今年のレッドソックスについてどう思いますか?

2015年9月10日木曜日

15' Minor League Stats - Portland Sea Dogs (AA)

AA Portlandのスタッツです。AAAは予想を裏切って弱かったですが、ここは予想通り弱かった。W53-L89で地区最下位。悲惨だった昨年のHigh-A組が多くを占めているのでそれもうなずけるのですが。野手はまだTravisとMargotの昇格で少し見所が出来ましたが、投手陣はリリーフ陣以外見所無し。


[Pitchers]

Luis Diaz, RHSP (08'-Int. FA)

15' Stats (AA) : W2-L10/5.47 ERA/27 G/27 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/136.2 IP/156 H/94 R/83 ER/11 HR/12 HB/59 BB/86 K/1.57 WHIP/0.94 GO/AO

評価:E。昨年はRule 5ドラフトでプロテクトするかが少し話題になったくらいだったが、今季は全くの期待外れ。長所だった制球やイニングを稼ぐ能力も全く示せなかった。今オフにMiLFAだが、引き止める理由も無い。こうなる前にリリーフで試しておけばとも思ったけど、似たようなミドルリリーフ上限の右腕は溢れている。

-------------------------------------------------------------------------------------

Justin Haley, RHSP (12'-6th)

15' Stats (AA) : W5-L16/5.15 ERA/27 G/27 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/124.0 IP/142 H/80 R/71 ER/7 HR/6 HB/50 BB/96 K/1.55 WHIP/1.14 GO/AO

評価:D。4月が酷かったが、他の月も良いと言える月はあまり無い。ズバ抜けて悪いスタッツは無いが、ゴロ率が少し良い以外は平凡。こちらもリリーフ転向なら、とも思うけど、そんな選手ばっかり。

-------------------------------------------------------------------------------------

Aaron Wilkerson, RHSP/RP (14'-UDFA)

15' Stats (Low-A) : W0-L0/4.76 ERA/5 G/1 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/2 GF/0 SV/17.0 IP/17 H/10 R/9 ER/2 HR/1 HB/5 BB/17 K/1.29 WHIP/0.82 GO/AO
15' Stats (High-A) : W7-L2/2.96 ERA/17 G/12 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/0 SV/79.0 IP/62 H/28 R/26 ER/0 HR/0 HB/21 BB/85 K/1.05 WHIP/0.86 GO/AO
15' Stats (AA) : W4-L1/2.66 ERA/7 G/7 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/0 GF/0 SV/40.2 IP/28 H/13 R/12 ER/0 HR/1 HB/13 BB/35 K/1.01 WHIP/0.69 GO/AO

評価:A。既に26歳と年齢が高いが、ドラフト外契約から、今季一気にAAまで駆け上がった。Low-A/High-AでPiggy-Backで投げていた時は今一つだったが、先発に移ってから素晴らしい登板が増えた。今季の傘下の投手で数少ない、良いパフォーマンスを見せた選手。AAでも被打率が非常に良いし、制球も安定している。奪三振率も悪くない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Mike Augliera, RHSP/RP (12'-5th)

15' Stats (AA) : W3-L15/5.21 ERA/28 G/17 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/1 GF/0 SV/114.0 IP/150 H/79 R/66 ER/10 HR/5 HB/34 BB/77 K/1.61 WHIP/1.02 GO/AO

評価:D。ずっと先発としてやってきたが、AAでは通用せず、前半戦はボロボロ。ただ終盤にリリーフに転向すると、28.1 IP/3.18 ERA/24 H/5 BB/22 Kとまずまずの投球を見せた。

-------------------------------------------------------------------------------------

Williams Jerez, LHRP (11'-2nd)

15' Stats (Low-A) : W3-L1/2.06 ERA/14 G/0 GS/0 CG/0 SHO/1 HLD/7 GF/3 SV/39.1 IP/43 H/16 R/9 ER/3 HR/1 HB/10 BB/43 K/1.35 WHIP/1.38 GO/AO
15' Stats (High-A) : W1-L0/0.73 ERA/5 G/0 GS/0 CG/0 SHO/0 HLD/2 GF/0 SV/12.1 IP/11 H/2 R/1 ER/0 HR/1 HB/4 BB/12 K/1.22 WHIP/1.18 GO/AO
15' Stats (AA) : W1-L2/3.65 ERA/22 G/0 GS/0 CG/0 SHO/3 HLD/7 GF/1 SV/37.0 IP/34 H/15 R/15 ER/2 HR/0 HB/17 BB/31 K/1.38 WHIP/1.08 GO/AO

評価:B。投手転向二年目で大ブレイク。Low-Aから一気にAAまで登り詰めてきた。AAではさすがに支配力はそれほどでも無かったが、まだキャリアが浅いし、さらに向上する余地もある。四球はやや多いが、被打率・奪三振率・ゴロ率とまずまず。速球は97 mphに到達し、スライダーも良いそう。オフにRule 5ドラフト対象なのが気になるが、上層でやや薄い左腕リリーフだし、来季次第ではMLB昇格も夢ではなくなった。

-------------------------------------------------------------------------------------

Simon Mercedes, RHRP (12'-Int. FA)

15' Stats (AA) : W3-L3/4.88 ERA/37 G/0 GS/0 CG/0 SHO/2 HLD/10 GF/0 SV/79.1 IP/85 H/54 R/43 ER/8 HR/3 HB/38 BB/63 K/1.55 WHIP/1.56 GO/AO

評価:D。球威のある選手で、リリーフ転向でブレイクするのでは、と期待していたが、結果的には今一つ予定通り行っていない。数字的にはボチボチなのだが、ピシャリと抑える試合があまり無かった。ゴロ率は高く、ボールの威力はありそうだし、現状では割と長めのイニングで使われているが、ショートイニングのリリーフに慣れてくれば向上する可能性はあるかも。

-------------------------------------------------------------------------------------

Danny Rosenbaum, LHSP (15'-Acquired from WAS) : この選手をマイナー上層で先発で使わないといけない状況自体が嘆かわしい。

Mike McCarthy, RHSP/RP (11'-14th) : 上層でロングリリーフ/谷間の先発として投げている。奪三振率も低く、見所は無い。

Heri Quevedo, RHRP/SP (12'-Int. FA) : 今季もケガで前半戦欠場。こちらもリリーフではまずまずだが、制球が悪く、K/BBが良くない。

Kyle Kaminska, RHRP/SP (12'-Acquired from PIT) : 13年にBOS傘下で投げていたが、MiLFAになって昨年は全休。しかしいつの間にか今季復帰していた。制球が良い。

Kyle Martin, RHRP (13'-9th) : 防御率はともかく、他はまずまずのスタッツ。一応リリーフのProspectの中では少し注目されていたが、マイナーの便利屋で終わりそう。

John Cornely, RHRP (15'-Acquired from ATL) : ATLから獲得後、一旦はAAAに行ったが、その後AAへ。制球が悪い。

-------------------------------------------------------------------------------------

[Hitters]

Jake Romanski, C (13'-14th)

15' Stats (High-A) : 47 G/164 AB/43 H/9 2B/0 3B/0 HR/52 TB/19 R/21 RBI/16 BB/21 SO/4 SB/3 CS/.262 AVG/.335 OBP/.317 SLG/.652 OPS/1 E
15' Stats (AA) : 16 G/56 AB/15 H/1 2B/0 3B/1 HR/19 TB/4 R/6 RBI/3 BB/6 SO/0 SB/0 CS/.268 AVG/.305 OBP/.339 SLG/.644 OPS/1 E

評価:C。大物ではないけど、ソリッドな守備と安定したコンタクトが売り。High-AでWeemsを控えに追いやって開幕レギュラーを務め、後半戦からAA昇格。三振が少ないが、パワーはあまり無く、コンタクト・選球眼でもう少し進歩が必要。

-------------------------------------------------------------------------------------

Jordan Weems, C (11'-3rd)

15' Stats (High-A) : 31 G/105 AB/27 H/6 2B/0 3B/1 HR/36 TB/12 R/7 RBI/12 BB/26 SO/2 SB/1 CS/.257 AVG/.333 OBP/.343 SLG/.676 OPS/3 E
15' Stats (AA) : 17 G/67 AB/15 H/5 2B/1 3B/1 HR/25 TB/8 R/8 RBI/4 BB/16 SO/1 SB/0 CS/.224 AVG/.268 OBP/.373 SLG/.641 OPS/5 E

評価:D。7人のメジャーリーガーを輩出した11年組のドラ3だが、一向に打てるようにならない。同年ドラ2のJerezが投手として復活しているだけにひょっとするとこの年のBOSのドラ5までで唯一MLBに上がれないかも。昨年後半から今季前半まで、High-Aで少しコンタクトで成長を見せたが、AAではオーバーマッチ。

-------------------------------------------------------------------------------------

Sam Travis, 1B (14'-2nd)

15' Stats (High-A) : 66 G/246 AB/77 H/15 2B/4 3B/5 HR/115 TB/35 R/40 RBI/26 BB/43 SO/10 SB/6 CS/.313 AVG/.378 OBP/.467 SLG/.845 OPS/3 E
15' Stats (AA) : 65 G/243 AB/73 H/17 2B/2 3B/4 HR/106 TB/35 R/38 RBI/33 BB/34 SO/9 SB/6 CS/.300 AVG/.384 OBP/.436 SLG/.821 OPS/2 E

評価:B。即戦力との期待に応えて、プロ二年目でAAまで到達し、すでにそこを打ちこなしている点は評価が高い。昨年は割と早打ちの印象があったが、今季は489打席で59四球とある程度は選んでいる。三振も少なく、コンタクトに不安は無い。玉に瑕なのはある程度二塁打も出ているとは言え、シーズンで9 HRと二桁にも到達できなかった点。1B専門としてはここは若干辛い。ただ1Bながら、19盗塁を決めており、三塁打も6本と運動能力も見せている。1Bとしては大柄ではないし、早めにLFやできれば3Bにチャレンジさせておきたい。High-Aのオールスターゲーム出場者に選出。

-------------------------------------------------------------------------------------

Carlos Asuaje, 2B/3B/LF (13'-11th)

15' Stats (AA) : 131 G/495 AB/124 H/23 2B/7 3B/8 HR/185 TB/60 R/61 RBI/56 BB/88 SO/9 SB/6 CS/.251 AVG/.334 OBP/.347 SLG/.708 OPS/15 E

評価:D。昨年はブレイクを果たしたが、AAではさすがに苦戦。ボールはまずまず選んでいるものの、コンタクト率が下がり、それに伴って各スタッツを落としている。パワーや守備に強い押しが無く、打てないと厳しいタイプ。来季はAAをしっかり打ちこなしてAAAへ上がって欲しい。今季はほぼ2B専門だった。

-------------------------------------------------------------------------------------

Tzu-Wei Lin, SS/2B (12'-Int. FA)

15' Stats (High-A) : 73 G/281 AB/79 H/12 2B/3 3B/2 HR/103 TB/37 R/34 RBI/22 BB/32 SO/15 SB/3 CS/.281 AVG/.331 OBP/.367 SLG/.698 OPS/13 E
15' Stats (AA) : 46 G/173 AB/35 H/5 2B/3 3B/0 HR/46 TB/21 R/14 RBI/16 BB/27 SO/8 SB/3 CS/.202 AVG/.268 OBP/.266 SLG/.534 OPS/11 E

評価:C。これまで全く打撃で輝やいて来なかったが、今季はHigh-A開幕で尻上がりに調子を上げ、まずまずの打撃を見せた。しかし、AA昇格後はオーバーマッチ気味。三振は減って来ているが、やはり強くコンタクトできていない印象。選球眼・スピードも悪くはないが平凡。もう一皮剥けないと上層では厳しい。

-------------------------------------------------------------------------------------

Manuel Margot, CF/RF (11'-Int. FA)

15' Stats (High-A) : 46 G/181 AB/51 H/6 2B/5 3B/3 HR/76 TB/35 R/17 RBI/11 BB/15 SO/20 SB/5 CS/.282 AVG/.321 OBP/.420 SLG/.741 OPS/3 E
15' Stats (AA) : 64 G/258 AB/70 H/21 2B/4 3B/3 HR/108 TB/38 R/33 RBI/21 BB/36 SO/19 SB/8 CS/.271 AVG/.326 OBP/.419 SLG/.745 OPS/2 E

評価:A。最終的には20歳でAAにしっかり適応と、十分に満足できる一年を送ったが、High-Aでの開幕直後は80打席ほど無三振を続け、とんでもない一年になると思っていたので、それからすると、もう一歩爆発し切れなかったようにも。絶好調だった開幕のあと、ケガで一旦DLに入り、その前後でやや調子を落としたのが悔やまれる。特に、最終盤AAで爆発し、アベレージも.271まで引き上げただけに、もう少し長くプレーできていればと。守備・スピードは文句なし。来季はパワーと選球眼で少し進歩したい。AAのオールスターゲームとFutures Gameに出場。

-------------------------------------------------------------------------------------

Henry Ramos, RF/CF/LF (10'-5th)

15' Stats (GCL) : 8 G/24 AB/7 H/0 2B/0 3B/0 HR/7 TB/4 R/2 RBI/5 BB/3 SO/2 SB/0 CS/.292 AVG/.433 OBP/.292 SLG/.725 OPS/0 E
15' Stats (SS-A) : 3 G/12 AB/4 H/0 2B/0 3B/0 HR/4 TB/1 R/1 RBI/0 BB/4 SO/0 SB/0 CS/.333 AVG/.308 OBP/.333 SLG/.641 OPS/0 E
15' Stats (AA) : 37 G/131 AB/31 H/11 2B/2 3B/0 HR/47 TB/8 R/8 RBI/14 BB/26 SO/0 SB/0 CS/.244 AVG/.317 OBP/.359 SLG/.676 OPS/2 E

評価:E。Jim Callisさんが高く評価するように、ツールは持っているが、とにかくケガが多すぎる。これで重要な時期に二年連続まともに働けていない。二塁打の多さと選球眼もまずまずで、健康でしっかり成長できれば面白いのにもったいない。

-------------------------------------------------------------------------------------

Tim Roberson, C (11'-UDFA) : 昨年は捕手より1Bでプレーする方が多かったが、今季は1Bは守らず、控え捕手とDHでプレー。57試合だが、AVG .300と奮闘した。

Danny Bethea, C/1B (13'-34th) : Low-A~AAで控え捕手としてプレー。限られた機会でそこそこ打っている。

Jantzen Witte, 1B/3B (13'-24th) : 1B/3Bでプレーし、AVG .283とまずまず打った。選球眼もまずまずで、三振が少ない点も評価できる。ただ昨年はまずまずだったパワー面が今季はまた低下。

David Chester, 1B (11'-33rd) : 前半戦はWitteと1Bを分け合ったが、Travisが昇格してきた後半戦は出番減少。232打席で7 HRとパワーはあるが。

Reed Gragnani, 2B/3B/LF/CF/RF (13'-21st) : 昨季High-Aで活躍して、少し注目していたが、今季はケガにも泣かされアピールできず。選球眼はさすがだが、パワーは全くないため、コンタクトできないと厳しい。

Oscar Tejeda, 3B/LF/RF/SS/2B/1B (15'-MiLFA) : 今季出戻りでCF以外の6ポジションをこなした。かつてはボーナスベイビーとして期待されていたが、今や数合わせのロスターフィラーに。

Dustin Lawley, 3B/2B (15'-MiLFA) : 途中で穴埋めのために獲得。特に印象無し。

Keury De La Cruz, LF (09'-Int. FA) : 開幕直後好調だったが、そこから調子を落とした。フリースウィンガーがなかなか改善しない上に、打席成績も上層で逓減傾向。最早Prospectと呼びづらいレベルに。

Blake Tekotte, CF (15'-MiLFA) : デプスのOFとして契約したが、J. Bradley, Jr.やR. Castilloの存在もあり、AAでプレー。AAではさすがに打っているが、ケガなのか7月以降はプレーせず。

Dave Sappelt, CF/RF (15'-MiLFA) : Tekotteの故障ともあり契約したが、自身もすぐにDL入り。

Forrestt Allday, CF/LF/RF (13'-8th) : 選球眼が非常によく、今季もHigh-A/AAでAVG .250に対し、出塁率は.387。パワーはないが、コンタクトももう少し良いと思うし、悪くないが、ややケガが多いのが難。

Cole Sturgeon, RF/CF/LF (14'-10th) : 控えのOF。やや早打ちだが、High-Aではボチボチ打っている。1試合でマウンドに立ったが、カレッジ時代は投手も務めただけに、3.0 IPを無難に投げて勝ち星を挙げた。

0 件のコメント: