アレックス・コーラの監督就任についてどう思いますか?

今オフはどのポジションを補強すべき?(複数回答可)

2015年9月9日水曜日

15' Minor League Stats - Greenville Drive (Low-A)

Low-A Greenvilleのスタッツです。シーズン最終戦までPO争いをしていたけど、W72-L68で残念ながら、POを逃しました。野手は特にIFが非常に厚く、前半戦はポジションが被って試合に出られない選手が出るほど。ただ多くの選手が好不調の波があり、また投手陣が今一つだったこともあって、勝ち星が伸びませんでした。


[Pitchers]

Anderson Espinoza, RHSP (14'-Int. FA)

15' Stats (DSL2) : W0-L0/1.20 ERA/4 G/4 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/15.0 IP/13 H/6 R/2 ER/0 HR/2 HB/3 BB/21 K/1.07 WHIP/2.83 GO/AO
15' Stats (GCL) : W0-L1/0.68 ERA/10 G/10 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/40.0 IP/24 H/5 R/3 ER/0 HR/4 HB/9 BB/40 K/0.83 WHIP/4.13 GO/AO
15' Stats (Low-A) : W0-L1/8.10 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/3.1 IP/4 H/3 R/3 ER/0 HR/0 HB/2 BB/4 K/1.80 WHIP/2.50 GO/AO

評価:S。この選手との契約に成功したことは、もしかすると退任が決まっているBen Cherington GMの仕事の中で最大の功績になるかもしれない。昨年度の海外FA市場でNo.1投手という肩書きを引っさげて、DSLで開幕投手を務めた後、GCLの開幕に合わせてUSへ移動。一人別次元の投球を見せた。17歳にして90 mph後半をコンスタントに計時する圧倒的な球威は、POでは100 mphに到達。カーブ・チェンジアップも既に十分使いこなせている。スタッツを見ても分かるように、ほとんど三振か内野ゴロかポップフライという感じで、GCLではまともにコンタクトされなかった。GCLシーズン終了後に驚きのLow-A昇格。1試合に投げ、不運な安打は多かったものの、十分に力は見せた。既にPedro Martinez 2世との声も出ているが、それにも全く違和感を感じない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Michael Kopech, RHSP (14'-1st)

15' Stats (Low-A) : W4-L5/2.63 ERA/16 G/15 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/65.0 IP/53 H/25 R/19 ER/2 HR/8 HB/27 BB/70 K/1.23 WHIP/1.24 GO/AO

評価:F。成績はともかく、薬物使用でシーズン途中で50試合の出場停止を受け、失望させてくれた。故意なのか、過失なのかはわからないが、最近少しメイクアップに欠ける高卒選手を多く指名しているのは気になる。速球は98~99 mphを記録。やや安定感には欠けたが、同クラスの中でも比較的若い選手ながら、スタッツはいずれもしっかりしている。来季は精神面でも成長してTop Prospectへと成長して欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jalen Beeks, LHSP (14'-12th)

15' Stats (Low-A) : W9-L7/4.32 ERA/26 G/26 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/145.2 IP/156 H/82 R/70 ER/17 HR/4 HB/28 BB/100 K/1.26 WHIP/0.98 GO/AO

評価:B。昨年カレッジでややケガに悩まされたが、今季はフルシーズンローテを守り、チームトップの145.2 IPを投げ抜いた。ドラ12ながら、BAから14年ドラフトの#125と高く評価されていたし、ビッグプログラム出身の選手にしては、奪三振率・被打率がイマイチで支配力に欠けるが、制球は非常に良い。速球は94 mph程度まで出ていたそうだし、将来的には少なくともリリーフなら期待できそう。

-------------------------------------------------------------------------------------

Dedgar Jimenez, LHSP (12'-Int. FA)

15' Stats (Low-A) : W9-L9/4.43 ERA/23 G/23 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/126.0 IP/160 H/77 R/62 ER/6 HR/5 HB/21 BB/66 K/1.44 WHIP/1.91 GO/AO

評価:C。開幕からしばらくXSTだったが、ButtreyのHigh-A昇格を埋める形で合流。昨年はGCLで投げていたこともあり、一時的なものかと思っていたが、結局そのままSS-Aをスキップして最後までここでローテを務めた。奪三振率は低く、被打率も高いが、Beeks同様に制球の良さでダメージを最小限に抑えている。伸びしろは小さいと言われており、今後上のクラスで通用するかはやや疑問だが、19歳という年齢を考えれば、今季はまずまず頑張ったと言えるだろう。ゴロ率が高いのが長所。

-------------------------------------------------------------------------------------

Reed Reilly, RHSP/RP (14'-7th)

15' Stats (Low-A) : W4-L5/4.01 ERA/21 G/14 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/4 GF/1 SV/101.0 IP/117 H/54 R/45 ER/12 HR/3 HB/15 BB/58 K/1.31 WHIP/1.19 GO/AO

評価:D。先発/Piggy-Backで投げたが、こちらもやはり制球は良いものの、奪三振率が悪く、支配力に欠ける。元々カレッジのリリーフとしてもさほど支配的ではなく、上のクラスで先発は厳しそう。8月以降登板無し。

-------------------------------------------------------------------------------------

Ben Taylor, RHSP/RP (15'-7th)

15' Stats (SS-A) : W0-L0/1.80 ERA/4 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/0 GF/0 SV/10.0 IP/8 H/2 R/2 ER/0 HR/0 HB/2 BB/17 K/1.00 WHIP/2.00 GO/AO
15' Stats (Low-A) : W0-L2/3.40 ERA/10 G/10 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/45.0 IP/43 H/23 R/17 ER/2 HR/2 HB/15 BB/37 K/1.77 WHIP/0.70 GO/AO

評価:B。シニアーサインということであまり期待していなかったが、サイン後SS-AでPiggy-Backとして投げ、素晴らしい奪三振率を残した後、Low-Aに昇格し、先発で徐々にイニングを増やした。三振もまずまず取れている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jamie Callahan, RHRP/SP (12'-2nd)

15' Stats (Low-A) : W7-L6/4.53 ERA/31 G/6 GS/0 CG/0 SHO/5 HLD/10 GF/3 SV/89.1 IP/94 H/52 R/45 ER/4 HR/3 HB/33 BB/94 K/1.42 WHIP/0.97 GO/AO

評価:D。再びLow-Aの先発で開幕したが、同期のButtreyがさっさとHigh-Aに昇格したのと対照的に滅多打ちにあい、リリーフ降格。この時点で完全に見限ったが、その後リリーフの水に慣れたのか、6月以降劇的に改善。リリーフのみなら、67.2 IP/3.06 ERA/59 H/23 BB/75 Kとしっかり投げた。しかも最後の4登板では、15.1 IP/4 H/2 BB/23 Kという圧巻の内容。来季に向けて少し希望が見えてきた。

-------------------------------------------------------------------------------------

Luis Ramos, LHSP (12'-Int. FA) : SS-Aでもイマイチだったのに、Low-Aに連れてきて、先発で投げさせ続けたのは理解に苦しむ。他に誰がいたかと聞かれると難しいが、あと1勝でPOに出れて、A. Espinozaをもう一回Low-Aで見れたかもしれないと思うと、他の選手をRamosの代わりに先発させるべきだったと思う。

Jeffry Fernandez, RHSP/RP (11'-Int. FA) : SP.comでは割と評価されていたが、ようやくのフルシーズンデビューで苦戦。今季の傘下の多くの選手に共通しているが、とにかく三振が取れなかった。最終盤にリリーフに移って数試合投げた後、DLでシーズンを終えた。

Jake Drehoff, LHRP/SP (13'-12th) : Piggy-Backメインで投げ、まずまずのスタッツ。奪三振率もチームの中ではそれなり。やはり対左が得意そうなので、来季くらいからは真剣にリリーフに移すべきかと。

Kuehl McEachern, RHRP (14'-34th) : やはり三振は取れないが、丁寧な投球でチームトップの27 GF/9 SV。

Mario Alcantara, RHRP (09'-Int. FA) : 元々は海外FA契約で比較的期待度が高かったが、ショートシーズンで結果を残せず、今季は完全にリリーフに。4月は良いスタートを切り、やや中だるみ感はあるが、チームの中では奪三振率も高く、割と頑張っていた方だが、結局Low-Aで一年を過ごした。

Carlos Pinales, RHRP (10'-Int. FA) : 制球が非常に良いが、それ以外がやはり平凡。

Ryan Harris, RHRP (14'-26th) : やや遅れてチームに合流。ビッグプログラム出身にしては、もう少し支配力が欲しかったが、それなりに良く投げている。

Edwar Garcia, RHRP (10'-Int. FA) : 今季からリリーフに専念。SS-Aではまずまずの奪三振率を残したが、制球の粗さは変わらず。元々は割と期待していた選手ですが。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Ben Moore, C (14'-8th)

15' Stats (Low-A) : 24 G/94 AB/30 H/8 2B/1 3B/0 HR/40 TB/16 R/9 RBI/5 BB/13 SO/3 SB/0 CS/.319 AVG/.356 OBP/.426 SLG/.782 OPS/0 E

評価:C。序盤よく打って、Low-Aのオールスターゲームの出場選手に選ばれたほどだが、オールスターゲームも含め、6月以降ケガで全休。来年のアサインが若干難しくなっている。コンタクトはやはり良さそうだが早打ち。二塁打はある程度打てそうだが、HRパワーは限られそう。捕手経験が浅いが、24試合とは言え、一応0エラーなのは良かった。

-------------------------------------------------------------------------------------

Nick Longhi, 1B/RF (13'-30th)

15' Stats (Low-A) : 115 G/442 AB/124 H/27 2B/3 3B/7 HR/178 TB/52 R/62 RBI/34 BB/88 SO/2 SB/0 CS/.281 AVG/.338 OBP/.403 SLG/.741 OPS/8 E

評価:B。未来の主砲候補としては、もう一段上を期待しているが、シーズン途中に20歳になったばかりの同クラスでも比較的若い選手ながら、安定した打撃を披露した。好不調の波が少なく、また両打席で打撃成績に差が小さいのも好印象。来季はパワーと選球眼のさらなる向上を期待したい。今季は守備は1BとRFでプレー。

-------------------------------------------------------------------------------------

Yoan Moncada, 2B (15'-Int. FA)

15' Stats (Low-A) : 81 G/306 AB/85 H/19 2B/3 3B/8 HR/134 TB/61 R/38 RBI/42 BB/83 SO/49 SB/3 CS/.278 AVG/.380 OBP/.438 SLG/.817 OPS/23 E

評価:A。一言で言うとさすが。しばらくプレーから離れていたこともあり、XSTでプレーしてから合流後、少しの間調子が上がらなかったが、徐々に本領発揮。打ち始めたかと思えば、盗塁も一気に増やし、最終的には49 SB。パワー面はまずまずも、真価発揮は来季以降か?選球眼もしっかりしているのは素晴らしい。守備はツールはあるものの、2Bに固定されながら23エラーとまだ修練が必要。

-------------------------------------------------------------------------------------

Rafael Devers, 3B (13'-Int. FA)

15' Stats (Low-A) : 115 G/469 AB/135 H/38 2B/1 3B/11 HR/208 TB/71 R/70 RBI/24 BB/84 SO/3 SB/2 CS/.288 AVG/.329 OBP/.443 SLG/.773 OPS/10 E

評価:S。18歳にして、Low-Aを十分を打ちこなし、高い期待を全く裏切らなかった。若干好不調の波があり、特に8月は初めてのフルシーズンで疲れも出ているのかと思ったが、最後は再び点火してシーズンを終えた。HRも7月に量産体制に入ったように思えたが、8月の不調で伸び切らなかったのがわずかに残念な点。四球は少ないが、このクラスだとあまりにもどのボールでも打ててしまうだけだと思っているし、実際三振は少なく、心配することはなさそう。逆方向にも強く打てている。Low-AのオールスターゲームとFutures Gameに出場。

-------------------------------------------------------------------------------------

Michael Chavis, 3B/SS (14'-1st)

15' Stats (Low-A) : 109 G/435 AB/97 H/29 2B/1 3B/16 HR/176 TB/56 R/58 RBI/29 BB/144 SO/8 SB/5 CS/.223 AVG/.277 OBP/.405 SLG/.682 OPS/20 E

評価:D。16 HRで傘下のHR王に輝いたように、高卒2年目でパワーの可能性を存分に示したが、残念ながらコンタクト面で期待を裏切った。もう少しナチュラルヒッタータイプと思っていたが、これまでのところかなり粗いパワーヒッターとなっている。本人も序盤かなり適応に悩んでいたようで、7月以降で10 HRとある程度進歩も見られたが、それでも後半戦でもAVG .250前後。かなりフリースウィンガー気味なのも若干印象が悪い。来年は少なくともコンタクトか選球眼のどちらかで進歩が欲しい。守備は1試合だけSSを守ったが、基本的に3B/DHをDeversと分け合った。

-------------------------------------------------------------------------------------

Javier Guerra, SS/2B (12'-Int. FA)

15' Stats (Low-A) : 116 G/434 AB/121 H/23 2B/3 3B/15 HR/195 TB/64 R/68 RBI/30 BB/112 SO/7 SB/9 CS/.279 AVG/.329 OBP/.449 SLG/.778 OPS/27 E

評価:A。SSながら、前半戦傘下のHR王レースでトップを走るなど、パワー面で強い印象を残した。若干8月で息切れした印象だが、フルシーズン1年目で傘下2位の15 HRは賞賛に値する。プラスからプラスプラスとも言われるまでに成長してきた守備の素晴らしさもあって、マイナー全体のTop 100の有力候補になっている。来年は身体をさらに強くし、一年間素晴らしいプレーを見せて欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Bryan Hudson, LF/CF/RF (13'-15th)

15' Stats (SS-A) : 6 G/26 AB/10 H/0 2B/1 3B/0 HR/12 TB/9 R/5 RBI/2 BB/6 SO/3 SB/0 CS/.385 AVG/.429 OBP/.462 SLG/.890 OPS/0 E
15' Stats (Low-A) : 49 G/168 AB/49 H/7 2B/0 3B/0 HR/56 TB/29 R/11 RBI/29 BB/39 SO/18 SB/5 CS/.292 AVG/.399 OBP/.333 SLG/.764 OPS/4 E

評価:B。同期のMongeと異なり、XSTからSS-Aでシーズン開幕を迎えたが、数試合で昇格を勝ち取った。パワーが全くないが、コンタクト能力に加えて、選球眼・スピードを示した。肩が弱いのか、LFとCFを中心に守っているが、LFとしてはパワーがないのが問題だが、とにもかくにも打っているのは良いこと。

-------------------------------------------------------------------------------------

Andrew Benintendi, CF (15'-1st)

15' Stats (SS-A) : 35 G/124 AB/36 H/2 2B/4 3B/7 HR/67 TB/19 R/15 RBI/25 BB/15 SO/7 SB/1 CS/.290 AVG/.408 OBP/.540 SLG/.948 OPS/0 E
15' Stats (Low-A) : 19 G/74 AB/26 H/5 2B/0 3B/4 HR/43 TB/17 R/16 RBI/10 BB/9 SO/3 SB/2 CS/.351 AVG/.430 OBP/.581 SLG/1.011 OPS/1 E

評価:A。ドラフト直前に株を上げたレイトライザーということで、数年前のKolbrin Vitekのような印象を持ち、特にパワー面で不安を覚えたピックだったが、結果的に今のところは全体#7でもスティールだと思えるような素晴らしいパフォーマンスを見せている。プロの木のバットになっても、パワーを存分に発揮し、198打席で11 HRと1年目としては申し分ない適応を見せた。コンタクトもプロデビュー直後はややもたついたものの、それ以降はSS-A/Low-Aを打ち込んでいる。来季はHigh-A開幕だとは思うが、AA開幕でも十分にやれそう。四球数が三振を上回っている。正に文句なし。

-------------------------------------------------------------------------------------

Joseph Monge, CF/RF (13'-17th)

15' Stats (Low-A) : 109 G/373 AB/90 H/23 2B/3 3B/2 HR/125 TB/46 R/37 RBI/21 BB/89 SO/22 SB/4 CS/.241 AVG/.287 OBP/.335 SLG/.622 OPS/8 E

評価:C。前半戦は明らかにオーバーマッチで、厳しいかな、と思っていたが、後半戦は向上。オールスター後はAVG .270を超えた。早打ちで、パワーも今のところ発揮できていないが、二塁打はそれなりに打っている。来年に期待かな。守備はMarsの故障などもあり、前半戦はチームに純粋なCFがいなかったため、CF中心でプレー。Benintendi昇格後はRFがメイン。

-------------------------------------------------------------------------------------

Danny Mars, RF/CF/LF (14'-6th)

15' Stats (GCL) : 9 G/32 AB/4 H/1 2B/0 3B/0 HR/5 TB/4 R/3 RBI/3 BB/6 SO/2 SB/0 CS/.125 AVG/.216 OBP/.156 SLG/.372 OPS/1 E
15' Stats (Low-A) : 41 G/166 AB/47 H/6 2B/1 3B/0 HR/55 TB/23 R/16 RBI/13 BB/23 SO/13 SB/3 CS/.283 AVG/.335 OBP/.331 SLG/.667 OPS/1 E

評価:C。ケガでシーズンの半分以上を棒に振ってしまったが、復帰後はコンタクトとスピードを見せた。パワーは無く、4th OFタイプだけど、選球眼はもう少し伸ばして欲しいところ。

-------------------------------------------------------------------------------------

J.T. Watkins, C/1B (12'-10th) : 12年にプロ入りした後、13、14年は兵役のため出場無し。今季復帰して控え捕手としてプレーした。

David Sopilka, C (10'-Int. FA) : マイナーの控え捕手。キャリアの中ではこれでもそこそこ打てている年に当たる。

Alex McKeon, C (14'-31st) : SS-A/Low-Aで11試合のみでプレー。昨年捕手をたくさん獲った割には使いどころがあまり無いのか?

Cisco Tellez, 1B (14'-24th) : 1Bのロスターフィラーだが、Longhiというしっかりした1BのProspectがいたため、出番は少なめ。安打の半分ほどが長打になっているが、アベレージ自体は低い。

Jerry Downs, 1B (15'-15th) : OFとしての契約だったが、薄い1Bへコンバートされ、結局1Bのみでプレー。GCLで、頼りないD. Penaに代わり、中盤戦以降1Bとしてチームの中軸を打った。最終戦のみLow-Aでプレー。

Hector Lorenzana, 2B/SS (14'-37th) : SS-Aの開幕戦2Bを務めたが、その後はSS-A~High-Aで控え2B/SSとしてプレー。

Carlos Mesa, LF/RF/1B (15'-MiLFA) : Moncadaのメンターということで契約し、共にLow-Aで1年を過ごした。年齢が高いだけあり、序盤はよく打っていたが尻すぼみ。Moncadaがプロの水に慣れた後は、あまり使われなくなった。

0 件のコメント: