今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年3月6日水曜日

14' Draft Watch - Draft Board 9 (OF)

OFのドラフト候補です。Derek Fisher、Michael Gettysが評価を落としており、両翼ならMichael Confortoが、CFならBradley ZimmerがNo. 1の選手ということで若干大物感に欠ける。Monte Harrison、Derek Hill、Marcus WilsonのHSトリオが時点だけど、どちらかというとパワーのあるFisherの方が魅力的に思えてしまう。


[13' Draft Board (OF)]

Derek Fisher, OF, Virginia (Jr.)

B/T: L-R
Height: 6-3
Weight: 210
Last Drafted: 6th round (11') by TEX
Ranking: BA #31/PG #37/MLB #26/MB #31
Projection: Late 1st round to Supplemental 1st round

Comments: 北東部Pennsylvania州出身。11年ドラフトでもトップクラスのHS-OFだったが、本人の進学希望が強く、契約の可能性がほとんど無い選手の1人と言われていてスリップした。TEXがドラ6で指名してみたがやはり進学。非常に高いパワーポテンシャルの持ち主で、パワー・アベレージを両立できるツールを持つが、まだカレッジレベルでも試合では発揮できていない。スピードはまずまずあるし、肩も強いが、守備の感がイマイチと言われ、LFでの起用がメインとなっている。ハイシーリングだが、ややリスクの高い選手。平凡な2年間の後、昨夏のCape Cod Leagueで評価を上げたが、期待された今季も有鉤骨の故障で3月中旬から2ヶ月ほど離脱。評価を落としている。


Bradley Zimmer, OF, San Francisco (Jr.)

B/T: L-R
Height: 6-5
Weight: 205
Last Drafted: 23rd round (11') by CHC
Ranking: BA #14/PG #6/MLB #10/MB #19
Projection: Early 1st round to Mid 1st round

Comments: 兄はKCのKyle Zimmer。兄と同じSan Francisco大に通う。非常に長身だが、運動能力は極めて高く、5ツールいずれも平均以上のオールラウンダー。美しいスウィングで広角にラインドライブを放つ。スピードを犠牲にすることになる可能性もあるが、大柄な身体に筋肉を付ければ、プラスのパワーを持つかもとも。スピードはズバ抜けてはいないが、守備本能に優れ、CF守備はしっかりしている。RFとしても十分な肩を持つ。若干Tweenerタイプにも見えるが、キャリア初期にCFを務められるなら妥当なMLBのレギュラークラスになりそう。


Michael Conforto, OF/3B, Oregon State (Jr.)

B/T: L-R
Height: 6-1
Weight: 215
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: BA #8/PG #13/MLB #17/MB #20
Projection: Early 1st round to Mid 1st round

Comments: 父はカレッジアメフトのRBとして名を馳せた選手で、母は84年にシンクロナイズドスイミングでオリンピックのゴールドメダリストというスポーツ一家。彼も入学時はアメフトの選手としても期待されていたが、ベースボールの道選んでいる。大きなアッパーカットのスウィングで、三振も多めだが、高いパワーを持つ。選球眼に関しては、カレッジでは勝負を避けられることも多く、四球を選んでいるが、本来は若干アグレッシブなヒッターだとは言われている。ある程度の運動能力はあるが、レンジ・肩共に平凡でLFがナチュラルポジション。3B経験も少しある。Scott Borasクライアント。


Monte' Harrison, OF, Lee's Summit West HS, MO (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 195
Commitment: Nebraska
Ranking: BA #20/PG #24/MLB #23/MB #16
Projection: Mid 1st round to Late 1st round

Comments: フットボールのWRとしても評価の高いアスリート。粗削りだが、身体能力は非常に高い。OFから97 mphを記録した強肩が最大のツール。プラスのスピードがあり、CFも務まるが、RFに向いたツールパッケージだとは言われる。打席でも荒削りで、磨く必要があるが、優れたバットスピードで平均以上のパワーを示す可能性がある。ドラフト直前で評価を上げているレイトライザー。


Derek Hill, OF, Elk Grove HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 170
Commitment: Oregon
Ranking: BA #22/PG #26/MLB #20/MB #29
Projection: Late 1st round to Supplemental 1st round

Comments: 60ヤード6.44 sと、プラスプラスのスピードがあり、CFディフェンスは今クラスのCFのo.1。強肩で、将来的にはゴールドグラブを獲るだけの守備力がある。現在はギャップヒッターだが、バットスピードも高く、パワーもある程度付いてくるだろう。


Mike Papi, OF/1B, Virginia (Jr.)

B/T: L-R
Height: 6-3
Weight: 210
Last Drafted: 30th round (11') by LAA
Ranking: BA #43/PG #49/MLB #45/MB #81
Projection: Late 1st round to 2nd round

Comments: 優れた体格と運動能力を持つが、ゲームパワーはあまり発揮できていない。高いコンタクト能力を持ち、特に選球眼も良さはトップクラス。CFになれるほどのスピードは無く、C-OFになるならもう少しパワーを見せる必要がある。非常に強肩でRFにも対応できる。13年は控えからスタートしたが、レギュラーを奪い、特に終盤戦はDerek FisherがDHで、PapiがLFという起用が多かった。14年はタレント豊富なUVAのOF陣の存在もあり、1Bでプレーする機会が多い。


Michael Gettys, OF/RHP, Gainesville HS, GA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 205
Commitment: Georgia
Ranking: BA #40/PG #29/MLB #37/MB #50
Projection: Late 1st round to 2nd round

Comments: ここ数年HSのTop OFを輩出しているGeorgia州からの最新プロダクト。非常に運動能力が高く、投手としても期待されている。OFとしての評価が少し高いか。60ヤードが6.43 sというプラスのスピードに加えて、OFから100 mphを記録したとされる強肩の持ち主。マウンド上からでも95 mphを投げられる。Georgia州で、13年のTop ProspectだったClint Frazier (CLE)から2回の対戦で2つの三振を奪った。飛びぬけたスピードと肩に、圧倒的なスウィングスピードを生かして、パワーポテンシャルも高いが、コンタクト能力に難を見せていることで、この春のTop 10評価から、ドラ1ボーダーラインまで評価を落としている。ハイリスクハイリターンだが、ポテンシャルは非常に魅力的。


Braxton Davidson, OF/1B, T. C. Roberson HS, NC (HS)

B/T: L-L
Height: 6-3
Weight: 215
Commitment: North Carolina
Ranking: BA #35/PG #30/MLB #36/MB #17
Projection: Late 1st round to 2nd round

Comments: このクラスのHSヒッターの中でもトップクラスのバットスピードを持ち、高いコンタクト能力と、将来的なパワーポテンシャルが期待される。他の選手とボー ルの音が違うほどのハードヒットが魅力で、中軸タイプのパワーヒッターになり得る。選球眼も良い。強肩の持ち主で両翼でもプレーできるが、スピードがあまりないため、将来的にはLFか1Bがナチュラルポジションとなると見られる。同クラスの選手の中では比較的若い選手。守備面や運動能力が低いため評価は若干落ちているが、強打者の欲しいBOSには魅力的な選手。


Marcus Wilson, OF, Junipero Serra HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-3
Weight: 175
Commitment: Arizona State
Ranking: BA #44/PG #40/MLB #35/MB #43
Projection: Late 1st round to 2nd round

Comments: 非常に恵まれた身体能力の持ち主。60ヤード6.50 sのスピードに、OFから92 mphの強肩を備える。打席では磨かれていないが、比較的長身で、パワーが付く可能性もある。


Matthew Railey, OF, North Florida Christian, FL (HS)

B/T: L-L
Height: 5-11
Weight: 195
Commitment: Florida State
Ranking: BA #59/PG #65/MLB #64/MB #48
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: 評価を上げているHS-OF。イージーなスウィングと強いリストで、多くのラインドライブを放つ。スピードは平均を少し上回る程度だが、守備のセンスには優れており、CFでプレーする。ただ将来的には両翼に回る可能性も。やや年齢が高めな選手で、既に19歳になる。カレッジに進学すれば、ソフモアでドラフト資格を得ることになる。


Gareth Morgan, OF, North Toronto Collegiate, ON (HS)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 210
Commitment: North Carolina State
Ranking: BA #65/PG #91/MLB #84/MB #99
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: このクラスでカナダ最高のProspect。非常に粗削りだが、大柄で凄まじいパワーポテンシャルを持つ。ただプレーしている地区が地区だけに、レベルの高い投手相手だと、やや脆さを見せることも。


Dylan Davis, OF/RHP, Oregon State (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-0
Weight: 215
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: BA #93/PG #78/MLB #74/MB #46
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 11年も有名な選手だったが、Oregon State大への進学希望が強く、敬遠されてスリップした。Oregon State大で強力な両翼コンビを組むMichael ConfortoとはHS時代もチームメイト。HS時代は投手としての方が有望視されていたが、現在は野手としての方がやや磨かれているという評価。やや大物狙いに陥ることもあるが、ソリッドなコンタクト能力と平均以上のパワーを備える。スピードは平凡だが、RFを守れるレベル。非常に強肩で、マウンドでもOFからでも強いボールを投げる。リリーフとしては97 mphまで投げられる。


Jeren Kendall, OF, Holmen HS, WI (HS)

B/T: L-R
Height: 5-11
Weight: 180
Commitment: Vanderbilt
Ranking: BA #88/PG #92/MLB #90/MB #101
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 珍しい北部Wisconsin州出身のHS-OF。プラスプラスとも言われるスピードで、ベース上でもCF守備でも力を発揮する。打撃では、ソリッドなコンタクト能力があるものの、やや下半身を使えておらず、長打力は限定的。Vandyへのコミットがあり、契約は難しそう。


Casey Soltis, OF, Granada HS, CA (HS)

B/T: L-L
Height: 6-1
Weight: 190
Commitment: Oregon
Ranking: BA #100/PG #136/MLB #113/MB #313
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: コンパクトなスウィングで強い打球を放つ。コンタクト能力が高い。スピードもあるが、RFでプレーしている。肩は強い。予想通りパワーが伸びるかどうかで、将来が決まりそう。


Jason Monda, OF/1B/LHP, Washington State (Sr.)

B/T: L-L
Height: 6-4
Weight: 200
Last Drafted: 6th round (13') by PHI
Ranking:
Projection: 3rd round to 10th round

Comments: 父親もWashington State大でプレーした。優れた体格の持ち主だが、試合ではあまりパワーを発揮していない。Washington State大では、リリーフも務めることもある。投手を務めるだけあって、非常に強肩。元々1Bだったが、カレッジではCFを務めることも。体格の割にはスピードがある。


Austin Cousino, OF, Kentucky (Jr.)

B/T: L-L
Height: 5-10
Weight: 185
Last Drafted: Never Drafted
Ranking: BA #178/PG #178/MLB #182/MB #220
Projection: 3rd round to 10th round

Comments: サイズは小さめだが、ツールのあるOF。優れたバットスピードを持ち、パワーもある程度発揮できるようになる可能性がある。コンタクトはまだ発揮できていない。純粋なスピードは平均的だが、CF守備も向上しているよう。


Dominic Jose, OF, Stanford (Jr.)

B/T: S-R
Height: 6-3
Weight: 180
Last Drafted: 15th round (11') by LAA
Ranking: BA #461/PG #391/MB #261
Projection: 3rd round to 10th round

Comments: 元メジャーリーガーのFelix Joseの息子。体格が良く、強肩とパワーが売り。血筋は良いが、Stanford大でもレギュラーを奪えておらず、下位指名が濃厚。


Kel Johnson, OF/1B, Home School, GA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 210
Commitment: Georgia Tech
Ranking: BA #268/PG #255/MLB #142/MB #111
Projection: 3rd round to 10th round

Comments: 非常に優れた体格から、素晴らしいパワーを持つ。60ヤードは7.21 sと平凡で、さほど肩も強くなく、将来的にはLFか1Bだろう。一時期はドラ1級の評価を受けていたが、コンタクトが伸びておらず、評価下落気味。


Stone Garrett, OF, George Ranch HS, TX (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 195
Commitment: Rice
Ranking: BA #252/PG #247/MB #94
Projection: 3rd round to 10th round

Comments: 筋肉質の身体で、非常に優れたパワーポテンシャルを持つ。60ヤード6.47 sと非常にスピードもある。CFとして十分なレンジ。OFから92 mphの強肩。


Justin Smith, OF/3B, Bartram Trail HS, FL (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 205
Commitment: Miami
Ranking: BA #364/PG #171/MLB #185/MB #108
Projection: 3rd round to 10th round

Comments: パワー・スピード・強肩といった身体系ツールに優れるアスレティックな5ツール選手。アメフト選手としても有望株。特にOFから92 mphを記録した強肩は素晴らしい。スピードも60ヤード6.69 sとプラス。素晴らしいバットスピードと伸びしろの多い身体から、パワーポテンシャルの可能性も高い。

0 件のコメント: