今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年8月30日金曜日

13' Minor League Stats - GCL Red Sox (Rk)

Rkクラスは閉幕。Rk-GCLのスタッツです。チームはW35-L25でディビジョン優勝。POではセミファイナルを突破したものの、決勝で敗退。近年の投手重視傾向もあり、Piggy-Backシステムを採用して、毎日Prospectが2、3人は投げていた。一方野手もDenneyや今季ドラフト組の18歳のOFトリオをはじめとして、多くの選手をローテで使い分けていたが、全体的に打てていないし、長打力不足は結構深刻。若い選手だけにパワーが発揮できないのは仕方ないにしろ、チームで5 HR。その内3本はリハブのCoyleとBrentzが放ったもので、1本はロスターフィラーのJ. Davies。POに進出したのは、こちらも投手陣の奮闘が大きかった。


[Pitchers]

Trey Ball, LHSP (13'-1st)

13' Stats (GCL) : W0-L1/6.43 ERA/5 G/5 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/7.0 IP/10 H/7 R/5 ER/1 HR/0 HBP/6 BB/5 K/2.29 WHIP/0.67 GO/AO

評価:-。期待のドラ1だが、短い期間でそのポテンシャルを示すには至らず。これだけ少ないサンプルだし、スタッツを見て大騒ぎをしても仕方ないのだが、他チームの上位指名が全体的に好スタートを切る中で、全体7位指名という肩書からすれば、一度も光る登板が無かったのは残念。来季は真価を見せて欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Dioscar Romero, RHSP (11'-Int. FA)

13' Stats (GCL) : W3-L1/3.93 ERA/11 G/4 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/34.1 IP/32 H/19 R/15 ER/0 HR/3 HBP/28 BB/22 K/1.75 WHIP/1.43 GO/AO

評価:D。少し出遅れて開幕。昨季のDSLで傘下No.1の投手だっただけに期待していたが、コマンド・制球の悪さを露呈し、K/BBが1を切ってしまった。あまりビシッと投げた試合は無かったが、そこまでボロボロというのも少なく、ゴロ率の高さなど、ボールの力はありそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Keivin Heras, RHSP (11'-Int. FA)

13' Stats (GCL) : W2-L0/3.29 ERA/11 G/6 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/1 GF/0 SV/41.0 IP/42 H/18 R/15 ER/1 HR/7 HBP/8 BB/24 K/1.22 WHIP/1.11 GO/AO

評価:C。18歳ながら投球術への評価の高い選手で、安定した投球を見せているが、三振があまり取れておらず、支配力には欠けているような印象。順調に昇格しており、チームは彼の完成度の高さを買っているのだと思うが、セカンドピッチなどで空振りを奪えるようにしていかないと、上のクラスでは厳しそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Edwar Garcia, RHSP (10'-Int. FA)

13' Stats (DSL) : W1-L0/5.14 ERA/2 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/7.0 IP/6 H/4 R/4 ER/1 HR/0 HBP/2 BB/7 K/1.14 WHIP/1.00 GO/AO
13' Stats (GCL) : W4-L1/3.65 ERA/15 G/3 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/3 GF/0 SV/44.1 IP/32 H/19 R/18 ER/1 HR/4 HBP/25 BB/41 K/1.29 WHIP/1.10 GO/AO

評価:C。スタッフはある選手だと思うが、制球面に悩まされている。今季もDSLで3年目の開幕を迎えたが、GCLの開幕に合わせて昇格。Piggy-Back中心だが、被打率、奪三振率は悪くない。来季はそろそろ本格ブレイクに期待したい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Willie Ethington, RHSP (12'-17th) : ローテの1人として良い投球を見せていたが、途中で一旦ケガで離脱。K/BBなど悪くない成績を残しているが、ライバルも多い中で上に上がっていくにはもう一歩アピールが欲しい。

Jalen Williams, RHSP (13'-16th) : ほんの少ししか投げたかったが、今季ドラフト組のHS-Pの中では良いデビューを飾った。2スポーツスターだっただけに、もっと粗いかと思ったが。

Jake Drehoff, LHSP (13'-12th) : 4年制カレッジの出身ながら、GCLでプロデビュー。カレッジでは平凡だったが、よっぽど気に入ったのか、オーバースロットで契約し、ここでも全試合先発で起用。

Gabe Speier, LHSP (13'-19th) : LHPのはずが、なぜかオフィシャルではRHPと書かれていた。今季ドラフトのHS-Pの中でも期待度の高い選手だが、たった3試合に投げたのみ。三振を取れそうな選手。

K. J. Trader, RHRP/SP (13'-39th) : 今季入団したHS-Pの1人だが、ややレベルの低い地域出身ということもあり、良いデビューにはならなかった。被打率、K/BBと悲惨な成績に。

Pat Goetze, RHRP/SP (13'-36th) : TJ明けということもあるのだろうが、慎重な起用に。3、4戦目はしっかり投げた。

Randy Perez, LHRP/SP (11'-Int. FA) : 序盤は先発で、ドラフト組などが加わった後半はPiggy-Backをメインに、チームトップのイニングを投げた。ERA、被打率、ゴロ率は優秀。Int. FAにしては少しだけ年齢が高めだけど、左腕だしリリーフなどでも期待したい。

Luis Ortega, LHRP/SP (11'-Int. FA) : 多くがPiggy-Backでの登板。ゴロ率が高いが、K/BB等は平凡。Int. FAでの同期入団に、Ran. Perez、C. Garciaと左腕が3人いるが、その中では20歳と年齢が少し高い。

Christian Perdomo, LHRP/SP (13'-UDFA) : 今季UDFAで契約した選手で、ドミニカ出身の長身左腕。さすがに制球・コマンドには難がある。まだイニング数も少なく、真価はこれからか。

German Taveras, RHRP (11'-Int. FA) : 彼もやや年齢の高いInt. FA選手。2年間DSLで今一つだったが、今季はゴロ率・K/BBなどで良い成績を残した。

Oscar Perez, RHRP (08'-Int. FA) : 期待度の高い捕手だったが、さっぱり打てずで、今季投手転向。奪三振率こそ低めだが、チームトップの8 SVを挙げるなど、転向1年目としてはまずまずよく投げた。保有期間の問題はあるが、投手として開花してくれれば。

Enfember Martinez, RHRP (12'-Int. FA) : 昨季16歳でプロデビューし、今季はDSLで開幕後、17歳にしてUSデビューを飾った。奪三振率は低めだが、被打率が良く、高めのゴロ率などしっかり投げている。

Stephen Williams, RHRP (12'-16th) : カレッジの後輩のStankiewiczがSS-Aに行ったのと反対にJuCo出身ながらGCLで2年目を迎えた。序盤戦はケガだったのか、あまり投げなかったが、後半はボチボチ投げている。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Jon Denney, C (13'-3rd)

13' Stats (GCL) : 26 G/74 AB/15 H/3 2B/0 3B/0 HR/39 TB/9 R/2 RBI/18 BB/29 SO/2 SB/0 CS/.203 AVG/.379 OBP/.243 SLG/.622 OPS/2 E

評価:D。期待の超大物捕手だったが、プロデビューは冴えないものに。選球眼はしっかりしているが、あまり打てず。期待されたパワーも見せられていない。HSのSeniorイヤーは攻守で逆に退化しているとも言われていたけど、その評価を覆すことはできず。ツールはあるはずだし、来春までしっかりトレーニングを積んで欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Alixon Suarez, C (10'-Int. FA)

13' Stats (GCL) : 31 G/109 AB/23 H/6 2B/0 3B/0 HR/29 TB/11 R/13 RBI/5 BB/22 SO/1 SB/0 CS/.211 AVG/.254 OBP/.266 SLG/.520 OPS/3 E

評価:D。今季のダークホースに挙げていたけど、USデビューはほろ苦いものに。早打ち気味だし、コンタクトできなかった。来季は成長に期待したい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Nick Longhi, 1B/LF (13'-30th)

13' Stats (GCL) : 16 G/45 AB/8 H/5 2B/0 3B/1 HR/16 TB/4 R/4 RBI/3 BB/12 SO/1 SB/0 CS/.178 AVG/.245 OBP/.356 SLG/.600 OPS/1 E

評価:C。LFでもちょこちょこ機会を得ているが、比較的競争の少ない1Bで多く起用されていくことになりそう。安打の半分以上が長打になっているし、チームのProspectとしては唯一のHRを放つなど、期待されたパワーは本物のよう。POでもHRを放った。8月に18歳になったばかりと、かなり若い選手だし、来季もしっかり成長してもらいたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Raymel Flores, SS/2B (11'-Int. FA)

13' Stats (GCL) : 49 G/135 AB/25 H/5 2B/4 3B/0 HR/38 TB/15 R/13 RBI/22 BB/41 SO/9 SB/6 CS/.185 AVG/.311 OBP/.281 SLG/.592 OPS/7 E

評価:E。昨季に引き続き、比較的四球も選ぶものの、コンタクトに悩んでいる。同クラスの選手に比べてかなり若い選手ではあるが、期待度からすればもう少し打ってもらわないと。三塁打マシーンぶりは今季も変わらず。GCLシーズン終了後、SS-Aへ昇格したが、結局出番なし。

-------------------------------------------------------------------------------------

Bryan Hudson, LF/CF (13'-15th)

13' Stats (GCL) : 43 G/135 AB/41 H/6 2B/0 3B/0 HR/47 TB/18 R/15 RBI/23 BB/39 SO/6 SB/1 CS/.304 AVG/.406 OBP/.348 SLG/.754 OPS/0 E

評価:B。ドラフト時は有名な選手ではなかったが、BOSのスカウトが発掘。同期入団のOF陣の中でも最高の成績を残した。7月にやや成績を落としたが、8月は持ち直し。左もよく打っている。パワーはあまり無さそうだし、LFになるなら、スピードやコンタクトを磨き上げる必要あり。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jordon Austin, CF/RF (13'-6th)

13' Stats (GCL) : 40 G/116 AB/23 H/7 2B/1 3B/0 HR/32 TB/15 R/6 RBI/21 BB/55 SO/12 SB/0 CS/.198 AVG/.324 OBP/.276 SLG/.600 OPS/1 E

評価:D。Denneyと同様によくボールを見るが、50%近い三振率は深刻。12 SBで0 CSと、MongeやB. Hudsonと比べてもスピードはさらにありそうなのだが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Joseph Monge, RF (13'-17th)

13' Stats (GCL) : 39 G/111 AB/25 H/5 2B/0 3B/0 HR/30 TB/18 R/10 RBI/9 BB/31 SO/7 SB/6 CS/.225 AVG/.301 OBP/.270 SLG/.571 OPS/0 E

評価:D。CFも守れるという話だったけど、J. Austinとの兼ね合いもあり、RF専門でプレー。積極的に走っており、スピード・身体能力はありそうだが、まだまだ粗削りでコンタクトに難。こういうタイプの選手を育てるのは苦手としているからなぁ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Carlos Coste, C (11'-35th) : BetheaがSS-Aに昇格後は、DenneyとA. Suarezの控えを務めた。基本的に打力に欠けており、守るだけという選手。

Jake Davies, 1B (12'-21st) : 既に24歳で、ロスターフィラーの1B。リハブの選手以外ではチーム初HRを放ったが、AVG .216ではロスターフィラーとしても失格。

Aneudis Peralta, 3B/1B (10'-Int. FA) : 3年目でようやくUSデビューを勝ち取った。Witte昇格後は正3Bとしてプレーし、AVG .288としっかり打ったが、C-IFとしてはイマイチパワーがない。

Mauricio Dubon, SS/3B (13'-26th) : ホンジュラス出身。デビューしばらくは打っていたが、最後は落ちて来た。

Iseha Conklin, LF/RF/CF (12'-19th) : OF3ポジションの控えとしてプレー。多くのOFが加入したこともあり、出場機会が限られていてあまり打てていなかったが、8月はAVG .313と好調でシーズンを終えた。

0 件のコメント: