今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年9月17日火曜日

14' Vanderbilt Commodores Roster

昨年はBA #1チームとしてポストシーズンに臨みましたが、残念ながらSuper Regional Seriesで敗退。エースだったKevin Ziomek (DET)を筆頭に、昨季のチームの中核だった、Spencer Navin (LAD)、Conrad Gregor (HOU)、Tony Kemp (HOU)、Connor Harrell (DET)、Mike Yastrzemski (BAL)がプロへと旅立ちました。新加入の選手たちはJordan Sheffieldを除けば、やや大物感に欠け、トップクラスのリクルートと言われていた上の代からはやや見劣りしますが、強力な投手陣を中心に戦力は十分。新シーズンこそはカレッジワールドを目指したいですね。


[Pitchers]

Tyler Beede, RHSP, Jr.
Ben Bowden, LHRP, Fr.
Walker Buehler, RHSP/RP, So.
*Pat Delano, RHP, rFr.
Tyler Ferguson, RHSP/RP, So.
Carson Fulmer, RHRP/SP, So.
Ryan Johnson, LHP, Fr.
John Kilichowski, LHRP, Fr.
*Keenan Kolinsky, LHP, rSr.
Brian Miller, RHRP, Jr.
Jared Miller, LHSP/RP, Jr.
T. J. Pecoraro, RHSP/RP, Sr.
*Philip Pfeifer. LHP, Jr.
Adam Ravenelle, RHRP, Jr.
Steven Rice, LHRP, Sr.
Jordan Sheffield, RHP, Fr.
Luke Stephenson, RHP, rFr.
Hayden Stone, RHRP, Fr.


エースはもちろんTyler Beede。しっかりと活躍すれば、BOSのピックまで落ちて来ないのは確実ですが、この際全体1位指名を目指して欲しい。それに続くは、昨季ローテ3番手を争ったWalker Buehler、Philip Pfeiferの2人か。昨季開幕時のNo.3スターターだったT. J. Pecoraroも残っているし、昨季はリリーフで大車輪の活躍だったCarson Fulmerも先発に移るなら候補でしょう。同じく昨季はフレッシュマンながら何度か先発の機会を得たTyler Ferguson。それにSheffieldはTJ明けなので全休に近いでしょうが、John Kilichowskiは割と評価の高かった左腕。

リリーフも充実。ラバーアームクローザーのBrian Millerと左腕のJared Millerの2人は今季も勝ち試合で投げまくるだろうし、Fulmerもリリーフならクローザーを争うかも。左の2枚目のSteven RiceやAdam Ravenelleもいる。BOS絡みでは、Beede、Ben Bowden、Pat Delano、RavenelleがいずれもMassachusetts州出身のローカルボーイ。Delano、Fulmer、Sheffieldは12、13年にドラフトで指名した選手です。(追記)Pfeiferは個人的理由で14年シーズンは投げないそうです。またKeenan Kolinskyはベースボールから引退。Massachusetts州出身で12年のBOSのドラフトピックのPat DelanoはJuCoにトランスファーしたようです。


[Fielders]

Jason Delay, C/3B, Fr.
Karl Ellison, C, Fr.
Chris Harvey, C, Jr.
Tyler Campbell, 3B/2B/SS, So.
Vince Conde, SS, Jr.
Tyler Green, 1B, Fr.
Aubrey McCarty, 1B, Fr.
Penn Murfee, 2B, Fr.
Kyle Smith, 1B/RF/LF, So.
Dansby Swanson, 2B/3B/SS, So.
Xavier Turner, 3B/2B, So.
Zander Wiel, 1B, rSo.
Ro Coleman, LF/CF/2B, Fr.
Will Cooper, LF/RF, Jr.
John Norwood, CF/RF, Jr.
Drake Parker, LF, Fr.
Bryan Reynolds, LF/RF/CF/1B, Fr.
Nolan Rogers, CF/LF/2B, Fr.
Rhett Wiseman, RF/LF, So.


昨季の野手の出場機会Top 5の内の4人が抜け、新加入のフレッシュマン陣も超大物はいない。既存戦力の成長が必須となる。中でも期待は、Xavier Turner、Rhett Wisemanのソフモア組だろう。Wisemanは夏のCape Cod Leagueでも活躍。いよいよチームの中核としての活躍が期待される。これに昨季SS/3Bでフル回転したVince Conde。SSのレギュラー獲りが期待されながらケガに泣いたDansby Swansonが軸となりそう。

捕手はChris Harveyだろうが、フレッシュマンの2人はどちらもまずまずの選手のよう。1BにはZander Wielがいるが、Tyler Green、Aubrey McCartyの2人も特に後者が有望選手のよう。この辺りはチームの弱点を補強する的確なリクルートに見える。2BはTyler Campbell、SS/2BでSwanson、SS/3BでCondeがいて、3BのTurnerも合わせて、激しいレギュラー争いが予想される。

Turnerはレギュラーは確定だろうが、他の選手次第でLFに入るかも。OF陣では、WisemanはCF/LFで確定。Kyle Smith、John Norwoodあたりが続く。BOS絡みでは、WisemanがMassachusetts州出身。Turnerは12年のドラフトピックです。

0 件のコメント: