17年のBOSのドラフト指名をどう思いますか?

2016年12月6日火曜日

16' Today's Topics - 12/4

[Today's Topics]

☆ DHの補強候補ですが、BOSが最優先で追っていたと言われる、Carlos BeltranがHOUと1年$16MとQOの契約を下回るような、予想よりもかなり割安な契約。BOSやNYYなどは、新CBAの贅沢税のペナルティー強化により、17年は高めで、18年以降は安くなるような契約を選ぶかもとも言われていたし、それを踏まえても、張り合えないオファーではなかったとは思うのですが。

本人がチーム状況も含めてよっぽどHOUを気に入ったのか?昨年は、かなり早い段階でクローザー、セットアップ、先発と、意中の人材を射止めたDombrowskiさんだっただけに、あっさり搔っ攫われたのは意外です。NYYはすぐさま方向転換し、単年$13MでMatt Hollidayに。Beltranで味をしめて、ベテランで二匹目のドジョウを狙っている感じですね。(失敗しろ...(ボソっ))。

まぁとにかくBOSは方向転換を迫られることに。そこで名前が挙がって来たのはPedro Alvarez (前BAL)。パワーはあるものの、如何せん器用なタイプではなく、非常に三振が多い。20発以上を期待できる点はPapiの後釜としての資質を一部備えていると言えますが、打者としてのトータルでの即戦力性はBeltranに大きく引けを取る。

ただ此方の良い点は、まだ29歳と若く、もし上手く行って、本人もBOSを気に入れば、Papiの後釜の長期的なソリューションになれるということ。元々、BOSが05年で下位指名して$1M程度を提示したが、結局Vandyに進学し、08年全体2位を勝ち取った過去があり、その辺の評価からしても、BOSに悪いイメージは持っていないと思う。

ただ現状やはり、確実に計算できるか、という点でかなりの疑問があるのと、更に悩ましいのが、左打ちで左投手に弱く、守備の悪い、DH/3B/1Bタイプということ。守備力の差を無視すれば、Shaw、Sandovalと三人もこのタイプを抱えてしまうのはどうにもロスターのバランスが悪い。動かしやすいのはShawだが、残りの二人の守備を考えるとそれも怖い感。

まぁ言わなくても伝わるでしょうが、Sandovalをどうにかできればな~と。まぁ現実味は薄いですが、セットアッパーの補強をトレード経由にして、見返りにもったいないですが、J. Bradley, Jr.を放出。その代り、ある程度の負担をしてもらって、同時にSandovalを引き取らせる。CFにはBenintendiをスライドし、LFはC. Young、Holt、Shawあたりを使う。

ってな妄想もよぎりました。Moncadaも場合によってはOFで使ってもいいかもしれない。BradleyはScott Boras物件だし、若手全員との契約延長が難しそうなのも少し頭にある。SFのHunter Stricklandなんて良いですね。元BOSのProspectで個人的なお気に入りだった。

SFはCFと3Bはそれほど強くないし、すごい勢いでGMが否定していましたが、Sandoval復帰の噂も一瞬立ったチーム。まぁ昨今のリリーフの市場価値高騰を考えれば、Bradley一枚で、という訳にはいかないでしょうが、セットアップの補強も兼ねられるかな~、なんて。さてどうなりますか。


☆ この前書いた大谷翔平問題ですが、北海道日本ハムファイターズが来オフのポスティングを容認する方向だそうです。ちょっともしかしたら間違ってたかもしれませんが、来オフは海外FAではないっぽいですね。ただ今季は、新CBAの問題でMLB機構が大混乱で、日本とも全くすり合わせできていないよう。

海外FAは25歳以下の契約金が対象(かつMLB契約できないはず)。ただその年齢引き上げがポスティングフィーや契約とどのように関わってくるかは不透明。今までと同じなら、FA扱いではなく、トレードに値すると思うので、フィー(最大$20Mのよう)さえ払えば引き抜けるチャンスはあるのだと思いますが。BOSのOFは埋まり気味とは言え、獲れるなら獲って欲しいけど。


[Poll Result]

☆ DHの補強候補に関する投票が終わりましたが、最多得票のCarlos BeltranはHOU行きが確定。次点はEdwin Encarnacionでしたが、こちらは贅沢税の関係でトーンダウンしています。まぁ売れ残って値が下がればまた交渉することもあるのかな?候補には名前を入れていなかったPedro Alvarezなんて噂も出てきましたが。


○ DHを補強するとしたら、誰が良いと思いますか?(回答45)

1. Carlos Beltran (FA) - 14 (31%)
2. Edwin Encarnacion - 10 (22%)
3. 補強せず、傘下の選手を使う。 - 7 (15%)
4. Jose Bautista (FA) - 6 (13%)
5. Mark Trumbo (FA) - 2 (4%)
5T. 他のFA選手。 - 2 (4%)
5T. Miguel Cabrera (Trade) - 2 (4%)
5T. J.D. Martinez (Trade) - 2 (4%)

2 件のコメント:

赤とんぼ さんのコメント...

おはばんは、
Dombrowski今の所、静かですね~ 何が飛び出すか楽しみのような・・・

Farrellの2018のオプションをエクセサイズしたらしいですが、なんで今?!
投手に指導出来ない監督もそうですが、せめて投手コーチをピッツバーグから引っこ抜けられ無いものですかね?

ララ さんのコメント...

赤とんぼさん

おはばんは、ぜいたく税のリミットを超えないようにしたいようなので、DHに関しては値下がり待ちかもですね。

セットアッパーはできればウィンターミーティングでまとめたいんじゃないかと思いますが。

Farrellのオプションに関しては不明ですね。贅沢税がAAVを基準に計算するのならオプション行使による、AAVの引き下げが目的かもしれませんが、監督の年俸ってぜいたく税の対象なのか、ちょっとよく知りませんが。

投手の指導なら、PITもそうかもですが、STLやSFあたりから引き抜きたいな~。ってか、投手コーチよりもBrian Banisterの方が良い仕事してる感じなのに、留任というのが信じられないのですが。