今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年9月1日日曜日

13' Minor League Stats - Lowell Spinners (SS-A)

SS-A Lowellのスタッツです。W40-L33でギリギリまでPOを伺ったけど、PO進出できず。ここ2年の投手偏重のドラフトもあり、野手陣に大物感が欠けた。Int. FAの大物ではMargotは良かったけど、T. Linはやや期待外れ。


[Pitchers]

Teddy Stankiewicz, RHSP (13'-2nd)

13' Stats (SS-A) : W0-L0/2.29 ERA/9 G/9 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/19.2 IP/17 H/6 R/5 ER/1 HR/1 HBP/2 BB/15 K/0.97 WHIP/0.79 GO/AO

評価:C。メディカルで問題が見つかって、ボーナスが下がった経緯があるが、デビュー後はまずまずの投球。年齢的には12年ドラフト組のHS-Pと同じで、思ったよりも制球はまとまっていたが、期待度からすれば、もう少しドミナントな投球を見せて欲しかった。

-------------------------------------------------------------------------------------

Myles Smith, RHSP (13'-4th)

13' Stats (GCL) : W0-L0/0.00 ERA/4 G/4 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/8.0 IP/1 H/0 R/0 ER/0 HR/1 HBP/0 BB/9 K/0.13 WHIP/2.00 GO/AO
13' Stats (SS-A) : W0-L0/6.75 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/2.2 IP/4 H/2 R/2 ER/0 HR/0 HBP/0 BB/3 K/1.50 WHIP/2.00 GO/AO

評価:-。ドラフトでもTop 100前後の評価を受けるカレッジのJuniorだったが、GCLでプロデビュー。やや投手キャリアが浅いことを考慮したのか?4試合に投げただけだが、さすがにここではレベルが違うというカンジ。GCLシーズン終了後、SS-Aへ昇格し、最終戦で先発。

-------------------------------------------------------------------------------------

Corey Littrell, LHSP (13'-5th)

13' Stats (SS-A) : W0-L3/1.74 ERA/12 G/10 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/31.0 IP/28 H/9 R/6 ER/0 HR/1 HBP/10 BB/30 K/1.23 WHIP/1.03 GO/AO

評価:C。ビッグプログラム出身の完成度が高めなカレッジ左腕ということで、さすがにしっかりとした投球を見せた。軟投派という印象だったが、思ったよりも球速が出ており、三振を奪っている。とは言え、例年カレッジ出身でここに来る投手は、短めのイニングを投げることもあり、同様の好成績を残してきたので、これが実力かはまだわからない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jamie Callahan, RHSP (12'-2nd)

13' Stats (SS-A) : W5-L1/3.92 ERA/13 G/12 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/0 GF/0 SV/59.2 IP/48 H/27 R/26 ER/4 HR/2 HBP/17 BB/54 K/1.09 WHIP/0.42 GO/AO

評価:C。2試合連続で素晴らしい投球をした時もあったが、全般的にはさほどドミナントな投球はできず。K/BBなど比較的まとまってはいるが、被HR、ゴロ率等を見ても、相手を捻じ伏せるような投球では無さそう。年齢が若いのはあるし、来季はもう少しスタッフが向上してくれればいいけど。

-------------------------------------------------------------------------------------

Ty Buttrey, RHSP (12'-4th)

13' Stats (SS-A) : W4-L3/2.21 ERA/13 G/13 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/61.0 IP/54 H/21 R/15 ER/0 HR/5 HBP/21 BB/35 K/1.23 WHIP/0.90 GO/AO

評価:C。年齢の高さとボーナス額から、Low-A行きも期待されていたが、結果的にはSS-Aでさほどインプレッシブではないシーズンを過ごした。被打率は悪くないが、あまり三振が奪えず。K/BB、ゴロ率などもイマイチ。まずまず投げてはいるが、元々の期待からして高評価は与えられない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Daniel McGrath, LHSP (13'-Int. FA)

13' Stats (GCL) : W0-L1/1.35 ERA/4 G/4 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/20.0 IP/8 H/3 R/3 ER/2 HR/0 HBP/6 BB/30 K/0.70 WHIP/0.92 GO/AO
13' Stats (SS-A) : W3-L3/4.86 ERA/8 G/7 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/33.1 IP/29 H/21 R/18 ER/2 HR/1 HBP/13 BB/35 K/1.26 WHIP/0.97 GO/AO

評価:B。GCLの開幕投手としてプロデビュー。GCLでは圧倒的な投球を見せ、さっさとSS-Aへ昇格。しっかり三振が奪える上に、制球も安定している。シーズン最後は、疲れもあったのか、やや乱れたけど、SS-Aでも十分に良い投球を見せた。球速自体はあまり出ていないようだし、来季は少し球威が上がってくると良いですね。

-------------------------------------------------------------------------------------

Simmon Mercedes, RHSP (12'-Int. FA)

13' Stats (SS-A) : W2-L2/3.13 ERA/13 G/3 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/3 GF/1 SV/63.1 IP/62 H/24 R/22 ER/2 HR/2 HBP/17 BB/57 K/1.25 WHIP/1.86 GO/AO

評価:B。年齢が高めなこともあり、GCLをスキップ。Buttreyの後のPiggy-Backで投げることが多かったが、チーム最多イニングを投げた。シーズンが進むにつれ、奪三振率、被打率が向上。制球もそこそこまとまっていた。ゴロ率も非常に高い。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mario Alcantara, RHSP (09'-Int. FA)

13' Stats (SS-A) : W5-L5/4.17 ERA/14 G/9 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/58.1 IP/61 H/42 R/27 ER/2 HR/9 HBP/29 BB/46 K/1.54 WHIP/1.55 GO/AO

評価:D。最終的なスタッツを見ると、凄く悪い訳ではないけど、あまり良い印象の登板の少ないシーズン。スタッフへの評価は上がっているけど、コマンドの問題か、成績は付いてこない。来季はフルシーズンクラスで、しっかりアピールしないと埋もれてしまいそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jonathan Aro, RHRP/SP (11'-Int. FA) : 20歳でInt. FA契約した選手で、目立たないが、今季はPiggy-Backで良い投球を見せた。制球が安定している点が売り。

Carlos Pinales, RHRP (10'-Int. FA) : GCLからすぐにSS-Aへ昇格。しっかりした投球を見せた。とは言え、ショートシーズン4年目。大きな期待はできそうにない。

Taylor Grover, RHRP (13'-10th) : 今季のドラ10。名前の知られていない選手だったが、94 mph程度まで届く速球など、悪くないスタッフを見せているそう。セカンドピッチを磨き、さらに三振が取れるようになれば。

Joe Gunkel, RHRP (13'-18th) : GCLでプロデビューも1試合のみでSS-Aへ昇格。チームのクローザーとして、20 IP/8 H/3 BB/32 Kという圧倒的な投球を見せた。上のクラスで見てみたい投手。

Greg Larson, RHRP (12'-20th) : カレッジでの実績は素晴らしかったが、プロで通じるほどのスタッフではないよう。SS-Aではまずまずも、Low-Aでは打ち込まれた。

Yunior Ortega, RHRP (08'-Int. FA) : Low-Aでリリーフとして投げたが、ケガもあり、最後はSS-Aでシーズン終了。被打率が高く、オーバーマッチされているカンジ。

Matt Spalding, RHRP (11'-29th) : 2試合に投げたのみでDL入り。若い選手も増えてきたし、リリースされなくても来季は正念場。

Elis Jimenez, RHRP (09'-Int. FA) : O. Perezと共に、チームのクローザーを務め7 SV。0.40 ERAに22.1 IPを投げて1つの四球も出さないなど、制球力が高そう。とは言え、既にRkクラス4年目で大きな期待ができる選手ではないだろうが。GCLのシーズン終了後にSS-Aで1試合に登板。

Dylan Chavez, LHRP (12'-14th) : ドラフト時はまずまず高く評価されていた左腕リリーフだが、ケガが多いのか、あまり継続して試合に出れていない。しっかり三振は奪えているし、ゴロ率も高く、K/BBは良い。時々大きく崩れる癖を直せば。

Mike Adams, LHRP (13'-7th) : 13.2 IPを投げて無四球。1試合で大炎上したが、奪三振にゴロ率も高い。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Nick Moore, 1B/3B (11'-30th)

13' Stats (Low-A) : 24 G/76 AB/12 H/2 2B/0 3B/2 HR/20 TB/6 R/8 RBI/11 BB/47 SO/3 SB/1 CS/.158 AVG/.264 OBP/.263 SLG/.528 OPS/11 E
13' Stats (SS-A) : 57 G/186 AB/34 H/7 2B/1 3B/1 HR/46 TB/21 R/15 RBI/20 BB/80 SO/6 SB/1 CS/.183 AVG/.269 OBP/.247 SLG/.516 OPS/16 E

評価:E。Low-Aで開幕3Bを勝ち取ったが、余りに打てずにXST行き。守備でも24試合で11エラーと酷く、SS-A開幕戦は1Bへ。その後も1Bメインでプレーした。割と気に入っている選手だが、コンタクトが酷過ぎ、自慢のパワーも宝の持ち腐れ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Wendell Rijo, 2B (12'-Int. FA)

13' Stats (GCL) : 49 G/170 AB/46 H/15 2B/0 3B/0 HR/61 TB/28 R/20 RBI/22 BB/29 SO/15 SB/5 CS/.271 AVG/.368 OBP/.359 SLG/.727 OPS/5 E
13' Stats (SS-A) : 3 G/14 AB/5 H/1 2B/1 3B/0 HR/8 TB/1 R/0 RBI/0 BB/3 SO/0 SB/1 CS/.357 AVG/.357 OBP/.571 SLG/.929 OPS/1 E

評価:A。同クラスの選手に比べて、多少年齢は高めだが、DSLをスキップして直接USデビューし、しっかり打った。HRこそなかったものの、それなりに二塁打は放ったし、何と言ってもK/BBが素晴らしい。膝のケガの後だが、しっかりと盗塁も決めている。GCLのシーズン終了後にSS-Aへ昇格し、3試合で先発。インプレッシブな打席を見せた。

-------------------------------------------------------------------------------------

Deiner Lopez, 2B/3B/SS (10'-Int. FA)

13' Stats (GCL) : 25 G/88 AB/25 H/4 2B/4 3B/0 HR/37 TB/11 R/7 RBI/4 BB/20 SO/8 SB/5 CS/.284 AVG/.344 OBP/.420 SLG/.764 OPS/2 E
13' Stats (SS-A) : 28 G/100 AB/21 H/3 2B/0 3B/0 HR/24 TB/16 R/10 RBI/11 BB/23 SO/5 SB/1 CS/.210 AVG/.301 OBP/.240 SLG/.541 OPS/4 E

評価:C。GCLの開幕3Bでスタート。レギュラーながら3ポジションで起用され、よく打ってSS-Aへ。しかしSS-Aではオーバーマッチされた。SS-Aではそこそこ四球を選んだが、パワーが全く発揮できず。

-------------------------------------------------------------------------------------

Tzu-Wei Lin, SS (12'-Int. FA)

13' Stats (SS-A) : 60 G/230 AB/52 H/9 2B/2 3B/1 HR/0 TB/34 R/20 RBI/28 BB/59 SO/12 SB/4 CS/.226 AVG/.312 OBP/.296 SLG/.607 OPS/12 E

評価:D。好調なスタートを切って、評価を上げていたのが、徐々に調子を下げた。POが掛かった最終シリーズもRijoにレギュラーを奪われて終了。パワーは無いのはわかっていたが、選球眼、スピード、エラーなどもやや不本意な成績。来季は奮起してもらいたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mike Meyers, LF (12'-12th)

13' Stats (GCL) : 26 G/86 AB/22 H/6 2B/0 3B/0 HR/28 TB/10 R/6 RBI/8 BB/24 SO/3 SB/3 CS/.256 AVG/.316 OBP/.326 SLG/.641 OPS/0 E
13' Stats (SS-A) : 2 G/8 AB/2 H/0 2B/1 3B/0 HR/4 TB/2 R/1 RBI/0 BB/3 SO/0 SB/0 CS/.250 AVG/.250 OBP/.500 SLG/.750 OPS/0 E

評価:C。今季からOFへ転向。やや尻すぼみで終わったが、まずまずコンタクト能力は示した。パワー、選球眼、走塁など多くの点ではまだまだ向上が必要そう。GCLのシーズン終了後にSS-Aへ昇格。

-------------------------------------------------------------------------------------

Manuel Margot, CF (11'-Int. FA)

13' Stats (SS-A) : 49 G/185 AB/50 H/8 2B/2 3B/1 HR/65 TB/29 R/21 RBI/22 BB/40 SO/18 SB/8 CS/.270 AVG/.346 OBP/.351 SLG/.697 OPS/4 E

評価:B。途中ケガで離脱したが、GCLをスキップした上で、SS-Aでしっかり成績を残した。パワー、選球眼、走塁ともう少しずつ全体的に磨いて欲しいカンジは受けるけど、まずは順調なUSデビューだった。今やBrentzを凌いで、J. Bradley, Jr.に次ぐ、傘下No.2 OFとも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Williams Jerez, RF/CF (11'-2nd)

13' Stats (SS-A) : 38 G/119 AB/21 H/5 2B/1 3B/0 HR/28 TB/6 R/8 RBI/3 BB/23 SO/4 SB/1 CS/.176 AVG/.203 OBP/.235 SLG/.439 OPS/2 E

評価:F。全てのスタッツが最低レベル。11年ドラフト組はドラ1の4人が素晴らしかっただけに、ドラ2、3がもう少しガンバってくれれば完璧だったのに。既に"Bust"はほとんど確定している雰囲気。

-------------------------------------------------------------------------------------

David Sopilka, C (10'-Int. FA) : 開幕戦に捕手としてプレーしたが、やはり貧打は変わらず。シーズン途中でDL入りして終了。

Jake Romanski, C (13'-14th) : デビュー後すぐに離脱したが、8月に復帰後はしっかり打った。長打力はあまり無いが、当てる能力はありそう。もう少しボールが選べれば。

Danny Bethea, C (13'-34th) : Romanski、Sopilkaが相次いでDL入りしたこともあり、チームの捕手陣で最も機会を稼いだ。長打力、選球眼は平凡だが、そこそこ当てる能力はあるようで、中盤以降チームの主軸を打った。

Miguel Rodriguez, C (12'-36th) : チームの第3捕手で11試合でプレーしたのみ。

Nathan Minnich, 1B (12'-8th) : WitteのケガもありGCLから上がってきたが打てず。

Carlos Asuaje, 3B/2B (13'-11th) : SSもプレーできると言われるが、T. Linがいたこともあり、2B/3Bでプレー。序盤AVGが上がらなかったけど、良い打席を過ごしていると言われていた通り、後半戦はよく打った。選球眼も良い。2Bとしては悪くない選手だけど、2Bは非常に層が厚くなっている。

Jantzen Witte, 3B/1B (13'-24th) : あまり評価の高くない選手だったが、GCLではよく打ち、SS-Aへ昇格。しかしすぐに手のケガでシーズン後半を全休。

Zach Kapstein, LF (10'-44th) : またケガなのか、2試合に出たのみ。貴重なローカルボーイですが、オフにはリリースされそう。

Aaron King, LF/RF (13'-MiLFA) : UDFA契約で既に24歳。GCLではまずまずも、SS-Aでは選球眼の悪さを露呈した。オフにMiLFAになる。

Kevin Mager, LF/1B/3B/RF (12'-UDFA) : Low-Aでプレーした後、N. Mooreが1Bメインになったこともあり、SS-A開幕戦では3Bでプレー。Witte昇格後はLFがメインとなった。毎年投手も務めているユーティリティー。

Forrestt Allday, CF/RF/LF (13'-8th) : 選球眼が売りという触れ込みで入団してきただけあって、忍耐強い打席を見せた。ただAsuajeとは逆に、調子を下げてシーズンを終えている。

Jose Colorado, CF/RF/LF (11'-Int. FA) : 各クラスで序盤多くの機会をもらったが、打てずに徐々に機会を減らした。同郷のLoyaには少し差を付けられた。

0 件のコメント: