2017年11月5日日曜日

17'-18' Offseason By Position Outlook - Reliever

続いてRP編です。黒字は基本的に枠確定しているメンバー。青字は25人枠にはほぼ確定しているけど、ポジション・起用法が決まっていない選手。赤字はトレードやノンテンダー等で、流出の可能性あり。緑字はマイナースタートの可能性もある選手。灰色はFAなど再契約しなければ流出予定の選手。*は40人ロスター外の選手。


[17' Reliever's Contract Review]

RHRP Craig Kimbrel (18': $13M option)
RHRP Joe Kelly, Jr. (18': arb.3)
RHRP Carson Smith (18': arb.1))
RHRP Tyler Thornburg (18': arb.2)

RHSP/RP Steven Wright (18': arb1., MiL option: 0)

LHSP/RP Brian Johnson (18': min., MiL option: 0)
RHRP Matt Barnes (18': min., MiL option: 2)
RHRP Heath Hembree (18': min., MiL option: 0)

LHSP/RP Roenis Elias (18': min., MiL option: 1)
RHSP/RP Hector Velazquez (18': min., MiL option: 2)
RHRP Brandon Workman (18': arb1., MiL option: 1)
LHRP Robby Scott (18': min., MiL option: 2)
RHRP Austin Maddox (18': min., MiL option: 2)
RHRP Ben Taylor (18': min., MiL option: 2) 
LHRP Willams Jerez (18': min., MiL option: 2) 
*RHRP/SP Chandler Shepherd (under MiL contract, Rule 5)
*RHRP Kyle Martin (under MiL contract, Rule 5)
*RHRP Ty Buttrey (under MiL contract, Rule 5)
*LHRP Bobby Poyner (under MiL contract)

RHSP/RP Doug Fister (FA)
RHRP Addison Reed (FA)
RHRP Blaine Boyer (FA)
LHRP Fernando Abad (FA)
LHRP Robbie Ross, Jr. (FA)


17年の主なリリーフ投手の来季の契約状況まとめです。クローザーのKimbrelはオプション行使で間違いない。トレード見返り的な意味でも、サラリー的な意味でも、リリーフ全体にコストを掛け過ぎている気もするが。

Thornburgは出遅れだろう。そのまま来季微妙、調停3年目もパッとせず、無駄な買い物になる臭いがプンプンしているが、まぁさすがにこの段階で切ることはないだろう。今季の$2M強から、さほど上積みは無いと思うが、正直DFAした方が、無駄なサラリーを削れるんじゃないかとも思ってしまうが。

J. Kelly, Jr.とC. Smithが現状は来季のセットアップ有力候補。前者は残り一年だし、Kimbrelも来オフFAなので、その後のクローザーも見据えて、年平均$4~5Mの3~4年契約で延長、という手もある気もするが、現状のペイロールを考えると難しいか。後々はよりお得になると思うのだけど。C. Smithは完全復活に期待。

残りのカードとしては、まずはBarnes、Workman、Hembreeの右腕3人と、左腕のRo. Scottがいる。これで全部で7人だが、先発デプスを兼ねて、ロングリリーフ役として、オプション切れのS. WrightかB. Johnsonを両方残すなら、誰かは弾き出されるかもしれない。またAbadがFAで抜ける左腕も一人カードを加えたいと思うかも。

更には、BarnesやHembreeを押しのけてPOロスター入りしたMaddoxも開幕の席を狙うだろう。特にオプション切れのHembreeや、後半調子を落としたBarnesはトレードの可能性も考えられる。マイナーのデプスもそれなりにはあるし、例えばKellyを良い見返りがあれば出すなど、獲得側だけでなく、上手くトレードに動いて欲しいが、まぁあのフロントトップでは難しいだろうが。

出ていく方では、A. ReedがFA。比較的よく働いたが、Smithの復帰もあり、セットアップ候補は多い。これ以上枠をコストは割けないだろう。またFister、Boyer、AbadなどもFA。


[Depth Chart (MLB)]

Reliever (Likely) : RHP Craig Kimbrel*, RHP Joe Kelly, Jr.*, RHP Carson Smith
Reliever (Possibly) : RHP Matt Barnes*, RHP Brandon Workman*, RHP Heath Hembree*, LHP Robby Scott*, RHP Austin Maddox*, RHP Steven Wright*, LHP Brian Johnson*
Depth : RHP Hector Velazquez*, RHP Justin Haley, LHP Jalen Beeks, LHP Williams Jerez*, RHP Kyle Martin, RHP Chandler Shepherd, RHP Ty Buttrey, LHP Bobby Poyner
DL : RHP Tyler Thornburg*


MLBの状況は上に書いた通り。


[Depth Chart (AAA)]

Reliever (Likely) : LHP Williams Jerez*, RHP Ty Buttrey*, RHP Kyle Martin, LHP Bobby Poyner
Reliever (Possibly) : RHP Brandon Workman*, RHP Matt Barnes*, RHP Austin Maddox*, LHP Roenis Elias*, RHP Chandler Chepherd, RHP Marcus Walden, LHP Tommy Layne


Rule 5ドラフトでの流出等が無ければ、B. Taylor、Jerez、K. Martin、Shepherd、Buttrey、Poynerの6人がほぼ確定。もう一枚は、WaldenやEliasなんかのスウィングマンタイプが占めるのが普通だが、上の枠的に、Workman、Barnes、Maddoxの誰かがマイナースタートの可能性も高め。それなりの話があれば、ロスターの整理を兼ねて、リリーフからのトレードも必要になりそう。

(2/24追記)Layneと契約。
(2/25追記)CLEがBen Taylorをクレーム。


[Depth Chart (AA)]

Reliever (Likely) : RHP Jake Cosart, RHP Trevor Kelley
Reliever (Possibly) : RHP Teddy Stankiewicz, LHP Dedgar Jimenez, RHP Kevin McAvoy, LHP Matt Kent, RHP Austin Glorius, RHP Yankory Pimentel, RHP Harrison Cooney, RHP Adam Lau, LHP Josh Smith, LHP Daniel McGrath


有力なのは、CosartとKelleyだろうか。あとは、Stankiewicz、D. Jimenez、McAvoyなどの先発から溢れた選手か、Glorius、Lauなど、High-Aからの昇格組がメインになりそう。


[Depth Chart (High-A)]

Reliever (Likely) : RHP Marc Brakeman, RHP Matthew Gorst, RHP Hildemaro Requena,
Reliever (Possibly) : RHP Austin Glorius, LHP Kyle Hart, LHP Robby Sexton, LHP Logan Boyd, RHP Pat Goetze, RHP Algenis Martinez, RHP Jordan Weems


有力はBrakemanとGorstか。Requenaも今季は先発でよく投げたが、比較的先発候補が多いので、再びPiggy-Backでの開幕になるのでは?Hart、Sexton、BoydあたりもPiggy-Backタイプ。


[Depth Chart (Low-A)]

Reliever (Likely) : RHP Joan Martinez, RHP Juan Florentino, RHP Denyi Reyes, RHP Jared Oliver
Reliever (Possibly) : LHP Enmanuel De Jesus, RHP Daniel Gonzalez, RHP Durin O'Linger, RHP Hunter Smith, RHP Devon Fisher, RHP Lukas Young, LHP Brendan Nail


J. Martinez、Florentinoと二人の海外FA産の選手が割と面白そう。どちらも割と高めの年齢で契約したので、真価が問われるのは今後だが、下層では面白い成績を残している。D. Reyesは制球力が非常に高いが、ピュアスタッフがどこまで成長できるか。Oliverは制球難だが、90 mph後半に達する速球がある。下位指名のカレッジ選手としては興味深い。

(1/5追記)Dakota Smithをリリース。
(1/9追記)Ryan Oduberをリリース。


[Depth Chart (XST)]

RHP Zach Schellenger (SS-A), LHP Dominic LoBrutto (SS-A), RHP Taylor Ahearn (SS-A), LHP Rio Gomez (SS-A), LHP Tanner Raiburn (SS-A), RHP Marcos Lantigua (SS-A), RHP Francisco Lopez-Soto (SS-A), RHP Victor Garcia (SS-A), RHP Ritzi Mendoza (SS-A), RHP Eduard Bazardo (GCL), RHP Jose Gonzalez (GCL), RHP Hunter Haworth (GCL), LHP Kory Behenna (GCL), RHP Andrew Carber (GCL), RHP Luis Rivero (GCL), RHP Alberto Franco (DSL), RHP Isaac Pinales (DSL), RHP Andres Jimenez (DSL), LHP Luis Colmenares (DSL), RHP Manuel Ramirez (DSL), RHP Carlos Cortes (DSL), RHP Geraldo Perez (DSL), RHP Antonio Police (DSL), RHP Gary Calvo (DSL), RHP Jose Larez (DSL), RHP Juan Morillo (DSL), RHP Felix Cepeda (DSL), RHP Jose Bens (DSL), RHP Brayan Aquino (DSL), RHP Brayan Bello (DSL), RHP Johan Martniez (DSL), RHP Gregori Segovia (DSL), RHP Jesus Rosillo (DSL), RHP Bryan Lucas (DSL), RHP Emerson Ortiz (DSL), LHP Nixson Munoz (DSL), RHP Angel Sosa (DSL), RHP Yasel Santana (DSL), RHP Jeison Pena (DSL), RHP Alejandro Crisostomo (DSL)

0 件のコメント: