今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年3月6日水曜日

14' Draft Watch - Draft Board 8 (M-IF)

2B/SSのドラフト候補です。Trea Turnerは一時期評価を落としていたけど、戻してきている。Nick Gordonと2人はSSに留まる可能性も高く、非常に攻守に優れたSSです。その下のグループでは、Jacob GatewoodやTi'Quan ForbesなんてパワーのあるSSで上限が非常に高くて面白いんだけど、BOSが育成に失敗しそうなタイプに見えるのが難点。


[14' Draft Board (M-IF)]

Trea Turner, SS, North Carolina State (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-1
Weight: 170
Last Drafted: 20th round (11') by PIT
Ranking: BA #9/PG #9/MLB #14/MB #10
Projection: Early 1st round to Mid 1st round

Comments: SSが不作と言われる、13年ドラフト組を凌ぎ、現在カレッジでNo.1 SSと言われている。高いコンタクト能力を持ち、また12年に全米でトップの57 SBを決めたスピードは20-80の80と言われる。パワーが最大のツールではないが、13年は向上を見せ、2ケタHRは打てる可能性が高い。また選球眼も良い。フレッシュマン時は3Bでプレーしていたが、13年からはSSに移っている。14年は期待されたほどの爆発力は見せていないが、しっかり打っているし、引き続きパワーも見せている。1番打者に入っている際に、最も輝きを見せる。TOR-#9での指名予想が多い。


Nick Gordon, SS/RHP, Olympia HS, FL (HS)

B/T: L-R
Height: 6-2
Weight: 170
Commitment: Florida State
Ranking: BA #6/PG #4/MLB #5/MB #6
Projection: Likely Top 5, at Least #6

Comments: 名投手Tom Gordonの息子で、LADのSS Dee Gordonの弟。非常に運動能力に優れ、守備に高い才能を持つ。クィックなファーストステップと、60ヤード6.69 sのスピードで広いレンジを持ち、投手として94 mphを投げる強肩。ゴールドグラブにもなれるツールの持ち主。打撃はコンパクトなスウィングで、この春はパワー面でも成長を見せ、今ドラフトクラス全体でもTop 5前後の評価を受けるようになったが、プロのボールに負けずにしっかりコンタクトするには、もう少し身体を強くする必要があるだろう。


Jacob Gatewood, SS/3B, Clovis HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-5
Weight: 180
Commitment: Southern California
Ranking: BA #21/PG #21/MLB #22/MB #34
Projection: Mid 1st round to Supplemental 1st round

Comments: SSとしてはズバ抜けた長身で、非常に高いパワーポテンシャルがある。身長の割には高い運動能力を持ち、5ツールタイプだが、60ヤードは7.11 sと平均的で、将来的には3BやOFなどへのコンバートが予想される。肩はどのポジションでも務まるほど強い。春先まではTop 10有力候補と言われていたが、コンタクトツールにやや不安を覗かせ、少し評価を落としている。


Forrest Wall, 2B, Orangewood Christian HS, FL (HS)

B/T: L-R
Height: 6-0
Weight: 170
Commitment: North Carolina
Ranking: BA #34/PG #55/MLB #42/MB #32
Projection: Late 1st round to 2nd round

Comments: 優れたアスリート。チャリティーのHRダービーでJose Bautista (TOR)を破ったように、パワーもあるが、基本的にはラインドライブヒッター。コンタクトの上手さは今クラスのHS選手の中でもトップレベルのピュアヒッター。スピードも非常にあるが、11年に負った肩のケガから完全に回復できておらず、またこの春も再び肩を痛めており、2Bのみでのプレーを強いられている。


Ti'Quan Forbes, SS/3B, Columbia HS, MS (HS)

B/T: R-R
Height: 6-4
Weight: 175
Commitment: Mississippi
Ranking: BA #46/PG #60/MLB #50/MB #37
Projection: Late 1st round to 2nd round

Comments: 3スポーツスターのプレミアムアスリート。まだまだ磨かれていないが、トップクラスのスピードを持つ。非常に体格が大きく、スピード面よりもそちらの方の要因で将来的には3Bになるかも。またCFを務めるだけのスピードがあるとも。バットの方は、バットスピードは十分だが、磨かれておらず、ハイリスクハイリターンの極致のような選手。


Milton Ramos, SS, American Heritage HS, FL (HS)

B/T: R-R
Height: 6-2
Weight: 165
Commitment: Florida Atlantic
Ranking: BA #48/PG #62/MLB #46/MB #89
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: プラスのスピードに加え、レンジ・反応、グラブ捌きのいずれもハイレベル。今クラスでもNo.1のディフェンダーとも言われるSS。ベースボールIQも高く、文句無しの守備者になれる。一方打撃面では見るべきものは少なく、パワーは多少伸びる可能性はあるが、基本的にはほぼゼロ。アグレッシブなヒッターであり、出塁率も残せないだろう。


Brian Anderson, 2B/3B/OF, Arkansas (Jr.)

B/T: R-R
Height: 6-3
Weight: 185
Last Drafted: 20th round (11') by PIT
Ranking: BA #69/PG #181/MLB #121/MB #54
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 多くのポジションをこなす柔軟性がある。飛び抜けてはいないものの、アベレージとパワーを兼備し、2Bとしてはかなりの攻撃性能を持つ。運動能力も高く、2Bをこなせるものの、強肩を含めて、プロでは3Bや両翼になる可能性も高く、そこをどう見るかで若干評価が分かれる。


Josh Morgan, SS, Orange County Lutheran HS, CA (HS)

B/T: R-R
Height: 5-11
Weight: 185
Commitment: UCLA
Ranking: BA #63/PG #96/MLB #85/MB #42
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: HSはGerrit Cole (PIT)の母校。1年生の時は捕手で、2年生の時は3Bでプレーし、今季は本職のSSに戻った。構える際に身体の動きを少なくしてコンタクトが伸びた。M-IFとしては平均以上のパワーがある。スピードはトップクラスではないものの、守備の動きは良い。肩は彼の最大のツール。上手く磨けばSSに留まれる選手。


Trace Loehr, SS/2B, Putnam HS, OR (HS)

B/T: L-R
Height: 5-10
Weight: 175
Commitment: Oregon State
Ranking: BA #81/PG #84/MLB #92/MB #122
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 非常にエネルギッシュでプレーに全力で取り組む選手。パワーはさほどないが、広角にラインドライブを放つ。エクセレントなスピードがあり、盗塁も多く決めるだろう。守備センス・グラブ捌き、レンジ共にSSとして問題ないが、肩が平均レベルであるため、2B向きと見るスカウトも。


Cole Tucker, SS, Mountain Pointe HS, AZ (HS)

B/T: S-R
Height: 6-3
Weight: 175
Commitment: Arizona
Ranking: BA #84/PG #79/MLB #67/MB #78
Projection: 2nd round to 5th round

Comments: 昨夏の18UのTeam USAで活躍。高い運動能力を持つ両打ちのSS。左打席の方が評価が高い。現在はノーパワーだが、比較的体格は良く、筋肉が付けば伸びる可能性も。スピードが最大のツールで、それを生かしたレンジは広く、グラブ捌き、肩共にSSに留まれるツールはある。


Greg Deichmann, SS/2B/3B, Brother Martin HS, LA (HS)

B/T: L-R
Height: 6-2
Weight: 185
Commitment: Louisiana State
Ranking: BA #404/PG #266/MLB #137/MB #66
Projection: 3rd round to 10th round

Comments: 優れた運動能力を持ち、体格は成長の余地がある。コンパクトなテイクバックからの素晴らしいバットスピードで、高いパワーを発揮する。パワーに関しては今クラスのHS-IFでは、Jacob Gatewoodに次ぐレベルとも。フットワーク、グラブ捌きともにソリッドだが、どちらかというとオフェンスに持ち味のある選手で、60ヤードは6.72 sとスピード的にはズバ抜けてはいないことから、将来的には2Bや3Bへの転向が予想される。Chase Utley (PHI)を更にフィジカルにしたようなタイプと言われる。ツールを持った選手だが、この春はややスウィング軌道が固く、以前のようなバットスピードを見せられていないことから、評価は落ちている。


Liam Sabino, SS, Blair Academy, PA (HS)

B/T: R-R
Height: 6-1
Weight: 185
Commitment: Vanderbilt
Ranking: PG #318/MB #276
Projection: 3rd round to 10th round

Comments: 北東部Pennsylvania州出身。このクラスのSSの中でもトップレベルの守備能力を持つ。柔らかいグラブ捌きで、難しいボールも難なく処理できる。90 mphを投げる強肩。高いバットスピードを持ち、ある程度パワーの伸びる余地はあるが、基本的には1番打者タイプ。アプローチは比較的洗練されている。こちらも春までは上位指名候補だったが、評価を落としている。

2 件のコメント:

WJR5 さんのコメント...

BOSかどうかは置いといて、トレイ・ターナーが好きです!
もしSSに残れなくても十分CFでいけそうだし、今もすごく打っているようでかなり興味をそそられます。

ララ さんのコメント...

WJR5さん

Trea Turnerは既に13年組を凌ぐ、カレッジNo.1 SSという声が強いですね。NC State大も、Carlos RodonにTurner、Brett Austinとタレント揃ってますね。