今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年9月3日火曜日

13' Minor League Stats - Greenville Drive (Low-A)

Low-A Greenvilleのスタッツです。例年はドラフト指名から1、2年の若手が初めてまともな時間プレーすることもあって、注目のクラスだったのが、今年は正に無残な状態。傘下で久しぶりに50勝に届かないという記録こそ免れたものの、W51-L87という弱さ。投手陣は頭数は多く、Piggy-Backシステムを採用して多くの選手に投げさせるも、B. Johnson(後半戦は好投)、Lightが序盤から期待外れ。野手陣に至っては、Bettsの昇格以降はProspectと呼べる選手も数えるほど。某GMのドラフトはもう見たくないな。


[Pitchers]

Pat Light, RHSP (12'-1st Supp.)

13' Stats (GCL) : W0-L0/0.00 ERA/3 G/3 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/6.0 IP/4 H/0 R/0 ER/0 HR/0 HBP/2 BB/3 K/1.00 WHIP/1.80 GO/AO
13' Stats (Low-A) : W1-L4/8.89 ERA/10 G/9 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/28.1 IP/44 H/33 R/28 ER/4 HR/1 HBP/14 BB/28 K/2.05 WHIP/1.33 GO/AO

評価:F。セーフティーに行ったはずのドラ1カレッジ投手がLow-Aでこの成績。通常はA~Eの五段階で評価しているけど、彼はそれ以下の評価以外にしようがない。ケガで多くの時間もムダにした。既に"Bust"の気配が漂うが、来年はリリーフでも構わないので、最低限しっかり投げて、シーズン終盤にAAに辿り着ける程度はやってくれないと。

-------------------------------------------------------------------------------------

Justin Haley, RHSP (12'-6th)

13' Stats (Low-A) : W7-L11/3.68 ERA/26 G/24 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/111.0 IP/97 H/64 R/51 ER/10 HR/0 HBP/50 BB/127 K/1.48 WHIP/0.92 GO/AO

評価:C。序盤酷い制球難で、2試合ほどブルペンに移ったが、ローテに戻った後は、制球も少し落ち着き、シーズン終了までローテを守った。8月のK/BBはまずまず。被打率が低く、奪三振率も良いが、カレッジのJuniorでLow-Aだから、これぐらいはやってもらわないと。ゴロ率・被HR率も平凡で、B評価とまではいかない。来季か再来季にはブルペンに移りそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Cody Kukuk, LHSP (11'-7th)

13' Stats (Low-A) : W4-L13/4.63 ERA/26 G/24 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/1 SV/107.0 IP/77 H/69 R/55 ER/5 HR/1 HBP/81 BB/113 K/1.48 WHIP/1.30 GO/AO

評価:C。被打率、奪三振率は非常に良いし、ゴロ率もしっかりしている。スタッフは示した。問題はこちらも制球。後半戦は少し制球を意識したのか、K/BBが改善した代わりに、被打率も上がっている。対左は非常によく抑えている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Sergio Gomez, RHSP (09'-Int. FA)

13' Stats (SS-A) : W3-L1/1.60 ERA/10 G/5 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/50.2 IP/40 H/10 R/9 ER/2 HR/2 HBP/14 BB/55 K/1.07 WHIP/0.88 GO/AO
13' Stats (Low-A) : W1-L3/2.96 ERA/5 G/5 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/27.1 IP/21 H/10 R/9 ER/2 HR/3 HBP/10 BB/25 K/1.13 WHIP/0.42 GO/AO

評価:B。6月に1試合だけスポットでLow-Aで投げた後、SS-Aへ移り、開幕投手を務めた。序盤からしっかりとした投球を続け、奪三振率も向上。リーグのAll-Starゲームに選手された。All-Star後はLow-Aへ昇格。こちらでもやや四球が多いながら十分な投球を見せた。16歳でUSデビューした彼も、既に20歳と凄く若くはなくなっている。今季もLow-Aで十分投げられる力があったのに、SS-Aで半分以上を過ごすことに。もう少し昇格ペースを上げてもいいのでは?

-------------------------------------------------------------------------------------

Austin Maddox, RHRP/SP (12'-3rd)

13' Stats (Low-A) : W6-L6/6.16 ERA/28 G/22 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/3 GF/2 SV/115.1 IP/135 H/85 R/79 ER/8 HR/8 HBP/67 BB/95 K/1.75 WHIP/0.62 GO/AO

評価:E。開幕当初は先発で起用されたがボロボロ。まともだった後半戦もさほど奪三振率は良くない。8、9月は無失点、All-Star後の後半戦に限ればしっかり投げたが、カレッジのトップリリーフで、即戦力との期待でドラ3と高順位で指名された選手としては落第点だろう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jacob Dahlstrand, RHSP (10'-10th) : 5月終わりにチームに加わり、ローテの一角で投げた。そこそこ安定して投げられてはいるが、あまり三振が取れておらず、K/BBが悪い。長身からのシンカーが売りという割にはゴロ率も平凡。

Jason Garcia, RHRP/SP (10'-17th) : Piggy-Backとして、イニングと同数の三振を奪うなど、しっかりしたスタッツを残していたが、5月に離脱。TJを受けたそうで、復帰は来年。

Kyle Kraus, RHRP/SP (12'-7th) : たったの$1Kで契約した選手だが、昨季から好投を続けており、何度か先発の機会をもらっている。Low-Aでは35 IPでたった4四球と安定しているが、High-Aではあまり三振を奪えておらず。今後数年間はマイナーのスウィングマンとして重宝されそう。

Francisco Taveras, LHRP/SP (09'-Int. FA) : ショートシーズンクラスでは成績を残してきたが、フルシーズンクラスの壁に跳ね返された。売りだった奪三振率も低下。オフにリリースされるか、ダメ元でショートリリーフに移すか。

Gerardo Olivares, RHRP (11'-Acquired from TB) : 元捕手。少しHigh-Aでも投げたが、多くの時間をLow-Aのリリーフで過ごした。Piggy-Backタイプの選手が多い中で、いつでも投げられる選手として重宝したが、成績は平凡。オフにMiLFAになる。

Raynel Velette, RHRP (08'-Int. FA) : 17歳でDSLでしっかり投げた時には非常に期待していたが、気づけば22歳でやっとLow-Aへ。ソリッドに投げているが、K/BBは平凡。

Kyle Martin, RHRP (13'-9th) : 今季のドラ9。入団後、SS-Aで良い投球を見せ、13年ドラフト組から最初のLow-A昇格者となった。大柄な身体から投げ、被打率が低い。

Manny Rivera, LHRP (06'-Int. FA) : High-Aでも投げたものの、後半戦はLow-Aで投げた。年々パフォーマンスが落ちている。オフにMiLFAになる。

Jack McGeary, LHRP (12'-Acquired from WAS) : XSTからSS-AでBOSデビュー。最初の数試合は酷かったが、徐々に落ち着くと、Low-Aへの昇格を勝ち取った。まだ制球に不安もあるが、奪三振率は良い。オフにMiLFAになるが、ローカルボーイだし、再契約を狙えれば。

Rob Smorol, LHRP (13'-UDFA) : UDFAで契約した選手だが、GCLでまずまず投げ、Low-Aに呼ばれている。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Jordan Weems, C (11'-3rd)

13' Stats (Low-A) : 61 G/201 AB/41 H/8 2B/0 3B/0 HR/49 TB/15 R/13 RBI/25 BB/60 SO/2 SB/1 CS/.204 AVG/.301 OBP/.244 SLG/.545 OPS/3 E

評価:E。Low-A 2年目も全く進歩が見られず。まだ若く、捕手という難しいポジションではあるが、さすがに期待外れ感が強くなっている。いずれのスタッツやスプリットを見ても、今後の改善が期待できそうなカンジがない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jose Vinicio, SS (09'-Int. FA)

13' Stats (Low-A) : 107 G/391 AB/75 H/14 2B/4 3B/1 HR/100 TB/44 R/26 RBI/12 BB/108 SO/21 SB/9 CS/.192 AVG/.225 OBP/.256 SLG/.481 OPS/31 E

評価:F。Lightに続く、2人目のF評価。昨季と同じLow-Aで、どうしたのか?と思うほどの成績低下。スピードこそ見せているものの、8月以降はさらに壊滅的。K/BBも悲惨で、来年は真剣にやらなければ、$1.95Mのボーナスベイビーと言えど、いつリリースされてもおかしくない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Kendrick Perkins, LF/RF (10'-6th)

13' Stats (SS-A) : 17 G/66 AB/15 H/4 2B/0 3B/1 HR/22 TB/9 R/13 RBI/6 BB/20 SO/4 SB/0 CS/.227 AVG/.292 OBP/.333 SLG/.625 OPS/1 E
13' Stats (Low-A) : 45 G/154 AB/34 H/9 2B/1 3B/2 HR/51 TB/14 R/10 RBI/10 BB/57 SO/4 SB/5 CS/.221 AVG/.277 OBP/.331 SLG/.608 OPS/3 E

評価:E。正に安定の打てなさっぷり。当たればそこそこ飛ぶのだけど、とにかく当たらない。今季はLow-Aで開幕後、XSTへ降格し、SS-Aへ。その後Low-Aに再昇格して、8月はAVG .261とまだマシだったが、何かを期待させるには至らない。"Bust"が限りなく濃厚に。

-------------------------------------------------------------------------------------

Aneury Tavarez, RF/CF/LF (10'-Int. FA)

13' Stats (Low-A) : 125 G/479 AB/123 H/28 2B/7 3B/7 HR/186 TB/56 R/55 RBI/21 BB/140 SO/29 SB/15 CS/.257 AVG/.295 OBP/.388 SLG/.683 OPS/7 E

評価:C。Low-AのProspectの中ではガンバった方だろう。シーズンを通じて、大きなスランプは無く、まずまずのコンタクトに最低限のパワーを見せた。スピードも7 3B/29 SBとしっかりしている。ただかなりのフリースウィンガーぶりで、K/BBは非常に悪い。上のクラスで成績を残すには、選球眼を改善することは必須。レギュラーシーズン終了後、POはHigh-Aに昇格するも出番無し。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jayson Hernandez, C (10'-41st) : RanaudoのHS時代の相方。昨年はHigh-A/AAで過ごしたけど、今年は薄いLow-Aでプレー。そこそこ当てるが、パワーが無い。

Leonel Escobar, C (07'-Int. FA) : 元DSL All-Star捕手も、ここ数年はロスターフィラーとして、多くの時間をDLで過ごしている。今季もたった16試合に出場したのみ。

Tim Roberson, C/1B (11'-UDFA) : マイナー下層のロスターフィラー捕手。Weemsの離脱もあり、比較的多く打席に立ったが、AVG、パワー、選球眼のいずれも平凡。

Boss Moanaroa, 1B (08'-Int. FA) : Low-Aの1Bでは、Chesterがブレイクし、完全に彼に出番を奪われた。今オフにも数年前にリリースされた双子の兄弟Mokoの後を追いそう。

Reed Gragnani, 2B/3B/LF (13'-21st) : 09年にもBOSが指名した選手。SS-Aでプロデビューを飾った後、High-Aに昇格したBettsの代役の2BとしてLow-Aに昇格。まずまずコンタクトできているし、K/BBも悪くない。複数のポジションを守れるし、しばらくマイナーで重宝されそう。

Mario Martinez, 3B/1B (13'-UDFA) : N. Mooreが不調でSS-A送りになり、M. Millerもケガで離脱したため、3Bの補強として、DETからリリースされたところを契約した。契約後は9 HRを放つなど、良いヒッターの少ないチームで孤軍奮闘。オフにMiLFAになる。

Mike Miller, 3B/SS/2B (12'-9th) : 序盤、Mooreと3Bで併用されるも、不調のMooreを尻目に好調で、MooreをXSTに追いやり、3Bのレギュラーに。しかし15試合に出ただけでケガを負い、残りのシーズンを全休。チームのオフェンス力を引き下げる要因に。

Keaton Briscoe, 3B/2B/LF (12'-24th) : M. Miller離脱後に、3Bを中心に控えとしてプレー。AVG .206と低調で、ロスターフィラーとしての役割を果たせず。

Dreily Guerrero, SS/2B/3B/LF/2B/1B/CF/RF (09'-Int. FA) : 今季もバッテリー以外の全7ポジションで出場。ここ数年マイナー下層のUTとしてプレーしているが、そろそろリリースの可能性が高い。

Drew Turocy, LF/RF (11'-24th) : 2年目のLow-Aで、昨年に引き続きソリッドに打ったが、両翼の選手としては、パワー、選球眼とイマイチ。7月以降全休。

Felix Sanchez, CF/LF/RF (08'-Int. FA) : 傘下最速ランナーも、塁に出れなければアピールできず。徐々に機会を減らし、今季はHigh-Aから途中降格。それでも27 SBを決めるのはさすがだが、来季チームにいるかは怪しい。

Jesus Loya, CF/RF/LF (10'-Int. FA) : 安定したコンタクト能力が売りの選手で、割とお気に入り。ケガの多い選手で、今季もGCL開幕後にロスター入り。GCLで安定した打撃を見せると、Low-Aに昇格し、しっかり打っている。それほどパワーの無い選手で、選球眼・スピードを磨いて欲しい。

0 件のコメント: