プレーオフのローテは誰が務めるべき?(複数回答可)

プレーオフのブルペンは誰が務めるべき?(複数回答可)

2017年3月28日火曜日

Prospect Profile: Bryan Mata, RHP

今回は、昨年のDSLで17歳で先発として好投した、Bryan Mataくん。パッケージ契約による有望株との契約無効などもあってゴタゴタしたDSLにおける数少ない希望です。FILでもインプレッシブで、傘下のTop 30級に名前を挙げる識者も。


[Player Data]

Name: Bryan Mata (ブライアン・マタ)
Full Name: Bryan Eduardo Mata
Position: RHSP
Born: May 3, 1999
Birthplace: Maracay, Venezuela
Height: 6-3
Weight: 160
Bats: Right
Throws: Right
Drafted: Not drafted
How Acquired: International free agent (January 2016)
Signing Bonus: $25,000
Player Link: MiLB.com, Fan Graphs, Baseball Reference, Baseball Cube, SP.com


[Scouting Report]

若いながら非常に上背があり、細身の身体には筋肉の付く余地がある。力の抜けたフォーム。速球は89 mphから最速93 mph。体格的に向上の可能性は高い。タイトに変化する76~77 mphの11-to-5のカーブがメインのセカンドピッチ。80 mph前半のチェンジアップは磨かれていないが、アームスピードは良い。


[Background]

パッケージ契約のペナルティーとして、16'-17'シーズンの海外FA契約を禁止されたBOSだったが、16年の1月に契約していたため、16年度の海外FAとしては傘下で最も大きなボーナスを受けとった選手になった。


[Profile]

16' : DSL2でプロデビュー。先発として安定した投球でローテを守り切り、イニング数と同数の奪三振、それに被打率や与四球率も良かった。秋はFILでインプレッシブな投球。

17' : 途中合流ではありますが、2クラススキップのLow-A Greenvilleで安定した投球。被打率、奪三振率、与四死球率と飛び抜けてはいないが、十分満足できるスタッツ。ゴロ率も高い。中盤少し打たれる試合が目立ったが、最終盤は再び持ち直して安定した投球を見せた。


[Comment]

年齢の割にはまとまった選手で、体格も良いということでスカウト受けしそうな選手なのは間違いない。ただ上のクラスに上がって行くには、現状平凡な速球で向上が必要そう。

0 件のコメント: