今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年3月27日水曜日

13' Draft Watch - My Mock Draft ver.2

個人的なMock Draftのバージョン2です。元々ドラフト指名権絡みのFAが全部決まった後でこのバージョン2を書く予定でしたが、Kyle Lohse (MIL)が開幕まで決まらないんじゃないかなんて話もあり、そろそろ書き始めるかと思ってた矢先にLohseがMILと合意。ドラフトオーダーが確定しました(こちら)。


[13' My Mock Draft ver.2]

1. Houston Astros - Mark Appel, RHP : 現時点では、Appel、Sean Manaea、Clint Frazierといったあたりが全体#1の有力候補だろう。最近は、Manaeaを#1に推すMockの方が多くなってきたような気もするが、個人的にはまだAppelが上だと思っている。Appel自体、Stephen Strasburg (WAS)、Gerrit Cole (PIT)のような過去の全体#1カレッジ投手と比較すると、多少リスクは大きめに見えるが、リリーフの可能性という意味では、Manaeaの方がより大きいように思う。成績的な意味でも、今季は初登板を除き、ドミナントな投球を続けており、Manaeaより一歩上回る。Seniorではあるが、Scott Borasクライアントで、並みのJunior選手以上の困難な交渉になる可能性もあるが、それでも全体#1のスロットからすれば多少浮かせることもできるんじゃないかと思う。


2. Chicago Cubs - Jonathan Gray, RHP : Theo Epsteinさんは、投手に拘らず、最高の選手をドラフトする、と言っているが、投手のニーズはあまりにも強い。優秀な若い投手をトレードで手に入れることがますます難しくなっている中で、この順位ならHigh Floorかつ比較的High Ceilingな投手を指名するのが妥当。OFは、Jorge Solerに、CFにも昨季ドラ1でAlbert Almoraを獲った。いかにC. FrazierやAustin MeadowsがHigh Ceilingでも、ある程度リスクもあるし、素直にカレッジ投手に行くんじゃないかな。現状だと、Sean Manaea、Grayの一騎撃ちかと思うけど、Theoさんは割と評価上がり目な選手を好むし、今ならGrayじゃないかな。


3. Colorado Rockies - Clint Frazier, OF : ここも投手はニーズだし、OFには契約の残るCarlos Gonzalezがいて、昨季のドラ1でDavid Dahlを獲った。普通なら投手と行きたいところだが、Ryne Stanekが調子を落としているし、ManaeaかC. Frazier/MeadowsのHS-OFのどちらかからのセレクトとなりそう。Manaeaも十分考えられるとは思うが、近年のドラ1左腕がことごとく失敗気味ということもあるし、全体#1の有力候補でもあるC. Frazierが残っているならやはり指名にいくんじゃないかと。


4. Minnesota Twins - Sean Manaea, LHP : ここもOFはAaron Hicksがレギュラーを奪おうかというところで、OFは充実している。ニーズは投手だろう。捕手でも悪くないし、評価が非常に上がっているJon Denneyでもおかしくはないが、全体#4でとなると、高卒捕手のリスクを考えても多少オーバードラフト気味になってしまうか?High CeilingかつHigh Floorな上位カレッジ投手がここで残っているならMINとしては大喜びだろう。Appel、Gray、Manaeaの3人が上3つのピックで消えるなら他の選択肢もあり得るが、誰かが落ちてくるなら素直にピックしそう。


5. Cleveland Indians - Austin Meadows, OF : ニーズとしては投手はもちろん、C-IFも良くフィットする。最近絶好調のKris Bryantは悪くない選択肢だと思うが、弱めのディビジョンでプレーしており、コンタクト能力を多少問題視されている。守備位置的にも、MLBで3Bは厳しそう。となれば、やはりタレント重視でMeadowsとなるか。4年契約のMichael Bournの後釜にはタイミング的にもピッタリだろう。


6. Miami Marlins - Kris Bryant, 3B/OF : そこそこProspect的には集まってきているが、ポジション的には割とどこでも良いカンジではある。Top ProspectのChristian YelichもCF/LFどちらでもフィットしそうな選手。上の5人の誰かが残っていればピックに行きそう。あとは、捕手は割と欲しいところなので、Denneyでも悪くない。ただ以前全体#7でKyle Skipworthを指名して失敗した過去があるし、高卒捕手は多少躊躇うのでは?こう来るなら、素直にBryantだろうか。3Bに留まってくれるならもちろんありがたいし、1Bや、Giancarlo Stantonが抜けた後のRFとして使っても良い。


7. Boston Red Sox - Ryne Stanek, RHP : C. FrazierかMeadowsが残っている場合を除けば、近年の傾向から言って、高卒野手の可能性は小さい。Denneyはフィットしないこともないが、リスクの大きい高卒捕手で、Swihartがいることも考えれば、やはり別の選択肢の方が有力。カレッジ野手では、Bryantは残ってたとしても個人的にはあまり好んでいない。どちらかと言えば得るなら強打の左打ち選手が欲しいが、Colin Moranはパワー面でやや弱い。そもそも3B自体ニーズが小さいというのもある。そうなるとやはりカレッジ投手が有力。評価を落としているがStanek、あとはBobby Wahl、Chris Anderson、Kevin Ziomekらが次のグループとなるだろう。今季素晴らしいZiomekは、地元Massachusetts州出身だし、ピックしても個人的には許せるのだが、現時点ではさすがにまだオーバードラフトか?個人的に好みなWahlも悪くはないが、今季は今一つ。上限を考えるなら、やはりStanekというセレクトが無難か。投げ方的に肘の負担を心配される選手だし、6月には彼以外の有力な選択肢があって欲しいが。


8. Kansas City Royals - Jon Denney, C : 今季からは完全にPO争いに向けて動きだした。やや先発の薄さがあるし、もう1人High Floorな投手がいても良い気がするが、こう来るなら多少選択肢に欠ける感がある。素直にベストの選手を選ぶべきか?Salvador Perezは良くやっているが、攻守に優れるDenneyは平均以上のレギュラー捕手になれる可能性が高く、大きな価値がある。


9. Pittsburgh Pirates* - Colin Moran, 3B : こちらもそろそろPO争いに向けた準備が整っている。やはり投手も欲しいところだが、ドラ1上位に2つのピックがあることもあり、投手・野手1人ずつというのが基本路線だろう。野手で欲しいのは捕手かC-IFかSSで、捕手であれば、DenneyかReese McGuireということになりそう。ここか次の#14でR. McGuireというのもあり得るかもだが、Jameson Taillonという確立された選手がいた10年を除けば、近年のドラ1はカレッジ選手ばかり。比較的セーフティーな指名をするチームというイメージだし、チーム状況的にも時間のかかるHS捕手よりは、他の選択肢に行きそう。非常に完成度の高いMoranは上限は低めにしろ、即戦力という点でフィットする。


10. Toronto Blue Jays - Kohl Stewart, RHP : ここも蓄えたProspectを一斉放出して舵を切った。各ポジションに大物を補強した上の状況だけを見ればニーズは小さいが、あえて言うならC-IF/C-OFでパワーのある選手だろう。Jose BautistaやEdwin Encarnacionも若くはない。パワーにテクニックも兼ね備えるDominic Smithなどは魅力的。ただ高卒選手を好むチームだし、そうであればチーム状況的にも上のニーズを重視するとは思えない。そうなるとNoah SyndergaardやJustin Nicolinoを出した投手か?高めのボーナス要求を懸念される選手もアグレッシブに指名するし、Stewartは才能では今クラスNo.1のHS-Pだろう。ケガの影響もなさそうだし、再び評価を上げてくるはず。


11. New York Mets - Justin Williams, OF : Sandy Alderson GMの元、近年はガラッとHS選手中心の指名に切り替わっている。まだ上も完全に準備が整っている訳ではないし、Ceiling重視の指名が続くのでは?投手はもちろんあり得るけど、Matt Krook、Trey Ball、Jordan Sheffieldと全体#11にはもう一歩かという印象。野手ならJ. Williams、D. Smith、R. McGuireあたりか?あまりニーズを言っても仕方ないという気もするけど、捕手はTravis d'Arnaudがいるし、パワーバットが欲しいので前2人のどちらかかな?


12. Seattle Mariners - Dominic Smith, 1B/OF : 近年、投手を重視した指名をしてきたが、Minorは野手の方もセンターラインは充実している。投手を蓄え続けても良いが、投手有利の本拠地でも核になれる打者の育成もできれば大きい。C-IF/C-OFどこでも構わないし、1Bと両翼のどちらでもプレーできるD. Smithは良くフィットする。


13. San Diego Padres - J. P. Crawford, SS : 昨季も大量の高卒投手を加え、Minorの層の厚さでは、全組織中でもトップを争う。各ポジションにもProspectをまんべんなく揃えているが、唯一SSだけは薄い。Jace Petersonは悪くない選手だが、ドラフトでトップクラスのSS ProspectのJ. P. Crawfordは良いフィットだろう。


14. Pittsburgh Pirates - Kevin Ziomek, LHP : 全体#9で野手のMoranを指名すると予想したので、ここでは投手が妥当だろう。上のピックでカレッジ選手を指名するのなら、ボーナススロット的な意味でも、リスクという意味でも、ここでHS-Pを獲ってもおかしくはない。Gerrit Cole、TaillonにLuis Herediaなど、右腕に偏る傘下投手Prospectの状況を考えれば、左腕が良くフィットする。K. Stewartが残っていなければ、次善のHS-PならKrook、Ballあたりだろうか?ただ北東部のチームで、割とBOSの選手を好んでいる印象があるし、そういう意味でMassachusetts州出身のZiomekは面白い。今季は開幕から素晴らしい投球を続けているし、ColeやTaillonに次ぐローテ候補として即戦力になるのでは。


15. Arizona Diamondbacks - Reese McGuire, C : Justin Uptonを放出し、大物感が薄れたラインナップとなっているが、生え抜きを中心に各ポジションに万遍なくProspectを揃えている。投手に関しても、全MinorでもトップクラスだったTrevor Bauerを性格面の問題があるからというだけで放出できるほどの充実度を誇る。特にポジションを問う必要のないチームだろう。近年の指名を見ても、Barret Louxなどを除けば、Ceiling重視の指名が多い。昨季Stryker Trahanを指名したばかりだが、彼はコンバートの可能性もあるし、R. McGuireでどうか。


16. Philadelphia Phillies - Trey Ball, LHP/OF : 一旦はほぼ完成に近づいたチームだが、ベテラン陣がケガに見舞われ、解体を余儀なくされている。強かったMinorもその間に、次々とトレードに消費されていった。確たるProspectも少なく、投手も含めどこでも良い印象。上はまだつぎはぎながら戦い続ける姿勢を取っているし、素直に一番良いのを獲るべきか?まずは投手という気がするし、BallはCole Hamels、Jesse Biddleなどと強力な左腕トリオを組めるポテンシャルがある。またOFとしても高い才能を持ち、こちらもやや欠けているチーム事情にフィットするかと。


17. Chicago White Sox - D. J. Peterson, 3B/1B : ようやく少しずつMinorにも目を向け始めたように映るが、それでもまだまだあちこち足りない。投手も欲しいところだが、野手もOFを除き、レギュラーの期待が掛かる選手がほとんどいない。M-IFは曲りなりにも、Alexei Ramirez、Carlos Sanchezらの候補がいるし、C-IFの即戦力が欲しいところ。D. Petersonはひとまずは候補皆無の3Bで。ゆくゆくはPaul Konerkoの後釜で1Bに、というプランが描けるし良いのでは?


18. Los Angeles Dodgers - Matt Krook, LHP : しばらく緊縮財政で、ドラフト指名も安めのカレッジ選手を上位指名するなどしていたが、昨年はオーナーの交代によりペイロールが上昇し、BOSから大型契約を3つ受け入れるなど、一気に悪の帝国化した。ドラフトでも予算増を反映するように、以前のようなHS選手の指名に戻っている。上は各ポジションに大物を抱え、特にOFはYasiel Puigが3人の大型契約者にブロックされている状態。獲るならIF(特にM-IF)か捕手か投手というのが無難だろう。Oscar Mercadoなどは悪くないかもしれないが、それよりも投手という気がする。評価上がり目の選手を好むし、Krookでどうだろう。


19. St. Louis Cardinals - Oscar Mercado, SS : レギュラーシーズンの成績はほどほどなのに、POで強さを発揮するチーム。ドラフトのうまさもあるが、勝ち続けているチームにしては比較的上位の指名があるのも見逃せない。昨季は多くのピックで、やや安めで契約できるカレッジ選手を多く指名し、現在全組織中最強と言われるMinorの層に更なる厚みを加えた。投手も含め、ほぼ全てのポジションに複数のレギュラー候補を抱える贅沢な状態だが、唯一SSのみは大物Prospectを欠く。打力の上限は限られるが、守備はカレッジを合わせても今クラスNo.1と言われるMercadoはうってつけだろう。


20. Detroit Tigers - Bobby Wahl, RHP : 09年にJacob Turnerを指名して以来のドラ1(サンドイッチピックは除く)。それだけに指名を読むことは困難。ポジション的には1B/DHが、Miguel Cabrera、Prince Fielderでしばらく埋まりそうという以外は割とどこでも良いチーム。上のローテの状態も悪くないが、これと言った投手Prospectも減っているので、この位置なら即戦力投手を指名したいところ。C. AndersonかWahlというところだが、実績重視でWahlにしてみる。


21. Tampa Bay Rays - Austin Wilson, OF : 充実の投手陣に対し、野手陣は小粒で非力感が強い。下層にはOFを中心に、高卒でHigh Ceilingな選手は多いが、カレッジでパワーバットが加わればバランスが良くなりそう。現状ケガで戦列を離れているが、A. Wilsonのパワーと底知れぬポテンシャルは魅力的。ドラ1にピックを2つ持つしギャンブルしやすいチームでもある。


22. Baltimore Oriols - Chris Anderson, RHP : 一昨季までしばらく上位でトップクラスの高卒選手をピックし続けていたが、12年はセーフティーなKevin Gausmanに。Dan Duquette GMは保守的なタイプだと思うし、元々オーナーも渋ちん。この位置なら安めで契約できる即戦力を狙いそう。野手は若いのが出てきているので、Brian MatuszやZach Brittonが期待通りにいっていない投手陣を無難に補強してくるのでは?C. AndersonはTop 10近辺でのピックを予想する人もいるし、ここならスティールだろう。


23. Texas Rangers - Jordan Sheffield, RHP : 野手に関しては、MLB・Minor共にほぼ穴のない厚い層を持つ。高卒選手を好むチームで、過去数年一貫してその方針を貫くことで、切れ目なくHigh CeilingなProspectを輩出し続けている。野手で敢えて言えば、捕手か3Bかというカンジだが、緊急のニーズはない。Martin Perezが不振などで、一時期よりもHigh Ceilingな投手Prospectが減っている感はあり、そこを補充する可能性が高そう。割とポリッシュな左腕をよくピックするチームだが、そのタイプは傘下にいるし、速球派を狙いたい。Carlos SalazarやSheffield、Clinton Hollonあたりが候補だろうか。この中だと優れたハンマーカーブを持つSheffieldを好みそう。


24. Oakland Athletics - Stephen Gonsalves, LHP : 毎年のことながら、指名が読めないチーム。近年は割とM-IFの上位指名が多いが、それを除けば、カレッジ・HSにしてもあまり拘りのないチーム。落ちてきた大物を好む印象だったが、昨季は逆に予想よりもかなり早めにAddison Russellを指名して成功している。A. J. Coleを出すなどして、若干投手の層が薄くなってきたカンジだし、左腕も少ないのでS. Gonsalvesでどうか?若干評価を下げているが、上限は高く、ここの好みそうな選手じゃないかな。


25. San Francisco Giants - Aaron Judge, OF : 投手はずっと良いチームで、下から上位ローテ候補を輩出し続けている。現在の傘下も比較的投手は充実している。野手でOFがやや弱いか?Gary Brownも昨季評価を落としたし、良いOFがいれば獲りたいところ。SFのファンがPhillip Ervinが欲しいとか言ってたのを見たし、彼でも良いと思うけど、CFは一応Brownにまだ期待が残るし、もう少しC-OF寄りでパワーのある選手の方が良いのでは?Judgeはまだそのフィジカルツールを生かし切れていないけど、上手く育成できれば高い上限を持つ。


26. New York Yankees - Phillip Ervin, OF/RHP : アンチNYYファンとしては残念だが、ドラ1に3つもピックを持つ羨ましいチーム。近年はHSの選手に集中しているカンジで、特にOFは多くのHigh Ceilingな選手を抱える。ニーズ的にはIFだろうが、3つもピックがあるのだし、確実な選手を一枚選んでおいても良いのでは?Ervinはもっと上でのピックが有力だし、ここならスティールだろう。高卒選手ばかりのOF陣の中で、次代のリーダーシップを発揮する選手としても期待できる。


27. Cincinnati Reds - Ian Clarkin, LHP : ロスター状態は良いし、Minorも悪くないが、今一つ勝ち切れていない。とは言え、しばらくは現状のメンバーを中心にWSを目指し続けるだろう。敢えて言えば、Didi Gregoriusを出したSSや安定感を欠くTodd Frazierの3Bなどだが、特に上のニーズに合わせる必要はないだろう。High Ceilingな投手はいくらいてもいいし、Tony Cingraniくらいしか左腕はいないので、今季の豊富なHS-LHPは狙い目だろう。Clarkinは素晴らしいカーブを持ち、Top 15で指名されてもおかしくない選手。


28. St. Louis Cardinals** - Ryan Boldt, OF : 上のピックでSSを獲ったのなら、最早ポジションはどうでも良いし、素直に良い選手を選べば良いだろう。上が野手にしたので、投手でも良いだろうが、典型的なリードオフCFになれるBoldtなども魅力。傘下にピュアなCFが少なく、ニーズという意味でも一応フィットする。


29. Tampa Bay Rays*** - Rob Kaminsky, LHP : ポジション的なニーズで言えば、捕手が獲れると嬉しいだろうが、Jeremy Martinez、Nick Ciuffo、Zack Collins、Chris Okeyらで、もう一歩というカンジがする。HS-Cの豊富なクラスで、次のピックでも誰かが残っている可能性も高いし、ここは素直に投手を補強か。Kaminskyは体格は小さ目だが、優れた球威・カーブを持ち、比較的ポリッシュな選手。リスクの高いA. Wilsonを選んだ後なら良いんじゃないかな。


30. Texas Rangers**** - Karsten Whitson, RHP : 野手も豊富なチームだし、ダメ押しで投手を加えてくるのでは?ターゲットはHigh Ceilingな投手だろうが、上でHSの選手を選んだし、ここではカレッジ選手の方がバランスが取れる。Jason HurshやBraden Shipleyなども面白いと思うが、敢えてWhitsonにしてみる。13年シーズン全休が確定しており、どこまでスリップするか予想がつかないが、契約する前提ならばこの辺りで指名する必要があるのでは?Tanner ScheppersやBarrett Louxなど、ケガの不安を強く言われていた選手と契約したチームだし。


31. Atlanta Braves***** - Andy McGuire, SS/3B : 傘下は投手はそこそこいるが、以前のような強いMinorではなくなってきている。捕手や3Bなどでパワーのある選手が欲しい。A. McGuireはパワーもあるし、比較的ポリッシュな選手。


32. New York Yankees****** - Drew Ward, 1B/3B : IFは大型契約で埋まっていたが、Alex RodriguezのNYYでのキャリアは終焉に近づいているし、Derek Jeterももうあと持って3年だろう。Mark Teixeiraもケガが増えてきた。彼らの系譜を継いでチームの軸となれる強打のIFが欲しい。Wardは現状のパフォーマンスならもっと下かもしれないが、パワーポテンシャルは非常に高く、High Ceiling。かつてはSSだったが、3Bはおろか最近は1Bとしてプロジェクションされているが、このどこでも成長すれば大きい。


33. New York Yankees******* - Jonathan Crawford, RHP : 近年の傾向から言えば、HS-Pという気がするが、酷いパフォーマンスとは言え、少し前までTop 10ピックの予想も多かったJo. Crawfordはここで得るには、ローリスクハイリターンの可能性を持つ。


*: For failure to sign 2012 draft pick Mark Appel
**: For free agent Kyle Lohse
***: For free agent B. J. Upton
****: For free agent Josh Hamilton
*****: For free agent Michael Bourn
******: For free agent Nick Swisher
*******: For free agent Rafael Soriano

0 件のコメント: