今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2013年3月6日水曜日

14' Draft Watch - Draft Board 4 (HS-LHP)

今季からはLHPもCollege/HSで分けようかと思います。Brady Aikenは今や全体#1指名の最有力候補に。その次の層はFoster Griffin、Kodi Medeirosあたりだけど、少し開きがあるか。BOSは去年Trey Ballを獲ったし、最近左腕の獲得が多いけど、何となくパッとしない選手が多い。


[14' Draft Board (HS-LHP)]

Brady Aiken, LHP, Cathedral Catholic HS, CA (HS)


B/T: L-L
Height: 6-4
Weight: 205
Commitment: UCLA
Ranking:
Projection: Consensus Top 3, Likely Top 2

Comments: 13年のトップクラスのHS-LHPだったStephen Gonsalvesの後輩で同じく長身の左腕。18UのTeam USAでもプレー。元々体格の良さと高い完成度で評価の高い選手だったが、この春球威が一気に伸び、一気に全体#1指名の有力候補に。最速97 mph、常時93~95 mphと左腕にしては素晴らしい球威になっているし、カーブの変化、チェンジアップの球速差も理想的と言われる。コマンドが素晴らしく、上限の高さだけでなく、現状の完成度とフロアーの高さもズバ抜けている。


Foster Griffin, LHP, The First Academy, FL (HS)

B/T: R-L
Height: 6-5
Weight: 210
Commitment: Mississippi
Ranking: BA #27/PG #31/MLB #28/MB #64
Projection: Late 1st round to 2nd round

Comments: 長身と三球種を操る完成度が魅力の左腕。速球は90 mph前半で、ムーブも良い。現状ではチェンジアップがスライダーよりも良いボール。積極的にストライクを投げる選手だ。


Kodi Medeiros, LHP, Waiakea HS, HI (HS)

B/T: L-L
Height: 6-0
Weight: 185
Commitment: Pepperdine
Ranking: BA #32/PG #32/MLB #29/MB #21
Projection: Late 1st round to 2nd round

Comments: 最速95 mphと球威のある左腕で、カーブも素晴らしく、体格的にも比較的完成しているが、身長が低めで、体格的な伸びしろは小さい。メカニクスもやや硬く、アームスロットも低いため、リリーフ向きとも。同クラスの選手に比べて年齢も高い。


Justus Sheffield, LHP, Tullahoma HS, TN (HS)

Comments: BOS関連選手編を参照。


Cody Reed, LHP, Ardmore HS, AL (HS)

B/T: R-L
Height: 6-3
Weight: 220
Commitment: Vanderbilt
Ranking: BA #52/PG #81/MLB #61/MB #57
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: 速球は今年92~95 mphにジャンプアップ。指の掛かりが安定していないが、良いときはシャープなスライダーを投げる。悪いときはスラーブ気味。チェンジアップも積極的に使う。現在は260 lbs近くまで重たくなっているという噂もあり、太りやすいタイプなのかも。


Carson Sands, LHP, North Florida Christian HS, FL (HS)

B/T: L-L
Height: 6-3
Weight: 200
Commitment: Florida State
Ranking: BA #53/PG #99/MLB #53/MB #93
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: OFのTop ProspectであるMatthew RaileyとHSのチームメイト。リピータブルなフォームから、最近は94 mphを頻繁に記録。12-to-6のカーブも良い。チェンジアップもフィーリングは悪くないそう。


Alex Verdugo, LHP/OF, Sahuaro HS, AZ (HS)


B/T: L-L
Height: 6-0
Weight: 195
Commitment: Arizona State
Ranking: BA #55/PG #59/MLB #60/MB #53
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: 投手としてもOFとしても評価の高い2way選手。打者としては高いコンタクト能力が魅力で、HSの打者の中でもベストピュアヒッターとも。投げてはスムーズなフォームから最速94 mphの速球を投げる。一時期は野手としても見られていたが、ドラフト直前の情報では、多くのチームが投手として指名したいと思っているよう。


Mac Marshall, LHP, Parkview HS, GA (HS)

B/T: R-L
Height: 6-2
Weight: 185
Commitment: Louisiana State
Ranking: BA #57/PG #53/MLB #66/MB #33
Projection: Supplemental 1st round to 3rd round

Comments: HSの名門Parkview HSに所属。13年夏にCWSにトレードされたBrandon Jacobsの後輩にあたる。速球は90 mph前半から、最速94 mphに達する。プラスのチェンジアップに、カーブも進歩している。


David Peterson, LHP, Regis Jesuit HS, CO (HS)

B/T: L-L
Height: 6-6
Weight: 230
Commitment: Louisiana State
Ranking: BA #95/PG #223/MLB #115/MB #113
Projection: 3rd round to 10th round

Comments: 非常に長身の左腕。昨年は足の骨折で多くの試合を休んだ。速球の最速は93 mph。チェンジアップの方がブレイキングボールよりも優れたセカンドピッチ。コマンドも向上が必要。

0 件のコメント: