2017年2月12日日曜日

17' Draft Watch - Rumor and Topics

BOSとVanderbilt大関連を中心にドラフトやカレッジベースボール関連のトピックスをまとめます。


[17' Draft Rumor and Topics]

☆ 17年ドラフトのスロット額が出ました。ロッタリーピックのトレード等が無ければ、ボーナスプールはこれで確定。地区優勝したので仕方がないですが、16年と比べても$1.7Mほど少ない額となっています。プレミアムなProspectをどんどんトレードするのは良いけど、全く供給が無くなる今後はどうなりますかね。(1/29)

1. (#24) - $2,489,800
2. (#63) - $946,500
3. (#101) - $507,400
4. - $378,800
5. - $282,400
6. - $219,000
7. - $172,100
8. - $143,700
9. - $132,000
10. - $125,100

Total Bonus Pool - $5,396,800
Pool +5% overage - $5,666,640
(10/22)


☆ BAからモックドラフトのver.2 (こちら)が出ていますね。MIN-#1はタレントではNo.1との呼び声高いHunter Greene (HS-RHP/SS)ではなく、Brendan McKay (Jr.-LHP/1B, Louisville)。Greeneはこの春少し内容が良くないようですが、スタッフは100 mphを記録するなど、特に落ちてはいない。McKayやPavin Smith (1B, UVa)などの上限よりフロアータイプの全体#1の噂が強くなっていますが。

GreeneはCalifornia州南部の選手で、親が地理的に近い全体#3のSDへ行かせたがっているようですが、MINかCINはしっかりピックして欲しいですね。不振だったKyle Wright (Jr.-RHP, Vandy)は先週からスライダーを多く投げ、Florida大、Georgia大のビッグプログラム相手に無失点の好投で再び上昇。

Seth Romero (Jr.-LHP, Houston)やGriffin Canning (Jr.-RHP, UCLA)、Clarke Schmidt (Jr.-RHP, USC)などNo.3スタータータイプの選手の躍進が目立つ。BOSはHagen Danner (HS-RHP/C)の予想。個人的に好みなNick Pratto (HS-1B/LHP)やShane Baz (HS-RHP)なんかの評価が上がっているので、この辺りの誰かが残って欲しいけど。(4/22)


☆ BAからドラフトのTop 200が出ていますね(こちら)。現状だとHunter Greene (HS-RHP/SS)、Brendan McKay (Jr.-LHP/1B)が抜けていて、その次くらいにKyle Wright (Jr.-RHP)。更にカレッジアームのJ.B. Bukauskas (Jr.-RHP)、Alex Faedo (Jr.-RHP)に、HS左腕のMacKenzie Gore (HS-LHP)、カレッジヒッターのPavin Smith (Jr.-1B)、Jeren Kendall (Jr.-OF)に運動能力の高い、Royce Lewis (HS-SS/OF)、Austin Beck (HS-OF)、Jordon Adell (HS-OF)の11人がTop 10級を占めそうな第1グループか。

GreeneはやはりSD-#3に親が行かせたいようで、既に投手としてはシャットダウンして評価を落とそうとしています。BOSに関係しそうなもう少し下で言うと、この前20奪三振を記録した、三年前のBOSのドラ28のDavid Peterson (Jr.-LHP)が評価を上げていますね。お気に入りのNick Pratto (HS-1B/LHP)は#17なので、人気銘柄そうだし、現状厳しそう。今週末はBOSの指名希望の記事とかまで手が回れば良いけど。(5/8)

0 件のコメント: