今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年9月4日水曜日

13' Minor League Stats - Salem Red Sox (High-A)

High-A Salemのスタッツです。前半戦は低空飛行だったものの、OwensのペースアップやBettsの昇格もあり、後半戦は好調。W76-L64でPOに進出。POでも順調に勝ち進み、Carolina Leagueを制しました。先発陣はOwensを除けば大物感に欠けたものの、今季からリリーフ転向したN. Ramirez、M. Price、Younginerらの好投は光った。野手では前半戦のCecchiniと後半戦のBettsは、傘下の野手Prospectの中でもトップクラスのパフォーマンスを見せた。


[Pitchers]

Brian Johnson, LHSP (12'-1st)

13' Stats (GCL) : W0-L0/0.00 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/5.0 IP/1 H/0 R/0 ER/0 HR/0 HBP/2 BB/7 K/0.60 WHIP/2.50 GO/AO
13' Stats (Low-A) : W1-L6/2.87 ERA/15 G/15 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/69.0 IP/50 H/29 R/22 ER/4 HR/4 HBP/28 BB/69 K/1.13 WHIP/1.11 GO/AO
13' Stats (High-A) : W1-L0/1.64 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/11.0 IP/9 H/2 R/2 ER/0 HR/0 HBP/5 BB/8 K/1.27 WHIP/1.11 GO/AO

評価:C。序盤Low-Aで、Lightほどではないにしろ、ピリッとした投球ができず、Lightと共にDL入りした時にはかなりの怒りを感じたが、DLから復帰後はLightと異なり、Low-Aをドミネイト。顔見せ程度にHigh-Aに昇格している。奪三振マシーンタイプではないだろうし、上のクラスではさらに奪三振率は落ちるだろうが、一応ここまではしっかり三振を奪えているし、被打率、ゴロ率もしっかりしている。元々の期待からして、良いシーズンだったとも言えないが、最終的にはまずまずまとめてきており、High-A以下ではチームの投手Prospectの中でもトップクラスの位置にいる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mike Augliera, RHSP (12'-5th)

13' Stats (High-A) : W9-L6/4.23 ERA/26 G/26 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/140.1 IP/146 H/74 R/66 ER/10 HR/3 HBP/38 BB/76 K/1.31 WHIP/1.71 GO/AO

評価:C。6月に一旦調子を落としたものの、一年を通じてまずまずの投球を披露。K/BBは昨季から大きく悪化したけど、元々ズバ抜けたスタッフはなく、Low-Aをスキップしたことを考えれば仕方ないところ。ゴロはしっかり打たせているし、リリーフの可能性はある。

-------------------------------------------------------------------------------------

Heri Quevedo, RHSP (12'-Int. FA)

13' Stats (SS-A) : W0-L0/0.00 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/2.0 IP/3 H/0 R/0 ER/0 HR/0 HBP/1 BB/2 K/2.00 WHIP/0.33 GO/AO
13' Stats (High-A) : W6-L5/4.18 ERA/23 G/11 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/4 GF/2 SV/97.0 IP/84 H/52 R/45 ER/4 HR/5 HBP/52 BB/91 K/1.40 WHIP/0.70 GO/AO

評価:B。22歳で契約したとは言え、Int. FA契約選手にしては驚きの、High-Aでのプロデビューを飾った。制球はさすがに粗く、序盤は浮き沈みも大きかったものの、後半戦はしっかり適応したカンジで投げていた。三振もしっかり奪えている。来季は制球とゴロ率の向上があれば。

-------------------------------------------------------------------------------------

Luis Diaz, RHSP (08'-Int. FA)

13' Stats (Low-A) : W7-L4/2.05 ERA/15 G/14 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/88.0 IP/74 H/32 R/20 ER/5 HR/3 HBP/20 BB/86 K/1.07 WHIP/0.94 GO/AO
13' Stats (High-A) : W2-L0/1.38 ERA/2 G/2 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/13.0 IP/11 H/3 R/2 ER/0 HR/0 HBP/4 BB/8 K/1.15 WHIP/0.81 GO/AO

評価:B。12年の開始時に、ブレイク候補に挙げていたが、1年遅れでブレイク。Low-AでDLから復帰後は安定して素晴らしい登板を続け、シーズン最終盤になって昇格したHigh-Aでもしっかり投げている。奪三振率も悪くないが、被打率にK/BBが良く、安定して長いイニングを投げられるのが魅力。オフにRule 5ドラフトに引っ掛かるのが気にはなるが。

-------------------------------------------------------------------------------------

William Cuevas, RHSP (08'-Int. FA)

13' Stats (High-A) : W8-L9/5.05 ERA/26 G/26 GS/1 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/135.1 IP/139 H/82 R/76 ER/13 HR/4 HBP/40 BB/109 K/1.32 WHIP/0.84 GO/AO

評価:C。ショートシーズンクラスで長い期間を過ごした選手だが、昨季SS-Aでブレイクし、今季はLow-AをスキップしてHigh-Aへ。序盤は打ちこまれる試合が目立ったものの、後半戦は安定感を増し、ソリッドな被打率、奪三振率を残した。保有期間も残り短いし、来季はリリーフで使われそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Kyle Stroup, RHSP/RP (08'-50th)

13' Stats (High-A) : W4-L9/5.17 ERA/22 G/20 GS/1 CG/0 SHO/1 HLD/1 GF/0 SV/87.0 IP/110 H/54 R/50 ER/5 HR/5 HBP/29 BB/58 K/1.60 WHIP/1.26 GO/AO

評価:D。二度の膝の大ケガを乗り越えて復帰。スタッフは戻っていると言われるものの、コマンド面の問題もあって、被打率、奪三振率ともに良くないシーズンとなっている。シーズン終盤になってリリーフに移っており、来季はリリーフとしてマイナー上層、MLBを目指すことになりそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Matt Price, RHRP (10'-8th)

13' Stats (High-A) : W6-L0/2.41 ERA/35 G/0 GS/0 CG/0 SHO/2 HLD/27 GF/6 SV/52.1 IP/32 H/15 R/14 ER/2 HR/3 HBP/22 BB/50 K/1.03 WHIP/1.40 GO/AO

評価:B。TJの後の昨季は薬物検査で引っかかり全休。最早リリースも時間の問題かとも思っていたが、今季はHigh-Aでリリーフとしてブレイク。奪三振率こそ少し伸び悩んだものの、97 mphに届く速球に空振りの奪えるチェンジアップを投げているそう。被打率、ゴロ率は優秀で、ミドルリリーフから最大限育てばセットアップの可能性も。最大の悩みはオフにRule 5ドラフト対象になることか。AAへの昇格やAFLへの派遣が無かったのも、Rule 5までにあまり目立たせたくなかったのかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Madison Younginer, RHRP (09'-7th)

13' Stats (GCL) : W0-L0/3.00 ERA/2 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/3.0 IP/3 H/1 R/1 ER/0 HR/0 HBP/0 BB/2 K/1.00 WHIP/2.00 GO/AO
13' Stats (Low-A) : W2-L0/5.59 ERA/13 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/10 GF/0 SV/19.1 IP/19 H/12 R/12 ER/1 HR/0 HBP/14 BB/30 K/1.71 WHIP/1.15 GO/AO
13' Stats (High-A) : W4-L0/3.52 ERA/13 G/0 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/3 GF/1 SV/23.0 IP/22 H/9 R/9 ER/1 HR/3 HBP/11 BB/25 K/1.43 WHIP/2.15 GO/AO

評価:B。完全に"Bust"になりかけていたが、今季はとうとうリリーフに移り、息を吹き返した。元々HS時代からあまり長いイニングでの実績の無い選手だったし、短いイニングでパワースタッフを発揮できるならその方が良いだろう。開幕当初は不安定だったが、徐々に向上。奪三振率も素晴らしい。ただAA以上を支配するには、コマンド面を磨く必要あり。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mike McCarthy, RHSP/RP (11'-14th) : 下位指名の目立たない選手だったが、着実に成績を残し、昨季から先発で使われることが増えた。制球は良いが、さすがにクラスが上がるにつれて、奪三振率、被打率が悪化している。

Matty Ott, RHRP (11'-13th) : 良い月と悪い月の波が激しかったが、被打率とゴロ率は良かった。三振もまずまず取れている。カレッジではFreshmanのシーズン以降良くなかったが、プロ入りして良い状態に戻っていそうですね。

Nate Striz, RHRP (12'-UDFA) : チームのクローザーの1人として、チームトップの8 SV。四球が若干多かったものの、しっかりとした奪三振率、被打率に、高いゴロ率を残した。オフにMiLFAになる。

Robby Scott, LHRP (11'-UDFA) : 2年間をほとんどGCLで過ごしていたUDFAの選手だったが、今季はSTから良かったようで、STではMLBの試合で登板。シーズンでもK/BBはイマイチながら、被打率は良く、安定して投げている。もう少し対左を磨ければ。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Blake Swihart, C (11'-1st)

13' Stats (High-A) : 103 G/376 AB/112 H/29 2B/7 3B/2 HR/141 TB/45 R/42 RBI/41 BB/63 SO/7 SB/8 CS/.298 AVG/.366 OBP/.428 SLG/.794 OPS/10 E

評価:B。今季も序盤出足でやや苦しんだものの、しっかり適応を見せてきた。High-AのAll-Starゲームに出場。長打が少ないため、やや目立たないものの、最終的にはAVGほぼ3割。40%を超えるCS%も示し、守備への評価も飛躍的に向上。選球眼も徐々に向上しており、BOSの育成傾向からすれば、長打力も少しずつ付いてきそう。今や傘下はもちろん、全マイナーでもトップクラスの捕手Prospectになりつつある。

-------------------------------------------------------------------------------------

Sean Coyle, 2B (10'-3rd)

13' Stats (GCL) : 6 G/20 AB/3 H/0 2B/0 3B/1 HR/6 TB/3 R/3 RBI/3 BB/6 SO/1 SB/1 CS/.150 AVG/.292 OBP/.300 SLG/.592 OPS/1 E
13' Stats (Low-A) : 6 G/25 AB/8 H/3 2B/0 3B/1 HR/14 TB/4 R/4 RBI/3 BB/9 SO/0 SB/1 CS/.320 AVG/.393 OBP/.560 SLG/.953 OPS/0 E
13' Stats (High-A) : 48 G/195 AB/47 H/9 2B/1 3B/14 HR/100 TB/41 R/28 RBI/24 BB/65 SO/11 SB/0 CS/.241 AVG/.321 OBP/.513 SLG/.834 OPS/1 E

評価:C。ケガが長引いたのと、Bettsの激しい追い上げにあい、終盤はDHでの起用が多かった。相変わらず三振が多く、AVGが上がらないものの、240 ABで16 HRと凄まじい勢いでHRを放った。選球眼、スピード、ディフェンスと相変わらずしっかりしており、健康でプレーしてくれれば十分に良いProspectと言えるのだが。しかしBettsの存在があり、来季の立場は不安定。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mookie Betts, 2B (11'-5th)

13' Stats (Low-A) : 76 G/277 AB/82 H/24 2B/1 3B/8 HR/132 TB/63 R/26 RBI/58 BB/40 SO/18 SB/2 CS/.296 AVG/.418 OBP/.477 SLG/.895 OPS/12 E
13' Stats (High-A) : 51 G/185 AB/63 H/12 2B/3 3B/7 HR/102 TB/30 R/39 RBI/23 BB/17 SO/20 SB/2 CS/.341 AVG/.414 OBP/.551 SLG/.966 OPS/6 E

評価:S。序盤、Low-Aでしっかりボールを見るものの、BABIPの低さもあり、なかなかAVGが上がらなかったが、徐々に調子を上げると、AVGを3割近くまで上げて、High-Aに昇格。しばらく適応期間を要したが、そこからは圧巻の打撃を見せた。終盤15試合でたった1三振のコンタクト能力は言うに及ばず、15 HRと一気に開花したパワー、K/BBが1を切る、素晴らしい選球眼、そして38 SBでたった4 CSとスピード、盗塁技術も文句無し。おまけに2B守備も評価が高い。正に穴の無い選手になりつつあり、Aを超えるS評価にした。問題はPedroiaにブロックされることくらい。

-------------------------------------------------------------------------------------

David Renfroe, 3B/1B (09'-3rd)

13' Stats (High-A) : 62 G/216 AB/48 H/11 2B/2 3B/3 HR/72 TB/25 R/31 RBI/20 BB/50 SO/2 SB/2 CS/.222 AVG/.292 OBP/.333 SLG/.626 OPS/10 E

評価:E。かたくなに3B Prospectと扱ってきたけど、打撃がさっぱり向上せずで、どうやら投手に転向するよう。Cecchini昇格後はしばらく3Bのみでプレーしていたし、野手に残るなら来季のHigh-Aの3Bは空いているのだけど。

-------------------------------------------------------------------------------------

Henry Ramos, CF/RF (10'-5th)

13' Stats (High-A) : 129 G/469 AB/118 H/27 2B/7 3B/12 HR/195 TB/69 R/55 RBI/55 BB/100 SO/11 SB/12 CS/.252 AVG/.330 OBP/.416 SLG/.745 OPS/4 E

評価:C。6月は好調だったものの、全体的にはコンタクトに苦しんだ。少しずつパワーも発揮できるようになっており、四球数もまずまずのレベルになってきているが、やはりコンタクトに悩まされている。K. De La Cruzより1歳若いし、CFメインでプレーしているということでC評価とした。

-------------------------------------------------------------------------------------

Keury De La Cruz, RF/LF (09'-Int. FA)

13' Stats (High-A) : 133 G/535 AB/138 H/36 2B/6 3B/9 HR/213 TB/65 R/89 RBI/31 BB/130 SO/16 SB/9 CS/.258 AVG/.297 OBP/.398 SLG/.696 OPS/3 E

評価:D。Brandon Jacobsの二の舞になるかもという予想の通り、打者に厳しいCarolina Leagueで苦戦。まずまずのパワー、スピードは今季も見せているが、フリースウィンガーの欠点がもろに出て、K/BBが悪く、AVGも伸び悩んでいる。ツールはあるはずだし、来季はしっかり向上を。

-------------------------------------------------------------------------------------

Carson Blair, C (08'-35th) : 控え捕手としてプレーし、AVG .250ながら、選球眼とまずまずのパワーを見せ、OPSは.823と合格点。今季もケガで出れなかった時期があり、もう少し継続的に試合に出てもらいたいが。

David Chester, 1B (11'-33rd) : 今季のサプライズの1人。Prospect扱いしていなかった選手たちの中では最大の躍進を見せた。Low-A/High-AでBrentzと並んで傘下最多の19 HR。High-Aでもしっかり打っている。24歳という年齢とHigh-Aでまだ100 AB程度ということもあって、Prospect昇格は棚上げしているが、来季次第ではそう呼べるようになるかも。

Matt Gedman, 1B (11'-45th) : Renfroeの離脱もあり、1Bとして多くの機会を得た。若干早打ち気味だが、そこそこ当てている。

Nick Natoli, 2B/SS/3B/1B/RF (11'-UDFA) : Coyle、RenfroeのケガやD. Marrero、Cecchiniの昇格もあり、多くの機会を得たが、AVG 1割台。

Bryan Johns, 2B/SS/3B (11'-UDFA) : IF-UTの1人。AVG 2割以下では、ロスターフィラーとしても失格。

Stefan Welch, 3B/1B (13'-Acquired from PIT) : Cecchiniの昇格に備えて途中獲得。Renfroeがケガがちだったこともあり、3B/1Bでフル稼働。チームのPO進出に貢献した。既に25歳でオフにMiLFAになる。

Vladimir Frias, SS/3B/2B (13'-MiLFA) : D. Marreroの昇格で空いたスポットを埋めるためにシーズン途中で契約。昨年もBOSでプレーしていた。

Cody Koback, CF/RF (11'-10th) : 2年目のLow-Aでもしっかり打ったが、High-Aでは壁にぶつかった。パワーはさほど無いし、もう少し当てて、出塁もしないと厳しい。

Matty Johnson, RF/LF/CF (10'-UDFA) : AA/High-Aでロスターフィラー的な役割のOFとしてプレー。AAでは意外と打ったものの、High-Aでは平凡。

0 件のコメント: