今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年9月12日木曜日

13' Minor League Stats - Ex-Sox Prospects

トレードなどでBOSから離れたEx-Prospectの成績のまとめです。今季他チームでプレーした元BOS選手でもProspectから卒業した選手は含んでいません。スタッツを取り上げるのは基本的に評価の高めな選手だけにしました。Casey KellyがTJだったりで、大ブレイクした選手は少ないけど、MLBへ卒業したStephen FifeやTim Federowiczを初め、Kris JohnsonやEngel Beltreなど、忘れかけられていた選手たちもMLBへの切符を掴みました。


[Pitchers]

Stolmy Pimentel (PIT), RHSP (06'-Int. FA)

13' Stats (AA) : W4-L3/3.61 ERA/13 G/13 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/77.1 IP/74 H/36 R/31 ER/8 HR/5 HBP/35 BB/61 K/1.41 WHIP/1.09 GO/AO
13' Stats (AAA) : W2-L6/3.13 ERA/14 G/14 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/92.0 IP/76 H/38 R/32 ER/6 HR/2 HBP/21 BB/62 K/1.05 WHIP/1.21 GO/AO
13' Stats (MLB) : W0-L0/1.93 ERA/5 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/1 GF/0 SV/9.1 IP/6 H/4 R/2 ER/0 HR/0 HBP/2 BB/9 K/0.86 WHIP/0.75 GO/AO

HanrahanのトレードのセンターピースとしてPITへ。マイナーオプション最終年でリリーフ転向も噂にはなったが、マイナーでは今季も先発に集中。奪三振率はイマイチながら、被打率、ゴロ率は良く、球に力はありそう。セプテンバーコールアップでMLBへ昇格し、デビューを飾っている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Raul Alcantara (OAK), RHSP (09'-Int. FA)

13' Stats (Low-A) : W7-L1/2.44 ERA/13 G/13 GS/1 CG/1 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/77.1 IP/84 H/29 R/21 ER/3 HR/4 HBP/7 BB/58 K/1.18 WHIP/1.17 GO/AO
13' Stats (High-A) : W5-L5/3.76 ERA/14 G/14 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/79.0 IP/73 H/45 R/33 ER/8 HR/4 HBP/17 BB/66 K/1.14 WHIP/0.94 GO/AO

Low-Aで昨年から大きく進歩を見せ、昇格したHigh-Aでも順調に投げている。奪三振率も上がってきたし、着実に評価を伸ばしている。A. Baileyのトレードはさらに大損に。

-------------------------------------------------------------------------------------

Frank Montas (BOS to CWS), RHSP (09'-Int. FA)

13' Stats (Low-A (BOS)) : W2-L9/5.70 ERA/19 G/18 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/0 SV/85.1 IP/94 H/62 R/54 ER/10 HR/3 HBP/32 BB/96 K/1.48 WHIP/0.85 GO/AO
13' Stats (Low-A) : W3-L2/4.56 ERA/5 G/5 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/25.2 IP/20 H/13 R/13 ER/1 HR/3 HBP/18 BB/31 K/1.48 WHIP/1.32 GO/AO

球威はあるが、ヒッタブルで、被HRも多い。ただシーズンが進むにつれて良い登板が増えており、CWS移籍後は被打率も大きく下がった。奪三振率、ゴロ率も移籍後は良く、スタッフの使い方に成長が見られる。来年次第では大きく伸びて来るかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jose Alvarez (DET), LHSP/RP (05'-Int. FA)

13' Stats (AAA) : W8-L6/2.80 ERA/21 G/20 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/1 SV/128.2 IP/114 H/46 R/40 ER/11 HR/3 HBP/25 BB/115 K/1.08 WHIP/1.16 GO/AO
13' Stats (MLB) : W1-L5/5.82 ERA/14 G/6 GS/0 CG/0 SHO/2 HLD/0 GF/0 SV/38.2 IP/42 H/26 R/25 ER/7 HR/2 HBP/16 BB/31 K/1.50 WHIP/1.08 GO/AO

DETで6月にMLBデビュー。CLE戦で初登板初先発で6.0 IP/3 H/1 ER/1 BB/7 Kの堂々たるピッチングで勝ち投手となった。三振を取りまくるタイプではないが、MLBでもしっかり三振を奪っている。MLBではやや四球が多いが、マイナーでは素晴らしい制球を見せている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Kris Johnson (PIT), LHSP/RP (06'-1st Supp.)

13' Stats (AAA) : W10-L4/2.39 ERA/26 G/21 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/2 GF/2 SV/135.2 IP/116 H/37 R/36 ER/6 HR/4 HBP/43 BB/94 K/1.17 WHIP/1.90 GO/AO
13' Stats (MLB) : W0-L2/6.10 ERA/4 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/2 GF/0 SV/10.1 IP/12 H/7 R/7 ER/0 HR/1 HBP/4 BB/9 K/1.55 WHIP/1.50 GO/AO

AAAで着実に結果を残し、8/18にMLBに初昇格、初登板を飾った。MLBでは簡単に捉えられる場面も目立つが、AAAでは被打率も下がり、ゴロをよく打たせている。このスタイルでコマンドを磨いていけば、MLBでもそれなりのチャンスはありそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Josh Fields (HOU), RHRP (11'-Acquired from SEA)

13' Stats (MLB) : W1-L3/4.97 ERA/41 G/0 GS/0 CG/0 SHO/6 HLD/16 GF/5 SV/38.0 IP/31 H/21 R/21 ER/8 HR/0 HBP/18 BB/40 K/1.29 WHIP/0.69 GO/AO

Rule 5ドラフトで全体1位指名でHOUへ。前半戦はケガで多く休んだものの、リビルド期間のHOUがクローザーのJose VerasをDETへ売り払ったこともあり、後半戦はチームのクローザーを務めている。ケガがあったのと、チーム事情から、まだProspect卒業前。

-------------------------------------------------------------------------------------

Roman Mendez (TEX), RHRP (07'-Int. FA)

13' Stats (AA) : W2-L0/1.82 ERA/16 G/0 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/8 GF/2 SV/24.2 IP/12 H/6 R/5 ER/1 HR/2 HBP/11 BB/24 K/0.93 WHIP/0.56 GO/AO

フルのリリーフに転向し、パワースタッフを生かせるようになったのか、AAで素晴らしい被打率の良い投球を見せていたが、5月末にケガで離脱。その後のシーズンを全休した。

-------------------------------------------------------------------------------------

Casey Kelly (SD), RHSP (08'-1st) : TJで全休。

Kyle Weiland (HOU), RHSP (08'-3rd) : 肩のケガで全休。

Caleb Clay (WAS), RHSP (06'-1st Supp.) : WAS傘下のAA/AAAで先発に復帰し好投。奪三振率はイマイチも、被打率は良くなっている。制球も安定しているし、セプテンバーコールアップで呼ばれないのかな?

Mike Lee (ATL), RHSP (08'-8th) : ATLのAA/AAAで投げている。AAではERAはまずまずも、被打率、奪三振率共に良くない。

Fabian Williamson (CIN), LHRP (09'-Acquired from SEA) : Indy. Leagueでプレーが認められて、CIN傘下に途中加入。High-Aで7試合に先発しています。

Yeiper Castillo (CHC), RHSP/RP (05'-Int. FA) : CHCのHigh-A/AAでPiggy-Back的に投げている。被打率は良いカンジだけど、AAではK/BBは悪化。

Dustin Richardson (LAA), LHSP/RP (06'-5th) : Indy. Leagueでのプレーぶりが認められ、LAAと契約。しかしマイナーで結果を残せていない。

Michael Olmsted (MIL), RHRP (11'-MiLFA) : MiLFAながら、40人枠を用意されてMIL入りしたが、STから制球難に悩まされて、AAAで不安定な投球に終始。

Robert Coello (TOR), RHRP (08'-MiLFA) : MiLFAでLAAへ移り、AAAで素晴らしい奪三振率を残した。MLBでも奪三振率は良いが、フライボーラー傾向もあり、安定していない。

Bryan Price (CLE), RHRP (08'-1st Supp.) : AAではほぼ完璧。AAAでも59.0 IP/51 H/75 Kと十分な成績。ようやくMLBへの準備が整ったカンジ。

Daniel Turpen (MIN), RHRP (10'-Acquired from SF) : MIN傘下で投げているが、AAAでは撃ち込まれている。

Hunter Strickland (PIT to SF), RHRP (07'-18th) : 昨冬にPITで、Rule 5対策で驚きの40人ロスター入り。しかしさすがにMLBには遠いと判断されたのかDFAされたが、今度はSFがクレーム。40人枠は途中で外れたものの、SFのHigh-Aでリリーフとして好投しています。

J. B. Wendelken (BOS to CWS), RHRP (12'-13th) : 開幕からBOSのLow-Aリリーフとして活躍し、リーグのAll-Starゲームにも選出。Jake PeavyのトレードでCWS移籍後は、Low-A/High-Aでやや被打率が高いものの、高い奪三振率とゴロ率を残している。

Nefi Ogando (BOS to PHI), RHRP (10'-Int. FA) : BOSのHigh-Aでリリーフとしてまずまず投げていたが、John McDonaldの見返りでPHIへ。PHI傘下では登板無し。

Cesar Cabral (NYY), LHRP (05'-Int. FA) : TJから復帰し、9月にとうとうMLBデビューを飾った。BOS戦でもワンポイントで登板し無失点。

Tommy Hottovy (TOR), LHRP (04'-4th) : TOR傘下AA/AAAで投げている。慣れられてきたか、若干スタッツは落ちている。

Hunter Cervenka (CHC), LHRP (08'-27th) : CHCのHigh-A/AAでリリーフで投げている。被打率はやはり良いし、まずまず三振も奪えているが、制球はまだまだ。

Pedro Reyes (SEA), LHRP (10'-Int. FA) : BOSをリリース後、SEAと契約。再びDSLに戻って投げている。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Chris McGuiness (TEX), 1B/LF (09'-13th)

13' Stats (AAA) : 104 G/362 AB/89 H/29 2B/1 3B/11 HR/153 TB/52 R/63 RBI/68 BB/86 SO/1 SB/0 CS/.246 AVG/.369 OBP/.423 SLG/.792 OPS/3 E
13' Stats (MLB) : 10 G/34 AB/6 H/1 2B/0 3B/0 HR/7 TB/0 R/1 RBI/0 BB/13 SO/0 SB/0 CS/.176 AVG/.176 OBP/.206 SLG/.382 OPS/0 E

昨秋のAFLでMVPに輝き、Rule 5ドラフトで一旦CLEにピックされるも返却。5月は非常に好調で、6月にコールアップされ、MLBデビューを飾った。後半戦はやや調子を落としているが、優れた選球眼もあり、しばらくは1Bのデプスとして重宝されそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Cleuluis Rondon (BOS to CWS), 2B/SS (10'-Int. FA)

13' Stats (SS-A (BOS)) : 37 G/123 AB/34 H/4 2B/1 3B/1 HR/43 TB/13 R/10 RBI/7 BB/26 SO/6 SB/1 CS/.276 AVG/.326 OBP/.350 SLG/.675 OPS/4 E
13' Stats (Low-A) : 29 G/94 AB/19 H/0 2B/0 3B/1 HR/22 TB/11 R/6 RBI/7 BB/24 SO/1 SB/0 CS/.202 AVG/.279 OBP/.234 SLG/.513 OPS/2 E

BOSのSS-Aでは、Tzu-Wei Linの存在もあり、2Bをメインでプレー。CWS移籍後はLow-Aでプレーし、さすがに適応に時間を要している。移籍後もCWSの13年ドラ1のTim Andersonとチームメイトになったため、2B中心にプレー。

-------------------------------------------------------------------------------------

Miles Head (OAK), 3B/1B (09'-26th)

13' Stats (AA) : 40 G/148 AB/29 H/4 2B/0 3B/2 HR/39 TB/13 R/8 RBI/12 BB/42 SO/0 SB/1 CS/.196 AVG/.264 OBP/.264 SLG/.527 OPS/6 E

ケガで6月半ば以降プレーできず。その前も調子が上がらず、AVG 1割台に低迷していた。

-------------------------------------------------------------------------------------

Brandon Jacobs (BOS to CWS), LF/CF/RF (09'-10th)

13' Stats (High-A (BOS)) : 81 G/291 AB/71 H/24 2B/0 3B/11 HR/128 TB/44 R/44 RBI/33 BB/88 SO/10 SB/4 CS/.244 AVG/.334 OBP/.440 SLG/.774 OPS/3 E
13' Stats (AA (BOS)) : 3 G/8 AB/3 H/1 2B/1 3B/0 HR/6 TB/2 R/0 RBI/0 BB/2 SO/0 SB/0 CS/.375 AVG/.375 OBP/.750 SLG/1.125 OPS/0 E
13' Stats (AA) : 43 G/156 AB/37 H/8 2B/0 3B/2 HR/51 TB/13 R/22 RBI/11 BB/50 SO/2 SB/3 CS/.237 AVG/.291 OBP/.327 SLG/.618 OPS/0 E

2年目のHigh-Aでも選球眼の悪さもありイマイチ。しかしパワーは少し戻ってきたこともあり、顔見せでAAに昇格すると、Matt Thorntonの見返りでCWSへ。移籍後はAAで30%超える三振率と、コンタクトに悩まされている。ツールはあるが、これだけマイナー下層で苦しんでいると、打撃でアピールするしかない選手だけに微妙な扱いになりそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Engel Beltre (TEX), CF/RF/LF (06'-Int. FA)

13' Stats (AAA) : 94 G/394 AB/115 H/19 2B/1 3B/7 HR/157 TB/58 R/34 RBI/28 BB/84 SO/15 SB/12 CS/.292 AVG/.340 OBP/.398 SLG/.738 OPS/1 E
13' Stats (MLB) : 22 G/40 AB/10 H/1 2B/0 3B/0 HR/11 TB/7 R/2 RBI/0 BB/5 SO/1 SB/2 CS/.250 AVG/.268 OBP/.275 SLG/.543 OPS/0 E

オフにWBCのスペイン代表としてプレー。選球眼の悪さもあり、昨年までAA以上では成績を残せていなかったが、今季はAAAで3割近く打ち、13年6月にMLBデビューを飾った。ただTEXのAAAはPCLだし、早打ち傾向は続いているので、MLBでは苦戦しそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Che-Hsuan Lin (HOU), CF/RF/LF (07'-Int. FA)

13' Stats (AAA) : 121 G/350 AB/82 H/13 2B/2 3B/3 HR/108 TB/50 R/42 RBI/60 BB/56 SO/19 SB/7 CS/.234 AVG/.356 OBP/.309 SLG/.665 OPS/1 E

相変わらず四球は選んでいるが、やはりパワーが無いせいか、AVGが上がらない。いくら守備が良くても、これでは上では厳しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Reymond Fuentes (SD), RF/CF/LF (09'-1st)

13' Stats (AA) : 93 G/345 AB/109 H/21 2B/2 3B/6 HR/152 TB/56 R/35 RBI/41 BB/71 SO/29 SB/10 CS/.316 AVG/.396 OBP/.441 SLG/.837 OPS/7E
13' Stats (AAA) : 14 G/55 AB/23 H/4 2B/0 3B/0 HR/27 TB/17 R/8 RBI/10 BB/10 SO/6 SB/1 CS/.418 AVG/.515 OBP/.491 SLG/1.006 OPS/0 E
13' Stats (MLB) : 23 G/33 AB/5 H/0 2B/0 3B/0 HR/5 TB/4 R/1 RBI/3 BB/16 SO/3 SB/0 CS/.152 AVG/.222 OBP/.152 SLG/.374 OPS/1 E

昨季の不振の後、大きく復活を遂げた。AAでAVG .316とよく打つと、AAのAll-Starゲームに出場。短い期間のAAAでもハイアベレージを残し、一気にMLB昇格。選球眼でも進歩を見せており、1番打者へと成長しそう。AAでは他の選手にCFを譲ることが多かったが、AAA/MLBではCFのみでプレー。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mark Wagner (SF), C (05'-9th) : 12年はMLB傘下ではプレーせず。今季はSF傘下のAAで控え捕手としてプレーも、AVG .172と全く打てず。1年のブランクは大きかったかな。

Luis Exposito (BAL), C/1B (05'-31st) : AAAでも低調な打撃で、Matt Wietersの控えの座をTaylor Teagardenから奪えず。TeagardenのDFA後もBALはChris Snyderを獲得。

Iago Januario (TB), 1B (09'-Int. FA) : 昨年からTB傘下でプレー。BOS時代は投手だったが、TBでは1Bへと転向している。昨年は11 HRを放ったものの、今季は出場機会も減少。

Reynaldo Rodriguez (MIN), 1B/LF (09'-MiLFA) : MINのAAでAVG .231と苦戦。21 HRとパワーは見せているが。

Lars Anderson (CWS), 1B/LF/RF (06'-18th) : CWSのAAAでAVG 1割台、たった2 HRと低迷。7月にリリースされている。

Ivan DeJesus, Jr. (PIT), 2B/3B/SS (12'-Acquired from LAD) : PIT傘下でよく打っているが、MLBでの出番は今のところ無し。守備もSSでプレーすることが減っており、PIT傘下ではチャンスが無さそう。

Oscar Tejeda (PIT), 2B/3B/LF/SS/1B (06'-Int. FA) : 前年度にOFを経験し、この年は初めて1Bの守備にも就いたため、キャリアでバッテリー以外の7ポジション全てでプレーした選手となった。打撃は奮わず、AA/AAA通算でAVG 1割台。

Argenis Diaz (DET), SS/3B/2B (03'-Int. FA) : DETのAAAでプレー。AAAAタイプの選手としては、そこそこ安定して当ててるけど、上での出番は無し。同タイプのJose Iglesiasの加入も良い方向には働かなそう。

Kris Negron (CIN), SS/3B/LF/RF/2B/CF/1B (06'-7th) : AAAでも平凡で、今季はMLBでのチャンスをもらえず。AAAではこれまでのキャリアでバッテリー以外で唯一出場の無かった1Bで初めてプレー。今シーズン中に、バッテリー以外の7ポジション全ての守備に就いた。

Jeremias Pineda (MIN), LF/CF/RF (11'-Int. FA) : MIN傘下でLow-Aでプレーするが、AVG .239と打てず。

Chih-Hsien Chiang (TEX), RF/LF (05'-Int. FA) : TEXのAAで11 HRも、OBPが3割を切っている。もう若くもないし、厳しいですね。

2 件のコメント:

nature さんのコメント...

TB、NYYに敵地で勝ち越しを決めたのは大きいですね。BALと6戦残っているけど最終カードまでに優勝決まっているかな。TB、TEXの勢いが落ちてるのでWCがNYYに転がる可能性も高くなってきたなとw クルーズ抜けた影響でTEXが脱落してA-RoDの活躍でNYYがPO滑り込んだら笑えませんね。CLEの対戦カードは楽だけどマスターソンの故障が痛いです。

ジャコビー、ナポリ、ドリューにQO出しますかね。カープがサブで控えていることが凄いんだけどレギュラーとなると若干不安ですね。ジャコビーは間違いなく蹴るだろうけど、ドリューなんか受けられてもいいと思ってるんですけどね。夏前にトレードの駒に使えるし、ボガーツもいきなりフルシーズンはかなりハードだと思うので。

ララ さんのコメント...

natureさん

こんにちは~。

横綱相撲って訳ではないけど、恐ろしくチームが噛みあってるな~、って(笑)POまで今の勢いを維持したいです。

制度上仕方ないけど釈然としないものがありますね。これでNYYがPOに滑り込んで、来年以降はサスペンション食らったから、契約違反で残り契約無効、なんてなった日にゃ、ホントそれはおかしいでしょ、ってなります。散々ルール違反の選手を使って美味しい汁を吸っておいて、マイナスの部分はルールだから無効ってのはあり得ない。

JacobyとSaltyはQO確実でしょうね。Jacobyは額次第だろうけど、Bradleyもいるし、$100M以上になるなら追わないと思います。Saltyも拒否するだろうけど、こちらはBOSが本気で引き留めそうですね。

S. Drew、Napoliは、Drewは8割くらいはオファーの可能性があると思います。個人的にはSS Bogaerts、3B Middlebrooksが見たいので、受けてもらいたくはないですけどね(汗)。

Napoliは半々以下だと思いますけど、今季年俸がインセンティブが発動して結局$13Mくらいになってるからどうかな~。本人の複数年契約への拘り次第な気がしますけど、曲りなりにも1年間ほぼ健康でしたからね。

複数年契約を追いかけて、調停拒否するんじゃないかとフロントが考えてるなら、取りあえずは仕掛けるかもしれませんね。QO受けた選手は値崩れしやすいし、そうなればやっぱ連れ戻したい、ってなった時はドラフトピックを消費しない分、他チームより有利に交渉できるでしょうし。

とにかく14年ドラフトは非常に豊作みたいだし、戦力強化ももちろんだけど、貪欲にドラフトピックも狙ってもらいたいです。