今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年8月17日土曜日

13' Postseason Prospect Ranking -Shortstop-

各ポジションごとのMy Rankingです。X. Bogaertsが何と言っても素晴らしい。完全無欠と言っても過言ではないし、マイナー全体でもTop 3は堅いし、全体#1も狙える位置にいる。


[Ranking]

Five-Star Prospect

1 (1). Xander Bogaerts, SS/3B (AAA) : ○全スタッツ、インテリジェンス/×無し。

Four-Star Prospect

2 (2). Deven Marrero, SS (AA) : ○守備、エラー、肩、走塁、選球眼/×パワー。

Three-Star Prospect

3 (5). Tzu-Wei Lin, SS (SS-A) : ○スピード、守備/×パワー、コンタクト。

Two-Star Prospect

4 (3). Jose Vinicio, SS (Low-A) : ○守備、スピード/×打撃全般、選球眼。

5 (-). Heiker Meneses SS/2B (AAA) : ○利便性/×選球眼、走塁。


Others : Javier Guerra (SS, DSL), Raymel Flores (SS, GCL), (Deiner Lopez (2B/3B/SS, SS-A (2B)))


Left from Ranking : Vistor Acosta (3B/2B, Converted to 3B), Derrik Gibson (2B/SS, Converted to 2B), Jose Iglesias (SS/3B, Traded to DET), Wendell Rijo (2B, Converted to 2B), Cleuluis Rondon (2B/SS, Traded to CWS)


[Perspective]

Bogaertsはまさに別格と言ってもいいだろう。今季開始前ですら、全体Top 5の評価をされていたのが、今季は20歳にしてAA/AAAを完璧に打ちこなし、さらにツールや成績面だけでなく、そのインテリジェンスやメイクアップもマイナー全体でもトップレベル。3B経験を積み、SS守備評価も上がっている。最早欠点が見つからないレベル。3B守備の経験を積ませるという目的で、まだマイナーに留まっているが、S. Drewが好調なのと、Middlebrooksにもう少し機会を与えたいという理由だけなのではないかと勘繰ってしまう。とは言え、来季はDrewが抜けるし、来季の正SSは約束されたようなもの。遅かれ早かれ、今季中には上に上げてみるだろう。

もう一つSSとしての大きな動きは、やはりJose IglesiasのDETへの放出だろう。昇格直後はよく打ったし、守備だけでもSSとして大きな価値のある選手だと思うが、個人的にはやはりSS Bogaertsへの魅力があまりに大き過ぎたし、この動き自体はあまり否定的ではない。Cleuluis Rondonの放出もあり、SSは余剰に関しては少し整理された。Vinicioが評価を落としたのは残念だし、T. Linも期待したほどではない。ここ数年Int. FAでSSを獲り続けてきたけど、今年はそれも一段落のよう。来季のDSLは大物SS不在の状況になりそう。

来季開幕時からBogaertsがMLBなら、傘下の層は少し薄くなってしまいそうだが、ピュアなSSとしてD. Marreroが予想以上のペースで昇格しているのは安心材料。Iglesiasの抜けた今、ピュアSSとして、Marreroの存在価値は大きく跳ね上がったと言える。守備ではHigh-Aの85 Gでたった4エラーと、SSとしてはありえないレベルの安定感。肩への評価も高いようで、Iglesiasのような魅せる守備ではなくとも、既にMLBでもしっかりした守備ができるのでは?と思わせる。14年後半には、BogaertsがSS/3B、Pedroiaが2B、Middlebrooks or Cecchiniが3Bで、MarreroがSS/2Bといった布陣も組めるかも。

2 件のコメント:

赤いイタチ さんのコメント...

こんばんは。
Bogaertsは、昇格スピードもですがSSとしての価値を保ったままここまできた事が凄いというか、自分の想像以上でした。

デプスの面では、Iglesiasが抜けBogaertsのMLB昇格が確定的でも、ピュアSSのMarreroが控えているというのはイイですね。


最早、VinicioよりLinのほうが期待値は上なのですね。Floresも含めて時間がかかる感じでしょうか。
それでも、力いれたポジションだけあって、$的に豪華ですね。(笑)

ララ さんのコメント...

赤いイタチさん

こんばんは~。

BogaertsのSS守備への評価に関してはむしろ上がる一方で、1、2年前は3B転向確実だったのが、今や数年はSSで問題ないと言われていますからね~。

チームへの貢献度的にはSSでも3Bでもそれほど変わらないのかもしれないけど、SSでプレーし続けてくれた方が、レジェンドクラスへの可能性は高くなるんじゃなかな~。

Marreroを控えというのもちょっともったいない気もするけど、個人的にはユーティリティーな選手が多い布陣の方が好きだし、完全な控え選手が出るよりも、半レギュラークラスがベンチに控えている方が強そうに見えます。

Vinicio、T. Lin、R. Flores、J. Guerraと、Low-A以下のSSはやや非力タイプが多いので、現状でも打席でストラグルしている選手が多いのはちょっと気になりますね。

この中だとT. Linだろうけど、来季Low-Aできっちり成績を残せないと、控えIFが精一杯という烙印を押されてしまうかも。

$で思い出しましたけど、Renfroeはどうやらフロリダの施設で投手転向を目指しているようですね(汗)。彼が入団した時は、5ツールSSと期待したもんですが...。