今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2015年9月10日木曜日

15' Minor League Stats - Pawtucket Red Sox (AAA)

AAA Pawtucketのスタッツです。シーズン前は全てのマイナーチームで最もタレント豊富との評価を受けながら、なんとW59-L85で地区最下位という体たらく。Barnes、E. Rodriguez、B. Johnson等投手陣が上と行ったり来たりなのも大きかったですが、それ以上にCoyle、Cecchini、D. Marrero、BrentzとAAAでアピールしないといけない若手がケガやら不振やら。J. Bradley, Jr.一人が気を吐いている状態が続いた。


[Pitchers]

Brian Johnson, LHSP (12'-1st)

15' Stats (AAA) : W9-L6/2.53 ERA/18 G/18 GS/1 CG/1 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/96.0 IP/74 H/34 R/27 ER/6 HR/4 HB/32 BB/90 K/1.10 WHIP/1.21 GO/AO
15' Stats (MLB) : W0-L1/8.31 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/4.1 IP/3 H/4 R/4 ER/0 HR/0 HB/4 BB/3 K/1.62 WHIP/0.80 GO/AO

評価:B。マイナーではほぼ無双状態で文句なし。被打率、ゴロ率が優秀で、最近は三振も十分に取れている。満を持してMLBにコールアップされたが、オールスター前後で若干登板間隔が空いてしまったことも影響してか、本来の制球・コマンドを見せられなかった。マイナーに送り返された後、肘の痛みでシャットダウン。この時期での離脱は本人にとっても痛いですね。もしかしたらTJになるかも。AAAのオールスターゲーム出場者に選ばれたが投げられず。

-------------------------------------------------------------------------------------

William Cuevas, RHSP (08'-Int. FA)

15' Stats (AA) : W8-L5/3.40 ERA/19 G/19 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/95.1 IP/84 H/43 R/36 ER/4 HR/3 HB/41 BB/91 K/1.31 WHIP/0.66 GO/AO
15' Stats (AAA) : W3-L2/2.63 ERA/7 G/7 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/41.0 IP/29 H/12 R/12 ER/3 HR/1 HB/14 BB/37 K/1.05 WHIP/0.25 GO/AO

評価:A。目立った先発ProspectのいないAAでソリッドな投球を見せ、終盤はAAAに昇格。そこでも良い投球を見せた。比較的三振の取れる選手ですが、今季もマイナー上層でしっかり三振を奪えているのは素晴らしい。被打率も今季は非常に良かった。ただオフにMiLFAとなる。今季のご褒美的な意味でも一度上に呼んでみてもいいんじゃないかと思うけど。

-------------------------------------------------------------------------------------

Edwin Escobar, LHRP/SP (14'-Acquired from SF)

15' Stats (Low-A) : W0-L0/0.00 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/1.0 IP/0 H/0 R/0 ER/0 HR/0 HB/0 BB/0 K/0.00 WHIP/0.50 GO/AO
15' Stats (AAA) : W3-L3/5.07 ERA/19 G/6 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/5 GF/0 SV/49.2 IP/52 H/29 R/28 ER/8 HR/2 HB/25 BB/24 K/1.55 WHIP/0.74 GO/AO

評価:E。先発の若手も多くなってことから、手薄なリリーフ左腕として貢献することを期待されていたが、ケガで出遅れ。昨冬のウィンターリーグからリリーフに転向しているが、イマイチリリーフの水に合わないのか、リリーフ時の成績が悪い。終盤先発が手薄になり、先発に戻ったが、そちらでは奪三振こそ少ないもののまずまず。とは言え、先行している左腕先発も多く、リリーフに慣れてもらうしかない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Pat Light, RHRP (12'-1st Supp.)

15' Stats (AA) : W1-L1/2.43 ERA/21 G/0 GS/0 CG/0 SHO/2 HLD/16 GF/3 SV/29.2 IP/18 H/11 R/8 ER/3 HR/0 HB/11 BB/32 K/0.98 WHIP/1.85 GO/AO
15' Stats (AAA) : W2-L4/5.18 ERA/26 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/18 GF/2 SV/33.0 IP/31 H/19 R/19 ER/2 HR/1 HB/26 BB/35 K/1.73 WHIP/1.65 GO/AO

評価:B。元々リリーフ向きとも見られていたが、先発で結果を残せず、今季はリリーフに転向。これが吉と出て、前半戦はAAで圧倒的な投球。99 mphに達する速球とスプリッターで、被打率や奪三振率はもちろん、ゴロ率も非常に優秀だった。久しぶりにクローザーの可能性を感じさせるProspectが現れたと思ったが、AAA昇格後はやや粗さを露呈。最終的には防御率以外、そこまで悪い数字でもないが、安定感を欠く試合も多かった。制球もかなり悪化している。ただ奪三振率やゴロ率は高いし、リリーフ転向一年目ということで、中盤以降疲れもあっただろう。MLB昇格はお預けになりそうですが、来季中には戦力になれる可能性は十分。

-------------------------------------------------------------------------------------

Heath Hembree, RHRP (14'-Acquired from SF)

15' Stats (GCL) : W0-L0/0.00 ERA/1 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/1.0 IP/2 H/0 R/0 ER/0 HR/0 HB/0 BB/0 K/2.00 WHIP/2.00 GO/AO
15' Stats (AAA) : W0-L5/2.27 ERA/29 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/20 GF/8 SV/31.2 IP/23 H/10 R/8 ER/1 HR/2 HB/10 BB/32 K/1.04 WHIP/0.49 GO/AO
15' Stats (MLB) : W2-L0/3.55 ERA/22 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/25.1 IP/25 H/10 R/10 ER/5 HR/0 HB/9 BB/15 K/1.34 WHIP/0.54 GO/AO

評価:B。序盤はイマイチだったが、近年落ちていた球威が、最速99 mphと復活。それに伴い内容も良くなって、MLB昇格したが、その直後にケガ。タイミングが悪かった。復帰直後はやや不安定だったが、最後はまた球速も戻ったよう。来季こそはMLB定着に期待。

-------------------------------------------------------------------------------------

Noe Ramirez, RHRP (11'-4th)

15' Stats (AAA) : W4-L1/2.32 ERA/30 G/1 GS/0 CG/0 SHO/2 HLD/20 GF/3 SV/42.2 IP/33 H/13 R/11 ER/1 HR/1 HB/18 BB/38 K/1.20 WHIP/0.95 GO/AO
15' Stats (MLB) : W0-L1/4.15 ERA/17 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/13.0 IP/13 H/12 R/6 ER/3 HR/2 HB/7 BB/13 K/1.54 WHIP/0.73 GO/AO

評価:B。マイナーではさすがの安定感だが、球威は平凡で上限に欠けるため、あまり評価されていないのかと思っていたが、Aroに続いてコールアップ。最初のコールアップ後はすぐにマイナーに戻ったが、8月末に再びMLBに上がってくると、ミドルリリーフでしっかりした投球を見せている。サイドアームながら、チェンジアップが非常に良く、対左の成績も悪くない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jonathan Aro, RHRP (11'-Int. FA)

15' Stats (AA) : W3-L2/2.82 ERA/8 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/3 GF/0 SV/22.1 IP/15 H/12 R/7 ER/0 HR/1 HB/8 BB/19 K/1.03 WHIP/0.96 GO/AO
15' Stats (AAA) : W0-L1/3.14 ERA/26 G/0 GS/0 CG/0 SHO/5 HLD/7 GF/2 SV/51.2 IP/43 H/18 R/18 ER/2 HR/4 HB/10 BB/53 K/1.03 WHIP/1.13 GO/AO
15' Stats (MLB) : W0-L1/6.97 ERA/6 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 SV/10.1 IP/15 H/8 R/8 ER/2 HR/0 HB/4 BB/8 K/1.84 WHIP/0.29 GO/AO

評価:A。ドミナントなスタッフはないが、積極的にストライクを投げ、K/BBが良いことで、以前からコアなファンには少し注目されていたが、今季はとうとうブレイクし、MLB昇格まで勝ち取った。ただMLBでは打ち込まれている。上限はミドルリリーフが精一杯か。

-------------------------------------------------------------------------------------

Madison Younginer, RHRP (09'-7th)

15' Stats (AA) : W8-L4/3.05 ERA/39 G/0 GS/0 CG/0 SHO/4 HLD/22 GF/2 SV/73.2 IP/62 H/30 R/25 ER/4 HR/5 HB/25 BB/55 K/1.18 WHIP/1.23 GO/AO
15' Stats (AA) : W0-L0/2.45 ERA/2 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/2 GF/0 SV/3.2 IP/4 H/1 R/1 ER/0 HR/1 HB/0 BB/2 K/1.09 WHIP/1.33 GO/AO

評価:B。すっかりリリーフも板に付き、AAでやや奪三振は少ないものの、ゴロを多く打たせてしっかりとした投球を見せた。セプテンバーコールアップで抜けた選手の穴を埋める形で最終盤にAAA昇格。だいぶ向上したが、このオフにMiLFA。時間切れか?

-------------------------------------------------------------------------------------

Keith Couch, RHSP/RP (10'-13th) : マイナーのスウィングマンとして働いているが、AAAでは荷が重いよう。

Zeke Spruill, RHSP/RP (14'-Acquired from ARI) : 序盤はリリーフとして投げたが、先発が多く上に抜けたこともあり、途中から先発へ。先発の方が好投した印象だったが、スタッツを見ると大差ないですね。ゴロ率は高いが、奪三振率が低すぎる。

Shawn Haviland, RHSP/RP (15'-Acquired from COL) : 先発不足で途中加入。Connecticut州出身のローカルボーイ。制球が良いけど他は平凡。

Jess Todd, RHSP/RP (15'-MiLFA) : こちらもリリーフでスタートしたが、途中で手薄になった先発へ移行。割とイニングを稼いでくれた印象だが、やはり三振が取れない。

Dayan Diaz, RHRP (13'-MiLFA) : AAではほぼ完璧なリリーフを見せてAAAへ。ややK/BBが悪化したが、被打率も良く、しっかり投げている。

Robby Scott, LHRP (11'-UDFA) : UDFAから、着実に結果を残してAAAまで昇格してきたが、AAAでは打ち込まれている。AAまでのようには行っていない。

Jorge Marban, RHRP (14'-MiLFA) : ウィンターリーグでインプレッシブな投球を見せ、元BOSのAlex Coraに推薦されて入団。制球は粗く、フライボーラー傾向も強いが、90 mph後半に届くと言われる速球とスプリッターで多くの三振を奪っている。被打率も優秀。オフにはMiLFAだが、できれば引き留めたい。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Sean Coyle, 2B/3B/LF/CF (10'-93rd)

15' Stats (GCL) : 10 G/38 AB/11 H/4 2B/0 3B/1 HR/18 TB/10 R/8 RBI/3 BB/19 SO/0 SB/0 CS/.289 AVG/.357 OBP/.474 SLG/.831 OPS/0 E
15' Stats (SS-A) : 3 G/12 AB/3 H/1 2B/0 3B/0 HR/4 TB/2 R/1 RBI/1 BB/3 SO/1 SB/0 CS/.250 AVG/.308 OBP/.333 SLG/.641 OPS/0 E
15' Stats (AAA) : 39 G/126 AB/20 H/3 2B/0 3B/5 HR/38 TB/21 R/16 RBI/20 BB/44 SO/4 SB/1 CS/.159 AVG/.274 OBP/.302 SLG/.576 OPS/7 E

評価:F。シーズン途中から、MLBでの起用を睨んでか、OFにもトライしていましたが、それ以前の問題。AAAでは三振が多過ぎてコンタクトできない上に、今季もまたケガ。オフのDFAは確実かも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Deven Marrero, SS/2B/3B (12'-1st)

15' Stats (AAA) : 102 G/375 AB/96 H/13 2B/1 3B/6 HR/129 TB/49 R/29 RBI/33 BB/87 SO/12 SB/5 CS/.256 AVG/.316 OBP/.344 SLG/.660 OPS/18 E
15' Stats (MLB) : 25 G/53 AB/12 H/0 2B/0 3B/1 HR/15 TB/8 R/3 RBI/3 BB/19 SO/2 SB/1 CS/.226 AVG/.268 OBP/.283 SLG/.551 OPS

評価:D。今季MLBデビューを飾ったが、マイナーではチームメイト同様にイマイチなシーズン。最後やや好調で、数字を上げたが、途中まではかなり酷かった。MLBでの起用を見据えて、IF各ポジションで起用され始めているが、控えとしてもHoltやRutledge割って入れるようなアピールはできていない。X. BogaertsがSSに留まったことで、自身の立ち位置等に悩んでいるのか、フィールドでもやや集中力を欠いている印象で、これまで非常に少なかったエラーも増えている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Marco Hernandez, SS/2B/3B (14'-Acquired from CHC)

15' Stats (AA) : 68 G/282 AB/92 H/21 2B/4 3B/5 HR/136 TB/30 R/31 RBI/9 BB/49 SO/4 SB/2 CS/.326 AVG/.349 OBP/.482 SLG/.832 OPS/19 E
15' Stats (AAA) : 46 G/181 AB/49 H/9 2B/2 3B/4 HR/74 TB/27 R/22 RBI/8 BB/39 SO/1 SB/0 CS/.271 AVG/.300 OBP/.409 SLG/.709 OPS/8 E

評価:B。前半戦は、AAで唯一まともな野手Prospectと言える活躍。後半戦は昇格したAAAで苦戦も、終盤適応を見せて、AVGも.270台に乗せてシーズンを終えた。フリースウィンガーだが、しっかりとボールを引っ張るようになり、パワー面でも成長。DFAしたFelix Doubrontの見返りに得たとは思えない掘り出し物となった。D. Marreroがもしオフに放出されるなら、来季以降のIF控え候補になるかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Garin Cecchini, LF/1B/3B (10'-4th)

15' Stats (AAA) : 117 G/422 AB/90 H/14 2B/0 3B/7 HR/125 TB/34 R/28 RBI/40 BB/100 SO/9 SB/0 CS/.213 AVG/.286 OBP/.296 SLG/.583 OPS/7 E
15' Stats (MLB) : 2 G/4 AB/0 H/0 2B/0 3B/0 HR/0 TB/0 R/0 RBI/0 BB/3 SO/0 SB/0 CS/.000 AVG/.000 OBP/.000 SLG/.000 OPS

評価:F。失望度で言えばダントツかも。昨年は、パワーを発揮するために、とか色々言い訳していたが、今季は単純に打てていない。持ち前の選球眼も、相手投手が怖がらなくなったためか、さほど四球も多くない。OPS 6割以下では例えSSでも厳しいのに、今季はとうとうLFが主戦場に。1B/3Bとしては完全にShawに置いていかれた感じで、セプテンバーコールアップでも呼ばれず。オフにDFAされる可能性はかなり高い。

-------------------------------------------------------------------------------------

Bryce Brentz, RF/LF (10'-1st Supp.)

15' Stats (AAA) : 59 G/220 AB/51 H/9 2B/0 3B/8 HR/84 TB/28 R/26 RBI/24 BB/74 SO/0 SB/1 CS/.232 AVG/.308 OBP/.382 SLG/.690 OPS/2 E

評価:E。開幕数試合、よく四球を選んで期待させたが、結局は例年通り。パワーは見せるも、三振が多く、コンタクト・出塁ができない。今年も親指の腱の故障で半分以上を棒に振った。限りなく厳しい立ち位置に。

-------------------------------------------------------------------------------------

Humberto Quintero, C (15'-MiLFA) : C. Vazquezの故障に、開幕直後にHaniganもケガを負ったことで、チャンス有りと考えたのだろうが、Opt. Out条項を行使せずにBOS傘下に留まったが、Swihartの昇格により機会を与えられることは無かった。

Matt Spring, C/1B (11'-MiLFA) : 今季はAAAを主戦場に、例年通り控え捕手としてプレー。

Luis Martinez, C (15'-MiLFA) : AA/AAAで控え捕手としてプレー。いたのか?って感じ。

Chris Marrero, 1B/RF/LF (15'-MiLFA) : シーズン後半になって弟のプレーするBOSに加入。BOS傘下では両翼でのプレーがメインだった。元々は期待されていた選手だが、今となってはマイナーの渡り鳥に。

Jemile Weeks, 2B/SS/CF/3B/LF (14'-Acquired from BAL) : Holtが半レギュラーのような立場になったため、IFの誰かに故障が出たらバックアップとして昇格し、穴埋めができるとの期待を受けていたが、AAAでも打てず。後半戦はトレードで加わったRutledgeに完全に役割を奪われた。

Mike Miller, 2B/SS/3B/CF (12'-9th) : ロスターフィラーに近い選手だが、マイナー下層で好成績を残し、昨年はR. Castilloのケガの影響だったが、AFLにも派遣された。今季はAAでしっかりした打撃を見せると、D. MarreroのMLB昇格等もありAAAへ。アベレージはやや低いが、三振も少なく、数字よりは頑張っていた印象。

Jeff Bianchi, 2B/1B/SS/LF/3B (15'-MiLFA) : 本当にケガだったのかもしれないが、DLと行ったり来たりしながらプレー。何気3試合ほどIF控えでMLBで出場している。

Carlos Rivero, 3B/SS/1B (15'-Acquired from SEA) : 終盤戦にロスター穴埋めのためにSEAから出戻り。

Carlos Peguero, LF/RF/CF (15'-Acquired from TEX) : TEXからOF補強で加わったが、直後にAlejandro De Azaが加わったことでマイナーへ。97打席で7 HRとパワーは文句なし。

Jonathan Roof, RF/3B/CF/LF/2B (Selected in Rule 5 Draft (AAA Phase) from PHI) : UTとしてAA/AAAでプレー。打撃は期待する方が酷。

Aneury Tavarez, RF/LF/CF (10'-Int. FA) : High-Aスタートでまずまず打っていたが、AA昇格後はオーバーマッチ。セプテンバーコールアップで抜けた選手の穴を埋める形で最後はAAAへ。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Graduates]

Joe Kelly, Jr., RHSP (14'-Acquired from STL) : John Lackeyの見返りで得た選手がマイナーに降格された時点で万死に値するが、マイナーからMLBに戻った後は好投を続けている。

Eduardo Rodriguez, LHSP (14'-Acquired from BAL) : マイナーで安定した投球を見せると、5月末にMLB昇格。当初はスポットでの起用になるかと思いきや、3試合連続で6 IP以上1失点以下と素晴らしい投球を見せて、そのままローテの座をがっちり掴んだ。時折崩れる試合もあるが、常時90 mph中盤の球威に加えて、制球も比較的良く、信頼感を高めている。

Henry Owens, LHSP (11'-1st Supp.) : 序盤、MLBでの投球を意識し、得意のチェンジアップの比率を下げてカーブ等に注力した結果、奪三振率をはじめ、成績を落としたが、少しずつ適応し、中盤からは本来の投球内容を取り戻した。B. Johnsonの故障もあり、MLBに昇格すると、そのままローテを担っている。MLBでは、さすがに速球のコマンドに苦しみ、打ち込まれる試合もあるが、着実に適応していっている雰囲気も。

Steven Wright, RHSP/RP (12'-Acquired from CLE) : DLに入った選手との兼ね合いもあったが、初の開幕MLBロスター入りを果たした。序盤は主にモップアップだったが、総崩れの先発陣もあって、一旦マイナーに戻った後、途中から先発で再昇格。以前見た時は棒球に近かったナックルのキレが増し、印象的な登板が増え始めた矢先に脳震盪でDL入り。

Rich Hill, LHSP/RP (15'-MiLFA) : 終盤になって、またも出戻ってきたが、BOS傘下では久しぶりに先発で投げ、AAAでは意外にも好投。それを認められて、セプテンバーコールアップでMLBへ呼ばれた。

Matt Barnes, RHRP/SP (11'-1st) : 何となく起用法に泣かされた一年に。WorkmanのTJもあり、STからリリーフ調整になり、MLBと行ったり来たりの期間も多かった。終盤戦 はAAAで先発調整となったが、しっかり調整する前に、今度はMLBで先発。随所に才能は見られるが、MLBでは速球のコマンドとムーブ、そして組み立て を確立できず、被弾の多さに悩まされた。終盤は少し肘に違和感を抱えていたよう。球威があるということで、リリーフですぐに使いたいのもわかるが、個人的 には先発でやれるだけのものを持っていると思うし、来季はしっかりと育成のプランに沿って使って欲しい。

Ryan Cook, RHRP (15'-Acquired from OAK) : 数年前はOAKでクローザーまで務めた選手だが、一時の力を失っている。投げている試合を見たが、とにかく平凡。一応まだマイナーオプションが残っていたので、マイナーとMLBを行ったり来たりになった。

Tommy Layne, LHRP (13'-MiLFA) : MLBで開幕し、左のセットアップに近い位置まで上がったが、その後調子を崩して一旦マイナーに落とされた。その後は再びMLBに戻っている。

Robbie Ross, Jr., LHRP (15'-Acquired from TEX) : こちらもわざわざトレードで獲ったが、前半戦イマイチで一旦マイナー降格を味わっている。MLB復帰後はそれなりの投球。

Blake Swihart, C (11'-1st) : AAAで開幕して問題なく打ち込むと、開幕前の正捕手予定だったVazquezのTJ離脱に続き、Haniganが指の骨折でDL入りしたことで、予定より早いMLBデビュー。さすがにしばらく苦しんだものの、若手主体に切り替えて、打線全体の調子が上がったのに合わせて本来の打撃を発揮。一年目から申し分のない打撃を見せている。四球は多くないし、まだパワーもそれほど発揮できていないが、捕手にも関わらずランニングHRを記録するなど、非常にレアな5ツール捕手としての可能性を見せている。守備はまだ全体的に未熟さを残すが、まだ23歳で向上の時間は十分にある。さっさと契約延長して、向こう10年の捕手は安泰にしておきたい。

Sandy Leon, C/3B (15'-Acquired from WAS) : Vazquezの故障で急遽獲得。前半戦はBuchholzのパートナーとして良妻振りを発揮。打撃面では期待できないものの、素晴らしい肩もあって、守備面での貢献は大きかった。Haniganの故障後はSwihartとコンビを組んでいたが、Hanigan復帰に伴い、一事マイナーへ。その際にロスターを外れたが、セプテンバーコールアップで第三捕手として復帰。

Allen Craig, 1B/RF/LF (14'-Acquired from STL) : 最悪以外の何物でもない。降格だけならまだしも、チーム4番目の打席数を稼ぐくらいマイナーにどっぷり。

Travis Shaw, 1B/3B/LF (11'-9th) : 現在絶賛ブレイク中。元々ドラ9とそれほど評価は高くなかったが、マイナー下層で打棒を発揮し、Prospectとして評価を上げたものの、マイナー上層では成績を引き下げていたが、Craigが不振、Mike NapoliとDaniel Navaの放出で空いた1Bに入ると、素晴らしいパワーを見せた。現状はさすがに出来すぎ感が強いが、貴重な左のパワーヒッターだし、来季中には少なくともプラトーンや控えで貢献してくれそう。

Jackie Bradley, Jr., CF/RF/LF (11'-1st Supp.) : M. BettsのCF定着とCastilloとの契約があり、完全にBOSでは立ち位置を失ったと見られ、AAAでは一人絶好調で打ちまくるも、7月のトレードデッドラインでは放出候補筆頭とも見られていたが、負けシーズンで特に戦力獲得トレードに動かなかったことと、H. RamirezがLF守備失格となったことで事態が急変。Betts、CastilloとOFトリオを組むと、とうとうMLBで打撃が開花。一気に来季のレギュラー有力候補になってきている。

Rusney Castillo, RF/CF/LF (14'-Int. FA) : STでアピールできず、Shane Victorinoらの存在もあり、マイナーで開幕。前半戦はケガもあって調子が上がらず、大枚を叩いて契約した選手だけに不満だったが、後半戦にVictorinoやNavaの放出があって昇格すると、若手主体に切り替わって勢いを増したチームの流れに乗るように、調子を上げた。Betts、J. Braldey, Jr.と守備に優れた選手と組んでいることもあって、最後はLFに回っている。

0 件のコメント: