今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年8月12日月曜日

13' Postseason Prospect Ranking -Reliever-

各ポジションごとのMy Rankingです。昨年のRP編で、キーワードをRP転向と書きましたが、今季に関してはMLB/AAAシャトル移動、というのがしっくり来る。序盤からMLBで投げたA. Wilsonも含めて、リリーフを傘下から輩出するということはよくできていたと思います。


[Ranking]

Four-Star Prospect

- (-). (Brandon Workman, RHP (MLB (SP)))

Three-Star Prospect

- (-). (Rubby De La Rosa, RHP (MLB (SP)))

1 (-). Drake Britton, LHP (MLB) : ○MLB実績/×速球以外。

2 (1). Alex Wilson, RHP (MLB) : ○スライダー/×コマンド、速球のムーブ。

Two-Star Prospect

- (8). (Chris Martin, RHP (AAA)) : ○体格、GB%、Rule 5非対象/×上限。

3 (-). Matt Price, RHP (High-A) : ○球威、被打率、GB%/×メイクアップ。

4 (-). Noe Ramirez, RHP (AA) : ○ディセプション、CH/×球威。

One-Star Prospect

- (-). (Jose De La Torre, RHP (AAA)) : ○被打率、GB%/×制球。

- (-). (Anthony Carter, RHP (AAA)) : ○球威、奪三振率/×MLB実績。

5 (7). Pete Ruiz, RHP (AA) : ○奪三振率、CU、体格/×ERA、FB%。

- (-). (Pedro Beato, RHP (AAA)) : ○体格/×FB%、MLB実績。

6 (-). Madison Younginer, RHP (High-A) : ○球威/×制球、ケガ。

- (-). (Keith Couch (AA (SP)))

7 (6). Brock Huntzinger, RHP (AAA) : ○被打率、ERA/×FB%、MiLFA。

- (-). (Chris Hernandez (AA (SP)))

8 (2). Austin Maddox, RHP (Low-A) : ○球威、体格/×スタッツ全般。

9 (-). Miguel Celestino, RHP (AA) : ○球威、体格/×スタッツ全般、適応力。

10 (New). Mike Adams, LHP (SS-A) : ○ディセプション、CU/×球威、実績。


Others : Aaron Kurcz (RHP, DNP), (Chris Carpenter (RHP, AAA)), Nate Striz (RHP, High-A), Matty Ott (RHP, High-A), Victor Ramirez (RHP, DSL)


Left from Ranking : Luis Bastardo (RHP, Released), Caleb Clay (RHP, MiLFA), Josh Fields (RHP, Selected in Rule 5 Draft by HOU), Zach Good (LHP, Released) Braden Kateyn (RHP, Retired), Mike McCarthy (RHP, Converted to SP), Michael Olmsted (RHP, MiLFA), Ryan Pressly (RHP, Selected in Rule 5 Draft by MIN), Charlie Rosario (RHP, Released), J. B. Wendelken (RHP, Trade to CWS), Tyler Wilson (RHP, Released)


[Perspective]

昨年も上層のリリーフが充実してきたというのは感じていたが、今季はそこからJosh Fields、Ryan Pressly、Michael Olmstedと上位に入る選手が離脱したものの、De La Torre、A. Carter、BeatoといったProspectステータスを失った中堅どころから、Workman、Britton、R. De La Rosa、S. Wrightといった、マイナーでは先発を務めた選手が、代わる代わるMLBでプレー。

残念ながら、クローザー候補という面で見れば、De La Rosaをリリーフで使わない限り、そのクラスの選手は見当たらないが、Wilson、Workman、Brittonらは、セットアップクラスの上限はありそうに見える。WorkmanやBrittonはマイナーでは先発だったが、そちらの層の充実もあり、リリーフ回せる状況にはなっている。先発層の充実がこちらまでポジティブな影響を与えていると言える。

また、今季もM. Price、N. Ramirez、Younginer、Celestinoらを先発から転向させた。Celestinoはやや適応できていないが、前の3人はいずれもリリーフで可能性を見せている。中でもPriceは個人的にも注目している。Younginerも既にBustに近い状態になっていたので、リリーフとして復活するなら儲けもの。

マイナー下層は、期待度の高めなProspectは、多くがPiggy-Backで先発と同様の調整で投げており、純粋なリリーフタイプは少ないし、Kurczのケガ、C. Carpenter、Maddoxの不振などもあり、AA以下の層は少し薄くなったように思う。ただ、上層に上がってからリリーフ転向する選手が多いので、それは大きな問題ではないはず。課題は40人枠のやり繰り。上手くロスターを整理しながら、今季出てきた選手を含めた目ぼしい選手には、継続的に機会を与えていってもらいたい。

0 件のコメント: