今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年7月15日月曜日

13' Weekly Topics -7/8~7/14

[7/11]

☆ Today's Game (Game 94 @SEA)

LAA 戦の嫌な流れを引きずったまま、初戦をLesterで落とした時は嫌な感じでしたが、その後は打線の爆発もあり3連勝。投手陣も、Lesterや Dempsterがピリッとしないのを、昨日はDoubront、今日はS. Wrightが素晴らしい投球で埋めた。詳細なレポートはしないけど、LAA戦から、何度か放送があったので見た時の感想をいくつか。Websterは印 象が良くなかったですね。球威はあるし、チェンジアップは良いけど、速球に動きが無くて、とにかく甘い。あれではMLBでは通じるはずがない。元野手って いうカンジのフォームで、運動能力自体は高いだろうし、その上であのシンプルなメカニクスでコマンドが悪いとかだと、今後の改善がちょっと不安になります ね。

Workmanのデビューは残念ながら見られず。A. Baileyと田澤も良くないですね。田澤は下半身の粘りも無くなって、ボールが浮きまくってる。正直今セットアップで使える状態ではないと思う。 Breslowも悪くないけど、ドミナントかと言われると微妙だし、やっぱりセットアップクラスの補強は必要なのかも。NYMがBobby Parnellの見返りにJ. Bradley Jr.を要求とか、CWSは残り1年半のMatt Thorntonの見返りにHigh-End Prospectを要求とか見てると、呆れて何も言えなくなる。ちょっと見てて思ったのは、SEAのCharlie Furbushは長身ながら、サイド気味のフォームがA. Millerにちょっと被りますね。しかもMaine州出身。同じくBOSのターゲットと言われる、Massachusetts州出身のSteve Cishek (MIA)も獲れば、Connecticut州出身のBreslowと合わせてローカルボーイリリーフトリオになりますね。

Result : SEA 7 - 8 BOS (W57-L37)


[7/14]

☆ Today's Game (Game 97 @OAK)

AL首位を争うOAKに負け越し。新人Workmanが7回途中までノーヒッターを演じるも、最後はトレードで獲得したThorntonが打たれて敗戦。まだ何かを判断するのは早いでしょうけど、やっぱりCherington GMのリリーフ補強は好きじゃないわ。

WorkmanはMLBデビュー戦の最初のイニングは派手に炎上したけど、その後はなかなか良いカンジですね。奪三振も悪くないけど、やっぱり制球が安定しているのが大きい。この前のリリーフ登板時のデータでしょうが、それでも40球以上投げた試合で、速球の平均が94 mph近く出ている。コマンド面がやはり良くなく、ここのところ不調気味のWebster、R. De La Rosa、Ranaudoらを抑えて、後半戦の先発デプス1番手になるかも。

Result : OAK 3 - 2 BOS (W58-L39)

0 件のコメント: