今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2016年12月3日土曜日

16' Today's Topics - 12/2

[Today's Topics]

☆ 新CBAの情報が未だに錯綜している状態ですが、ボチボチ動きが出てきましたかね。まずはCBA締結直前にQOを受けた大物の一人、Yoenis CespedesがNYMと再契約。4年$110Mというなかなかの契約ですが、う~ん?

オフ最大の大物ではありましたが、パワーがあるものの出塁能力は平凡で、OPSは16年ですら.900を割っている。一応今でもCFをこなすのと、もちろんパワーへの期待でしょうが、AVGが落ち込むと厳しいタイプだけに4年持つか不安な感。


☆ CBAとも絡みますが、海外FAの契約ボーナスプールへの制限が厳しくなったことで、大谷翔平のMLB入りが遅れそうとの話題で持ち切り。順調なら来オフに海外FA権を取得するのですが、新CBA下では、サラリープールへ加算される条件が、23歳以下から25歳以下に引き上げられたらめ、来オフだと$5Mやら$10Mやらのボーナスで我慢することになるからです。

まぁMLB昇格の際の年俸やらで色々裏取引できるのかもしれませんが、注目度の高い選手だけに、不正すると捜査が入るのは確実。3年後まで待たないといけなくなるかもしれませんね。まぁそれはそれとして、彼について一回書こうかとちょっと前から思ってたのですが、MLB入りするとしたらどういう起用法が良いのでしょうね。

知っての通り、北海道日本ハムファイターズでは、元々彼を野手として育てたいとの意向があったものの、本人の強い希望もあって投手野手の二刀流として活躍中。特に今季は、投手としても野手としても、リーグトップとも言える働きを見せました。

たださすがにMLBでは常時二刀流というのは難しいでしょう。投手としてやるなら、掛かる金額的にもリリーフではなく先発だろうし、中四日で先発しながら例えDHや1Bだろうと、先発の無い日に打者として出場するのは負担が大きい。まぁNLならたまに代打、というのは十分に考えられますが。

165 km/hの速球を投げることはUSでも話題にはなっているものの、どちらかというとProspect的な目線が強い。個人的に大谷の投球をそれほど多く見ている訳ではありませんが、USで先発で即支配的な投球ができるかというと多少の疑問はある。勿論あと3年後にMLB入りとなるなら、凄まじい成長を見せている選手だけにどうなるかわかりませんが。

一方、野手としては現状でも既にMLBでやれるだけのものはあると思う。優れた体格に筋肉も付いてきた。最近何度か試合を見たけど、バッティングセンスもズバ抜けており、2桁HRを十分に打てるだけのパワーはある。.310/.360/460/15 HR程度は期待値で持てるレベルの選手になり得るんじゃないかと。

USのファンも最初は球速が話題になったものの、最近だと打者として見ている人も多そうな気がする。勿論投手としての方がロマンはあるし、Babe Ruth二世という夢はあるけど。ポジションは投手との併用ということもあって、1Bや両翼というところでプレーしているが、元々はSSをやっていたし、3BやCFを務めるスペックがある。

SSなら理想だけど、さすがに25歳からSSに戻すのは難しいし、かなり大柄な選手でもある。個人的には、MLBだけを見据えるなら、投手はしばらく封印して、SSを含め、より価値が高いポジションでのプレー機会を増やす方が良いようにも。


☆ ドミニカで監督をやったりしている、Manny Ramirezですが、独立リーグの高知の球団に選手としての加入を自分からオファーしたとか。日本に興味があるんですかね?もし実現となったら、旅行を兼ねて見に行きたいな~。

4 件のコメント:

赤とんぼ さんのコメント...

おはばんは、
Manny Ramirezが高知にの記事、驚きました! まあ、ほどなく本人の思いとの違いに気づいて音を上げそうな? 突然、球場から居なくなったりして(笑)

今回のCBA交渉、段取りの悪さが見え隠れしますね?取り敢えず、先5年これで行くのかな?

大谷選手、インターナショナルフリーエージェントの年齢が25歳になりましたが日米野球協定?
でややこしいくなってるのかな?ただ各ポジションの特化が以前より進んでいるような気がするMLBに来るなら、2刀流は厳しいでしょうね! 残念なことに、日本での投、攻、守の数字を超えられない選手が大半ですし。

nature さんのコメント...

大谷の来季メジャー挑戦を容認するらしいけど、今、発表して日ハムに何かメリットあるんですかね。
これじゃポスティングフィーも据え置かれるだろうし、新CBAの元では大谷自身も大型契約は結べないかもですからね。
でも最初の2年ぐらいは適応期間として年俸も安い方が周りの風当たりもきつくないし、2年後に自分の力で高額契約勝ち取れるような契約をする方がいいんだろうと思います。
ララさんと同じく、野手で見てみたいんですけどね。日本人で中軸任されるような選手はまず出てこないですから。本人は最初は2刀流を要望するだろうけど、現実的には無理だと実感する時がくるとは思います。各球団がどんな策を講じて交渉するのか注目です。

ベルトランも決まってしまって、BOSはどうするんでしょうね。エンカルナシオンには積極的でないとも言われているし。。それは良いんだけど(笑)

ララ さんのコメント...

赤とんぼさん

おはばんは、四国リーグの観客動員数ってどうなんでしょうね。あまりの閑散に嫌気がさしてすぐ帰るとかもありそうな気も。

25歳の方はMLBのCBAで勝手に決まったことで、日本との交渉はしていないみたいですよ。

野手メインで時々リリーフというのならできなくもないかもだけど、そうなると投手としての貢献自体はあまり大きなものではなくなるし、先発ローテやロスター枠数が大きく変わらない限り、二刀流は難しいでしょうね。

ララ さんのコメント...

natureさん

一応一年前にポスティング容認のコメントを出すのは、MLBのチームに準備期間を与える、ということらしいですが、実際は、オフが始まる少し前から各チームの補強戦略はある程度決まっているし、そういった方針が決まる前に、ポスティングで行く選手が誰か分かってないと、そこに予算を回すチームが減るからでしょうね。

せっかくポスティングしても、強豪チームが減って、フィーが低くなれば損する訳だし。ただシーズン中に発表しては、チームの士気にも影響するだろうから、必然的に前のオフに、ということになるのでしょう。

今日の投稿にも書きますけど、Pedro Alvarezという噂もありますね。SandovalにShawと、3人も左打ちの1B/3Bというのはどうかな~とは思うけど。
さすがに二刀流を認めるところは無さそうだけど、NLのチームが投手として契約するなら、取りあえず先発の日は打席に立たせられるし、そこでの打撃次第では、代打の切り札にも、ということはあるかもですね。

勿論まだまだ成長するだろうけど、日本で160 km/h投げてもそこそこ当てられてるイメージなので、今すぐ速球だけでMLBを支配できるレベルには達していないと思います。現状では打者かな~と。