今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2012年11月5日月曜日

12'-13' Offseason Boston Red Sox -Nov.-

11月です。就任2年目、しかも今季はオフシーズン頭からGMとして、そろそろ期待の辣腕を振るっていただきたい、Cherington GMですが、さっそく神経を逆撫でする動きを連発。Lucchino球団社長に実権を握られており、そのせいで動きが遅いという話もありますが、それにしても、交渉を進展させていく力の無さは異常(前記事はこちら)。


[Transaction]

○ 11/2
Activated RHP John Lackey, LHP Franklin Morales, 3B Will Middlebrooks, and OF Ryan Sweeney from th 60-day DL.

オフシーズンということで、4人が40人ロスターに復帰。まさかSweeneyにTenderするつもりじゃないよな?


○ 11/3
RHP Aaron Cook, RHP Daisuke Matsuzaka, RHP Vicente Padilla, 1B James Loney, OF Scott Podsednik, and OF Cody Ross declared free agents.

上記の選手が予定通りFAに。RossとPadillaは再契約をしたいという話ですが、再契約をさっさとまとめる当てもないのに、PO争いから脱落した夏に売りに出さなかったという時点で、既にBad Moveなんですがね。RossにはHad a ton of oppotunitiesと言われる始末。

Rossの要求する、3年$27Mは明らかに高い訳で、7月からこんな要求をされてたんなら、独占交渉期間まででまとまるというのはありえないでしょ。はっきり言って全く理解できない。他は、Loneyは1Bをうまく補強できなかった場合にバックアッププランで連れ戻しを考えるとか。松坂さんお疲れ様でした、新天地でガンバってください。


Re-signed DH David Ortiz.

独占交渉期間の期限がせまっていたので、FA流出による補償を受けるための、単年13.3MのQualifying Offerを形だけ一応しておいたが、その直後2年$26Mで既定路線通り延長しました。パフォーマンスで、$4Mのインセンティブが付く。この額が高いか安いかと言われると、自分的には高いと思う。これまでの功労を考えて、多少高くなっても別に気にはしないけど、ギリギリまで散々交渉してこれかと。

インセンティブ満額を受け取って、2年$30Mなら、Papiの要求ほぼ丸呑み状態だと思うし、インセンティブゼロとなるような成績で、$13Mを2年となれば、逆にその方が痛い。しかも13年はPO争いに絡めるかもわからない状況ですし。この程度で合意するなら、FA解禁日初日でもまとめられそうなもんだが。

ちなみに、この交渉をまとめている間に、興味ありと言われた、Dan HarenをCHCをほとんど掠め取られ(CHCが破談にしましたが)た挙句、Rossとの交渉は全くはかどらずで、さらには40人ロスターを全く整理せず、タダでOlmstedを奪われ...。

(追記)$26Mの詳細ですが、$1Mの契約ボーナスを含み、12年が$14M、13年が$11M。$4Mのインセンティブは、12年の出場試合数に応じて、$0M、$2M、$4Mとなり、20試合以下の欠場で満額が支払われるそう。欠場数だから、インターリーグとかで出場しない試合は換算されないのかな?そうだとすると比較的達成は易しい方かも。Papiの実績を考えれば、出てさえいれば、成績は残せるけど、ケガの不安はあるから、そういう意味では少しはリスクマネジメントにはなっているとは思うが。


Milwaukee signed RHP Michael Olmsted.

MiLFAになっていた、Michael OlmstedがMILへ。40人枠に入るMLB契約。MiLFAで拾って、2年間育てて、ようやくMLBの期待が出てきたところで、タダで放出ね。慈善事業か何かやってんですかね?再契約したかったけど、40人枠がなかったからとか言ってるけど、それなら8月にでもトレードすれば、何らかの見返りを得られたでしょう。こういう先のことを考えずに結局選手をムダに失うというのを、何回繰り返せば学ぶんだ?

大体40人枠にしたって、オプション切れのMortensenや、TORをDFAされる寸前だったD. Carpenter、どこかのGMがくそトレードで獲ってきた、12年年俸$1.75M、13年調停最終年、OPS .675の(自分でベンチか何かを殴って骨折した)4th OFよりも、AAAで投げたことがないにもかかわらず、11月の時点で40人枠をオファーされた、オプションが3つある、6' 7"の身長から、良い時は97 mphの速球とプラスのスライダーを投げるリリーバーの方が優先順位は低いなんてありえないだろ。


Re-signed RHP OF Ronald Bermudez to a minor league deal.
RHP Billy Buckner, RHP Yeiper Castillo, RHP Caleb Clay, RHP Nelson Figueroa, RHP Will Inman , RHP Mike MacDonald, RHP Tony Pena Jr., RHP Jason Urquidez, RHP Leonel Vasquez, C Mike Rivera, 1B/LF Reynaldo Rodriguez, IF Andy LaRoche, and IF Marquez Smith declared free agency.

既にFAとなっている、Nate Spears、Jason Repkoと、MILと契約した、Michael Olsmtedに加え、上記の選手がMiLFAになりました。Yeiper Castillo、Caleb Clay、Reynaldo Rodriguezらの元Prospect陣も含まれます。ClayとCastillo、それにAAAで好成績だった、Will Inmanはできれば帰ってきてもらいたいけど。Bermudezは再契約。Wrightは2年契約、Ma. RiveraのMiLFAは来年だったよう。


○ 11/5
Signed OF Mitch Maier to a minor league deal.

KCからMiLFAになっていた、Maierと契約。03年のKCのドラ1でKC一筋。09年辺りからMLBに定着したけど、400 ABを超えたことがなく、4th OFというカンジ。パワーがあまりなく、選球眼もイマイチ。平凡なAAAAレベルを出ていない。AAAはOFで溢れかえっているけど、トレード等があった場合に備えての契約か。


○ 11/10
Signed C David Ross.

ATLからFAとなっていた、D. Rossと2年$6.2Mで契約。08年の夏にBOSに移籍してきて、数ヶ月ほど3rd Cとして過ごしたことがあり、出戻りとなる。ATLに移って以降、この4年間で評価を高め、特に12年は、正捕手Brian McCannの故障を完璧に埋める活躍で、現在MLBで最高の控え捕手とされている。ATLも残留を強く希望していたようだが、ATLのオファー以上の条件が来るんではないかとは思っていたよう。それだけに、控え捕手としてはかなり高額な契約とはなった。

阻止率が毎年40%程度と、素晴らしい強肩を持ち、捕球等の守備全般もレベルが高い。リーダーシップにも優れ、打撃面でも、フルで出れば30発近く打てると言われるパワーを中心に、コンタクト・選球眼と悪くない。攻守に高性能で、現時点では控え捕手として獲ったと言われるけど、SaltyやLavarnwayよりも総合力で勝るかもしれない。

BOSはSalty、Lavarnwayと2人の捕手がおり、まず捕手で動いてくるとは予想外だったが、守備に難のある、この2人を組み合わせるよりも、明らかに補完性に勝る。キャリアを通じて見れば、さほど左右のスプリットはないが、12年に限って言えば、左投手を良く打っており、特にSaltyとの相性は抜群だろう。Salty、Lavarnwayのどちらとコンビを組むにしても、一般的な控えよりも多くの機会を稼ぎそう。

一方、これでBOSはSaltyかLavarnwayの両方を、開幕ロスターに入れる可能性はほとんどなくなった。Papiと再契約したため、DHは埋まったし、Saltyを1Bで使うという案は基本的には考えていないそう。可能性としては、9月の使われ方を見ると、残り1年のSaltyを出すのが有力だが、LavarnwayはMinorに送ることもできるし、現段階で、このオフ中にSaltyを出すということに直結するかはわからない。

むしろSaltyへのオファー等を見ながら、どちらの方向にも動けるという、両方向の選択肢を残した動きだと思う。可能性は低めだが、先発のトレード等でLavarnwayを要求された場合に、出せなくもない状況にもなっている。優柔不断な某GMを考えても、現状のチームにフィットした、優れた動きだとは思うが、かなり額的に高くなったこともあり、13年を捨てシーズンにするのであれば、一気に微妙なカンジにはなる。他に優先すべきポジションも多い中で、まずはここを固めてきた訳だが、他のポジションをしっかり補強して、十分なロスターを組んでいく必要がある。


○ 11/19
Released RHP Mike Gleason, RHP Jadd Schmeltzer, and LF/RF Seth Schwindenhammer.

3人がリリース。予想はしていましたが、Seth Schwindenhammerはやはりカット。


Cleveland signed IF Nate Spears.
Los Angeles (AL) signed RHP Billy Buckner.
Tampa Bay signed RHP Will Inman.
Washington signed RHP Caleb Clay.

ここ数シーズン傘下でプレーした、Nate SpearsがCLEとサイン。LAAがBilly Bucknerと、TBがWill Inmanとそれぞれ契約。InmanはAAAで良かったし戻ってもらいたかったけど。また、元ドラ1のCaleb ClayはWASへ。右腕リリーフは豊富だし仕方がない。WASは近年、それほど評価の高くなかった選手をブルペンで開花させて使っているので、育成力に期待しています。


○ 11/20
Purchased the contracts of RHP Allen Webster, RHP Alex Wilson, RHP Steven Wright, C Dan Butler, C Christian Vazquez, and OF Alex Hassan.
Designated RHP David Carpenter, RHP Sandy Rosario, RHP Zach Stewart, 3B Danny Valencia, and IF Ivan De Jesus Jr. for assignment.

Rule 5ドラフト関連投稿参照。Rule 5ドラフトのプロテクト期限でしたが、予想外に6人の選手をプロテクト。ButlerやHassanはかなり意外。一方で、FieldsとHazelbakerあたりはプロテクトから漏れた。Winter Leagueで不調だったとはいえ、Fieldsはピックされる可能性が高そう。BAのJim Callisさんも、Fieldsのプロテクト漏れには驚いたそう。また、Huntzinger、Pressly、P. Ruiz、Balcom-M.といったリリーフ陣も指名の可能性はあり。

枠を確保するために5人の選手がDFA。De Jesus Jr.などは少し意外でしたが、どのみちオプション切れだし、今のうちにDFAして間違いではないと思う。40人枠を埋めてしまったため、トレード等がない限り、BOSにMLBフェーズのRule 5ドラフトでは誰もピックしなさそう。


○ 11/21
Agreed to terms with LF Jonny Gomes.

フィジカル等がまだで正式には発表されていませんが、J. Gomesと2年契約で合意に達したようです。今日の段階で、OF補強候補をC. Rossと、Gomesに絞ったという噂が出ましたが、その数時間後に合意の報が。額はまだ明らかになっていません。(追記)2年$10M(13': $5M、14': $5M)だそう。これはさすがにプラトーン選手としては高いと思う。

典型的な左殺しで、キャリアで左投手を、.284/..382/.512と凄まじく打ちこんでいるが、対右はからっきし。守備は、LFとしても平均を大きく下回り、昨季はOAKでDHでの出場も多かった。OF補強はこれで終わりではなく、Rossを中心とした候補から、もう1枚加えるつもりのよう。もう少ししっかりしたクラスから2枚というつもりなのかと思っていたけど、Kalish、Nava、Sweeneyと、豊富な左打者(Navaは両打ちだが、左打席が良い)の選択肢があるので、プラトーンで併用して両翼の内の1枚埋めるというのはリーズナブル。

好きなタイプの選手ではないけど、左を打てる選手は必要だったし、Fenwayはこのタイプに大きくプラスになる。守備の酷さも、Fenwayなら多少は緩和されるだろう。割高という点を無視して戦力的に見れば、C-OFの選択肢が減ってきた中で、悪くはない動きに見えます。これでSweeneyはNon-tenderの可能性がさらに高まったか。もう1枚がRossなら、NavaやKalishはそちらでも少し併用できるだろうから、彼らの成長を阻害する可能性も小さめ。ただRossは一応CFを守れるけど、そうなると4枚目はKalishの方がフィットはすることになるか。


○ 11/26
Outrighted IF Ivan De Jesus Jr. to AAA.

De Jesus Jr.がWaiverを通過し、AAAへ。


San Francisco signed C Guillermo Quiroz.
Cincinnati signed IF Marquiz Smith.

12年終盤に3rd捕手を務めた、Guillermo QuirozはSFへ。Marquiz SmithがCINと契約。


○ 11/27
Traded RHP Zach Stewart to Pittsburgh for a PTBNL.
Traded RHP Sandy Rosario to Oakland for a PTBNL or cash considerations.
Traded 3B Danny Valencia to Baltimore for cash considerations.

この前のRule 5ドラフトプロテクトの際にDFAされた内の3選手がトレード。Zach Stewartは、BOSのMinor選手が大好きなPITへ。Sandy Rosarioは、BOSで一度も投げぬままOAKへ。Danny Valenciaは同地区BALへ。Stewartの見返りはキャッシュの可能性がないみたいなので、ある程度欲しいと思っている選手がPIT傘下にいるのかも。


○ 11/30
Non-tendered RHP Scott Atchison, LHP Rich Hill, and OF Ryan Sweeney.

来季の契約をTenderするかの締切日でしたが、Scott Atchison、Rich Hill、Ryan SweeneyをNon-tenderに。Sweeneyは妥当だし、AtchisonもTJを受けないといけない可能性が高いので、それはわからなくもないですが、Hillは個人的にやや不満。もちろんケガの不安があるのは確かだけど、今オフの左リリーフの弱さを考えれば、トレードに出すなりできたのでは?BOSはAtchison、HillとMinor契約を結びたいそうだけど、Hillはどこかに行くんじゃないかな。


ATL claimed RHP David Carpenter off waivers.

AAAに行くと聞いていた、David Carpenterですが、ATLがクレームしたようです。

4 件のコメント:

estoppel さんのコメント...

RossはRossでも捕手のDavid Rossと契約したみたいですね。2年6.5百万㌦やちょっとだけ高い印象ですが、投手陣への好影響を期待しましょう。

これでSaltyはトレードかなあ。ようやく才能が開花したかなというところでしたが、まあLavarnwayとかぶるということですかね。

ララ さんのコメント...

estoppelさん

どもです~。

まだRossの記事を書けていませんが、基本的には好印象ですね。ただ仰る通り少し高い印象は否めないですね。

特に13年開幕時点で、POを狙えるロスターに仕上げられないのなら微妙なカンジになりそう。

まだSaltyとLavarnwayのどっちをロスターに残すのかは決めてないんじゃないかと思います。

Saltyで良い話があれば乗るかもしれないし、特に他のポジションの補強が思ったように進まないなら、残り1年の選手は出したいところですしね。

一方で、LavarnwayはMinorに送れるし、先発の見返りなどで、こちらを要求されれば、出せる状態にはなったということですし。

まぁどっちでも動けるということで、優柔不断なCherington GMにはピッタリの動きかなと。

リーダーシップを発揮できる選手が必要だったし、期待したいですね。

BF さんのコメント...

Myersはロイヤルズの方から申し込んできた話みたいだけどすごく魅力的な話ですね。

ボストングローブのPeteさんは猛反対してるけど自分的には1 on 1なら即決してしまう話だと思いますしBrentzつけることになっても仕方ないと思えます。

こういう話をうまく使って世帯交代できるチームになれば最高なんですけどね-

ララ さんのコメント...

BFさん

James Shieldsと残り契約がほぼ同じなので、それならShieldsだろうという意見は納得なので、成立に期待を持ってはいませんが、Lester + Brentz ⇔ Myersで、Lesterの年俸半分以上をKC持ちなら妥当かな?

Chenとその年俸$4.5Mを代わりに押し付けたいという話も聞いてるけど、それならできればBrentz以外で納得してもらえるとありがたいけど、まぁそれでも仕方ないかという気はします。

まぁ本来は、Lesterの価値が落ち切る前に出すなら出せるような下の層を整えておきたかったんですがね...。