今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年9月9日月曜日

13' Minor League Stats - Pawtucket Red Sox (AAA)

AAA Pawtucketのスタッツです。昨季からマイナー上層が非常に充実しており、今季もW80-L63でPO進出。数年前のMiLFAだらけの布陣と違って、見ていて非常に楽しい。かなりの数の選手を一定期間上に取られながら、しっかりと勝てているのは非常にマイナーの充実を感じる。


[Pitchers]

Matt Barnes, RHSP (11'-1st)

13' Stats (AA) : W5-L10/4.33 ERA/24 G/24 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/108.0 IP/112 H/62 R/52 ER/11 HR/4 HBP/46 BB/135 K/1.46 WHIP/1.15 GO/AO
13' Stats (AAA) : W0-L0/0.00 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/5.1 IP/3 H/0 R/0 ER/0 HR/0 HBP/2 BB/7 K/0.94 WHIP/0.60 GO/AO

評価:C。傘下投手Prospectの中でも最高の選手という評価で今季を迎えたが、AA初挑戦でやや停滞のシーズンに。STからしばらく球威が出ず、開幕後しばらくは打ち込まれた。その後は三振は取れるものの、やや被打率が高い状態が続いた。最終登板はAAAに昇格し好投も、POではイマイチ。チェンジアップは大きく進歩したし、Workmanに教わったカーブも試合によっては良い変化を見せているようだが、オフスピードピッチの安定感がなく、速球頼りになって打たれる癖がなかなか直らない。奪三振率11.2は圧倒的だし、速球が通じるのは証明したので、来季はとにもかくにもオフスピードピッチで安定してカウントを稼げるようになること。

-------------------------------------------------------------------------------------

Anthony Ranaudo, RHSP (10'-1st Supp.)

13' Stats (AA) : W8-L4/2.95 ERA/19 G/19 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/109.2 IP/80 H/39 R/36 ER/9 HR/3 HBP/40 BB/106 K/1.09 WHIP/0.95 GO/AO
13' Stats (AAA) : W3-L1/2.97 ERA/6 G/5 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/0 SV/30.1 IP/32 H/11 R/10 ER/1 HR/0 HBP/7 BB/21 K/1.29 WHIP/0.83 GO/AO

評価:B。失望となって昨季から、大きく復活。STでは再び97 mph程度まで球威が戻り、昨季適応できなかったAAを支配。AAのAll-StarゲームとFutures Gameに出場。Eastern Leagueの最優秀投手とシーズンAll-Starチームに選出された。終盤AAA昇格後は、やや疲れもあったかもしれないが、数字ほどは良い印象はない。球威も開幕時に比べると落ちているし、未だにコマンド、オフスピードピッチの安定感はもう一歩。可能性は再び示したし、来季は安定感を増して、MLBのローテに名乗りを挙げて欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Allen Webster, RHSP/RP (12'-Acquired from LAD)

13' Stats (AAA) : W8-L4/3.60 ERA/21 G/21 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/105.0 IP/71 H/45 R/42 ER/9 HR/16 HBP/43 BB/116 K/1.09 WHIP/1.38 GO/AO
13' Stats (MLB) : W1-L2/8.60 ERA/8 G/7 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/0 SV/30.1 IP/37 H/30 R/29 ER/7 HR/2 HBP/18 BB/23 K/1.81 WHIP/0.97 GO/AO

評価:C。多少厳しめだが、STから非常に大きな期待を持って見られていた選手としては、MLBで全く結果を残せなかったのは少し残念。90 mph後半のシンカー、MLBレベルでも空振りを奪えるチェンジアップと、武器は十分に揃っているはずなのに、四球四球で塁を埋めて、ど真ん中に投げては打たれるを繰り返した。AAAでは被打率、奪三振率、ゴロ率と、もちろん十二分な成績なのだけど、16死球など、まだ完全にはボールを制球できていない印象を受ける。AAAのいPOからはリリーフで少し投げ、セプテンバーコールアップでリリーフとしてMLBへの適応を目指す。

-------------------------------------------------------------------------------------

Brandon Workman, RHSP/RP (10'-2nd)

13' Stats (AA) : W5-L1/3.43 ERA/11 G/10 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/65.2 IP/51 H/29 R/25 ER/6 HR/1 HBP/17 BB/74 K/1.04 WHIP/0.67 GO/AO
13' Stats (AAA) : W3-L1/2.80 ERA/6 G/6 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/35.1 IP/39 H/13 R/11 ER/6 HR/2 HBP/13 BB/34 K/1.47 WHIP/0.88 GO/AO
13' Stats (MLB) : W6-L3/4.97 ERA/20 G/3 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/5 GF/0 SV/41.2 IP/44 H/23 R/23 ER/5 HR/0 HBP/15 BB/47 K/1.42 WHIP/0.80 GO/AO

評価:A。順調にマイナーの階段を上がってきたが、今季は大きく開花。マイナーで安定した成績を残すと、Buchholzの離脱とWebsterの適応失敗で手薄になったMLBのローテで3試合に投げていずれもしっかりとした投球。Peavy加入後はブルペンに移り、既にセットアップに近い立場になっている。ややフライボーラー気味なところが気になるものの、比較的安定した制球力にしっかり奪三振も奪えている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Steven Wright, RHSP/RP (12'-Acquired from CLE)

13' Stats (AAA) : W8-L7/3.46 ERA/24 G/24 GS/3 CG/3 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/135.1 IP/130 H/64 R/52 ER/10 HR/4 HBP/65 BB/99 K/1.44 WHIP/1.38 GO/AO
13' Stats (MLB) : W2-L0/5.40 ERA/4 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/2 GF/0 SV/13.1 IP/12 H/8 R/8 ER/0 HR/1 HBP/9 BB/10 K/1.58 WHIP/0.93 GO/AO

評価:C。即戦力との評価でAAAのデプスとして待機。MLBではモップアップで2度ほど好投も、先発ではボロボロ。Lavarnwayと組むとパスボールが非常に多かった。AAAでは、5、6月は良くなかったが、他は安定してローテを守った。ただナックルボーラーだけに仕方ない面もあるが、K/BBが悪く、他にも先発候補が多い中では微妙に映る。

-------------------------------------------------------------------------------------

Drake Britton, LHSP/RP (07'-23rd)

13' Stats (AA) : W7-L6/3.51 ERA/17 G/16 GS/1 CG/1 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/97.1 IP/94 H/52R/38 ER/5 HR/2 HBP/36 BB/80 K/1.34 WHIP/1.26 GO/AO
13' Stats (AAA) : W0-L1/8.44 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/5.1 IP/10 H/5 R/5 ER/0 HR/0 HBP/1 BB/5 K/2.06 WHIP/2.00 GO/AO
13' Stats (MLB) : W1-L1/3.86 ERA/18 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/7 GF/0 SV/21.0 IP/21 H/9 R/9 ER/1 HR/0 HBP/7 BB/17 K/1.33 WHIP/0.95 GO/AO

評価:B。STでDUIで逮捕。前途多難なシーズンを予想したが、AAで順調なシーズンを送り、AAAに昇格。1試合に先発した後、A. Millerが故障したこともあり、リリーフとしてMLB昇格。昇格後はしばらく無失点を続け、しっかりした左腕リリーフの可能性を見せている。来季はマイナーオプション最終年だし、先発Prospectの充実もあり、このままリリーフとして使われそう。現状では左腕は比較的厚いけど、14年オフにはMiller、Breslow共に抜けることから、近未来の左腕リリーフの柱として期待が高まる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Alex Wilson, RHRP (09'-2nd)

13' Stats (AAA) : W3-L1/3.71 ERA/14 G/0 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/2 GF/0 SV/17.0 IP/17 H/7 R/7 ER/2 HR/0 HBP/5 BB/16 K/1.29 WHIP/0.94 GO/AO
13' Stats (MLB) : W1-L1/4.88 ERA/26 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/9 GF/0 SV/27.2 IP/34 H/16 R/15 ER/0 HR/1 HBP/14 BB/22 K/1.73 WHIP/0.81 GO/AO

評価:C。MLB昇格も果たしたが、一方でケガにも悩まされ、アピールし切れなかった。Workmanらの台頭もあり、難しい立ち位置に。AAAでの開幕後、MLBへ初昇格した後はしばらくまずまずの投球を見せ、BOS首脳陣もできるだけ上で見たいと言って期待を掛けていたが、徐々に打たれるように。後半はケガでほぼ全休。スライダーは良いけど、思ったより球威が平凡で、コマンドもイマイチ。これだとリリーフでもセットアップクラスは厳しい。来季はコマンドを磨くと共に、安定して速球でカウントを奪えるようにしたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Brock Huntzinger, RHRP (07'-3rd)

13' Stats (AA) : W3-L0/2.32 ERA/25 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/24 GF/13 SV/31.0 IP/24 H/12 R/8 ER/2 HR/0 HBP/12 BB/25 K/1.16 WHIP/0.61 GO/AO
13' Stats (AAA) : W2-L2/1.43 ERA/24 G/0 GS/0 CG/0 SHO/4 HLD/10 GF/0 SV/37.2 IP/27 H/10 R/6 ER/1 HR/1 HBP/16 BB/37 K/1.14 WHIP/0.54 GO/AO

評価:B。AAAの混み具合もあり、再びAAで開幕。AAのクローザーとして良い投球を続け、AAAに再昇格後も安定していた。相変わらず極端なフライボーラーだが、かつて悩まされた被打率の高さは大きく向上。三振も十分に奪えている。オフにMiLFAとなるが、お気に入りの選手だけに傘下に留まって欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Chris Martin, RHRP (11'-UDFA)

13' Stats (AA) : W2-L0/0.00 ERA/12 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/10 GF/3 SV/21.0 IP/9 H/0 R/0 ER/0 HR/0 HBP/6 BB/27 K/0.71 WHIP/0.88 GO/AO
13' Stats (AAA) : W3-L3/3.18 ERA/30 G/0 GS/0 CG/0 SHO/7 HLD/16 GF/2 SV/51.0 IP/51 H/19 R/18 ER/3 HR/4 HBP/10 BB/47 K/1.20 WHIP/1.44 GO/AO

評価:B。AAで開幕すると、12試合21 IPで無失点を続け、AAA昇格。その後も数試合は無失点を続けた。長身から90 mph半ばの速球に、スライダーもタイトだそう。Rule 5ドラフトまで時間があるため、MLBデビューが遅れているが、そろそろ上で使える段階に来ている。来季はAAAでもう一歩ドミナントな数字を残し、MLBを目指してもらいたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Terry Doyle, RHSP (12'-MiLFA) : AAAで開幕し、AAと2クラスで先発を務めた。ローカルボーイでちょっと期待していたけど平凡な成績。

Charlie Haeger, RHSP (13'-MiLFA) : AA/AAAでローテの一角を担った。ナックルボーラーのため、制球を乱す登板もあったが、全体的には先発としてソリッドな投球を見せた。オフにMiLFAとなる。

Rubby De La Rosa, RHSP/RP (12'-Acquired from LAD) : AAAのAll-Starゲーム出場者に選出も、登板機会なし。Websterと共に、大きな期待を持って迎え入れられたが、あまり目立つ活躍はできず。AAAでは良い試合はドミナントだけど、大きく崩れることもあり。MLBでは制球力不足を露呈した。リリーフとして投げてもあまりパフォーマンスの向上が見られない。期待されたほど球速も出ていないけど、スタッフ自体はしっかりしているし、来季の向上に期待。

Alfredo Aceves, RHSP/RP (11'-FA) : STでは25人枠に残ったが、不安定な投球を続け、DFAされてマイナーへ。AAAではまずまずも、先発、リリーフともにだいぶ序列が下がってしまったし、今季中にMLBで投げることは無さそう。昨季終盤までクローザーだったのに、売り時を間違えた感は否めない。オフにMiLFAで抜けるだろう。

Anthony Carter, RHRP (12'-MiLFA) : STから好印象を与えるスタッフを見せ、AAAのクローザーとして大車輪の活躍。24 SVを挙げ、AAAのAll-Starゲームに出場。特に後半戦は1.31 ERAと抜群の安定感を見せた。オフにMiLFAになる。上手く引き留められるといいけど。

Pedro Beato, RHRP (12'-Acquired from NYM) : 昨オフのRule 5ドラフト直前に40人枠を外れたが、今季再度ロスター入り。リリーフの苦しい時期にAAA/MLBの行ったり来たりの一員となっていたけど、De La Torreと似たような立ち位置だし、奪三振率で劣ることもあり、オフには再びDFAされそう。

Chris Carpenter, RHRP (12'-Acquired from CHC) : ケガに悩まされたシーズンとなった。そこそこ三振は取れているものの、被打率等は平凡。Workmanらのより若い右腕がリリーフとして成績を残してきており、立場は怪しくなってきた。

Brayan Villareal, RHRP (13'-Acquired from DET) : Peavyらのトレードに絡んで加入。威力ある速球が売りだが、制球を崩したまま。制球さえ戻ればリバウンドの可能性はあり、どこかで40人枠外に落として保持できればいいのだが。

Ryan Rowland-Smith, LHRP (13'-MiLFA) : 経験豊富な左腕だけあって、AAAでは安定した投球を見せた。何度かあった、Opt. Outの機会に、条項を行使せずに傘下に残ったものの、MLBでの出番はなし。

Will Latimer, LHRP (07'-22nd) : 今ではだいぶ人数も減ってきた07年ドラフトの生え抜き。AAではまずまず投げているが、MLBへの期待が掛かる選手ではない。オフにMiLFAになる。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Christian Vazquez, C (08'-9th)

13' Stats (AA) : 96 G/342 AB/99 H/19 2B/1 3B/5 HR/19 TB/135 R/48 RBI/47 BB/44 SO/7 SB/5 CS/.289 AVG/.376 OBP/.395 SLG/.771 OPS/10 E
13' Stats (AA) : 1 G/3 AB/0 H/0 2B/0 3B/0 HR/0 TB/0 R/0 RBI/1 BB/0 SO/0 SB/0 CS/.000 AVG/.250 OBP/.000 SLG/.250 OPS/0 E

評価:A。STでその強肩でMLBスタッフの度胆を抜いた。AAで低調な出足も徐々に調子を上げた。長打力に関しては2年前を再現できていないものの、優れた選球眼に、ソリッドなコンタクトを見せている。パスボールがやや多く、守備の完成度もまだ完全ではないだろうが、攻守の進歩で、今や控えどころか、数年後正捕手にも名前が挙がるように。AAのAll-Starゲームに出場。PO直前にAAA昇格。

-------------------------------------------------------------------------------------

Dan Butler, C (09'-UDFA)

13' Stats (AAA) : 84 G/282 AB/74 H/19 2B/0 3B/14 HR/145 TB/32 R/45 RBI/34 BB/59 SO/1 SB/1 CS/.262 AVG/.350 OBP/.479 SLG/.829 OPS/6 E

評価:B。Lavarnwayと併用されていた前半戦は打てていなかったが、コンスタントな打席数が与えられた後半戦は非常に好調。ソリッドなコンタクトと選球眼に、今季はパワーも発揮。地味で目立たない選手だが、優れた守備能力も含めて、既にMLBのバックアップ捕手くらいになれる準備はできてきている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Heiker Meneses, SS/2B (08'-Int. FA)

13' Stats (AA) : 92 G/322 AB/82 H/15 2B/4 3B/3 HR/114 TB/43 R/31 RBI/20 BB/84 SO/11 SB/7 CS/.255 AVG/.312 OBP/.354 SLG/.666 OPS/15 E
13' Stats (AAA) : 18 G/54 AB/13 H/0 2B/1 3B/0 HR/15 TB/3 R/5 RBI/5 BB/12 SO/2 SB/1 CS/.241 AVG/.311 OBP/.278 SLG/.589 OPS/1 E

評価:D。まずまず当てているが、さすがにマイナー上層になって厳しくなってきた。パワーは無いのはもちろん、選球眼もなかなか向上せず。エラーは比較的少ないが、盗塁成功率も悪く、何か守備以外でもアピールできる部分がないとMLBには呼ばれないだろう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Xander Bogaerts, SS/3B (09'-Int. FA)

13' Stats (AA) : 56 G/219 AB/68 H/12 2B/6 3B/6 HR/110 TB/40 R/35 RBI/35 BB/51 SO/5 SB/1 CS/.311 AVG/.407 OBP/.502 SLG/.909 OPS/9 E
13' Stats (AAA) : 60 G/225 AB/64 H/11 2B/0 3B/9 HR/102 TB/32 R/32 RBI/28 BB/44 SO/2 SB/2 CS/.284 AVG/.369 OBP/.453 SLG/.822 OPS/11 E
13' Stats (MLB) : 18 G/44 AB/11 H/2 2B/0 3B/1 HR/16 TB/7 R/5 RBI/5 BB/13 SO/1 SB/0 CS/.250 AVG/.320 OBP/.364 SLG/.684 OPS/0 E

評価:S。WBCオランダ代表のメンバーに選ばれ、Jurickson Profar (TEX)がいる中で出場機会を得るために、STでは3Bの練習を開始。AAで開幕を迎えると、ややHRのペースが上がるのに時間がかかったが、.300/.400/.500というラインを突破し、AAA Pawtukcetへ昇格。AAAで最も若い選手だったが、すぐに適応を示し、AAAでも順調に成績を伸ばした。Futures Gameにフル出場し、インテリジェントな走塁でも話題をさらった。全ての面で文句の付けようのないパーフェクトなProspect。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jeremy Hazelbaker, LF/RF/CF (09'-4th)

13' Stats (AAA) : 121 G/428 AB/110 H/13 2B/2 3B/11 HR/160 TB/62 R/54 RBI/36 BB/131 SO/37 SB/7 CS/.257 AVG/.313 OBP/.374 SLG/.687 OPS/6 E

評価:D。4月は素晴らしいスタートを切り、4月だけで5 HR。OFを探しているチームが彼を欲しがっているという噂も出ていたが、そこから尻すぼみに。スピードは今季も見せたし、2ケタを打つパワーは十分にあるけど、K/BBの悪さは改善せず。Rule 5ドラフトでは今年もプロテクトされないだろう。どこかしらにピックされる可能性は割と高いと思うが、傘下のOFのデプスもやや薄くはなっているので、できれば残ってもらいたいが。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jackie Bradley, Jr., CF/LF/RF (11'-1st Supp.)

13' Stats (AAA) : 80 G/320 AB/88 H/26 2B/3 3B/10 HR/150 TB/57 R/35 RBI/41 BB/75 SO/7 SB/7 CS/.275 AVG/.374 OBP/.469 SLG/.842 OPS/0 E
13' Stats (MLB) : 37 G/95 AB/18 H/5 2B/0 3B/3 HR/32 TB/18 R/10 RBI/10 BB/31 SO/2 SB/0 CS/.189 AVG/.280 OBP/.337 SLG/.617 OPS/1 E

評価:A。STで大活躍。あれよあれよという内にRyan Sweeneyなどを蹴落として開幕MLBロスターを掴んだ。その後はしばらく適応に苦しみ、AAA Pawtucket降格。AAAではさすがのコンタクト、選球眼に、今季は長打力もしっかり見せた。来季はいよいよレギュラー獲りがかかる。

-------------------------------------------------------------------------------------

Bryce Brentz, RF/LF (10'-1st Supp.)

13' Stats (GCL) : 6 G/17 AB/4 H/2 2B/0 3B/2 HR/12 TB/3 R/8 RBI/1 BB/4 SO/0 SB/0 CS/.235 AVG/.316 OBP/.706 SLG/1.022 OPS/0 E
13' Stats (AAA) : 82 G/326 AB/86 H/16 2B/1 3B/17 HR/155 TB/36 R/56 RBI/20 BB/86 SO/1 SB/0 CS/.264 AVG/.312 OBP/.475 SLG/.788 OPS/8 E

評価:D。AAAのPOでの1発を合わせて、傘下唯一の20 HRを達成。相変わらず出ていれば素晴らしいパワーを見せるが、今季は開幕前の猟銃の暴発騒動に始まり、ややメイクアップ、試合に臨む姿勢に疑問符が。相変わらず早打ち傾向は強く、このままではMLBに上がっても満足なAVGが残せるとは考えづらい。来季は今後のキャリアを左右するという覚悟でSTから気合を入れて臨んで欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Alex Hassan, RF/LF/1B (09'-20th)

13' Stats (Low-A) : 8 G/23 AB/11 H/2 2B/0 3B/0 HR/13 TB/4 R/7 RBI/10 BB/2 SO/0 SB/0 CS/.478 AVG/.636 OBP/.565 SLG/1.202 OPS/0 E
13' Stats (AAA) : 55 G/187 AB/60 H/14 2B/0 3B/4 HR/86 TB/26 R/28 RBI/36 BB/50 SO/0 SB/1 CS/.321 AVG/.431 OBP/.460 SLG/.891 OPS/3 E

評価:C。ケガで大きく出遅れたが、復帰後は打力の高さを見せた。彼にしては三振が多かったものの、選球眼、AVGに、パワーも今季は良いカンジ。来季はこれをフルシーズン見せられれば、何故40人枠に入れたんだ?といった疑問の声は無くなってくるだろう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Ryan Lavarnway, C (08'-6th) : MLBで控えとして過ごしている時間が長いため、AAA/MLBでの打席数がやや少なくなっているが、MLBでは少しパワーも見せ始め、昨年の酷い状態からは向上している。守備面でも随分と評価は上がっているが、捕球、リードともにまだMLB投手陣の信用を勝ち取るまでには至っていない。Saltyの評価が上がっており、BOSも引き留めるのではないかと思うし、そうなると後続も迫ってきており、余剰となってしまう可能性も。

Drew Sutton, 1B/3B (12'-MiLFA) : 11年にもBOSに所属した選手で出戻り。ちなみにフルネームはStephen Drew Sutton。ユーティリティーが売りの選手だったが、今季は1B/3Bのみでプレー。二塁打は多く打ったし、選球眼もまずまずも大きなアピールはできず。

Mark Hamilton, 1B/LF (13'-MiLFA) : 1B/LF/DHでプレーし、ソリッドな成績を残すも、同様のポジションをこなすB. Snyderの存在もあり、上に呼ばれることはなかった。

Brandon Snyder, 3B/1B (13'-MiLFA) : AAAで4月に好調なスタートを切り、他のチームからも注目を浴びていると言われた。Middlebrooksの不振とマイナー降格によりMLB昇格。パワーは見せているも、やはりMLBで安定して打てるほどの安定感はない。

Brock Holt, 2B/SS/3B (12'-Acquired from PIT) : AAAでは好不調の波があったものの、コンタクトは見せた。ただやはり長打力が無く、MLBでも全くSSで使われないところから見て、SS控えとしてはあまり信用されていないのかと思う。現時点では来季のIF控えの座に最も近いけど、来春までアピールしないと簡単に外されそう。

Jonathan Diaz, 2B/SS/3B (12'-MiLFA) : マイナーのM-IFデプスで、S. Drew離脱時に、BOSで5試合に出場。このタイプとしては選球眼もまずまずだが、上で打撃で貢献できるタイプではない。

Justin Henry, 2B/CF/LF/3B/1B (12'-Acquired from DET) : 昨冬のRule 5で一旦WASからピックしたJeff Kobernusを即座にDETに放出して得た選手。わずかに期待されていた選手だけど、K/BBは良いものの、あまり打てず。オフにMiLFAになる。

Tony Thomas, LF/2B (11'-Acquired from CHC) : 今季LFに本格転向。パワー、スピードはあるが、やはり早打ちでコンタクトはイマイチ。オフにMiLFAになる。

Quintin Berry, LF/CF/RF (13' Acquired from KC) : 9月のセプテンバーコールアップでの代走要員としてKCから獲得。AAAで3試合のみに出場後、上に呼ばれている。MLBでもその走力は見せている。

Mitch Maier, CF/LF/RF (12'-MiLFA) : STでOFデプスとしてしっかりアピールした後、AAAでも出ている時はインプレッシブな打力を見せたが、ケガに泣いた。

Shannon Wilkerson, CF/RF (09'-8th) : 守備の良さでCFで使われているのはわかるが、ロスターフィラーに近い選手にも関わらず1番起用が多いのは不思議。確かにある程度ボールを見る能力はあるが。POでは、Bradley, Jr.のコールアップの穴を埋める形でAAAへ。

0 件のコメント: