuchholzなんかもMLBに定着する頃から速球の質は上がった印象がありますね。

身体ができてくるのと、まだまだだけど、コマンドが安定してくると、速球に自信を持てるようになるのかも。

そういった意味では、セカンドピッチの良い選手には期待したいですね。Brittonは少しカーブが弱くなってるみたいだけど、チェンジアップの良いPimentelやカーブの良いRanaudoなんかは、もう少しコマンドが安定してくれば、伸びるかもですね。