今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年7月2日火曜日

13'-14' International FA - BOS Signing Information

BOSのInt. FA契約情報です。BOSのキャップは$3.1799Mだそう。7/2の初日は、他チームからボーナスプールをトレードでもらったりする可能性があると言われています。契約関連では、Rafael Deversとの契約はもちろん、それに加えて1、2人は上位の選手を確保したい。

SS は昨季随分補充したので、内外野両翼のパワーヒッター、それに何と言ってもパワーアームが欲しい。近年は、Roberto Osuna (TOR)やJose Mujica (TB)、Rafael DePaula (NYY)などの競合にもいずれも敗れており、今年こそは上位に入る投手をビシッと獲得してもらいたいですね。(BAのレビュー)。


[13'-14' BOS International FA Signing]

Rafael Devers, 3B, Dominican Republic ($1.5M) : BA #3。大方の予想通り、BOSと合意したとのESPN関係者のツィートが流れています。左打ちのパワーヒッターは非常に強いニーズだった。今市場でもトップヒッターの1人だし、申し分ないセレクション。BOSはずっと彼との契約に集中していた。以前の噂よりも少し高くなったけど、競合も激しかったし仕方ないでしょう。まずは一安心。(7/2)
まだ正式にサインできていないことが判明。MLB機構によるバックグラウンド調査が入っているようです。どうやら両親(?)の名前が一致しないとか。(7/8追記)
正式にサインが発表になりました。合わせて、他の大物4選手との契約も発表に。(8/9追記)

Enmanuel De Jesus, LHP, Venezuela ($787.5K) : MLB.com #24。さほど球威の無い選手ということで、若干高いようには見えるが。Felix Doubrontと同じトレーナーについているそう。これで噂通りYoan Aybarと$700Kで契約すると$2.98Mとなり、スロットをトレードで得ない限り、大物との契約は終了になりそう。(7/3)

Yoan Aybar, OF, Dominican Republic ($450K) : 当初はYohan Aybarと表記されていた。平均以上の強肩が売りのOFで、CFでプレーできる可能性はあるが、場合によってはRFに移るかも。平均的なスピード。現状では細く、体格の向上と共に、パワーも付くかも。予想では$700K程度だったので、少し安めで契約できた。今日が誕生日で、16歳になったため、正式に契約となった。これでRafael Devers、Enmanuel De Jesusが確定すれば、計2.73M。スロットまでは、あと$450Kほど。もう1人、できれば投手かSSが欲しい。(7/3)

Jhonathan Diaz, LHP, Venezuela ($600K) : こちらもEnmanuel De Jesusと共に噂になっていたベネズエラ人左腕。体格と現時点でのスタッフはDe Jesusに劣るが、よりアスレティックなタイプ。しかしCherington GMは左腕に拘りますね。(7/5)

Fabian Nieva, 1B/3B, Columbia (N/A) : 18歳のスウィッチヒッター。8歳の頃からBOSの試合をTVで見てファンだそう。(10/6)

Dalier Hinojosa, RHP, Cuba ($4.25M) : 2月に亡命し、正式にFAとなった。27歳の右腕で、88~92 mphの速球。体格が小さめでリリーフ向きとも。USでのトライアウトではもう少し出ていたし、リリーフになるなら90 mph中盤くらいを投げるかも。スラービーなブレイキングボールにスプリッターとチェンジアップの中間の落ちるボールを投げる。(10/19)

Roldani Baldwin, C, Dominican Republic (N/A) : 17歳の捕手。2BまでのPop Timeが1.78~1.82 sとも。(11/16)

Hildemaro Requena, RHP, Venezuela (N/A) : 以前に伝えられていたFabian Nievaを含めて、7人のInt. FAとの契約が発表に。(11/18)

Yeferson Ardiles, RHP, Venezuela (N/A) : Hildemaro Requenaと彼は7月に契約していたよう(11/18)

Darwinzon Hernandez, LHP, Venezuela (N/A) : (11/18)

Samuel Miranda, C, Venezuela ($7.5K) : そのボーナスの額よりは良い選手だそう。6'2"の優れた捕手体格が魅力。(11/18)

Rafael Toribio, SS, Dominican Republic (N/A) : ロスターフィラー的な選手をベネズエラで一気に集めたんでしょうが、唯一彼だけはドミニカ出身。(11/18)

Carlos Tovar, IF, Venezuela (N/A) : (11/18)

Shair Lacrus, RHP/OF, Curacao/Netherlands (N/A) : 12歳の時に、リトルリーグのWSでプレーしたそうです。OFもこなせるようだけど、ロスター登録はRHPになっていますね。(12/12)

Francisco Tena, LHP, Dominican Republic (N/A) : 契約したもののPEDで50試合の出場停止。(12/12)

Juan Perez, LHP, Venezuela (N/A) : DSL開幕ロスター入り。(5/30)

Alejandro Rodriguez, Venezuela (N/A) : DSL開幕ロスター入り。(5/30)

Jose Lozada, 3B, Venezuela (N/A) : DSL開幕ロスター入り。(5/30)

2 件のコメント:

赤いイタチ さんのコメント...

こんばんわ。
正式発表はまだでしょうが、これは評価できますね。キャップがあるし、TOP5クラスの選手と契約できれば充分評価していいかなと思います。しかもニーズにばっちりですし。
しかし、ドラフトもInt'FAも今のシステムだと、GMの能力や考えが本当に重要というか、もろに影響する感じがします。

P.S 世界ドラフト案について、管理人さんはどう思ってますか?
自分は、今の完全ウェーバーのドラフトと、自由競争のInt'FAの組み合わせが好きなのですが。キャップも出来て公平性もありますし。

ララ さんのコメント...

赤いイタチさん

こんにちは!

そうですね、まだ正式発表はしていませんけど、BOSの内部事情の問題みたいで、契約は確定してるみたいですし、個人的にはRafael Deversさえしっかり捕まえれば、最低限の評価はできると思っています。

ここ2年のドラフトでは、結構投手を蓄えましたけど、自由競争のInt. FAということで、1点集中で構わないので、最高の投手をできれば捕まえてもらいたいと思ってましたけど、今季の市場は投手はイマイチのようですし、これで良かったんじゃないかと。

ドラフトにしてもInt. FAにしても、制限が多くなった分、逆にGMの腕の見せ所が多い気がしますね。

例えば昨年のTBは今年$250K以上の契約ができなくなることをわかっていながら、Int. FAの左右のトップアームを両獲りしましたし、今季もTEXが同じような戦略を取ってます。

TBは投手、TEXは若手野手とそれぞれの長所をさらに伸ばす上での戦略なのでしょうね。

>P.S 世界ドラフト案について、

難しいですね(笑)。真剣に考えたことがない、というのが正直なところなんですが。

Int. FAはやはりUSの選手が対象になるドラフトと違って、選手の情報が少ないし、自由競争の現状でも、もちろん競合のある選手はいるけど、誰もがそういう訳ではないですしね。

現状のキャップ制度で、ある程度全体のボーナスを抑えることはできているし、インターナショナルドラフトにすることによる大きなメリットも無いような印象ですけどね~。